宝くじ 買う 日。 2020年サマージャンボ宝くじで一攫千金!いつ、どこで買うのがベスト? [預金・貯金] All About

宝くじを買う日は大安吉日が良いの?方角や風水は?売れ残り占い仏滅

宝くじ 買う 日

このページはこんな内容です!(目次)• 宝くじを当てたいときの開運方法 宝くじを買う前に、吉日を選んだり、どこの売り場が良いか吟味するなど・・・。 宝くじって買う時や買う前に結構、パワーを使いますよね。 むしろ、宝くじに関しては大安よりも一粒万倍日の方がメジャーになりつつあります。 1等が当たるっていうことは、なかなかないことですが、毎回、確実に誰かに1等が当たっています。 1千万円以上の高額当選者は年間3500人以上もいるそうです。 実に1日約10人のペースです。 100万円以上だと年間2万人以上が当選しているということです。 数字だけ見ると、なんか自分でも当たりそう!と思えます。 「運」次第では、100万円くらいは当たりそうな気がしてきます!その場で当たりが分かるスクラッチくじが1等100万円でよく売り出されています。 「何もしていない」「なるべく気にしないようにしている」という人もそれが、その人にとっての当たるための開運方法だったりします。 宝くじを買う前にする開運方法 縁起物に頼って宝くじを当てる!? フクロウや七福神の置物を自宅に飾っている。 開運財布からお金を出して買う、開運ブレスレットをはめてから買いに行く。 縁起物に頼って宝くじを当てようとする人もたくさんいます。 ほとんどの人がそうじゃないかな。 実際に高額当選者のアンケートでは8割近くの人がゲン担ぎや縁起物を買ったなどの結果が出ています。 縁起物があれば絶対に当たる!ということはありません。 しかし、買わないで後悔するくらいだったら買っとったほうが良いですね。 神様なんて信じないという人も多くいますが、初詣や七五三に出かけたり、結婚式を教会や仏前式で挙げたり、毎年クリスマスを祝ったりしています。 それにお寺や神社、教会が世界各地にこれだけの数あるということは、神様がいても不思議ではないですね。 縁起物や開運グッズは、神様にちょっとでも気に入られようとする行為であったり、弱気な自分をサポートしてくれる存在なのかもしれません。 気になる方は持っておいたほうが精神的に良いかも。 買う日• 出かける方角• 売り場がある方角• 当たりがよく出る売り場• 売り場の人の笑顔 などを気にしている人が多いそうです。 買う日は大安などの「 開運日」とされる日がいいみたいです。 せっかく買うんだったら仏滅より大安ですね。 最近は「一粒万倍日」「寅の日」なんかも宝くじを購入するには最適な日とされています。 しかし、気を付けることがあります。 縁起の良い「一粒万倍日」「寅の日」であっても仏滅と重なる日があります。 こんな日はできるだけ避けたほうが良いみたいです。 (「」より) スマホとかで、「今月の一粒万倍日は何日?」だけで調べるのは危険です(仏滅の日もチェックしておこう)。 さらに、売り場でも「本日、一粒万倍日!」というのぼり旗がよくたっていますが、仏滅と重なっている日でも立っている場合がありますので注意してください。 方角に関しては金運に良いとされる西であったり、その年の吉方位、自分の吉方位などいろんな見方があります。 さらに自分の吉方位は占いによっても違うし、「今月の〇〇占い」「今日の〇〇占い」でも変わってきます。 同じ吉方位が2つ以上 重なって出れば多数決ができて決めやすいですね。 売り場そのものに関しては、1等がよく出ている売り場が最適だそうです。 東京の西銀座チャンスセンターは毎回ニュースで映像が出るのでとても有名です。 こんなところで買えたら当たりやすいのかも。 そのほかにもTVや新聞、地域の情報誌で紹介されているような売り場も良いみたいです。 そして、売り場の人の笑顔が素敵なことも重要なポイントだそうです。 あんまり感じよくなかったり、自分と相性が良くなさそうであったら別の売り場に変更した方がいいかも。 買う場所は買う人の自由です。 西銀座チャンスセンターのように、よく当たりが出る有名な売り場で買うのもいいですが、もっと身近なところにお宝売り場が潜んでいるのかもしれませんよ。 よく売れる売り場でよく当たりが出るのは、確率でいうと、自然なことです。 それよりも政令都市以外のスーパーに併設されたようなの宝くじ売り場で1等が当たっていたらそこは、お宝売り場かも! 例えば、「100枚の中で1本当たり」がある宝くじであれば、100枚売れたら必ず当たりが出ます!しかし10枚しか売れていないのに当たりが出たら・・・。 すごいですよね。 割合で考えてみると100枚売れて当たりが出た割合は1%です。 こんな売り場が身近にあるかもしれません。 「ココでジャンボ1等当たり出ました!」って張り紙があれば狙い目です。 当たりやすい宝くじの買い方をする バラと連番、比率、枚数どうする? 高額当選者の購入枚数は30枚が多いそうです。 内訳はバラ20枚、連番10枚という買い方。 定番といえば定番ですね。 定番すぎて参考にならないです。 枚数もだいたいみんな1万円以内で買いたいと思っている人が多いので、この枚数になるようです。 これだけでは当たる確率が上がるとは思えないですね。 バラの方が当たりやすいという意見もありますが、どうなんでしょうか?これは最大当選額を期待しなければバラの方が当たりやすい気がします。 1等前後賞合わせて〇億円!というのは連番でないと当たりません。 バラの方は1等が複数枚当たりそうな気がしますが、1本当てるのも難しいので確率的にはバラも連番もほとんど変わりません。 いろいろ考えても1ユニットが1000万枚もある宝くじなので、10枚買おうが100枚買おうが、連番にしようがバラ買いにしようが、大きいパイの中では誤差の範囲です。 もし、枚数で勝負するのであればグループ買いがいいかもしれません。 みんなで投資をして1枚でも当たれば、投資した金額に応じて分割でもらえるという買い方です。 枚数が増えるので当たりやすくなります。 しかし、当選金額は格段に減ります。 2人で同じ枚数を買った場合、1等1億円が当たっても半額になります。 ナンバーズやロトなどの数字選択式で買えば連番もバラも関係なく自分の思い通り! 数字選択式の場合は、過去の当選番号から推測して買う方が当たりやすいという結果が出ています。 しかしこれは、確率的に多く出ている数字や流れ・波を読んで当選率を上げるというよりは、過去の当選番号を避けるということで、当たりにくい番号を避けることに成功していることが大きな要因の一つになっているようです。 運に任せる!運に導かれて買う 高額当選者の中には買う気がなかったのに偶然、買った宝くじが当たったという人もいます。 買い続けたり、買い方を工夫したり、番号を必死で予測して買ったりしても、最後はやっぱり「運」任せなのかもしれません。 買う気はなかったけど導かれるように売り場にたどり着いた• 会社の忘年会の景品でもらった• 買い物のついでに売り場に寄った• 夢でお告げがあった• 友達が買っているのを見て。 ついて行って・・・。 運のいたずら、運の仕業かもしれませんね。 結局買う動機に関係なく平等に当たっているということかもしれません。 宝くじを買った後にする開運方法 買う前までは現実的な話が多いのですが買ってしまえば、ゲン担ぎ、神頼みで開運の扉を開くしかありません。 宝くじ白書の高額当選者アンケートでは、宝くじの置き場所・保管場所については机の引き出しに入れていた人が多いようです。 意外と地味ですね。 机の引き出しということですが最も適した引き出しは・・・ 風水的にみる宝くじ保管に最適な引出し• 部屋の西側にある• スチールや鉄製よりも自然な木製が良い• 静かで涼しく暗い場所• その部屋に植物がある などだそうです。 ちなみにそのほかの保管場所は・・・• 神棚・仏壇(実はココが1位です!)• カバン・ハンドバックの中• 長財布に入れたまま• タンス• 冷蔵庫の中(なぜか定番になっている)• ポケット(忘れたままかな?) やっぱり高額当選者の保管場所のトップは、神棚や仏壇なんですね。 しかし、現実的には神棚や仏壇を持っていない家庭も多いと思います。 なので、仕方なく引き出しにしまっているのかもしれませんね。 つまり、神棚や仏壇を新しく祀れば、当たる可能性が高くなるかも!でも、置き場所がないというのが現実。 そんな方は、宝くじ専用の簡易神棚や開運財布を購入するのもいいかもしれません。 ここまでくると、あとはゲン担ぎ、神頼みになりそうです。 宝くじを買った後に行っている開運方法• 神社仏閣へお参り• お墓参り• 毎日、善い行いをする• 開運グッズを購入• トイレや部屋の掃除• ラッキーカラーを身につける• 開運財布を買ってその中に入れておく 神頼みは買った日、買ってから抽せん日までの期間、抽せん日に行くという3回のタイミングがありますが、本気で当てたいと願っている方は2回行く方が多いようです。 なかには毎日行くという人もいるみたいです。 しかし、良いように変わるとは限りません。 不幸になっている方がいるのも事実です。 運を使い果たしたのでしょうか?傲慢になったり、働かない生活を続けたのでしょうか? 人が一生に働いて稼ぐお金は高卒以上で2億円くらいといわれています。 つまり2億円当たれば働かなくても生活ができるかもしれません。 しかし、働かないうえに高級車や豪邸を買って海外旅行や贅沢三昧をすると、1年でなくなってしまいます。 そこから先は悲惨です。 働かない癖や贅沢癖が身について堕落しているので、なかなか普通の生活に戻れません。 そして金の切れ目が縁の切れ目といわれるように、引き潮のごとく周りから人がいなくなります。 これではせっかく宝くじが当たったのに開運人生とは言えませんね。 そんな人生にならないように・・・• 当たっても毎日ちゃんと働く• 規則正しい生活を送る• お金は天下の回りモノであることを自覚する(とどめない)• 金よりも人を大事にする• 感謝の気持ちを忘れない 今の仕事が嫌であれば、転職することもできるし、自分のやりたかった仕事を自分で立ち上げることもできます。 夢をかなえることもできます。 今まで時間に余裕がなくてできなかった趣味やボランティアに時間を使うことができるようになります。 寄付や賛同できる団体、将来の自分に投資をしてお金を使うことも大事です。 要はお金の使い方、使い道が大事です。 お金をとどめずに、お金がお金を増やす・生む使い方を選択すれば豊かな人生が送れると思います。 宝くじ自体が開運方法!? そんな夢を持てる宝くじですが、購入頻度をみるとジャンボのみを毎回買っている人が一番多いそうです。 なかには毎日買っているという常連さんもいます。 ここまでくると、趣味や生きがいになっているのかもしれません。 宝くじを買うために真面目に働いて無駄使いをせずにお金を稼いでいるという人もいるのかも。 そんな人たちにとってみれば宝くじは夢を持てる一番の開運グッズかもしれません。 注意してください。 猫は犬よりも霊的な雰囲気が漂いますしね。

次の

サマージャンボ宝くじ2020当たりやすい買い方と買う日・場所はどこか解説します

宝くじ 買う 日

2020年のサマージャンボ宝くじの発売期間は、7月14日(火)から8月14日(金)までの32日間です。 当たるも当たらないも運次第。 どうせ買うなら、縁起を担いでみるのもひとつの方法かもしれません。 運気の良い日や場所を合わせれば、当せん確率が上がるかもしれませんよ。 買うならいつがベスト? 数秘&カラーで運気を見ていくと、2020年のテーマは周りの人と情報を共有しながら、慎重に検討していくと良い年です。 「宝くじを買うのにそんなことを考える?」 と思うかもしれませんが、難しいことではありません。 「サマージャンボ宝くじは、いつから発売だっけ?」と聞かれたら、教えてあげるだけでもOK。 抜けがけや意地悪をすると、運気は一気に落ちてしまいます。 また、2020年はコツコツと経験を積むことが大切な年です。 いくらまで使ってもよいのかを考えながら、予算の範囲で楽しむことが大切です。 今回の発売期間で金運に結びつく日は、7月15日(水)、24日(金)、8月5日(水)、14日(金)の4日間です。 その他、最も金運に縁のある「寅(トラ)の日」といわれている吉日にあたるのが7月22日(水)、8月3日(月)の2日間です。 運気や吉日を総合して考えていくと、8月3日(月)、5日(水)など、8月に入ってからの方が金運のある日になりそうです。 7月と8月では、「その月」が持っている運気も違っています。 2020年の7月は直感に従うとツキがアップする月ですので、自分のひらめきを大切にしてください。 宝くじ初心者ならぜひ、直感頼りに、7月中に購入するとよいかもしれませんね。 8月は、仲間と一緒に楽しむことでツキがアップします。 親しい友達や家族と一緒に買いに行くとよいですね。 ひとりで買いに行くときには、気分が盛り上がるような音楽を聴きながら、順番待ちをするとよいかもしれません。 ここまでで複数の日を掲げていますが、この中から最も良い日を選んでもよいですし、場合によっては複数回に分けて購入するというのもアリですね。 宝くじも分散投資してもよいかも!? 金運の良い場所は? 宝くじを買うならここ! 運気の良い日に続いて、運気の良い場所についても押さえておきましょう。 7月の運気の良い購入場所は、家族経営のようなお店やアットホームな雰囲気のお店がおすすめです。 都市部のお店よりも、郊外で落ち着いた場所がよいですね。 ガチャガチャしているところは、避けた方がよさそうです。 購入時間は、日中で太陽がしっかりと昇っている時間帯がよいでしょう。 購入するときにはオレンジ色のモノを身に着ける、アクセサリーにオレンジをモチーフにしたモノを身に着け、行ってみてください。 2020年の7月は、インディゴがラッキーカラーになります。 ジーンズで出かけるとよいかもしれませんね。 8月の運気の良い購入場所として人気店がおすすめですが、できるだけ混雑しそうな時間を避けて購入しましょう。 購入時間は、午前中の早めの時間がおすすめです。 購入するときには、黄色いモノを身に着けるとよいでしょう。 また、2020年の8月は、ひまわりがツキを呼び込んでくれますので、ひまわりモチーフのモノをファッションなどに取り入れるのもおすすめです。

次の

宝くじを買う日のヒントは当選者に学ぼう♪当選体験談まとめ

宝くじ 買う 日

目次一覧• はじめに 皆さんは、宝くじを買う日について心がけていることはありますか?お天気や六曜など…それぞれに何かあると思います。 宝くじの公式サイトの「宝くじ長者白書」の調査によると、宝くじを買う日にこだわりを持って購入した当選者は、879人中69人でした。 「買う日にこだわらなくても当たる時は当たる…」と言ってしまえばそれまでですが、もしも「当たりやすい日」があるなら是非知りたいものですよね! 夢を買うんですもの。 楽しく読める内容になっていると思います。 そこから分かる「宝くじを買う日」についての共通のポイントも後にまとめてあります。 さらに宝くじにまつわるデータや歴史、当せん者のエピソード、収益金の使われ方など宝くじのことがもっとよくわかる情報を提供しております。 「宝くじを買う日」にまつわる体験談 1. 「吉日」や「占いで金運の良い日」に買う ・占いで財運が良いという年に「チャンスが来た」と予感し、購入する日や売り場も占いで検討。 そして実際に1等前後賞合わせて8000万円を手にすることが出来た。 ・まわりで慶事やめでたいことが続く中、大安吉日に親戚の結婚式が。 慶事の勢いに乗りその日にジャンボをいつもより枚数を増やして100枚購入した。 ご参考まで! ・大安…六曜の中で最も吉とされ、何をしても吉とされている ・一粒万倍日…一粒のモミが万倍にもなって稲穂になるという、お金を出す事に良い日。 吉日と重なると尚良し ・天赦日…最上の大吉日。 たまにしかない。 ・寅の日…金運招来日と言われる金運に縁のある日 ・巳の日…弁財天に縁のある金運財運に縁起の良い日 2. ウンが付いた日に買う ・数年前に鳥のフンがおでこに落ちてきた。 その時に宝くじを買って3500万円ゲットしていたので、今回鳥のフンがまたもや顔に落ちてきたときは「大当たりするかも」と予感。 そして宝くじを多めに購入。 予感は的中し1億500万円ゲットした。 ・運が付くようにとトイレの棚の上で宝くじを保管していた。 ある日今まで落ちたことのない宝くじが棚から落ちてなんと便器の中にイン。 あろうことかウンが付いてその宝くじは当選! 3. 縁起の良いものを見るなどした後 ・お寺に祀られている蛇のお墓にお線香とお経をあげた日にロトで1万円が当選した。 ・ある日ふと庭を見ると、松の木に白鷹が止まっている!これは幸運の前触れじゃないかと思い、発売中のジャンボを100枚購入。 2等1億円を当てた。 ・枯れた「金の成る木」から花が咲いてびっくり。 喜んで世話を続けるうちに木は活き活きと復活。 幸運を予感しジャンボを買ってみると、なんと1等前後賞合わせて3億円が当選した! ・買い物に出かけた際に、店から出ると綺麗な虹が出ていた。 店に入った時は晴れていたのに地面が濡れている。 そういう経験を2回した後宝くじを買ったら、2億円が当選! ・デジタル時計や買い物の合計金額など、目にする数字と言う数字がゾロ目だった日に宝くじも買って当選! ・動物園の蛇にじーっと見つめられているような気がした。 ピンときて発売中のジャンボをいつもより枚数を増やして50枚購入。 結果は2等1億円に当選。 縁起の良い夢を見た後 ・「宝くじに当選してそのお金を兄姉と分ける」と言う夢を何度もみたという男性。 不思議だなと思っているとその直後にロト6で1等を当て約1億4千万円を手にすることに。 もちろん当選金で兄姉に恩返し。 ・湖から現れた真っ赤な龍に襲われそうになった夢をみた。 真っ赤な龍が出る夢は良い夢と聞きナンバーズを買ってみたら約40万円をゲットできた。 ・宝くじに当たるまでの具体的な行動を指示をしてくる夢をみた。 その通りに行動したら5万円が当選した。 ・緑色の蛇が家の中に入っていき、それを見守る夢をみた。 そして宝くじに当選。 ・夢に亡くなったお母さんが出てきて「この売り場で宝くじを買いなさい」と言われた。 翌日にそこの売り場へ行って宝くじを30枚買ってみるとなんと3500万円が当たった。 ・富士山から遠い県に住んでいるのに、突然美しい富士山の夢を見た。 幸運の兆しだと思い発売中のジャンボを30枚購入すると1等+前賞で2億円を射止めた。 ・毎日同じ夢ばかり見てストレスかと思っていたら、めったに買わない宝くじで300万円当たった。 ラッキーな事があった後 ・新年の懸賞で縁起の良い食品が当たり、その時に買っていたナンバーズの数字をそのまま継続して半年買い続けたらストレートで当選。 約100万円を受け取りました。 ・前々回のジャンボ、前回のジャンボと1万円ずつ当選。 今回は大きく当たりそうだなという予感を信じて買うと、なんと2500万円ゲット! ・父が宝くじで10万円を射止めた際、お小遣いとして1万円をもらった。 その1万円に幸運が付いている気がして発売中のジャンボをバラで30枚買ってみると、なんと1等2億円をゲットしてしまった。 ・くじ付きのお菓子で当たりを引いたとき、もっと良いことが起こりそうと予感し発売中のジャンボを50枚購入。 買った宝くじをお菓子の当たりマークの上に置いて保管。 するとなんと1等前後賞合わせて3億円に当選! 6. アクシデントやアンラッキーに見舞われた後 ・初詣の帰り道に大きな木に激突。 目から星が出るほど痛かったが、その後まもなくロト6で2等約2500万円が当たった。 ・瀕死の野うさぎを病院に連れていくなどして助け、元気になったところで野に帰した。 その後間もなくブロック宝くじの1等6000万円が大当たり。 しかもその宝くじの名は「幸運の女神くじ」だった。 ・宝くじを買うために並んでいたら、ひとりのオジサンに割り込みされた。 でもそれが良い結果を導きそうな予感がしたのでムッとしたけどそのままに。 そうしたらなんと1億2千万円を当ててしまった。 ・電車やバスがちょっとのタイミングで乗れなかったり、買いたかった商品が売り切れていたなどアンラッキーな出来事が何度も続いた。 そろそろ運気があがるはず!とジャンボを10枚購入すると1等に的中! ・厄年で何度も不運に見舞われていたので、厄払いになればと初めてジャンボを30枚購入してみた。 ビギナーズラックもあったのか、1等前後賞合わせて3億円が当選! 7. 何かにひらめいた日 ・運転中に前を走る車のナンバーがどうしても気になり、すぐにナンバーズ4をその数字で購入。 そしてストレート当選で約100万円ゲットしました。 ・嫌いだった食べ物がある日急に美味しく食べられるようになり「宝くじを買って当てるなら今だ」とひらめきました。 発売中だったジャンボを20枚買ってみると2等の1000万円が的中。 ・庭の掃除中に何かの新しい巣を見つけてビビッとひらめき、すぐに買った宝くじで2億円を射止めた。 最終日や売り切れ寸前の残り福 ・たまたま時間に余裕が出来たのでいつもと違う道を行くと、そこには宝くじ売り場が。 最終日です、と声を掛けられて購入し、黄色いタオルに包んで保管していたら1000万円的中。 ・数年前にジャンボを発売最終日に購入して100万円当選。 それからジャンボは必ず最終日に買うように。 すると今度は2年後になんと1億円が当選! 9. 待ち合わせ中に買う ・友達と待ち合わせ中、少し遅れると連絡が。 近くに有った宝くじ売り場の行列に並び発売中のジャンボを20枚購入すると、なんと5000万円が当選していました。 光のお導きで購入!? ・もう少しで自宅に着くというある日の会社帰りに、ふと自分の家を見ると月光が自分の家だけを照らしているように見えた。 それからすぐブロックくじを10枚購入して見事1等6000万円に当選! 当選者の共通点について ひらめきを大切に 何かにピンとひらめいて売り場に走ったという人が多いことに驚きます。 先にご紹介した「宝くじ長者白書」でも、宝くじを購入した動機に860人中215人もの人が「ひらめき」を選んでいます。 もちろん、何年も継続購入していて念願叶い当選!という人も多いのも事実。 しかしそのような人の中にも「今回は何か違うな」と感じていたという場合があるのです。 「不思議な夢をみた」「お菓子のくじに当たった!」などと、言えばちょっと珍しいくらいの普通の出来事なのに、いつもと違う胸のザワザワがあってそれを見逃さない。 そしてそれを宝くじ購入という運試しに持っていける、という実行力も大事なんだと気が付きました。 せっかく胸がザワザワ、脳ミソにビビビっと来ているのにスルーしてしまっては勿体ないですものね。 宝くじを当てたい!と夢がある方は、ご自分のひらめきを大事にしてあげてはいかがでしょう。 「まさかね…」なんて思わずに。 そのような流れを上手に掴んで高額当選している方も多いようです。 「宝くじ長者白書」では、宝くじ長者となった人達が購入の際に行ったゲン担ぎについて以下の様な結果を示していました。 「良い事があった時に購入」907人中111人 「悪い事があった時に購入」907人中13人 特に、良いことがあった時に購入して当選した人が実際に多いのです。 「単なる偶然」で終わらせるかどうかは自分次第。 でもまさかと思いながらも買ってみる、というポジティブさも当選者には共通しているように感じます。 ポジティブなオーラはどんな時だって良い運を呼びそうですよね! 不運続きで参っていながらも宝くじを買いにいけるという前向きさも、個人的に是非見習いたいものです。 厄落としのつもりで買った宝くじで3億円当てた人のエピソードには参りました。 宝くじ公式サイトでは、ジャンボ宝くじをはじめとする全国自治宝くじ・ブロックくじ、スクラッチ、ロト、ナンバーズといった各くじの特徴や購入方法、発売スケジュールなどをご紹介。 さらに宝くじにまつわるデータや歴史、当せん者のエピソード、収益金の使われ方など宝くじのことがもっとよくわかる情報を提供しております。 タイミングと勝負強さ 実は今回調べた中で、「大安吉日」に買って当たった等の「吉日に買ったから当選した」体験談は非常に少なかったです。 もちろん、気にしていなかっただけで、後で調べたら購入日が吉日だったという事はあるのかもしれません。 「思い立ったが吉日」というくらいですから、個人個人のタイミングが重要なのではないでしょうか。 運気の流れや夢、予感などに導かれたタイミング。 また、毎回必ず同じ売り場で同じ曜日に買うと決めてそれを継続する、というのもその人のタイミングの1つですよね。 そして高額当選した方々は引きの強さはさることながら、勝負運も強いのではと思います。 来た!と思ったらガッと掴む。 ここぞという時の勝負強さも共通点のようです。 「予感」がしたから、いつもより枚数を多めに買って当選した!という人も多かったです。 おわりに 色々な体験談を読んでいると、なんだか当たる気がしてきませんか 笑 当たるかどうかは別として、やっぱり「買わないと当たらないもんなぁ」なんてしみじみ思いました。 そして、改めて「当たるコツは人それぞれ」だと感じました。 宝くじを買う日も千差万別。 晴れの日の勝負に強い人もいれば、曇りが当たるという人もいます。 大安が良い人もいれば仏滅が良いという人も…。 他人を真似れば良いというものでもなさそうです。 夢に導かれて当選したという声がとても沢山ありました。 でも中には「何回も夢をみたけど大ハズレ 笑 」という人も多いんですよ。 難しいですねぇ。 あまり強く願いすぎると夢に反映されてしまう、ってこともあるのでしょうか。 欲を捨てて買った方が当たりやすいとも言いますが、果たして宝くじを買う時点で欲を捨てるなんてことが可能なのかは分かりません。 でも邪念を取り払うということは出来るかも…。 現にロトを銀行口座から買っていたのに、すっかり忘れていたら知らぬ間に当選して、大金が振り込まれていた…なんて話もありました。 宝くじが当たりやすい日というのは、統計で表しきれない何かがありそうです。 運という目に見えないものが相手だから仕方ありませんよね。 敢えて言うならば、自分の勘や運を磨く?という事が大事なのかもしれません。 中には善い行いをしたり、先祖の墓参りをしたりと自分以外のために時間をさくということで身を正している人もいるそうです。 身を正し、心を清め、来たる幸運のためにいつでも心の準備をしておく。 勘を研ぎ澄まし運命の声に耳を澄ませる…なんだか武者修行のようですね。 是非とも人生に一度くらいは何かに導かれて幸運をゲットしてみたいものです!.

次の