プライム シューター ベッ チュー ギア。 【スプラトゥーン2】ソイチューバーの立ち回りとおすすめのギア|ゲームエイト

ウデマエXがプライムシューターの立ち回りとオススメギアを教えます

プライム シューター ベッ チュー ギア

射撃の精度も高いため、わりと曲射も当てやすいです。 撃ち合いの技術が高ければ前線で立ち回ることも狙えるメイン性能がありますが、味方のサポートによせた立ち回りがおすすめです。 サブにスプラッシュボムがあるので、メインの届かない相手に牽制を加えたり、メインと合わせて前に出ることも狙えます。 スペシャルはナイスダマなので爆風で敵を退けることができます。 一時的にアーマーが付与されることもあり、とっさに前で発動して自衛の手段としても使えます。 射程が長く、精度もいい• 前に出やすいサブスペの構成• 一方でインク効率が悪く、塗りも荒いため塗りに周り続ける状況だと辛いです。 狙ったところに当てやすいということは、しっかりと狙えないと厳しいです。 サブがスプラッシュボムなので即効性のあるキルを狙ったり、牽制にも使える便利なサブです。 メインのインク効率が悪いので、インク切れになりやすいので注意したいです。 スペシャルはナイスダマです。 前線の維持や牽制に使うことができます。 プライムシューターコラボは全体的に見ると射程が長いです。 射程が短い相手はほとんどプライムシューターコラボよりもキルタイムが早いため近づけたら負けてしまいます。 短い相手は射程で有利をとっていくのが理想です。 射程の長いロングブラスターやラピッドブラスター、Rブラスターエリートといったブラスター系は相手の足場を取ることで有利になりやすいです。 ロングブラスターとは爆風の射程が長く、プライムシューターコラボと射程の有利が微差なので注意が必要ではあります。 ラピッドブラスター、Rブラスターエリートは近距離が苦手なので、かえって距離を詰めたほうが倒しやすくなります。 射程の管理が難しいですが使い込んで慣れていく必要があります。 メイン性能アップを積んで擬似2確にする運用が一般的です。 前に出てキルを取りやすい性能に加えて1発の攻撃力を上げることでスペシャルとの相性がより強化されます。 疑似確を積む場合はよりキルに向けた立ち回りにしていく必要があります。

次の

武器射程比較(射程管理)

プライム シューター ベッ チュー ギア

そこにさらに、ポイズンミストが加わることで、よりいやらしい立ち回りを可能とします。 ポイズンミストからのコンボを多用することも考えられるので、ギアパワーによるカバーが必要不可欠です。 ジェットスイーパーの入手方法 ジェットスイーパーは 「 ランク17」でブキ屋に並ぶでし! 「 11,300 G」で購入できるでし! 解放ランクが高い... すぐに使いたい!と言う方、または、必要なお金が足りない!すぐにお金を稼ぎたい!と言う方は、以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 1 攻撃力 最高:32 4 メイン性能 アップの効果 ・弾がわずかに遠くまで飛ぶようになります。 ・地上での射撃中の弾がブレにくくなります。 スペシャル 必要ポイント 180 ジェットスイーパーの使い方と立ち回り 相手を近づかせないことを徹底する ジェットスイーパーは、長射程武器ならではの接近対応が苦手な武器です。 そのため、 相手と近づかせない事を徹底したいです。 幸い、サブにポイズンミストを持つので、接近される危険がある場合は、積極的にポイズンミストを使っていきましょう。 ポイズンミストを使う際は、相手の武器の射程を考慮して、余裕を持って使いましょう。 また、ポイズンミスト使用後はインク残量がかなり減ります。 弱体化させたからと言って、無理に迎撃する必要はないので、まずは確実に生存すること優先しましょう。 相手にとって厄介な立ち位置を覚える 言うなれば、チャージャーにおけるスナイプポイントのようなものです。 射程をまんべんなく活かせる場所を、各ステージで把握しておきましょう。 例えば、ジェットスイーパー対面で「あそこにいられるのが厄介だな…」と感じたところは、ぜひ覚えておきましょう。 ジェットスイーパーのおすすめのギアパワー おすすめギアパワー おすすめ理由 メインのインク消耗が大きいので必須級です。 メイン枠1個分以上付けたいです。 サブのインク消耗が大きいので必須級です。 積めば積むほど余裕ができます。 もとのインク効率が悪いので、余裕があれば付けてスペシャル回転率を高めたいです。 敵の位置を把握する機会が増えます。 ジェットスイーパーの関連武器 ジェットスイーパー スプラトゥーン2 関連リンク.

次の

ウデマエXがプライムシューターの立ち回りとオススメギアを教えます

プライム シューター ベッ チュー ギア

プライムシューターベッチューのおすすめギア構成のリンクを追記 こんにちは!ぱわぽです。 アップデート後の環境ではシューター強化がかなり目立っているようですね。 友人のシューター使いがとても喜んでいました。 シューター環境になれば撃ち合いが行われる環境となるため、このままシューターの数も増えていってほしいです! 個人的には今回のアップデート後の環境からは無印のプライムシューターやプライムシューターベッチューが増えそうな気がしています。 擬似2確の性能が強いことから、配信者が使い始めればすぐに広まるような気がします。 これからの環境の変化が楽しみですね! さて、本日の記事はそんな『プライムシューターのメイン性能アップギアのおすすめ装備数』についてです。 上で述べた通り、プライムシューターはメイン性能アップギアを規定数装備することで擬似2確の攻撃力を出すことができます。 この擬似2確を出すことによって、撃ち合いでの対面力を大幅に上げることができます。 今回の環境で猛威を奮いそうなプライムシューターのギアをうまく構成し、しっかりと勝てるようになっていきましょう!• 擬似2確について まずは擬似2確について解説をしていきたいと思います。 知っているイカちゃんも多いとは思いますが、いまいちどういったものかわからないというイカちゃんも少なくはありません。 「プライムシューターは三発当てないと敵を倒せないけど、それが二発で倒せるようになるっていうやつだよね!確定数が一発減るから強いんだよ!!」っとお考えのイカちゃん・・・ ほとんど正解!!・・・っですが擬似2確なので二発では倒せないときもあるのです。 そう、擬似2確はほぼ二発で敵を倒せるという意味です。 「ほぼ二発ってどういうこと?」っと疑問に思うイカちゃんも多いですよね。 動画を見ればわかるかと思います! 以下の動画を見てみてください。 擬似2確のプライムシューターの動画です。 擬似2確プライムシューターによる攻撃力検証 そう、 『99.8ダメージ』を出してほぼ2発で敵を倒せることから擬似2確と呼ばれているのです。 「残りの0.2ダメージあたえないと倒せないよね?2確ではないじゃん!!」っとお考えのイカちゃん、考えてみてください。 スプラトゥーンでは0.2ダメージなんてすぐに受けてしまうのです。 そう、敵のインクを一瞬でも踏んでしまうと0.2ダメージ受けてしまいますし 安全靴ギアを履いていない場合に限る 、スペシャルのアメフラシの雨に触れるだけでも0.2以上のダメージは受けてしまいます。 ましてや敵と撃ち合っているときには敵の足元には自分のインクが塗られるような状況になります。 そのような状況では0.2ダメージなんてすぐに受けてしまいます。 早速ですが解説をしていきます! プライムシューターが擬似2確を出すために必要なメイン性能アップギアのギア数は『2.8』、『3.4』を装備することが条件です!! 「え、すごい数に散らばりがない?どういうこと??」っと疑問に思うイカちゃんも多いはずです。 そう、スプラトゥーンにはメインとサブのギアがあると思いますが、そのメインにメイン性能アップギアを装備した数によって必要装備数は変わるのです。 サブはメインの0.3個分の役割となるため、メインに2個メイン性能アップを付けたときはサブに8個必要になりますし、メインに3個メイン性能アップを付けたときはサブに4個必要になります。 最低限の数で擬似2確を表現する場合は、以下の画像のようなメイン性能アップギアの装備数にする必要があるということです! メイン性能アップギア『2.8』装備 メインに2つサブに8つ メイン性能アップギア『3.4』装備 メインに3つサブに4つ この数以上にメイン性能アップギアを装備したとしても、決して一発『49.9』以上のダメージは出ないので注意が必要です! 確定2発には決してなりません。 そして、少しでも装備数が少ないと以下の動画のようにダメージが大幅に減ってしまうので、こちらも注意が必要です。 (敵が一瞬自分のインクを踏んづけたとしても二発では倒せないぐらいになってしまいます。 ) メイン性能アップギア『3.3』での攻撃力検証 自分のギア構成に応じて、上の2つの構成から選んで擬似2確を実現するようにしましょう。 繰り返しにはなりますが、おすすめの装備数は擬似2確を実現できる『2.8』か『3.3』です! 以上です! 擬似2確を無印のプライムシューターで実現する場合、スペシャルのアメフラシと噛合い、とても強力なブキとなります。 少しでもアメに触れた敵を攻撃することで二発で倒せるようになっています。 その凶悪な性能を使いこなして腕前を上げていきましょう!! プライムシューターベッチューのおすすめギア構成は以下からどうぞ! (他ブキのメイン性能アップギアのおすすめ装備数の記事は以下からどうぞ!).

次の