お 大事 に なさっ て ください 敬語。 「お返しください」は敬語として失礼?変?

「無理しないで」を敬語に直すと?「体を大事に」目上への言い方は?

お 大事 に なさっ て ください 敬語

「お大事にどうぞ」の意味は、「お体を大切にしてください」といった意味です。 普段使用する頻度もかなり高い言葉でしっかりと意味を理解して使えると便利でしょう。 また、使い方としては、かぜぎみの人が会社などでいた場合に、帰りに「お大事にどうぞ」と使用します。 これを言われた相手は、気をつかってくれてありがとうと思うことが多いです。 「お大事にどうぞ」は色々な場面で使用できるので重宝します。 メール メールで「お大事にどうぞ」を使用する場合は、文章の最後の方で使用することがあります。 例えば、「会議の欠席の件は承知いたしましたので、お大事にどうぞ」と使用します。 メールで「お大事にどうぞ」読むと非常に気持ちの良い言葉になります。 あくまでも相手のことを思ってメールで「お体に気を付けて」と言っているので誰でも、印象の良い言葉でしょう。 メールで「お大事にどうぞ」を使用した場合と、口頭でいった場合とでは意味は変わらないですが、メールで読むと相手の気持ちが伝わってきます。 病院 病院における「お大事にどうぞ」の使い方としては、看護師が退院する人に対して「お大事にどうぞ」といったりします。 意味としては、「退院してもお体に気を付けてください」といった意味となります。 病院では当たり前にように使用される「お大事にどうぞ」という言葉ですが、普段厳密な意味を考えて聞いている人は少ないでしょう。 医療機関であれば、「お大事にどうぞ」といった言葉は、挨拶と同じくらい大切な言葉です。 家族 家族における「お大事にどうぞ」の使い方としては、冗談の意味も含めて使用します。 理由としては「お大事にどうぞ」はかなり丁寧な言い回しなので家族に対して使用する機会は少ないでしょう。 もしも同じような意味で使用する場合は、「お大事に」といった短めの表現で十分に相手に伝わります。 家族間で「お大事に」と言われれば、やさしい言葉を言われたのでうれしく思う人もいるでしょう。 看護師 看護師は病院内で「お大事にどうぞ」は頻繁に使用します。 例えば、外来で診察を終えた人に対して「お大事にどうぞ」と普通に言ったりします。 言われた人も「ありがとうございます」といって返事をするのが多いでしょう。 考えてみれば、看護師の仕事は患者を看護することなので「お大事にどうぞ」という言葉は、看護師らしい言葉であるともいえます。 また、「お大事にどうぞ」と言っている看護師は、印象がよくまた同じ看護師と話しがしたいと思うものでしょう。 「お大事にどうぞ」の上司への使い方としては、本当に「お大事にどうぞ」をいうタイミングであるか考えて発言するようにしましょう。 部下に対して「お大事にどうぞ」をいうときは、問題はなくても体調などが悪い上司に対して「お大事にどうぞ」を使うときは、気をつかう必要があります。 言われた上司が逆に気分を害するようでは、「お大事にどうぞ」を言わない方が良いでしょう。 そのあたりの判断をするには、自分が言われてみてどう感じるか予想してみることがポイントでしょう。 上司に「お大事にどうぞ」と言うときの注意点 上司に「お大事にどうぞ」を言うときの注意点としては、言ってよい上司なのか判断することが大切です。 もともと性格上「お大事にどうぞ」と言われてうれしくない上司もいます。 そのような上司に対して機嫌の悪いときに、「お大事にどうぞ」と言ってしまうと問題になる場合があります。 人によっては、「あなたに言われたくない」と思われることもあるでしょう。 もちろん、自分としては相手を気遣っていった言葉でも相手のよっては、違ったとらえ方をする上司もいるので注意しましょう。 「お大事にどうぞ」への返信方法 「お大事にどうぞ」という言葉は間違いがどうかは、どのような場面で使用するかによるでしょう。 普通に使用している場合は、問題ありませんがあまりにも目上の人に対して「お大事にどうぞ」と言うと問題になるケースもあります。 間違いでなくても会話の中で違和感が残る言葉になると、コミュニケーションを上手にとれていないことにもなるので注意が必要でしょう。 「お大事にどうぞ」の使い方を間違わない方法 「お大事にどうぞ」を間違わないように使う方法としては、どのような場面で「お大事にどうぞ」を使用するか事前に決めておくと良いでしょう。 すべてその場で判断できるとは限らないので、事前に「お大事にどうぞ」と言う場面を決めておくと良いでしょう。 さらに、柔軟に自分の決めた場面で上手に言いまわしを変えるのも良い方法です。 大切なことは、相手にとって「お大事にどうぞ」という言葉が何を意味するか考えることでしょう。 「お大事にどうぞ」「お大事にしてください」の違い 「お大事にどうぞ」の敬語としては、「お大事になさってください」があります。 これは、いくつかある「お大事にどうぞ」の敬語の一つになります。 「大事になさってください」はかなり使用される言葉なので、色々な場面で使えます。 「お大事になさってください」と聞いて嫌な気分になる人はいないでしょう。 基本的には、「お大事にどうぞ」を覚えておいて、状況に応じて「お大事になさってください」を使用すると良いでしょう。 「お大事にどうぞ」の他の使い方 では、「お大事にどうぞ」の他の使い方としては、車で相手を駅まで送っていってわかれるときに、「お大事にどうぞ」といったりします。 これは、挨拶の一つとして「お大事にどうぞ」を使用しています。 体調不良の人に対してだけ使用するのが「お大事にどうぞ」ではなくて、色々な状況でも使用できるのが「お大事にどうぞ」でしょう。 頻繁にある友達に対しても、別れ際に「お大事にどうぞ」といっても意味は通じます。 好印象な「お大事にどうぞ」の使い方.

次の

「お大事になさってください」の意味は?メールで使える表現も

お 大事 に なさっ て ください 敬語

お見舞のフレーズ お見舞のお決まりフレーズ・常套句・言い回し フレーズ 使用例 お大事にどうぞ。 ご無理なさらず、お大事にどうぞ。 くれぐれもお大事になさってください。 まだまだ寒い日が続きます。 くれぐれもお大事になさってください。 お大事にどうぞ。 ご無理なさらず、お大事にどうぞ。 心からお見舞い申しあげます。 地震により被災された皆様に心からお見舞い申しあげます。 慰めの言葉もありません。 残念な結果には、慰めの言葉もありません。 慰めの言葉もございません。 ご家族の皆様のご心境を思いますと、お慰めの言葉もございません。 ご同情に堪えません。 皆様のご心痛を思い、ご同情に堪えません。 ~はいかがかとご案じ申し上げます。 大雨による被害が甚大とうかがいました。 支店の皆さまはいかがかとご案じ申しあげます。 ~はいかがでしょうか。 ご案じ申し上げております。 皆様のご様子はいかがでしょうか。 ご案じ申し上げております。 おかげんはいかがですか。 体調不良にて休暇をとられているとのことですが、その後おかげんはいかがでしょうか。 ~とのことで、大変心配しております。 死傷者も出ているとのことで、大変心配しております。 大変驚いております。 ご病気にて入院と承りまして、大変驚いております。 ただただ驚くばかりです。 突然の悲報に接し、ただただ驚くばかりです。 突然のことに言葉もありません。 突然のことに言葉もありません。 心身ともにおつらいところ、お知らせいただき本当にありがとうございます。 突然のことに我が耳を疑うばかりです。 死傷者も出ているとうかがいました。 突然のことに我が耳を疑うばかりです。 ご心痛のほどお察しいたします。 ご家族が入院されたとうかがいました。 ご心痛のほどお察しいたします。 ご苦労のほど痛いほど分かります。 被害に遭われたとうかがいました。 ご苦労のほど痛いほど分かります。 何かとご困窮のこと、拝察申しあげます。 長引く復旧作業で、何かとご困窮のこと、拝察申しあげます。 ご傷心のこととお察し申し上げます 思いもかけないご災難に、さぞご傷心のこととお察し申し上げます。 お仕事が気にかかることとは存じますが お仕事が気にかかることとは存じますが、この際十分にご静養なさってください。 ご多忙の御身でしょうが ご多忙の御身でしょうが、どうぞ十分にご加療なさいまして、一日も早くご全快なさるよう心からお祈り申しあげております。 ここしばらくは健康回復につとめられ お仕事が気にかかることとは存じますが、ここしばらくは、健康回復につとめられ、一日も早く退院なさいますことをお祈り申しあげます。 この際十分にご養生に励まれ この際十分にご養生に励まれ、一日も早く全快されますようお祈り申しあげます。 この際十分なご静養をなさるよう願っております。 この際ですから、いままでお休みになれなかった分、十分なご静養をなさるよう願っております。 十分のご加療とご静養で くれぐれも十分のご加療とご静養で、一日も早く全快されますようお祈り申しあげます。 一日も早いご回復をお祈り申しあげます。 ご病状はいかがでしょうか。 一日も早いご回復を、心からお祈りしております。 一日も早く全快されますよう、お祈り申しあげます。 十分に養生され、一日も早く全快されますよう、お祈り申しあげます。 一日も早くお元気なお顔を拝見できますよう、お祈りいたします。 一日も早くお元気になられ、お顔を拝見できますよう、お祈りしております。 元気なお顔をお見せくださいますよう、お祈り申しあげます。 十分に養生され、元気なお顔をお見せくださいますよう、お祈り申しあげます。 ご自愛のほどお祈りしております。 何かとご苦労が多いことと存じますが、どうぞご自愛のほどお祈りしております。 ご静養のほどお祈りしております。 気がかりなことも多いかと存じますが、ご静養のほどお祈りしております。 ご養生のほど念じております。 1日も早く回復されますように、ご養生のほど念じております。 お見舞いの言い換えフレーズ フレーズ 使用例 お見舞い• お大事にどうぞ• くれぐれもお大事になさってください• 心よりお見舞い申し上げます 調子はどうですか• おかげんはいかがですか• ~とのことで、大変心配しております• ~はいかがかとご案じ申し上げております 大変ですね• 大変驚いております• ご心痛のほどお察しいたします• 突然のことに言葉もありません 早く元気になってください• 一日も早いご回復をお祈り申し上げます• このさい十分なご静養をなさるよう願っております• 一日も早くお元気なお顔を拝見できますよう、お祈りいたします.

次の

【意外に難しい】「お大事に」の使い方を徹底解説!

お 大事 に なさっ て ください 敬語

「養生」という熟語を使ったことがあるでしょうか。 「養生」という漢字を見ても、読み方がわからないという人も少なくないでしょう。 「養生」は「ようじょう」と読みます。 もとは中国から来た言葉で、現代の中国でも使われていますが、中国での読み方は「ようせい」になります。 「養生」には、以下の意味があります。 ・衛生をまもり健康の増進に心がけること ・病気をなおすように努めること ・建築工事などで、破損防止の手当 体を大切にする 「養生」には、「衛生をまもり健康の増進に心がけること」「病気をなおすように努めること」という「体を大切にする」という意味があります。 「養生してください」という文章での「養生」や「小石川養生所」の「養生」は、この「体を大切にする」という意味で使われています。 「養」は身体を養う事や育む事、病気の状態を治療するという意味を持っています。 「生」には、「生きる事や命」という意味があります。 保護材 「建築工事などで、破損防止の手当」の意味で使われる「養生」は、引っ越しなどで、大きな荷物を運んだり移動したりする際に、荷物や壁などが傷付かないように保護材の名前になっています。 引っ越し現場などでよく見かけるブルーシートは「養生シート」、傷や跡を残さない粘着テープは「養生テープ」と呼ばれています。 「養生」は、身体だけでなく、物をも大切にする意味で使われると覚えておくと、わかりやすいでしょう。 「養生」の使い方 「養生してください」という言う場合の「養生」は、「身体を大切にする」という意味で使われます。 「養生してください」は、相手の体をいたわってかける言葉です。 お見舞いなどに限らず、普段の生活の中でも、相手を気遣うときに使うことができます。 【例文】 ・寒くなってきましたので、しっかり養生してください ・あまり無理せず、くれぐれも養生してください 例文2:「ご養生ください」 「養生ください」は「養生してください」の簡略版といえます。 病人に向かって、「お大事にしてください」とか「お大事に」という言葉を使いますが、これらと同様です。 あらたまって「養生してくださいね」という場合もあれば、少し近しい間柄であれば、「ご養生くださいね」と声をかける場合もあります。 【例文】 ・家に帰って、しっかりご養生ください ・くれぐれもご養生ください 例文3:「養生します」 「養生します」は、自分の体をいたわるという意味で使われます。 何かを「保護する」という意味でも使えますが、多くの場合は体を保護するという意味で使われます。 【例文】 ・煙草を辞めて養生します ・空気の澄んだ山へ行って養生します 例文4:「養生なさってください」 「養生なさってください」は、相手の体をいたわる意味で使われる尊敬語です。 相手の健康などを気遣うときに使われます。 相手が目上の人の場合は、「養生してください」では単なる丁寧語なので、「養生なさってください」を使うようにします。 【例文】 ・都会の喧騒を離れ、養生なさってください ・無理をしないで、くれぐれも養生なさってくださいね 例文5:「養生してから運びましょう」 「養生してから運びましょう」で使われている「養生」は、「物を保護する」の意味で使われています。 引っ越しのなどの作業の際に使われます。 【例文】 ・しっかり養生してから運びましょう ・階段や壁のところを養生してから運びましょう 例文6:「養生シートで保護しましょう」 「養生シートで保護しましょう」の「養生」は「保護材」の意味で使われています。 「養生シート」は固有の製品名ではありませんが、保護シートを表す言葉として定着しています。 【例文】 ・ぶつかると危険なので、養生シートで保護しましょう ・養生シートは、養生テープで固定しておけば、あとできれいにはがせる 目上の人に使ってもいい? 「養生してください」は丁寧語ですが、尊敬語ではありません。 「養生する」でひとつの動詞になるので、尊敬語にする場合は「養生される」になります。 丁寧語でも許される、親しい人であれば、気軽に「養生してくださいね」としても、あまり問題はありません。 上司や取引先の人などには、次の例文のように伝えるのが望ましいでしょう。 【例文】 ・ご養生に励まれ、一日も早い回復を願っております ・十分に養生されてください 語彙力が足りない自覚のある人におすすめ 大人として、社会人として、語彙力が不足している自覚のある人には、「モノの言い方ノート」をおすすめします。 普段の会話などで気軽に使っている言葉を、相手との関係性に応じて、どう言い換えれば失礼でないかを学ぶことができます。 「養生」という言葉を知らなかった人、実際に使ったことがなかったという人には、本書の一読をおすすめします。 「お大事に」は「養生ください」よりも一般的に使われている言葉です。 「大事」とは、「重大な事件や大変な事」の意味です。 「大切」という意味もあります。 「お大事に」とは、文末を省略することで、「お大事にしてください」という意味にも、「大事にならないよう祈っています」という意味にも理解できる便利な使い方です。 【例文】 ・もうおいとましますけど、くれぐれもお大事に 類語2:「ご自愛ください」 「ご自愛ください」という使い方の場合は、「相手の身体を気遣い、大切にしてください」という意味になるので「養生ください」と同義として使えます。 「ご自愛ください」という文章だけで、自分の身体を大切にしてくださいという意味が込められています。 「お身体をご自愛ください」という使い方では、「腹痛が痛い」のように意味が重なった使い方になるので、注意が必要です。 【例文】 ・どうぞご自愛の上、お過ごしください 類語3:「静養ください」 「静養」とは、病気を治すために心身共にゆっくり休めるという意味があります。 「養生」とほぼ同じ意味になりますので、お見舞い文として代用できます。 敬語にする際は、「静養する」という動詞を活用し、「静養されてください」「静養なさってください」という形で使用します。 その点でも「養生ください」と同じ使い方ができます。 【例文】 ・十分にご静養なさいますようお願い申し上げます ・くれぐれも静養されてください 丁寧な言い回しを心がけよう 「養生」について、意味や使い方について、理解できたでしょうか。 「養生」のように相手を気遣う言葉は、使い方を少し間違えただけで、せっかくの心遣いが無駄になってしまいます。 相手の身体や体調を気遣うときは、「その言葉をかけられた人が不快な気持ちにならない」という点にも配慮する必要があります。 目上の人には尊敬語で、身近な人にも丁寧語を使って、気遣いを伝えられるように、丁寧な言い回しを覚えておきましょう。 シーンによって言葉を使いわけて 「養生」については、いくつかの類語もご紹介しました。 同じような言葉でも、使うシーンによって相応しい言葉遣いが異なります。 それぞれの言葉の意味と使い方を理解し、最適な言葉を使いこなせるようになりましょう。 お見舞いのシーンについては、以下のリンク記事も参考にしてみてください。

次の