ノーラン アレナ ド。 ノーラン・アレナド

MLB開幕案に選手が次々に反対 年俸削減を拒むスネルにアレナド、ハーパーら賛同

ノーラン アレナ ド

契約の総額はMLB史上4番目の規模に アメリカの全国紙であるが以下のように伝えています。 He was unauthorized to speak publicly because the Rockies have yet to announce the deal. 8年総額2億6000万ドルに加え、3シーズン目終了後に残契約を破棄してフリーエージェントを選択できるオプトアウトの権利が付帯した内容で合意に達したと、関係者からの情報を伝えています。 オプトアウトによりノーラン・アレナドは31歳でフリーエージェント市場に出ることも選択できることになります。 27歳のノーラン・アレナドがブライス・ハーパーよりも16ヶ月だけ年上であることが紹介された後、今回の契約の平均年俸である3250万ドルが、ミゲル・カブレラの3100万ドルを抜いてMLBの野手史上最高額となったことが伝えられています。 ジ・アスレチックのケン・ローゼンタール氏によると、契約期間はすでに2600万ドルで合意していた2019年から2026年までの8年間となるようです。 Technically a new contract, not an extension. 今回のアレナドの契約は総額ではジャンカルロ・スタントンの3億2500万ドル(13年)、マニー・マチャドの3億ドル(10年)、アレックス・ロドリゲスの2億7500万ドル(10年)に続くMLB史上4番目となります。 ただ、総額に関してはブライス・ハーパーが3億ドルを超えることが濃厚なため、そう遠くないうちに5番目の金額となりそうです。 平均年俸ではザック・グレインキーの3440万ドルに続く史上2番目の金額です。 2013年から6年連続ゴールドグラブ賞、2015年から4年連続オールスター選出、4シーズンで158本塁打、503打点、打率. 931と傑出した成績を残し、フランチャイズの顔となっているノーラン・アレナドです。 ロッキーズはフランチャイズの象徴となっている選手を、2019年シーズンだけでなく、2022年まではノーラン・アレナドをチームに留めることができることになりました。

次の

【楽天市場】【限定!ノーラン・アレナド】ローリングス 軟式用 グラブ 内野手 オールラウンド用 GR9FMLNA HOH グローブ 野球:野球専門店 SIZE UP

ノーラン アレナ ド

ロッキーズの GMであるジェフ・ブリディッチがチームの主砲であるノーラン・アレナドに関するトレードの噂を沈静化させた当日に、アレナド自身が月曜日に沈黙を破り、「無礼」だとコメントを発表しました。 ブリディッチ GMは来月アリゾナでスプリングトレーニングを行う時に、アレナドがロッキーズの選手として参加する事と少なくとも今のところ、トレードに関する交渉は持っていないという事を明かしました。 「シーズンが近づき、スプリングトレーニングが近づいているのでそれに焦点を合わせ始めている。 」とブリディッチは言いました。 「我々はアレナドに関するトレードに関して複数のチームからオファーを受けたが、実際には何も起きていない。 だからこの話題を沈静化させて、次のシーズンに向けて準備を進める。 」とも付け加えました。 ブリディッチのコメントについて質問されたアレナドは次のようにコメントしました。 「言われている事にはそれほど興味がないが、自分が無礼な扱いを受けているという事は分かっている。 」 アレナドは、彼が使った「無礼」という言葉の意味については詳細を話すことを拒否しました。 また彼は 2021年シーズンのオフに契約をオプトアウトできる権利も持っています。 さらにアレナドの契約には完全なトレード拒否条項も含まれています。 つまり彼が望まないチームへのトレードを拒否することができます。 ある情報源によると、シーズン開幕前にトレードが起こる可能性は低いと考えられていましたが、同じ情報源によるとロッキーズが 2020年シーズン前半に不調が続くと夏のトレード市場でのトレードの可能性が高くなるとも言われています。 アレナドは昨年契約延長に合意しました時には楽観的な雰囲気を漂わせていました。 「このチームが大好きだから、契約延長を決めたのだ。 」とアレナドは語っていました。 さらにその言葉に続いて「このチームは居心地が良いし、チームの若い選手達に満足している。 そしてこのチームで勝つことができると本当に信じている。 もしロッキーズで勝てると信じていなかったら、契約延長には同意していない。 長期的にこのチームに留まるつもりだ。 」とも付け加えていました。 しかし 2017年から 2年連続でプレーオフに進出したロッキーズは昨年投手陣の不調もあって 71勝 91敗と残念な結果に終わり、この結果はアレナドを失望させたようです。 契約延長を行なった時のプランでは、こんなはずではなかった。 」と語っていました。 [補足 ] アレナドとロッキーズの軋轢について、 ESPNのジェフ・パッサンも記事を出しました。 MLB30球団全てを対象として取材を行う彼らしく、他チームに関する情報も書かれていたので補足します。 チームが 71勝 91敗と酷い成績を残したこのオフに、ロッキーズが補強を行わないという方針を示した事にアレナドは裏切られたと感じたようです。 アレナドとしては、今季勝つための戦力を整える気がないチームのエグゼクティブ達に対して不満があったと言えます。 またアレナドのトレードに関してロッキーズは、ブレーブス・カージナルス・レンジャーズそしてカブスとも交渉を持っていました。 しかしロッキーズは先週その 4チームに対して、トレードの話合いを沈静化させて行きたいと伝えました。 これはトレードに関する話合いを一切行わないという事ではなく、積極的な話し合いは行わないという意味です。 実際にロッキーズはこれらのチームと先週末も話合いを行なっています。 しかしロッキーズはこれらのチームに対してトッププロスペクトを含めるように要求しており、それらのチームに所属するエグゼクティブ達はパッサンに「馬鹿げている」や「彼ら ロッキーズ にアレナドをトレードする気があるとは思えない」と伝えています。 またロッキーズとアレナドの軋轢の背景には、それぞれの立場があるようです。 ロッキーズ側としては昨年 2月に契約延長を行なったアレナドにもっとリーダーシップを発揮してもらいたかったようです。 一方のアレナド側は同地区のチームが続々と戦力強化に成功する中で、チームの補強が少なく今オフも MLBレベルで FA選手を 1人も獲得していない事に疑問符を持っていたようです。 一方でArenadoやBalckmonは、若手の見本という意味では理想のリーダーだが、チームの雰囲気を盛り上げるタイプではないらしい。 WSHはStrasburgのようにArenadoタイプに見える選手も多いし、そこにParraが加わって良い意味での化学反応が起きているのかも。 アレナドやブラックモンは真面目で若手のお手本になるタイプだけど、連敗中のチームの雰囲気を一変させるような存在ではないという指摘は興味深いですが、ロッキーズは契約延長前にそれを把握していなかったのかという疑問も浮かびます。 今回アレナドとロッキーズの軋轢が明らかになった事で、ロッキーズのアレナドに対する扱いが変化する可能性は大いにあると多くのエグゼクティブが感じているとパッサンは書いておりこのニュースの今後の進展が注目されます。

次の

【MLBイクステンション2019】ノーラン・アレナドとロッキーズが8年$260Mの契約延長に合意!

ノーラン アレナ ド

ハーパー&マチャド&アレナドが超大型契約、続々と記録を更新 メジャーリーグのストーブリーグでは、この1週間で大物3選手が新たな契約を結んだ。 全員の契約を合計すると8億9000万ドル(約995億円)。 とんでもない額が動いたことになる。 まずは先月21日(日本時間22日)、ドジャースからFAとなっていたマニー・マチャド内野手がパドレスと10年総額3億ドル(約335億3400万円)で契約。 2007年オフにアレックス・ロドリゲスがヤンキースと結んだ10年総額2億7500万ドル(約307億3000万円)を上回り、米国スポーツのFA契約では史上最高額を更新した。 すると、26日(同27日)にはノーラン・アレナド内野手が8年総額2億6000万ドル(約290億5500万円)でロッキーズとの契約延長に合意。 アレナドは今季限りでロッキーズとの契約が満了となり、FAになる予定だった。 年平均3250万ドル(約36億3200万円)は野手史上最高額。 マチャドとアレナドはともにメジャー屈指の三塁手として知られている。 そして、28日(同1日)にはマチャドとともにFA市場最大の目玉だったブライス・ハーパー外野手が、フィリーズと13年総額3億3000万ドル(約368億7750万円)で契約合意。 マチャドが更新したばかりのFA選手最高総額を上回り、2014年オフにジャンカルロ・スタントン外野手が当時所属していたマーリンズと結んだ13年3億2500万ドル(約362億円)をも塗り替えて、米スポーツ史上最高総額となった。 昨年から冷え込んでいたメジャーリーグのFA市場。 しかし、マチャドとハーパーはFAとして超大型契約を勝ち取り、アレナドはFAになる前に愛着のあるロッキーズとの契約延長という形で野手としての最高年俸を手にした。 まさに激動の1週間となった。 (Full-Count編集部).

次の