アメリカ グリーン カード。 5つのアメリカ永住権取得方法 l アメリカビザ・永住権取得支援サイトl 弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所

トランプ氏、グリーンカード発給を一時停止 大統領令に署名

アメリカ グリーン カード

(写真=PIXTA) 2015年に、米国の永住権もしくは、市民権を放棄した人の数が過去最高に達したそうだ。 2016年2月8日付の日本版ウォールストリートジャーナルによると、その人数は4279人と、3年連続で過去最高を更新した。 その背景には、2010年に成立した外国口座税務コンプライアンス法 FATCA があるようだ。 この法律により、国内のみならず、海外資産やその取引の詳細な報告を義務付けているため、特に在外米国人が市民権を手放しているようだ。 同記事によると、コネティカット州センターブルックの国際弁護士、アンドリュー・ミッチェル氏は「米国のパスポートを所有、もしくは永住権を有することには、その面倒な手続きと米国の税制に従って税金を負担するだけの価値がないと考える人が増えているようだ」と話している。 【合わせて読みたい「富裕層」シリーズ】 ・ ・ ・ ・ 永住権と市民権 何が同じで、何が違う? かつて「米国に住む」という夢は、「グリーンカード」を持つことを意味する、と言っても過言ではなかった。 米国に自由に出入国ができ、滞在も無制限、職業選択も自由なビザ。 それが「グリーンカード」だった。 純粋に年に一度の抽選によって与えられるもので、「宝くじ」よりは夢に近いとまで言われてきた。 一方、市民権の申請には、条件が9つもある。 2つ紹介すると、1つは永住してからの期間が最低5年、米国市民の家族である場合は3年が経過していることだ。 加えて、米国の歴史や政治の仕組みなど基本的な知識が必要で、申請時に簡単なテストがある。 米国人になるための基礎を身につけなさいというわけである。 永住権保持者は非選挙権や選挙権が与えられないが、市民権保持者であれば、基本的には地方・国政に参加することも、一票を投じることもできる。 永住権保持者はホワイトハウスやFBI、CIAなど、特定の政府機関の仕事に就くことができない。 やはり国家の安全に関わる職業については、米国に忠誠を誓った市民権保持者に制限されているわけだ。 永住権保持者が日本で結婚して配偶者と一緒に米国での生活を始めようとしても、配偶者の永住権取得には大変な時間がかかる。 配偶者が別途ビザを取得できない限り、その間は「日米で別居」ということになってしまうのだ。 こんなところに落とし穴 夢を見る前に考えよう 1. 永住権・日本の滞在も制限される 米国外への長期赴任や親の看護などで日本に帰国するなど、1年のうち半分以上を米国外で過ごすと、永住する意志がないと見なされて永住権を剥奪される可能性がある。 また、永住権は10年に1度更新しなければならない。 犯罪歴さえなければ作業自体はインターネットで簡単にできるものなのだが、指紋押捺の費用80ドルを含めて290ドルがかかる。 市民権の場合には、海外渡航期間の制限や更新などは一切ない。 市民権・「日本人」ではいられなくなる 日本は多重国籍を認めていない。 多重国籍者は原則として22歳に達するまでに国籍を選択しなければならない。 米国の市民権を得るということは、日本人ではなくなるということなのだ。 市民権を得た時点で、特に何もしなくても日本国籍は自動的に抹消される。 だが、領事館に国籍喪失届けを出さない限り、戸籍上は日本人のままなので、国籍法違反になってしまう。 市民権取得後に日本のパスポートを使い続ければ、旅券法違反で逮捕される恐れすらあるのだ。 市民権・所得税率が高い場合も? 米国の税法に従って、市民権保持者や永住権保持者、通年居住外国人には所得税がかかる。 永住権・海外で戦争などに巻き込まれても優先順位は下 永住権保持者はただ居住しているだけで、米国人ではないため、海外で戦争や事件に巻き込まれても、救助の優先順位は高くない。 長期で日本に暮らせなくても、永住権保持者は「日本人」なのである。 単なる「憧れ」から海外生活を目指すには、時間的・経済的リスクがあまりにも大きすぎる。 これらを覚悟の上で、海外移住、特に米国移住は考えたほうがいいだろう。 ZUU online編集部 【合わせて読みたい「富裕層」シリーズ】 ・ ・ ・ ・•

次の

アメリカ・グリーンカード(永住権)の申請手順と最新動向|アメリカ・ビザ徹底解説|現地情報誌ライトハウス

アメリカ グリーン カード

KEVIN LEVINE 弁護士 Q:永住権保持者と結婚をすることになりましたが、グリーンカードを申請している間、その人とアメリカに住むことはできますか? A:結婚をしたら一緒に住めると期待するのは当然のことでしょう。 残念ながら、アメリカ政府は、グリーンカード保持者がグリーンカードを持っていない、あるいはアメリカ国籍を持っていない配偶者と合衆国で一緒に住めることを大変困難にしています。 2001年9月にグリーンカードの申請をした永住権保持者の配偶者が、最近やっと資格を得たことをご存知でしょうか? 何十万人もの外国人がグリーンカードの認可を待っているこのカテゴリー(永住権保持者の配偶者や21歳以下の未婚の子供)は、年間8万8000人しか認可されず、この先、待ち時間がどんどん伸びても誰も驚かないでしょう。 もし12月に行われる連邦議会で、移民法改正に関して話し合いが持たれるならば、この割り当てが増えることを願いたいと思います。 Q:夫のサポートで永住権を申請中ですが、その間、観光ビザか学生ビザでアメリカに滞在できますか? 永住権を申請中の配偶者には観光ビザや学生ビザはたいてい認可されません。 合法的な理由として、これらのビザは非移民ビザと呼ばれ、「住む意思がない」ということが必要とされ、短期間の滞在の末、いずれ自国に帰る意思があることが要求されます。 永住権申請中の配偶者は合衆国に住むという意思があるため、アメリカ大使館はこういう人たちへのビザ(観光、学生ビザ)の認可は、合法的に難しいと考えます。 日本のような、90日以内の短期間の滞在の場合ビザを必要としない国でも、これを利用して必要以上の行き来をしていると、アメリカへの入国の都度、空港で即刻強制送還される危険もあります。 さらにこういう人たちが市民権や永住権保持者と婚約や結婚をしていると入国審査官に目をつけられ、合衆国への入国を拒否されやすくなります。 そうなると結果は最悪です。 たくさんの配偶者がグリーンカードの認可を待つ間、何年も離れ離れに過ごすことを強いられます。 不法滞在など、合衆国移民法に違反すると、それには当然良くない結果がついてきます。 カリフォルニア州では運転免許が取得できなくなります。 さらにそのような外国人は合法的に働くことも許されません。 もし不法に働くことを選んだ場合、ほとんどは利用されるだけに終わります。 Q:不法滞在がわかった場合、永住権申請に問題はありますか? 1996年に連邦議会は、1997年4月1日以降、不法長期滞在をしている外国人に対してさらに厳しい法を立案しました。 180日以上の不法滞在者は、例えば、グリーンカードの面接のためにアメリカ国外に出国すると、グリーンカード取得までさらに3年の待機期間、また365日以上の場合は10年加算されます。 さらに連邦議会が、アメリカ国内で不法滞在をしていても、1000ドルの罰金を払ったらアメリカ国内でステータス適合ができると定めた規定 245i を再度通過させない限り、もし配偶者がグリーンカードしか持っていない場合、例え優先日(Priority Date)が有効になってもその不法滞在者はグリーンカードをアメリカ国内で取得できません。 要するに身動きがとれなくなってしまうわけです。 政府はこうした配偶者や、未成年で未婚の子供でグリーンカードの認可を待っている人のために、新しいビザを作るべきです。 このビザはグリーンカードが認可されるまで、合衆国でグリーンカード保持者の配偶者との居住と労働を認めるものでなくてはなりません。 先日の中間選挙の結果、民主党が両議会をコントロールすることになり、多くの人々は2007年度の移民法改正は、2008年の大統領選挙まで難しいと感じています。 問題はブッシュ大統領と民主党の上院、下院議員が共にこの件に関して政治的に考えられるか、ということです。 もしあなたが国に対して、新婚の配偶者が永住権保持者の配偶者と一緒に住むことができるような、新しいビザを作ることを促したいとお考えであれば、あなたの署名、名前、日付、住所を書いて、私の事務所に郵送してください。 知人に署名をしていただいても構いません。 みなさんからの署名とともに嘆願書を英訳したものを、ダイアン・フェインスタイン上院議員、バーバラ・ボクサー上院議員、ヘンリー・ワックスマン下院議員に送付します。 大変必要とされるこのビザが作られるよう努力しましょう。

次の

当選者が語る!アメリカ永住権「グリーンカード抽選」応募方法まとめ

アメリカ グリーン カード

アメリカの永住権(グリーンカード)は現実的に取得できるチャンスがあるし、 先進国の中では運がよければ低いハードルで 調達できるというメリットがある。 そのため、気軽に永住権であるグリーンカードを 欲しがる人がいるのも事実で、 抽選で取得できることが話題にのぼることもある。 ただし、ここには大きなデメリットがあるのを忘れてはいけない。 世界中どこにいても追い回してくる 厄介な荷物を背負って生きていくことになってしまうので。 ある意味、呪縛にすら近い。 アメリカの永住権、グリーンカードを取得した場合のデメリットは、 なんといってもアメリカから常に課税されること。 これには世界の大まかな税制について理解しておく必要がある。 ざっくり分ければ、世界の税制は2種類存在する。 通常は住んでいる国で税金を納めるのが一般的。 たとえば、マレーシアが居住国の日本人なら マレーシアに納税することになる。 国籍に関わらず、 住んでいる場所が基準となるのが属地主義の考え方で、 世界中のほとんどの国はこの基準を採用している。 もちろん日本の課税方針もこの属地主義方式にのっとっている。 海外居住者が原則として日本からは非課税になり、 住んでいる国に税金を支払うことになるのは この属地主義の考え方で運営されているから。 この場合、税金の高い国に住むのはデメリットの1つになる。 こうした属地主義が世界の大勢を占める中、 アメリカは例外的に属人主義を取っている。 これはアメリカ人なら世界のどこに住んでいようと関係なく、 常に課税するという考え方。 他の国からすると、 自国の居住者からの税金が減るので風当たりは強い。 それでも超大国のやり方は揺らがない。 ついでに言えば、 アメリカ人は国外での銀行の口座開設を断れることが多いが、 それもこの点が原因になっている。 アメリカ政府としては国民の所得を補足する必要があり、 入金や残高と言った口座の内容の照会を求める。 それが負担になり、 各国の銀行の少なからぬ部分が アメリカ人の口座開設を拒否している。 しかも、この課税対象は永住権、グリーンカード取得者にも向けられる。 つまり日本人がアメリカの永住権を取った場合、 国籍は変わることなく日本のまま。 ただし、課税に関しては世界中どこにいても 常にアメリカから対象とされることになる。 これがグリーンカードの恐怖。 大いなるデメリットとなる。 アメリカが永住権を発行しているのは、 これが目的ではないかとさえ感じてしまう。 向こうとしては、税収が増えるというメリットがあるわけなので。 もちろん、それだけではないと思うが・・・。 このデメリットはあまりにも大きいので、 本当にアメリカに住み続けるとか、 そもそも税金が問題にならない程度の収入しかないとか、 そういう場合以外には下手にグリーンカードを取得することができない。 私もマレーシアとフィリピンにおいて 永住権を取得することにした。 これは日本に何かあった時の保険のようなもので、 いくつか持っておくにこしたことはないと思っている。 ただ、アメリカについてはだめ。 あまりにもコストが高くつきすぎる。 グリーンカード取得時の費用がどうであっても、 保有している間に課税され続けることを考えると 世界有数の高コストの永住権とすら言えてしまう。 したがって、何が何でも取る訳にはいかない。 別に向こうも無理に押し付けてきているわけではないので、 申請したりしなければ手に入ることはないのだが。 グリーンカードのこの課税権は世界的に見ても特殊要素なので、 気をつけておく必要がある。 先進国に住める権利なんて魅力的な感じがするが、 甘い話には罠があるという分かりやすい例。 自分が生まれ育った国でもなく、 住んでいるわけでもないアメリカに課税されるという 意味不明な事態を避けるためにも、 グリーンカードを取ることはできない。 永住権取得時にいくらかの費用がかかる国の方が、 トータルで見ると圧倒的に低コストで済むことになる。 たしかに永住権を取ればアメリカに住めるというメリットはあるが、 将来の権利として保有するだけにしてはデメリットがありすぎ。 別に長期的に住みつこうと思っていないのであれば、 あまりにも問題が大きすぎるのではないかと。 それよりは、旅行者として気が向いた時に訪れる方が 結局のところ安くつく。 暮らす場合に比べればホテル代がかかったりするが、 税金のことを考えれば小さな額。 もちろん所得の金額によっても話は変わるが、 ある程度の収入があるのであれば、 この点は注意しておく必要がある。 世界で統一された税制は存在しないので、 アメリカのように特殊なやり方を採用する国もある。 永住権の取得に際して、 メリットだけを見ていると足元をすくわれるし、 とんでもない被害額になることもありえる。 こんな例は他の国にもあって、 シンガポールだと子供の年齢によって兵役を課される場合も。 メリットがあったとしても、 それを上回るデメリットが存在しないかどうかも 永住権取得前にかならずチェックしておく必要がある。

次の