ホスト 料金。 初心者向け!MixHostの料金プランから申し込み・登録方法まで解説

料金

ホスト 料金

下の表の説明をしますね。 左からシステムにも書いてあるデート時間とアポイント料金、カテゴリーは良くあるデート内容を示しています。 デートの例と費用は具体的なデート内容とそこに掛る費用を一つの例としてシミュレーションしたものになります。 飲食代やカラオケ等一人ずつに掛かる費用は2人分をまとめたものに 消費税10%を足した金額を表記しています。 レンタカー利用の場合は他に燃料代が掛かります。 ニッポンレンタカーの値段はプレミアムレッドメンバー価格です。 お安く上がる事と値段がわかり易かったので例に使いました。 カラオケ館は会員カードを持っています。 宿泊コース料金シミュレーション 宿泊に関する情報はにありますので併せてご確認ください。 まとめ.

次の

ホストクラブはお金がかかる?平均費用の相場と少ない予算で楽しむ方法4選

ホスト 料金

1~2万の所持金では正直心もとないでしょう。 セット料金 【セット料金】とはお店によって詳細は異なりますが、 席に座った時点で発生する料金の事です。 席料金という認識で間違いないと思います。 大阪は時間区切り、東京はフリータイムが多いイメージ。 指名料 【指名料】とは、 自分の隣に座るホストを指名することで発生する料金のことです。 店内や指名ホストの繁閑が大きく影響しますので、指名したからと言ってずっと隣に居るとは限りませんのでご注意を。 暇な店で売れないホストを指名すると1番長く指名ホストを独占できるでしょうが、きっとそんなことが出来る店もホストもいまいち楽しさに欠けるかと思います。 スポンサーリンク 飲み物代 飲み物代の相場は ショット1杯1,000円+TAXです。 ショットで1杯ずつも頼めますが高くつくので、 とにかく安く飲みたいのであれば迷わず1番安いボトルとミネラルウォーターを頼んでそれを飲みましょう。 担当にもヘルプにもこれを飲んでもらうか、ヘルプには飲ませないということも出来ます。 ですがこれは あまりおススメしません。 ホストに 面倒くさい客だと認識されるとヘルプに着きたがらなくなり、結果的に自分のテーブルが盛り上がりません。 ボトルは安いものだと1万円前後であります。 (5千円ほどからある店も 延長料金 Setの延長料金です。 1時間ずつ延長出来るお店が多いと思います。 料金は3,000円~7,000円とこれも 店によって大きく差があります。 フリータイムのお店では当たり前ですが延長料金は発生しません。 その分最初の設定が高く定められていると思います。 TAX 【TAX】とはテーブルチャージ・サービス料・税金など、伝票の小計に掛け算される数字です。 TAXと消費税を別でとるお店もあるようです。 気を付けてくださいね。 ) 別料金の対象ついて 別料金にはなりますが、追加注文でいろいろホストクラブらしい体験が味わえます。 例えば シャンパンコール。 シャンパンコールの値段 1本15,000~100,000円(100万円以上の物もある)くらいのシャンパンや高級ボトルを注文すると、大勢のホスト達に囲まれマイクパフォーマンス、大音量、レーザー光線といったものを使ってテーブルを盛り上げます。 ホストクラブの華やかな部分。 お店の売上のほぼ9割がこのシャンパンコールから生まれます。 お店によって違う事ばかりで非常に書きづらいのですが・・。 例えば5万円以下のシャンパンではシャンパンコールが出来ないお店もたくさんあります。 と言うのも、コールの最中他のテーブルが疎かになってしまうので、それって お店にとってはリスクなんです。 コールで放置されたお客さんが 「 つまんないから帰る」なんてことはよくあることで、それを考えるとどうしてもシャンパンコール料金の敷居を高く設定しがちになります。 俗に言うドンペリです。 どのホストクラブにも必ずと言っていいほど置いてあります。 今ではシャンパンの種類も増え、お店に置いてある種類も豊富ですが訳分かんない時はこの ドンペリにしとけば間違いないです。 言っときますが全然美味しくないです。 酸っぱいだけ。 ドンペリは当時死ぬほど飲みましたが、『美味い』と言って飲んでる人と出会ったことがありません。 価格は格安サイトの最安値の仕入れ値で現在(2019年9月楽天で)15,000円強はします。 これも確認したら大阪のお店は8万円、新宿では15万円でした。 中古の軽自動車買えるわい・・・! スポンサーリンク ホストと言えば高級ボトル 水商売界隈いにるとチラホラ目にする 【売上2,000万突破!!】などの数字。 月2,000万売り上げるホストはちょこちょこいると思いますが、2,000万円分のシャンパンなんて全部飲んでたらホスト死にます。 1日では飲み切れず、たぶん3日目で死にます。 そこで出てくるのがこの 高級ボトルです。 有名な物でレミーマルタン・ルイ13世やリシャールなどがあり、その価格は現在仕入れルイ13世は安くて10万前後、リシャールは約30万以上。 お店で頼むと今なら 100万~300万は軽く超えるでしょう。 ほとんどのお客さんには関係のない数字です。 世の中には本当にたくさんのお酒(高級ボトル)があります。 僕が見たホストに置いてある1番高いボトルは2000万(メニュー表示金額)でした。 それもそのボトルを卸した人が居るんだから驚きです。 しかも 一切飲まないんです、これ。 稀に飲む人も居ましたが僕が見たのは1人だけでした。 あとの人は開けもしない。 テーブルに飾って 店内での自分のヒエラルキーを誇示するために使うんですね。 なので 飾りボトルとも言います。 月の売上2000万や1億なんてのもたまに聞きますが半分以上は嘘です。 中には本当の情報もありますが、ほんの1部。 1晩で1人の客がホストの誕生日に 4000万使って、現金で払って帰ったという話もあります。 世の中金が余っているところには余ってるんですね・・・。

次の

Airbnb の手数料とは ホストサービス手数料とゲストサービス手数料を理解する

ホスト 料金

『相場の値段は?』大阪・歌舞伎町で平均を比較 とにかく高い料金のイメージのホストクラブですが、初回料金だけは 聖域です。 どれだけ有名ないわゆる一流店に行っても 5000円以上を初回料金でとるお店はそうそう無いと思います。 あくまでも平均ですが、歌舞伎町のホストクラブの初回は2,000円くらいで飲めるようです。 大阪ミナミの初回料金の相場 続いては大阪ミナミ。 どうでしょう? ホストクラブの初回料金、なかなかリーズナブルで手が出ない金額ではないですね。 東京の方が気持ち高く設定しているお店が多かったです。 もちろん強気の値段設定のお店もありましたが、上にも書いた 通り初回料金のみで5,000円以上をとるお店は聞いたことがないです。 とは言うものの、 料金は入店する前に必ず確認してから行くようにしましょうね。 ボッタくりは聞いたことありませんが、追加注文とかしちゃうと別料金が発生してしまうこともあります。 気をつけてくださいね。 ホストクラブを楽しむ上でのコツなのですが、店内を 他のお客さんの迷惑にならないレベルでしっかりチェックして、少しでも気に入ったホストを見つけたらホール回しの人間に「あの子も気になる」とじゃんじゃん伝えましょう。 これに関してはお金がかからないお店がほとんどです。 (指名料などはかかりません) お店の混雑状況にも寄りますが、最低でも1人は必ず誰かがあなたの席についている状態が基本です。 その目の前に居るホストにでも希望を伝えると、ちゃんとホール回しの人間に伝わるはずです。 お客さんを1人で放置するようなお店は業界的にはサムい店となるので、そんな店は長続きしません。 心配しなくても席で1人になることはそうそう無いでしょう。 初回料金予算内で飲める物について あなたのグラスは席に着いてるホストが常に注意して見てくれています。 空になったり、結露まみれビショビショで放置なんてことは無いので心配いりません。 飲み物や灰皿の交換は基本中の基本で教え込まれるもので、 テーブルマナーの出来ないホストはダメなホストという風潮もあります。 そこはしっかりやってくれるはず。 初回料金で飲めるお酒の種類は限られています。 焼酎とビールが多いですね。 焼酎のみのお店もあります。 これも初めに確認した方がいいかも知れません。 その他のお酒も飲むことは可能ですが別料金が発生します。 特に シャンパンなどは高価なものが多いです。 1番安い物でも数万円はします。 酔った勢いで注文なんてことは絶対無いように。 ホストクラブが永久指名な理由 この 『 指名をコロコロ変えさせたくない』のには、ちゃんと理由があるんです。 ホストというお仕事は、お客さん1人の売上げで簡単に人生が変わってしまう世界。 1人のお客さんが毎月数百万円使い続けるなんてのはザラにあるので、客を盗った盗られたで刃傷沙汰なんてことも過去にはあったのでしょう。 実際僕も先輩と喧嘩になった経験があります。 (盗られそうになった) お客さんをとる行為を 【つぶし】といいます。 みんな食い扶持がかかっていますし、1人のお客さんをつなぐためにいろんなものを犠牲にしてますので、これに関しては厳しく 禁じられていました。 ホストなんて所詮ならず者の集まりですが、唯一このルールだけはしっかり守られていました。 中にはやらかすやつもいましたが、それには厳しい罰が待っていますからね。 初回荒らしとは? 初回料金だけでお金を落とさずたくさんのホストクラブを飲み歩くことを、業界では「初回荒らし」と呼び、裏でかなり疎まれています。 こういうお客さんには横柄な人が多いイメージが否めません。 無駄にホストに大量にハウスボトルを飲ませて、潰れていくのを見て楽しむといった悪趣味な人が多い現実があるんです。 はじめは初回荒らし目的できて、そこから通ってくれるお客さんも中にはいますが、それはかなり少数派。 店やスタッフとしては、デメリットの方が多いし悪意すら感じることがあるため、かなり警戒せざるをえない相手なんです。 もちろん、マナー良くちゃんと『たくさんのお店が見てみたい』という理由でお店を回っている人も中にはいますけどね。 荒らしにはホスト敵意がある人が多い気がします。

次の