ウルトラマン。 ウルトラマン公式 ULTRAMAN OFFICIAL by TSUBURAYA PROD.

NEWS|映画『シン・ウルトラマン』公式サイト

ウルトラマン

音楽: 冬木透 ウルトラマン80 / MARK McKINNISS 『ウルトラマン80』40周年記念盤。 '83年放送の『アンドロメロス』と共に、80年代序盤のテレビシリーズを音楽で総括する5枚組CDボックス! 64ページ別冊ブックレット封入。 BGMを初の1曲1トラック収録。 1980年4月から1年間にわたって放送された『ウルトラマン80』。 その放送当時のレコード音源、オリジナルBGM、効果音など、初商品化の音源も含んだ集大成盤。 加えて、『ウルトラマン80』の終了後に、ウルトラマンシリーズの外伝として雑誌連載され、1983年にテレビ放送された『アンドロメロス』に使用された音楽も収録。 『メロス』の主題歌は、テレビ放送以前の1981年にイメージソングとしてレコードが発売されていたもの。 『ウルトラマン80』と共に1980年代前半の円谷プロ作品の音楽をまとめた内容でリリース! 三方背ケース 封入別冊ブックレット 音楽: 冬木透 主題歌作曲:すぎやまこういち 「ワンダバ」にサウンド・インパクトを受けたすべての世代のモニュメント! ファン待望の『帰ってきたウルトラマン』のMUSIC COLLECTIONが遂に登場! オリジナルBGMをMナンバー順に収録するほか、『ウルトラセブン』やテレビドラマから使用された音楽も収録。 主題歌・挿入歌、そのカラオケはもちろんのこと、企画レコードの収録曲、劇中で使用された当時の流行歌、主演の団次郎が本作の前年にコロムビアから発売したシングル曲まで収録。 さらに、初のワンダバ「MATのテーマ」誕生の時を体感する音源、主な怪獣、ウルトラマン関連音をセレクトした効果音集などを収録した、こだわりの3枚組! 三方背ケース 封入別冊解説書 音楽: 冬木透 『ウルトラセブン』放送開始から50年、冬木透が創り上げた音楽世界を、初の音楽メニュー順の収録で展望する究極の5枚組。 初商品化のオリジナル効果音、初CD化の英語版ドラマレコードなど、貴重な音源も収録。 マスターテープよりリマスタリングした、過去最高の音質で贈る、全283曲。 放送50年を迎えた『ウルトラセブン』、1967年に放送開始した正義のヒーロー『ウルトラセブン』はウルトラマンンシリーズの中で最も人気が高い作品。 既にほとんどの音源がCD化されているが、本作は初収録のオリジナル効果音、初CD化の英語版ドラマレコードなど、エクストラ音源を数多く追加し、Mナンバー順に全録音のセッション音源を整理した究極の5枚組CD-BOX仕様の「ウルトラセブン音楽集」である。 音楽: 冬木透 主題歌作曲:葵まさひこ 放送開始45年記念。 音楽をアーカイヴする3枚組CDボックス! 1972年の『ウルトラマンA エース 』放送開始から45年 エースに魅せられた全ての世代に贈る 『ウルトラマンA』単独アルバム史上最大のボリューム! オリジナルBGMを本作初の1曲1トラック方式で、Mナンバー順に収録! 初商品化を含む現存する追加制作音源を、『ウルトラセブン』、『帰ってきたウルトラマン』からの使用曲、南夕子最終編における使用をイメージした「月の光」 映像使用の音源とは異なります とともに別ディスクに放映順に構成、収録! ソング・コレクションには、第5話で使用の童謡「せいくらべ」、第9話に使用の平山三紀「フレンズ」「20才の恋」も収録。 巻末にSE集入り! 三方背ケース 封入別冊解説書.

次の

ウルトラマンシリーズCD紹介サイト

ウルトラマン

2019. 我々が『ウルトラマン』というエポックな作品を今一度現代で描く際に、ウルトラマン自身の姿をどう描くのか。 その問題の答えは、自ずと決まっていました。 それは、成田亨氏の目指した本来の姿を描く。 現在のCGでしか描けない、成田氏が望んでいたテイストの再現を目指す事です。 世界観を現代に再構築する事は挑戦出来てもあの姿を改める必要を感じ得ず、成田亨・佐々木明両氏の創作したオリジナルへの回帰しか、我々の求めるデザインコンセプトを見出せませんでした。 成田氏が監修した、佐々木明氏制作によるマスク。 成田氏が望んだ、古谷敏氏の体型データをベースとした体躯。 成田氏が望まなかった、眼の部分に覗き穴を入れない。 成田氏が望まなかった、スーツ着脱用ファスナーに伴う背鰭を付けない。 そして、成田氏が望まなかった、カラータイマーを付けない。 と、いう作業を行った結果が今回のデザインです。 ウルトラマンの美しさに、少しでも近づきたいという願いから生まれた姿です。 この想いが、わずかでも観客の皆様に伝わる事が出来れば、幸いです。 生後間もなく青森県へ移り、以後、青森県と兵庫県内の転居を繰り返す。 1954年、武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)彫刻研究科在学中、「ゴジラ」の美術スタッフにアルバイトとして参加。 これを機に東宝だけでなく大映や松竹、東映などの特撮美術に携わり、1960年、東映の特撮美術監督に就任。 1965年、円谷特技プロ 当時 と契約し、同社の「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「マイティジャック」などで、ウルトラマンをはじめとするキャラクターや怪獣、メカ、防衛隊のコスチュームや基地のセットにいたるまでをデザインし、映像作品の世界観構築に多大なる功績を残した。 1968年にフリーとなってからは、「突撃! ヒューマン!! 」などの特撮や「樺太1945年夏 氷雪の門」「新幹線大爆破」「この子を残して」「麻雀放浪記」など映画美術のほか、百貨店のディスプレイや博覧会、催事場のデザインなど活躍の場を広げていった。 2002年2月26日、多発性脳梗塞のため永眠。 享年72歳。 2003年「アート・ツアー・イン青森 成田亨が残したもの」展、2005年「成田亨の世界」展、2007年「怪獣と美術」展、2014年〜2015年「成田亨 美術/特撮/怪獣」展が開催された。 耳を疑うほどに嬉しかったのです。 父、成田亨は、自身が試行錯誤しながら生み出した「ウルトラマン」を、 生涯を通して深く愛し、誇りに思っておりました。 同時に、その「ウルトラマン」を生み出した自身の名前がクレジットから消され、デザインが変質され、商業的に利用され続ける人間社会に深い悲しみと絶望を抱いておりました。 その心を正直に発した事で、誤解や誹謗中傷も受けました。 父は悲しみが癒されることなく2002年に他界しましたが、その背中を通して多くを感じながら育てられた私は、父を誇りに思い、時に哀れに思い、そして心から尊敬しています。 生前の父の言葉を思い出します。 「本物は残る、本物であれ」 『真実と正義と美の化身』は、芸術家として生きた当時の父の全てが注ぎ込まれた油彩画です。 その絵画が、当時まだ子どもとしてウルトラマンを見ておられた庵野さんの感性に50 年以上の時を経て触れ、才能を発揮し続ける庵野さんの稀有な感性と交わり、「シン・ウルトラマン」としてどの様な姿でスクリーンに蘇るのか、期待に胸が膨れ、熱くなっております。 昭和の子どもが心踊らせた「ウルトラマン」が、令和の子どもたちに「シン・ウルトラマン」として蘇る。 子ども達の心に残る忘れられない映画の誕生を心待ちにしております。 それは、成田亨氏の描いた『真実と正義と美の化身』を今作のデザインコンセプトにしたいということ。 成田氏の描かれたデザインは現在まで続く「ウルトラマン」の原点であり、私たちは庵野氏の「ウルトラマンの美しさに少しでも近づきたい」という想いに全面的に賛成しました。 私が初めて成田浬氏とお会いしたのは2018年春でした。 それ以来、亨氏の偉業について、そしてご苦労についてお伺いすることができました。 その上で、この機会に改めて成田氏の円谷プロダクションでの仕事と功績に対して惜しみない賛辞をお贈りしたいと思います。 今作をご覧になる多くの方が最高にして美しい「ウルトラマン」を目撃します。 どうぞご期待ください。 株式会社円谷プロダクション 代表取締役会長 兼 CEO 塚越隆行 2019. 14 キャスト・スタッフコメント 監督:樋口真嗣 あらたな、でもそれは私が物心ついた頃から輝き続けているバトンを託されました。 先輩たちが生み出し育ててきた、眩しく重たいそのバトンを次につなぐ責務を粛々と努めて参る所存です。 斎藤 工 私に大役の白羽の矢が立った事以上に、この壮大なプロジェクト及び手にした脚本に至極興奮致しました。 かつて、何者でも無かった私は一度だけ、生前の実相寺昭雄監督にお会いする機会を頂き、前のめりに当時の円谷プロや「ウルトラマン」の様々な話を伺えた事は、全て"ココ"に繋がっていたのではないかと今振り返ると思います。 「ウルトラマン」への特別な想いを持たれていらっしゃる庵野さん、樋口監督と共に、若輩者ながら私の37年間を本作に注ぎたいと思います。 『シン・ウルトラマン』が今の日本に、未来の日本に、必要な作品になるよう、頼もしきスタッフ、共演者の方々と高みを目指します。 長澤まさみ 誰もが憧れる庵野さんの作品に出演出来る事をとても光栄に思います。 『シン・ゴジラ』も劇場へ観に行ったのですが、お客さんの満足感や充実感をその場で強く感じました。 今回の作品では思いがけない展開もありますが、今を生きぬく事はいつもどんな時も精一杯です。 作品を通して少しでも多くの人の心に届くものになればいいなと思います。 有岡大貴 物心のついた時から当たり前のようにウルトラマンをVHSで見て、当たり前のようにウルトラマンの人形で遊んでいました。 世代を超えて、そんな子供が日本中に居たことと思います。 そんなウルトラマンが、庵野さんと樋口監督の手により令和の時代に、さらにパワーアップして僕たちの前に現れてくれること。 最高のエンターテイメント作品の誕生に胸が熱くなります。 ご出演者の皆様に比べ、僕はお芝居の経験が少ないです。 足を引っ張ってしまわないか、オファーを頂いた時は正直嬉しさよりも不安の方が上回ってしまいました。 でも『シン・ウルトラマン』という作品に恥じぬよう誠意を込めて務めさせて頂きます。 早見あかり まさかあのウルトラマンの世界に自分が飛び込むことが出来るなんてまだ夢のようです。 私自身が『シン・ゴジラ』を観た時に感じたあの興奮をまた皆様にも『シン・ウルトラマン』でお届け出来ると思うと楽しみです。 正直、緊張や不安もありますが、庵野さん、樋口監督、出演者の方々と共に『シン・ウルトラマン』の世界を精一杯生き抜きます。 田中哲司 地元の鈴鹿山脈の山間から、いつか怪獣が顔を出すのではないかと、子供の頃、よく空想してました。 「ウルトラマン」は僕たち世代にとって、特別な作品です。 そんな僕が、恐らく最強のチーム『シン・ウルトラマン』に参加出来る事は最高の喜びです。 最善を尽くします。 西島秀俊 世界的人気で誰もが知る「ウルトラマン」を、あの『シン・ゴジラ』チームが再集結して映画化するとお話を伺った時の驚きと興奮がいまだに冷めません。 そして、そのチームに参加できることを非常に光栄に感じています。 脚本を読ませていただきましたが、ファンの方もそうでない方もきっと楽しめる一級のエンターテイメント作品になると確信しています。

次の

ウルトラマンZ

ウルトラマン

小さな頃は、大きくて強い者に少年は憧れ、いつかは自分が世界の平和を守るんだと思っていました。 今でもちょっとばかり思っていますが。。 やっぱり、ウルトラマンでしょということで、歴代のウルトラマンのデータをまとめてみました。 (2013年4月時点) 【 ウルトラマンとは】 円谷特技プロダクションが制作し、1966年(昭和41年)7月17日から1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で毎週日曜日19:00-19:30に全39話が放送された日本の特撮テレビ番組、および、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。 また、『ウルトラマン』に続いて放送された一連の番組、および、その劇中の巨大変身ヒーローも「ウルトラマン」と総称される場合がある。 地球外の宇宙人であるということから、ウルトラマンは人類に対して批判的立場に立てることを留保しており、まれにだが人類の正義とウルトラマンの正義が一致しない場合に、地球人社会に潜む独善やエゴ、偏見(それらはしばしば正義の衣をまとって行使されるが)を暴く結果になってしまう。 これは「人類の味方」というウルトラマンのアイデンティティーをしばしば危うくする。 だが、大半の場合は人類社会の経済活動や生命に明白な脅威を与える巨大な生物に対して、ウルトラマンと人類がともに戦う場合がほとんどであるため、こうしたアイデンティティーの問題は生じず、ミニチュアセットにおけるウルトラマンと巨大生物の戦いと破壊をクライマックスとするストーリーを肩の凝らない娯楽として視聴者に提供する。 本ページの目的は、子供から小学生・中学生・高校生・大学生・社会人・お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんと幅広い世代から愛される「ウルトラマンの素敵な歴史を未来に語り継ぐ」ことを念頭に置き作っております。 1966年 【ウルトラマン】 ウルトラマン(ULTRAMAN) 【ウルトラマン】 スペック詳細 地球での姿:ハヤタ・シン(黒部進) 所属チーム:科学特別捜査隊 身長:40m(『ウルトラマンタロウ』第40話のナレーションでは53メートル) 体重:3万5千トン 年齢:2万歳 出身:M78星雲・光の国 飛行速度:マッハ5 走行速度:時速400キロメートル 水中速度:200ノット ジャンプ力:400メートル 腕力:10万トンタンカーを持ち上げる キック力:320文の威力がある 必殺技:スペシウム光線、ウルトラスラッシュ(八つ裂き光輪)、ウルトラアタック光線、透視光線、ウルトラアイスポット(ウルトラ眼光)、スラッシュ光線、キャッチリング(金縛り光輪)、リバウンド光線(ウルトラバリヤー)、ウルトラ念力、ウルトラエアキャッチ(ウルトラ反重力光線)、ウルトラサイコキネシス、ウルトラ水流、テレポーテーション 職業:宇宙大学教授、宇宙警備隊銀河系局長(のちに支部長と設定) 趣味:読者 家族構成:父は宇宙保安庁長官、母はウルトラ学校の先生 ウルトラ兄弟:次男 変身道具:ベーターカプセル 【ウルトラマン】 ストーリー概要、設定、豆知識 40年前、最初に地球を守って戦った。 あらゆる技を習得した怪獣退治の専門家であるが、罪無き怪獣をいたわるやさしさも持ち合わせている。 20年前のUキラーザウルスとの戦いの後、地球に留まることを決意。 ハヤタに姿を変えたウルトラマンは、正体を隠し、神戸空港・空港長として暮らしていた。 地球上ではプラズマエネルギーの消耗が激しく、わずか3分間しか戦うことができない。 「初代ウルトラマン」「初代マン」 「マン」と呼ぶ場合がある。 ウルトラ兄弟の2番目。 ゾフィー(Zoffy) 【ゾフィー】 スペック詳細 地球で変身していた人物大谷博士 身長:45m 体重:4万5千トン 年齢:2万5千歳 飛行速度:マッハ10 走行速度:時速650キロメートル 水中速度:300ノット ジャンプ力:450メートル 腕力:16万トンタンカーを持ち上げる 必殺技:M87光線、Z光線、ウルトラフロスト、ウルトラ霞斬り、ウルトラトゥインクルウェイ、テレポーテーション、ウルトラチャージ、テレパシー 職業:宇宙警備隊隊長 趣味:体操 家族構成:父はウルトラの父の親友であったが、戦争で殉職した。 母は詳細は不明であるが、既に亡くなっている。 ウルトラマンキングはゾフィーの祖父という説もある(放送当時の雑誌設定) ウルトラ兄弟:長男 【ゾフィー】 ストーリー概要、設定、豆知識 銀河の平和の守護者、「宇宙警備隊」の隊長。 指導力と行動力に優れ、すべての宇宙警備隊員から大きな信頼を受けている。 ゾフィーの必殺技、M87光線は、単独で放つ光線技の中では ウルトラ兄弟最強と言われている。 また、ゾフィーの胸についているポッチは スターマークといい、数々の戦功を上げた勲章。 肩のポッチは ウルトラブレスターといい、宇宙警備隊長の証である。 ウルトラ兄弟の長兄。 1967年 【ウルトラマンセブン】 ウルトラセブン 【ウルトラセブン】 スペック詳細 地球での姿:モロボシ・ダン(森次浩司) 所属チーム:ウルトラ警備隊 身長:40m 体重:3万5千トン 年齢:1万7千歳 出身:M78星雲・光の国 飛行速度:マッハ7 必殺技:アイスラッガー、ワイドショット、エメリウム光線 、ストップ光線、ハンディショット 家族構成:母はのお姉さん。 と従兄弟 ウルトラ兄弟:三男 変身道具:ウルトラアイ 【ウルトラセブン】 ストーリー概要、設定、豆知識 39年前、恒点観測員として地球を訪れたセブンは、地球人の勇気と優しさに心を打たれ、地球のために宇宙からの侵略者たちと戦った。 その後もにウルトラブレスレットを授けたり、二度目の地球長期滞在時に怪我を負い、を地球で指導したりと、地球との関わりも深い。 また、恒点観測員でもあったセブンは ウルトラ兄弟の中で一番宇宙に詳しく、地球での滞在期間の長さや、の指導経験も評価され、地球でのMAC全滅時の危機的局面をかろうじて乗り越え、光の国に戻ってからは、 宇宙警備隊の筆頭教官を務めていた。 20年前の戦いの後、モロボシ・ダンとして神戸市内の牧場で羊を追いながら暮らしていた。 サンダーバードの影響を受けた作品。 メカなどもこの辺りから。 ウルトラ兄弟の3番目。 1971年 【帰ってきたウルトラマン】 ウルトラマンジャック(帰ってきたウルトラマン) 【ウルトラマンジャック】 スペック詳細 地球での姿:郷秀樹(団次郎) 所属チーム:MAT(マットとは、Monster Attack Team「怪獣攻撃部隊」) 身長:40m(ただし一時的に人間サイズで活動、もしくは同程度にミクロ化することも可能) 体重:3万5千トン 年齢:1万7千歳 出身:M78星雲・光の国 飛行速度:マッハ5 走行速度:時速650キロ 水中速度:220ノット ジャンプ力:400メートル 腕力:10万トンタンカーも持ち上げる 聴力:200キロ先の針の落ちる音も聴こえる 頭:鉄の2千倍の硬さ 必殺技:スペシウム光線、ウルトラスラッシュ(八つ裂き光輪)、フォッグビーム(冷凍スペシウム)、シネラマショット、ウルトラショット、ストップ光線、ウルトラロケット弾、ハンドビーム、ウルトラフラッシュ、ウルトラ念力、透視光線、ウルトラ眼光、ウルトラフロスト、ボディスパーク、ウルトラパワー、ウルトラバリヤー、ウルトラVバリヤー、ウルトラハリケーン 装備:ウルトラブレスレット、ウルトラスパーク、ウルトラランス、ウルトラクロス、ウルトラクロス、ウルトラディフェンダー 職業:ウルトラ道場の先生、ウルトラの星へ帰還後は宇宙警備隊地球課長。 後に支部長と設定されるが、具体的な支部名は不明 趣味:登山 家族構成:父はウルトラ科学技術局長官、母は宇宙情報センターに勤めている、妻はの妹(小学館学習雑誌の特集での記事より) ウルトラ兄弟:四男 変身道具:無し(郷秀樹が人間として努力した上で絶対絶命のピンチになったとき、光に包まれてウルトラマンになる 【ウルトラマンジャック】 ストーリー概要、設定、豆知識 35年前に、眠りから目覚めた怪獣や、侵略宇宙人たちから地球を守って戦った。 呼び名が複数あるウルトラマンとしても有名で「新ウルトラマン」「ウルトラマンII世」「新マン(帰ってきたウルトラマン)」「帰マン」「帰りマン」などの別名も持っている。 ジャックは初代マンと同じ能力を持つウルトラ戦士だが、 からもらったウルトラブレスレットを持つ。 このブレスレットは、 ウルトラスパーク、ウルトラランス、ウルトラクロス、ウルトラディフェンダーなどのさまざまな武器に変わる万能兵器だ。 20年前の戦いの後、郷秀樹に姿を変えたジャックは、神戸市内のサーキットで後進レーサーの指導にあたっていた。 ウルトラ兄弟の4番目。 1972年 【ウルトラマンA】 ウルトラマンエース(ウルトラマンA) 【ウルトラマンエース】 スペック詳細 地球での姿:北斗星司(高峰圭二)&南夕子(星光子) 所属チーム:TAC(タックとは、「Terrible-monster Attacking Crew 」の略。 別名「超獣攻撃隊」) 身長:40m 体重:4万5千トン 年齢:1万5000歳 出身:M78星雲・光の国 飛行速度:マッハ20 走行速度:時速580キロメートル(放映当時は時速1000キロメートル) 水中速度:220ノット ジャンプ力:900メートル 腕力:14万トンタンカーを持ち上げる(放映当時は25万トンタンカーを持ち上げる) 戦力:兵力71000人分、艦船190隻分、航空機750機分、アメリカ第7艦隊以上の戦力を持つ 必殺技:メタリウム光線、パンチレーザー、スペースQ、ウルトラスラッシュ、ウルトラギロチン、ヴァーチカル(バーチカル)・ギロチン、ホリゾンタル・ギロチン、サーキュラー・ギロチン、マルチ・ギロチン、ギロチン・ショット、タイマーショット、アロー光線、スラッシュ光線、スター光線、エネルギー光球、ダブルビーム、ドリル光線、ストレート光線、ムーン光線、ブルーレーザー、シューティングビーム、ハンディシュート、ダイヤ光線、ハンドビーム、グリップビーム、アタックビーム、パンチレーザースペシャル、エネルギー光線、タイマーボルト、フラッシュハンド、透視光線、メディカルレイ、ウルトラシャワー、実体化ガス、消火フォッグ、セット光線、ボディスパーク、サークルバリア、ウルトラネオバリア、エースバキューム、ドライスパーク、エーススパーク、ストップフラッシュ、エースバリア、ウルトラナイフ、エースブレード、ウルトラサイン 職業:宇宙警備隊員。 地球からの帰還後は、アンドロメダ星雲方面の任務を経て支部長になる(1970 - 80年代の児童誌設定による) 趣味:作詩 家族構成:エースに両親はなく、が孤児としてエースをひきとり育てた 弱点:地中に潜れないこと、水中戦 ウルトラ兄弟:五男 変身道具:ウルトラリング 【ウルトラマンエース】 ストーリー概要、設定、豆知識 異次元人ヤプールが操る超獣と戦うために、34年前、地球に派遣された。 ウルトラ兄弟の中で最も多くの光線技をマスターしたウルトラマンでもある。 20年前の戦いの後、北斗に姿を変えたエースは、神戸市内のホテル展望レストランでオーナーシェフとして働いていた。 ウルトラシリーズ初の合体変身ヒーロー。 南夕子は月星人の末裔。 ウルトラ兄弟の5番目。 宇宙警備隊の一員。 タロウが地球に赴任していたこの時期、ウルトラ兄弟は通称「ウルトラ6兄弟」とも呼ばれ、地球上でも華々しく活躍していた。 任期を終えた後もウルトラバッジを母に返して地球に留まっていたが、ヤプール復活を阻止するべく地球に留まる事になったウルトラ兄弟に代わり光の国に帰還。 の後任として宇宙警備隊の筆頭教官となった。 の師でもある。 必殺技はストリウム光線。 頭の角は両親から遺伝したウルトラホーンといい、ウルトラ超戦士の証である。 ちなみにウルトラの母のお姉さんがセブンのお母さんであり、タロウとセブンは従兄弟同士である。 ウルトラ兄弟の6番目。 ウルトラの父(ウルトラマンケン、英表記:Father of Ultra) 【ウルトラの父】 スペック詳細 地球での姿:サンタクロース 身長:45m(かつての姿では40メートル) 体重:5万トン(かつての姿では4万5千トン) 年齢:16万歳 飛行速度:マッハ15 走行速度:時速1000キロメートル 水中速度:200ノット ジャンプ力:500メートル パンチ力:直径100キロの小惑星も砕く キック力:ジャンプキックは原子爆弾10発分の威力 必殺技:ファザー光線(ファザーショット)、クレッセントショット(クレセントショット)、ウルトラシャワー、エネルギービーム、パワービーム、ファザーバリヤー、ファントムファイヤー、ファントムファイヤー、チェインジング・フラッシャー 道具・武器:ウルトラアレイ、ウルトラフェザー 家族構成:の旦那、の育ての親、の父 【ウルトラの父】 ストーリー概要、設定、豆知識 銀河の平和の守護者、「宇宙警備隊」の大隊長。 「宇宙警備隊」発足のきっかけともなった全宇宙に伝わる伝説の「ウルトラ大戦争」(「ウルティメイトウォーズ」)を戦い抜いた歴戦の勇士で、誰からも尊敬されている。 (ウルトラの父は 「宇宙警備隊」結成時の初代隊長である)宇宙警備隊のルーキーである に「メビウスブレス」を授け、地球へと赴かせた。 ウルトラの母(ウルトラウーマンマリー、英表記:Mother of Ultra) 【ウルトラの母】 スペック詳細 地球での姿:緑のおばさん 身長:40m 体重:3万2千トン 年齢:14万歳 飛行速度:マッハ10 走行速度:時速600キロメートル 水中速度:120ノット ジャンプ力:350メートル 必殺技:マザー光線、マザーシャワー、マザー破壊光線、パワービーム 家族構成:の女房、の育ての親、の母、姉はの母、妹はの奥さん(小学館学習雑誌の特集での記事より) 【ウルトラの母】 ストーリー概要、設定、豆知識 銀河の平和の為、「宇宙警備隊」を助け、宇宙規模の医療活動に従事する 「銀十字軍」の隊長であり、 ウルトラクリニック78の院長でもある。 地球へは東光太郎の死んだ母親そっくりな緑のおばさんに変身し、光太郎にウルトラバッチを渡す。 伝説の「ウルトラ大戦争」では、傷つき倒れたに救いの手を差し延べた。 どんな凶悪宇宙人をも改心させてしまうやさしさを持ち、光の国の超人たちを暖かい愛情で見守り続けている。 母の得意技、 マザー光線はあらゆる傷を治す治癒光線である。 銀十字勲章:耳にあるおさげ状の部分が勲章。 多くのウルトラ族を救った功績で授与された。 勲章を外した状態のスチールも存在する。 ウルトラマンキング(Ultraman King) 【ウルトラマンキング】 スペック詳細 身長:58m 体重:5万6千トン 年齢:26万歳以上(映画『新世紀2003ウルトラマン伝説』で、30万歳の誕生日を迎えた) 飛行速度:マッハ20(『ウルトラマンレオ』放映当時は「テレポート移動する」との設定のため記述なし) 走行速度:マッハ6 ジャンプ力:500メートル 腕力:10万トンタンカーを持ち上げる 必殺技:キングフラッシャー、キングスパーク、洗礼光線、キング再生光線(キングビーム)、テレポーテーション 道具・武器:キングハンマー、ウルトラマント 【ウルトラマンキング】 ストーリー概要、設定、豆知識 ウルトラ一族の伝説的英雄。 キング星と呼ばれる小惑星に一人で住み、宇宙警備隊の活躍を見守っている。 光の国のプラズマスパーク建設に尽力した、ウルトラ長老の一人と言われている ウルトラ族伝説の超人。 ウルトラ戦士達から見ても、神のような存在とされている。 1974年 【ウルトラマンレオ】 ウルトラマンレオ 【ウルトラマンレオ】 スペック詳細 地球での姿:おおとり・ゲン(真夏竜) 所属チーム:MAC(マック「Monster Attacking Crew」モロボシ・ダン隊長の指揮するレギュラー部隊は「宇宙パトロール隊」) 身長:52メートル(『ウルトラマンメビウス』でのみ51メートル) 体重:4万8千トン 年齢:1万歳(放映当時は2万歳) 出身:獅子座L77星 飛行速度:マッハ7 走行速度:時速800キロメートル 水中速度:150ノット ジャンプ力:1000メートル 腕力:20万トンタンカーを持ち上げる 視力:100キロメートル先のマッチ棒も見える 必殺技:レオキックスライサー、ハンドスライサー、エネルギー光球、スパーク光線、レオクロスビーム、ビームランプ光線、タイマーショット、ウルトラショット、ハンドビーム、ダークシューター、シューティングビーム(レオビーム)、レッド手裏剣ビーム、チェンジィングビームI・II、リライブ光線、縮小光線、風車戦法、レオマスクパワー、ウルトラダブルフラッシャー、ウルトラダブルスパーク、ダブルキック、クロスアタック(コンビネーションチョップ)、レオゼロキック、レオゼロダブルフラッシャー 家族構成:の兄 ウルトラ兄弟:七男 変身道具:レオリング 【ウルトラマンレオ】 ストーリー概要、設定、豆知識 ウルトラマンレオは獅子座L77星の出身。 双子の弟、アストラを除いて 故郷はマグマ星人の魔の手により全滅。 第二の故郷として訪れた地球では、と出会ったレオは、おおとりゲンに姿を変え、防衛チームMACへ入隊。 ウルトラセブン・モロボシダン隊長の指導の下、宇宙人や怪獣と戦った。 レオキックを初めとした格闘技を得意とし、多くの危機に直面しても、再戦時に新たな技を繰り出して勝利するファイティングスタイルがレオの特徴。 アストラと共に「ウルトラ兄弟」の称号も得ている。 地球滞在時の終盤には防衛チームMACが全滅。 恩師モロボシダンも行方不明となった中で、円盤生物群との孤独な戦いを繰り広げ、見事に地球を守りぬいた。 他のウルトラマンと違い、 地球上での活動時間が2分40秒とやや短い。 当初は使われなかった光線系の技を習得してからはさらに短く、2分30秒となった。 ウルトラ兄弟の7番目。 マグマ星人に監禁されていたが、に助けられ、ウルトラマンレオのピンチに駆けつけるようになった。 左足のマグマチックチェーンは、も外せないマグマ星人の鎖である。 と共にウルトラ兄弟の称号を得る。 月刊雑誌『side-BN』2010年3月号の『大怪獣バトルウルトラコロシアムDXウルトラ戦士大集結』の紹介ページに、「ウルトラマンアストラ」と紹介されたのが唯一の例外。 ウルトラ兄弟の8番目。 1980年 【ウルトラマン80】 ウルトラマン80 【ウルトラマン80】 スペック詳細 地球での姿:矢的 猛(長谷川初範) 所属チーム:UGM(「Utility Goverment Members」の略称で、世界各国の軍隊を総括する国際連合直轄の総合軍事組織「地球防衛軍UNDA United Nations Defence Army 」に所属する怪獣・怪奇現象専門のチームである。 ) 身長:50m 体重:4万4千トン 年齢:8千歳 飛行速度:マッハ9 走行速度:時速1700キロメートル(マッハ1. 5) 水中速度:630ノット ジャンプ力:700メートル ウルトラ兄弟:九男 必殺技:サクシウム光線、バックルビーム、八つ裂き光輪、ウルトラレイランス、ウルトラスパイラルビーム、ウルトラアローショット、ウルトラアイスポット、イエローZレイ、ウルトラオーラ、フリージィングレーザー、タイマーショット、ウルトラショット(ウルトラストレートフラッシュ)、シューティングビーム、ハンドアップ光線(雲流レイ)、スパーク光線、タイマースパイラル、フラフープ光線、ボディスパーク、ダブルスパーク、メディカルパワー、リングリング光線、ウルトラウェーブ、透視能力(ウルトラシューティングアイ)、縮小光線、ウルトラカンノン光線、瞬間停止能力、ウルトラリダクション、ディフェンス念動、リバウンド光線(リバウンドミラー)、ハレーションミラー、ウルトラVバリヤー(ウルトラクロスガード)、ローリングウォッシュ、ローリングウォッシュ、テレポーテーション(ウルトラテレポーテーティング)、異次元テレポートビーム、ウルトラ高周波(スピンリングレイ)、カイトストリング、ウルトラウインド、ウルトラブーメラン、合体光線 変身道具:ブライトスティック 【ウルトラマン80】 ストーリー概要、設定、豆知識 ウルトラ兄弟候補生として地球に派遣され、現在はウルトラ兄弟の一員。 地球では矢的猛に姿を変え、世田谷にある桜ヶ岡中学の教師を務めていたが、オオヤマ隊長に気に入られてUGMに入隊した。 身の軽さを活かした連続攻撃を得意とする。 必殺技はサクシウム光線。 「80年代のウルトラマンが以前のものと同じでいいはずがない」ということで、「教師設定」が導入された。 ウルトラ兄弟の9番目。 ユリアン 【ユリアン】 スペック詳細 地球での姿:星 涼子(萩原佐代子) 所属チーム:UGM 身長:47m 体重:3万7千トン 年齢:7800歳 飛行速度:マッハ7. 7 走行速度:マッハ1 水中速度:480ノット 腕力:片手で3万トンの物を持ち上げる 必殺技:ダブルパワー、プリンセスレイ、メディカルガン、変身解除能力、エネルギー探知能力 変身道具:ブライトブレスレット 【ユリアン】 ストーリー概要、設定、豆知識 ウルトラの星の王女で、の幼馴染。 ガルタン大王に追われて地球にやってきた。 敵が近付くと額のビームランプが点滅して危険を知らせる。 地球では星涼子という女性に変身しており、ブライトブレスレットで変身する。 涼子のイヤリングにはブライトブレスレットと共鳴する力がある。 デザインモチーフは弥勒菩薩とされている。 から「自分が戦いに負けた時は代わりに地球を守れ」と言われており、のピンチに何度も変身しようとしたが制止された。 第49話では、プラズマ・マイナズマに苦戦するを助けるために変身して闘ったが、本来は戦士ではない。 一方で矢的の恋人気取りの部分もあり、矢的がほかの女性と親しそうにしていると焼きもちを焼くこともあった。 ウルトラシリーズ初の女性戦士。 科学警備隊のヒカリ超一郎にコンタクトを取り一体化しており、戦闘時はビームフラッシャーを額に当てることでウルトラマンに変身、21話以降は「ウルトラチェンジ! 」と叫びながら変身している。 従来の一体化型ウルトラマンが徐々に人間と意識レベルで融合していったのに対し、最後までヒカリとは別人物として描かれた。 ウルトラマン初のアニメ作品。 活動時間は従来より長くなり4分。 1987年 【ウルトラマンUSA】 ウルトラマンスコット 【ウルトラマンスコット】 スペック詳細 地球での姿:スコット・マスターソン大尉 所属チーム:ウルトラフォース 身長:82m 体重:6万4千トン 年齢:1万2000歳 飛行速度:マッハ24 必殺技:グラニウム光線、ウルトラ・プッシュビーム、ウルトラ・エナジー・ボール、ウルトラスライサー、ウルトラ投げ、ウルトラアタック、トリプルパワー 【ウルトラマンスコット】 ストーリー概要、設定、豆知識 ソーキン・モンスターを追って地球へやってきたM78星雲からやってきたウルトラ戦士の一人。 アメリカ空軍のアクロバット飛行チーム「フライングエンジェルス」のスコット・マスターソン大尉に宿って一心同体となり、当初は彼自身が危機に陥ると変身できたが、中盤では自らの意思で変身できるようにもなった。 腹部に青色の星型をしたバックルを持ち、太陽エネルギーが減ると額にあるビームランプが青色から赤色に点滅し警告音を発する。 やや荒っぽい戦い方を得意とする。 ウルトラマンチャック 【ウルトラマンチャック】 スペック詳細 地球での姿:チャック・ギャビン大尉 所属チーム:ウルトラフォース 身長:79m 体重:6万8千トン 年齢:1万4000歳 飛行速度:マッハ22 必殺技:グラニウム光線、ウルトラ・シンクロビーム、ウルトラ・バブル・ビーム 【ウルトラマンチャック】 ストーリー概要、設定、豆知識 ソーキン・モンスターを追って、他のウルトラチームと共に地球へやってきたウルトラ戦士の一人。 スコットと同様、フライングエンジェルスの一人チャック・ギャビン大尉に宿り、一心同体となった。 冷静に物事を対処し、他の2人に指示を出す指令塔に近い。 太陽エネルギーが減ると額にあるビームランプが青色から赤色に点滅し警告音を発する。 元は アメリカ国内向けTVシリーズのパイロット版として製作された作品。 1990年 【ウルトラマングレート】 ウルトラマングレート(ウルトラマンG) 【ウルトラマングレート】 スペック詳細 地球での姿:ジャック・シンドー(声:京本政樹) 所属チーム:UMA(ユーマとは、Universal Multipurpose Agencyの略で、異常気象や超常現象などの調査・対応のために国家枠を超えて結成された国際的軍事組織) 身長:60m 体重:5万8千トン 年齢:1万7000歳 出身:M78星雲・光の国 飛行速度:マッハ26 走行速度:マッハ9 水中速度:マッハ6 潜地速度:マッハ3 ジャンプ力:1500メートル 必殺技:バーニングプラズマ、マグナムシュート、ナックルシューター、グレートスライサー、ディゾルバー、トライアングルシールド、グレートガード、アロービーム、フィンガービーム(ダブルフィンガービーム)、ディスクビーム、ナックルボルト、パームシューター、スタービーム、ダブルグレートスライサー 変身道具:デルタプラズマー 【ウルトラマングレート】 ストーリー概要、設定、豆知識 オーストラリアのウルトラマン。 邪悪生命体ゴーデスを追って地球にやってくる。 火星にまで追い詰めたゴーデスがバラバラになって地球へ逃げたため、地球に留まり戦うことにした。 火星での戦いに巻き込まれたジャックと一体化する。 大気汚染が激しすぎて、地球上では3分間しか活動できない。 登場する怪獣の中には、ゴーデス細胞に取り憑かれているだけで元々は無害な怪獣もいて、その様な怪獣は倒されずに終わる事も多かった。 そのため ウルトラマングレートが倒した怪獣の数は9体と他のウルトラ戦士に比べ少なめになっている。 1993年 【ウルトラマンパワード】 ウルトラマンパワード(ULTRAMAN POWERD) 【ウルトラマンパワード】 スペック詳細 地球での姿:ケンイチ・カイ(ケイン・コスギ) 所属チーム:W. (ウィナーは、Worldwide Investigation Network Responce の略で、超常現象や怪獣・異星人による怪事件などの調査・対応のために国連指揮の下で編成された特別捜査ネットワーク機関) 身長:55m 体重:5万8千トン 年齢:1万5000歳 出身:M78星雲・光の国 飛行速度:マッハ27(地球大気圏内。 宇宙空間では真紅の光球となって超光速移動) 走行速度:マッハ9. 99 跳躍力:ひととび1800メートル 打撃力:1億トン(通常時) 蹴撃力:2億トン(通常時) 必殺技:メガ・スペシウム光線、パワードキック、パワードスラッシュ、パワードボム、パワードバリヤー、エナジーナックル、ウルトラパワー 変身道具:フラッシュプリズム 【ウルトラマンパワード】 ストーリー概要、設定、豆知識 アメリカのウルトラマン。 バルタン星人が地球侵略のためにやってくるのを追って赤い光の状態で地球にやってくる。 バルタン母船への衛星攻撃を阻止した後にカイの体に乗り移った。 バルタン星人を1度は撃退したものの地球侵略の野望を捨てないバルタンの再度の襲来に備え、地球にとどまることにした。 パワードの目は青く、感情が高ぶると赤にかわる。 その戦力は単純計算で、初代の約5倍であり、超強力な戦闘能力を有している。 1995年 【ウルトラマンネオス】 ウルトラマンネオス 【ウルトラマンネオス】 スペック詳細 地球での姿:カグラ・ゲンキ(高槻純) 所属:勇士司令部 身長:58m 体重:5万9千トン 年齢:8900歳 出身:M78星雲光の国 飛行速度:マッハ30(パイロットフィルム版ではマッハ29) 走行速度:マッハ6 水中速度:マッハ3 ジャンプ力:1600メートル(パイロットフィルム版では1200メートル) 必殺技:ネオマグニウム光線、スペシウム光線、ウルトラ・エディ・ビーム、ネオス・ナックル・シェル、ネオスラッシュ、ウルトラ・マルチ・ビーム、ウルトラリリース光線、ウルトラ・ミニマム光線、ウルトラ・ライト・ソード、ウルトラ・ライト・ランガー 飛行速度:マッハ30(パイロットフィルム版ではマッハ29) 変身道具:エストレーラー 【ウルトラマンネオス】 ストーリー概要、設定、豆知識 宇宙警備隊特別怪獣攻撃隊 勇士司令部のルーキー。 が地球に送られようとしている時、の担当区域で奇怪な事件が発生し地球へいけなくなってしった。 そこでかわりに抜擢されたのがウルトラマンネオスである。 ウルトラマンネオスは数々の超能力と宇宙に存在する格闘技を取り入れた必殺技を持つ。 ちなみにの父親が勇士司令部の長官を勤めている。 テレビや映画での作品ではなく「 イベントやアトラクションでしか見られないウルトラマン」として企画された。 7 水中速度:マッハ2. 5 ジャンプ力:1300メートル(パイロットフィルム版では1100メートル) 必殺技:ヴェルザード、アドリウム光線、レジア・ショット、ウルトラXアイズ、ウルトラリダクション、21・アタック・ビーム、ストップ光線、ウルトラ・ファイヤー・ボール、ウルトラ念力 【ウルトラセブン21】 ストーリー概要、設定、豆知識 宇宙警備隊の一員で、 宇宙保安庁に所属しているウルトラ超戦士。 ある時、宇宙警備隊・宇宙情報局は、地球のピンチを察知し、宇宙保安庁へ出動を要請。 しかし、宇宙保安庁長官が、ベテランのウルトラセブン21を地球に送り出そうとした時、ウルトラセブン21の担当エリアで奇怪な事件が発生。 ウルトラセブン21は持ち場を離れる事が不可能になり、宇宙保安庁長官は勇士司令部に応援を求めた。 そして勇士司令部からは若くて勇敢なが抜擢され、地球に向かうことになる。 一度は地球での任務を言い渡されていたウルトラセブン21としても地球のピンチが気がかりであった。 そこで ウルトラセブン21は自らの超能力を駆使して、をバックアップすることにしたのだった。 1996年 【ウルトラマンゼアス】 ウルトラマンゼアス 【ウルトラマンゼアス】 スペック詳細 地球での姿:朝日勝人(関口正晴) 所属チーム:Mydo(Mysterious Yonder Defence Organizationの略で、宇宙規模の防衛組織。 ネーミングは出光「Mydoカード」。 ) 身長:60m 体重:5万4千5百40トン 年齢:Z95星雲年齢9500歳 飛行速度:マッハ19. 9 走行速度:マッハ5. 55 水中速度:時速889キロ 潜地速度:マッハ1 ジャンプ力:1000メートル 必殺技:スペシュッシュラ光線、クロス・スペシュッシュラ光線、ウルトラワープビーム、スーパー・ゼアス・キック、ゼアスクロスVer. 0(バージョンイッテンレー)、ゼアスクロスVol1. 0 変身道具:ピカリブラッシャー、ピカリブラッシャー2 【ウルトラマンゼアス】 ストーリー概要、設定、豆知識 Z95星雲ピカリの国出身のウルトラ戦士。 地球環境をクリーンにするためにやってきた。 まだ 半人前で自信を失うと弱くなる。 そしてとてつもない潔癖症。 体が汚れると変身さえ出来なかったが、後に見事克服する。 地球上では防衛チームMydoの見習い隊員(二作目では正規隊員)朝日勝人の姿で生活し、ピカリフラッシャーという電動歯ブラシで変身する。 (二作目ではピカリフラッシャー2になっている)初代に憧れる将来有望(?)なウルトラ戦士だ。 ウルトラシリーズ史上初の「 企業タイアップウルトラマン」である。 電通のコーディネイトによって、 出光興産の CMキャラクターとしてガソリンブランド名「ゼアス」の名を冠し誕生した。 【 ウルトラマンHotto(画像の左) 】 みんなが「ほっと安心」して毎日を暮らしていけるように頑張る安心の使者。 普段は出光興産のサービスステーションを主な活動場所にして働いている。 お客様を心地よくもてなすためには 何事もいとわない温かい心を持つ。 熱い情熱からなすエネルギッシュな行動は人の心を癒しホットさせる。 得意技は、ホット光線。 両手の平を胸の辺りに円の形にして、どんな人でも「ほっと安心」させる。 出身:Z95星雲 【 ウルトラマンMotto(画像の中央) 】 みんなが「もっと活力」をもって未来を切り開いていくための先頭に立って頑張る、活力の使者。 普段は出光興産先進技術研究所や機能材料研究所などをメインの活動場所としている。 終りがないというあくなき探究心で、新たな可能性を作り出し、人、社会に「活力」をもたらそうと日夜努力している。 どんな結果が出ても「モット!」という懸命な姿に人は自然とついてくる。 得意技はモット光線。 拳を握り締め、両手を十字に力強く胸にかざし、人々に活力を与える。 どんな人でも「モットやる気」にさせる。 出身:Z95星雲 【 ウルトラマンKitto(画像の右) 】 「ウルトラマンHotto」によって培われた「安心」と、「ウルトラマンMotto」によってもたらされた「活力」を一身に受け止め、それを人々の「満足」へと高めるために頑張る、満足の使者。 すべての人々に満足を感じてもらうために、小さなことにも耳を傾け、どんなに難しい仕事でも最後までやりとおし 何事にもあきらめない心を持つ。 その得意技はキット光線。 右手を天にかざし、まわりに光を与える。 出身:Z95星雲 出光興産ホームページ より ウルトラ出光人 概要 宇宙人の悪い行いにより人類がピンチに陥り、出光人が悲しみや怒りの涙を流す時、彼らはウルトラ出光人へと変身し研究に研究を重ねて人類に平和と発展をもたらす。 第一話ではウルトラマンMottoが研究に研究をかさね、「ボトキラー・シャワー」をあみだした。 第二話ではウルトラマンMottoが困難を極めた研究の末に「アダマンテート・アターック」をあみだした。 第三話ではウルトラマンMottoがMottoと協力し、新技術「有機ELフラッシュ」を開発。 第四話ではウルトラマンMottoが困難を極めた研究の末に「ナチュラル・ポリマー・バリヤー N・P・B 」をあみだした。 最終話では3人のウルトラ出光人が知恵をしぼり、「マジックトップ・スイング」で街の平和を守る。 1996年 【ウルトラマンティガ】 ウルトラマンティガ(マルチタイプ) 【ウルトラマンティガ】 スペック詳細 地球での姿:マドカ・ダイゴ(長野博) 所属チーム:GUTS(ガッツ、Global Unlimited Task Squad 世界規模で無制限に仕事をするチームの略称。 ) 身 長:53m 体 重:4万4千トン 年齢:不明 出身:不明 必殺技:ゼぺリオン光線(マルチ)、ハンドスラッシュ(共通)、ランバルト光弾(スカイ)、デラシウム光流(パワー) 変身道具:スパークレンス 青銅のスパークレンス(青銅の神器)、ブラックスパークレンス(闇のスパークレンス) 変身できるフォーム:マルチタイプ、パワータイプ、スカイタイプ、グリッターティガ、劇場版:ティガダーク、ティガトルネード、ティガブラスト 【ウルトラマンティガ】 ストーリー概要、設定、豆知識 3000万年の歳月を経て復活した 地球の守護神。 「ティガ(TIGA)」はマレーシア語で聖なる数字の「3」の意味があり、その事からタイプチェンジのアイデアが生まれた。 タイプチェンジを行う際は、額の「ティガクリスタル」の前で両腕を交差させて組んだ後、両腕を左右に振り下ろす。 場合によっては片手を額の前に当てるかティガクリスタル自体を発光させてポーズなしで行うこともある。 タイプチェンジの所要時間は僅か0. 「平成ウルトラシリーズ」の一つ。 1998年、第29回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門を受賞。 1997年 【ウルトラマンダイナ】 ウルトラマンダイナ(フラッシュタイプ) 【ウルトラマンダイナ】 スペック詳細 地球での姿:アスカ・シン(つるの剛士) 所属チーム:スーパーGUTS(スーパーガッツ、Super Global Unlimited Task Squadの略称。 ) 身長:55m 体重:4万5千トン 年齢:不明 出身:不明 必殺技:ソルジェント光線(フラッシュ)、ダイナスラッシュ(フラッシュ)、レボリウムウェーブ(ミラクル)、ガルネイトボンバー(ストロング) 変身道具:リーフラッシャー 変身できるフォーム:フラッシュタイプ、ミラクルタイプ、ストロングタイプ、グリッターバージョン 【ウルトラマンダイナ】 ストーリー概要、設定、豆知識 謎の宇宙球体スフィアから人類を救うべく、火星に現れた 光の巨人。 前作『ウルトラマンティガ』の10年後を舞台とした続編。 1998年 【ウルトラマンガイア】 ウルトラマンガイアV2 【ウルトラマンガイアV2】 スペック詳細 地球での姿:高山我夢(吉岡毅志) 所属チーム:XIG 身長:50m 体重:4万2千トン 年齢:不明 出身:不明 活動時間:不定(ダメージを受けるとライフゲージが点滅する) 飛行速度:マッハ20 走行速度:マッハ5. 5 水中速度:マッハ1. 2 潜地速度:マッハ1. 2 ジャンプ力:1200メートル 握力:70000トン 必殺技:フォトンエッジ、フォトン・ストリーム、クァンタムストリーム 飛行速度:マッハ20(V2) 変身道具:エスプレンダー、光電管カートリッジ(1・2話) 変身できるフォーム:ウルトラマンガイア、V2(Version 2)、SV(スプリームヴァージョン)、グリッターバージョン ウルトラマンガイアSV(スプリームヴァージョン) ガイアV2が自身とアグルの光の力を最大に解放した最強の形態。 両腕と両足にアグルを象徴する黒と青の線が入り、両手首と下半身の赤の割合が初期形態やV2より広くなり、体格もより筋肉質になっている。 活動可能時間は1分という設定があるが、劇中では反映されていない。 通常変身後はV2からチェンジするが、最終話のみこの姿へ直接変身している。 スプリームとは「最高の」を意味する。 初登場は第26話。 【ウルトラマンガイアSV】 スペック詳細 飛行速度:マッハ25 走行速度:マッハ7. 5 水中速度:マッハ1. 5 潜地速度:マッハ2 ジャンプ力:1500メートル 握力:120000トン 【ウルトラマンガイア】 ストーリー概要、設定、豆知識 地球の大地より赤い光を授けられた高山我夢が変身する、 大地の赤い光の巨人。 ガイアの名前は由来は、ギリシャ神話に登場する大地の女神ガイアから。 ストーリーは、環境を破壊して野生生物を絶滅させ、地球自身を破滅に追いやるかもしれない現代の人類が描かれている。 同時に、怪獣も地球の生物であり、根源的破滅招来体に覚醒させられたという設定で、前半はウルトラマンガイアも怪獣と戦って倒していたが、 後半は怪獣も地球生物だという自覚のもとにむやみに倒さなくなる。 ウルトラマンアグルV2 【ウルトラマンアグル】 スペック詳細 地球での姿:藤宮博也(高野八誠) 身長:52m(ミクロ化も可能) 体重:4万6000トン(ミクロ及び等身大時は不明) 出身:地球(地球が遣わした存在であるため便宜上) 活動時間:不定(大ダメージを受けるとライフゲージが点滅する) 飛行速度:マッハ23 走行速度:マッハ7. 4 水中速度:マッハ1. 5 潜地速度:マッハ1. 8 ジャンプ力:1300メートル 握力:90000トン 必殺技:フォトンクラッシャー、リキデイター、アグルブレード、アグルスラッシュ 変身道具:アグレイター 変身できるフォーム:ウルトラマンアグル、V2(Version 2) 【ウルトラマンアグル】 ストーリー概要、設定、豆知識 藤宮博也が未確認粒子観測センサーでの実験中に出逢った 海の青い光の巨人。 元アルケミー・スターズの藤宮博也が変身アイテム「アグレイター」で変身する。 終盤では我夢と同様に「アグルー!! 」と叫んで変身する。 体色は青・黒・銀。 誕生の地は「プロノーン・カラモス」というアルケミースターズの管理施設であり、この地で更なる力を手にする。 初期の形態は前半まで活躍した。 ガイアとの戦いの影響でゾーリムを呼び寄せてしまう。 破滅招来体に利用されていたことを知り、自らの過ちに気付き戦意喪失。 アグレイターから青い光の力を解放し、我夢にそれを託した。 これがガイアV2のパワーアップのきっかけとなる。 1999年 【ウルトラマンナイス】 ウルトラマンナイス 【ウルトラマンナイス】 スペック詳細 地球での姿:夢星銀河(宮坂ひろし) 所属チーム:GOKAZOKU隊(夢星一家6人で結成された防衛チーム。 自宅が基地。 ) 身長:39m 体重:3万9千トン 年齢:1万390歳 飛行速度:マッハ3. 9 走行速度:時速390km 水中速度:不明(カナヅチ?) 地中速度:時速39km ジャンプ力:390m 握力:3900トン 必殺技:ベリーナイス光線、ミレニアムキック、ミレニアムショット、ミレニアムクロス 変身道具:ナイスドリーマー 掛け声:「ナァーッ」「ナッ」等。 従来のウルトラマンの様に「シュワ」「デュワ」とは言わない 【ウルトラマンナイス】 ストーリー概要、設定、豆知識 「 ウルトラマンナイスの正体は家族を守るパパ、その家族はそろってご町内を守るGOKAZOKU隊」という、CMのターゲット層を意識した一風変わった設定。 左右非対称のデザイン(斜めに流れるような胸の赤い模様、左胸に付いたカラータイマー)や、出身地「TOY1番星(とーいいちばんぼし)」など、 独特の設定が印象的なウルトラマンである。 能力的には、従来シリーズのウルトラマンたちより低い。 2001年 【ウルトラマンコスモス】 ウルトラマンコスモス 【ウルトラマンコスモス】 スペック詳細 地球での姿:春野ムサシ(杉浦太陽) 所属チーム:TEAM EYES(Elite Young Expert Squadron の略で、トレジャーベースにのみ配属されている SRC(Scientific Research Circle 科学調査サークルの略)の特捜チーム。 ) 身長:47m 体重:4万2千トン 飛行速度:マッハ7(ルナモード) 必殺技:フルムーンレクト(ルナモード)、ネイバスター光線(コロナモード)、コズミューム光線(エクリプスモード)、オーバーループ光線(スペースコロナモード)、コスモストライク(フューチャーモード) 変身道具:コスモプラック(輝石が変化したもの)、輝石(劇場版2・3) 変身できるフォーム:ルナモード、コロナモード、エクリプスモード、ミラクルナモード、劇場版:スペースコロナモード、スケルトンコロナモード、フューチャーモード 【ウルトラマンコスモス】 ストーリー概要、設定、豆知識 宇宙からやって来た 神秘の巨人。 争いを好まず、相手を傷つけずに友好関係を築く事を望んでいるが、凶悪で卑劣な者に対しては果敢に立ち向う戦士である。 『ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』でバルタン星人を追って地球に飛来し、ムサシと知り合った。 いくつかのモードを使い分けるが、TVシリーズでは、怪獣の沈静化を目的とするルナモード、邪悪な敵を倒すコロナモードが主に登場する。 キャッチコピーは「 強さとやさしさを兼ねそろえたウルトラマン」。 ウルトラマンジャスティス 【ウルトラマンジャスティス】 スペック詳細 地球での姿:ジュリ 身長:46m 体重:4万1千トン 飛行速度:マッハ13(スタンダードモード) 必殺技:ビクトリューム光線、ライトエフェクター、ダグリューム光線(クラッシャーモード) 変身道具:ジャストランサー 変身できるフォーム:スタンダードモード、クラッシャーモード 【ウルトラマンジャスティス】 ストーリー概要、設定、豆知識 母星を脱出したギャシー星人の宇宙船をスコーピスから救い出し、その後地球に飛来し、サンドロスに苦戦するに加勢した。 また、 コスモスが「青」がメインカラーでスピードタイプの戦士でもあるのに対して、ジャスティスは「赤」がメインカラーでパワータイプの戦士でもある。 ウルトラマンレジェンド 【ウルトラマンレジェンド】 スペック詳細 地球での姿:春野ムサシ/ジュリ 所属チーム:新生TEAM EYES 身長:50m 体重:5万トン 飛行速度:マッハ35 走行速度:マッハ12 水中速度:マッハ9(2009年時点、水中戦シリーズ最強) 潜地速度:マッハ9 ジャンプ力:4000メートル 握力:20万トン 必殺技:オーロラルパワー、スパークレジェンド 【ウルトラマンレジェンド】 ストーリー概要、設定、豆知識 宇宙の大いなる2つの力(と)が合体したウルトラマンである。 劇中のギャシー星人の伝承では 宇宙の神とされている。 必殺技は、全身のエネルギーを一気に放つ宇宙最強の究極技、スパークレジェンド。 2004年 【ウルトラマンネクサス】 ウルトラマンネクサス(ジュネッス) 【ウルトラマンネクサス】 スペック詳細 地球での姿(デュナミスト:適能者):真木舜一、姫矢准(桐島優介)、千樹憐(内山眞人)、西条凪、孤門一輝 所属チーム:TLT(ティルト:Terrestrial Liberation Trustの略称。 地球解放機構。 ) 身長:49m(ミクロ化も可能) 体重:4万4千トン 年齢:35万歳以上 必殺技:フェーズシフトウエーブ、ボードレイ・フェザー、オーバーレイ・シュトローム 変身道具:エボルトラスター 変身できるフォーム:アンファンス、ジュネッス、ジュネッスブルー 【ウルトラマンネクサス】 ストーリー概要、設定、豆知識 銀を基調カラーとした第一形態・アンファンスから赤や青を基調カラーとした第二形態・ジュネッスにフォームチェンジすることができる。 ジュネッスのエナジーコアの中心には、メタフィールドの展開時間制限を示すコアゲージ(カラータイマー)が出現する。 ジュネッスのスタイルは、デュナミストによって異なる。 飛行スタイルは、歴代のウルトラ戦士とは異なり、腕を立てなくても飛ぶ。 空中での格闘も可能。 スタッフは「深夜31時半の番組のつもりで制作した」と語っている。 予算削減と放送期間短縮という憂き目に遭いながら、それを逆手に取って 中弛みのないスピーディーかつハードでシリアスな展開を貫き通した点は、作品的には高い評価を得た。 ウルトラマンノア 【ウルトラマンノア】 スペック詳細 身長:50メートル(ノアイージスを含む全高は55メートル) 体重:5万5000トン 年齢:35万歳以上(「生物かどうかも不明」と併記されている) 出身:不明 必殺技:ライトニング・ノア、ノア・インフェルノ、グラビティ・ノア、ノア・スパーク、ノア・サンダーボルト、ノア・ブリザード、ノア・シュート、シャイニング・ノア、ノア・ウェーブ、ノア・ウェーブ、ノア・ギャラクシー、ノア・ミラージュ、ノア・スルーアイ、ノア・ザ・ファイナル、ディメンション・ノア、ウルティメイト・ノア 【ウルトラマンノア】 ストーリー概要、設定、豆知識 太古より全宇宙の平和を守り続ける伝説の存在。 光の国のウルトラ戦士からも ウルトラマンキング同様伝説の超人と言われている。 永い時を越えて受け継がれてきた神秘の光とデュナミストの融合により誕生する光の巨人・ウルトラマンの本来の姿であり 、究極最終形態(ウルティメイトファイナルスタイル)でもある。 眩い白銀の光を身に纏い、背中に備わる伸縮自在の翼「ノアイージス」の力で時空超越すら可能にし、神業の如き奇跡を発現させる。 光の国のウルトラ戦士全員が力を合わせなければ行えないマルチバース(他世界宇宙)への移動をいとも容易く行える、人々の光(希望の心)を元に自らの力の一部を貸し与えるなど、ウルトラ戦士の中でも格別に強大な能力を有した存在である。 99 走行速度:マッハ7 水中速度:マッハ5 潜地速度:マッハ3 ジャンプ力:750メートル 握力:80000トン 必殺技:マクシウムカノン、マクシウムソード、マックスギャラクシー、ギャラクシーカノン、ギャラクシーソード、バリアフィールド 変身道具:マックススパーク 【ウルトラマンマックス】 ストーリー概要、設定、豆知識 「DASH」の新入隊員カイトが 光の巨人と合体して誕生したウルトラマン。 人類文明を監視する内、自らを犠牲に戦うカイトに対し、共振する個性を感じた光の巨人は地球を守ることを決意。 「ウルトラマンマックス」として、一定時間(3分間)地球で活動できるようにカイトと一心同体になる約束を交わした。 1話ごとにストーリーはおろか世界観までリセットされるオムニバス的な性格を持つ作品である。 「1話ごとに違う設定になる」という描写は、『』にも見られたものであり、この方針こそが「 原点回帰」であるとも言える。 ウルトラマンゼノン 【ウルトラマンゼノン】 スペック詳細 身長:47m(ミクロ化も可能) 体重:3万6千トン 年齢:7900歳 出身:M78星雲のどこか 必殺技:ゼノニウムカノン 【ウルトラマンゼノン】 ストーリー概要、設定、豆知識 ウルトラマンマックスのピンチに突然現れ、最新武器「マックスギャラクシー」の召喚能力をウルトラマンマックスに授けた、 謎のウルトラマン。 終盤では戦いには参加しなかったが地球を旅立つマックスを迎えに地球近辺まで来ており、ともにM78星雲に帰った。 その独特な存在感から「 平成の」、「 平成の上司」と呼ばれることもある。 2006年 【ウルトラマンメビウス】 ウルトラマンメビウス 【ウルトラマンメビウス】 スペック詳細 地球での姿:ヒビノ・ミライ(五十嵐隼士) 所属チーム:GUYS(Guards for UtilitY Situation 頭文字をとり「ガイズ」と読む。 地球上ではヒビノ・ミライを名乗り、CREA GUYSの隊員となる。 ミライ隊員は、左腕に出現する「メビウスブレス」の球体部「クリスタルサークル」に右手をかざして、本来の姿であるウルトラマンメビウスに変身する。 「メビウスブレス」はから授けられた神秘のアイテムであり、メビウスのシンボル的存在でもある。 キャッチコピーは「 未来は無限大(メビウス)だ! ウルトラ兄弟の10番目。 ウルトラマンヒカリ 【ウルトラマンヒカリ】 スペック詳細 地球での姿:セリザワ・カズヤ(石川真) 身長:ミクロ 〜 50m(伸縮可能) 体重:3万5千トン(ヒカリ) 年齢:2万2000歳 活動時間:不明 ウルトラ兄弟:十一男 必殺技:ナイトシュート、ナイトビームブレード、ブレードショット、ホットロードシュート、ホットロードフラッシュ、ツインストリームランサー 変身道具:ナイトブレス 【ウルトラマンヒカリ】 ストーリー概要、設定、豆知識 復讐の鎧が解けたハンターナイトツルギの正体。 ヒカリは元々宇宙警備隊 宇宙科学技術局に所属し、調査研究などで数々の功績を残していた。 胸にはと同じスターマークがついている。 奇跡の星 惑星アーブをボガールの手から守りきれず、ハンターナイトツルギとなっていたが、本来の姿を取り戻したヒカリはGUYS前隊長・セリザワの姿で地球に留まることにしたが第17話において光の国へ帰っていった。 ヒカリの名付け親はアイハラ・リュウ隊員である。 セリザワ・カズヤはヒカリとは一体化している模様であり、 ウルトラマンと一体化したままなのは「」や「」に続き三人目でもある。 ウルトラ兄弟の11番目。 ハンターナイトツルギ 【ハンターナイトツルギ】 スペック詳細 地球での姿:セリザワ・カズヤ(石川真) 身長:ミクロ 〜 50m(伸縮可能) 体重:3万8千トン(ツルギ) 年齢:2万2000歳 活動時間:不明 必殺技:ナイトシュート、ナイトビームブレード、ブレードショット、ホットロードシュート、ホットロードフラッシュ、ツインストリームランサー 変身道具:ナイトブレス 【ハンターナイトツルギ】 ストーリー概要、設定、豆知識 が「アーブギア」を纏った姿。 その後、地球で活動するために死亡寸前だったセリザワの意識と身体を乗っ取り、ボガールと戦い続けていた。 ボガールモンスとの最終決戦で復讐を遂げるが、エネルギーを使い切り息絶える。 エネルギーを使い切ったツルギがの力により復活しとなる。 SAGA3で自らの意志で勇者の鎧を装着し、この姿に変身できるようになるが、鎧はエンペラ星人との戦いで破壊された。 2007年 【ウルトラギャラクシー大怪獣バトル】 ウルトラマンゼロ 【ウルトラマンゼロ】 スペック詳細 身長:49m(ミクロ化も可能) 体重:3万5千トン 出身:M78星雲「光の国」 飛行速度:マッハ7 必殺技:エメリウムスラッシュ、ワイドゼロショット 武器:ゼロスラッガー 家族構成:父は 変身道具:ウルトラゼロアイ 【ウルトラマンゼロ】 ストーリー概要、設定、豆知識 ゼロツインソード、ゼロツインシュート頭部に2本の宇宙ブーメラン「ゼロスラッガー」を装備した精悍なマスクと、赤&青のボディカラーが印象的な若きウルトラヒーロー。 父は真紅のファイター、。 ウルトラセブンゆずりの光線技や師であるから教わった宇宙拳法を駆使して戦う。 ウルトラマンベリアル 【ウルトラマンベリアル】 スペック詳細 身長:55m 体重:6万トン 出身:M78星雲「光の国」 必殺技:ベリアルショット、ベリアルジェノサンダー、ベリアルデスサイズ 武器:ギガバトルナイザー 【ウルトラマンベリアル】 ストーリー概要、設定、豆知識 ウルトラの星の長い歴史の中で、唯一暗黒面に堕ちた悪のウルトラマンである。 また、ウルトラの星のレイオニクスで、レイブラッド星人の手により100体以上の怪獣を操れるという「ギガバトルナイザー」を与えられ、それをロッドやバズーカのような武器として扱う。 劇中では単体での光線技などは一度も使っておらず、行使される主な攻撃技は全てギガバトルナイザーからによるものである。 かつては ウルトラ大戦争で活躍したの戦友であったが、エンペラ星人の悪の力に惹かれた事やが初代宇宙警備隊隊長に任命された事により、プライドを傷つけられた為に強大な力を求めるようになった。 自らを強化する為プラズマスパークのコアを狙ったが、その強烈なエネルギーに耐え切れず失敗、光の国を追放される。 その後、宇宙を彷徨っている所をレイブラッド星人の強大な力によって姿を変え、邪悪なウルトラ戦士となり光の国に反旗を翻した。 2008年 【ULTRASEVEN X】 ウルトラセブン エックス 【ウルトラセブン エックス】 スペック詳細 地球での姿:ジン(与座重理久) 所属チーム:DEUS(地球上に侵入したエイリアンを探し抹殺する国際的秘密組織。 従来のウルトラシリーズとは違いメンバーは隊員ではなくエージェントと呼ばれ、メンバー同士はコードネームで呼び合っている。 ) 変身道具:ウルトラアイ 【ウルトラセブン エックス】 ストーリー概要、設定、豆知識 ウルトラシリーズとしては『ウルトラQ dark fantasy』以来2作目の深夜帯放映作品であり、そして初の1クール作品となる。 『セブン』は過去に、直接的な続編の『平成ウルトラセブン』が製作されたが、本作は新しい世界観での作品となる。 公式HPには「 オリジナルのとSEVEN Xの関係こそが全話を貫く最大の謎」という記述があり、最終話にて明かされた。 深夜特撮らしく「ホラー」「怪奇」がメインとなっており、初期ウルトラシリーズで描かれていた「人間に寄生や擬態するエイリアン」、「人間社会に溶け込み、暗躍するエイリアン」がメインであるが「人間自身がエイリアンの起こす事件の原因に関与している」という過去のウルトラシリーズとは異なる部分がある。 平成ウルトラシリーズとしては珍しく、エイリアンが起こす事件で死者が出たり数シーンであるが「流血」がある。 2012年 【ウルトラマンサーガ】 ウルトラマンサーガ 【ウルトラマンサーガ】 スペック詳細 =アスカ・シン、=春野ムサシ、=タイガ・ノゾム…地球の危機に時空を超えて出会った3人のウルトラマンたちの心がひとつになった時、出現する光の戦士、それが新たなるウルトラヒーロー・ウルトラマンサーガである。 身長:58m 体重:4万5千トン 飛行速度:マッハ33 必殺技:サーガブレス、サーガプラズマー、サーガスラッシャー、サーガシューター、サーガカッター、サーガアクセラレーション、サーガプロテクション、サーガマキシマム 【ウルトラマンサーガ】 ストーリー概要、設定、豆知識 ウルトラマンサーガは全身が輝く神秘的な姿が特徴的で、左腕のサーガブレスから解放される凄まじいパワー「サーガエフェクト」で、超絶的な光線や技の数々を繰り出す。 (ウルトラマンサーガ公式サイト より) また、のキャッチフレーズは「 伝説の英雄」。 のキャッチフレーズは「 慈愛の勇者」。 のキャッチフレーズは「 若き最強戦士」。 ウルトラマンサーガのキャッチフレーズは「 奇跡の戦士」。 皆さん偉大です。 個人的には、これは悪役なのかとパッと見に思った斬新なウルトラマン。 2013年 【新ウルトラマン列伝】 ウルトラマンギンガ 【ウルトラマンギンガ】 ストーリー概要、設定、豆知識 17歳の高校生たちが主役となった初のウルトラマンシリーズ。 対怪獣防衛チームや軍隊も無い現代の日本のある地方を舞台に、等身大の高校生たちがウルトラマンと出会い、怪獣や宇宙人の出現する怪事件に巻き込まれながら運命に立ち向かっていく物語。 宇宙に散らばった人形たちのいくつかは、地球へも流星となって降りそそいでいた… 時は流れ、現代。 選ばれた運命の少年・礼堂ヒカルは、不思議な「ギンガスパーク」を手に入れる。 それこそが小さな人形となった怪獣やウルトラ戦士たちを再び巨大な姿へと戻すことの出来る神秘のアイテムだったのだ。 時を同じくしてあらわれる凶悪な怪獣や宇宙人!巨大な闇の力が動き始めていた。 大切な人々を守るため、ヒカルはギンガスパークの力で怪獣やウルトラ戦士の人形と「ウルトライブ」=一体化して立ち向かう。 そして登場するまったく新しいウルトラマン… その名は「ウルトラマンギンガ」!いま新たなウルトラ伝説が幕を開ける… (円谷ステーションより) ウルトラマン と 自由の女神 自由の女神の高さは46. 05m(台座からトーチまで)。 の高さは40m。 自由の女神像(じゆうのめがみぞう、英語:Statue of Liberty) アメリカ合衆国のニューヨーク港内、リバティ島にある像である。 正式名称はLiberty Enlightening the World(世界を照らす自由)である。 自由の女神像はアメリカ合衆国の独立100周年を記念して、独立運動を支援したフランス人民の募金によって贈呈され、1886年に完成した。 アメリカ合衆国の自由と民主主義の象徴であるとともに、19世紀以来絶えることなく世界各地からやってくる移民にとって新天地の象徴ともなっている。 1984年にはユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。 本来のモデルはフランスの象徴マリアンヌである。 性別は女性で銅製だが、緑青の為に緑色になっている。 像の頭の部分までの高さは33. 86メートル(111. 1フィート)、台座からトーチ(たいまつ)までの高さが46. 05メートル(151. 1フィート)、台座の高さは47メートル(153フィート)、台座部分も含めると93メートル(305. 1フィート)、総重量は225トンである。 (ウィキペディア より) 自由の女神のスペックってに近いものがありますね。

次の