キリキザン 育成 論 剣 盾。 【ポケモン剣盾】キリキザンの育成論と対策

キリキザン育成論

キリキザン 育成 論 剣 盾

全国 No. 625 イッシュ No. 6 m 重さ : 70. せいしんりょく ひるまない。 隠れ特性 夢特性 プレッシャー 相手が使用したわざのPPを1多く減らす。 手持ちの先頭にいると、レベルの高い野生ポケモンが出現しやすくなる。 キリキザンのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 キリキザンの特徴 【良いところ】• 鋼タイプを持つので様々なタイプに耐性があり、繰り出しやすいポケモンです。 エスパー・ゴースト技読みで繰り出し超霊狩りをしたり、「ストーンエッジ」読みで岩タイプに繰り出せます。 草や氷といったマイナータイプにも対応でき、ユキノオーにも強いです。 読み次第で幅広い相手の対策ができます。 【悪いところ】• 攻撃種族値が高く、一見物理エースとして期待できそうです。 しかしタイプ一致技の威力が低く、火力にはあまり期待できません。 キリキザンを採用するなら、火力以外のメリットが欲しいところです。 エスパー・ゴースト技に耐性があり、「おいうち」「ふいうち」のセットを覚えます。 超霊狩りとして期待できます。 しかしキリキザンは、超霊相手に所持率が高い格闘技や炎技で弱点を突かれます。 特に高威力の格闘技「きあいだま」は一貫性が高く、キリキザンの交代際に4倍弱点を突かれる恐れがあります。 メジャーな超霊で格闘技・炎技を持たないポケモンはまずいないため、繰り出しには危険が伴います。 超霊狩りの悪タイプとしては、格闘技・炎技で弱点を突かれないミカルゲの方が優秀です。 「りゅうせいぐん」に耐性があり、「おいうち」「ふいうち」のセットを覚えるためラティオス狩りとして期待できそうです。 「おいうち」によりラティオス狩りをするポケモンとしては、ハッサムやシュバルゴが挙げられます。 彼らは特殊耐久で勝り、キリキザンに比べて繰り出しが安定します。 ラティオス狩りに限れば、耐久が安定したシュバルゴを使った方が安全です。 ドラゴン技に耐性があり、ラティオス狩りにも期待できます。 火力を保つことにも繋がります。 HP・素早さは仮想敵に合わせて調整します。 HPの調整先は、ラティオス@こだわりメガネ の「かみなり」耐えなどが挙げられます。 素早さは、仮想敵になるバンギラス・ユキノオーを最低でも抜きたいところです。 どのくらい素早さに割くかは相手の素早さ調整に合わせるため環境次第です。 あまり素早さに割くと耐久を落としてしまい、汎用性が下がります。 こだわりハチマキ : 一発撃ち逃げが多くなるキリキザンと相性がよいです。 高耐久のエスパーにも遂行しやすくなります。 オボンのみ : 役割の安定に役立ちます。 ヨプのみ : 交代際に「きあいだま」を撃たれたときの保険です。 元の特殊耐久が低いため、ゲンガーやフーディンの「きあいだま」は半減実でも耐えられず微妙です。 おいうち : エスパー・ゴーストタイプへのです。 「ふいうち」を恐れて逃げる超霊を狩ります。 ふいうち : エスパー・ゴーストタイプへの遂行技です。 相手の攻撃技を読んで使います。 アイアンヘッド : タイプ一致技で、安定した攻撃手段です。 悪技に耐性がある様々な相手に等倍ダメージを与えられますが、鋼相手には「アイアンヘッド」も半減です。 岩・氷タイプへの遂行技としても使えます。 ストーンエッジ : 鋼タイプに強いサンダー・ギャラドスなどへのです。 ギャラドスの「りゅうのまい」の起点にされることを防ぎます。 威力が低い上に、メタグロスやハッサムなどメジャーな鋼タイプの弱点は突けません。 みがわり : 交代読みで使い、交代先の相手を確認してから攻撃技を選択できます。 そもそもキリキザンの有効打がない相手が繰り出されると、HPを削った分だけ損なので注意。 メタルバースト : 相手の交代先への奇襲です。 弱点技を持つ相手を呼び寄せるため、相手の攻撃に耐えきれる保障はありません。 また「メタルバースト」を使うために大ダメージを受けると、その後の再利用ができなくなってしまいます。 つるぎのまい : 交代読みで積めば火力に期待できます。 「ふいうち」を使えるため、バトルの流れ次第では残りの相手を一掃できます。 格闘タイプへの交代に注意。 でんじは : 交代読みのまひ撒きで味方後続のサポートをします。 元から遅い相手や特性「こんじょう」を持つ格闘タイプを呼び寄せるので、相性は微妙です。 ハサミギロチン : 交代読みで使う一撃必殺技です。 役割関係.

次の

【ポケモン剣盾】「キリキザン」とかいう環境に対応できる中堅ポケモン なんだかんだ強いよね…

キリキザン 育成 論 剣 盾

こんにちは、Emmaです。 今回はソード・シールドの育成論を書いていきたいと思います。 育成論を書くのは初めてですが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。 バイウールーについて まずはバイウールーというについて解説をしていきましょう。 タイプ: ノーマル 特性: もふもふ、ふくつのこころ :HP72、攻撃80、 防御100、特攻60、特防90、 素早さ88、合計490 と、ざっくりですがこんな感じです。 以下、バイウールーの強みを挙げていきます。 バイウールーの強み 防御のが優秀で素早さも悪くない 防御のがちょうど100と、そこそこ優秀です。 第一線で活躍する受けポケ( 152、 131)には敵いませんが、このは後述の特性によって補うことができるので十分です。 また受けポケの素早さは基本的に低いのが一般的(偏見)ですが、こいつは 88もあるので最速 、無振 アーマーガー、その他受けポケを上から殴ったり積んだりすることができます。 特性、もふもふが強い 特性もふもふは、「 直接攻撃を受けたときダメージが 半減し、 ほのおタイプの技をうけたときダメージが 2倍になる」 という特性です。 直接攻撃というのは 攻撃するときに相手に直るようなわざのことで、物理攻撃の多くが直接攻撃に該当します。 これにより、 相手のほとんどの物理攻撃を実質200で受けることができます! しかし、 ックスわざは 全て直接攻撃扱いでは なくなるので注意が必要です。 おすすめの性格と理想 性格は防御の強みを高めるため、 わんぱく( 防御1. 1倍、 特攻0. 9倍)で確定。 は 特攻以外全て最大であることが理想的です。 技構成ともちもの 技はコットンガード、ボディプレス、バトンタッチ、しっぺ返し。 もちものは 食べ残しがおすすめ。 コットンガード( くさ) 主要技。 自分の「防御」を3段階(2. 5倍)上げます。 1回積むだけでもかなり強い。 ボディプレス( かくとう) 威力80、命中100 「防御」の数値とランクを「攻撃」の数値としてダメージを計算します。 コットンガードとの相性がかなりいい。 ゴーストタイプには打てないのが欠点。 バトンタッチ ランク上昇をそのまま次の交代先のに受け継ぐことができます。 タイミングが重要な技。 しっぺ返し( あく) 威力50、命中100 後攻で打つと威力2倍。 ボディプレスだけだとゴーストタイプのが出てきたときに詰むので採用。 他の技候補 ねむる ねむるで全回復。 カゴの実を持たせておけば起きることができるので候補としてはアリだと思います。 でんじは( でんき) 相手をまひ状態にします。 起点にするという意味では有用な技ですが、でんじは打つひまがあるならコットンガードで少しでも耐久を上げておいたほうがいいので採用度は低め。 つるぎの舞 自分の「攻撃」を2段階上昇させます。 バトンタッチで後続のに引き継ぐことができればかなり強いですが採用度は低め。 まもる 食べ残しの回復用。 立ち回り 有利な相手にはコットンガードを2回積んでボディプレスを打つ。 これだけです。 非常にシンプル。 相性が不利だと感じたら、コットンガードを積んだ後にバトンタッチで後続のアタッカーを高耐久アタッカーにするのもアリです。 しかし、 ほのおタイプと 特殊アタッカーには めっぽう弱いので素直に引きましょう。 与ダメージ計算 「防御」6段階上昇ボディプレスの威力を見てみましょう。 わんぱくHB振り 確定1発(110. このように物理受けを軒並み確1、確2で葬り去ることができます。 耐久の低い物理アタッカーは言わずもがな、ほとんどが確1です。 被ダメージ計算 今度は「防御」6段階上昇もふもふバイウールーの耐久を見てみましょう。 いじっぱりAS 乱数20発(3. 物理アタッカーをものともしません。 まとめ もふもふコットンガード圧倒的耐久力とボディプレスの圧倒的火力が売りのバイウールー。 バトンタッチで起点を作ることも可能。 単なる相棒の旅ポケだと思って油断すると痛い目を見ることになります。 このの魅力が少しでも伝われば嬉しいです。

次の

【ポケモン剣盾】キリキザンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

キリキザン 育成 論 剣 盾

全国 No. 625 イッシュ No. 6 m 重さ : 70. せいしんりょく ひるまない。 隠れ特性 夢特性 プレッシャー 相手が使用したわざのPPを1多く減らす。 手持ちの先頭にいると、レベルの高い野生ポケモンが出現しやすくなる。 キリキザンのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 キリキザンの特徴 【良いところ】• 鋼タイプを持つので様々なタイプに耐性があり、繰り出しやすいポケモンです。 エスパー・ゴースト技読みで繰り出し超霊狩りをしたり、「ストーンエッジ」読みで岩タイプに繰り出せます。 草や氷といったマイナータイプにも対応でき、ユキノオーにも強いです。 読み次第で幅広い相手の対策ができます。 【悪いところ】• 攻撃種族値が高く、一見物理エースとして期待できそうです。 しかしタイプ一致技の威力が低く、火力にはあまり期待できません。 キリキザンを採用するなら、火力以外のメリットが欲しいところです。 エスパー・ゴースト技に耐性があり、「おいうち」「ふいうち」のセットを覚えます。 超霊狩りとして期待できます。 しかしキリキザンは、超霊相手に所持率が高い格闘技や炎技で弱点を突かれます。 特に高威力の格闘技「きあいだま」は一貫性が高く、キリキザンの交代際に4倍弱点を突かれる恐れがあります。 メジャーな超霊で格闘技・炎技を持たないポケモンはまずいないため、繰り出しには危険が伴います。 超霊狩りの悪タイプとしては、格闘技・炎技で弱点を突かれないミカルゲの方が優秀です。 「りゅうせいぐん」に耐性があり、「おいうち」「ふいうち」のセットを覚えるためラティオス狩りとして期待できそうです。 「おいうち」によりラティオス狩りをするポケモンとしては、ハッサムやシュバルゴが挙げられます。 彼らは特殊耐久で勝り、キリキザンに比べて繰り出しが安定します。 ラティオス狩りに限れば、耐久が安定したシュバルゴを使った方が安全です。 ドラゴン技に耐性があり、ラティオス狩りにも期待できます。 火力を保つことにも繋がります。 HP・素早さは仮想敵に合わせて調整します。 HPの調整先は、ラティオス@こだわりメガネ の「かみなり」耐えなどが挙げられます。 素早さは、仮想敵になるバンギラス・ユキノオーを最低でも抜きたいところです。 どのくらい素早さに割くかは相手の素早さ調整に合わせるため環境次第です。 あまり素早さに割くと耐久を落としてしまい、汎用性が下がります。 こだわりハチマキ : 一発撃ち逃げが多くなるキリキザンと相性がよいです。 高耐久のエスパーにも遂行しやすくなります。 オボンのみ : 役割の安定に役立ちます。 ヨプのみ : 交代際に「きあいだま」を撃たれたときの保険です。 元の特殊耐久が低いため、ゲンガーやフーディンの「きあいだま」は半減実でも耐えられず微妙です。 おいうち : エスパー・ゴーストタイプへのです。 「ふいうち」を恐れて逃げる超霊を狩ります。 ふいうち : エスパー・ゴーストタイプへの遂行技です。 相手の攻撃技を読んで使います。 アイアンヘッド : タイプ一致技で、安定した攻撃手段です。 悪技に耐性がある様々な相手に等倍ダメージを与えられますが、鋼相手には「アイアンヘッド」も半減です。 岩・氷タイプへの遂行技としても使えます。 ストーンエッジ : 鋼タイプに強いサンダー・ギャラドスなどへのです。 ギャラドスの「りゅうのまい」の起点にされることを防ぎます。 威力が低い上に、メタグロスやハッサムなどメジャーな鋼タイプの弱点は突けません。 みがわり : 交代読みで使い、交代先の相手を確認してから攻撃技を選択できます。 そもそもキリキザンの有効打がない相手が繰り出されると、HPを削った分だけ損なので注意。 メタルバースト : 相手の交代先への奇襲です。 弱点技を持つ相手を呼び寄せるため、相手の攻撃に耐えきれる保障はありません。 また「メタルバースト」を使うために大ダメージを受けると、その後の再利用ができなくなってしまいます。 つるぎのまい : 交代読みで積めば火力に期待できます。 「ふいうち」を使えるため、バトルの流れ次第では残りの相手を一掃できます。 格闘タイプへの交代に注意。 でんじは : 交代読みのまひ撒きで味方後続のサポートをします。 元から遅い相手や特性「こんじょう」を持つ格闘タイプを呼び寄せるので、相性は微妙です。 ハサミギロチン : 交代読みで使う一撃必殺技です。 役割関係.

次の