引越し 費用 相場 比較。 引越し費用の料金相場を調べる

11月の引越し費用が一年で一番安いは嘘?大手3社の相場を年間比較

引越し 費用 相場 比較

単身引越しの見積もり相場と単身引越しパックの価格を比較 冒頭でもお話した通り、単身パックを利用すれば、一人暮らしの方の引越し料金を格安にすることができます。 通常の引越し作業を業者に見積もりしてもらった場合と、単身パックを使った場合で、距離別に料金の相場を比較してみましょう。 特に、県外への移動などの中~長距離の引越しを予定している方であれば、単身パックを活用したほうがより安い費用で引越しできます。 単身引越しパックと単身プランの違いは「見積もりの金額」と「荷物量」 単身引越しパックは格安で提供されていますが、それは単身向けプランより輸送できる「荷物量」が少ないことが大きな理由です。 単身引越しパックと単身向けプランの違いについて、以下の表で確認していきましょう。 そのため、単身引越しパックを利用する際は、1つのコンテナに載せきれる荷物のサイズや量に制限がかかります。 対して、単身向けプランでは依頼者の状況に合わせてトラックをチャーターするので、荷物量の制限はありません。 また、単身パックはコンテナに載せきれる荷物量が決まっているので、基本的に訪問見積もりが必要ありません。 同時に、複数のコンテナを一度にトラックで輸送できるので輸送コストが低く、単身プランよりも格安の料金で引越しすることができるのです。 引越し業者ごとの単身専用パックの料金とサイズの比較 「単身パック」は日本通運の商標登録商品ですが、そのほかの引越し会社も同様に、単身者向けの類似サービスを行っています。 各引越し業者が提供する単身引越しパックの積載容量や、料金は下記の通りとなっています。 大物家具が少ない人は日通の「単身パックS・L」がおすすめ 大きな家具の運搬がない、という人は 日通の「単身パックS・L」がおすすめです。 1コンテナあたりの値段が16,000円からと、他社に比べても非常に安いからです。 もし、荷物が入りきらないという人がコンテナボックスを2基依頼しても、単身プランを利用するより安くなる可能性があります。 ただし、ベッドや冷蔵庫といった大きな家具・家電は運搬できないため注意が必要です。 大物家具が多い人はプロスタッフの「単身引越しパック」がおすすめ 大きな荷物も運ぶ必要がある!という人は、 プロスタッフの「単身引越しパック」がおすすめです。 例えば、ベッドやローボード、こたつといった荷物を運搬することも可能です。 さらに、大物家具が5点以上あるという人でも、1個当たり2,000円の追加料金を支払えば運んでくれます。 注意したいのが、家族世帯向けの家具や家電の場合、サイズによっては「大物」の2点分としてカウントされることがあります。 一人暮らしサイズではないソファや冷蔵庫などを運ぼうとしている人は気を付けましょう。 単身引越しパックに自分の運びたい荷物量が積めるか調べる2つの方法 いざ「単身引越しパックを利用したい!」と思っても、運ぶ荷物の量が多かったり、大きなサイズの家具などがあったりすると、コンテナボックスへの積載が難しい場合があります。 自分が運ぼうと思っている荷物が単身引越しパックでも運べるか否かを確かめるには、下記の2つの方法があります。 単身パックで運べるダンボールのサイズと個数を目安にする• 単身パックのコンテナに積む荷物をアプリでシミュレートする方法 1つ目は、単身パックで運べる段ボール箱の数とサイズを知って、積み切れるかの目安にする方法です。 2つ目はスマートフォンのアプリを使って、運ぶ予定の荷物の寸借を計測する方法です。 それぞれのチェック方法について、以下で詳しく見ていきます。 単身引越しパックで運べるダンボールの適切な個数とサイズ 段ボールのサイズとコンテナサイズを計算することで、自身の荷物が単身引越しパックで運べるか否かの目安にできます。 日通の提供する「単身パックS」を例にして、各ダンボールがどれぐらいの個数積めるのか見てみましょう。 もし、「荷物がギリギリ積めるか・積めないか微妙だ」という方であれば、このようにコンテナに合わせたダンボールを用意することで、無駄なスペースを作らずに単身パックを活用できます。 単身専用パックのコンテナに積む荷物をアプリでシミュレートする方法 「AR ruler」では、上記の写真の様にカメラに映した対象の縦・横・奥行の3辺をその場で計測することができます。 サイズが気になる家財でも、無理なくコンテナに収まるか、積むことができるかを確かめることが出来ます。 また、荷物を1つずつ計測して、サイズ感を確かめることも可能です。 サイズの大きな家具や家電が運べるかわからない方は、取り急ぎ1点のみの寸借をアプリで計測してみると良いでしょう。 単身引越しパックで運べない家電や家具 前述したとおり、単身引越しパックではコンテナボックスに荷物を積載するため、大きな家具や家電が運べない場合があります。 一般的に、単身専用パックで運ぶことが適さない荷物は、以下で対応方法と一緒に紹介しているので参考にしてください。 ベッド 折り畳み式のベッドであれば運送可能。 組み立て式は長さがあるため運送は難しいです。 布団のように折りたためないマットレスも同様なので要注意。 詳しくはをご覧ください。 自転車 コンテナボックスに収まるサイズであれば運送可能。 かさばるため他の荷物が載せられなくなるので自転車は別便での配送がおすすめ。 詳しくはをご覧ください。 冷蔵庫 2ドアタイプの冷蔵庫は配送可能。 3ドアの冷蔵庫も高さ170cm以下のものであれば日通の「単身パックL」で配送可能。 洗濯機 ドラム型・全自動洗濯機(縦型)などタイプを問わず、コンテナボックスに積み込むことが可能。 詳しくはをご覧ください。 ソファ 3人掛けのソファなどで、横幅が170センチを超えるものは運搬が難しい 液晶テレビ 家庭用サイズのテレビであればほぼ積むことができる 70型(インチ)以上のものは横幅が150センチを超えてくるので、容量の小さなコンテナには積載が難しい 原付バイク エンジン付きの乗り物は運搬できません。 ストーブ 燃料タンクの灯油が空の状態であれば運送可能。 もし、運べない荷物がある場合は別途で輸送手段を考えるか、単身パックの利用を断念しなければなりません。 上記の項目にある荷物をお持ちの場合は、必ず引越し業者へ連絡し、相談をしましょう。 一人暮らしの引越しを安くする5つのテクニック 単身パックの利用以外で、一人暮らしの方が引越しの費用を安くできる主な方法は以下の5つです。 単身引越し料金の安い引越し会社を選ぶ• 業者による引越し見積もりを安くする• 宅配便や宅急便で荷物を運ぶ• 赤帽の引越しサービスを使う• 賃貸契約の初期費用を安くする それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。 単身引越し料金の安い引越し会社を選ぶ 単身者の引越しに特化した引越し業者を探して契約することで、引越し費用を安く抑えることができます。 各引越し業者ごとに得意とする内容が異なるので、同じ条件でも見積もりや料金設定に差が出るからです。 単身向けの安い引越し業者を探したい方は、「」を参考にしてください。 ミニ引越しプランがある業者に依頼をする という、荷物の少ない単身者向けの引越しサービスを用意している業者があります。 主に「短距離の輸送」「荷物はダンボール10個くらいまで」といった制約はありますが、非常に安い料金で引越しができるので検討してみましょう。 業者による引越し見積もりを安くする 引越し会社の料金は「基本運賃」や「実費」といった内訳で提示されます。 内訳を知ったうえで、それぞれの代金を安くする工夫をすることで、見積もり金額を大幅に安くすることができます。 少しでも引越し費用を抑えたい方は、「」をご覧ください。 宅配便や宅急便で荷物を運ぶ 荷物が極端に少なく、かつ短距離の引越しを行うという方は、宅急便や宅配便の利用が最も費用を抑えられることがあります。 例えば、ダンボール10箱程度の荷物しかない場合、単身パックで1. 5万円、宅配便で1. 3万円ほどの料金となるため、宅配便の利用の方が安いです。 詳しくは、「」を参考にしてください。 赤帽の引越しサービスを使う 「赤帽」は軽トラック1台分程度の荷物の引越しを専門で行うサービスです。 引越し侍が行ったシミュレートでは、大きな家具や家電がある単身の方は、単身パックよりも赤帽引越しのほうが安くなる結果となりました。 赤帽の利用も検討されている方は、「」をご覧ください。 賃貸契約の初期費用を安くする 引越し作業にかかる費用ではなく、家賃や敷金礼金などの賃貸契約にかかるコストを抑え、トータルの出費を安く済ませるという手段もあります。 「」では、単身の方向けに物件契約をコストダウンする方法をご紹介しています。 単身パックの料金と荷物量まとめ 単身パックを利用することで、単身者の平均的な引越し相場よりも安くできることがわかりました。 ただし、単身パックではコンテナに積載できる荷物に限りがあるので、荷物量に不安がある方は事前のチェックや、その他の節約方法を検討すると良いでしょう。 例えば、一人暮らしの荷物の少ない引っ越しに向けて 「単身専用パック」があります。 単身専用パックの特徴は、運べる荷物の量と料金があらかじめ設けられている点です。 料金の相場は1万円~3万円以内で運ぶ荷物の量と引越し業者により内容が異なります。 その他にも「らくらくパック」や「おまかせパック」「近距離プラン」など引越し業者の数だけプランやパックがあり料金・サービスの内容も異なります。 引越し侍の見積もりサービスでは 各社のパックやサービスの内容と料金を比較できるため安いパック・プランの引越し業者を見つけられます。 引越し業者はどこがいいか選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」をポイントにしましょう。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。 単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。 格安で引っ越しをしたい方は是非ご利用ください!.

次の

引越し料金相場&費用ガイド【引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し】

引越し 費用 相場 比較

31,015円 基本的に、アップライトピアノは、グランドピアノよりも費用が安くなります。 グランドピアノよりも重量が軽く、サイズもコンパクトだからです。 エレクトーンに関しては、ピアノと比較すると安く済みます。 また、アップライトピアノ、グランドピアノ、エレクトーンは、引っ越し業者が提携している、専門の運搬業者へ依頼することがほとんどです。 ほんのわずかな振動で、ピアノの調律は狂ってしまうため、専門的な技術をもった作業員が作業にあたる必要があるからです。 このような背景から、トータルの引っ越し費用は高くなります。 また、引越業者を仲介して専門業者へ依頼することになるため、その分費用が高くなることも覚えておきましょう。 一般的には、ピアノの運搬を専門で扱っている業者へ直接依頼した方が、費用を安く抑えることができるはずです。 ただし、引越し当日に2つの業者が出入りすることになるため、引越しの作業効率は悪くなります。 それだけではなく、信頼できるピアノ専門輸送業者を探すことは、手間も時間もかかるでしょう。 そのため、結果的に引っ越し業者へ全て依頼した方が、多少高くついたとしても手間や時間の節約になるといえそうです。 尚、引越し業者によっては、ピアノの引っ越しを同時に依頼することで、トータルの引っ越し費用を安くしてくれることがあります。 見積もり時に相談してみましょう。 次に、以下の図をご覧ください。 この図は、追加作業が必要となった場合に発生するオプションの相場料金表となります。 道幅が狭くてトラックを横付けすることができなかったり、階段やエレベーターを使用してピアノやエレクトーンを運搬する場合など、通常の料金以外で以下の 作業内容 アップライトピアノ グランドピアノ エレクトーン 階段 1階ごとに 費用が追加となるのです。 特殊な作業が必要かどうかは、見積もりの際に確認することができます。 たとえば、引っ越し先でクレーンを使用しなければならない場合、当日になって急に用意できるものではありません。 そのため、新居の間取りだけではなく、建物周辺の様子やエレベーターの有無、階段の広さ、窓の大きさなど、出来る限り正確な情報を集めておきましょう。 ピアノ運送料金の内訳ってどうなっているの? ピアノの引っ越し相場が分かったところで、次に運送料金の内訳について見ていくことにしましょう。 ピアノの場合、内訳は3つに分けることができます。 移動距離、ピアノのサイズや種類、階段などの段差の有無の3つです。 それぞれについて、更に詳しく解説していきます。 移動距離 引っ越し先までの移動距離が長くなるほど、料金は高くなっていきます。 ちなみに、現在の住まいから、新居までの移動距離だけで算出されるわけではありません。 運送業者の営業所から始まり、作業を終えて運送業者が営業所に戻るまでの距離で算出されることがほとんどです。 ピアノのサイズや種類 一言でピアノといっても、いくつかの種類やサイズがあります。 アップライトピアノであれば、2名の作業員で運搬するケースがほとんどです。 しかし、グランドピアノはサイズが大きく、それなりの重量もあるため、3名以上の作業員で運搬することになるでしょう。 人件費が掛る分だけ、当然引っ越し費用は高くなります。 階段などの段差の有無 アップライトピアノであれば、それほど気にすることはありません。 しかし、サイズが大きなグランドピアノの場合は、ほんの少しの段差だけでも運搬に苦労するものです。 たとえば、引っ越しでピアノを2階以上へ運搬する場合、1階上がるごとに追加費用が発生します。 エレベーターを使用する場合は、アップライトピアノで2,000円から8,400円。 グランドピアノで3,000円から10,000円。 エレクトーンで10,000円程度の費用が発生するでしょう。 また、階段やエレベーターを使用することができないときは、クレーン車を使って部屋まで搬入します。 万が一、クレーン車を建物の付近へ横付けできない場合は、手吊りとなるのが一般的です。 重量がありサイズが大きなピアノ程、手吊りの際に人出が必要となることから、その分費用は高くなります。 引越し業者のピアノ引越し料金とは?サービス内容はどうなっているの? 大手の引っ越し業者であれば、一般的な引越しの他に、ピアノの引っ越しも扱っていることがほとんどです。 今回は大手8社のピアノ引越し料金と、サービス内容を比較してみたいと思います。 下図にまとめてみましたので、是非参考にしてください。 見積もり時に、引っ越し先までの距離、ピアノの種類・大きさ、作業員の人数、オプションサービスの有無、引っ越し時期、時間帯、階段、エレベーター、クレーン車利用、作業の難易度によって、実際の料金は決定します。 尚、電子ピアノの場合は、アップライトピアノやグランドピアノと扱いが異なります。 通常の荷物と一緒に、見積もり料金が出されるのです。 ただし、他の荷物と一緒に運搬し、新居へ搬入した後、音が出ないなどのトラブルが発生するリスクはあるでしょう。 そのため、心配であれば厳重に梱包して輸送してもらうか、自ら運んだ方が安心かもしれません。 ピアノの引っ越しの中でも、ヤマト運輸の楽器輸送サービスは、楽器の輸送に特化したサービスとして有名です。 しかし、トラックの振動によって生じた故障に対しては、一切補償はついていません。 万が一壊れてしまった場合の補償に関しては、十分に確認をしておきましょう。 ピアノの運送費用を安くする3つのコツ 引越しにおけるピアノ運送料金比較が終わったところで、次はピアノの運送費用を安くするコツについて見ていきます。 ピアノの輸送費は相場が決まっているものですが、ちょっとしたコツを取り入れることで、より費用を抑えることができるでしょう。 コツその1:梱包や分解が可能なものは着手しておく まず、電子ピアノの場合は、キーボードと鍵盤部分を分解できることがあります。 その場合、予め分解して丁寧に梱包しましょう。 引越作業員に任せることも可能ですが、別途費用が発生する可能性があります。 また、アップライトピアノ、グランドピアノ、エレクトーンは、分解することができない楽器です。 しかし、椅子であれば自分で梱包することができるでしょう。 コツその2:家財道具と一緒に運んでもらう ピアノの輸送のみを依頼できるケースもありますが、そのような引越し業者はあまり多くはありません。 また、他の家財道具と一緒に引越しを依頼した方が、費用を安く抑えることができるケースもあります。 ほとんどの引っ越し業者では、ピアノ輸送専門の業者と提携しており、ピアノの搬入、搬出、輸送は、すべて専門業者が担当しているものです。 引越し業者によっては、ピアノ輸送専門のスタッフを抱えていることもあるでしょう。 口コミ情報を見てみると分かりますが、通常の引っ越しと一緒に、ピアノの引っ越しも依頼すると、トータルの引っ越し費用を割引にすると提案されるケースが多いようです。 通常の引っ越しのみの費用と、ピアノの引っ越しを依頼した際の費用がどの程度違うのか、見積もり時に必ず確認しておきましょう。 コツその3:3~4社に見積もりを依頼する 引っ越し費用は、各業者ごとで異なります。 そのため、必ず3社から4社へ見積もりを依頼しましょう。 同じ条件であっても、驚く程料金は異なります。 極端に安い場合は警戒が必要ですが、他社の見積金額を伝えることで、より条件に合った業者が見つかるはずです。 ピアノ運搬時5つの注意点 ピアノの運搬は、他の荷物のようにはいきません。 梱包にも運搬にも手間と時間がかかります。 事前に確認しておきたい注意点について、5つご紹介していきましょう。 注意点その1:設置場所を決めて敷板を敷いておく ピアノのサイズが大きくなるほど、一度設置した場所から移動させることが難しくなります。 そのため、新居でどの位置に置くのか、予め決めておくようにしましょう。 また、ピアノは重量があるため、年数が経つにつれて床が凹んでしまう恐れがあります。 設置場所を決めたら、敷板を敷いておくことをお勧めします。 敷板は、頑丈であれば木の木端のようなものでも構いません。 ホームセンターなどで数百円程度から購入できます。 元々敷板を持っている場合は、破損していない限り使い回しても良いでしょう。 注意点その2:強度が高く安定した場所に設置する 建物の構造によっても異なりますが、アップライトピアノやグランドピアノは、それなりの重量となります。 そのため、設置する場所の床が頑丈かどうか確認しましょう。 また、防音対策のためにも、隣近所の部屋の構造も考慮した方が良いでしょう。 壁から若干離して設置するだけでも、防音対策となります。 注意点その3:調律は1週間程度経過してから行う ピアノを新居へ搬入した後、すぐに調律をしたくなりますが、1週間程度時間を置いてから調律した方が音色が安定しやすくなるといわれています。 なぜなら、湿度や室温などの環境の変化によって、弦やフレームは緩みやすくなるからです。 ただし、新しいピアノの場合は元々音が狂いやすいことから、引っ越し後もコンスタントに調律する必要があるでしょう。 引越し業者によっては、調律を依頼できるケースもありますが、引越しから日数が経過していても依頼できるか確認しておきましょう。 もしくは、今後も調律を依頼するのであれば、自分で調律師を探した方が良いかもしれません。 注意点その4:クレーン車の利用有無は業者に確認してもらう 明らかにクレーン車が必要となる場合を除き、クレーン車の利用有無は業者に確認して貰いましょう。 マンションやアパート前の道幅、建物の入り口、玄関、窓の大きさなど、素人では判断できない重要なポイントが複数あります。 また、新居の玄関や窓のサイズ、搬出・搬入経路に関しては、できるだけ正確な情報を伝えなければなりません。 内容によって、作業の難易度や必要となる作業員の人数、設備などが異なるからです。 特にクレーン車に関しては、当日急に手配することが困難ですので、引越しの見積もりそのものを早めに依頼することが重要となるでしょう。 注意点その5:引越しの時間帯は日中にする ピアノの搬入や搬出には、時間がかかるものです。 そのため、午後の遅い時間から引っ越しを始めてしまうと、隣近所に迷惑をかけることになります。 引越し業者のスケジュールや都合も考慮しなければなりませんが、日中の時間帯に引越しを完了させるようにしましょう。 できれば、遅くとも午後の早い時間帯から引っ越し作業は始めておきたいものです。 夕方から夜の時間帯は、可能な限り避けた方が無難です。

次の

大阪 千葉 引越し 費用 相場はいくら?

引越し 費用 相場 比較

31,015円 基本的に、アップライトピアノは、グランドピアノよりも費用が安くなります。 グランドピアノよりも重量が軽く、サイズもコンパクトだからです。 エレクトーンに関しては、ピアノと比較すると安く済みます。 また、アップライトピアノ、グランドピアノ、エレクトーンは、引っ越し業者が提携している、専門の運搬業者へ依頼することがほとんどです。 ほんのわずかな振動で、ピアノの調律は狂ってしまうため、専門的な技術をもった作業員が作業にあたる必要があるからです。 このような背景から、トータルの引っ越し費用は高くなります。 また、引越業者を仲介して専門業者へ依頼することになるため、その分費用が高くなることも覚えておきましょう。 一般的には、ピアノの運搬を専門で扱っている業者へ直接依頼した方が、費用を安く抑えることができるはずです。 ただし、引越し当日に2つの業者が出入りすることになるため、引越しの作業効率は悪くなります。 それだけではなく、信頼できるピアノ専門輸送業者を探すことは、手間も時間もかかるでしょう。 そのため、結果的に引っ越し業者へ全て依頼した方が、多少高くついたとしても手間や時間の節約になるといえそうです。 尚、引越し業者によっては、ピアノの引っ越しを同時に依頼することで、トータルの引っ越し費用を安くしてくれることがあります。 見積もり時に相談してみましょう。 次に、以下の図をご覧ください。 この図は、追加作業が必要となった場合に発生するオプションの相場料金表となります。 道幅が狭くてトラックを横付けすることができなかったり、階段やエレベーターを使用してピアノやエレクトーンを運搬する場合など、通常の料金以外で以下の 作業内容 アップライトピアノ グランドピアノ エレクトーン 階段 1階ごとに 費用が追加となるのです。 特殊な作業が必要かどうかは、見積もりの際に確認することができます。 たとえば、引っ越し先でクレーンを使用しなければならない場合、当日になって急に用意できるものではありません。 そのため、新居の間取りだけではなく、建物周辺の様子やエレベーターの有無、階段の広さ、窓の大きさなど、出来る限り正確な情報を集めておきましょう。 ピアノ運送料金の内訳ってどうなっているの? ピアノの引っ越し相場が分かったところで、次に運送料金の内訳について見ていくことにしましょう。 ピアノの場合、内訳は3つに分けることができます。 移動距離、ピアノのサイズや種類、階段などの段差の有無の3つです。 それぞれについて、更に詳しく解説していきます。 移動距離 引っ越し先までの移動距離が長くなるほど、料金は高くなっていきます。 ちなみに、現在の住まいから、新居までの移動距離だけで算出されるわけではありません。 運送業者の営業所から始まり、作業を終えて運送業者が営業所に戻るまでの距離で算出されることがほとんどです。 ピアノのサイズや種類 一言でピアノといっても、いくつかの種類やサイズがあります。 アップライトピアノであれば、2名の作業員で運搬するケースがほとんどです。 しかし、グランドピアノはサイズが大きく、それなりの重量もあるため、3名以上の作業員で運搬することになるでしょう。 人件費が掛る分だけ、当然引っ越し費用は高くなります。 階段などの段差の有無 アップライトピアノであれば、それほど気にすることはありません。 しかし、サイズが大きなグランドピアノの場合は、ほんの少しの段差だけでも運搬に苦労するものです。 たとえば、引っ越しでピアノを2階以上へ運搬する場合、1階上がるごとに追加費用が発生します。 エレベーターを使用する場合は、アップライトピアノで2,000円から8,400円。 グランドピアノで3,000円から10,000円。 エレクトーンで10,000円程度の費用が発生するでしょう。 また、階段やエレベーターを使用することができないときは、クレーン車を使って部屋まで搬入します。 万が一、クレーン車を建物の付近へ横付けできない場合は、手吊りとなるのが一般的です。 重量がありサイズが大きなピアノ程、手吊りの際に人出が必要となることから、その分費用は高くなります。 引越し業者のピアノ引越し料金とは?サービス内容はどうなっているの? 大手の引っ越し業者であれば、一般的な引越しの他に、ピアノの引っ越しも扱っていることがほとんどです。 今回は大手8社のピアノ引越し料金と、サービス内容を比較してみたいと思います。 下図にまとめてみましたので、是非参考にしてください。 見積もり時に、引っ越し先までの距離、ピアノの種類・大きさ、作業員の人数、オプションサービスの有無、引っ越し時期、時間帯、階段、エレベーター、クレーン車利用、作業の難易度によって、実際の料金は決定します。 尚、電子ピアノの場合は、アップライトピアノやグランドピアノと扱いが異なります。 通常の荷物と一緒に、見積もり料金が出されるのです。 ただし、他の荷物と一緒に運搬し、新居へ搬入した後、音が出ないなどのトラブルが発生するリスクはあるでしょう。 そのため、心配であれば厳重に梱包して輸送してもらうか、自ら運んだ方が安心かもしれません。 ピアノの引っ越しの中でも、ヤマト運輸の楽器輸送サービスは、楽器の輸送に特化したサービスとして有名です。 しかし、トラックの振動によって生じた故障に対しては、一切補償はついていません。 万が一壊れてしまった場合の補償に関しては、十分に確認をしておきましょう。 ピアノの運送費用を安くする3つのコツ 引越しにおけるピアノ運送料金比較が終わったところで、次はピアノの運送費用を安くするコツについて見ていきます。 ピアノの輸送費は相場が決まっているものですが、ちょっとしたコツを取り入れることで、より費用を抑えることができるでしょう。 コツその1:梱包や分解が可能なものは着手しておく まず、電子ピアノの場合は、キーボードと鍵盤部分を分解できることがあります。 その場合、予め分解して丁寧に梱包しましょう。 引越作業員に任せることも可能ですが、別途費用が発生する可能性があります。 また、アップライトピアノ、グランドピアノ、エレクトーンは、分解することができない楽器です。 しかし、椅子であれば自分で梱包することができるでしょう。 コツその2:家財道具と一緒に運んでもらう ピアノの輸送のみを依頼できるケースもありますが、そのような引越し業者はあまり多くはありません。 また、他の家財道具と一緒に引越しを依頼した方が、費用を安く抑えることができるケースもあります。 ほとんどの引っ越し業者では、ピアノ輸送専門の業者と提携しており、ピアノの搬入、搬出、輸送は、すべて専門業者が担当しているものです。 引越し業者によっては、ピアノ輸送専門のスタッフを抱えていることもあるでしょう。 口コミ情報を見てみると分かりますが、通常の引っ越しと一緒に、ピアノの引っ越しも依頼すると、トータルの引っ越し費用を割引にすると提案されるケースが多いようです。 通常の引っ越しのみの費用と、ピアノの引っ越しを依頼した際の費用がどの程度違うのか、見積もり時に必ず確認しておきましょう。 コツその3:3~4社に見積もりを依頼する 引っ越し費用は、各業者ごとで異なります。 そのため、必ず3社から4社へ見積もりを依頼しましょう。 同じ条件であっても、驚く程料金は異なります。 極端に安い場合は警戒が必要ですが、他社の見積金額を伝えることで、より条件に合った業者が見つかるはずです。 ピアノ運搬時5つの注意点 ピアノの運搬は、他の荷物のようにはいきません。 梱包にも運搬にも手間と時間がかかります。 事前に確認しておきたい注意点について、5つご紹介していきましょう。 注意点その1:設置場所を決めて敷板を敷いておく ピアノのサイズが大きくなるほど、一度設置した場所から移動させることが難しくなります。 そのため、新居でどの位置に置くのか、予め決めておくようにしましょう。 また、ピアノは重量があるため、年数が経つにつれて床が凹んでしまう恐れがあります。 設置場所を決めたら、敷板を敷いておくことをお勧めします。 敷板は、頑丈であれば木の木端のようなものでも構いません。 ホームセンターなどで数百円程度から購入できます。 元々敷板を持っている場合は、破損していない限り使い回しても良いでしょう。 注意点その2:強度が高く安定した場所に設置する 建物の構造によっても異なりますが、アップライトピアノやグランドピアノは、それなりの重量となります。 そのため、設置する場所の床が頑丈かどうか確認しましょう。 また、防音対策のためにも、隣近所の部屋の構造も考慮した方が良いでしょう。 壁から若干離して設置するだけでも、防音対策となります。 注意点その3:調律は1週間程度経過してから行う ピアノを新居へ搬入した後、すぐに調律をしたくなりますが、1週間程度時間を置いてから調律した方が音色が安定しやすくなるといわれています。 なぜなら、湿度や室温などの環境の変化によって、弦やフレームは緩みやすくなるからです。 ただし、新しいピアノの場合は元々音が狂いやすいことから、引っ越し後もコンスタントに調律する必要があるでしょう。 引越し業者によっては、調律を依頼できるケースもありますが、引越しから日数が経過していても依頼できるか確認しておきましょう。 もしくは、今後も調律を依頼するのであれば、自分で調律師を探した方が良いかもしれません。 注意点その4:クレーン車の利用有無は業者に確認してもらう 明らかにクレーン車が必要となる場合を除き、クレーン車の利用有無は業者に確認して貰いましょう。 マンションやアパート前の道幅、建物の入り口、玄関、窓の大きさなど、素人では判断できない重要なポイントが複数あります。 また、新居の玄関や窓のサイズ、搬出・搬入経路に関しては、できるだけ正確な情報を伝えなければなりません。 内容によって、作業の難易度や必要となる作業員の人数、設備などが異なるからです。 特にクレーン車に関しては、当日急に手配することが困難ですので、引越しの見積もりそのものを早めに依頼することが重要となるでしょう。 注意点その5:引越しの時間帯は日中にする ピアノの搬入や搬出には、時間がかかるものです。 そのため、午後の遅い時間から引っ越しを始めてしまうと、隣近所に迷惑をかけることになります。 引越し業者のスケジュールや都合も考慮しなければなりませんが、日中の時間帯に引越しを完了させるようにしましょう。 できれば、遅くとも午後の早い時間帯から引っ越し作業は始めておきたいものです。 夕方から夜の時間帯は、可能な限り避けた方が無難です。

次の