新サクラ大戦 評価。 【クソゲー認定?】新サクラ大戦が酷評されている理由

新サクラ大戦(PlayStation®4専用ソフトウェア)

新サクラ大戦 評価

GOOD 1時間半ほどプレイした感想。 新サクラ大戦めっちゃサクラ大戦。 歌劇団を復活させようという物語が現実のサクラ大戦というIP復活にかかっていて熱いんだよなぁ。 — ヤタロウ yatarou29 サクラ大戦ヤバい面白い 体験版はなんかそこかしこに不安があったけどいざ製品版やってみるとやめ時が分かんない 何がって言われると説明できないけどなんかすごく面白い 昔ゲームに没頭してた時の感じ思い出した — 星と翼と不運とたくたくさん AminPie1 待ち切れなくてDLしてしまったw 劇場内がほぼ変わりなくそのまま3Dになってて懐かしくて泣く。 戦闘も普通に面白いし神ゲーの予感。 アドベンチャーパートも良いんだけどやっぱりフルボイスが良かったなー、3Dで身振り手振りで動いてるのに声無しは違和感。 シナリオは一話から熱い、面白かった。 — ヨッタン yottan0211 新サクラ大戦おもしろすぎる。 peek a boo🍤🍿 yota7000 新サクラ大戦の戦闘システムだけ少し感想を。 完全にアクションになった訳だけど、これは当時のサクラ大戦3からの戦闘システムを更に進化させて自分で光武をもっと本格的に動かしたいという夢が実現してる。 素晴らしい出来だと思うし凄く楽しい! — カナード kanado0316 低評価(つまらない・クソゲー) BAD とりあえずバトルは、誰でも難無く行けるようにしたかったのは見えるけど、ロックオンが無いから右アナログで任意調整する感じで煩わしい。 とりあえず必殺ゲージを貯めて撃てば大体okな難易度。 — yoshi113 yoshi113 新サクラ大戦ちょっと触った感想。 スティック倒して小走りさせると強制で一歩歩いたり、キャラゲーなのに主観カメラへの切り替えができなかったり、アクションあるのにキーコンフィグできなかったりで痒い所に手が届かないのがSEGAって感じ。 せめてボイスないとこは引きの画にしてくれ…イベントと同じ感じで突然口パクが続いて何か思った。 体験版で分かってはいたがロックオン無いせいで戦闘パートにストレスを感じる。 空中の敵を狙えないし地上の敵には攻撃が空振る、アクションゲームで大事なのは「気持ちよさ」だと思うんだけど、現状それが無い。 他がよく出来てるだけにそれで評価落とすのがもったいない。 パッチはよ。 テキスト読ませる前提になってるのに、文字の大きさもテキストウィンドウも設定がないからマジでキツい。 — パチョレック Paciorek73 新サクラ大戦……ストーリー酷いのでは? 「帝都ピンチ!」 「サクラ頑張る!限界!上海華撃団助けて!」 「上海参上!サクラは帝国辞めて上海に入れ!」 「サクラ入らない!」 「なら死ね!」 「サクラボコボコ!」 「隊長参戦!上海と協力して敵を倒すぞ!」 ……え、サクラは何でボコられたの? — もちげる mochigelge 4時間程プレイして数分の戦闘が1回だけ……「サクラ大戦がアクションゲームになって帰ってきた!」のではなくて、「戦略シミュレーションだと1回の戦闘が長いので、簡易的なアクションに置き換えて時短しました」て感じだ。 シリーズファンだけど戦闘パートは苦手だったって人向けなのかしら…… — もちげる mochigelge サクラ大戦の良さが全く無くなってる、糞すぎるわ。 無双シリーズに慣れてると小攻撃しようとして必殺技が暴発する — アヤ nekoyashiki334 3Dモデリング微妙。 アニメ絵だけ師匠味が増える ストーリー的は3流なろう 操作、今までのサクラ大戦から大きく変わって初期ガンダム無双ばりの微妙さ 時間だけ無駄にかかる仕様 全員奇乳。 SS版の1発売日から全シリーズやってましたが正直期待をしすぎた感がある。 3Dキャラクターがちゃんと口パクしているので、余計にボイス無しが勿体無い。

次の

新サクラ大戦の評価や評判と口コミは?面白い?面白くない?動画あり!|ミンミンのトレンドガールズ牧場

新サクラ大戦 評価

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 物語はメンバーそれぞれが持つ課題やコンプレックスなど,そういったものをメンバー同士が絆を深め確かめ合いながら克服していくという感じで進んでいきます。 最終的にラスボスが出現します。 舞台の稽古などで,主人公がメンバーから冷たくあしらわれたり,厳しくあたられたり,慰められたり,しながら成長していく様子は結構現実的で,実際の劇団もこんな感じなのかなぁと思いながら見ていました。 OVAは見ていて,すっきり見られる感じがありましたが,TV版はシリアス度が高すぎて,華やかさよりも,重苦しさが先行してしまった感があり,少し残念でした。 TV版を最近見ての再評価です。 ゲームにハマった私ですが、TV版の本放送時には、ゲームとのギャップに苦しみ、前半で視聴断念。 当時は「最悪」のアニメと評価していました。 【良い点】 サクラ大戦のことは数年忘れていたのですが、最近たまたま機会があり見直してみると、TVアニメ版の面白さに驚きました。 派手さはないものの、絆や本当の意味での人の温かさなどが丁寧に描かれていると思います。 ゲームへの思い入れが薄れた今振り返ってみると、サクラ大戦シリーズ ゲーム含む の中で、最も完成度の高いストーリーを持った作品であったのではないでしょうか。 【悪い点】 とにかく、ゲームにあったような、楽しさやキャラクターの魅力を求めていると、全然入り込めません 昔は私もそうだった。 特に、ストーリーが物語全体を見渡して組み立てられているので、1つの話を単独で取り出してみると、なんだか暗い話がどんより終わったというのが何話かあります 全体の流れ中では、後の展開への伏線となるのですが。 そもそも、サクラ大戦の場合、荒唐無稽さが逆に魅力なので、ストーリーの完成度の高さなどは、あまり求められていないのかもしれません。 【総合評価】 ゲームへの思い入れという呪縛からとかれた今、見直してみると中々良く出来た作品だと思います。 「ゲームからサクラ大戦に入り、当時TVアニメの放送を見てがっかりした。 」という人、ゲームの記憶が薄れているようであれば再見をお薦めします。 総合評価は、最高! とまでは行きませんが とても良い で 原作全プレイ。 【良い点】 アニメになって知名度が上がったところ。 それくらいかな・・・ あ、あと作画は安定して原作に忠実なところ 【悪い点】 脚本。 それだけならともかく純粋に面白くない テンポが悪い。 流れがブツ切りになっている 【総合評価】 サクラ大戦が全盛の頃はマルチメディア戦略が定着し始めたころで、ゲームから始まって小説、CDドラマ、舞台、アニメなどさまざまな所に手を伸ばしていたのだが、通じていえるのは話が「面白くない」こと。 味気ない、というか素っ気無い、というか。 一流の演者や設定があるからこそ出来た、というマニア向けのコレクターアイテム的二流アニメ。 ひどいものだ。 原作ゲームで作った莫大な財産 人もモノも を間違って流用してしまった典型の作品。 赤字にならなきゃいいけどね。 評価は「とても悪い」で テレビ版 広井王子の悪いところが出ちゃいましたね。 原作ゲームの雰囲気ぶち壊しの暗い暗い空気。 キャラの性格に関しては原作キャラのこれまた暗い暗い部分を拡大したものに。 米田は多少暗くても味が出ていいんですが… あまり変わってない印象のあるキャラは紅蘭とカンナぐらい。 紅蘭もトラウマ状態は暗いですがエピソードが好きなので気にはなりませんでした。 カンナメインの話はほっとして見れました。 よかったのは米田と叉丹のやり取りぐらい。 実はこれが僕の初めてのサクラだった。 深夜に放送していたのをたまたま視聴。 見たのはラストから3話目「夢見る機械」。 これは好きでして次の週から見始めたんですがあっという間に最終回。 だもんでレンタルで全話見ましたが最初にみた「夢見る機械」が結局1番好きなエピソードでした。 サクラファンになる前の評価なら「とても悪い」。 現在ならぶっ飛びで「最悪」。 後にゲームをやることになるのですがその時のキャラの明るさには驚きの一言。 特にアイリス。 一期OVA そのテレビ版の反動もあり一期OVAは楽しめました。 特に1話と4話。 どちらも戦闘シーンで流れる音楽が好きです。 4話の戦闘シーンの演出もよかった。 OVAは一応サクラファン向けに作られているのでサクラファンとしての立場で評価します。 評価は「とても良い」です。 二期OVA かなり好きです。 キャラクター二人をメインにしての構成でキャラの魅力が存分に出せてました。 ただ気になるのがすみれ、カンナのエピソードは完全にすみれメインになってることでしょうか。 あと5話、6話がまたまた広井の悪いとこがでてしまい魅力半減。 4話までなら「最高」なんですが5話、6話での失速があるので「とても良い」 劇場版 軽くネタバレあり これはかなり好きですね。 OPの奇跡の鐘もよかったですし、大神がいない華撃団ってのもよかったです。 映画から登場のラチェットもサクラでは珍しい裏切りキャラですが、あまり暗い雰囲気にならずむしろいい感じにシリアスになってよかったです。 さてこの映画最大の売りはやはりネオCGでしょう! こんなにもアニメとCGがマッチしてる作品はないですよ本当! それだけで一見の価値あり! CGが主張しすぎすしっかりとアニメに熔けこんでます。 轟雷号発進もかなり好きなシーンです。 何度も見ました。 大神が助けに来るシーンは最高に盛り上がりました。 大神はやっぱりかっこいい奴だ! プレイヤーの分身であることもあり今回はでないものだと思っていたので。 かなり嬉しかったですね。 問題はラストの舞台なんですがあれはかなりわかりにくい。 うまい演出ではあるんですが初見ではなんのこっちゃわかりませんでした。 ラストの問題も気にならないほど面白かったので「最高」で! 三期OVA 「す・み・れ」は完全に歌謡ショウまで見てるファン向け。 なのでおまけというかファン向けの特典のような作り。 悪くはないですがそれほど面白くはなかったです。 すみれ好きなら楽しめるかな。 ただすみれの引退をアニメでもやらければという制作者の姿勢はなかなかのもの。 評価は「普通」 でエコール・ド・パリはパリ初のアニメ化でしたがどこかもの静かな感じがして物足りなかった。 3話の冒頭のパリ花組の笑えるやり取りがもっと見たかったです。 CGも綺麗なんですが劇場版よりもCGっぽさが強いのが残念。 まあ劇場版のクオリティをOVAに求めるのも難題でしょうが。 それでも戦闘シーンは迫力があってよかったです。 評価は期待したほどではなかったので厳しめの「良い」で。 四期OVA 敵の存在が邪魔してキャラの楽しい掛け合いが少ないのが残念。 でも1話はキャラの掛け合いも多く面白かった。 2話はメルシーコンビにコスプレさせたいだけの作品。 内容はあってないようなもの。 3話はそこそこには楽しめました。 隊長問題はそれでいいのか? という感じですが、まあ仕方ないでしょうか。 評価は「良い」 五期OVA 盛り上がりがない。 新次郎の女装がうっとおしい。 キャラにスポットを当てようとしているかどうかわからないが実際当たっていない。 敵に魅力がない。 戦闘に迫力がない。 今回CGが好きじゃない。 CGは劇場版以外ではゲームの3、4の時がよかったです。 評価は厳しめに「とても悪い」 どうも三期以降音楽が静かでその辺も魅力に欠けた要因の一つであると思う。 サクラはアニメの場合キャラにスポットを当てたほうが絶対いいと思います。 二期OVAがいい例。 作品によってかなり評価が変わるので総合は「普通」にしときます。 長々と失速しました。 昔、サクラ大戦アニメ化ということで期待させられたのですが、 これが夕方にやって良い出来だったのでしょうか? キャラクターはアイリスに限っては完全に改造され、原作のコミカルな一面は封印されてしまった感じがしました。 さくらもドジキャラというよりは、笑えない失敗を連続する痛めのキャラに見えてしまいましたし、 マリアはなんというか冷酷というか・・・。 そして何よりも内容が痛すぎた・・・。 原作では敵がなかなか愛嬌のあるロボ兵であった筈なのに、アニメではエヴァの使途まがいのグロテスク生物に・・・。 さらに4人集の叉丹、ミロク、刹那、羅刹が全て完全な悪魔系になってしまい、 戦闘がより過酷で冷徹なものになっており、原作のトントン拍子展開が完全に黙殺されてしまっていたのは残念の極み。 総じて鬱で暗い話にされてしまいました。 あかほりさとる氏はそんなに自分の過去の作品を否定するほど、エヴァンゲリオンに陶酔してしまっていたのか? この頃からあの人の作風がメキメキと悪い方向に壊されてしまった気がします。 テレビ版は作品中異様に暗いイメージがあってどうもダメでした 特にアイリスが怖いぞ。 個人的には帝劇のOVAが良かったな1話完結で毎回メインをかえつつ 話も面白かったです。 すみれはいわゆるファンディスク。 話的には何もありませんが、声優の サクラ大戦からの 引退を うまい具合に利用してるとこは商売上手ですね 巴里はちょっと練り込み不足かな 大神着任前のエリカとグリシーヌのふたりが光武無しで戦闘する話は ゲームの隙間を埋める意味では非常に面白かったですが他がちょっとイマイチ。 後半三部作では花火の話が面白かったですね と言うことでトータルでは良いってっ感じで 原作ゲームもあまり好きではなかった訳で、当然、このアニメ版もさして好感が持てる内容ではありませんでした。 厳しい言い方をするとキャストとキャラ人気だけに走ったといって良いでしょう。 OVAはゲーム雰囲気があったのですが、TV版ではゲームのキャラを何名か欠場させてしまったし、コミカルな面が薄らいでしまったので見応えがありませんでした。 あまり続かなかったのも当然と言えば言えるのかも知れないのですが、この後、OVAをちょぼちょぼ作った程度になりました。 本作がゲーム程ヒットしなかったのはゲームでネタを出し尽くしていた為に、アニメではそのネタが思うように活かせなかったのだと言えます。 ゲームでは次々と続編が発表されましたが、本作はOVA、TV、劇場という普通に考えればメガヒットを飛ばしたはずなのに、どこか失敗した印象が強かったのはゲームにあった良い部分がアニメ版では払拭されていた部分があったのかも知れません。 ゲームで成功し、アニメでコケる作品はこれに限った訳ではありませんが、それでも本作のアニメは原作ゲームを超えられなかったのは確かです。 かといって原作ゲームにしても、今も好きにはなれないのですが。 作品DB内ブログ記事 1. by 霧の童話... 訳で…。 by 545... 新編] 叛逆の物語』OP 57位:The Biggest Dreamer 『デジモンテイマーズ』OP 58位:ループ 『ツバサ・クロニクル』ED1 59位:No buts! 帝国華撃団 『 サクラ 大戦』OP... にしちゃうのはあれだけどいつもより若干意識して選んでみるのもありかな・・・ 見たことあるやつはともかく初見のはどれが恋愛ものアニメか分かんないかもだけどwネタバレ見るのは嫌だしにゃー 恋愛ゲームは全然やらないのよねん。 乙女ゲーはいまのとこどれも抵抗なく最後までやれたんだけどギャルゲーは 戦闘が入ってる サクラ 大戦や罠から脱出... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

「新サクラ大戦」レビュー

新サクラ大戦 評価

発売日:今冬 プラットフォーム:PS4 セガフェス2019にて「新サクラ大戦」の映像と情報が公開された。 前作「サクラ大戦5」からなんと14年ぶりの新作だ。 サクラ大戦の新作を作っているというSEGAの発表はもちろん知っていたが、まさかここまでのものを作っているとは思っていなかった。 まずスマホじゃなかった段階でありがとうと言いたい。 グラフィック、音楽、スタッフ、すべて期待を超えてきており、まさにサクラ大戦が現代によみがえったと言えるだろう。 ファンやゲームプレイヤーからの評価も高い。 「新サクラ大戦」は14年ぶりの新作ということで、大幅な改革を行っている。 キャラクターデザインは「サクラ大戦」でおなじみ藤島康介さんから、「BLEACH」の 久保帯人さんに変更され、ストーリー構成を「428-封鎖された渋谷で-」の イシイジロウさんが担当している。 超名作アドベンチャーゲーム。 プレイしなさい。 プレイしてください。 要するにストーリーに不安はなくなったということだ。 BLEACHでの実績から刀を使用するキャラが登場する「サクラ大戦」との親和性は高い。 実際発表されたキャラクター達はとても魅力的で「新サクラ大戦」への期待を高めるには十分すぎるものだった。 「前の方がよかった」 しかし新サクラ大戦発表に対するユーザーの反応を見ているとたびたび見られるものに、「前の方がよかった」とか「藤島康介じゃないなら買わない」というものがある。 藤島康介のデザインじゃないとサクラ大戦じゃないという考えの人や、藤島康介の大ファン、久保帯人が嫌いだという人からそういう意見が出るのならば納得だ。 そういう人たちにとってはもはやサクラ大戦に見えないのだろう。 ただ僕が思うに「前の方がよかった」と言っている人の中にそういう人は少数しかいないと考えている。 わかりやすい変化に対してとりあえず反対する人 今回の発表で最もわかりやすい変化は「絵」だ。 藤島康介も久保帯人も非常に個性的で魅力のある絵を描くクリエイターだ。 キャラクターを見れば一目で「サクラ大戦」と「新サクラ大戦」の変化がわかる。 こういうわかりやすい変化に意見を言うことはたやすい。 「前と違う」と言えばいいだけだ。 とりあえず変化を否定したい人に「変化」を提供すれば出てくる言葉を想像するのは容易である。 「前の方がよかった」 言いたいだけの人 新しいゲームが発表された時よく見られる反応に「うーん〇〇がダメだな」というものがある。 これはとりあえず否定から入る人のテンプレのコメントだ。 大きな話題になった「新サクラ大戦」は彼らからすれば格好の的だ。 しかもわかりやすい「絵」の変化もある。 彼らはこぞって「前と違うから買わない」や「うーん絵がダメだな」という意見を浴びせていた。 まあ彼らは実際には買う人が多いので、SEGAが新サクラ大戦を面白いものにすれば手にひらを返すだろう。 ただ言いたいだけだ。 だがなぜ否定的なことを言いたいのだろうか? こういうコメントはニコニコ動画やyoutubeのコメント欄、各種SNSなどで良く見られる。 多くの人の目に留まる場所で言いたいようだ。 否定の言葉は単純なものでも大きな力を持つ。 人気動画のコメント数は多いが、その中で簡単に人の目を引くことが可能な「否定的なコメント」をすることで注目してもらいたいのだろう。 正しい指摘は有用 しかし先ほども言ったよう実際には買う人が多いし、特に悪気もないと思うので、SEGAさんには本当に面白い「サクラ大戦」の新作を作ってこういう意見を一蹴してもらいたい。 否定意見ではない正しい指摘などはメーカーにとっては有用なものになるだろうが、 まだゲームシステムも何もわかっていない現段階で悪い部分を指摘することは個人的には難しい。 この段階で挙がっている否定意見などはノイズに過ぎない。 当然SEGAのような大きな企業はそんなこと百も承知だろう。 今はやりたいようにやって面白い「サクラ大戦」を作ってもらいたい。 新作を作ってくれたことに感謝 最後に「サクラ大戦」をガチで作ってくれていることにお礼を言いたい。 本当にありがとうございます。 この発表を見た時は「生きていればいいことあるもんだなぁ」と思うほど嬉しかったです。 期待しています。

次の