品出し コツ。 「品出し,コツ」に関するQ&A

【バイト】スーパーの品出しってどんな仕事? 5年間働いた男がお答えします

品出し コツ

品出し業務の重要性 スーパーマーケットにおいて、 品出しはとても重要な業務の1つです。 なぜなら、スーパーにおいて加工食品や日配食品の 売上の8割は、定番商品で決まると言われています。 そして多くのスーパーでは、定番商品はバイトの方が品出しします。 社員もある程度品出ししますが、売り場は広く時間的に間に合いません。 定番商品が欠品していると機会損失になり売上が下がるだけではなく、「このお店は欠品が多い」という理由で離反客にも繋がります。 このように、売上の基盤を作る、欠品防止の理由でスーパーマーケットの品出しはとても重要な業務です。 品出し業務の基本 品出し業務でなによりも大切なのは、「 正確にやること」です。 正しい場所、やり方で品出しすることで食品ロスや「売価が違った」などのトラブルを防ぐことができます。 正しく品出しするためには、以下の2点は必ず実践しましょう。 食品品出しは「先入れ先出し」を守る• 「先入れ先出し」とは、古い商品を前に、新しい商品を奥に品出しすることです。 なので賞味期限を確認してから品出しをします。 「先入れ先出し」で品出しをすると、古い商品から買ってもらいやすくなるので、廃棄率を下げたり、売り場の鮮度を保ったりできます。 「棚の奥に古い商品があって気づかず捨てることになった。 」 「賞味期限ギリギリの商品がでて、不必要な値下げをすることになった。 」 このような廃棄や商品の値下げを減らすことができるので、スーパーマーケットだけではなく、 食品を扱う店舗では「先入れ先出し」で品出しをしましょう。 JANコードとは商品に割り振られている番号のことで、商品の見分けをすることができます。 主に13桁の数字で表されています。 JANコードの例 スーパーマーケットでは、似たパッケージの商品やリニューアル品など 見た目は似ているけどJANコードが違う商品がたくさんあります。 JANコードが違えば、売価も変わるので、「POPの値段と実際の値段が違う」というトラブルにも繋がります。 売価が違ったというトラブルを起こさないために、JANコードを確認しながら品出しをする癖を身に付けましょう。 道具を使って効率UP 品出し業務を効率よく行うために、使いやすい道具は必須です。 私が品出し業務をする上でこれだけはマストで用意したいものは3点です。 カッター・はさみ• カッター・はさみを使えば力を入れなくても段ボールを畳めるようになります。 また梱包材であるビニールやPPバンドを切るためにも役立ちます。 私がスーパーで働き始めたとき、品出しでは手袋を使いませんでした。 手袋せすに2か月ほどフルタイムで働くと手がカサカサになり、乾燥してしまいました。 また滑り止めつきの手袋をはくことで、米や飲料などの重い商品を品出しするときに疲れにくくなります。 このように、重い商品を扱う、長い期間続けるなら、手袋をつけて品出しをしましょう。 注意点としては、手袋は100均などで買うとすぐに破れてしまいます。 私の場合、100均で買った軍手は1日で穴が開きました。。 そのため疲れにくい靴選びはとても重要です。 1番のおすすめはスニーカーです。 また中敷きで調節したり、エアクッションが入っていたりする靴も疲れにくいです。 このように、品出しの効率をあげるには、必需品ともいえる道具です。 カッター・はさみ• 靴 もちろん無くてもいいですが、実際のバイトでは、1日4~8時間など長時間品出しをすることが多いです。 なので長時間働いても疲れにくくなる、作業のスピードが上がるなど品出しが格段にやりやすくなります。 以上3点の道具がなければ、仕事場に頼み用意してもらうか、使いやすいものを自分で用意しましょう。 品出しのスピードを上げるコツ 品出しのスピードや効率を上げるコツを紹介します。 品出しが早いバイトの方が行っていたり、私が品出しをしてわかったりしたことです。 JANコードは下4桁のみ確認する• 売り場の場所を覚える• 商品をあらかじめカテゴリーごとに分ける• ゴミ袋を用意する• 期限を決める・時間を意識する それぞれ解説していきます。 JANコードは13桁の商品が多いですが、13桁全て確認してから品出しをしていると、手間にもなりますし、数字の確認だけで疲れてしまいます。 そこでJANコードの確認を必要最低限にするために下4桁で見分けます。 例えば先ほどの画像であれば、「0128」を確認します。 商品の場所を覚えることで探す時間を劇的に減らすことができます。 特に 品出しバイトを始めて日数が少ない方は、その日の品出しの量よりも 「売り場を覚えること」を重視した方がいいです。 売り場を覚えるコツは、 部門という大きい枠から、徐々に細かく単品を覚えていくことです。 カテゴリー• サブカテゴリー• 単品 例えば、「Calbeeのポテトチップスうす塩味60g」という商品であれば、• 部門…お菓子• カテゴリー…スナック菓子• サブカテゴリー…ポテトチップス• 単品…Calbeeのポテトチップスうす塩味60g 上記のように分けられます。 スーパーのアルバイトであれば、多くの商品は、カテゴリーを覚えると単品の場所がわからなくても直接売り場まで探しにいくことができます。 例えば、Calbeeのポテトチップスの場所がわからなくても、スナック菓子売り場を探せば見つかります。 このように、売り場を覚えれば覚えるほど品出しは早くなるので、品出ししながら売り場を覚えていきましょう。 品出しが早い人は、売り場での移動時間も少ないです。 例えば、品出しのたびにあっちにいったり、こっちにいったりしている人を見かけます。 このような人は、品出しに時間もかかりますし、また足が疲れてしまう原因にもなります。 売り場での移動時間を減らすために、あらかじめ商品をカテゴリーや陳列されている通路毎に分けておきましょう。 なぜなら、梱包材に使われているごみの仕分けがしやすくなります。 スーパーマーケットに入荷してくる商品の梱包材として使われているものは、たくさんの種類があります。 例えば、ビニール、PPバンド、紙、段ボールなど 「 ごみが落ちていちいち拾うことが多い」 「 ごみの仕分けに時間がかかる」 こんな悩みがあれば、商品が乗っている台車にごみ袋をくくりつけましょう。 例えば、品出しであれば 「台車1台50分で終わらせよう」 「今日の作業全体は何時に終わるのか」 このように、期限を決めたり時間を意識すたりすることで「時間に間に合わせる」ように作業を進めることができます。 スーパーマーケットのバイトさんは、時間を意識すると、間に合わせようとテキパキ動いて品出しをする人が多いです。 品出しなど淡々と作業する仕事でも、モチベーションを作るために期限や目標を決めることが大切です。 周りの商品を前出しする• 売れ筋商品を把握する• なぜなら、スーパーマーケットなど小売店で商品が売れない理由に、「棚に商品はあるけど奥にあって見えなかったから」が挙げられます。 せっかく売り場に商品があるのに、見えないから買われないのはすごくもったいないことです。 なので、品出しをするときには、周りの商品もいっしょに前出ししましょう。 例えば、• 広告の品• 週間、月間で値段が安く設定されている• 人気商品• CM商品• コラボ商品 これらのような商品は売り場在庫がなくなるのも早いです。 人気商品で広告の品になると1時間に1回品出しや前出しが必要な商品も出てきます。 広告の品は主に社員が管理する商品ですが、棚が空いている際には品出しに入ると売上に繋がります。 なぜなら、 「店員がいて棚から取れない」 「店員がいて棚の商品を見れない」 店員さんがいるとお客さんは買い物がしずらくなってしまいます。 そして買い回りが悪くなれば、それだけ売り上げも下がります。 私は服屋さんでアルバイトをしていましたが、そのお店では 「売り場の服を畳むときは1か所に5分以上いてはいけない」というルールを設けていました。 まずはお客さんが買いやすい売り場を心がけて品出しすることが大切です。 荷物を載せた台車についても同じことが言えるので注意! まとめ 品出しのコツを掴む 品出し業務は続けるには根気のいる作業です。 ただ コツを掴んで品出しをすれば、効率も上がりますし、自信にもなります。 この記事で紹介した 品出しのコツは、• JANコードは下4桁のみ確認する• 売り場の場所を覚える• 商品をあらかじめカテゴリーごとに分ける• ゴミ袋を用意する• 期限を決める・時間を意識する これから品出しバイトを始める人はもちろん、品出しの効率、スピードを上げたい人はぜひ実践してみてください。

次の

スーパー品出しバイトの仕事内容や志望動機、楽&きつい点をチェック|バイト・仕事を楽しむキャリアマガジンCareer Groove by モッピーバイト

品出し コツ

人見知りでも大丈夫• 難しくない• 3時間程度の短時間勤務も可能 人見知りでも大丈夫 お客さんと直接対面する仕事ではないので、人見知りでも働きやすいです。 もちろん営業時間内に品出しをしていると、お客さんから話しかけられることもあります。 しかし、大抵は商品の場所を聞かれるだけで迷うことなくスムーズに案内できるでしょう。 難しくない 単調な作業というデメリットと表裏一体のメリットです。 基本的には商品を並べるだけなので、難しくありません。 どの商品を先に並べるか?どうやって素早く作業するか?といった段取りの部分で頭を使うことはありますが、手を動かす段階ではほぼ単純作業なので何も考えなくてもできるようになります。 3時間程度の短時間勤務も可能 スーパーでは、開店前の6時〜9時などのシフトで短時間勤務が可能です。 3時間程度の短時間勤務が可能なバイトは、家庭教師や結婚式の配膳や婚活パーティーの司会など限られた職種しかないので、貴重です。 子育て中の主婦がパートで働くことも多いです。 その他の仕事 純粋に品出し専門で採用されても、業種によっては他の仕事を振られる場合があります。 多いのは次のような仕事です。 値札付け• 商品の発注・返品• 商品の値引き ちなみに、こうした仕事を断ることはできません。 無茶を言って拒否することは可能かもしれませんが、どの職場に行っても必ず思い通りにならないことはあるので、この程度で腹を立てていたらどんなバイトも続かないかと思います。 早く慣れるためのコツ2つ 品出しバイトは単調で簡単な作業ですが、それでも最初の頃は覚えることや、慣れない作業で失敗することもあるでしょう。 そこで、ここでは早く慣れるためのコツを2つ紹介します。 棚の配置図をコピーしてポケットに入れておく 最初のうちはどこにどの商品があるかわからないと思います。 なので、棚の配置図をコピーするか、自分で簡単なメモを作りポケットに忍ばせておきましょう。 そして、何かを教えてもらったり、先輩に聞いたことはそこに書き込んでいくようにします。 何度も先輩に聞くのは申し訳ないですし、聴きやすい先輩が常に近くにいるとは限りませんからね。 また、品出し中にお客様から商品の場所を聞かれることはよくあります。 慣れてくると迷わずに案内できますが、最初のうちは配置図を見て案内した方がスムーズかと思います。 上手な先輩と自分の違いに注目する 品出しが上手な人とは、商品の補充が早い人のことです。 上手な人と下手な人の違いは、段取りです。 品出しが早い先輩を見るときは、どういう順序で品出しをしているのか?自分との違いは何かを見ていくと効率よく商品を並べるための段取りや、コツを掴みやすいです。 たとえば、.

次の

コンビニで品出しのプロになる!作業のコツとその極意について│ふじや流プラス

品出し コツ

質問一覧• 品出しが早く出来なくて先輩に迷惑をかけてしまっています。 もう数ヶ月で一年が経つのに一向に早くなりません。 早朝でレジもやりつつではあるのでお客さんの数によっては少し早く終わるのですが。 大体、数分遅れてしまいます。 気がして嫌です。 そんな仕事を続けるためのコツ・考えなど有れば教えていただきたいです。 時にこれは面倒臭いと 思う時は何ですか? また品出しのコツはありますか? 例えば、 棚に入っている食パンの日付けが9月24日だとして 新しく来たパンが9月26日で新しい日付です。 そしたら 24日の古い方の... 今日はじめて1人でした。 思っていた以上に大変で、ひっちゃかめっちゃかです。 時間で、決められているのですが全然おわりませんでした。 コツとかあるのでしょうか? 慣れるしかないのでしょうかか... カゴ持って、前にあるやつをカゴに入れる。 箱から出したものを押し込んでカゴに入ってるやつを押し込む。 終わり だいたいで、見た目パンパンだったらオーナーは何も言ってきませんよ。 デイリー品なら後ろに入れればいいそ... 教えていただきたいです。 よろしくお願いいたします... どうしても混乱して覚えられません……何か覚えるコツとかありますか? とても困ってるので回答おねがいいたします……... 経験者です。 まずは場所をある程度覚えることです。 例えば漬け物系はこの辺とか麺類はこの辺だって感じで大雑把に覚えます。 そして出す時の物を見て、自分の立ち位置と比べて出す物を決める。 あとは出来るだけ動く回数を抑えるよう...

次の