開店祝い プレゼント ランキング。 【楽天市場】引越し・新築・開店祝い│おくりものナビ

【楽天市場】お中元 誕生日 開店祝い プレゼントにも おまかせ トールフラワーアレンジメント 花 人気ランキング 花ギフト 花束 誕生日 胡蝶蘭 バラ 還暦 結婚記念日 (誕生日 などにも) 57(花束*胡蝶蘭 フラワーギフト屋)

開店祝い プレゼント ランキング

鳥の羽ばたき、空から差し込む光が、希望や未来を感じさせてくれます。 オレンジ・赤・黄色など暖色系の色を中心に描かれた作品ですので、飾る場所を明るく華やかで優しい雰囲気にしてくれます。 玄関やリビングのインテリアにもどうぞ。 退職祝いや開店祝い、長寿祝いのプレゼンととしても人気の作品です。 様々な縁で巡り合った素敵な出逢いにより、生まれた感動や想いなど、その時の心を、波紋のように様々な色合いを重ね、表現しました。 たくさんの愛ある幸せな縁に、巡りあえたことへの感謝の気持ちと、これからも素敵な出逢いが訪れますようにという願いを込めて描きました。 商品にはこちらの《ポエムカード》がついています。 早速、玄関に飾らせて頂きました。 思っていた通りの素敵な絵で、玄関が明るく華やかになりました。 また、メッセージの無料サービスありがたいですね。 新築の良い記念になりました。 ありがとうございました。 家族一同満足しております。 大阪府 T様 病院のインテリアに 開院に間に合わせていただいて、本当にありがとうございました。 素敵な絵に、名前を入れていただいて、スタッフも皆で気に入っています。 絵を眺めると、間に合わせていただいた親切なお気持ちを感じ、心から、嬉しく、励まされている気持ちになり、元気がでます。 この絵を眺めながら、新しい医院で頑張ります。 どうもありがとうございました。 大阪府 K様 退職のプレゼントに 退職される方に食事会の最後にお渡ししました。 贈る側の思いを伝えると、ご本人たちは、感動して目に涙を浮かべておられました。 心暖まる会に、絵が花を添えてくれました。 素敵な絵をありがとうございました。 芸術って素晴らしいですね! 広島県 T様 友人の会社創立50周年の記念 友人の会社創立50周年記念品として選びました。 絵からポエムが想像でき、また、ポエムから絵が想像でき、そこに送り手の想いがリンクし素敵な贈り物になりました。 兵庫県 U様 母の喜寿のお祝いに 母の喜寿のお祝いとしてプレゼントしました。 さっそく飾ったのですが部屋の中が明るくなったと、とても喜んでくれました。 本当にいいプレゼントができたと、とても満足しています。 また利用したいと思います。 鳥取県 K様 新築祝いのプレゼント 新築祝いのプレゼントに贈りました。 ファミリーネームを入れた絵に、大変喜んでいただけました。 ご自身でも、名前の入った絵を飾りたいと思われていたとのこと。 自分が新築する際にも、是非、購入したいです。 福岡県 I様 開店祝いのプレゼント 友だちのレストラン開店のお祝いに贈りました。 お店の名前と開店の日を絵の中に入れていただきましたが、記念になるととても喜んでいただきました。 絵は柔らかなタッチの中にも生命感溢れるパワーを感じます。 良いお祝いができました。

次の

【楽天市場】ラン・胡蝶蘭特集!開店祝い 引越し祝い 就任・退職祝いにプレゼントできる胡蝶蘭 ランが大集合!

開店祝い プレゼント ランキング

美容・サロン系の開店・開業祝いの相場 開店・開業祝いを贈るときに、どのくらいの価格のものをあげたらよいか、 初めての場合は分からないものです。 特にサロン・美容系となればなおさらですよね。 一般的に贈るものにかける金額は相手との付き合いの長さによって変わりますが、 取引先など仕事上の場合は3万円前後、特に重要な取引先の場合は5万円前後が相場で、 相手が身内の場合は3万円から5万円前後、相手が友人や知人の場合は1万円前後が相場となっています。 取引先の場合で品物を贈る際は、あまりグレードの低いものを贈ってしまうと 今後の付き合いに影響が出る場合があるので、安く済まそうとしないで良いものを贈ることが大切です。 友人や身内の場合は欲しいものを聞くことができますので、直接訊ねてみると間違いがないのでおすすめです。 開店・開業祝いに贈ってはいけないものやタブー 開店・開業祝いには贈ってはいけないものやタブーがあることはご存知でしょうか。 ただしっかり選んで贈ればいいと思っていたら大間違いです。 まず、赤色のものは贈ってはいけません。 ラッピングする場合など華やかな赤系の色を選んでしまいがちですが、 赤色は「赤字」を連想させてしまうためタブーとされているので気を付けましょう。 花を贈る場合に気を付けることは、ユリやキクは避けることが基本です。 キクについては仏花のイメージがあるのでなんとなく分かりますが、 ユリも同様で「死」を連想させる花なので贈るには不向きです。 また、「燃える」を連想させる灰皿やライターのセットや、ヒーターなども縁起が良くないのでNGです。 これらのことは「知らなかった」では済まされない大切なことなので注意することが大切です。 贈って喜ばれる人気ランキング 開店・開業祝いに贈って喜ばれる人気ランキング 第1位 「ふとん乾燥機」 意外に思われるかもしれませんが、ふとん乾燥機は本来の使い方以外にさまざまな使い方があるのです。 まず、サロンや美容系では水を使うことが多いので、 タオルやシーツを乾かしながらダニの繁殖を防ぐこともできます。 他にもピンポイントの温風暖房や、クローゼットの湿気を飛ばすことにも利用できることが魅力です。 第2位 定番の「コーヒーマシン」 これはお客様に出すためだけではなく、休憩時間などにホッと一息入れるのにいいですよね。 第3位 「観葉植物」 お店の中に緑があるとインテリア的な意味合いの他に、気持ちが落ち着くというメリットがあります。 また、観葉植物は生育に手間がかからないことも魅力なので、 贈るときはお店の雰囲気に合った植物を選ぶようにしましょう。 サロン・美容系の開店・開業祝いについてご案内しましたが、いかがでしたでしょうか。 相手が喜んでくれるものを、と考えるのは当たり前ですが、 喜ぶと思っていたものが、相手の気分を損ねてしまうことがあるので、 品物を選ぶときは慎重に選ぶことが大切です。 品物選びにどうしても困ってしまった場合は、カタログギフトを贈ってあげるのもひとつです。 カタログギフトならお店に本当に必要なものを自分で探すことができますし、 他の人からの贈り物と重複することもありません。 金額別、目的別に細かく分類されているので贈る方もいろいろ悩まなくて済みますので、 迷った場合はカタログギフトを利用しましょう。

次の

人気の開店祝いプレゼントランキング2020!マナーや予算相場、喜ばれるメッセージ文例も紹介!

開店祝い プレゼント ランキング

開店祝いのプレゼントには、一般的に花や観葉植物、酒類、掛け時計や花瓶などのインテリア用品が多く贈られます。 特にお店を宣伝できるような花や観葉植物はお店を応援する気持ちが伝わるので人気があり、バルーンアートなども近年では定番となりつつあります。 また、インテリア用品などのお店で使えるものも喜ばれますが、その場合はあらかじめ欲しいものを確認しておきましょう。 サプライズで外してしまうよりも、やはり相手に喜んでもらえることが大切です。 もし、迷った場合には、花を贈るなら邪魔にならないようなブリザーブドフラワーがおすすめです。 バルーンアートなどもあまり好みではない場合もあるので、心配な場合には店内の雰囲気に合わせたフラワーギフトやインテリア雑貨などが良いでしょう。 ベストプレゼント編集部が「開店祝いプレゼントを買ったことがある男女200人」に「開店祝いプレゼントを買う場合の予算」について2020年2月にアンケート調査を実施しました。 開店祝いに贈るプレゼントの全体的な相場は、「5,000円~50,000円」程度です。 一般的には「20,000円」程度が平均とされ、贈る相手との関係性によって予算相場が異なります。 最も高額なのは、特に重要な取引先の「30,000円~50,000円」で、この範囲の回答が全体の約55%を占めていました。 次いで身内や親戚の場合、「10,000円~50,000円」の範囲の回答が全体の約70%を占めていて相場となっています。 最も低額なのが友人・知人の「5,000円~10,000円」が全体の54%という結果になっていますが、相場は贈る相手との親密度合いによって上下するので、あくまでも参考程度に考えましょう。 あまりに高額な贈り物は相手に負担になってしまうことも考えられます。 金額よりもプレゼントの内容に工夫することも喜ばれる一つの方法です。 開店祝いを贈るベストなタイミングは、オープン1週間前~前日までです。 開店当日は忙しいので避けましょう。 フラワーギフトを贈る場合は、数日で萎れてしまうような生花は開店直前に届くように手配します。 観葉植物や胡蝶蘭など花持ち期間が長いものは数日前でも大丈夫です。 お店の開店日を大安にする人も多いですが、その場合前日はかなりの確率で仏滅になります。 また時間帯によっても吉凶があると言われているので、うまく見計らって大安に贈るようにしましょう。 開店を後から知った場合、1ヵ月以内であれば開店祝いとしてお祝いの品を贈っても問題ありません。 それ以上後になる場合には、開店1周年などの次に来る節目に贈りましょう。 開店祝いに花を貰うことは多いですが、意外と少ないのが花瓶やフラワーベースのプレゼントです。 店舗に飾れる素敵な花瓶やフラワーベースは、開店祝いのプレゼントにぴったりです。 花瓶やフラワーベースはおしゃれなデザインのものが多く、花を飾ってないときでもそのままインテリアとして使えるということもポイントです。 小物を入れたり、お客様へのサービスとしてキャンディーを入れたりと、使い方は発想次第で様々です。 特に人気があるのは、シンプルな形状のものです。 花のアレンジがしやすく、アートフラワーやリーフなどを使ったレリーフを引き立たせることができます。 また、有名ブランドのものでも購入しやすい金額のものが多いので、低予算でもおしゃれなオーナーさんに喜んで貰うプレゼントを贈ることができるでしょう。 招き猫に代表される縁起物は、開店祝いのプレゼントにはぴったりです。 招き猫は商売繁盛の縁起物で、右前足を挙げているものは「金(かね)」、左前足を挙げているものは「人(客)」を招くと言われています。 相手にとってどちらが嬉しいか考えて選びましょう。 また、鏡は風水では「悪い気を跳ね返し良い気を招く」「金運をアップさせる」などといわれ縁起物なので、開店祝いのプレゼントに多く選ばれています。 特に女性のお客様が多い店では重宝され、実用性もあるので喜ばれます。 瓢箪は花言葉が「幸福」「繁栄」「夢」「平和」「円満」「利得」などであり、開店祝いにはぴったりの植物であると言われています。 フラワーアレンジメントにも加えることができるので、フラワーギフトを贈る際にはリクエストしてみましょう。 ただし、たとえ縁起ものだとしても、お店に飾れるようなものでなくては喜んでもらえません。 店内の雰囲気に合わせて、違和感のないものを選びましょう。 インテリア雑貨は、開店祝いのプレゼントに花や酒などの定番の品ではなく、ちょっと気の利いたものを贈りたいときに選ばれるアイテムです。 自分ではなかなか手が出ないようなブランドのものや高級品を贈ると喜ばれます。 ただし、インテリアはお店にとって商売道具のひとつともなりえる重要な要素です。 経営者や店主、スタッフがこだわりを持って選んでいる場合がほとんどですし、すでに持っていたり必要でないものを贈られても困ってしまうことになりかねません。 なので、勝手に選ぶのではなく、事前に形やデザインなどまで具体的なリクエストを確認しましょう。 もし、親しいお付き合いをしていて大体好みがわかるという場合には、デザイン性と機能性に優れたものを贈りましょう。 店内だけでなく、事務所でも使えるものがおすすめです。 店全体の雰囲気に合わせたインテリア雑貨を選びましょう。 引っ越し祝いや新築祝いなどでも時計のプレゼントは人気があります。 同様に、店内だけではなく控室などでも使える用途の広い時計は、失敗しないプレゼントとして開店祝いにもおすすめです。 開店祝いに人気があるのは、受付やカウンターなどにおけるおしゃれな置時計です。 日付の表示付きのものだと便利で重宝されるでしょう。 素材は木でできたものが温もりが感じられおしゃれで、見る人の心を温かくしてくれるので人気です。 デザインは、店のモチーフやインテリアにテーマがあれば事前に確認しておくか、実際に店を見てから合いそうなものを選びましょう。 ただし、新築祝いなどと同様に、壁に穴を開けないといけない壁掛け時計は、開店祝いには不向きと言われています。 先方からリクエストがあった時のみ、日付などを刻印した特別感のあるものを贈りましょう。 お菓子や飲み物を詰め合わせたセットは、家族や従業員のみんなで休憩時間に食べることができますし、開店祝いのパーティーに招かれている場合は手土産として最適です。 渡すときには、とても美味しいお菓子だから是非食べてもらいたいという気持ちを伝えると良い印象を与えることができます。 渡した当日に食べきれないことも考えて、プレゼントには日持ちのするお菓子が良いでしょう。 クッキーやバームクーヘン、おかきなどのように日持ちがして、後からも美味しく食べられるように個包装になっているものがおすすめです。 また、インパクトのあるプレゼントを贈りたい場合には、店のロゴや店舗名などをデザインしたオリジナルのスイーツを贈ると、サプライズ感があってパーティーの場も盛り上がるので喜ばれます。 写真を撮って店のブログやSNSに上げてもらいやすく、話題性があり宣伝としても役に立つでしょう。 お菓子だけでは寂しいという場合には、他の品物と合わせて贈っても喜ばれます。 例えばメインのフラワーギフトにお菓子を添えて渡すと良いでしょう。 お菓子なので、高級なものでもひとつひとつはそれほど高価ではないですが、色合いや見栄えを考えて詰め合わせれば、予算内で華やかなお菓子セットを作ることができるということもポイントです。 相手に気に入ってもらえるように、気持ちを込めて選びましょう。 お酒は開店祝いによく選ばれる贈り物ですが、中でもシャンパンは華やかでお祝いムードを盛り上げるお酒として開店祝いには最適です。 シャンパンはその歴史を見てもお祝い品として深い関りがありましたが、特に日本国内では「慶事の酒」「お祝い」「高級感」「特別」というようなイメージが強く根付いています。 そのため現在では披露宴や祝賀会などの祝い事には欠かせないお酒となっており、開店祝いのプレゼントにはぴったりです。 記念品とはいえ消えものなので、相手に気を遣わせないということもポイントです。 一緒に飲んで盛り上がって開店を祝うのも良いでしょう。 また、店名や日付、メッセージなどを刻印したオリジナルボトルは特別感が出て喜ばれるのでおすすめです。 価格は2,000円程度からありますが、やはり安価なものよりそれなりに値段のするものの方が美味しいです。 高ければ良いというわけではありませんが、最低でも4,000円以上のシャンパンを選びましょう。 開店祝いにインパクトのある贈り物をしたいと思ったときにぴったりなのが、バルーンギフトです。 フラワーアレンジメントだけだと寂しい場合でも、バルーンを加えることで存在感がアップして素敵な贈り物になります。 バルーンギフトは、見た目が華やかな上に手入れがいらないこともポイントです。 フラワーギフトだと水やりや日当たりなどを多少気にしなければいけませんが、バルーンギフトはただ飾っておくだけで華やかで存在感があるので、気の利くプレゼントとして喜ばれます。 ただし、バルーンギフトはオフィスやクリニックなどの落ち着いた雰囲気には馴染まないことがあるので注意が必要です。 アパレル店や美容室、飲食店などは比較的馴染みやすいですが、お店の雰囲気やオーナーさんの好みなどを事前に把握して迷惑にならないように贈りましょう。 また、バルーンギフトは注目を集めるので、メッセージを込めて贈るプレゼントに適しています。 バルーンの形や色、キャラクターなどに様々な工夫をして、楽しいバルーンギフトを用意しましょう。 飲食店の開店祝いにはお酒のプレゼントが喜ばれますが、中でもワインは失敗しない贈り物として人気があります。 もし、メニューがわかれば、実際にお店で取り扱っている銘柄のワインを贈りましょう。 わからなければ、知名度の高い高級ワインが安心です。 また、ちょっと趣向を凝らしたい場合には、名入れや似顔絵ボトルのワインがおすすめです。 面白い似顔絵を入れてくれたり、オリジナルラベルを作成してくれる専門店があるので、サプライズで贈るとお祝いの場も盛り上がり良い記念になるでしょう。 おしゃれなワインボトルは飲み終わった後もインテリアとして飾っておくことができますので、ボトル自体に彫刻を施したワインは魅力的です。 縁起を担いだ贈り物をしたい場合には、赤ワインと白ワインをセットにした「紅白ワイン」が人気です。 おしゃれにラッピングされた紅白ワインは、開店祝いに最適といえるでしょう。 喜んでもらえるポイントは、お祝いの気持ちをワインへ込めることです。 ただ有名だからと選ぶのではなく、ワインの特徴や歴史など少し背景を知ったうえでワインを選ぶと、気持ちが伝わり喜ばれるでしょう。 観葉植物はひとつ置いてあるだけで癒しの効果があり、周囲の人の気持ちを穏やかにしてくれます。 インテリアとしても優秀で店内の雰囲気をアップしてくれますし、花のように枯れず手入れも簡単なので、開店祝いのプレゼントに人気があります。 特に、飲食店などで花の香りや花粉が気になるという場合や、オフィスなどの無機質な空間には、観葉植物のプレゼントが喜ばれます。 店内やオフィス内を事前に確認して、ちょうど良い大きさで、できるだけ育てやすいものを選びましょう。 また、観葉植物にも花言葉があり、開店祝いに相応しい花言葉のものを選ぶと相手を応援している気持ちが伝わって喜ばれます。 贈る際にはどうしてこの観葉植物を選んだのか、一言メッセージを添えましょう。 開店祝いのプレゼントの定番といえば、フラワーギフトです。 特にスタンド花は店舗の外に置くと人目をひき、お店がオープンしたことがひと目でわかるのでアピールするのに最適です。 スタンド花は、目の高さ程度に高く花を飾るものです。 基本的に花屋から貸し出され、一段や二段など予算と花の量によって選ぶことができます。 また、胡蝶蘭も開店祝いの定番のフラワーギフトで、幸運が飛んでくるといわれ見た目にも華やかで花持ちも良いので、開店祝いに人気です。 ただし、フラワーギフトを贈る際は、置くスペースがあるかどうか事前に確認してからにしましょう。 店外にスタンド花を置く場所がない場合や、入口が狭く胡蝶蘭が置けないことも考えられます。 もし、置くスペースがない場合には、ちょっとした場所にも置けるアレンジメントやブリザーブドフラワーなどが良いでしょう。 アレンジメントは、花瓶などに移し替える手間もなく、水を足すだけなので、カゴに入れたものが人気です。 縁起を担ぐという意味では、鉢植えがおすすめです。 鉢植えは「根付く」と言われ、お店にお客さんが根付いて人気が出る、経営が安定してその場に根付く、という願掛けの意味になるので、プレゼントすると喜ばれるでしょう。 開店祝いのメッセージを書くときに気を付けなければならないのが言葉遣いです。 特に目上の方や取引先の方へのメッセージの場合、失礼にあたらないように言葉遣いには注意が必要です。 友人などであればあまりかしこまった表現よりも、少し砕けたくらいの方が気持ちが伝わって喜ばれるでしょう。 また、言葉の選び方にも注意が必要です。 例えば「つぶれる」「傾く」「敗れる」などの倒産を連想させるようなものや否定的な表現、「不景気な世の中ですが」などというマイナスの表現、忌み言葉などは開店祝いにはタブーとされているので使わないようにしましょう。 言葉に気を付け相手に不快な思いをさせなければ、基本的には何を書いても問題ありません。 励ましのメッセージや身体を気遣うメッセージなども良いでしょう。 特に喜ばれるメッセージは、「念願の夢の実現を賞賛する言葉」「希望が湧き出るような力強い言葉」「これまでの苦労を心から労ってお祝いする言葉」などです。 できるだけ前向きなメッセージを贈って、新規開店をお祝いしましょう。

次の