都立小山台 偏差値。 小山台高校 偏差値

小山台高校(東京都)の情報(偏差値・口コミなど)

都立小山台 偏差値

小山台高校の偏差値・評判 小山台高校に興味を持っている受験生です! 小山台高校が良いなと思っているのは、 ・理数系に力を入れていて、理系の難関大学進学に強い ・運動会が都立ナンバー1といわれているなど行事が凄く盛ん ・中高一貫の学校じゃないので、入学式からみんな同じでスタートできる という理由からです。 そこで質問です。 僕はこの前の模試で偏差値65でした。 夏休みは塾へ行っているので、もっと勉強して偏差値を上げようと思っています。 小山台高校に絶対合格できると断言できるぐらいの偏差値はどれくらいになりますか? もう一つ質問です。 小山台高校の学校生活の楽しさなどを知っている人がいたらぜひ教えてほしいです。 アルバイトをしている人は多いのでしょうか?(僕はアルバイトをするつもりはないです)。 よろしくお願いします! 投稿日時 - 2011-08-11 16:15:28 前の「理科・数学に強い高校」という質問で回答した者です。 小山台高校の最新偏差値についてはこちらのサイトを参考にしてください。 注意したいのは、偏差値を見る際には必ず「80%合格偏差値」であることを確認してください。 Vもぎの公式サイトですら60%の可能圏偏差値を載せてたりします。 60%偏差値はその偏差値に達していても約半数は落ちる数値なのであてになりません。 市販の高校受験案内本も平気で60%合格偏差値を載せてたりします。 この数字にだまされないように。 今紹介したサイトの偏差値が一番信頼性が高いです(とはいっても偏差値に絶対はないですが) 偏差値を聞く限り順調に勉強が進んでいるように思います。 周りも1日10時間勉強するようになってくるので、偏差値を維持するだけでも今後きつくなってきます。 さらに勉強時間と勉強効率をあげていきましょう。 小山台高校の評判はかなり良いです。 なんといっても入口と比べた進学実績の良さが素晴らしいです。 そして理系の強さや運動会も有名です。 学校生活は楽しいでしょう。 参考になりそうなウェブサイトを一通りあげておきます。 小山台志望なら見ておいて損はないはずです。 小山台高校 東京都立小山台高校 楽しい学園生活と受験情報 小山台高校の復権 理念と伝統 小山台高校の魅力 小山台高校はアルバイト禁止です。 ただ小山台高校に合格するぐらいの頭の良さがあるなら、家が貧しいとかの例外を除いて、まずアルバイトするなんて愚かな発想ですよ。 アルバイトをする子はかなりの確率で浪人したり第一志望の大学に入れない傾向にあります。 進学校で、部活動とアルバイトと勉強の三つを両立させるなんて無理です。 かならず勉強が疎かになります。 大丈夫だと思っていてもです。 高校時代のわずかなお金ほしさのために浪人するはめになったら、それこそ数百万円のお金がかかります。 またアルバイトのせいで勉強時間が不足して、本来の実力の1ランクしたの大学に進学することになったら、就職先も1ランク下になる覚悟をしないといけません。 嫌な話ですが生涯賃金にも差がでます。 バイトなんて大学に入ればいくらでもできますから、高校時代は高校でしかできない部活動や勉強に時間を割いてください。 進学校ほどバイトする生徒が少ないのは、頭の良い人ほど、貴重な高校時代をバイトに費やすことがいかに愚かなことか分かっているからなんですよ。 投稿日時 - 2011-08-12 00:29:06.

次の

東京都立小山台高等学校

都立小山台 偏差値

このように合格者、不合格者とも偏差値10程度の幅に広がる。 ここからが可能圏。 Aマイナス1(このケースでは50)の偏差値の生徒の入試本番での得点の平均が合格最低点(ボーダー点)になる。 合格ラインより4~5高めになる。 Aよりも下からも合格するし、Bよりも上でも不合格になる。 これは本番の試験当日の"出来""不出来"によるもの。 合格のためには、まず「A」に到達することを目指す。 さらに余裕を持って合格するために「B」を目標にする。 『偏差値は模試によって異なる?』 ある集団がテストを受けたとする。 そのテストで平均点をとった人のその集団での偏差値が「50」になる。 つまり、学力上位の生徒が集まる模試と幅広い学力層の生徒が参加する模試では偏差値「50」が同じ学力を表すとは限らないということだ。 このページでは東京都内で一般的な模試の偏差値を想定している。 大切なのは君が受けた「模試」で志望校の偏差値がいくつかということと君がどこに位置しているかということだ。 3.内申と合格可能性 受験対策でもテスト(内申)対策でも絶対有利な5教科指導。 中学生の皆さんに最も支持されているコースです。 中学課程の学習を中3冬までに終え、冬以降は応用レベルの入試問題にも対応できるよう問題演習を行います。

次の

小山台高校受験対策|現在の偏差値から合格|オーダーメイドカリキュラム

都立小山台 偏差値

概要 [ ] (11年)、東京府立第八中学校として創立。 東京都立第八中学校、東京都立第八新制高等学校を経て、(25年)に東京都立小山台高等学校と改称する。 都立第八新制高等学校から校名を変更する際、「武蔵」「西陵」「小山」などが新校名の候補となった。 所在地の町名から「小山高校」が検討されたが、と間違えられる恐れがあるとして、語呂の良い「台」が付けられた。 なお「小山台」は、所在地「」の隣接町名である。 〜は、連年合格者数全国1位を達成。 古くから理工系の大学進学に強い高校として知られている。 また、合格者数も全国ベスト10に入る年もあった。 以降はやの影響で進学実績の低迷が続き、特に導入後は難関大学への進学実績が大きく落ち込んだ。 その後、(16年)度から都の重点支援校として3年間の指定を受けたことを契機に学校改革が推進されるようになった。 土曜授業の復活、120講座を超える長期休業中の講習やサテライト講習の導入など進学指導体制の確立を目指した改革が行われ、難関大学への進学実績が大きく向上している。 (平成19年)には、難関大学への進学実績向上を目指すとして・・・の各校と共に「」に指定された。 現在、においては都の共通問題を全科目で使用している。 沿革 [ ]• (11年) - 平塚村小山に 東京府立第八中学校として設立。 (10年) - 東京府立第八夜間中学校(現在のの前身)が設立。 (昭和18年) - 都制施行により東京都立第八中学校と改称。 (昭和23年) - により東京都立第八新制高等学校となる。 を設置。 (昭和25年) - 東京都立小山台高等学校と改称。 (昭和27年) - 導入。 (昭和42年) - 導入、と14群を組む。 (昭和57年) - 導入、・・・・・・・・の各校と12グループを組む。 (6年) - 現在のを導入。 (平成14年) - 創立80周年記念式典挙行。 (平成16年) - 都の重点支援校に指定(〈平成18年〉まで)。 (平成19年) - に指定。 (平成24年) - 創立90周年記念式典挙行。 教育 [ ]• 伝統的に教育が盛んである。 土曜日などに「理科講義実験」が開かれ、、、の3分野で高度な実験や講義が実施されている。 大学や企業が主催した実習会や講演活動も多く開催される。 年20回の土曜授業を行っている。 校歌 [ ]• 『東京都立小山台高等学校校歌』(作詞:栗原源七、作曲:) 交通 [ ]• 前 班活動 [ ] のことを 班活動と呼称し、盛んに活動している。 全国大会出場の班、選手権東東京大会準優勝(・)ベスト8(・・・、2009年・春季東京大会はベスト4)の班、日米共同宇宙実験参加の班、全国大会出場の班などが活躍している。 野球班は春、(センバツ大会)に21世紀枠として出場した。 都立高校としては史上初のセンバツ出場校となった。 さらに2018年では決勝まで勝ち進むも、に敗れ、自力での甲子園出場は出来なかった。 夏には2年連続2度目の同大会予選決勝に進出するも、に敗れた。 こうした近年の成果から「」として期待されている学校である。 運動班 [ ]• 文化班 [ ]• 物理ラジオ• ホームサークル• KBS(放送)• ESS 行事 [ ]• 合唱コンクールは例年6月にで行われていたが、現在同施設が工事中のため、で行われている。 全学年課題曲は校歌である。 文化祭は、例年9月上旬に実施される運動会と併せて「 寒菊祭」と呼ばれる。 文化祭は9月下旬に行われることが多い。 2日間行われ、両日とも一般公開されている。 運動会は都立No. 1,2を争う盛り上がりと評され、生徒が赤、白、青、黄の4つの団に分かれて競技をする。 各団による応援合戦が名物となっている。 関連団体 [ ]• 公益 小山台教育財団 - 本校の後援会。 小山台会館を持つ。 活動の大きな柱である国際交流事業では、小山台生やその卒業生・親族を中心に・への語学研修生・留学生を毎年30名前後3週間派遣する一方、同時期に受け入れ事業を行っている。 他にもサテライト授業や小山台高校の各種イベントの協力を行っているほか、地域活動として文化教室などを開催している。 菊桜会 - 著名な出身者 [ ] 政治・行政 [ ]• - から転入• - から転入• 経済 [ ]• - から転入• - 創業者 法曹 [ ]• ジャーナリズム [ ]• - から転入• 学問 [ ]• 芸能・文化 [ ]• - 空襲のため他校へ転校• () スポーツ [ ]• その他 [ ]• 著名な教員 [ ]• - 国語科教諭、2019年現在、同校に勤務。 精選国語総合編集委員。 - 元国語科教諭( - )、俳人、のち青山学院女子短大教授• - 元英語科教諭( - )、『西尾の実戦シリーズ』著者• - 元国語科教諭( - )、のち桐蔭学園理事長・学校長・学長、元理事長• 小隅黎(本名:) - 元数学科講師(定時制、 - )、翻訳家・小説家(主にSF小説の翻訳・評論・創作)• - 保健体育科教諭、2019年現在、同校に勤務。 国際審判員。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の