アンドロイド ストレージ不足。 内部ストレージは容量不足に注意

Androidスマホのストレージ不足を解消!クラウドを利用しない対処法を紹介

アンドロイド ストレージ不足

Androidの内部ストレージとは、 Android本体に最初から内臓されているデータ保存場所です。 購入時には、Androidに必須なシステムアプリ、連絡先やカメラなどの基本的なアプリ、メーカーアプリなどがあらかじめ保存されています(プリインストール)。 購入後に撮影した画像データや、後からインストールしたアプリなども、基本的に内部ストレージに保存されます。 内部ストレージの容量は、機種により違い、内臓されているため後から増やせません。 そのため、Androidを何もせず使い続ければ、空き容量がなくなり端末の動作にも影響を与えます。 つまり「内部ストレージ不足」になります。 対して、 外部ストレージはSDカードのことで、Androidに後から挿入してデータを保存できる小さな保管庫です。 家にたとえると、内部ストレージは最初からある収納のことで、外部ストレージは後から買ってきた本棚などの収納のことです。 「設定」の開き方は、あれば 設定アプリから、 または端末上部の通知バーを下ろし右上の歯車から開きます。 この例は、内部共有ストレージが内部ストレージになります。 合わせて「メモリ」と言われることも多く、ストレージ容量が足りない時に「メモリ不足」と表現することもあります。 設定内のメニュー内容などは機種により多少違いますが、同じようなものを探して開くか、設定上部の検索バーで「ストレージ」と検索しましょう。 実際は、端末のメモリ容量不足の場合は1~2つのアプリ削除で解決できないことも多く、端末に入っている知らないアプリが原因になっているケースがあります。 その場合は2つ目の方法を試しましょう。 Android端末の「設定」から「アプリ」を開き、表示されたアプリから必要のないアプリをひとつずつ削除します。 この時に 「無効にする」と出てきたら、システムアプリなど 削除できないもののため、削除せずに「アップデートの停止」があればそれだけ実行しましょう。 というのも、 一旦無効にしたアプリを復活させるには端末初期化する必要があり、 無効化操作は望ましくないためです。 最後に、 内部ストレージから希望のデータだけをSDカードに移動する方法をご案内します。 カメラなどのアプリは、 SDカードが入っていれば、設定から「保存先」をSDカードに設定できます。 設定後の新しいデータはSDカードに保存されるため、毎回データを移動しなくて済みます。 SDカードを入れたら、カメラのデータ保存先を変更しましょう。 ただし、LINEなどのアプリから画像などの保存や、Webからファイルなどをダウンロードする際は、本体の内部ストレージに保存されるため、3番目の方法で定期的にデータをSDに移動して端末メモリの空き容量を増やしましょう。 SDカードのメリットは、AndroidにSDカードを入れるだけで大容量の外部ストレージを確保できるため、SDカードの容量さえあれば内部ストレージの容量を確保できることや、SDカードの規格が合えば機種変更時もこの方法でデータの移動ができることなどがあります。 デメリットは、画像などを移動すると撮影日時がデータを移動した日時に変わってしまうことや、端末ごとSDカードを紛失した場合はデータも紛失してしまう可能性があることです。 そのため、PCやクラウドサービスも併用してバックアップをとりましょう。 また、SDカードにデータが転送できない場合は、下記リンク先の記事を参照ください。 AndroidでUSB接続メニューを選択すると、 PC側でエクスプローラー(機種名が表示されたフォルダ)が起動するため、 移動したいデータがあるフォルダを開いて、通常のPCの 「コピー」または「移動」操作で、PC内の任意の場所(フォルダ)に移動します。 こちらも、 移動中にデータ破損する可能性があるため、コピーをとってからAndroid内のデータを削除する方法をオススメします。 また、 コピーや移動中は、PC操作をせずに完了するまで待ちましょう。 このメリットは、確実にデータのバックアップをPCにとれるため、PCが故障さえしなければデータの安全性は保たれます。 デメリットは、データ転送用USBケーブルが無ければ準備が必要になること、またPCを共有している場合は、フォルダにパスワードを設定するなど自分でセキュリティ管理が必要になります。 最後にご紹介するのは、 クラウドサービスを利用する方法です。 クラウドサービスとは、クラウドというインターネット上のサーバーにオンラインでアクセスし、端末のデータをバックアップしたり、端末紛失時などデータを復元したりできるサービスです。 つまり、 インターネット上のデータ保管庫です。 インターネットと聞くと不安になる方もいらっしゃるでしょう。 しかし、現在のクラウドサービスは セキュリティも確立されており、 無料で一定の容量を利用でき、 同じアカウントでPC・スマホ等どの端末からも同じデータを共有できるため、 万が一の時のためにも利用されると良いでしょう。 SDカードやPCによるデータの移動と組み合わせて利用すると、Androidのメモリの空き容量を補うだけでなく、 Androidのデータのバックアップをとっておく意味でもオススメです。 アップロードをタップ後、 「最近」と表示されたページが開きますが、そこに移動したいデータが無ければ 左上の横3本線から、本体の内部ストレージ(機種名)を選び、該当のフォルダを開きます。 移動したいデータを長押し+複数タップで選択し、右上の「開く」をタップするとアップロードされます。 データ容量により、ある程度の時間がかかります。 アップロードが終わるまで何もせず待ちましょう。 完了したらアップロードしたデータを確認し、必要に応じて端末のデータは削除してください。 このGoogleドライブからアップロードする方法のほかに、 内部ストレージのフォルダから「共有」でGoogleドライブを指定してアップロードする方法もあります。 注意点として、サインイン時などにこのような確認画面が出ることがあります。 「カメラのアップロード」は、開始するとAndroidのカメラで撮影した画像や動画をOneDriveに自動でアップロードするようになります。 無料版を利用する場合は容量に限りがあるため「今はしない」を選びましょう。 プラン変更は、画面右下の「自分」タプからいつでもできます。 PC版であれば毎月249円でストレージのみ50GBまで利用できるOneDrive50GBというプランもあります。 Dropbox画面の左上横3本線から「設定」を開き、 「お友達を招待して無料容量を獲得」をタップします。 次の画面で 「名前とメールアドレス」にカーソルを合わせ、「連絡先へのアクセス」を「許可」すると入力できるようになります。 メッセージを受け取った相手が そこからDropboxをインストールすると、500MBが無料で追加されます。 無料ストレージを増やせる機会のため、ぜひ友達や家族とメモリの空き容量を獲得しましょう。 また、無料版のDropboxには、Dropbox Paperというファイルを共有して作成・編集したり、その場でコメント機能でチャットしたりできるツールもあります。 共同作業する場合などにとても有効です。

次の

AndroidでSDカードを内部ストレージ化して使う方法!容量不足解消に

アンドロイド ストレージ不足

Android端末は外部SDカードを挿す事ができますので、大きいファイルや画像などを外部SDカードに保存する事で、内蔵メモリ 内部ストレージ の容量を大幅に節約する事ができます。 Android用のアプリは外部SDカードに移動できる物も多いので、購入時に内部メモリの容量をあまり気にする必要がありません。 しかし、システム、またはアプリのアップデートや新しいアプリを落とす時などは、内部メモリの容量が必要になってきますので、ある程度の余裕が無いとアップデーターが有るアプリを開く事ができないという事態にもなりかねません。 今回は 「不要なアプリは削除したし、画像や動画も整理したのに・・・何故か容量が足りない」という時に内部メモリを整理して容量を増やす お掃除方法をご紹介します。 ページコンテンツ• 基本的なお掃除 まずは基本的な掃除方法をご紹介します。 「既に手は尽くした」という方は、次の方法まで読み飛ばしてください。 写真・動画の仕分け 画像・動画をGoogleフォトやDropBox・外部SDカードなどにバックアップします。 端末の中を徹底的にお掃除 Android端末では、整理をしているにも関わらず、容量が厳しいという事が多々起こります。 その原因のファイルを全て洗い出して、徹底的にお掃除する方法をご紹介します。 不要ファイルを一つずつ探して削除していては 時間が幾らあっても足りませんので、アプリにお願いして一括整理してしまいます。 Androidの定番ファイラー「ESファイルエクスプローラー」のアナライズ機能を使って整理します。 しかし、万が一の事もありますので、ファイルの削除に関しては全て自己責任でお願いします 次に「ごみファイル」をタップしてゴミを掃除します 「古いAPK」「不要な広告」やサムネイルなど選択して「今すぐクリーニング」をタップ 「アプリに関するフォルダー」はアプリで使用した一時データやサムネイルなど、不要なファイルを直接削除する事ができます。 容量パンパン 25G以上 だった端末が19. 43Gまでスリムになりました。 私は、大きいアプリは全てSDカードに移動していますので、不要なファイルだけで5. 5ギガもあったという事になりますね。

次の

Androidストレージのその他とは何?不要ファイルは削除して容量を増やそう

アンドロイド ストレージ不足

Price: Free またGoogleフォトには、バックアップが完了した画像や動画のみを端末上から一括で削除する「空き容量を増やす」という機能があります。 Android版ならこの操作だけでスマートフォンからファイルが完全に削除されます。 うまく使えば画像類は端末上に一切残さず、Androidの空き容量を増やすことができますよ。 ほかにもGoogleフォトを使う上で便利な情報をまとめて、関連記事【】で解説しています。 Google Playミュージックに音楽を保存する 別途パソコンを用意する必要はありますが、音楽をすべて Play Musicのクラウド上で管理する方法があります。 インターネットに接続できる環境であれば、どこでも好きな音楽をスマートフォンやパソコンで視聴できて便利ですよ。 使い方の基本は、関連記事【】で解説しています。 ダウンロードするファイルを直接クラウドへ保存する方法 Androidでブラウザ上から画像や文書ファイルをダウンロードする機会が多い場合、いつの間にか「ダウンロード」フォルダに大量のファイルが積み上がり、容量不足の一因となります。 実はAndroid標準の「 共有」機能をうまく使うことで、「」や「」等のクラウドサービスへダウンロードしたファイルを直接アップロード(保存)できます。 Androidのファイルをパソコンで管理する方法 「SDカードを使用できない」・「クラウドにデータを保存したくない」という場合、ファイルをパソコンで管理する方法もあります。 AndroidはパソコンとUSB接続すれば認識されますが、Androidの「USB接続モード」を「ファイル転送」モードにしないと、パソコン側でうまく表示されない場合があります。 またパソコンがMacなら別途アプリを用意することになります。 本ブログでは「 Android File Transfer」をオススメしています。 それぞれ詳細は関連記事で解説しています。 AndroidのファイルをUSBメモリで管理する方法 USB A端子の口を作るケーブルさえ用意できれば、AndroidにUSBメモリや外付けHDDなど接続してファイル管理できます。

次の