二 重 全 切開。 切開法(全切開)による二重まぶた整形

全切開法二重術|二重・目元整形なら湘南美容クリニック【公式】

二 重 全 切開

二重修正術とは、二重の幅を広くしたり、狭くしたり、左右差を整えたり、ラインを綺麗に整えたり、ラインのくい込みの調整をしたりと、二重が希望通りでない場合に、二重の修正を行う手術です。 特に最近多いご要望は、切開法による二重が広すぎて、二重幅を狭くしたいという場合ですが、このような広い二重も二重修正術によって幅を狭くすることができます。 ラインの下の皮膚が余っていてソーセージのようになっている場合、まつ毛に皮膚が乗ってまつ毛を起こしにくく、アイラインも細く引きにくくなります。 またこの状態は二重が広くなりますが、余った皮膚が目の方に垂れ下がり、目が小さく見えるようになります。 これらの症状も、二重修正術によって改善できます。 埋没法で可能な場合は今のラインよりも高い位置を選び、二重を作成します。 埋没法で難しい場合は全切開法に準じあまった皮膚を切除しラインを作成します。 まぶたに傷を残したくない方で、皮膚のたるみが多い場合には眉毛下切開が適応になります。 全切開に準じたデザインで行う場合、希望のラインに沿って切開します。 この際ご状態、ご希望に応じてCO2レーザーを使用して皮膚切開を行うことで出血を押さえる事ができます。 たるみが多い場合には余分な皮膚を適量切除します。 続いて眼輪筋、瞼板前組織、隔膜前脂肪などを必要に応じ切除します。 眼窩脂肪も余剰が認められる場合に必要量を切除します。 全切開に準じた二重修正術では症例に応じてROOF切除術を併用する場合があります。 二重修正術の切開範囲を全域にわたって、細かく皮膚と深部の組織を7-0極細吸収糸で丁寧に形成外科的縫合をすることで、傷を最小限とすることができます。 埋没法で二重を作成している場合には、埋没糸を抜糸することで二重が消失し、二重が狭くなることが期待されます。 二重が全切開法あるいは小切開法で作成されている場合、ラインの下の皮膚を切除する方法、全切開法に準じたデザインの二重修正術で皮膚を深部組織に癒着させている部分を離し、その間に眼窩脂肪を介在させる方法などがあります。 全切開に準じたデザインで行う場合、希望のラインに沿って切開します。 この際ご状態、ご希望に応じてCO2レーザーを使用して皮膚切開を行うことで出血を押さえる事ができます。 たるみが多い場合には余分な皮膚を適量切除します。 続いて眼輪筋、瞼板前組織、隔膜前脂肪などを必要に応じ切除します。 以前の切開法による重瞼術の二重ラインの癒着を丁寧に剥がします。 眼窩隔膜を開窓し眼窩脂肪見つけます。 十分な眼窩脂肪がある場合、この眼窩脂肪を利用し二重を狭く形成します。 眼窩脂肪がない場合、ROOFを用いて修正を行います。 場合によっては下眼瞼の眼窩脂肪の脂肪移植を行うことがあります。 続いて二重修正術の切開範囲を全域にわたって、細かく皮膚と深部の組織を7-0極細吸収糸で丁寧に形成外科的縫合をすることで、傷を最小限とすることができます。 眼瞼下垂手術をおこない目の開きを良くすることで二重の幅を狭くする方法もあります。 この場合、眼瞼挙筋腱膜を短縮し瞼板へ再固定しながら、目の開きの調節を術中座位となって患者様に確認を取りながら微調整をおこないます。 開きの度合い、左右差の調整を丁寧に行います。 その後は通常静脈麻酔を開始し痛み、意識を取ったうえで、切開範囲を全域にわたって細かく皮膚と深部の組織を7-0極細吸収糸で丁寧に形成外科的縫合します。 経結膜眼瞼下垂手術を用いた場合には皮膚切開は一切行わず、結膜側から挙筋腱膜の固定を行い開瞼を調節いたします。 当日より洗髪、全身のシャワーが可能です。 洗顔は当日水洗いのみ可能です。 翌日以降から洗顔フォームの使用が可能です。 但し創はこすらないようにしてください。 糸がひっかかり裂けると出血することがあります。 傷に悪影響を及ぼす可能性がありますので、かさぶたなどを無理に取らず、安静を保つようにして下さい。 抜糸まで患部に化粧品などは塗らないようにして下さい。 入浴・激しい運動は1週間程度お控え下さい。 目の周り以外は当日からメイクが可能です。 就寝時はクッション等を用いて上半身を高くしてお休みください。 飲酒・喫煙は1週間程度お控えください。 コンタクトレンズは違和感がなければ当日から装着可能です。 ただし手術後2~3時間は麻酔の影響により装着できません。 17年前に受けた瞼の部分切開の傷跡がずっと気になっており、最近では修正することも出来ると知りました。 右瞼の中央辺りに凹凸があり、自然な瞼にしたいと思っております。 左瞼は脂肪が少なかったため、未だに埋没法のみでキレイなラインです。 問題の右瞼は脂肪が多く、埋没法が2度取れ、医師に部分切開で脂肪を取ることを勧められました。 一度目は傷は無かったと記憶していますが、左右の幅が違う仕上がりになったため、再度切開で幅を広げてもらいました。 2回切っているのでなんだか変な具合に凹凸が残ってしまいました。 10代の頃の手術だったのでそのうち跡も消えるかと思いましたが、17年たっても後はそのままです。 具体的には目をとじる、下を向くと凹凸が見え、数人から整形したことあるのかと言われました。 この場合どのような修正方法になるのか(切開、レーザーetc…)伺えればと思います。 二重切開で稀に二重が消失することがある原因としては、 眼窩脂肪、瞼板前脂肪の処理、眼輪筋の処理などが関係していると思われます。 目の開きが弱いという点で美容外科的には眼瞼下垂手術の適応があると思います。 病的な眼瞼下垂では角膜を瞼がかなりの範囲覆わないと診断できないと思われます。 美容外科においては患者様の目の開きを大きくしたいというご要望によって、 ドライアイなどの眼科的疾患がなければ、眼瞼下垂手術をご提案すると思われます。 眼瞼下垂の方が良いと思っていても、 患者様のご要望が、二重が欲しいだけということであれば、 あえて眼瞼下垂手術をお勧めしないこともあります。 当院ではもちろんご状態から最適な術式を提案していきますので、 眼瞼下垂手術も全切開も埋没法も含めご要望に応じ提案をしております。 全切開で作った二重の幅を狭くできますか? またいつから修正手術は可能ですか? 目を閉じて、まつ毛の生え際から切開線まで1センチあります。 脂肪も取りました。 現状は食い込みがあり、手術前より黒目の見える部分が小さくなり、 上まぶたの際の粘膜がでています。 目を閉じてもまだピンク色の赤みが残っています。 この状態から、幅を1~2ミリ狭くし、食い込みを無くし、 黒目の見える部分を大きく、上まぶたの粘膜を見えなくすることは可能でしょうか。 また4年前にも全切開をしています。 (目を閉じて6ミリのところに切開線があり、皮膚を切除しました。 ) 今回やった全切開手術は幅を広げる目的でやって、やり過ぎてしまいました。 以前に眼瞼下垂挙筋前転法を行い、 左のまぶたのみ切開したラインよりも広い位置で二重ができているとのことですが、 その原因が皮膚の弛み等による場合、 二重の幅をそろえる目的で左目の切開ラインで埋没あるいは切開することで、 その部分を二重ラインにすることは十分可能です。 同じラインで再び切開を行っても、適切に内部処理を行う限り、 前回の眼瞼下垂の手術の効果がなくなってしまうことはありません。 (もちろん効果をなくし、瞼を下げようとすればそれも可能です) 他院の眼瞼下垂手術後の修正についてのご質問ですね。 術後1カ月の状態ということで、まだ経過をみることをおすすめする時期かと思います。 落ち着いた後、やはり二重を広げたい場合は、皮膚切除によって上眼瞼皮膚の余剰が少ない場合、 新たに切開を今のラインの上に行うことになります。 良く見ると切開線は2本になりますが、二重の幅を広げる為には必要になります。 当院は極細の吸収性糸による内部処理をしっかりと行いますの、傷跡は目立たず治癒する可能性が高いかと思います。 古いラインから離す距離は決まりはありません。 ご希望の幅になるよう新しいラインを設定いたします。 2mm広げるということはもちろん可能かと思われます。 2年前に二重全切開の手術を他院で受けました。 手術してすぐに、右目が眼瞼下垂になってしまい、 手術してから約3ヶ月後に下垂の手術及び目頭側を幅を狭くする手術をしてもらいましたが、 目頭側の幅は狭くならず広がってしまい、 黒目部分の二重が、ビックリした表情などをすると食い込みがひどくなってしまいました。 この食い込みは、色々なクリニックで相談しましたが、 治らないと言われています。 この食い込みを治す方法はないのでしょうか? あるクリニックでは、元々の目のくぼみと、 全切開で作ったラインが重なりこのような食い込みになってしまっているため、 治すことはできないと言われています。 それから、両目共、平行二重なので、切開ラインの下がぷっくりとしています。 このぷっくりを取る事で、より自然な二重になるのでしょうか? 目頭切開、全切開の修正のご希望ですね。 目頭の傷跡と少し戻し形態を整える方法は蒙古襞形成術(目頭切開修正)で可能です。 当院の手術はすべて縫合にしっかりと時間をかけて丁寧に形成外科縫合を行いますので、 仕上がりは綺麗になると考えます。 切開を行った後の目尻側の折れ込み不足の原因は、 切開処理の問題、脂肪の問題、眼輪筋などの軟部組織の問題等が考えられます。 もしも埋没法で解決しそうであれば、カウンセリングの際に対応可能な可能性もあります。 ただし埋没法では難しい場合は、切開による修正をお勧めいたします。 一度拝見させていただければ正確な診断が可能かと思いますので、 お時間がある際にご考慮頂ければと思います。 埋没した吸収糸の露出 抜糸を行う、または露出部分を切除し対処いたします。 稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。 感染が起きた場合、抗生剤による治療や、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。 二重の幅が広い、狭い 腫れが引くのを待ったうえ形を評価し、修正が必要な場合、可能なら再度二重修正術を行い幅の調整を行います。 ラインの消失 切開法による重瞼術の場合、ラインが消失することは極稀ですが、万一生じた場合は、再切開し、眼窩脂肪の摘出、内部処理の追加を行います。 瞼の形態の変化 睫毛が起きやすくなり、眼瞼縁の粘膜が気になることがあります。 しっかりと深い二重になりやすい手術です。 重瞼修正の限界 前のラインが消えにくく残る場合があります。 二重のラインが2本になることがあります。 広い二重を狭くする場合、前の手術の内容によっては修正が難しい場合があります。 眼窩脂肪が残っていると修正できる可能性が高くなります。

次の

切開法(全切開)による二重まぶた整形

二 重 全 切開

切開法は、二重のラインにしたい部分を切開することで、理想的な二重ラインをデザインする施術です。 同時に、目の上の余分な脂肪を取り除くことができるので、目元の腫れぼったさを解消することもできます。 糸で留めるだけの埋没法と違い、二重にする力が強いので、術後、一重まぶたに戻ってしまう可能性はほとんどありません。 また、二重ラインのデザインの自由度も飛躍的に高まります。 東京美容外科では、埋没法と同様、切開法でも、術後の腫れを極力避けるための工夫をしています。 一般的な二重の幅であれば、大きな腫れは1週間〜10日程度で引きます。 その後、完全に腫れが引くまでに半年程度かかりますが、お化粧をしていただけば普段の生活には支障がないでしょう。 まぶたが重くなり、目が開けにくい方は、目の開きを改善することもできます。 その場合、悩まされていた頭痛や肩こりの症状が軽減する可能性もあります。 そこで切開法では、切開した部分から皮下組織と瞼板、挙筋腱膜を極細のナイロン糸で結んで連結させて、二重のラインをつくります。 二重まぶたのデザイン ひとくちに二重まぶたと言ってもさまざまなデザインがあります。 切開法で可能なデザインは5つです。 自然な奥二重に 一重まぶたよりも目が大きく見えて、違和感がなく自然です。 末広型の二重 日本人に最も馴染みやすい、ナチュラルな二重まぶたです。 平行型の二重 末広型に比べ、くっきりとした目元の印象を与えます。 幅の広い平行型の二重 パッチリとした華やかな印象に。 埋没法より、切開法のほうが向いています。 目を大きく見せる二重 目を開きやすくすることで、黒目がしっかり出て、パッチリした目になります。 東京美容外科「切開二重 全切開 」の特徴• 1 経験を積んだ医師が担当• 2 ご希望の二重ラインを実現• 3 縫合部分が目立たない モデルやタレントのような目元を実現! 東京美容外科では、経験を積んだ医師がお一人おひとりのまぶたの皮膚の厚さ、脂肪の厚さ、筋肉の厚さ、眼瞼腱膜の強さなど、さまざまな要素を丁寧に診察します。 また全体の顔立ちも見ながら、患者様とデザインについて徹底的に話し合います。 目元の手術にはミリ単位の繊細な技術が要求されますが、東京美容外科でメスを握るのは、形成外科認定の資格を持ち、美容外科医師として10年以上の経験のある医師だけです。 憧れのモデルやタレントのような目元を叶えることも可能です。 希望なさる二重のラインにそって切開し、高度な技術で縫合するので、目を閉じても傷跡が目立ちません。 手術方法• デザイン まずはカウンセリングで、まぶたの皮膚の厚さ、脂肪の厚さ、筋肉の厚さ、眼瞼腱膜の強さなどを医師が丁寧に診察します。 その後、患者様のご希望の二重ラインを伺い、デザインをシミュレーションします。 局所麻酔 局所麻酔をします。 ご希望の方には事前に麻酔クリームを塗布するので、注射針を刺す痛みはほとんどわかりません。 切開 二重を作るラインにそって皮膚を薄く切開します。 脂肪除去 必要に応じて余分な脂肪も除去します。 これにより、腫れぼったい目元がすっきりします。 縫合 皮膚と皮下組織、瞼板、挙筋腱膜を極細のナイロン糸で結んで連結させます。 東京美容外科では、高度な技術と長年の実績で、傷跡が目立たないよう美しく仕上げます。 二重まぶたの完成 目を開けると、二重まぶたになります。 術後5日~1週間で抜糸をし、その翌日からはアイメイクが可能です。 皮膚の厚さや脂肪の厚さ、筋肉の厚さ、眼瞼腱膜の強さといった目元の状態と、全体の顔立ちによって異なります。 たとえば、ご自身では「幅広の平行型にしたい」と思っていらしても、目元の脂肪が分厚い場合は、幅の細い末広型にしたほうが自然でかわいらしくなるという場合があります。 それでも無理をして幅広い二重を作ったりすると、傷跡が目立ったり、かえって腫れぼったく重たい印象を与える目元になることも。 満足して頂ける仕上がりにするには、カウンセリングで患者様の目元の状態を正しく診断する医師の審美眼が大切。 その上で、ご希望を伺いながら、何度もシミュレーションをしてデザインを決めていくことが重要です。 一度、切開法を受けると、その後のやり直しは非常に困難です。 まずは、形成外科認定医の資格を持ち、美容外科医医師としての経験も10年以上と長い、東京美容外科の医師にご相談ください。 麻酔 局所麻酔• 施術時間 60分• 傷跡 目立ちません• 入院 不要• 通院 必要•

次の

二重まぶた・全切開法 : 二重まぶた(二重瞼)・目もと(目元) : 美容整形の高須クリニック

二 重 全 切開

二重修正術とは、二重の幅を広くしたり、狭くしたり、左右差を整えたり、ラインを綺麗に整えたり、ラインのくい込みの調整をしたりと、二重が希望通りでない場合に、二重の修正を行う手術です。 特に最近多いご要望は、切開法による二重が広すぎて、二重幅を狭くしたいという場合ですが、このような広い二重も二重修正術によって幅を狭くすることができます。 ラインの下の皮膚が余っていてソーセージのようになっている場合、まつ毛に皮膚が乗ってまつ毛を起こしにくく、アイラインも細く引きにくくなります。 またこの状態は二重が広くなりますが、余った皮膚が目の方に垂れ下がり、目が小さく見えるようになります。 これらの症状も、二重修正術によって改善できます。 埋没法で可能な場合は今のラインよりも高い位置を選び、二重を作成します。 埋没法で難しい場合は全切開法に準じあまった皮膚を切除しラインを作成します。 まぶたに傷を残したくない方で、皮膚のたるみが多い場合には眉毛下切開が適応になります。 全切開に準じたデザインで行う場合、希望のラインに沿って切開します。 この際ご状態、ご希望に応じてCO2レーザーを使用して皮膚切開を行うことで出血を押さえる事ができます。 たるみが多い場合には余分な皮膚を適量切除します。 続いて眼輪筋、瞼板前組織、隔膜前脂肪などを必要に応じ切除します。 眼窩脂肪も余剰が認められる場合に必要量を切除します。 全切開に準じた二重修正術では症例に応じてROOF切除術を併用する場合があります。 二重修正術の切開範囲を全域にわたって、細かく皮膚と深部の組織を7-0極細吸収糸で丁寧に形成外科的縫合をすることで、傷を最小限とすることができます。 埋没法で二重を作成している場合には、埋没糸を抜糸することで二重が消失し、二重が狭くなることが期待されます。 二重が全切開法あるいは小切開法で作成されている場合、ラインの下の皮膚を切除する方法、全切開法に準じたデザインの二重修正術で皮膚を深部組織に癒着させている部分を離し、その間に眼窩脂肪を介在させる方法などがあります。 全切開に準じたデザインで行う場合、希望のラインに沿って切開します。 この際ご状態、ご希望に応じてCO2レーザーを使用して皮膚切開を行うことで出血を押さえる事ができます。 たるみが多い場合には余分な皮膚を適量切除します。 続いて眼輪筋、瞼板前組織、隔膜前脂肪などを必要に応じ切除します。 以前の切開法による重瞼術の二重ラインの癒着を丁寧に剥がします。 眼窩隔膜を開窓し眼窩脂肪見つけます。 十分な眼窩脂肪がある場合、この眼窩脂肪を利用し二重を狭く形成します。 眼窩脂肪がない場合、ROOFを用いて修正を行います。 場合によっては下眼瞼の眼窩脂肪の脂肪移植を行うことがあります。 続いて二重修正術の切開範囲を全域にわたって、細かく皮膚と深部の組織を7-0極細吸収糸で丁寧に形成外科的縫合をすることで、傷を最小限とすることができます。 眼瞼下垂手術をおこない目の開きを良くすることで二重の幅を狭くする方法もあります。 この場合、眼瞼挙筋腱膜を短縮し瞼板へ再固定しながら、目の開きの調節を術中座位となって患者様に確認を取りながら微調整をおこないます。 開きの度合い、左右差の調整を丁寧に行います。 その後は通常静脈麻酔を開始し痛み、意識を取ったうえで、切開範囲を全域にわたって細かく皮膚と深部の組織を7-0極細吸収糸で丁寧に形成外科的縫合します。 経結膜眼瞼下垂手術を用いた場合には皮膚切開は一切行わず、結膜側から挙筋腱膜の固定を行い開瞼を調節いたします。 当日より洗髪、全身のシャワーが可能です。 洗顔は当日水洗いのみ可能です。 翌日以降から洗顔フォームの使用が可能です。 但し創はこすらないようにしてください。 糸がひっかかり裂けると出血することがあります。 傷に悪影響を及ぼす可能性がありますので、かさぶたなどを無理に取らず、安静を保つようにして下さい。 抜糸まで患部に化粧品などは塗らないようにして下さい。 入浴・激しい運動は1週間程度お控え下さい。 目の周り以外は当日からメイクが可能です。 就寝時はクッション等を用いて上半身を高くしてお休みください。 飲酒・喫煙は1週間程度お控えください。 コンタクトレンズは違和感がなければ当日から装着可能です。 ただし手術後2~3時間は麻酔の影響により装着できません。 17年前に受けた瞼の部分切開の傷跡がずっと気になっており、最近では修正することも出来ると知りました。 右瞼の中央辺りに凹凸があり、自然な瞼にしたいと思っております。 左瞼は脂肪が少なかったため、未だに埋没法のみでキレイなラインです。 問題の右瞼は脂肪が多く、埋没法が2度取れ、医師に部分切開で脂肪を取ることを勧められました。 一度目は傷は無かったと記憶していますが、左右の幅が違う仕上がりになったため、再度切開で幅を広げてもらいました。 2回切っているのでなんだか変な具合に凹凸が残ってしまいました。 10代の頃の手術だったのでそのうち跡も消えるかと思いましたが、17年たっても後はそのままです。 具体的には目をとじる、下を向くと凹凸が見え、数人から整形したことあるのかと言われました。 この場合どのような修正方法になるのか(切開、レーザーetc…)伺えればと思います。 二重切開で稀に二重が消失することがある原因としては、 眼窩脂肪、瞼板前脂肪の処理、眼輪筋の処理などが関係していると思われます。 目の開きが弱いという点で美容外科的には眼瞼下垂手術の適応があると思います。 病的な眼瞼下垂では角膜を瞼がかなりの範囲覆わないと診断できないと思われます。 美容外科においては患者様の目の開きを大きくしたいというご要望によって、 ドライアイなどの眼科的疾患がなければ、眼瞼下垂手術をご提案すると思われます。 眼瞼下垂の方が良いと思っていても、 患者様のご要望が、二重が欲しいだけということであれば、 あえて眼瞼下垂手術をお勧めしないこともあります。 当院ではもちろんご状態から最適な術式を提案していきますので、 眼瞼下垂手術も全切開も埋没法も含めご要望に応じ提案をしております。 全切開で作った二重の幅を狭くできますか? またいつから修正手術は可能ですか? 目を閉じて、まつ毛の生え際から切開線まで1センチあります。 脂肪も取りました。 現状は食い込みがあり、手術前より黒目の見える部分が小さくなり、 上まぶたの際の粘膜がでています。 目を閉じてもまだピンク色の赤みが残っています。 この状態から、幅を1~2ミリ狭くし、食い込みを無くし、 黒目の見える部分を大きく、上まぶたの粘膜を見えなくすることは可能でしょうか。 また4年前にも全切開をしています。 (目を閉じて6ミリのところに切開線があり、皮膚を切除しました。 ) 今回やった全切開手術は幅を広げる目的でやって、やり過ぎてしまいました。 以前に眼瞼下垂挙筋前転法を行い、 左のまぶたのみ切開したラインよりも広い位置で二重ができているとのことですが、 その原因が皮膚の弛み等による場合、 二重の幅をそろえる目的で左目の切開ラインで埋没あるいは切開することで、 その部分を二重ラインにすることは十分可能です。 同じラインで再び切開を行っても、適切に内部処理を行う限り、 前回の眼瞼下垂の手術の効果がなくなってしまうことはありません。 (もちろん効果をなくし、瞼を下げようとすればそれも可能です) 他院の眼瞼下垂手術後の修正についてのご質問ですね。 術後1カ月の状態ということで、まだ経過をみることをおすすめする時期かと思います。 落ち着いた後、やはり二重を広げたい場合は、皮膚切除によって上眼瞼皮膚の余剰が少ない場合、 新たに切開を今のラインの上に行うことになります。 良く見ると切開線は2本になりますが、二重の幅を広げる為には必要になります。 当院は極細の吸収性糸による内部処理をしっかりと行いますの、傷跡は目立たず治癒する可能性が高いかと思います。 古いラインから離す距離は決まりはありません。 ご希望の幅になるよう新しいラインを設定いたします。 2mm広げるということはもちろん可能かと思われます。 2年前に二重全切開の手術を他院で受けました。 手術してすぐに、右目が眼瞼下垂になってしまい、 手術してから約3ヶ月後に下垂の手術及び目頭側を幅を狭くする手術をしてもらいましたが、 目頭側の幅は狭くならず広がってしまい、 黒目部分の二重が、ビックリした表情などをすると食い込みがひどくなってしまいました。 この食い込みは、色々なクリニックで相談しましたが、 治らないと言われています。 この食い込みを治す方法はないのでしょうか? あるクリニックでは、元々の目のくぼみと、 全切開で作ったラインが重なりこのような食い込みになってしまっているため、 治すことはできないと言われています。 それから、両目共、平行二重なので、切開ラインの下がぷっくりとしています。 このぷっくりを取る事で、より自然な二重になるのでしょうか? 目頭切開、全切開の修正のご希望ですね。 目頭の傷跡と少し戻し形態を整える方法は蒙古襞形成術(目頭切開修正)で可能です。 当院の手術はすべて縫合にしっかりと時間をかけて丁寧に形成外科縫合を行いますので、 仕上がりは綺麗になると考えます。 切開を行った後の目尻側の折れ込み不足の原因は、 切開処理の問題、脂肪の問題、眼輪筋などの軟部組織の問題等が考えられます。 もしも埋没法で解決しそうであれば、カウンセリングの際に対応可能な可能性もあります。 ただし埋没法では難しい場合は、切開による修正をお勧めいたします。 一度拝見させていただければ正確な診断が可能かと思いますので、 お時間がある際にご考慮頂ければと思います。 埋没した吸収糸の露出 抜糸を行う、または露出部分を切除し対処いたします。 稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。 感染が起きた場合、抗生剤による治療や、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。 二重の幅が広い、狭い 腫れが引くのを待ったうえ形を評価し、修正が必要な場合、可能なら再度二重修正術を行い幅の調整を行います。 ラインの消失 切開法による重瞼術の場合、ラインが消失することは極稀ですが、万一生じた場合は、再切開し、眼窩脂肪の摘出、内部処理の追加を行います。 瞼の形態の変化 睫毛が起きやすくなり、眼瞼縁の粘膜が気になることがあります。 しっかりと深い二重になりやすい手術です。 重瞼修正の限界 前のラインが消えにくく残る場合があります。 二重のラインが2本になることがあります。 広い二重を狭くする場合、前の手術の内容によっては修正が難しい場合があります。 眼窩脂肪が残っていると修正できる可能性が高くなります。

次の