英語 パプリカ。 パプリカって英語でなんて言うの?

パプリカって英語でなんて言うの?

英語 パプリカ

出典: (英語) 利用・生産 [ ] パプリカの品種をつくり育てたのはで、現在も一大産地として知られる。 にパプリカは欠かせない存在で、をはじめ、数多くの料理に用いられ、かつては国をあげてパプリカを生産保護していた程であった。 での主な産地はと。 その他の主な生産国として、・などがある。 国内でも、2006年以降には、2010年以降には、、、などで生産されている。 日本の主要な輸入元は・・など。 日本ではかつてはオランダからのパプリカの輸入が多かったが、「2010年から日本市場の過半を占めている」というように、近年はオランダの種子と施設を導入した韓国産が増えている。 スペインではほぼ全域でパプリカが使われるが、ソーセージに肉と一緒に混ぜる用途が多い()。 他にはそのまま一切加熱せずに別の食材とあわせることもあれば、スープや煮込みの具として使ったり、乾燥させて粉末状にしたパプリカパウダーや、ペースト状にしたものを利用する場合もある。 パプリカの種類は、辛口のピカンテ picante と、辛くなくむしろ甘みのあるドゥルセ dulce に大別される。 香辛料 [ ] 香辛料としてのパプリカは、果肉を粉末状にしたものであり辛味のあるものもある。 日本で野菜として流通しているパプリカとは別品種で日本では辛味のないタイプが一般的。 唐辛子にも似た独特の風味を持つが、味や風味が穏やかなため、大量に投入しても料理の味を損なわないと言われる。 鮮やかな赤色で、黒く焦がさない限りは調理しても赤みを保つため、料理を彩る色彩としても用いられる。 名称 [ ] パプリカは、によってへ持ち帰られた。 この時、当時のヨーロッパでが珍重されていたことから、 "pepper"(胡椒およびの意味)の名が付けられた [ ]。 果実の呼び名は国毎に異なり、「胡椒」 black pepper と「唐辛子」 chili pepper のどちらかで呼ばれている。 では単純に "pepper" 及び、その色合いに合わせて "red pepper" や "green pepper" だが、では "capsicum"(唐辛子)と呼んでいる。 では果実と品種を "bell pepper" と呼んでいるが、その色合いに合わせて "red pepper" や "green pepper" などの呼び名も通じる。 フランスは例外でと一括りにされ「ポワヴロン」(: "poivron")と呼ばれている [ ]。 この果実から作られる香辛料は「パプリカ」( paprika)と呼ばれる。 これは、唐辛子全般を指す由来のが転用された呼び名である。 日本では品種も果実も香辛料も全てパプリカと呼ばれている。 脚注 [ ].

次の

パプリカとは

英語 パプリカ

例文 I put peppers in the pasta. パスタに「パプリカ・ピーマン」を乗せた。 胡椒はコショウ科、ピーマン・パプリカ・唐辛子はナス科の仲間ですが、同じpepper(ペッパー)が使われているのが不思議です。 調べてみると確証はありませんが、おそらく唐辛子をコショウの一種だと勘違いした歴史からだと思われます。 このあたり出典が明確に確認がとれない話だったので、由来については話半分で聞いてください。 あるときに誰かが、ぴりっとする唐辛子をコショウの一種だと思って「chili pepper(チリペッパー)」と名づけてしまう。 ならば唐辛子の仲間であるピーマンやパプリカもpepper(ペッパー)の一種になるだろうと、つながっていった話だと思われます。 ピーマンとパプリカは英語では「bell pepper」 ピーマンはフランス語(あるいはポルトガル語)由来の言葉になるので、英語でpimanといっても通じない言葉です。 私たちがピーマンやパプリカと呼ぶものは、一般的には「pepper」ですが呼び方に地域差が見られます。 しかし、一般的には以下のルール・傾向があります。 まず単に「pepper」と呼びます。 カナダ、アメリカなどでは特に必要なければ「pepper」だけで済ませてしまうことも多いそうです。 より話している形をはっきりさせたり、コショウとの誤解を避けるために「bell pepper」と呼ぶこともあります。 ベルの形をしたペッパーです。 あるいはさらに色を付けくわえて「red pepper(赤色のパプリカ)」「green pepper(緑色のパプリカ、いわゆるピーマン)」「yellow pepper(黄色のパプリカ)」と色で呼びます。 このあたりはけっこう地域によって差が見られます。 ・単にpepperと呼ぶ ・色をつけて呼ぶ(green pepper) ・形状を加える(bell pepper) ・全部いれる(green bell pepper) ・別の名前で呼ぶ(sweet pepper, capsicum) 米津玄師がプロデュースした『パプリカ』の英語版である『Paprika』がリリースされた際に、アメリカ人のスコットとカナダ人のスティーブから歌詞について興味深い指摘がありました。 日本語のサビの部分「パプリカ 花が咲いたら」は英語では「Paprika, when our flowers start to bloom」となっています。 「パプリカ 花が咲いたら」の部分は日本語だと小さく白い「パプリカの花」がイメージされますが、英語だと「粉末の調味料」がイメージされるので、その次の「our flowers」とのつながりがほぼなくなっています。 タイトルだったので変更するわけにもいかなかったのだと思いますが、カタカナと英語での差が出た表現です。 もう1つ日本語版と英語版で差があるのが「Hallelujah(ハレルヤ)」が取り除かれたことです。 これはキリスト教で歓喜・感謝をあらわす言葉とされています。 英語の詞で世界に発表するにあたって当然キリスト教ではない人がいるからだと思います。 記事カテゴリー• 1,367• 131• 113•

次の

パプリカとピーマンって英語でなんて言うの?

英語 パプリカ

『パプリカ』英語歌詞版(Paprika Foorin team E version) 『パプリカ』は、米津玄師の作詞・作曲、そして米津玄師プロデュースの小中学生音楽ユニット「Foorin」(フーリン)の楽曲です。 そんな『パプリカ』の英語歌詞バージョンが、英語ネイティブのユニット「Foorin team E」によって歌われています。 今回は、『Paprika Foorin team E version』の英語歌詞の意味、日本語訳を確認し、原曲の歌詞と比較しながら、英語学習をしていきます。 曲りくねり はしゃいだ道 Twisting and turning, down this road we go 曲りくねり はしゃいだ道 Twisting and turning, we go down this road. と考えると分かりやすいですね。 twist : (人が)縫うようにして進む、(川・道路が)曲がりくねる 「曲がりくねった道」という日本語を訳すとすると、 winding road という表現が思い浮かびますが、ここではそうはしていません。 twisting の後ろに目的語がないので、自動詞として使っている、分詞構文と考えられるかと思います。 すると、「私たち」が twist して turn しているということですね。 縫うように進み、曲がる、ということですね。 go down this road で、「この道を行く」ということですね。 間違いでしたらご指摘ください 青葉の森で駆け回る Running to the forest where we can play all day 青葉の森で駆け回る running to the forest で、「森に向かって走っている」ですね。 どんな森かというと、where we can play all day 「一日中遊ぶことができる」森です。 関係副詞の where ですね。 遊びまわり 日差しの街 The sun shines so brightly on our country town 遊びまわり 日差しの街 「太陽が私たちの田舎町でとても明るく輝いている」ですね。 <学習者向けの補足> 進行形と always を一緒に使うと、「非難」や「イライラ」のニュアンスを表すことがありますね。 例: He is always complaining. 「彼はいつも不満を言ってばかりいる」 夏が来る 影が立つ あなたに会いたい And when summer comes, see our shadows grow Always know I will miss you so 夏が来る 影が立つ あなたに会いたい 「そして、夏が来るとき、私たちの影が伸びる(育つ)のを見なさい」ですね。 see は知覚動詞ですね。 SVOCを取るので、see の後ろが「our shadows が grow する」という主語・述語の関係です。 直訳は、「私が、あなたがいないのをとても寂しく思うということを、いつも分かっていなさい」といった感じですね。 後ろに so を置くのは、あまり見慣れない形でしょうか。 He loved her so! 彼は本当に彼女に首ったけだったの 出典:ジーニアス英和辞典 見つけたのはいちばん星 Come on, look up, find the first star in the sky 見つけたのはいちばん星 こちらも命令文ですね。 「来て、見上げて、空の一番星を見つけなさい」ですね。 明日も晴れるかな I hope tomorrow will be sunny, too 明日も晴れるかな I hope 文のかたまり で、「〜であることを願う(望む)」ですね。 Tomorrow will be sunny. と言っています。 受験英語では、 It will be sunny tomorrow. というように、it を主語にする書き方を多く見るかと思います。 パプリカ 花が咲いたら Paprika, when our flowers start to bloom パプリカ 花が咲いたら bloom : [動詞] (花が)咲く 「私たちの花が咲き始めるとき」ですね。 晴れた空に種を蒔こう Put the seeds into your hands and throw them in the sky 晴れた空に種を蒔こう 「手の中に種を置いて(握って)、空にそれらを投げなさい」ということですね。 ハレルヤ 夢を描いたなら Paprika, we can make our dreams come alive ハレルヤ 夢を描いたなら 英語はまたパプリカなんですね。 ハレルヤではありません。 make はSVOCを取るので、「our dreams が come alive する」という主語・述語の関係です。 「私たちは夢を生き生きさせることができる」ということですね。 カタカナで書くなら「ポー」という感じでしょうか。 「パウア」ではありません。 pour は「(液体)を注ぐ」という意味で使いますが、 ここでは自動詞で「雨が激しく降る」ということですね。 隠れているということですね。 away は「離れて」というイメージです。 木陰で泣いてたのは誰 I think I can hear someone crying in the shade 木陰で泣いてたのは誰 think の中身が文のかたまりになっています。 I can hear someone crying in the shade の全部ですね。 hear はSVOCをとる知覚動詞です。 OとCは主語・述語の関係ですね。 someone が crying in the shade である、 つまり、「誰かが陰で泣いている」のが聞こえる、ということです。 「心配しないで、約束するよ。 恐れる必要はないよ」ということですね。 喜びを数えたら あなたでいっぱい Come and count with me all the happy things So much joy you always bring 喜びを数えたら あなたでいっぱい thing s と bring で韻を踏んでいるため、語順を整えています。 直訳すると、 「来て、私と一緒に全ての嬉しいことを数えなさい」 「あなたがいつも持ってくるとてもたくさんの喜び」 ということですね。 思い出のかげぼうし Memories will light the way back home 思い出のかげぼうし light を他動詞として使っています。 思い出が帰り道を「照らす」ということですね。 会いに行くよ 並木を抜けて I will run to you Through the forest where we played 会いに行くよ 並木を抜けて 日本語と音が近いのが良いですね。 「あなたのもとに走っていくよ」ということですね。 「私たちが遊んだ森を通って」ですね。 歌を歌って Singing songs we made 歌を歌って 「私たちが作った歌を歌いながら」ですね。 手にはいっぱいの 花を抱えて And I will fill both hands with flowers along the way 手にはいっぱいの 花を抱えて 「そして私は両手を花でいっぱいにするでしょう」ですね。 along the way とは?と思いましたが、「並木を抜けて」という歌詞がありましたね。 「道に沿って」ということです。 fill A with B : AをBで満たす まさに受験英語で覚える表現ですね。 学生の方、学習者はこちらも確認しましょう。 受動態の単元で出てくるフレーズです。 「この指とまれ」というのは日本的なものなのでしょうか。 英語で発信していくにあたり、必要に応じた変更ということですね。 『パプリカ』英語版のサビでより詳しく学習 こちらの記事で、サビをより詳しく扱っています。 英語学習を頑張る中学生、高校生、大歓迎です。

次の