椅子 に 座り 続ける 男。 座りすぎの死亡リスクは最大40%増——日本人は世界一座りすぎている

長時間、椅子に座ると腰が痛くなる3つの原因と対処法

椅子 に 座り 続ける 男

椅子に座るとお尻が痛い!対策 最終更新日 2020-03-14 10:18 もう、5年間ほど苦しめられてきた、 椅子に座るとお尻が痛くなる症状ですが、原因がわかりました。 なおかつほぼ完全に完治し、ほぼ痛くなくなりました。 と言っても毎年春先にまた痛くなるのですが で、このお尻の痛みの原因なんですが、意外なことが原因だったというのもわかりました。 今回は私のように、椅子に座っているとお尻に激痛が走るとか、長時間イスに座る機会が多い職業の人のために、お尻の痛みを緩和・発生させない方法を紹介します。 Sponsored Link なお、私がこれまで試してみた「お尻の痛み治療・対策法」を全て載せてみたので、長くなってしまいました。 手っ取り早く治療方法・解決方法を知りたい場合は、に進んでください。 また、 このページで紹介する方法は、高価な器具など一切使用しません。 無料で簡単に実行でき、効果が高いので安心してください! 目次• お尻の痛みと症状 あまり覚えていないのですが、痛みが発生したのは7年ぐらい前からだと思います。 それ以前も痛みが発生することはありましたが、たいてい長時間車を運転したり、長い映画を観たりした時の一時的なものでした。 が、7年ぐらい前から、椅子に座って30分もすると痛みが発生し、1ヶ月間ぐらいそのような症状が続くんです。 ただ、毎回毎回何らかの 対策を行ってからは、数カ月から1年ぐらい痛みがなくなるんです。 で、また あるとき急に痛みが発生しだす、の繰り返しでした。 春になると痛みが発生 1つ気がついたのは、毎年 春になるとほぼ確実に痛みが発生。 暖かくなって暖房が必要のないぐらいの時期 4月ぐらい になると、急に痛みが発生するのです。 ここに何か原因があるのではないかと思って、色々思い浮かぶことをピックアップしてみました。 ホットマット 実は私は、冬になると椅子の上にホットマットを敷いていて、このホットマットがいらなくなって外したあたりから痛くなるんですよね。 正座がいい? じゃあ、ホットマットを椅子に敷けば痛みが発生しないの?と思ったんですが、実は、椅子の上にホットマットを敷いているときは、椅子の上で正座していることが多いんです なるべく足が冷たい空気に接しないようにするため。 で、正座をしている間はお尻が痛くならないことに気が付きました。 ただし、正座をしていると足の甲が痛くなってくるので、正座をしたり崩したりを交互に繰り返していたのが、痛みが発生しない原因になっていたようです。 あぐらをかくとお尻が痛くならない お尻が痛かった頃、色々インターネットで検索していると、片方ずつあぐらをかくと、お尻が痛くならないと書かれているページが有りました。 実際にやってみるとわかるのですが、本当に痛みが減りました。 ただし、他の足の部分が痛くなってくることもあり、あくまで痛みが発生したときの対処法でしかないかもしれませんが、覚えておくと役に立つかもしれません。 椅子を買い替えた 2016年春、再び痛みが発生。 今回も我慢できる痛さではなく、30分も座っているととても座り続けることができないくらいの激痛が・・・。 クッションを色々買い替えて試しましたが、全く痛みが改善しません。 どうも椅子のクッションがヘタってしまい、そもそも椅子の寿命なんじゃないかな。 この椅子は10年ぐらい使っていて、意外と気に入っていたのですが、思い切って捨てることにしました。 椅子を捨てるには? 椅子を捨てるときに困ったのが、どこに捨てればいいのか、です。 が、私の住んでいる地域では、デスクチェアなどは「粗大ごみ」として市の焼却施設に持ち込めば処分してくれるようです。 処分料として300円かかりましたが、あっけなく処分することが出来ました。 で、購入したのが。 実はこの椅子にたどり着くために、 一週間毎日ニトリに通いました。 笑 もしかしたらその日の体調によって痛みが発生したりしなかったりする可能性があるので、一週間毎日ニトリの椅子コーナーに通い、とりあえず候補としてピックアップした椅子に5~10分座り続けてみることにしました。 で、選択したのがこの椅子です。 ただ、結論から言ってしまうと、もうちょっと高いやつでよかったかな。 と思いました。 というのもこの椅子・・・ 「ロッキング」がないんです。 ロッキングとは、背もたれにもたれかかったときに、背もたれが後ろに傾いてくれる機能。 以前使っていた椅子はこのロッキング機能がついていて、テレビを見たりくつろいだときにリラックスできたんですよね。 ところが私が購入したやつは、最もシンプルなデスクチェアだったので、座り心地はいいものの、リラックスは出来ない。 笑 ただ、この椅子に交換してから2016年は痛みがピタッと収まり、2016年は平穏な日々が続きました。 ところが・・・再びお尻の痛みが発生・・・。 椅子のクッションを交換した この記事を書いた当初 2015年 に効果があった対処法が、 椅子のクッションを交換した、ということ。 今までのクッション こちらが今まで使用していた、椅子の上に引いていたクッションです。 まあ、薄いクッションではないのですが、それほどクッション性は高くないです。 ニトリのクッション で、これが近所のニトリで購入したクッション。 本当は低反発のクッションを購入しようかと思ったのですが、低反発のクッションは 長時間座っていると、体重がかかる部分は潰れてしまい、うまく作用しないので、却下。 実は、前回痛みが発生した時は、低反発のクッションを使っていて痛みが発生したので、最初から候補から外していたんです。 40センチ角のウレタンが詰まっているクッションで、近所のニトリで500円ぐらいで売っていました。 っぽいですが、これは 45センチ角ですね。 しかもちょっと高い。 販売されているときは、ぺちゃんこになっていたので、かさばりません。 クッションカバーも購入。 クッションカバーのほうが高かったのですが、ちょっと昭和風の物を購入。 今までのクッションは、このようにあまり厚さがありません。 新しい物は倍ぐらいの厚さがありそうです。 効果は? 購入した時は痛みが消えたのですが、その後、再び痛みが・・・・ 効果がなかったクッション その後、無印良品の低反発クッションなどを購入して試したのですが、全く痛みが改善しない。。。 そこでアマゾンで評判が良かった「」を購入。 はじめて座った感じは、「おぉ。 これはいいかもしれない!」でした。 というのも、私のお尻の痛みは「尾骨」あたりが最もひどく、このクッションには穴が空いていて尾骨の部分に穴が来るので、尾骨への負荷が低いんです。 ところが!「いいかも」と持ったのは始めだけ。。。 数時間もすると痛みが発生。 しかもこのクッションを椅子の上に敷くと、座る位置が凄く高くなってしまい、別の意味で姿勢が疲れる・・・・ 結局渡しにはこのクッションは合いませんでした。 結局この時は、以下の方法で痛みが改善しました。 かなり効果があったクッション 最近気にいって使っているのが、アマゾンで購入した。 これはかなりいい! このようにかなり分厚いです。 中身は・・・低反発・・・ではないようで、「やわらかいポリエステル綿」と記載されています。 が、かなりいいです。 もともとトラックの運転席で寝転がるときに使おうと思って買ったのですが、必要がなくなって椅子に使ってみたところ、かなり快適。 ただし、いくつか不満点というか、これ分厚すぎてクッションカバーが売ってないんですよね~。 丸ごと洗濯できるのだろうか…? あと、やっぱりどうしても使っていくとヘタって来るような・・・? まあ、2000円程度の商品なので、買い替えればいいのかもしれませんが。 ストレッチで完全に痛みが消えた! さて、ここからが本題です。 というか、ようやくお尻の痛みの原因がわかりました。 お尻の筋肉の緊張から痛みが来ている 2017年春、再びお尻が痛くなりました。 今度もかなりの激痛。 椅子は去年交換したばかりだし、今まで購入したクッションを試したけれど、全く治る気配がありません。 何が原因なんだろう?今回はもしかしたら治らないかもしれない・・・。 そんな恐怖がありました。 それぐらい椅子に座ってすぐに痛みが発生し、日に日に痛みが増してきます。 と、うちの親父が「腰が痛い」というので、低周波治療器を購入してあげたのですが、親父に渡す前に自分で使ってみました。 もともと腰は痛くはなかったのですが、この低周波治療器を使ったあと椅子に座ると・・・あれ?お尻が痛くない気が・・・ 今度は低周波治療器の貼る位置をもう少し下げて、お尻の痛みが発生する場所にずらしてみました。 すると、その後椅子に座っても痛みが出ない!!? というわけで、どうも 椅子に座るとお尻が痛くなる原因は、臀部の筋肉の緊張のせいかもしれない!? 腰・ 腿 もも のストレッチ もしかしたら、と思い、今度は普段私が腰痛対策として行っている、腰や腿のストレッチをしてみると・・・お尻の痛みが激減!完全に痛みと無縁の状態になりました! ただし、時間が経過 だいたい1ヶ月ぐらいは効果があります すると、少しまた痛みが発生するので、そんなときはもう一度ストレッチをするだけ。 ストレッチと言っても 1回5分ほど。 しかも 1度ストレッチを行うだけで効果バツグン。 お尻の痛みをとるストレッチ では、私が行ったお尻の痛みをとる、もしくは改善するストレッチを紹介します。 寝転んだりするので、ある程度広い場所で行ってください。 まずは上向きに寝転び、そのままヒザを抱え込むようにして丸まります。 また、腕は足が伸びないように抑える程度の力で。 左右の足はクロスしてもしなくてもどちらでもOK。 全身の筋肉の緊張を抜くような感じを維持し、 20秒数えてください。 このストレッチは腰の痛みを取り除くストレッチで、お尻の痛みだけでなく、腰痛にも非常に効果があります。 私はヘルニアを経験しているのと、肉体労働の仕事をしているため、腰痛になりやすい体質だったのですが、この ストレッチをしてからほぼ腰痛とは無縁になりました。 上のストレッチが終わったらそのまま次のストレッチへ行きます。 頭は同じ向きのまま、 ・右手を「ハ」の字になるように広げ ・右足を反対側に移動させ90度曲げます 画像参照 ・左手で右 膝 ひざ を押さえます 同じように 20秒を数えます。 これも腰の緊張を取り除くストレッチにもなります。 20秒終わったら逆向きにし、足を入れ替えます。 今度は起き上がり、体育座りのような感覚で床に座ります。 画像を参考に、片方の足を90度に折り曲げ、足で4の字を表現する体制になります。 折り曲げた足と反対の腕のヒジをヒザで固定。 上半身は後ろを振り向く感じで固定します。 正面から見るとこんな感じ。 左のひじを右のひざで固定。 この時勢いをつけないようにしてください。 この状態で同じように 20秒間静止。 かなり気持ちいいです。 これは腰と腿の裏を伸ばすストレッチで、やはり腰痛対策にもなります。 私の場合は毎回これを行うと、ボキボキと音がします。 笑 右が終わったら左を同じように20秒間行います。 たったこれだけ?と思うかもしれませんが、ものすごい効果がありました。 私は「あ、痛くなってきたかなぁ」と思ったときに実行している程度なので、月に1回やるかどうかですが、ほぼお尻の痛みはなくなりました。 でも、もしめんどくさくなければ毎日やってもいいかもしれませんね。 特に、長時間座りっぱなしの人は、足の血流が悪くなり、血液がどろどろになって寿命が短くなるという調査結果もあるようなので、1時間に1回程度、軽くストレッチを行ったほうがいいのかもしれません。 まとめ 7年前に何があったか? この記事を書いてて思ったのですが、お尻の痛みが発生したのがだいたい7年ぐらい前から。 実はそれまでは、トラックの運転手をやっていました。 なので長時間座ったままなのですが、割りと納品頻度が高いので、座っている時間よりも動き回っている時間のほうが長かったです。 また、重い荷物を運んでいたので、足や腰、腕の筋肉も発達していました。 が、7年前トラックの運転から事務勤務に移動になり、その頃からお尻が痛くなりだしたことを思い出しました。 座ったままの時間も長くなりました。 おそらく運動不足や長時間座り続けている生活が、今回のお尻の痛みを発生させるようになったんだと思います。 また、ネットでいろいろ調べても、 ありきたりな治療法、解決法しか載っていなくて、モヤモヤしていたので、同じようにネットの検索結果に「効果ないじゃん!」と感じている人に役立っていただければ、と思います。 注意点 意外と世間には同じような悩みを抱えている人も多いようなのですが、もし、 腿 もも やふくらはぎの裏が痛む、という場合は ヘルニアが原因の可能性が考えられます。 また、 骨が骨折していてお尻に痛みが感じる可能性も考えられます。 なので、このページで紹介していることを試しても、 全く効果が感じられない場合は、早めに外科に診てもらってください。 関連ページ• 実は、時間があったときにこの記事を更新しようと思ってたんですが、最終的に椅子を買い替えたら、完全に痛みとおさらばできました。 どうやら椅子のクッションがヘタれていて 外見上にはそうは見えなかったけれど 、というのが原因だったようです。 直接の原因は、クッションがヘタれていて平らでなかったのが原因だったのかな。 と思います。 なのでいくらクッションをひいても、全然効果がなかったっぽいですね。 この記事の半年後に再び痛みが発生し、ニトリで新しく椅子を購入 何度も通ってどの椅子がいいか吟味しました したらウソのように痛みがなくなりました。 参考になれば、と思います。 全く同じような症状で、あまりの辛さにまともに仕事にもならず、とても悩んでました。 病院に行っても理由がわからず、ネットに助けをもとめたらこちらの記事に出会いました。 半信半疑でストレッチをやってみたら、本当にあっけなく解決。 本当にありがとうございました。 この記事を書く前は、毎年春になると激痛で悩んでいました。 あまり覚えていませんが、夏になる前あたりまで痛みが続いていて、あれこれ対策をやっていたような気がします 当時はストレッチはやっていなかった。 まだ記事には書いていませんが、去年あたりから椅子に厚めのクッションを敷いてからかなり快適になり、今ではほとんど痛みはありません。 仮に痛くなってきても、ストレッチで対応しています。 ちなみにストレッチは腰痛にもかなり効果があります。 昨日、軽いぎっくり腰をやってしまいましたが、ストレッチのおかげでまだそれほど時間が経過していないのに 普通は治るのに1か月以上かかる 、だいぶ痛みが引いてきました。

次の

長時間、椅子に座ると腰が痛くなる3つの原因と対処法

椅子 に 座り 続ける 男

座ったままの姿勢で両手はハンドル、足はアクセルとブレーキに使うため、 頭と体を腰の部分だけで支えるからです。 アクセルとブレーキに使う右足は常に床から浮いた状態になり、 股関節や背骨も緊張させます。 長時間、同じ姿勢を続ける事が腰への負担を蓄積させるので、 1時間に1回程度は車を降りてストレッチや腰を反らせる事も大切です。 机に向かって仕事をするとどうしても前かがみの前傾姿勢になりやすく、 椎間板に大きな負担がかかります。 またどんなに良い姿勢を心がけていても、 長時間同じ姿勢を続けるだけで腰には負担がかかってしまいます。 いくら作業環境を見直しても、座位姿勢そのものが、 腰痛ばかりでなく内臓機能にも悪影響を及ぼすため、 長時間座り続ける事はできるだけ避けてください。 シートがやわらかすぎたり、低かったりすると、おしりが沈み込んで背骨に負担がかかるので、 ややかためのクッションや腰当てなども利用してよい姿勢をキープしましょう。 車を運転するときに腰を痛めない姿勢 1. ひじとひざが適度に曲がり、手足が余裕をもって動かせる位置に。 背もたれは立てすぎず、倒れすぎない120度くらいに。 バックレストはかためのほうが腰のカーブを維持できます。 アクセル、ブレーキを踏んだときにひざが伸びて、ももの裏が座面につく高さ。 おしりが沈み込みにくいややかためのシート。 また、すでに腰痛のある人は、車の乗り降りの姿勢にも気をつけましょう。 腰痛の場合の乗り降りの仕方 1. 乗車時は腰をひねらないように注意。 まずシートの端に横向きに腰掛ける。 両手で体を軽く浮かせるように支え、ゆっくり前に向く。 降りる時は逆の動作で行います。 まずは机やイスの高さなど作業環境を見直してできるだけ良い姿勢を維持しましょう。 それを補助するために腰当てやクッションなども上手に利用するとよいでしょう。 デスクワークでの正しい姿勢 1. 背すじを伸ばす。 腰当てつきの椅子に座り、深く腰掛ける。 椅子は足の裏が床にぴったりついてひざが直角に曲がる高さ。 机は低すぎなように。 しかし、長時間椅子に座り続けると筋疲労を起こし姿勢も崩れてきます。 疲れを感じてきたら体を動かしたり、ストレッチをして疲労を取り除きましょう。 壁さえあればできるので、デスクワークの合間に取り組んでみてはいかがでしょうか。 壁押し ストレッチ 1. 壁に向かって立ちます。 両足を前後に開いて立ち、壁を押しながら前の膝を曲げ、腰を反らせます。 手の反動を利用しながら少しずつ伸ばしていく要領で。 回数に制限はないので気付いた時に行うとよいでしょう。 ひじを床につけた状態でうつぶせになります。 ゆっくりとひじを伸ばし、ひじの角度が90度になるまで上体を起こします。 このとき背中に力を入れずに、体を楽にしたまま数秒間腰を伸ばし続けます。 (痛みが強くなるようならここで止めます。 ) 3. さらに少しずつ腕を伸ばし、腕が伸びきるまで腰を反らせます。 これを10回程度行ってください。 腰を縮めるというよりも、背骨を伸ばしていくイメージで行うとよいでしょう。 腹筋と背筋の筋力が衰えたり、バランスが崩れたりすると、 前かがみの姿勢や急激な動きに伴う衝撃の負担が背骨にかかり、 痛みを引き起こしやすくなります。 腰痛に悩む人にとっては、腹筋と背筋を強化する運動は不可欠です。 筋力は年齢とともに衰えていきますので、 筋力強化トレーニングは毎日継続して行う事が大切です。 正しい姿勢でまっすぐ立ちます。 横から見た時に腰が反りすぎず、猫背でもなく、骨盤の上に背骨、 その上に頭という配列が正しくなされていることを意識しましょう。 腰に手を当て、おなかと背中をくっつけるようにへこませて数秒間キープします。 楽に呼吸をしながら、上体を引き上げ、頭のてっぺんを持ち上げるイメージで。 5~10回行います。 表面の筋肉だけでなく、体の深い部分にある筋肉を鍛えて背骨のS字カーブを支えることが、 腰痛の改善にも非常に有効です。 肩ひざを立てて腰を落とします。 伸ばした足の甲は床につけ、両方のひざは90度の角度にし、背筋を伸ばします。 立てたひざの上に手をのせ、背筋を伸ばしたまま前の足に体重をかけていきます。 腸腰筋を伸ばしているのを感じたら数秒キープします。 10回程度繰り返します。 反対側も同様に繰り返します。 まとめ いかがでしたでしょうか。 椅子に長時間座るという事は、腰に大きな負担をかけてしまいます。 そういった事が原因の腰痛を改善するには、椅子や机などの環境改善や、 こまめなストレッチや運動が重要です。 今回紹介した運動やストレッチはとても簡単で取り組みやすいものばかりです。 まずは簡単なものから取り組み腰痛を改善してみてはいかがでしょうか。 こちらの記事もおすすめです。 スポンサードリンク -, -, , ,.

次の

1日中座って過ごす危険性と、リスクを防ぐためのたった2つのこと

椅子 に 座り 続ける 男

座ったままの姿勢で両手はハンドル、足はアクセルとブレーキに使うため、 頭と体を腰の部分だけで支えるからです。 アクセルとブレーキに使う右足は常に床から浮いた状態になり、 股関節や背骨も緊張させます。 長時間、同じ姿勢を続ける事が腰への負担を蓄積させるので、 1時間に1回程度は車を降りてストレッチや腰を反らせる事も大切です。 机に向かって仕事をするとどうしても前かがみの前傾姿勢になりやすく、 椎間板に大きな負担がかかります。 またどんなに良い姿勢を心がけていても、 長時間同じ姿勢を続けるだけで腰には負担がかかってしまいます。 いくら作業環境を見直しても、座位姿勢そのものが、 腰痛ばかりでなく内臓機能にも悪影響を及ぼすため、 長時間座り続ける事はできるだけ避けてください。 シートがやわらかすぎたり、低かったりすると、おしりが沈み込んで背骨に負担がかかるので、 ややかためのクッションや腰当てなども利用してよい姿勢をキープしましょう。 車を運転するときに腰を痛めない姿勢 1. ひじとひざが適度に曲がり、手足が余裕をもって動かせる位置に。 背もたれは立てすぎず、倒れすぎない120度くらいに。 バックレストはかためのほうが腰のカーブを維持できます。 アクセル、ブレーキを踏んだときにひざが伸びて、ももの裏が座面につく高さ。 おしりが沈み込みにくいややかためのシート。 また、すでに腰痛のある人は、車の乗り降りの姿勢にも気をつけましょう。 腰痛の場合の乗り降りの仕方 1. 乗車時は腰をひねらないように注意。 まずシートの端に横向きに腰掛ける。 両手で体を軽く浮かせるように支え、ゆっくり前に向く。 降りる時は逆の動作で行います。 まずは机やイスの高さなど作業環境を見直してできるだけ良い姿勢を維持しましょう。 それを補助するために腰当てやクッションなども上手に利用するとよいでしょう。 デスクワークでの正しい姿勢 1. 背すじを伸ばす。 腰当てつきの椅子に座り、深く腰掛ける。 椅子は足の裏が床にぴったりついてひざが直角に曲がる高さ。 机は低すぎなように。 しかし、長時間椅子に座り続けると筋疲労を起こし姿勢も崩れてきます。 疲れを感じてきたら体を動かしたり、ストレッチをして疲労を取り除きましょう。 壁さえあればできるので、デスクワークの合間に取り組んでみてはいかがでしょうか。 壁押し ストレッチ 1. 壁に向かって立ちます。 両足を前後に開いて立ち、壁を押しながら前の膝を曲げ、腰を反らせます。 手の反動を利用しながら少しずつ伸ばしていく要領で。 回数に制限はないので気付いた時に行うとよいでしょう。 ひじを床につけた状態でうつぶせになります。 ゆっくりとひじを伸ばし、ひじの角度が90度になるまで上体を起こします。 このとき背中に力を入れずに、体を楽にしたまま数秒間腰を伸ばし続けます。 (痛みが強くなるようならここで止めます。 ) 3. さらに少しずつ腕を伸ばし、腕が伸びきるまで腰を反らせます。 これを10回程度行ってください。 腰を縮めるというよりも、背骨を伸ばしていくイメージで行うとよいでしょう。 腹筋と背筋の筋力が衰えたり、バランスが崩れたりすると、 前かがみの姿勢や急激な動きに伴う衝撃の負担が背骨にかかり、 痛みを引き起こしやすくなります。 腰痛に悩む人にとっては、腹筋と背筋を強化する運動は不可欠です。 筋力は年齢とともに衰えていきますので、 筋力強化トレーニングは毎日継続して行う事が大切です。 正しい姿勢でまっすぐ立ちます。 横から見た時に腰が反りすぎず、猫背でもなく、骨盤の上に背骨、 その上に頭という配列が正しくなされていることを意識しましょう。 腰に手を当て、おなかと背中をくっつけるようにへこませて数秒間キープします。 楽に呼吸をしながら、上体を引き上げ、頭のてっぺんを持ち上げるイメージで。 5~10回行います。 表面の筋肉だけでなく、体の深い部分にある筋肉を鍛えて背骨のS字カーブを支えることが、 腰痛の改善にも非常に有効です。 肩ひざを立てて腰を落とします。 伸ばした足の甲は床につけ、両方のひざは90度の角度にし、背筋を伸ばします。 立てたひざの上に手をのせ、背筋を伸ばしたまま前の足に体重をかけていきます。 腸腰筋を伸ばしているのを感じたら数秒キープします。 10回程度繰り返します。 反対側も同様に繰り返します。 まとめ いかがでしたでしょうか。 椅子に長時間座るという事は、腰に大きな負担をかけてしまいます。 そういった事が原因の腰痛を改善するには、椅子や机などの環境改善や、 こまめなストレッチや運動が重要です。 今回紹介した運動やストレッチはとても簡単で取り組みやすいものばかりです。 まずは簡単なものから取り組み腰痛を改善してみてはいかがでしょうか。 こちらの記事もおすすめです。 スポンサードリンク -, -, , ,.

次の