ささくれ さか むけ。 ささくれ・さかむけ 原因と解消法

ささくれ・さかむけ 原因と解消法

ささくれ さか むけ

皮膚の再生を促すビタミンAや、栄養を体の隅々までいきわたらせるためにビタミンEの摂取も必要です。 忙しくて食事がおろそかになっている人は栄養不足の状態が推測されますので注意が必要です。 ささくれは、栄養不足の他に、皮膚の乾燥や、薬剤などの外部刺激によっても引き起こされることがあります。 人間の皮膚は、皮脂というバリアで保護されています。 しかし、乾燥や外部刺激によってこのバリアが破壊されることによって、ささくれが出来やすくなってしまうのです。 毎日のように水や薬剤に触れている職業に就いている人はささくれで悩んでいることが多いのではないでしょうか。 ささくれは放置しておくと傷口から雑菌が入り、化膿してしまうこともあり、決して侮ってはいけない疾患です。 当サイトでは、ささくれの原因、ストレスとの因果関係、解消法など、多岐にわたって記載しています。 繰り返すささくれで悩んでいる人は、是非ご一読下さい。 『ささくれ・さかむけ 原因と解消法』メニュー.

次の

さかむけをケアする市販薬は?傷や化膿を治す薬を症状別に紹介!

ささくれ さか むけ

ささくれとは ささくれとは、手の爪の周りの表皮が、切ったり引っ張ったりといった物理的な要因がないのに自然に剥けてしまった状態のことをいいます。 ささくれが出来ても気にしない人が多いかもしれませんが、このささくれ、甘く見てはいけないようです。 ささくれが出来るには、それなりの原因があるようです。 ではその原因、そして対処法にはどのようなものがあるのでしょうか? ささくれの原因と対処法 原因 1 単なる手肌の乾燥 ささくれの原因が単なる手肌の乾燥であれば、乾燥を防ぎ保湿をすれば治ります。 乾燥した空気、洗剤を使う水仕事、手洗いなど、手肌の潤いが奪われる原因はたくさんあります。 しかし、仕事でも生活でも避けて通れないことも事実です。 水仕事の時はゴム手袋を使う、ハンドクリームをこまめに塗るなどして、手肌を乾燥から守るように心掛けることが大切です。 ささくれの出来る指と弱っている部位 そしてこのささくれ、出来る場所によって、体のどの場所が弱っているのかわかるのだそうです。 各指の体の部位は次の通りです。 【親指】リンパ系・肺・呼吸器系• 【人差し指】大腸・自律神経系• 【中指】毛細血管・静脈系・アレルギー反応• 【薬指】新陳代謝・ホルモンバランス• 【小指】小腸・消化吸収器 ささくれの出来る指と手相 ささくれは、まだまだ色々教えてくれます。 なんと手相では、ささくれが出来る指によってそれぞれ異なる意味があるそうです。 基本的には左右の指の意味は同じですが、左手は過去と現在を、右手は未来を表します。 各指の意味は次の通りです。 【親指】生命力・バイタリティを表す指 肉体的・精神的に弱っている• 【人差し指】向上心・プライド・援助運を表す指 自信を無くし物事がうまくいかず孤立しがち• 【中指】知性・仕事運を表す指 知性がくもり仕事がうまくいかない• 【薬指】人気・成功・名声を表す指 本来の才能が発揮出来ず人気運も金運もダウン• 【小指】コミュニケーション力を表す指 大事な人と喧嘩したり誤解が生じたりしがち ささくれと手相が関係しているなんてビックリです。

次の

ネイリストが教える!ささくれの原因と予防・治療法

ささくれ さか むけ

ささくれが化膿する原因 ささくれができてしまうと、どうしても気になって触ってしまいます。 ささくれは一部の皮が剥離している状態ですので、皮がつながっている部分では 雑菌が入り込みやすくなっています。 気になって何度も触っていると、そこから雑菌が侵入して炎症を起こしてしまうのです。 また、ささくれを触るだけではなく、つい引っ張って取り除きたくなります。 この時、自然に剥がれていない部分まで剥がしてしまうと、出血して炎症を起こしてしまいます。 できたささくれを触ったり引っ張ったりすると良くないとは言え、放置しておくのも危険です。 ちょっとした接触で引っかかって大きく剥がれてしまうこともあります。 水やお湯などが刺激になってしまうこともあります。 小さなささくれでも、爪切りなどで丁寧にカットしておくか、絆創膏などで保護しておくと化膿せずにすみます。 絆創膏などで保護する場合は長時間貼りっぱなしにすると雑菌が繁殖しやすくなりますので、こまめに交換するなどして清潔に保つようにしましょう。 ささくれが化膿してしまったときの治し方 ささくれが化膿してしまうと、患部は膿がたまってどんどんと腫れていきます。 化膿していることに気づいたら早めに膿を出しましょう。 ライターなどで消毒した針を使うと良いですね。 膿を取り出した部分は雑菌が入りやすくなっています。 膿を取り出した後は、消毒をして患部を保護しましょう。 しっかり膿を出してもまたすぐに膿はたまります。 膿はこまめに取り出すようにしましょう。 市販薬では テラマイシンが殺菌効果があり有効です。 抗生物質の ゲンタシン軟膏は市販薬ではありませんが、ささくれの化膿部分に効果的です。 皮膚科等でもらった残りなどがあれば使用できます。 自宅で処置できない場合は迷わず皮膚科を受診しましょう。 皮膚科では膿を取り出した後、ステロイド軟膏などが処方されますが、壊死してしまっている場合は外科的手術も必要となります。 まとめ ささくれができる原因には、乾燥・栄養不足・肌荒れ・ストレスなどがありますが、頻繁にささくれができるという方はまず予防をするようにしましょう。 食生活を見直し、乾燥を防ぐように指のケアを行いましょう。 特に水仕事など指先をよく使う仕事をされている方は注意が必要です。 できてしまったささくれは触ったり引っ張ったりすることで化膿してしまいます。 化膿すると、最悪の場合壊死して外科手術が必要となる場合もありますので、そうならないようにきちんと処置をして保護しましょう。 また指先はさまざまな物と接触するため、ささくれに限らず皮膚に異常が起きやすい部位となります。 併せてこちらの記事もご覧ください。

次の