バル テン シュタイン 永岡 海。 コタキナバルの観光・オプショナルツアー予約は【JTB】人気商品一覧から簡単予約

スペインワインの特徴とは ~おすすめワイン、ぶどう品種、当たり年ヴィンテージなど、基本の基礎知識~

バル テン シュタイン 永岡 海

日が昇り、正午となるとリーゼンフェルトの街の前にある平原にペストの兄であるドミニク・リーゼンフェルトが率いる防衛隊900人が集まり、1キロくらい先でバルテン子爵軍の約2800人が待ち構えている。 人数差、1900人。 でも、リーゼンフェルト防衛軍はまともに戦えるのが500人でその中で騎士は200人。 では、残り400人は何かと言えば戦えない女や年寄りだ。 なんのつもりかと言えば、こちらの人数を誇張させて見せ、更に自らの勇志を見せつける為だそうだ。 「ほんと、くっだらないわね~」 「何か言ったか?」 「気のせいじゃないかな~」 さて、これからどうしよっかな? っと、敵軍の中から誰かが出て来たわね。 「やあやあ、遠からん者は音にも聞け、近くば寄って目にも見よ、 我こそは、バルテン子爵の次男、ヨーゼフ・フォン・バルテンなり! 卑劣なるリーゼンフェルトの者よ、臆さぬのならば出て来るがよい!」 作法なのか、相手が名のるとドミニクも出ていったわね。 ばっかじゃないの? いえ、馬鹿だったわね。 「我こそはリーゼンフェルト男爵家、嫡男であるドミニク・フォン・リーゼンフェルトである! 言われも無き無実の罪を着せる傲岸無知なる愚かな侵略者共よ、死にたくなければ即刻立ち去るがよいっ!」 え? そんな事言っちゃうんだ? ブーメランじゃないかしら? 「何を言うか! そちらが……」 「馬鹿な事を……」 低レベルな罵り合いが続く中、一つのひらめきが有った。 「言葉などいいじゃない。 それよりも一騎打ちで決着をつけたらどうかしら?」 「良かろう!」 「ふむ。 確かに。 では、こちらは……」 「皆っ、大将同士の一騎打ちだって!」 大声で叫ぶと、一気に回りから歓声が上がる。 「何を言って……」 「良かろう! 我とて武門のバルテン子爵家に生まれし者よ! その勝負、乗った!」 「なななっ! 何を言っているんだ!」 「む、まさか臆したか! これは片腹痛いわ!」 「まったくよね。 ヘタレにもほどがあるわ。 へ、た、れ! へ、た、れ!」 「へ、た、れ! へ、た、れ!」 こちらの思惑を理解した部下達も叫び、直に他の人も続いていく。 こうなればやるしかないでしょ。 「貴様っ、どっちの味方だ!」 「何言ってるのよ、ルサルカちゃんはご主人様であるコルネリウス・フォン・リーゼンフェルト様の味方に決まってるわよ~」 指を唇にあててクスクスと笑う。 ドミニクは真っ赤だけれど気にしない。 「コルネリウス……確か、シュタインフェルト伯爵家より、無能がリーゼンフェルト家へと婿入りしたと聞いたな」 「あ?」 「なんだ、貴様等はあの無能の穀潰しの手の者か!」 「ちょっと、アンタ……今なんて言ったのかしら?」 「怒ったのか? しかし、仕方ない事よ。 なんせギフトを使えぬ者など貴族にあらず、平民にすら劣る畜生よ」 よし、その喧嘩、勝ってやるわ。 私の、私達のようやく出会えた愛しい夫を貶(けな)すとか、許さないわ。 「おい?」 「黙れ。 こいつはアタシが痛めつけて殺す」 「あ、ああ……」 「ふん、小娘が何を吠えるか……」 「何をって、決まってるじゃない。 アンタを無残に殺してやるのよ。 数百年間の時の中でようやく出会えた人を侮辱されたら、許せる訳ないでしょ?」 「何を言って……」 男を無視して詠唱を開始する。 水底を離るることぞうれしけれ 」 「貴様っ、魔術師かっ!」 男がわめきながら騎馬に乗って突撃して来る。 」 だけど気にしない。 「 Durch die nun zerbrochene Stille, Rufen wir unsere Namen《澄める大気をふるわせて、互に高く呼びかわし》 Pechschwarzes Haar wirbelt im Wind 緑なす濡れ髪うちふるい 」 魔法陣から黒い影が噴き出し、風圧で私の服の裾を捲りあげる。 「 Welch Freude, sie trocknen zu sehen. 「 Csejte Ungarn Nachatzehrer 拷問城の食人影 」 「この程度の雑兵っ、突破してくれるわっ!」 突撃してくる馬鹿が、影に触れた瞬間。 一切の間もなく完全に停止した。 「な、なんだこれはっ!?」 「お、おい、周りがおかしいぞ!」 「どうなっている!?」 創造は異界を創り出す。 ジャンヌに言わせれば固有結界となるでしょうね。 赤く染まった世界に影の食人が動き出す。 振れれば止まる。 たかだか魂を一つしかもっていない連中ならばよほどの事が無い限り突破される事はない。 「誰に喧嘩を売ったか、教えてあげる」 動けなくて恐怖に染まるヨーゼフの頬を撫でる。 「ぜ、全軍突撃! 我を助けよっ!」 「あれ、一騎打ちじゃないの? そっか、じゃあ遠慮はいらないわね。 私の力ってこっちで強化されてるのよ?」 「何を言って……」 「だって、ねぇ? こっちじゃ人より強い魂を持つ者なんて、沢山いるんだから。 こんな風に」 指を鳴らすと、影から人ではなく影で作られた巨大な翼を持つモンスター、ワイバーンやドラゴンが出現する。 もちろん、多数の拷問器具が現れて影達がそれらを使って敵軍に襲い掛かる。 「ねぇ、もしかして自分はここで死ぬ人間じゃないーなんて思ってる?」 「当たり前だ! 我は貴様等とは違うのだ!」 「そう。 それじゃあ死にたくなるまで遊んであげる」 ルービックキューブを身体の中から取り出す。 「んっ、んんっ……ふふ、さあお前の力を示しなさい。 3000人を拷問し、絶望に染まった魂を美味しく食べちゃいましょう」 多数の拷問器具が出現して襲い掛かる。 私は自ら愚か者を拷問する。 だけど、その途中で私の世界はーーあっさりと壊れた。 「え?」 「あんた、なにしてんの?」 「ペスト。 何って……」 周りを見ると、血の海の中に居て目の前には貼り付けにされて、爪を剥がされ、杭が身体の至る所に打ち付けられて 死 ・ ん ・ で ・ い ・ な ・ い ・ ヨーゼフ・フォン・バルテンが居て少し離れた所には血の泉が広がっている。 「やり過ぎちゃった。 てへ」 「てへじゃないわよ! どうすんのよ、これっ!」 ペストが後ろを指さす。 そこには蹲って私を震えながら見詰めてくる兵やリーゼンフェルトの街の人達。 「えっと、後悔はしているわ。 でも、反省はしていないわね」 「あんたは……」 「まあ、いいじゃない。 遅かれ早かれこうなるんだか。 どうせ軍は暴力装置よ」 「まあ、そうだけど……それで、コレはどうするの?」 「どうしよっか。 どうしてほしい?」 私が声を掛けると、殺してくれ、としか言ってくれない。 だから、魂を取り込んで永遠の地獄を苦しんで貰いましょう。 「さて、こっちだけれど~」 「ば、化け物めっ! 近寄るんじゃない!」 「あらあら」 「ペスト、はやくその化け物をどうにかしろ!」 「お兄様、ルサルカは化け物じゃないわ」 「いいよ、ペスト。 私は化け物。 それは事実だからね。 それよりもちゃっちゃと残りの処理もしちゃうわ」 「ルサルカがそう言うなら仕方ないわね」 「気にしちゃ負けよ」 それよりも、アリエッタの事を……忘れていたわね。 探しに行ってみると、地面に杖でのの字を書いて悲しそうにしているアリエッタを見つけた。 他の部下たちも必死に慰めている。 「ごめん、ごめんね、アリエッタ!」 「……うぅ……どうせ、アリエッタは……」 「よ、よーし、このままお姉ちゃんと一緒に侵攻しちゃおう! そうしよう!」 「また勝手な事を……」 「いいじゃない。 それにこのままだと不味いわよ」 「そうね。 私は後処理をしておくから、進みなさい」 「はーい」 即座に魂を回収して目的の場所に移動する。 しばらくして、敵の防衛拠点が見えて来た。 なのでアリエッタがかなり距離があるのに杖を構えた。 そして、数秒後には基地を飲み込むほどのクレーターが出現していた。 どう考えても火力が過剰すぎる武器ね。

次の

ハプスブルクの宝剣 −魂に宿る光−

バル テン シュタイン 永岡 海

の気候・風土 チンクエ・テッレ(Cinque Terre)は、北西部リグーリア州にある5つの村の総称で、リグーリア海岸最東のラ・スペツィア県にあるワイン産地だ。 チンクエ・テッレとは「5つの土地」という意味があり、県都ラ・スペツィアから西方にあたるモンテロッソ・アル・マーレ、ヴェルナッツア、コルニッリア、マナローラ、リオマッジョーレがそのエリアに含まれている。 また、コスタ・デ・セーラなどの3地区が、に表示が可能なソットゾーナ(指定地域)とされている。 この地域は、険しい海岸沿いの美しい街で世界遺産に登録されていることでも知られている。 平地がなく、ぶどう畑は海岸沿いにある斜面の岩盤を砕いて造られた石垣にある。 気候は穏やかな地中海性気候。 海から吹き続ける風が冬の寒さを和らげる。 また連なる山々により冷たい北風から守られており、年中を通じて温暖といえる。 土壌は岩壁を砕いてできた砂が敷き詰められているため水はけが良く、粘土や石灰のない弱性で、土着品種であるボスコの栽培に適している。 チンクエ・テッレのワインの特徴 チンクエ・テッレでは、ボスコ種を中心に、アルバローラやヴェルメンティーノ種をブレンドした辛口と、シャッケトラと呼ばれるがつくられる。 またシャッケトラには、長期熟成が必要とされるリゼルヴァタイプもある。 白ワインは緑がかった麦わら色をしており、完熟した柑橘類や蜂蜜のエレガントで新鮮な香りがある。 ミネラルや果実味が豊かな味わいで余韻も長く続く。 シンプルな魚介系の料理などと合わせることができる。 シャッケトラは、同品種のぶどうを半乾燥させてつくられる。 白ぶどうであるアルバローラ種とヴェルメンティーノ種の果皮が赤くなる年に限り生産されるため、良質だが生産量は少ない。 クッキーなどのデザートや、チーズなどと合わせて楽しむことができる。 エピソード チンクエ・テッレは、ルネサンス期の詩人ペトラルカの作品にも登場する古くから知られた銘酒だ。 制定後初期にあたる1973年に、DOCとして認定されている。 チンクエ・テッレの代表的なワイン チンクエ・テッレ/カンティーナ・チンクエ・テッレ チンクエ テッレ/ルチアーノ・カペッリーニ チンクエ・テッレ/テレンツォーラ ポッサ チンクエ・テッレ/ボナニーニ・サムエーレ・ハイディ チンクエ・テッレ・リベッキオ/カンティーナ・チンクエ・テッレ チンクエ・テッレ/カンティーナ・チンクエ・テッレ チンクエ・テッレ・ペルゴーレ・スパルセ/カンティーナ・チンクエ・テッレ チンクエ・テッレ・コスタ・デ・セーラ/カンティーナ・チンクエ・テッレ チンクエ・テッレ・シャッケトラ/カンティーナ・チンクエ・テッレ チンクエ・テッレ シャッケトラ・リゼルヴァ/カンティーナ・チンクエ・テッレ.

次の

コタキナバルの観光・オプショナルツアー予約は【JTB】人気商品一覧から簡単予約

バル テン シュタイン 永岡 海

11期生の現場に伺うのは3度目です。 同研修所では7年振り2度目の上演となり、 演出は今回も研修所長の宮田慶子さんです。 通し稽古を拝見したところ、 やはりすごく面白かった! 自分で自分を追い詰めてしまう心優しい人々の姿を滑稽に、または残酷に描き出す現代群像劇です。 土日は残席少ないですのでお早めにご予約を。 そこに住む、私立高校で教師をしている永山健一の部屋には若い女性が出入りしている。 隣の部屋では兄妹が暮らす。 ……九州の、海のある小さい町。 永山が実家に帰ってくる。 そこを訪ねる東京の友人、そして、土地の人々との交わりを経て……。 セリフをしっかり憶えた状態での通し稽古も数回目。 いつも思いますが非常に贅沢な環境です。 公演中に演出部の仕事をする12期生(下級生)が初めて見学にやってきました。 舞台監督、音響、小道具などのスタッフも含め大人数が見守る中、14時から通し稽古が始まりました。 『美しい日々』の舞台は1990年代後半の日本。 前半と後半で景色も空気もガラリと変わる群像劇です。 4期生の時よりも装置の移動が増え、演出も変わっていました。 再演といえどお芝居は常に新しく生み出されるものだなと実感します。 左端から3人:堀元宗一朗(演出助手・8期修了生)、宮田慶子(演出)、竹内香織(プロンプ・9期修了生) 通し稽古終了後、短い休憩を挟んで宮田さんによるダメ出しが始まりました。 このお芝居に登場するのは兄妹、恋人、親戚、同僚といった市井の人々で、畳の部屋で行われるのは主に日常会話です。 動きや声をほんの少し変えるだけで、意味も空気も一変します。 客席からの見え方もポイントです。 細かく指摘し、試すことで精度を上げていくんですね。 宮田:もうちょっと上体を起こせば、表情が見える。 宮田:意を決している感じを出したいから、しっかり座ってから話し始めてみて。 宮田さんは会話の流れを整理していくために、空気が滞る原因を探ってさまざまな提案をされます。 ため息を入れる、ウィスパー(息声)を使う、小道具使いのリズムを作る、一歩足を踏み出す、立ち上がるタイミングを決める…。 小さな工夫でサっと流れが変わる度に驚かされます。 左から:田渕詩乃、小比類巻諒介 演出家として演技がどう見えたか、どう変えたいかを伝えた上で、言い方や動きの具体的変更を指示していくこともあります。 お客さんが「ああ、わざとやってるんだな」とわかるように、空気抜きをしてみようか。 宮田:論理的な間(ま)が空いちゃうのが嫌なんだよね。 観念的なセリフになったらだめ。 いちいち胸に落ちない内にしゃべっちゃおうか。 (セリフの途中で)胸に落とすのを一旦やめてみよう。 普通にしゃべってみて。 左から:佐藤和、バルテンシュタイン永岡玲央 また、見え方だけを変えても演技としては不完全であることが、この稽古場では共有されていました。 俳優の中にある感情や意志が、表情、動き、声として表に現れます。 たとえば「破談」と言ってみてから、その気持ちで「結婚」と言ってみた時の変わりっぷりは凄かった(笑)! 左から:川澄透子、上西佑樹 逆に、目に見える動きを変えれば気持ちに影響する場合もあります。 セリフの根拠を探り出し、試していくことも大いに助けになっているようでした。 宮田:髪型を変えたら? 分け目をつくるとか。 思い切ってやってみよう。 (髪型が変われば)自分も変わると思うし。 宮田:「学校をお辞めになったんでしょ」というセリフのサブテキスト(文字にはないが暗に示される事柄)は、「そういうワケアリのご家庭だったんですね(だから辞めて当然)」だよね。 左から:生地遊人、山田健人 演技の提案だけでなく、宮田さんは研修生のための演技指導もされます。 ここが一般の公演とは大きく違うところでしょうね。 宮田:呼吸を止めないで。 空気が緊張するから。 宮田:顔で演技しないこと。 わざとコミカルにやってるように見えて、芝居じゃなくなっちゃうよ。 宮田:目線が決まらないと、芝居は決まらないよ。 何を、誰を、見るのか。 空(くう)を見るのもあるし、色々できる。 でも同じことをし続けるのもだめ。 きちっと(目線を)分けないと。 宮田:(登場人物たちが)お互いに違う行動路線だから、重層的になる。 ストーリーをなぞるだけではドラマが起こらない。 左から:生地遊人、佐藤和 私が伺った日は13時稽古開始でした。 ある場面の繰り返し稽古の後、14時から通し稽古。 16:40からダメ出しが始まり、最後に二幕の最初の場面の繰り返し稽古をして、19:10に終了。 途中で約15分間の休憩が3度ぐらいあったでしょうか。 常に全方位に向かって真剣勝負ですから、緊張と集中が続きます。 私は観ていただけですが、帰る頃にはもうヘトヘト…。 研修生の中には朝と夜にアルバイトをしている人もいるでしょう。 演劇人の仕事と生活を実地経験する研修でもあるんですね。 今回も参考資料、関連書籍のプチ図書館が登場! 1990年代後半というと今から約20年前です。 1995年のWindows95の発売以降にインターネットが、この10年間にスマホが普及したと考えると、一昔前とはいえ隔世の感がありますね。 1995年といえば阪神・淡路大震災、オウム真理教徒による地下鉄サリン事件もありました。 若い研修生にとっては体験したことのない歴史になるため、一から勉強して取り組まれています。 今の若者の身体によって1990年代が立ち上がる、重層性を楽しめる舞台が期待できそうです。 皆さまのお越しをお待ちしております。

次の