仮想通貨 信用取引。 仮想通貨のレバレッジ取引【FX・信用取引・先物取引】の違いとしくみ

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?初心者におすすめの取引所5選、やり方、始め方、メリットを解説

仮想通貨 信用取引

There is no additional collateral required and no need for a margin call! Zaifの信用取引とは、日本円をはじめBTC、XEM、MONAを担保として預けることでレバレッジを利用し最大担保価格の4倍のお取引が可能となる暗号資産取引です。 お客様への保証金の追加担保請求(いわゆる追証)がないため、口座残高の範囲内で安心してお取引いただけます。 Comparison of spot trading and margin trading You can start with "selling" Spot trading buys when the market price is cheap, and sells and makes a profit if the price goes up. 一方信用取引では「買い」からだけでなく、「売り」からも取引を始められますので、市場価格が高いときに保有していない暗号資産を売り、安くなったときに買い戻すことで、利益を得る方法もあります。 You can choose leverage from 1x to 4x, according to your trading style. No need for a margin call Zaifの信用取引では、保証金の追加担保請求(いわゆる追証)を行いませんので、お客様は口座残高に預けている(JPY BTC XEM MONA)以上の負担することはありません。 Only when you make a profit at the time of settlement in a margin transaction, Zaif will charge an amount equivalent to 0. Even when there is a possibility that a loss greater than your deposit balance will occur at the time of settlement due to a sudden change in the market price, etc. , by collecting this fee, we offer a service without a margin call so that you can trade with confidence within your account balance. 保証金 通貨単位あたりの必要保証金は通貨の取引状況により変動し、注文量とレバレッジに応じた金額が必要となります。 また、注文時に日本円残高が不足しておりBTC、XEM、MONAの残高が充分ある場合、レートに応じて自動的にBTC、XEM、MONAを保証金としてお預かりします。 Agreed amount 100,000円 x Quantity 2btc x 保証金率 12. なお、取引板の状況により保証金以上の損失が発生する場合がございますが、そのような場合でも弊社より保証金の追加担保請求(追証)の請求はございません。 ただし、損失によりお客様のアカウント残高(日本円建て)がマイナスになった場合、新規取引や出金を行うことを可能にするためには日本円入金や他通貨売却などを行い、残高をプラスにしていただく必要がございます。 保証金以上の損失が発生した場合のリスク 相場の急変等で決済時に保証金以上の損失が発生した場合には、お客様アカウントの残高から不足した金額を徴収することがあります。 Also, if your account balance becomes negative, you will not be able to trade or withdraw money in the corresponding currency until you deposit the shortfall. Error messages about the margin trading balance Since Zaif regulates the total amount of loans while monitoring the market situation, etc. , an error message "Margin trading balance is insufficient" is displayed, and new orders for margin transactions may not be executed. We apologize for the inconvenience, but when this message is displayed, please wait and try again after the price moves. Magnification of leverage Regarding a high leverage ratio, such as 4x, because Zaif monitors the liquidity of the market in order to judge whether or not it can be used, there may be times when it is not available. Also, even if new orders cannot be placed for the reasons above, Zaif will not change the leverage of already existing orders. Margin trade expiration date Currently we have an expiration date of 30 days. Complete identity verification both phone number approval and identification documents , then log in• 保証金として必要になる日本円を入金します。 Click the Margin Trading tab on the Trade page, read carefully about "", indicate your agreement after confirming the details, and send the form. Trade procedure• How to place an order• Enter the price of the open position. Specify leverage. Enter the quantity. Enter your desired reverse trade closing price in the Limit field. The figure you enter is your choice, but for reverse trades, you will be required to designate a limit. Optionally set. Click the Margin Sell or Buy button to confirm the order. How to check the trade history• Once your order is confirmed, it will be displayed on your "Board," "Active Trades," and "Not Yet Completed Orders. You can check the details of the order by selecting "Details" under the "Active Orders"• 詳細画面では、注文価格・数量、売建玉平均、リミット買い、評価損益、保証金維持率などが表示されます。 Once you place an order, the contract to buy or sell will be displayed in your Trade History. Modifying an Order• To close a trade, enter the limit or stop price of your choice as the closing price, and click the "Update" button. Checking Your Trade History• All reverse trades will be closed automatically when they are contracted. Loss-cuts are an essential risk management tool for minimizing your losses each time you trade. A loss-cut is an action that closes a position and closes its losses to prevent further losses when the market price continues to shift unfavorably. Setting a stop-loss enables you to close an order without limit when the security reaches a price designated by the market value to automatically cut losses on a held position. When the stop price is changed, loss-cutting is not done immediately, and it will remain as it was set. For example, even if it is changed to the current closing price, loss-cutting will not happen immediately. After the settings are complete, loss-cutting is done at the point when the trade is established. Details screen terms and how to read 01. Ordered This is the day you started the margin trading order. Fees will be incurred from this date and time. Expiration date of order Expiration date of the margin trading order. 拘束保証金 信用取引のための保証金です。 取消または決済するまでの間、この保証金が拘束されます。 Leverage 資金を保証金として預け入れることで、保証金の数倍の金額の取引ができます。 fee per day It is a loan fee incurred daily. Accrued fees The total fees incurred to date. Limit price This is the reverse trade price. We designate a price and execute a reverse trade to execute the closing. Stop price If the market price reaches the spot price, the trade can be closed with a market order, automatically loss-cutting the position. Position average price The average price and the total quantity of the open positions established in the margin trade. Closed The average price and the total quantity established in the reverse trading order. Profit and Loss It is the amount of profit or loss with reference to the current price from the open position. The loan fee has already been deducted. 保証金評価損益 必要保証金の損益状況です。 通貨単位あたりの必要保証金は通貨の取引状況により注文量とレバレッジに応じて変動します。 30%を下回るとロスカット対象になります。

次の

仮想通貨のレバレッジ取引とは?FX・信用取引・先物取引の違いとは?

仮想通貨 信用取引

信用取引とは? 仮想通貨の取引を行うとき私たちは取引所を利用しますが、取引所は取引手数料などを徴収することで運営されています。 そしてこの手数料は、取引量の数%など取引が大きくなるにつれ上昇するため、取引所にとっては、取引量の増大が利益の増大につながります。 しかし中には自己資本が足りず、取引がしたくても取引ができないといった人もいますよね。 そこで、そんなユーザーにも仮想通貨の取引をしてもらおうと、いくつかの取引所は、仮想通貨を貸し出して取引を行ってもらおうとしています。 これが信用取引です。 つまり 仮想通貨取引所から仮想通貨を借りて行う取引を信用取引といいます。 信用取引の条件 信用取引を利用するには、原則として2つの条件が課せられます。 証拠金を預ける 取引所から仮想通貨の借入を行う時は、 基本的に証拠金を預け入れる必要があります。 この証拠金とは、 借入を行う取引所に担保として預ける資金です。 預け入れる証拠金の額は、信用取引を注文するときに計算されます。 借入手数料を払う 借入を行う時は、それに伴い 借入手数料を払う必要があります。 これはいわゆる利子のようなもので、支払額や計算方法は取引所によって異なりますが、24時間ごとに発生するものが多いようです。 中には借入手数料を設けず、取引手数料を徴収する取引所もあります。 信用取引の利用法 信用取引は、借入れた仮想通貨や法定通貨を使用して利益を出す取引です。 しかし最終的には通貨を返済しなければならないので、利益の出し方が現物取引とは少し異なってきます。 ポジションとは 信用取引では、ポジションという概念を使います。 このポジションとは、 借入れを行ってまだ決済(返済)を行っていない状態をいいます。 「ポジションを保有する」といういい方をしますが、あまりポジションを保有しすぎると借入手数料が高くなってしまうので注意が必要です。 またポジションを保有しているときに相場価格が変動した場合、(まだ未決済なので実際の損益は出ていませんが)仮の損益を計算します。 この 未確定の損益をそれぞれ含み益、含み損といいます。 ショートポジション 信用取引は、始めに借入れた通貨を買い注文か、売り注文を出すことで開始します。 そしてこの 売り注文から開始するポジションを、ショートポジションといいます。 信用取引の大きな特徴は、現物取引と異なり、売り注文からは入ることができるという点です。 例えば、借り入れた仮想通貨を10,000円で売り、価格が7,000円になったとき買い戻して返済すれば3,000円の利益となります。 これがいわゆる信用売り、空売りと呼ばれるもので、 価格の下落による買い戻しを待っている状態をショートポジションを保有するといいます。 ロングポジション 一方、 買い注文から開始するポジションをロングポジションといいます。 借入れた7000円で仮想通貨を買い、価格が10,000円になったときに売りを出して借入分を返済すれば3,000円の利益です。 これがいわゆる信用買い、空買いと呼ばれるもので、 価格の上昇を待っている状態をロングポジションを保有するといいます。 しかし、価格の上昇には上限がないため、ショートポジションをとったときは価格の著しい上昇に気をつけなければいけません。 レバレッジ取引とは? レバレッジ取引とは、 自己資金の何倍もの資金を使って行う取引のことをいいます。 信用取引では、まず取引所に証拠金を預入れそれから借入を受けて取引を行いますが、取引所から借入できる額は、 証拠金に対し最大何倍までという形で設定されます。 例えば、その取引限度額を証拠金の5倍と設定している取引所があるとします。 この場合、10万円の証拠金を預けると最大50万円分の取引が行えるというわけですが、この元手の何倍もの資金で取引することを、 レバレッジを効かせるといいます。 レバレッジとは、英語で梃子を意味するレバー lever を語源にして作られた言葉です。 そして、レバレッジを効かせた取引をレバレッジ取引といい、少ない力で大きな力を作用させる梃子の原理のように、自己資本の何倍もの資金で取引ができます。 中には、この レバレッジを最大100倍まで提供している取引所もあり、 極端な例でいえば、価格が1万円上がるだけで100万円の利益を出すことができます。 信用取引は数あるレバレッジ取引の一つ 仮想通貨の取引には、レバレッジを効かせた取引がいくつもあります。 例えば 先物取引というものがそうです。 この先物取引とは、まず特定の銘柄を特定の金額で売買するという約束を結び、それを先の期日に成立させる取引をいいます。 そしてこの取引にもレバレッジを効かせることができます。 また仮想通貨には、FXと呼ばれる外国為替証拠金取引と同様の仕組みで取引を行う、 仮想通貨FXや ビットコインFXというものがあります。 この仮想通貨FXやビットコインFXでは、現物取引や信用取引と異なり仮想通貨の受渡しを行いません。 仮想通貨を売買した価格差のみを決済する差金決済取引を採用しています。 そしてこれもまた、証拠金の何倍もの資金を動かせるレバレッジ取引の一つです。 リスク回避の制度 信用取引は他人資本で取引を行うため、価格変動が大きい仮想通貨では貸す側も借りる側も大きなリスクを抱えています。 そのため信用取引ではいくつか制度を設けて、そのリスクを回避しようとしています。 証拠金維持率 利用者は借入れを行う際に証拠金を預け入れます。 しかし価格変動により損失が生まれる場合は、含み損を証拠金から差し引いて計算します。 この 含み損を加減した残高割合を証拠金維持率といいます。 取引所では証拠金維持率をもとに、利用者の返済能力を判断します。 追証 取引所は、証拠金維持率がある一定の割合を下回ると 証拠金の追加を請求します。 これを追証といいます。 追証を支払えば取引を継続できますが、追証には期限があり、その期限内に支払いを行わないと強制決済になってしまいます。 ロスカット 証拠金維持率がある一定の割合を下回ると、取引所は 強制決済を行います。 これをロスカットといいます。 ロスカットが発動されると、保有していたポジションは強制決済され、借り入れが自動的に解消されます。 信用取引、レバレッジ取引におすすめの取引所 上でいろいろ説明させてもらいましたが、信用取引とレバレッジについてお分かりいただけたでしょうか。 もし少しでも信用取引、レバレッジ取引に興味を持たれたら 実際に取引をやってみましょう! ここでおすすめの取引所を紹介しているので、早速取引をしてみてはいかがでしょうか。 海外取引所BitMEX(ビットメックス).

次の

仮想通貨ビットコインFXと信用取引レバレッジ

仮想通貨 信用取引

先物取引というのは、 将来のある時点での売買を前もって現時点で約束する取引のことを言います。 あらかじめ数量と価格を約束しておいて、約束の日がきたらお金を払って実際に取引を行います。 先物取引の最大のポイントは、 買いたいものの価格変動について心配する必要がないということ ! 例えば、先物取引で買う約束をしていたものの値段が約束の日には2倍になっても、もとの値段で買うことができるのです。 Aさんは、100万円のダイヤモンドの指輪が欲しくてたまらないのですが、ボーナスが入るのは来月のためまだ今は買うことができません。 Aさんとしてはダイヤモンドの価格が変動して来月には値上がりしてしまったらどうしようと不安になります。 そこで、Aさんは先物取引で先に指輪を予約してしまうことを思いつきました! 今の段階でいくらか手付金を払って、来月の25日に現在の価格100万円で指輪を購入することを約束したのです。 先物取引は、基本的に約束の日が決められており、その日に決済を行うことになっています。 このように決済の期限がある先物・信用取引に対し、 FXは決済期限がありません。 ですので、FXの場合には決済を行うのは取引開始日でも、一年後でも大丈夫なのです。 暗号資産 仮想通貨 の先物取引の特徴まとめ• レバレッジがかけられる• 売りから入ることができる• ロスカットがある• 先物取引は、あらかじめ「将来取引を行う約束の日」を決めるということを先にご説明しました。 この「約束の日」のことを「限月」と呼び、その日に取引の決済を行う仕組みとなっています。 暗号資産 仮想通貨 の先物取引では、初めに証拠金として支払金の一部を預け入れ、限月に残りの金額を支払うことになっています。 レバレッジがかけられる 暗号資産 仮想通貨 の先物取引は、 レバレッジがかけられるという点も特徴的です。 各取引所によってレバレッジの幅は決められていますが、例えばレバレッジが10倍の場合、10万円の証拠金を預け入れれば100万円までの取引ができます。 ただし、取引の金額が大きくなるということは、それだけリスクも大きくなるということですので注意が必要です。 売りから取引を始めることができる 暗号資産 仮想通貨 の先物取引では、契約時に実際の現物をやり取りするわけではなく先に取引の契約を結ぶだけです。 この差金決済について、例を挙げて考えてみましょう。 レバレッジが10倍なので、Bさんは100万円分の暗号資産 仮想通貨 先物を買う権利を手に入れたことになります。 Bさんの注文後、その暗号資産 仮想通貨 の先物が10万円から11万円まで値上がりしました。 この時、 Bさんは「110万円分の価値のある暗号資産 仮想通貨 を100万円で買う権利」を手に入れたことになります。 しかし、Bさんとしては今いきなり100万円を用意することができないので困ってしまいます。 こんな時、役に立つのが 差金決済の仕組みです! 差金決済の仕組みを用いることで、Bさんは100万円の暗号資産 仮想通貨 を実際に買わずとも、売りの注文を出すことにより差額の10万円を受け取ることができます。 つまり、 暗号資産 仮想通貨 のやり取りを介さずに差額分のお金のやり取りだけで済むのです。 手元に暗号資産 仮想通貨 を持っていなくてもその暗号資産 仮想通貨 の売りの注文を出すことができ、取引による利益のみを得ることが可能になります。 追証が求められる場合もある 暗号資産 仮想通貨 の先物取引では、 証拠金が少なくなってくると追加の証拠金を払うことを求められる場合があります。 この仕組みのことを、 追証と言います。 追証が請求されるのは、「支払った保証金に対してある一定額まで損失が膨らんだとき」とされ、各取引所でそれぞれの基準が定められています。 追証を求められた場合には、追加の証拠金を支払えば取引を続けることができますが、期限内に支払わないと強制的に決済が終了されることになります。 CBOEもCMEもアメリカにある世界最大級の取引所で、歴史が長く非常に信頼性のある取引所として知られています。 このように世界的に有名な取引所がビットコインの先物を扱うようになったことで、ビットコイン先物への注目度が一気に高まりました。 Bakktは、暗号資産 仮想通貨 の保管・売買・決済を行うことのできるプラットフォームで、マイクロソフトやスターバックス、ボストン・コンサルティンググループなどの名だたる大企業から出資を受けていることで有名です。 Bakktを利用すれば、暗号資産 仮想通貨 をアメリカドルに替えお店での支払いに用いることができるため、 暗号資産 仮想通貨 の実用性が高まるシステムとして注目されています。 このように話題を集めているBakktがビットコイン先物を始めると発表したことで、ビットコイン先物市場の活性化への期待がさらに高まっています。 ビットコイン先物がCBOE、CMEに上場された2017年12月頃にはビットコインの注目度が高まり、暗号資産 仮想通貨 価格は一時上昇しましたが、それ以降は暴落・停滞しています。 これは一体、なぜなのでしょうか? その背景としては、 ビットコイン先物が始まったことで、機関投資家たちが「売り」の注文を出すようになったことが考えられます。 すなわち、今後ビットコインの価格が下がることを予測した機関投資家の人々が売り注文を出した結果、価格が暴落したと言われているのです。 ビットコイン先物だけが原因で暗号資産 仮想通貨 価格が暴落したと言い切ることはできませんが、 ビットコイン先物の上場が暗号資産 仮想通貨 価格に影響を与えるということは十分に考えられるでしょう。 大手企業の出資を受けていて、潰れる心配も少なく、もし盗難にあったとしても500万円までの補償を受け取れます! ビットコインでしか先物取引ができないのが難点ですが、その他の点では先物取引ができる取引所のなかでも優れています。 この取引所は かつてQUOINEXという名で知られていましたが、2018年の9月からLiquidに改名、リニューアルされました。 Liquidの特徴としては、国内取引所では最大の 25倍までレバレッジがかけられるという点が挙げられます。 より大きく利益を得たい、という人にはおすすめの取引所と言えるでしょう。 そのため、賭けに出て失敗し、損失が出る場合にもその損失を小さく止めてくれる仕組みが整っていると考えられます。 そこで、ここからはイーサリアムやリップルなどビットコイン以外の暗号資産 仮想通貨 の先物について注目していきます。 もしイーサリアム先物が上場されれば、ビットコイン先物の上場時と同様に イーサリアムの価格が下落することが予期されています。 そのため、イーサリアムの取引に興味がある方は関連ニュースから目を離さないようにしましょう!.

次の