この 期 に 及 んで 意味。 「及第点」の意味とは?「次第点」との違いや正しい使い方を解説

【弁解じみ】の例文集・使い方辞典

この 期 に 及 んで 意味

また、制御部40Aは、第1撮像モードのときと比べて第2撮像モードのときに、信号読出部20から出力される電圧値に基づくフレームデータにおける読出し画素ピッチを小さくし、単位時間当たりに出力されるフレームデータの個数であるフレームレートを速くし、信号読出部20における入力電荷量に対する出力電圧値の比であるゲインを大きくする。 另外,控制部 40A中,与第 1摄像模式时相比较,在第 2摄像模式时,减小根据从信号读出部 20所输出的电压值的帧数据中的读出像素间距,加快每单位时间所输出的帧数据的个数 帧速率 ,加大信号读出部 20中的输出电压值相对于输入电荷量的比 增益。 - 中国語 特許翻訳例文集 また、制御部40Bは、第1撮像モードのときと比べて第2撮像モードのときに、信号読出部20から出力される電圧値に基づくフレームデータにおける読出し画素ピッチを小さくし、単位時間当たりに出力されるフレームデータの個数であるフレームレートを速くし、信号読出部20における入力電荷量に対する出力電圧値の比であるゲインを大きくする。 - 中国語 特許翻訳例文集 さらに、DPBに記憶されたI0,P1,P4,P5ピクチャのうちの、RPLRコマンドに従ったL0インデクスの割り当てがされていないP1,P4,P5ピクチャについては、図13に示すように、POC順で、Bs2ピクチャより後で、Bs2ピクチャに1番目に近いP4ピクチャには、値が2のL0インデクスが割り当てられ、POC順で、Bs2ピクチャより後で、Bs2ピクチャに2番目に近いP5ピクチャには、値が3のL0インデクスが割り当てられる。 在 DPB中存储的 I0、P1、P4和 P5图片之中,对于未被进行基于 RPLR命令的 L0索引的指派的 P1、P4和 P5图片,如图 13所示,如下进行指派: 向按 POC顺序在 Bs2图片之后且第一接近 Bs2图片的 P4图片指派值为 2的 L0索引; - 中国語 特許翻訳例文集 すなわち、DPBに記憶されたP1,P4,P5,Bs2ピクチャのうちの、RPLRコマンドに従ったL0インデクスの割り当てがされていないP4,P5ピクチャについては、図13に示すように、POC順で、B3ピクチャより後で、B3ピクチャに1番目に近いP4ピクチャには、値が2のL0インデクスが割り当てられ、POC順で、B3ピクチャより後で、B3ピクチャに2番目に近いP5ピクチャには、値が3のL0インデクスが割り当てられる。 也就是说,在 DPB中存储的 P1、P4、P5和 Bs2图片之中,对于未被进行基于 RPLR命令的 L0索引的指派的 P4和 P5图片,如图 13所示,如下进行指派: 向按 POC顺序在 B3图片之后且第一接近 B3图片的 P4图片指派值为 2的 L0索引; - 中国語 特許翻訳例文集 すなわち、DPBに記憶されたP5,P8,P9,Bs6ピクチャのうちの、RPLRコマンドに従ったL0インデクスの割り当てがされていないP8,P9ピクチャについては、図13に示すように、POC順で、B7ピクチャより後で、B7ピクチャに1番目に近いP8ピクチャには、値が2のL0インデクスが割り当てられ、POC順で、B7ピクチャより後で、B7ピクチャに2番目に近いP9ピクチャには、値が3のL0インデクスが割り当てられる。 也就是说,在 DPB中存储的 P5、P8、P9和 Bs6图片之中,对于未被进行基于 RPLR命令的 L0索引的指派的 P8和 P9图片,如图 13所示,如下进行指派: 向按 POC顺序在 B7图片之后且第一接近 B7图片的 P8图片指派值为 2的 L0索引; - 中国語 特許翻訳例文集 すなわち、DPBに記憶されたP9,P12,P13,Bs10ピクチャのうちの、RPLRコマンドに従ったL0インデクスの割り当てがされていないP12,P13ピクチャについては、図13に示すように、POC順で、B11ピクチャより後で、B11ピクチャに1番目に近いP12ピクチャには、値が2のL0インデクスが割り当てられ、POC順で、B11ピクチャより後で、B11ピクチャに2番目に近いP13ピクチャには、値が3のL0インデクスが割り当てられる。 也就是说,在 DPB中存储的 P9、P12、P13和 Bs10图片之中,对于未被进行基于 RPLR命令的 L0索引的指派的 P12和 P13图片,如图 13所示,如下进行指派: 向按 POC顺序在 B11图片之后且第一接近 B11图片的 P12图片指派值为 2的 L0索引; - 中国語 特許翻訳例文集 すなわち、DPBに記憶されたP13,I16,P17,Bs14ピクチャのうちの、RPLRコマンドに従ったL0インデクスの割り当てがされていないI16,P17ピクチャについては、図13に示すように、POC順で、B15ピクチャより後で、B15ピクチャに1番目に近いI16ピクチャには、値が2のL0インデクスが割り当てられ、POC順で、B15ピクチャより後で、B15ピクチャに2番目に近いP17ピクチャには、値が3のL0インデクスが割り当てられる。 也就是说,在 DPB中存储的 P13、I16、P17和 Bs14图片之中,对于未被进行基于RPLR命令的 L0索引的指派的 I16和 P17图片,如图 13所示,如下进行指派: 向按 POC顺序在 B15图片之后且第一接近 B15图片的 I16图片指派值为 2的 L0索引; - 中国語 特許翻訳例文集 4. 第1の回路を、格納デバイスと接地との間に接続された三状態バッファを有する第2の回路とインタフェースする方法であって、前記三状態バッファは、入力端子、エネーブル端子、および出力端子を含み、方法は、前記三状態バッファの前記出力端子で交流周波数成分を有する第1の信号を受信するステップと、(i)第1の時間期間の間に、前記第1の信号が格納コンデンサに電気接続され、かつ(ii)第2の時間期間の間に、前記第1の信号が接地に電気接続されるように、前記三状態バッファを切り替えるステップとを含む方法。 一种用于对第一电路和第二电路进行接口的方法,所述第二电路具有连接在存储装置和地之间的三态缓冲器,所述三态缓冲器包括输入端、使能端和输出端,所述方法包括以下步骤: 在所述三态缓冲器的输出端接收具有交流频率分量的第一信号; - 中国語 特許翻訳例文集.

次の

【この期に及んで】の意味と使い方の例文(慣用句)

この 期 に 及 んで 意味

Twitterで吐き出してた駄文の青葉城西にょたいか部門だけ。 つきあってないからきっとこれからつきあう。 岩ちゃんは及川さんのキャッスルボンバー。 花巻の他、岩泉と国見もにょたいか。 [newpage] 今までずっと叩き続けてきた及川のユニフォームの背中の1番をようやく握り込む日がやって来た。 ウシワカに負け続けてた時だって、ずっとずっと叩き続けてきた。 けど今日青葉城西男子バレー部は烏野男子バレー部に負けた。 その垂れた頭と頑張ってきた背中に惜しみない拍手が注がれる。 顔を上げた皆は惜敗に目を赤く染めていたけれど、それよりもここまで踏ん張っていた主将が今にも崩れ落ちそうなのが気になっている様子だ。 特にレギュラー達は1年までもがチラチラと及川を心配そうに様子見していて、やがてその視線は一斉にあたしに向く。 「いわちゃん」 強ばった声は本当に決壊寸前だった。 あとほんの少しの衝撃で、全部が砂になってしまいそうな。 「おう。 「そこじゃダメ…そこじゃダメだよいわちゃん、届かない」 「おいかわ?」 頼りない顔つきで及川が声を戦慄かせる。 「ちょ、ハジメ!?」 相棒である正セッターの慌てた声はもう耳に届かなかった。 肩に掛けていただけだったジャージだけが2階の観覧席に取り残されて、あたしの体は垂直に落下する。 「危ない!」 異口同音、そしてざわめき。 それをすべて吸収してしまったかのように。 及川は危なげなくあたしを受け止めた。 がっしりと逞しい、汗まみれの体に横抱きにされている。 「ふは…重いね岩ちゃん」 「オマエが壊れるのに必要な重さだクソ川」 あたしが言い終わらないうちにぐにゃりと及川がへたり込んでゆく。 花巻達が心配して駆け寄ってくるも、及川は抱えていたあたしの膝裏から腕を引き抜くと、あたしを膝に乗せたままきつくきつく抱きしめてきた。 そして声なく泣いた。 あたしのほかに誰が及川に引導を渡してやれただろうか。 あたしのほかに誰が及川をこんなにも泣かせてやれるだろうか。 なぁ、あたしだけだろう?だから及川はあたしにくれ。 上から及川を観てるアンタらみたいに可愛くないしキレイじゃないけど。 こうしてやれるのはおそらくあたしひとりだけなのだから。 --------------------------------------- どっちもものすごくはやい流星のよう。 「メテオ」って『空間にあげられた』って意味なんですね。 まさしくトスだなぁ。 [newpage] 「及川ってアレだけどやっぱ顔面イケてる分セクシーだいっちゃな」 「でも服のセンスだってアレだからもういっそ服着るなっていうな」 「「んだからァ」」 この場合の『だから』は同意・同調を意味し、6人で囲んでいた空間にはケラケラと笑いが起こった。 場所は天気がいいので屋上だ。 時折強めに吹く風に弁当箱を包んでいたハンカチが飛ばされないよう気をつけながら箸を進めていると、話題は『男のセクシー』なんて谷間に転がり込んだ。 及川の岩ちゃんオバケな本性を知っている女バレの面々からすれば、及川は「アレ」なので色々有り得ないが、見てくれだけはニジュウマルなのでこういった話題の時はまずいちばんに名前が挙がる。 「そうか?顔立ちがキレーってのはまぁわがっけど、セクシーってのがわがらん。 服装はもう見慣れちまったからもっとわがんね」 レギュラーのうち1人が県北の出身で常に訛りがきついため、岩泉もつられがちになっていつもより訛りが強くなっていた。 そんな岩泉はついこないだまでアルミ製の四角い弁当箱を愛用していたが、今は立派な曲げわっぱの愛好者である。 物持ちのいい岩泉が使っていたアルミのソレは中学の頃からのものたったそうで、そのメンズライクな容貌に前々から戦慄していたという及川が岩泉の誕生日に明らかに女子のサイズから逸脱したこの曲げわっぱをプレゼントしたらしい。 だって岩泉はこの曲げわっぱをとても大事に扱っていて、いつも美味しそうにお弁当を食べているのだから。 「じゃあサ、松川は?」 「エー、松川よりかは矢巾だべ。 雰囲気がなんか艶っぽい気がする」 松川の名前が出た瞬間に伊達巻が喉に詰まりかけた。 何でもない顔をしつつ伊達巻のかけらを飲み下してからミルクティーを飲む。 弁当を食べ終えたら購買で買ったシュークリームを食べようと思っていたので飲み物はミルクティーにしていたのだ。 その後即座に1年後輩の矢巾の名前が挙がるも松川の名前を挙げた同級生セッターは尚も松川を推すべく口を開く。 アタシは何気ない様子を装いながらもう一口分のミルクティーをストローから吸い上げた。 松川の、 「オトコの突起!」 「なんそれやらしべなあ!」 「違うって!喉仏とか!そーゆう!」 あ……そーゆう、ね… 突起とかいうから、先日見たばかりの松川の乳首を思い出してしまって、今度はミルクティーが喉に詰まりかけてしまった。 むせそうになりながらもなんとか涼しい顔を心がける。 まァ、突起どころじゃなく突出してる部分もチラッと見ましたが。 そしてササッと触りもしましたが。 ゴクリ、と結構大きな音を立ててミルクティーを飲み込んでしまったのでちょっと焦る。 これでは痴女みたいではないか。 誰にも気づかれてませんように……そう祈ってみたところを国見に振り向かれる。 「花さん、」と呼ばれ、エ。 と固まってしまった。 「それ、期間限定のヤツですよね。 美味しいですか?」 「あ?ああ、この塩キャラメルミルクティーね……飲んでみる?」 「あざす」 この場で唯一の1年生レギュラーである国見がアタシの様子を窺っていたのはミルクティーが気になっていたからのようで心底ホッとする。 「おいしい……ですけど、弁当には合わなくないです?」 「ン?伊達巻には合うよ」 「伊達巻なら阿部〇まだよな」 「おれは鐘〇のがすきです」 「なんだ、向こう風だな。 あーでもやっぱいちばんはあいったな、佐々〇のおとうふかまぼこ!」 色気より食い気な岩泉がすぐこちらに混じってきた。 セクシー云々の話題にはとことん興味がないせいだろう。 国見も岩泉同様こういった話題が得意ではないのか、最初から話には混じらず黙々とツイストようかんをかじっていた。 おかげでまだ続いているこの話題につき合わされるのはアタシである。 「ねぇ、花巻は誰のどんなとこがセクシーだと思う?」 ホラ来た。 ……突起の話題は避けようね。 上の突起も下の突起も。 だからえーっと、えっと。 「うーんと、じゃあ松川?松川のおへそがセクシーだと思う」 咄嗟に思い浮かんだのは突起してないどころか、くぽりと凹んだおへそだった。 逞しく、そしてキレイに割れてる松川の腹筋に息づくおへそは筋肉のせいかちょっと横に引っ張られて開き気味で。 そうじゃねぇべ」と首を振った。 花の、 肌は白いのに指先やら髪やらが赤みがかってる花巻の胸の先っちょは、大変そそられるピンクだった。 赤とオレンジが絶妙に混じった、すっごく美味そうなピンク。 例えるならサーモン、いやトロだ。 回転寿司でレーンに載って流れてきたなら皿の装飾が格段に豪華だとしても思わず取り上げてしまうだろうツヤッツヤのやつ。 あ、これ思い出したらダメなヤツだわ…… 花巻にセクシーだと言ってもらったへその下あたりに白昼堂々、熱が集まり始める。 「……まっつん」 「ウン、おさめるから……チョイ待って」 屋上の中でも一等高い場所である塔屋に上って及川と2人で昼メシを始めようとしたら、女バレの面々も屋上にやってきた。 上から声を掛けようとすると及川に制される。 「折角岩ちゃん達はオレらに気づいてないんだから盗み聞きしよーよっ」って。 知ってたけど及川マジかすけだな。 それでなんとはなしに下から聞こえてくる話に聞き耳を立てながら弁当を食べ進めていると、いつの間にか『男のセクシー』なんて話題になっていた。 早速話題に上がった及川の顔をまじまじと見てみる。 流石ハンガー、整っている。 んでその次にオレの名前が挙がって驚いた。 そのすぐ後に矢巾の名前が出て、 あ。 これはわかる と思った。 ストイックなトコは及川と共通だけど、矢巾は及川の後釜としてのプレッシャーを背負ってるせいかなんか陰があるから。 でもなんでオレ……? そういえばオレの理由は聞いてないなぁと思っていたところ、「オトコの突起」なんて言葉が聞こえてきて、オレと及川は思わず声をあげそうになった。 男が思いつくオトコの突起ブツなんて下半身のアレ一択だから。 動揺を鎮めつつ話の続きを聞いてみると、成程。 喉仏な。 確かに及川と比べてもオレは突起してる方だわ。 そんなオレの突起してる他の部分もこないだ余すとこなくすべて目撃し、あまつさえちょっと触ってくれたりなんかしちゃった花巻は、国見と岩泉と伊達巻の話をしている。 けどエロいな、知らんぷり。 でもきこりってなんなの。 オレにはマタギに思えるよ。 相変わらずの重患っぷりには最早なんの感想も抱けず、食い終わった弁当箱を包み直そうとした時だった。 突然その話題に花巻が引っ張りこまれた。 おぉ! そしてオレと及川のやりとりは冒頭に戻る。 何がきっかけだったかいえばまずは気持ちだ。 オレは花巻のことが好きなのだ。 いつから好きだったのかはちょっと分からない。 「花っていいな」って瞬間がオニ〇ンの五段ハンバーグばりに積み重なって、いつの間にか立派な片想いになっていた。 それがまず前提。 流石に好きって気持ちがない部活の仲間とはどうこうなりたいとは思わない。 次なるきっかけは梅雨の通り雨と部室の鍵だ。 宮〇テストの前日で部活は休みで。 オレは花巻に借す約束をしてた数学の参考書を部室に置きっぱなしにしていたのを覚えていたので、オレはその日男バレの部室の鍵を持っていた。 そして花巻は部活がない日だから女バレの部室の鍵は持っていなかった。 多分ココが重要。 で、イキナリの豪雨。 制服で豪雨。 部室棟に行くまでの道には屋根がない。 濡れる。 制服で濡れる。 花巻、ブラのカタチが分かり始める。 オレ焦る。 唯一解錠出来た男バレの部室に花巻諸共入室。 花巻濡れてる。 花巻、しどけない姿で赤面しつつオレを見上げてる。 オレ、花巻が好き。 好きだと伝える前に濃密になってしまった雰囲気に飲まれた。 キスを許してもらえる自信はなかったから、キスはしなかった。 代わりに視線をそらされてあらわになった首筋から鎖骨のトコにキスしたのが最初。 嫌がられなかった。 雨に濡れて一層クセがつよくなった髪をくしゃりとされた。 かき抱かれるようにされて、耳のすぐそばで熱っぽい息を吐く音がした。 ウチの学校指定のシャツは色がついてるし生地厚めだから滅多に透けない鉄壁仕様なんだけど、ビシャビシャに濡れてしまうと普段は慎み隠しているその下の存在を浮き上がらせて……脱がせる時には肌にはりついてそれがまたエロかった。 花巻の下着はエロ可愛かった。 リボン、サテン、レース、白、黒、ピンク、ストライプ。 オレの知ってる語句で表すとそんな感じ。 制服が透けない仕様だとキャミソールなしでこんな派手な下着つけられるんだな。 とちょっと感心。 でも花巻曰く、部活のある日はこんなのつけないのだという。 確かに部活の時にこんなのつけられてたらオレ達気が気じゃなくなるかもしれない。 思い出さないようにするつもりでがっつり思い出しちゃってイッセイ大魔神してるから。 及川目測すんなし。 まあゴムがなかったからさわりっこして終わったんだけど。 雨やんだし。 そっからは特になんにも、どうにもなってない。 多少ぎこちない感じはお互いあるけど、嫌な感じじゃなくて、どっかもじもじする感じの。 でもこのまんまにしておくのはよくないし、そのつもりもない。 ピンクです。 どうかオレのものになってください。 --------------------------------------- 「かすけ」は『ずるがしこい』という意味です。 ようかんツイストも好きだけどやっぱり一〇辺はタマゴパ〇とイギリ〇サンドですよね。 でも工藤〇ンのイギ〇ストーストと派閥が分かれる 宮〇のテストが高校でも実施されてたかはちょっと記憶にないですがそこらへんは適当に。 松川くんの上下の突起はまあ普通に薄い茶色くらいで手を打っておきます。

次の

【弁解じみ】の例文集・使い方辞典

この 期 に 及 んで 意味

内藤の少年時代、ボクシングの技術論、内外のボクサー評、と話は多岐にわたったが、最後はやはりこの前の大戸戦にいきついた。 私が感想を述べようとすると、内藤がいくらか弁解じみた口調で言った。 … 沢木耕太郎『一瞬の夏』 より引用• 弁解じみたことを言ってから、中原さんは窓越しに見える庭の方へ目をやった。 おれも釣られて原稿用紙から顔を上げる。 … 片山恭一『雨の日のイルカたちは』 より引用• 薄笑いをおさめた冬本の顔に虚ろな翳が走った。 そんな弁解じみたことを言ったのをすぐ 悔 くいたような表情である。 … 森村誠一『新幹線殺人事件』 より引用• また、襲撃に参加した兵のうちの3分の1は戻ってこなかった。 イギリス植民地側のこの襲撃に関する報告では、特に弁解じみたものはなかった。 サンフランソワのインディアンたちは、イギリス植民地を、南はマサチューセッツに至るまで襲っており、ロジャーズによれば、集落の中心となる建物には、彼らが剥いだイギリス人の頭皮がたくさん飾られていた。 茂雄は拘泥なくうなずいて見せた。 弁解じみるようだが、あれが正真の虎徹でないとは誰が言い切れるだろう。 だが、刀鍛冶が精魂の限りを傾けて鍛え上げた一本の刀に、おのれの名を刻まないのは、いうまでもなくその刀の出来が心に適わぬためである。 … 平岩弓枝『鏨師』 より引用• 久邇は言い澱んだ。 何でもこういう弁解じみたことを口にするのは 厭 いやなものだ。 … 福永武彦『風土』 より引用• 私は皮肉な目つきで彼を見つめた。 二言三言、黄文攸は弁解じみたことを口にしたが、かまわず私は話しはじめた。 董家の小姐が妖虎にさらわれ、洞窟のなかにつれこまれた。 … 田中芳樹『風梢将軍』 より引用• まったく、女性の勘のよさには敵わない。 しかし、浅見が「相手は二人」と弁解じみて言ったことが、結果的には嘘になった。 ニューオータニのラウンジに現れたのは天羽紗枝子、一人だけだった。 … 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』 より引用• 私にみつめられると、彼はどこか弁解じみた口調で言った。 田久保英夫『深い河』 より引用• と思うが、平蔵ともなるとさすがである。 いちおう弁解じみたことをいってはいるが、ウハウハ気分で語っているのが手にとるようにわかる。 … 里中哲彦『鬼平犯科帳の真髄』 より引用• なぜなら、この目次をみて、作者としては、なんとなく注文をつけたいやうな気もしないではないが、わざとそれはせず、いさぎよく観念の眼を閉ぢることにした、といふところに、この集の客観的価値とでもいふべきものがはつきり現はれてゐるからである。 従つて、これらの作品の一つ一つについて、作者は更めて弁解じみた解説は加へないことにする。 たゞ、年代順から言ふと、「可児君」が最も旧く、「序文」が一番新しい。 … 岸田国士『「序文」まへがき』 より引用• 内藤の弁解じみた言葉を聞きながら、やはり駄目だったかという空しい気持で私は天井を見上げていた。 そこには、チャンスに最後のつめができず、どうしても相手を倒せなかった昔の内藤がいるようだった。 … 沢木耕太郎『一瞬の夏』 より引用• あれは本当に善良で真面目なんです。 私は、こういうとあなたに対して如何にも弁解じみて聞えるかもしれませんが、私はあれが好きです。 愛しているんです。 … 福永武彦『廃市・飛ぶ男』 より引用• わたしは今日は蒲団を干したのだから何もしなかったわけではないと弁解じみた呟きを口の中で言い、どうも以前にSから同じことを言われたことがあるような気がして、そうとすればSはテープレコーダーに似ている。 吉田知子『無明長夜』 より引用• 身をすくめるようにして弁解じみた口調になった留美子を、横合いから友子が助けた。 藤堂志津子『恋人たちの憂鬱』 より引用• この 期 こに 及 およんで 弁解 べんかいじみた 真似 まねをするのは。 勝負は結果がすべてだし、これまでのお嬢さまは勝負へ臨むに当たっては必ず勝算を携えていたし、実際すべての勝負で勝ちを拾ってきました。 … 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 02』 より引用• 何も言わなかったが、賢い千代には大方の察しがついたようだった。 女房でもない女に、気兼ねすることは何もあるわけがないと思いながら、歌麿は何となく弁解じみた口を利いたりしたのである。 二日酔いというほどではないが、気分が重く、身体がだるい。 … 藤沢周平『喜多川歌麿女絵草紙』 より引用• 落合の言葉はいかにも弁解じみたものに聞こえた。 桐山はその効果を充分に確認してから話題を転じた。 … 内田康夫『後鳥羽伝説殺人事件』 より引用• この話は、聞きやうによつては、なんとなく弁解じみてゐて可笑しくもあり、また、ある場合には、気障でさへもあるのだが、よく味はつてみると、さういふ気持がわからなくもないのである。 日本の新劇が、なんと云つても、西洋劇の伝統を引いたものである以上、日本の俳優も、新劇の舞台に立つ場合は、西洋人の真似をするといふ意味でなく、「西洋劇的演技」の本質を学ばなければならなかつたのである。 … 岸田国士『劇壇暗黒の弁』 より引用• あらためて小泉八雲にまつわる、いろいろな資料や書物を引っ張り出して調べているうちに、八雲が倉吉付近を旅行中、「地獄」に出会った話を発見して、いっそう興味をそそられた。 逡巡 しゆんじゆんする気持ちに弁解じみたことを言い聞かせて、浅見は旅行計画を練り始めた。 それにしても、人形峠までの道のりは遠かった。 … 内田康夫『怪談の道』 より引用•

次の