ビクトリア ケーキ レシピ。 Victoria Sandwitch Cake/英国女王のお気に入り!ヴィクトリア・サンドイッチ・ケーキ

【みんなが作ってる】 ケーキ ヴィクトリアのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

ビクトリア ケーキ レシピ

作り方• 無塩バターは室温に戻しておきます。 型にクッキングシートを敷いておきます。 無塩バターを泡立て器でクリーム状になるまで混ぜます。 粉糖を2回に分けて加え、白っぽくなるまでよく混ぜます。 溶き卵を少しずつ加えてその都度よく混ぜます。 薄力粉とベーキングパウダーを振るい入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜます。 粗熱が取れたら型から取り出し、半分の厚さに切ります。 真ん中にジャムを厚めに塗ってサンドします。 いちごとミントを飾り、上から粉糖を振ったら完成です。

次の

レシピ

ビクトリア ケーキ レシピ

<ヴィクトリアサンドイッチ> イギリスにおける日本のショートケーキに匹敵する存在が「ヴィクトリアサンドイッチ」。 ヴィクトリアにしても、サンドイッチにしても、なんともイギリス感満載の名前ですが、その高貴な名前に反してかなりシンプルな容姿。 プレーンなスポンジケーキ2枚でラズベリージャムをサンドしただけという、見目美しいフランス菓子に慣れ親しんでいる日本人の目には、なんとも素朴に過ぎるようにも映るケーキ。 ですがこれが、イギリス人が愛してやまない紅茶のお供。 ヴィクトリアサンドのないティールームも想像できないし、とにかくこのケーキなしにはイギリスのティータイムは語れないのではないかと思うほどのポジションを占めているケーキなのです。 基本的にはバターとお砂糖と卵と小麦粉を全て同量ずつ順繰りに入れて混ぜるだけの、いわゆるパウンドケーキ的な生地。 しっかりしっとりとしたその生地は日本の卵を泡立てて作るふんわりとしたスポンジケーキとは全くの別物です。 このしっかりとしたスポンジケーキやドライフルーツたっぷりのどっしりフルーツケーキに慣れ親しんでいるイギリス人、あまりふわふわのケーキは食べた感がしないようで、、、ある日イギリスのファームショップのお料理教室にこのヴィクトリアスポンジを習いにいくと~「ハンドミキサーでは空気が入ってフワフワになりすぎるから、生地は木ベラで作るほうがいいのよ」とのこと。 もちろん、新しい便利なキッチンガジェット好きでもあるイギリスの若い世代の人たちは喜んでキッチンエイドやハンドミキサーでヴィクトリアスポンジを作っていますが、、、。 いずれ日本と比べて粒子粗め、たんぱく質含有量多めのイギリスの小麦粉で作ると必然的に日本で作るより重めの仕上がりになるので、適度な食感があって、なるほど紅茶にぴったりのケーキです。 そうそう、イギリスでは、こういったクリームやジャムなどをサンドする2段のケーキを作るときは、「サンドイッチティンまたはサンドティン」と呼ばれる、浅い焼き型を使います。 こうすれば、焼き時間も短くて済むし、冷めるのも早い、わざわざカットする手間もないといいことづくめ。 合理的なイギリスらしい作り方です。 ご推察どおりヴィクトリア女王(在位1837~1901年)にちなんでいます。 イギリスの南に「ワイト島」という小さな島があるのですが、この自然に囲まれた静かな島は女王のお気に入りで「オズボーンハウス」と呼ばれる別邸を建てます。 1861年に最愛の夫であるアルバート公が死去すると、悲しみのあまりこの別邸に引きこもることが多くなった女王。 そんなある日、オズボーンハウスで開かれたパーティーでも女王のためにこのケーキが作られます。 このシンプルなケーキはいたく女王のお気に召し、今では女王の名を冠したそのケーキはイギリスティータイムに欠かすことのできない女王的存在になっています。 1861年のIsabella Beeton 婦人著「Househole Management」をみてみましょう~まずは卵を4つ殻ごと量って、それと同じ分量の砂糖とバターと粉とをそれぞれ量りましょう~となっています。 なるほどそれなら手持ちの卵が色々なサイズでも、いつも同じテクスチャーのスポンジが焼けますね。 当時は今のように「Lサイズ1パックください~」なんて言うわけにはいかなそうですから。 そしてお次は、バターをクリーム状にします。 そこに小麦粉とお砂糖を加えて混ぜ、次にあらかじめよくかき混ぜておいた卵も加えます。 約10分ほどかき混ぜたら、バターを塗ったヨークシャープディング型に生地を流して中火のオーブンで20分焼きます。 冷めたら、何のジャムでもマーマレードでもいいので、間にサンドして、細長くカットしてガラスの器に盛りましょう~とのこと。 ふむ、きっと今とそう変りのないケーキが出来上がりそうですね。 このしっかりとしたイギリスのスポンジだからこそのジャムとのコンビネーション。 これが日本のフワフワスポンジだとこうはいかないのです。 近頃は、ヴィクトリアサンドイッチにもジャムだけではなく、レモンカードや生クリーム、フレッシュないちごなどをはさんだバージョンも人気ですがやはり、シンプル is ベスト。 王道のラズベリージャムをサンドしたタイプを見るとほっとするのだから、慣れというのは恐ろしいもの。 新しいものを少しずつ取り入れながらも、急速な変化を好まず、昔からあるものを大切にするイギリス人の気質、そしてシンプルで家庭的な生活を愛したというヴィクトリア女王の人柄を、よく表現しているヴィクトリアサンドイッチ。 きっとこれからも愛され続けることでしょう。 現在の居は巡りめぐって宇都宮。 exblog.

次の

ブラックベリージャムのビクトリアケーキ 作り方・レシピ

ビクトリア ケーキ レシピ

ビクトリアスポンジケーキは、ワイト島のビクトリア女王が家族と避暑を過ごしたオズボーンハウスで、ティータイムに楽しまれたと言われている伝統的なケーキで、ビクトリア女王にちなんでビクトリアスポンジケーキと名付けられました。 バタークリームやホイップクリーム、イチゴジャムなどのフィリングをスポンジケーキの2層の間に挟んでいるため、ヴィクトリア・サンドイッチと呼ばれることもあります。 比較的簡単で手間がかからないので、初心者や子供にも人気のレシピです。 直径20cmのスプリングフォーム缶2枚に油を塗る。 片方のフライパンしかない場合は、両方のパーツを順番に焼くこともできます。 バターに砂糖を加えてふわふわになるまで泡立てる。 卵を泡立てて混ぜる。 小麦粉、塩、ベーキングパウダーをスプーンでちぎれにくい固い生地になるまで折るように混ぜます。 生地が乾燥しすぎている場合は、牛乳を少しずつ加えますが、生地が液状にならないようにしてください。 スプリングフォームの缶に生地を入れてなめらかにしてから、表面がきつね色になるまで30分ほど焼きます。 試しに真ん中を爪楊枝で刺してみて、生地がくっついている場合は、オーブンで少し長めに焼く必要があります。 ワイヤーラックの上で滑らかな面を底にして冷やします。 バタークリームにバター、ホイップクリーム、粉砂糖を混ぜる。 冷やしたスポンジのベースの1つにイチゴジャムを塗り、2つ目のベースの上にバタークリームを塗ります。 ジャムの上にクリームが座るように、2つのパーツを重ねます。 アイシングシュガーを振りかけて盛り付ける。

次の