チョコ ボール 向井 結婚。 チョコボール向井が脳卒中!病気の原因は?井上京子も駆けつける

チョコボール向井が脳卒中!病気の原因は?井上京子も駆けつける

チョコ ボール 向井 結婚

2007年でAVを引退後は飲食店などの経営者として活躍していたが、この6月末、自身のバーで脳卒中で倒れてしまったという。 後遺症で左半身に麻痺が残り、現在はリハビリに励む毎日を過ごしている。 「飲みすぎと塩分の取りすぎが原因。 お客さん相手の商売ということもあり、それまで飲めなかったのに、毎日ビールを10本飲んで、食事といえば肉ばかり。 今になって、もう少し節制していればと後悔するばかりです」 約1か月寝たきりだったこともあり、体重も激減。 呂律も回らず、口調もややぎこちない。 リハビリの糧になっているのがファンからの励ましのメールだ。 SNSで病状について公表したところ、多くのメッセージが寄せられた。 「AV男優時代の先輩である加藤鷹さんがお見舞いに来て、『チョコ元気だせよ!』と励ましてくれたのには感激しました」 リハビリの進行状況は良好。 短い距離なら1人でも歩けるようになるなど、徐々に回復しているという。 順調なら年末までに退院できる見込みということもあり、表情は明るい。 「脳の病気は怖いですが、リハビリすれば良くなります。 また復活できるようにがんばります!」.

次の

チョコボール向井 脳卒中から壮絶リハビリで完全復活 (2017年12月13日)

チョコ ボール 向井 結婚

記事では安が東の高級マンションに足繁く通って半同棲状態なこと、昨年3月に安の母親が亡くなった際に東が彼女を支えて絆が深まったことなどを報じた。 本誌発売後、東は出演するラジオ番組で、高田文夫に記事の件を突っ込まれながらも最後までシラを切り通していた。 関係者によると、本誌が熱愛を報じたことで、ふたりが真剣に結婚を考えるきっかけになったという。 かねてから安は「20代のうちに結婚したい」と公言していたために、12月22日の誕生日前にも婚姻届が提出されると見られる。 披露宴ではきっと、東の父・八郎の名曲『娘へのバラード』が奏でられることだろう。 ところで、ふたりが交際を開始した2007年よりもはるか前に、安と「ベッドを共にした」男性がいる。 元AV男優のチョコボール向井氏だ。 現在は新宿2丁目でスナックを営んでいる。 安とチョコ氏の出会いは、2001年放送の深夜番組『トゥナイト2』。 売り出し中のタレントとして出演していた当時19歳の安は、人気絶頂の有名男優に体当たり取材を敢行していた。 インタビューはふたり並んでベッドの中。 「初体験はいつですか?」と安はチョコ氏に問いかけるも、「自分はどうなの? 2人? 3人?」と逆質問で迫られ、「自分はまだまだですよ〜、ヤッてないってば〜」と愛らしくはぐらかしていた。 チョコ氏が監督するAVの撮影現場にも憶することなく飛び込み、レポーター役を見事にこなしていた。 チョコ氏はいう。 「あの時の女の子が安さんだと知ったのは、6年ほど前。 すでにグラビアアイドルとして大活躍していました。

次の

チョコボール向井 脳卒中乗り越え復活 懸命なリハビリ経て飲食店経営「今が幸せ」/あの人~ネクストステージ/オピニオンD/デイリースポーツ online

チョコ ボール 向井 結婚

「人生において最大のピンチでしたから…」-。 病に倒れて健康のありがたさを思い知った。 昨年6月、脳卒中に倒れたチョコボール向井さん(51)は、懸命なリハビリを重ねて社会復帰。 現在は東京・幡ケ谷で「チョコボール向井の店 CHOCOBALL FAMILY」をひとりで切り盛りしている。 90年代、筋骨隆々のボディーを武器にセクシー男優として、またプロレスラーとしても一時代を築いた。 プロレスを06年に引退すると、人生のセカンドキャリアを考え、新宿2丁目にスナックをオープン。 男優生活と並行し、飲食店経営にも乗り出した。 「今思えば、お金を追ってばかりでムリな生活をしていた。 毎日、べらぼうに酒を飲んで、撮影に行って、肉ばかり食べてと、不摂生していました。 血圧は180もあったのに…。 そして50歳の時に倒れたんです」 2丁目の店内で倒れたチョコさんは生死をさまよい、病院のベッドで意識が戻った時には、左半身がしびれて力が入らなかった。 それでも、ボディービルなどで体を鍛えていたこともあり、リハビリにも懸命に取り組んだ。 「猪木さんが言ったけど、元気があれば何でもできる。 でも、元気がなければ何にもできない。 痛感しました」。 4カ月間の入院生活で担当医も驚く回復ぶりを見せた。 「グラスを洗いながら力の入らない左手を見て泣いたこともありました」と振り返るが、仕事の合間をみては、体力回復のためジムに通う。 「昔のように見栄えのいい筋肉を求めているのではなく、体幹を鍛えています。 やはり再発は怖いので」。 塩分摂取に気を使い、血圧測定も欠かさない。 男優としての全盛期には年収2500万円に達したというが、現在は遠く及ばない。 それでも、「今は幸せ。 健康で生活できていることが幸せです」という。 そして20年の東京五輪にも目を向ける。 「第2の人生、健康をもっと大切に生きていこうと誓いました。 今は速く走ることはできませんが、パラリンピックとかにも出てみたい。 頑張れば元セクシー男優でも出られるのかな」。 控えめにちょこっと笑った。 高校卒業後、プロレスラーを目指して上京も夢破れ、24歳でセクシー男優デビュー。 男優としては約20年の活動で5500本のセクシービデオに出演した。 99年にはプロレスラーとしてもデビュー。 プロレス引退後の07年、新宿2丁目でスナックをオープン。 17年6月23日に店で倒れる。 同12月、京王新線幡ヶ谷駅北口から徒歩1分のスナック「チョコボール向井の店 CHOCOBALL FAMILY」(東京都渋谷区幡ヶ谷2の8の5近藤ビルB1、電話03・6383・3837)をオープンした。 11月17日には1周年記念イベントを行い、友人である加藤鷹さん、小室友里さんもゲスト参加する。

次の