アトモス 塗料。 外壁塗装の材料・アトモスってなんだ?

アトモス外壁塗装に3ヶ月で亀裂 日本eリモデルは保証してくれる?

アトモス 塗料

またマットな仕上がりで非常に重厚感があり、味わい深い色相です。 石材を外壁に貼るとなるとコストがかかるだけでなく、壁が重たくなり耐震性にも不安が出てきます。 一般的なセラミック塗料は塗膜が堅いためにひび割れしやすい状態でした。 特に、アトモスは耐久性に優れるようにセラミックを高温で焼き強度を高くしています。 そしてセラミックの効果で塗膜も厚くなるので断熱性が上がるのです。 冬は暖かく、夏は涼しい室内温度を維持することができます。 石や砂が混じっていてキラキラと光る天然素材の上質感、重厚感がありお家の高級感が一気に上がります。 その仕上がりに魅了され、仕上がりの美しさが決め手になる方も多いのです。 また残念なことに一部の良くない悪徳業者が高級塗料を使い不当な利益を得ている為に、悪評が多くなっています。 もちろんアトモスを使用するすべての業者が悪いという事ではありません。 外壁塗装業者としてアトモスの施工がきちんと行える業者に依頼することが大切です。 そして施工業者さんの技術力によって出来栄えも左右するので信頼できる施工業者さんに依頼することをお勧めします。 光沢が好みな方にはお勧めできません。 しかしいろいろな色合いの石がキラキラ光るという意味での光沢はあり、とtめお高級感あふれる仕上がりになります。

次の

自然石調ラピス塗料の価格・値段は?

アトモス 塗料

セラミック塗料にはどのようなものがあるのか? 先ず、セラミック塗料は全て長持ちすると言うことではありません。 シリコン系やフッ素系などの塗料に各種のセラミックを調合し、色々な機能性を持たせた塗料を一般的にセラミック塗料と呼ばれ、セラミック自体は耐久性能にはほとんど関係ありません。 屋根や外壁塗装に用いられているセラミック塗料には、大きく分けて3つの種類があります。 ひとつめはセラミックの細かい粒子を塗料に添加したもの、ふたつめはセラミック製の中空ビーズを塗料に添加したもの、最後に大粒のセラミックを使用しているものです。 それぞれの塗料ごとに特性や性能が大きく変わりますので、セラミック塗料で外壁や屋根を塗装する際には、性能を良く把握した上で選びましょう。 セラミック塗料の基本的な特徴 色々な種類があるセラミック塗料ですが、セラミックを用いた塗料には共通の効果があります。 それは、親水性という効果で、雨水などの水分がかかった際に外壁に付着した汚れが流れ落ちやすくなるという性質です。 この効果により、セラミック塗料を外壁塗装や屋根塗装に用いると長い間美しいままの状態を保つことができます。 各セラミック塗料の特徴とは 粒子が含まれているもの、セラミックビーズが含まれているもの、大粒のセラミック粉末が含まれているものではどのような性質の違いがあるのでしょうか? 各メーカーのセラミック塗料の特徴についてご紹介します。 セラミック粒子を使用したセラミック塗料 日本ペイントの「ファイン4Fセラミック」などがさまざまなメーカーがこのタイプの製品を販売しています。 セラミック塗料の基本とも言えるタイプの製品ですので、耐久性と汚れにくさが特徴です。 このタイプの製品で塗装を施すと、乾燥にともなって塗膜の表面にセラミック粒子が浮き上がり、セラミックで建物がコーティングされ、汚れが付着しにくくなります。 また、紫外線による塗膜の劣化や、カビ、コケの付着も防ぐことができるため、長期間建物を保護したいという方におすすめの製品です。 ただ、断熱性や防音性、耐熱性についてはそれほど高くないため、これらの問題を改善したいという場合は、他の製品を使用した方が良いでしょう。 ファイン4Fセラミックの耐用年数は約20年、塗装のリフォーム回数をできるだけ減らしたいという方におすすめの塗料です。 日本ペイントでは、この製品以外にもさまざまな特徴を持ったセラミック塗料を販売していますので、目的に合わせて塗料を選ぶことができます。 セラミックビーズを使用した製品 中空セラミックビーズを使用した製品と言えば、日進産業の「ガイナ」です。 使用されているセラミックビーズは内部が中空になっており、熱や音が伝わりにくいという特性があります。 断熱性や耐熱性、防音性の高さが特徴の塗料ですので、外気温の伝達を防いでエアコンの電気代を抑えたいという方、雨音が気になるという方におすすめの塗料です。 こちらも耐用年数は約20年と十分な耐久性を持っている製品となっています。 セラミック粉末を利用した製品 株式会社アペティーが製造している「アトモス」「ラピス」がこのタイプの製品となります。 これらの商品は、吹き付け施工することで建物の表面が自然石のような仕上がりとなり、通常の塗装とはひと味違ったデザインになるのが特徴です。 表面がざらざらとした質感に仕上がるため、汚れの付着が気になりますが、親水性が高いので雨などがかかればある程度汚れは流れ落ちます。 ただ、雨がかかりにくい場所では親水性を発揮することができませんので、そのような部位にはホースなどを用いて水をかけると良いでしょう。 ガイナのように中空ビーズを使っているわけではありませんが、塗膜が他の2種類に比べて厚くなるため、耐熱性や耐久性にも優れています。 耐用年数は約20年、他の塗料より色あせに強いという特徴がありますので、長期間外壁を美しく保ちたいという方におすすめの製品です。 各塗料の価格について 各塗料の平米あたりの価格ですが、ファイン4Fセラミックは約3,600円、ガイナが約3,800円、アトモス、ラピスについては約9,000円が相場となります。 アトモスとラピスは少し価格が高めとなっていますが、これは塗膜に厚みがあるため、使用する塗料の量が多くなってしまうことが原因です。 アトモスとラピスはデザイン性を重視した塗料ですので、多少施工費用が高くなっても見た目にこだわりたいという方におすすめとなっています。 塗り替えにセラミック塗料を使用する際の注意点 外壁の塗り替えにファイン4Fセラミックやガイナ、アトモスなどのセラミック塗料を使用する際に注意しなければいけないことがあります。 それは、どの塗料も施工にやや技術を必要とする点。 特にアトモスやラピスは吹き付け施工となりますので、職人の腕によって仕上がりが左右されてしまいます。 セラミック塗料に塗り替える際には、メーカーの講習を受けたリフォーム会社に作業を依頼するようにしましょう。 リフォームする際のポイント もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。 リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。 正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に 「現地調査」を受ける必要があります。 その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。 それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、 必ず「比較検討」をする!ということです。 複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。 バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。 このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。 「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。 」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。 一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。 後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!.

次の

外壁塗装にアトモスを使った方の評判【2020年最新版】

アトモス 塗料

またマットな仕上がりで非常に重厚感があり、味わい深い色相です。 石材を外壁に貼るとなるとコストがかかるだけでなく、壁が重たくなり耐震性にも不安が出てきます。 一般的なセラミック塗料は塗膜が堅いためにひび割れしやすい状態でした。 特に、アトモスは耐久性に優れるようにセラミックを高温で焼き強度を高くしています。 そしてセラミックの効果で塗膜も厚くなるので断熱性が上がるのです。 冬は暖かく、夏は涼しい室内温度を維持することができます。 石や砂が混じっていてキラキラと光る天然素材の上質感、重厚感がありお家の高級感が一気に上がります。 その仕上がりに魅了され、仕上がりの美しさが決め手になる方も多いのです。 また残念なことに一部の良くない悪徳業者が高級塗料を使い不当な利益を得ている為に、悪評が多くなっています。 もちろんアトモスを使用するすべての業者が悪いという事ではありません。 外壁塗装業者としてアトモスの施工がきちんと行える業者に依頼することが大切です。 そして施工業者さんの技術力によって出来栄えも左右するので信頼できる施工業者さんに依頼することをお勧めします。 光沢が好みな方にはお勧めできません。 しかしいろいろな色合いの石がキラキラ光るという意味での光沢はあり、とtめお高級感あふれる仕上がりになります。

次の