マイ ナンバー ポイント。 マイナンバーカード|25%ポイントバック!国をあげた大還元祭りが始まるよ♪

お得?面倒くさい?マイナンバーカードで最大5千円分ポイント還元 その仕組みと今後の課題とは

マイ ナンバー ポイント

「マイナンバーカード」の交付が2016年1月にスタートしてから、約4年半が経過しました。 マイナンバーカードは、顔写真付きの本人確認書類としての利用や、オンラインでの確定申告 e-Tax など、たった1枚でさまざまな用途に使えるのが魅力ですが、今もなお利便性の拡充が図られており、2021年3月からは健康保険証としても使えるようになる予定です。 マイナンバーカードの取得はあくまでも任意ですが、申請しようかお悩み中の方にうれしい施策が9月にも本格始動します。 その名も「マイナポイント」事業。 所定の手続をすると1人当たり上限5,000円分のポイントが付与されるのですが、そのためにはマイナンバーカードが必要になります。 マイナポイントの付与は9月以降開始されますが、実は今のうちからマイナンバーカードの申請手続きを済ませておくのがオススメ。 それは一体なぜなのか? 詳しく解説していきます。 こちらは裏面。 12桁の番号 マイナンバー が記載されています では、なんのために使うカードなのか? その点、マイナンバーカードの取得はなんといっても無料。 そのカードは紙製で、顔写真が入っていないのではないでしょうか? この点はお間違えなきよう。 とはいえそこは情報化社会。 インターネットでの確定申告も始まっています。 それがe-Taxです。 税の仕組みを学ぶにも最適ですし、機会があればぜひ利用することをお勧めします。 2021年3月 予定 からは健康保険証としての利用もスタート マイナンバーカードやマイナポータルの機能はまさに拡充中。 今後もさまざまな機能の追加が予定されています。 マイナンバーカードの申請には、「個人番号通知書」または、郵送された通知カードの下に付いている「個人番号カード交付申請書」が必要です。 記載されているQRコードをスマートフォンで読み取り、申請用Webサイトにアクセスしてメールアドレスを登録。 特に事前準備しておきたいのがパスワードの設定です。 しかし、実は今こそ絶好のタイミングなのです。 具体的には電子マネーを2万円分チャージしたり、クレジットカードで2万円分のお買い物をすると、上限5,000円分のポイントが付与されます。 マイナポイント事業で付与されるポイントは、選択したキャッシュレス決済サービスに付与されます。 何か新しいポイント制度が追加導入されるわけではないので、今まで通りシンプルに使うことができます。 スマートフォンに「マイナポイント」のスマホアプリをインストールし、マイナンバーカードを読み取ります。 数字4桁のパスワード 暗証番号 の入力が完了すれば、マイキーIDが設定されマイナポイントの予約完了となります。 iPhoneの場合、数字4桁のパスワード 暗証番号 を入力してからマイナンバーカードを読み取るという順序になります。 7月以降には次のステップとして、「マイナポイントの申込み」が開始します。 マイナポイント事業に登録されているお好きなキャッシュレス決済サービスの中から1つを選択できるようになります。 そしていよいよ9月以降、選択したキャッシュレス決済サービスでお買い物またはチャージをすると、決済額に応じてポイントが付与されます。 マイナンバーカードを取得するなら今 マイナポイントを語る上でぜひ覚えておきたいのが、「マイナンバーカードはお買い物の際には使わない」という点です。 マイナンバーカードとキャッシュレス決済サービスをひも付けしたからといって、国がお買い物履歴を収集、保有することはできません。 またマイナポイントの付与は、「1人当たり上限5,000円分」という点も魅力です。 お出掛け、お食事などのプチぜいたくを楽しむのもよさそうです。 忘れてはいけないのはマイナンバーカードの準備。 マイナンバーカードを申請するには、この6~7月が絶好のタイミングです。 マイナンバーカードの申請から取得まで概ね1カ月かかることを考えると、早めに申請を行って9月以降のポイント付与に備えましょう。 詳細はお住まいの市区町村のホームページをご覧ください。 マイナンバーカードは、政府が普及を推進し、利便性についても着実な向上が図られています。 マイナポイントを契機に、ぜひマイナンバーカードの取得について、考えてみてください。

次の

誰もが対象! マイナンバーカードで25%、最大5,000円還元の「マイナポイント」を徹底解説

マイ ナンバー ポイント

マイナポイント事業とは? マイナポイント事業とは国が「キャッシュレス決済」と「マイナンバーカード」の普及を一石二鳥で狙った施策です。 2019年10月の消費税増税に伴う「キャッシュレス消費者還元事業」とは全くの別ものです。 「キャッシュレス消費者還元事業」では5%還元や2%還元などのステッカーやのぼりが街にあふれていますが、この事業は2020年6月末をもって終了となる予定です。 本来であれば、その後7月と8月で東京オリンピックの好景気があり、そのあとの景気の落ち込みが心配される2020年9月から「マイナポイント事業」による還元が開始される予定でした。 新型コロナウイルスの影響で、今後どうなるか予断を許さない状況ですが、国会で予算承認される前提で、「マイナポイント事業」の準備が進んでいます。 ですが、これを活用するためには、なかなか大変な次の準備を乗り越える必要があります。 ICチップ付きのマイナンバーカードを作る• 「特定のスマホ」または「カードリーダライタ」を用意する• マイナポイントの「マイキーID」を設定する• マイナポイントで使うキャッシュレス決済を1つ選んで登録する 以下に、それぞれ説明します。 マイナンバーカードを作る 最初の大前提として、「マイナンバーカード」を発行する必要があります。 これは紙の通知カード(2020年5月末で廃止予定)ではなく、プラスチックで顔写真とICチップが入っている本来のマイナンバーカードです。 現在特別定額(10万円)給付金のオンライン申請でもこのマイナンバーカードが必要とされ、役所の窓口が大混雑していますが、まだマイナンバーカードを作っていなければ、まずはここを乗り越える必要があります。 また、時間も相当かかるでしょう。 「特定のスマホ」または「カードリーダライタ」を買う マイナンバーカードを読み取りのために、特定のスマホまたはカードリーダライタを接続したパソコンを用意する必要があります。 対応機種については、公式サイトに記載があるので、確認しましょう。 私の場合は、スマホがiPhone 11で対応機種でしたが、古いスマホでは対応していません。 ご注意ください。 カードリーダライタなら、こういったICチップ対応のものが必要です。 ただし、当面は品薄状態と思われます。 「マイキーID」を設定する 公式サイトに「マイナポイントを予約する」とあって、何のことか分かりにくいですが、要するに スマホであれば「マイナポイント」アプリをインストールして、マイキーIDというID番号を発行します。 マイキーIDとキャッシュレス決済を紐づけることで、買い物の際にマイナンバーカードを持ち歩かなくて良い仕組みになっています。 この マイキーID発行までは現在でも既に行うことができます。 早めにやっておきましょう。 マイナポイントで使うキャッシュレス決済を1つ選んで登録する 予定では2020年7月から、「どのキャッシュレス決済でマイナポイントを使うか」を1つだけ選んで、登録する必要があります。 以下のとおりWAONやNanacoといった電子マネー、PayPayのようなQRコードが選べるようになります。 (出典:マイナポイント事業公式サイト 2020年5月8日発表(一部)) ここまでが準備作業です。 老若男女がここまで無事たどり着けるかどうか、がまず問題です。 マイナポイントもらい方と使い方 準備が終わったら、いよいよ 2020年9月から2021年3月末までマイナポイントを貰ったり、使ったりすることができます。 マイナポイントはキャッシュレス決済手段への 「チャージ」か「購入」の際に付与されるとなっています。 ここで注意すべきは、 「チャージ」の場合はこれまでの「キャッシュレス消費者還元事業」とは順番が逆になる、という点です。 つまり、「キャッシュレス消費者還元事業」では先にキャッシュレス決済して、決済金額の2%や5%が何らかの方法で返ってきました(もしくは値引きされました)。 まさに還元です。 ところが、 先にチャージした段階でプレミアムとしてポイントが付与される、ことになります。 例えば、Suicaに1万円をチャージすると25%の2,500円が上乗せされて、12,500円がチャージされるといったイメージです。 上限金額の5,000円は「チャージの都度」ではなく、「事業期間全体」でという理解で、1人の利用者が事業を通じて最大5,000円までプレミアムポイントを取得できるという意味です。 付与されたマイナポイントはそのまま1ポイント=1円として決済時に使用することになります。 この使い方は通常の支払と同じです。 また、 「購入」の場合については、まだ詳しい情報が出ていません。 例えば、選んだクレジットカードで2万円以上使えば、5,000円がそのカードに還元されると予想していますが、まだはっきりしていません。 事業者ごとに付与タイミングが異なる可能性もあります。 いずれにしろ、「準備が大変な割に5,000円ですか・・・」というのが正直な感想です。 タダで貰えるので贅沢を言ってはいけませんね。 この仕組みが今後のコロナ対策で使われる可能性もあり、可能であれば準備されると良いです。 店舗事業者側の準備 店舗事業者にとっては、2020年6月末までの「キャッシュレス消費者還元事業」に引き続き、集客のために是非利用したいでしょう。 特に、外出自粛で客足が遠のきましたから、再びお客様に来ていただくために、9月以降加盟事業者となることをおすすめします。 記事執筆時点では、PayPayのようなキャッシュレス事業者の参加募集が行われており、今後最終的な事業者リストが発表されるはずです。 店舗事業者については、「加盟店は登録の対象となりません」との表記があり、特別な登録手続きは不要と解釈しています。 ただし、キャッシュレス事業者によってはなんらかの申し込み手続きが必要となるかもしれません。 もし、そもそも「キャッシュレス消費者還元事業」に乗り遅れてしまい、 まだキャッシュレス決済をまったく導入していなかった、という場合には、この機会に導入を検討されると良いです。 ウイルス感染防止の観点から現金に触りたくないと考える人もいるようです。 キャッシュレス決済の導入方法は以下の記事に詳しく書きましたので、ご参照頂ければと思います。

次の

誰もが対象! マイナンバーカードで25%、最大5,000円還元の「マイナポイント」を徹底解説

マイ ナンバー ポイント

マイナンバーカードをお持ちでしょうか? 私は持っていません、国民への普及率は約13%にとどまっていることから所持されていない方がほとんどではないでしょうか? そもそも、マイナンバーカードとは? このマイナンバーカードは国民一人一人に付与されている、マイナンバーを身分証明書としても手軽に利用してもらうためのカードです。 マイナンバーカードには顔写真や氏名、生年月日などを記載されてこのマイナンバーカードをもっていればコンビニ設置の複合機から住民票や印鑑登録証明書を取得できるのです。 私自身、平成27年にマイナンバーが発行された後利用したことといえば勤めている会社へ マイナンバーを開示したことが1度あるのみで、マイナンバーカードすら発行手続きをしていません。 ところが政府はこのマイナンバーカードの普及を見込んで保険証としても利用できたり、ポイントカード機能を持たせたり利便性を向上させるようです。 このマイナンバーカードを持つ利点はあるのか?また今後予定されているマイナンバーカードのポイント還元はホントにお得なのか?について調べてみました。 マイナンバーカードのポイント制がはじまっている 実はマイナンバーカードのポイント還元制度はもうすでに始まっています。 これは各自治体で行っている自治体ポイントとの連携です。 自治体ポイントとは 全国の自治体では様々な取り組みで市民へのポイント還元を行っています。 ボランティアに参加するとポイントがもらえる、またはご長寿ポイントを利用してその地域の施設(美術館や日帰り温泉など)を利用できる取り組みは各自治体ですでに始まっています。 このマイナンバーカードを自治体ポイントと提携されて利便性を高める取り組みが予定されています。 参考:総務省「地域活性化資料」 マイナンバーカード ポイント還元は25%? 政府はキャッシュレスを推進していますが、このマイナンバーカードにもそのキャッシュレスのポイントカード機能を持たせるのではないか? そしてその還元率が25%になるらしいとかなり話題になっています。 マイナンバーカードのポイント還元の仕組み まず、マイナンバーカードを取得し、その後マイナンバーカードとご利用のスマートフォンを連携させて自治体ポイントが利用できるようにします。 具体的な連携方法はまだこれからですが、おそらく現在のPayPayのような形で提携し、スマートフォンに利用者が入金するとそこにポイントを付与する方式が有力とのことです。 利用者入金20,000円に対して、国費5,000円をポイント還元する施策が有力とのこと。 実現すればいままでご紹介したどの電子マネーよりも還元率が高いです。 マイナンバーカードは普及する? リスクは? マイナンバーポイントの還元率の高さだけで、一気に普及は進むのでしょうか。 マイナンバーカード普及の条件を考える 現在キャッシュレスpayの勝ち組は楽天ペイですが、楽天というECサイトを日常的に使う層にとってポイントを使う場が多いというところが強みだったと思われます。 ポイント還元によってマイナンバーカードが普及する条件としては、自治体ポイント対応のサービスがどのくらいあるのか?が大きいでしょう。 マイナンバーカードが保険証として利用できるようになる 今後政府はこのマイナンバーカードを2023年までに全国民が取得するべくすすめていく予定です。 身分証明書としてだけでなく保険証として利用できるのであれば、普及するでしょう。 個人情報漏洩リスク でも取り扱いには要注意です。 「お得なポイントカード」という認識で、万が一紛失したりするとマイナンバーカードから個人情報が漏洩する危険もあります。 なぜなら今後マイナンバーカードには納税情報や医療情報、年金など給付金やハローワークへの登録情報まで取り込まれる予定だからです。 今後の普及を目指すためにも、情報漏洩に関する国の対策も待たれるところです。 利便性とお得感、そして安心して利用できるマイナンバーカードになることを期待します。

次の