手作り マスク ポケット。 量産完了【手作りマスク】フィルター横ポケット付き!フィルターどんな形がいい?

ハンドメイドマスク、マスク、立体マスク、ポケット付き、手作りマスク、日本製。Hand Made mask

手作り マスク ポケット

手作りマスクの型紙には珍しい、ポケット付き立体マスクです。 ポケットにフィルター等を挿入する事が可能です。 ・サイズ展開を豊富にする事により、個々の顔サイズにフィットするよう計算しました ・マスクの内側にポケットがあります(ウイルス対策用のシートなどを挿入できる) ・鼻の部分にワイヤーを入れる事が可能 ・美しいシルエット が、特徴の型紙です。 手作り感が少ないので、大人が付けても恥ずかしくありません。 ミシン初心者の方にも作れるように、作りは最小限にしています。 簡単な作りのマスクは沢山紹介されていると思うので、 もうワンランク上のマスクを求めていらっしゃる方に最適です。 鼻の部分にはワイヤーを挿入出来るようにしていますが、 ワイヤーがなくてもフィットするような立体設計にしていますのでお好みで調整して下さい。 マスク本体はガーゼ生地で作られると思いますが、ガーゼは通気性のよい生地なので、ウイルス対策としては心配な方もいらっしゃると思います。 そこで、内側にポケットを付ける事により(作りはとても簡単!)そこに、ウイルス対策用のシートなどを入れる事が可能です。 関連副資材 ダウンロードにあたり守って欲しい事です 1、必ず以下のリンクよりダウンロードして下さい 直リンクの禁止 2、 ブログなどにリンクを貼る場合は、以下のコードを貼り付けて下さい。 MahoeAnelaポケット付き立体マスク型紙DLはこちら 3、 SNSで発信する場合は、以下の ハッシュタグを付けて投稿して下さい。 4、製作したマスクの販売はOKです。 販売により起こったトラブル等を当店が保証するものではございません。 5、ポケット付き立体マスクの型紙とレシピは当店のオリジナルです。 微調整を加えてあたかもご自身で制作されたかのように発信される事、又はそのような誤解を招く発信方法はお控え下さい(当店の型紙を使用し、修正を加えている事を必ず公開して下さい) 6、型紙やレピの複写・転用・流用・転売等は一切禁止。 多くの皆様に気持ちよく使って頂けるようにマナーを守ってご利用下さい。 無料公開型紙ダウンロード 作り方のダウンロード.

次の

手作り【ポケット付き】鼻&アゴもフィット感OK!プリーツマスクの作り方

手作り マスク ポケット

フィルター等を入れられるように、立体布マスクの内側にポケットを付ける方法を解説します。 これは、のアレンジです。 型紙は、のページからダウンロードしてください。 完成写真 と 解説 まずは完成写真を見て出来上がりのイメージをつかんでください。 外側から見ると普通の立体布マスクです。 内側にフィルターなどを入れられるポケットが付いています。 マスクの形にフィルターなどをカットして、 入れることができます。 左右どちら側からも入れられます。 鼻やアゴの部分までカバーしたい場合は、真ん中を11cmぐらいにしてみてください。 鼻の部分にワイヤー ノーズフィッター を入れることも出来ます。 ノーズフィッターを入れても、ポケットにフィルターが入ります。 フィルターポケット付きのマスクは、「表地」「裏地」「ポケット布」「ポケットに入れたフィルター」の4枚重なります。 なので、使用する生地はダブルガーゼなど 通気性のいい生地がおすすめです。 通気性のよくない生地ですとかなり息苦しくなります。 私が使った材料の詳細 表地は、です。 裏地は生成りのダブルガーゼ、ポケットは、薄紫色のダブルガーゼです。 マスクゴムも薄紫色です。 作り方 アレンジの仕方 大人用のマスクで説明しますが、子供用も同じです。 マスクを使う人によって顔の大きさ・形・好みがかなり違うため、まずは 試作品を1つ作ってサイズを確認し、小さすぎたら型紙の周囲をプラス0. 5cm~プラス1. 5cmしてみてください。 サイズを確認せずにたくさんのマスクを作ると布がムダになることがあります。 表地と裏地を作る 《1》まずは、の工程【1】~【5】まで作ってください。 (では工程【1】~【44】です)すると、表地と裏地が出来上がります。 ポケット布を切る 《2》表地と裏地を作るときに使った型紙の端を2. 5cmカットした型紙 型紙の左側の縦点線の位置でカット で、ポケット用の布を左右対称に1枚ずつ切ります。 「鼻側」の位置にしるしを付けておくと後々布を合わせるときにわかりやすいです。 5cmカット 型紙の左側の縦点線の位置でカット です。 型紙を拡大した場合も2. 5cmカット 型紙の左側の縦点線より少し右です してください。 ポケット布を縫い合わせる このポケット布も、表地と裏地と同じように縫い合わせます。 詳しくは、の工程【2】~【5】をご覧ください。 (では工程【11】~【44】です) 《3》簡単に説明しますと、中表に合わせて赤線を縫い代1cmで縫って、縫い代を5mm残して切り落とし、ミシン線に垂直に切り込み 緑線 を入れます。 (ミシン線を切らないように注意してください。 ) 《4》縫い代を片側に倒します。 どちら側に倒してもOKです。 《5》【省略OK】縫い代の上を縫います。 これで、ポケット布を、の工程【2】~【5】まで作り終えました。 (では工程【11】~【44】です) 《6》すると、このように表地・裏地・ポケット布の3つが出来上がったことになります。 ポケット布の両端を縫う 《7》ポケット布の端を5mm裏側に折り、 《8》そのままさらに1cm折ります。 これで、三つ折りになりました。 《9》反対側も同じように折ります。 すると両端が三つ折りになります。 《10》この三つ折り部分を、赤線を縫ってとめます。 布を重ねる 《11》裏地の表が見えるように置いた上に、ポケット布の表が見えるように置きます。 つまり、裏地の表とポケット布の裏がくっつくように置くということです。 鼻とアゴの位置もそれぞれ合わせてください。 《12》その上にさらに表地の裏が見えるように置きます。 鼻とアゴの位置もそれぞれ合わせてください。 最後まで作る ここからは、の工程【7】~【14】と同じですので、詳しくはそちらをご覧ください。 (では工程【48】~【76】です) 《13》簡単に説明しますと、赤線を縫い代1cmで縫ってから、縫い代を5mm残して切り落とします。 そして、ミシン線に垂直に切り込みを入れます 緑線。 《14》表に返します。 この時、表地の表とポケット布の表が見えるようになっているか確認してください。 《15》アイロンなどをかけて形を整えます。 表地側に折ると見た目はあまりよくありませんが、肌当たりも良く、密閉度も上がります。 《17》さらに、1. 5cm折ってください。 《18》赤線を縫います。 この時、ポケット布を一緒に縫ってしまわないように注意してください。 《19》反対側も同じように縫って、マスクゴムを入れます。 簡単に説明してしまいましたが、詳しくは、の工程【7】~【14】を見てください。 (では工程【48】~【76】です) ノーズフィッターの入れ方 鼻の部分にワイヤー ノーズフィッター については、でも解説していますので、まずはそちらをご覧ください。 このポケット付きマスクの場合は、出来上がってからもノーズフィッターを入れられるので、ここではその方法を簡単に解説します。 《20》使い捨てマスクなどから取ったワイヤーを用意します。 《21》ポケットと裏地の間の鼻部分にワイヤーを入れます。 写真では見えませんが、赤線部分にワイヤーが入っています。 《22》ワイヤーを囲むように縫います。 これで出来上がりです。 お疲れさまでした。

次の

さらしでプリーツマスクの作り方(フィルター仕様)

手作り マスク ポケット

フィルター等を入れられるように、立体布マスクの内側にポケットを付ける方法を解説します。 これは、のアレンジです。 型紙は、のページからダウンロードしてください。 完成写真 と 解説 まずは完成写真を見て出来上がりのイメージをつかんでください。 外側から見ると普通の立体布マスクです。 内側にフィルターなどを入れられるポケットが付いています。 マスクの形にフィルターなどをカットして、 入れることができます。 左右どちら側からも入れられます。 鼻やアゴの部分までカバーしたい場合は、真ん中を11cmぐらいにしてみてください。 鼻の部分にワイヤー ノーズフィッター を入れることも出来ます。 ノーズフィッターを入れても、ポケットにフィルターが入ります。 フィルターポケット付きのマスクは、「表地」「裏地」「ポケット布」「ポケットに入れたフィルター」の4枚重なります。 なので、使用する生地はダブルガーゼなど 通気性のいい生地がおすすめです。 通気性のよくない生地ですとかなり息苦しくなります。 私が使った材料の詳細 表地は、です。 裏地は生成りのダブルガーゼ、ポケットは、薄紫色のダブルガーゼです。 マスクゴムも薄紫色です。 作り方 アレンジの仕方 大人用のマスクで説明しますが、子供用も同じです。 マスクを使う人によって顔の大きさ・形・好みがかなり違うため、まずは 試作品を1つ作ってサイズを確認し、小さすぎたら型紙の周囲をプラス0. 5cm~プラス1. 5cmしてみてください。 サイズを確認せずにたくさんのマスクを作ると布がムダになることがあります。 表地と裏地を作る 《1》まずは、の工程【1】~【5】まで作ってください。 (では工程【1】~【44】です)すると、表地と裏地が出来上がります。 ポケット布を切る 《2》表地と裏地を作るときに使った型紙の端を2. 5cmカットした型紙 型紙の左側の縦点線の位置でカット で、ポケット用の布を左右対称に1枚ずつ切ります。 「鼻側」の位置にしるしを付けておくと後々布を合わせるときにわかりやすいです。 5cmカット 型紙の左側の縦点線の位置でカット です。 型紙を拡大した場合も2. 5cmカット 型紙の左側の縦点線より少し右です してください。 ポケット布を縫い合わせる このポケット布も、表地と裏地と同じように縫い合わせます。 詳しくは、の工程【2】~【5】をご覧ください。 (では工程【11】~【44】です) 《3》簡単に説明しますと、中表に合わせて赤線を縫い代1cmで縫って、縫い代を5mm残して切り落とし、ミシン線に垂直に切り込み 緑線 を入れます。 (ミシン線を切らないように注意してください。 ) 《4》縫い代を片側に倒します。 どちら側に倒してもOKです。 《5》【省略OK】縫い代の上を縫います。 これで、ポケット布を、の工程【2】~【5】まで作り終えました。 (では工程【11】~【44】です) 《6》すると、このように表地・裏地・ポケット布の3つが出来上がったことになります。 ポケット布の両端を縫う 《7》ポケット布の端を5mm裏側に折り、 《8》そのままさらに1cm折ります。 これで、三つ折りになりました。 《9》反対側も同じように折ります。 すると両端が三つ折りになります。 《10》この三つ折り部分を、赤線を縫ってとめます。 布を重ねる 《11》裏地の表が見えるように置いた上に、ポケット布の表が見えるように置きます。 つまり、裏地の表とポケット布の裏がくっつくように置くということです。 鼻とアゴの位置もそれぞれ合わせてください。 《12》その上にさらに表地の裏が見えるように置きます。 鼻とアゴの位置もそれぞれ合わせてください。 最後まで作る ここからは、の工程【7】~【14】と同じですので、詳しくはそちらをご覧ください。 (では工程【48】~【76】です) 《13》簡単に説明しますと、赤線を縫い代1cmで縫ってから、縫い代を5mm残して切り落とします。 そして、ミシン線に垂直に切り込みを入れます 緑線。 《14》表に返します。 この時、表地の表とポケット布の表が見えるようになっているか確認してください。 《15》アイロンなどをかけて形を整えます。 表地側に折ると見た目はあまりよくありませんが、肌当たりも良く、密閉度も上がります。 《17》さらに、1. 5cm折ってください。 《18》赤線を縫います。 この時、ポケット布を一緒に縫ってしまわないように注意してください。 《19》反対側も同じように縫って、マスクゴムを入れます。 簡単に説明してしまいましたが、詳しくは、の工程【7】~【14】を見てください。 (では工程【48】~【76】です) ノーズフィッターの入れ方 鼻の部分にワイヤー ノーズフィッター については、でも解説していますので、まずはそちらをご覧ください。 このポケット付きマスクの場合は、出来上がってからもノーズフィッターを入れられるので、ここではその方法を簡単に解説します。 《20》使い捨てマスクなどから取ったワイヤーを用意します。 《21》ポケットと裏地の間の鼻部分にワイヤーを入れます。 写真では見えませんが、赤線部分にワイヤーが入っています。 《22》ワイヤーを囲むように縫います。 これで出来上がりです。 お疲れさまでした。

次の