デルタ ルーン ps4。 デルタルーンをPS4のコントローラーでプレイする方法は?デュアルショックをPCで使うには?

DELTARUNE(デルタルーン) 最新情報まとめ

デルタ ルーン ps4

キーボードでプレイしてると指が悲鳴を上げたので、途中からロジクールのRumblePad2にしてからグッと快適になりました。 しかし机の上にはPS4とPCを並べて置いているので、ゲームのコントローラーでゴチャってなってるのはいただけない。 あ、そうか。 PS4のコントローラーでDeltaRuneやればいいじゃん。 という訳で以下PS4のコントローラーでプレイする方法です。 スポンサーリンク PS4のコントローラーをPCに接続する 起動したPCのUSB端子にPS4のコントローラーを繋ぎます。 ひとまずは自動で認識してくれるはず。 PC本体でなくてUSBハブに繋いでもOKでした。 Steamをダウンロードする STEAM公式ホームページより、「Steam」をダウンロードします。 Steamのインストール ダウンロードしたSteamSetup. exeをダブルクリックで開いてインストールしていきます。 使用する言語を選んで インストール先のフォルダを選択して、インストールをクリックします。 完了して実行。 アップデートが始まって… アップデートが終了すると、この画面になります。 Steamのアカウント作成 スポンサーリンク 「新しいアカウントを作成する」をクリックして、アカウントを新規作成していきます。 先ほど入力したメールアドレスにSteamからメールが届くので 「アカウントを作成する」をクリック。 デスクトップのSteamに戻って、新規アカウント名の登録とパスワードの設定を行います。 アカウント名はローマ字の大文字と小文字に0から9までの数字でなければダメなようです。 既に登録されているアカウント名は登録できません。 全て入力して「サインアップを完了」をクリックしたらアカウント作成は終了です。 続行をクリックして起動したSteamに、先ほど登録したアカウント名とパスワードを入力してログインします。 Steamのライブラリに「デルタルーン」を登録 起動したSteamの左下に「ゲームを追加」があるのでクリック。 「非 Steam ゲームを追加…」をクリック。 これでデルタルーンの登録が完了しました。 Steamのコントローラー設定 次にPS4のコントローラーをSteamで動かせるようにします。 別ウィンドウでコントローラー設定が開くので、「PlayStation 設定サポート」にチェックを入れます。 これで準備完了。 「デルタルーン」を起動して動かしてみる Steamのライブラリから DELTARUNEを起動します。 特に新たな設定も必要なく、PS4のコントローラーでプレイできます。 快適です。 まとめ 長々と説明しましたが、実際にやってみると時間は掛かりません。 PS4のコントローラーをお持ちの方は是非お試しを。 ネタバレが解禁になりtwitterなどで考察などが見られて嬉しいですね。 ルート回収や隠し要素の為に再プレイ中の人も多いのではないでしょうか。 チャプター2も待ち遠しいし、音楽がとても良いのでサントラが出たら買っちゃいますねこれは。 ロジクールのゲームパッドでもプレイできました。

次の

デルタルーン(DELTARUNE)攻略!UNDERTALEの続編新作が遊べるぞ!

デルタ ルーン ps4

ニンテンドースイッチ,PS4にて 2月28日にデモ版となる『 デルタルーン チャプター1』が配信。 デモ版の配信決定に際して、『 デルタルーン チャプター1』の情報と、開発者 トビー・フォックス氏のコメントが公開。 情報は以下の通り。 3時間ほどでクリア可能• やり込み要素あり• 『UNDERTALE』とは別の世界• 連投の中には、「[24]時間後ニ 再ビ ココヲ 訪レテ クダサイ。 」とあり、24時間後に何か 新たな発表があると予告された。 UNDERTALEをクリアした皆さんは、今から24時間後に、必ず をチェックしてください。 僕は、何か新しいものを作りたい。 でも、それを始めるには、皆さんのフィードバックが必要です。 参加いただくには、パソコン(WinまたはMac)が必要です。 一連の流れを踏まえると、該当ツイートの24時間後 10月31日21時51分 に、『UNDERTALE』に関する 新作のために、パソコンを使っての アンケートなどが実施されるのではないだろうか。 デモ版「DELTARUNE」が公開 10月31日に『UNDERTALE』の公式ツイッターで『 DELTARUNE』と呼ばれるプログラムが公開された。 それと同時に本作の正式タイトルが『 DELTARUNE』であることが決定した。

次の

Switch版『デルタルーン』の“Chapter 1”が2月28日より配信。PS4版は近日配信予定

デルタ ルーン ps4

先週、PlayStation 4とNintendo Switchでの無料配信が始まった『DELTARUNE Chapter 1(デルタルーン チャプター1)』。 まだプレイしていない方の中には、『UNDERTALE(アンダーテール)』の関連作であることくらいしかご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。 そこで今回は、本作の特徴や魅力について、実際にプレイした所感も絡めて、お伝えしたいと思います。 気になっている方に参考にしていただけたら幸いです。 『UNDERTALE』と同様、戦闘では敵と交渉などを行って戦わずに和解することができる「誰も死ななくていいRPG」になっています。 登場キャラクターの多くは全く新しいキャラクターですが、一部『UNDERTALE』のキャラクターたちが登場するいわゆる「スター・システム」方式が採用されているのも特徴。 ちなみに本作はゲームを起動すると『UNDERTALE』を先にプレイすることを推奨されます。 ですが、チャプター1に関しては『UNDERTALE』をやっていないと理解できない設定などはほぼ見当たりませんでした。 無料の本作をしばらくプレイしてみて、ノリが合いそうならば「つづき」のリリース前に『UNDERTALE』をプレイしておく、というのもアリかと思います。 ある日学校で、先生から授業に使うチョークを取ってくるよう言われたクリスは、暴れん坊な問題児スージィと一緒に物置部屋へ。 暗い部屋の中をさまよっていたふたりは、気づくと見たこともない世界へ迷い込んでいたのでした。 果たしてクリスは、まったく協調性のないスージィと一緒に、もとの世界に戻れるのでしょうか? というのが物語の導入。 『UNDERTALE』の戦闘は基本的に主人公ひとりでの戦いでしたが、本作は仲間と協力して戦う「パーティ戦闘」になっています。 前作にはなかったゲージを消費して繰り出す「まほう」コマンドも存在。 まほうを使うために必要なゲージは「防御」コマンドを選択するほか、敵の攻撃を避けるとき「ギリギリでかわす」ことでも上昇。 リスキーな操作を成功させればメリットが生まれる仕組みになっています。 ラルセイは論理的な交渉が得意だったり、暴れん坊のスージィはパーティに加入した当初は勝手に攻撃を仕掛けるので、敵にスージィの攻撃に気をつけるように「けいこく」する必要があるなど、メンバーの個性によって生まれるやり取りがまた楽しさに繋がっています。 次に何をすればいいか分からなくなったときは、画面の隅々までボタンを押してチェックすることで活路が開けるかもしれません。 【その2】スージィが言うことを聞くまでは真っ先に「けいこく」 パーティに加入当初はこちらの言うことを聞かず、自分勝手に敵に攻撃を加えるスージィ。 クリスの行動で「けいこく」を選べば、敵に警告を発して、敵がスージィの攻撃を避けるようになってくれます。 このチャプター1では敵を倒さないことによるストーリーの分岐などはありませんが、「真の平和主義者」として誰も倒したくない方は、彼の加入直後に気をつけるようにしましょう。 【その3】元の世界に戻ったら隅々まで探検 無事元の世界に戻り、自宅のベッドで休めば終了となる『DELTARUNE Chapter 1』。 しかし元の世界での探索範囲は意外と広く、クリスが本来の世界でどう思われているのかや、その後の展開に関わるであろうキャラクターとの会話などをスルーするのはとても勿体無い。 本作に惚れ込んだ方には、一直線で自宅に向かうのではなく、ぜひ町を隅々まで探索していただきたいと思います。

次の