宇野 昌 磨 コーチ なし。 コーチ不在の宇野昌磨 たった一人で得点発表に涙する姿に米記者も憂慮

宇野昌磨の4Fをコリャダのコーチが批判!

宇野 昌 磨 コーチ なし

先日、フランス、グルノーブルで今年のフィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦であるフランス杯が開催されました。 男子シングルでは現在世界チャンピオンのネイサン・チェンが完璧とは言えませんが、圧巻の演技で優勝、グランプリシリーズ2連勝を達成し、グランプリファイナルへの進出を決めました。 フランス杯へ日本からは宇野昌磨選手がエントリー。 そこでの宇野選手は様々なミスが響き8位という結果に終わりました。 そこでのキスクラには宇野選手は一人で座り、涙を流していました。 今回は彼がひとりで流したキスクラでの涙に対しての海外の反応を紹介します。 それでは、宇野昌磨選手が中国杯でコーチ不在だった理由、またキスクラでの涙のに対した海外の反応をお送りします。 宇野昌磨フランス杯でコーチ不在なぜ? 宇野昌磨選手がスケートを始めたのが5歳の頃。 地元名古屋にあるスケート場に遊びに行ったときに偶然居合わせた浅田真央選手に声を掛けられ、そこからフィギュアスケートを始めることになったそう。 なので、宇野選手がスケートを始めたときには山田満知子先生に習い、浅田真央選手や村上佳菜子選手と一緒に練習をしていました。 山田コーチに加えて、宇野選手は樋口美穂子コーチにも幼いころから師事していました。 ところが、今シーズン初め、宇野選手は山田コーチ、そして樋口コーチからの卒業を発表しました。 この卒業については、関係は良好のままの卒業とみられています。 そして、両コーチは宇野選手に対し、「さらに進化して欲しい」という思いを込めて送り出しているようです。 つまり、名古屋にある「グランプリ東海」で成長しきった今、環境を変えて、更に上をめざしていくべきとの判断をコーチ陣、そして宇野選手の間で下した結果のようです。 そして宇野選手の公式サイトでは、今回の卒業に際して、以下のような心境を発表しました。 この度、私、宇野昌磨は長年お世話になっていたグランプリ東海を卒業いたしました。 まだ今後のことは具体的に決まっておりませんが、まずは直ぐに始まる海外合宿に打ち込み、一歩一歩進んで行きたいと思います。 背中を押して送り出して下さった先生方、また、多くの方々に支えられているこの競技人生に感謝の気持ちを忘れず、新たなスタートを切りたいと思います。 これからも応援どうぞよろしくお願いします (宇野昌磨公式ホームページより) この決意を胸に、宇野選手は15年以上共に戦ってきた山田コーチ、樋口コーチの元を離れ、世界へ旅立っていきました。 ところが、行先は未定のまま。 宇野昌磨2019-2020シーズンはコーチ不在?その影響は? 前代未聞のコーチ不在という状態でシーズンをスタートしました。 夏の間のオフシーズン中、宇野選手はロシアのエテリコーチやスイスのランビエールコーチの元でキャンプをし、ホームリンク、メインコーチを持たないまま、練習を続けてきました。 そしてシーズンが始まり、先日、グランプリシリーズの第三戦、フランス杯に出場しました。 そこではコーチ不在のまま、一人で戦う宇野選手の姿がありました。 フランス杯では普段ミスの少ないアクセルジャンプでもミス、多くのジャンプでミスが続き、ショートプログラム4位、フリープログラム9位総合8位でグランプリファイナルへの出場は絶望的となってしまいました。 フランス杯で演技を終えた宇野選手は一人でキス&クライに座り、涙を流しました。 この状況にスケートの先輩である織田信成さんは 「彼にしかないスケート、魅力を本当にたくさん持っている選手なので、本当に頑張ってほしいです」 「絶対大丈夫。 応援してくれる人が世界中にたくさんいるねんもん。 それって今まで本気でスケートと向き合ってきたからやし、今日の日が無駄じゃなかったって思える日が絶対来るから、笑顔でいてほしいです。。 」 とエールを送りました。 キス&クライは、苦楽を共にしてきたコーチと選手が悲しみや喜びを共有し、分かち合う試合後のスペースの事です。 そこで一人で座る宇野選手の姿は見ていてもつらいものでした。 一日でも早くメインコーチを見つけて、精神的にも安定して練習し、試合に臨むことができますように。 ロシア杯ではコーチはどうなる? 宇野選手はフランス杯に続き、2週間後、ロシア杯にも出場しました。 フランス杯とロシア杯の間、宇野選手はスイスのランビエールコーチの元で練習をし、ロシア杯のキスアンドクライではランビエールコーチの姿がみられました。 このランビエールコーチ帯同について、宇野選手は「今回が今シーズンの中で一番不安が少ない」と明るい表情で語ってくれました。 それだけ、コーチの存在は大きいのですね。 ランビエールコーチはこのロシア杯でラトビアのデニス選手にも帯同。 更にランビエールコーチは日本が好きで、オフシーズンに日本へ来て、アイスショーにたくさん出演されたり、ジュニアやシニアの夏合宿のコーチもされています。 更に島田高志郎選手や宮原知子選手を始め多くの日本人選手がランビエールコーチの元を訪れて、スイスでの練習を受け入れてくれています。 今回、フランス杯に宇野選手のコーチとして帯同してくれた今、宇野選手とのつながりが更に深まったのではないでしょうか。 正式にランビエールコーチがメインコーチという発表も近いかもしれませんね。 ショウマには言葉を失ったし、心が痛いわ。 彼はとても素晴らしいスケーターよ。 けれどコーチなしで取り組むという今シーズンの選択は良いものではなかったと容易にわかるわ。 彼はとても、とても強いわ。 こんな失敗の後でも続けたから。 大きなリスペクトを。 このように海外でもコーチ不在の宇野選手に対する心配、不安の声が上がっています。 フランスというアウェイの地でも多くの歓声が宇野選手に送られ、それに対して笑顔で対応しようとしても涙が溢れ、一生懸命堪えようとする宇野選手の姿が更にスケートファンは心を痛めたようです。 中国杯でのキスクラ涙についてのツイッター反応 フィギュアGPSフランス杯男子シングル結果 1. ネイサン・チェン🇺🇸 2. アレクサンドル・サマリン🇷🇺 3. ケビン・エイモズ🇫🇷 宇野昌磨FS転倒相次ぎ8位。 キスクラぼっちでボロボロ泣いてたのが切ない。 コーチ不在ってこういう事か。 全体的に自爆大会でネイサンも不調。 297点で不調ってのもアレだが。 — りん rinchang666 本当はあんなに実力ある宇野昌磨選手の不調。 けど、今日のフリーが終わった直後は、美穂子先生に正面から抱きしめて受け止めて欲しいと思った。 キスクラで隣に座って、肩を優しく包んであげて欲しかった。 会場の声援が温かそうで何より。 日本国内だけではなく、今回の会場となったフランス、または世界中のファンが、キスアンドクライで一人涙を流す姿に胸を打たれ、宇野選手の少しでも早いメンタル面での復帰をお祈りしていました。 ロシア杯ではランビエールコーチと共に試合に向かい、キスアンドクライでも納得と安堵の表情をみせてくれました。 まだ正式にランビエールコーチがメインコーチとの発表はありませんが、お二人の関係、またすでにいるランビエール先生のお弟子さん、ラトビアのデニス選手や日本の島田高志郎選手とも関係は良さそうです。 これからのシーズン、日本のエースとしてまだまだ期待されている宇野選手。 納得のいく形でスケートキャリアを続けていって欲しいものです。 今回は宇野昌磨フランス杯でコーチ不在の理由、更にキス&クライでの涙に対する海外の反応をお届けしました。

次の

フィギュア・宇野昌磨「絶不調」本当の理由

宇野 昌 磨 コーチ なし

記事にまとめておきたい事柄が多すぎて時間が足りないくらいです。 ここに来る読者さまは宇野選手に疑問や怒りを感じている方が多いと思います。 彼がスケオタから避けられている原因の一つがジャンプ技術。 ただ、ジャンプが下手な選手はほかにもいますが、彼の一番の問題はまともな採点がされていないことにありますよね。 回転不足を取られないどころか加点がつく。 転倒したうえでの回転不足ジャンプも見逃され、ハビエルと僅差で五輪銀メダルを手にしてしまった。 ここに腹立たしさを感じている人は数多くいるでしょう。 今回、ロシアのテススケに参加していたコリャダのコーチがロシアの新ルールのセミナーで宇野選手のジャンプについてとても怒っていたという情報をいただきましたので、記事にしておきます。 下記をクリックすると項目に移動します• コリャダのコーチが宇野昌磨の4Fの離陸テクニック批判 ヴァレンティーナ・チェボタリョーワ コリャダのコーチ が宇野によるクワドフリップの離陸テクニックを批判した。 Chebotareva the coach of M. Kolyada , criticized the takeoff technique of toe-pick jumps like technique of quad flip by Shoma Uno at the Russian judging seminar. Below you can find rumors in Russian about some discussion and relevant thoughts. According to the rumors, V. Chebotareva the coach of M. Kolyada , criticized the takeoff technique of toe-pick jumps like technique of quad flip by Shoma Uno at the Russian judging seminar. フルブレに対する批判。 ジャッジの匙加減で点数を出してることへの苦言のよう。 さまざまなフィギュア関係者やスケオタから批判される宇野昌磨のジャンプ技術 以下は、これまで宇野選手のジャンプへの批判についてまとめた記事の一部です。 ぜひお読みいただければと思います。 ジャンプに問題があるのに矯正する気がゼロなのが非常に残念。 インチキジャンプでも高得点が出てれば自分は正しく跳んでると勘違いしちゃうのだろうか。 自分の演技動画をみて、きれいなジャンプを跳ぶ選手とは明らかに違うことに気づかないほど鈍感なのだろうか。 もう本当に呆れ果てる。 山田満知子や美穂子コーチもインチキに加担する最低な人間だ。 ジャッジがあのジャンプに高得点を出す理由を私達には決して明らかにすることはないのをいいことにやりたい放題。 許せない。 私も許せない一人です。 「いつまで執着しているの?」と言う人もいるかと思いますが、何でも「終わった事」ととし て、サッサと片付けていいとは全く思っていません。 明らかに宇野の場合は何かが約束されていたと思います。 日本人は特にスポーツマンシップを重んじる国民性なので(昔は…かもしれませんが)宇野陣 営のいやらしい闇がまだ続くのかと思うと本当に嫌です。 でも救いはあるもので、今、面白い宇野のジャンプの検証動画が出てきて海外からの注目を浴 びていますよね。 そのうち宇野は世界中から批判が浴びせられるかも? 素人でも検証動画を見ると「これは…?」と判断できるのに、ジャッジが判らないなんてあり えない。 余程動体視力が衰えているのか... 他のコーチや選手もたまったもんじゃないですよね。 日本では何故かタブー化されてる踏切、フルブレ、回転不足など絶対にメディアでは取り上げないし一部のOBOG達も触れたがらない。 やったとしても「回りすぎてしまう」と言うミスリード解説。 セカンドミスもこれらが原因の一つ。 五輪後ルール改正で採点と技術と選手の対応力が注目されるのに今季垂れ流されたメディア情報は色気だのセクシーだの髪をかきあげるとかですよ 呆 宇野ファンも絶対に技術を直視しないし批判は全て羽生ファンが騒いでるだけだと思ってるが、実際はコリャダコーチ始め海外で多くの人が何年も前から疑問を呈してる。 オリンピックのメダリストは必然的に注目されるので今まで通りの技術となると更に多くの人から言われるでしょうね。 特にハビ銅になったヨーロッパ圏、クリーンに4F跳ぶネイサンチームのアメリカ辺り。 本人はオリンピックに何の感情もないらしいが、オリンピックのメダルを手にした以上今まで通りの技術ではいけない自覚がない。 直さない認めない問題から直視しないと最期はどうなるんですかね?今後は五輪メダルの重みを存分に味わってもらいたいです。

次の

宇野昌磨の4Fをコリャダのコーチが批判!

宇野 昌 磨 コーチ なし

フィギュアスケートの浅田真央をコーチしたことで知られるタチアナ・タラソワ氏。 08年にはフィギュアスケートの殿堂入りをしている名伯楽で、ロシアのスケート界ではたびたび有望選手について意見を求められ、さらにスケートの実況では主観的なコメントが満載なことで人気だ。 10月下旬、そんなタラソワコーチが「恋する」スケーターについて語ったという。 ある男子選手について「恋していると客観的になれない」とまで言い切ったのだ。 その選手とは、宇野昌磨。 「タラソワコーチは練習熱心で優秀な選手が大好きですから、羽生結弦選手のことも絶賛しますが、宇野選手に関しては『恋』と表現するくらい、本当に大好きなようですね。 インタビュワーが小柄な宇野選手のことを『理想的な外見ではない』と指摘して尋ねましたが、タラソワコーチは『それがどうしたの?』とまったく問題にしませんでした。 昨シーズンも宇野選手の実況で「私のかわいい子」「なんて美しいの。 まるで音楽のよう」「嬉しいでしょう、嬉しいでしょう! 子ヤギみたいにリンクを駆け抜けて」と、通常の実況とは段違いのテンションで応援して話題になった。 今シーズンも、宇野選手の演技にタラソワコーチが何と表現するか、注目したい。 (芝公子).

次の