テレビ サイズ 選び方。 【永久保存版】テレビの正しい選び方【メーカー・サイズ・機能・解像度】

6畳に合うテレビサイズは? サイズ毎の視聴距離とおすすめのテレビ

テレビ サイズ 選び方

地デジ切替えでの買い替え需要からそろそろ10年の今、 テレビの購入を検討している方が非常に多い時期に差し掛かりました。 新規格である4Kテレビも出始めの頃と比べると値段も下がり、一般的なリビングサイズのテレビではすでに4Kが標準です。 そんな今時の薄型テレビですが、老舗の国内メーカーからあまり聞かない中韓メーカーまで、今は様々なメーカーが発売しています。 それに伴いテレビ自体の性能も、シンプルなものから高機能なものまで幅広く、一見しただけでは非常にわかりにくいです。 そこでこの記事では、 あらゆる方の状況下でぴったりのテレビの購入のお手伝いをするために、 テレビの選び方をナビゲート致します。 最新テレビはどんなものがあるのか、どんな使い方が出来るのかなど、購入で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。 有機ELテレビのメリットは、何と言ってもその 画質です。 画面そのものを光らせるため画質がぼやけることもなく、パッと鮮明に美しく映えます。 また黒色は無光にすれば漆黒を再現出来るためコントラストも高いです。 さらに、作りがシンプルなため 反応速度が早く、素早い動きも得意です。 また、バックライトにLEDを使用していませんので 視野角が広く、たとえ斜めからの視聴であっても美しいママです。 また、作りが シンプルで軽量であるため、壁面取り付けの際に補強が不要なことも多いです。 画質がいい• 黒色も得意• どの角度からもきれいに見える• 素早い動きも得意• 軽量で壁掛けに向いている これらをまとめると、このようになります。 有機ELテレビは 画質にこだわりのある人、 スポーツ観戦をよくする人などに向いていると言えるでしょう。 まさにオリンピックにはぴったりです。 有機ELテレビのデメリットは、まず 本体の価格が挙げられます。 各社液晶テレビより高めの価格設定となっており、 高級機として発売されています。 また、 電気代は液晶テレビと比べて高く、サイズによっては倍近くなることもあります。 さらに、有機ELテレビにはブラウン管時代にあった 『焼き付き』が起こります。 各社焼き付き対策はしていますが、構造的な問題で完全になくすことは難しいようです。 家電量販店で展示品を購入するときには、この焼き付きの度合いの確認が必須だと言えます。 また、有機ELテレビは購入時の照度が最高で、寿命に向けて徐々にその照度は下がっていきます。 それらを踏まえて、• 本体価格が高い• 電気代が高い• 焼き付きが起こる• 寿命が短い 最新機種は10万時間ほどまで伸びている これらが有機ELテレビのデメリットだと言えます。 価格や電気代を気にする方や、 焼き付きが気になる方は 液晶テレビを選ばれた方が懸命です。 テレビサイズは 部屋の大きさや視聴距離に合わせて選んでいきます。 部屋が大きく視聴距離も広い場所に小型テレビでは見辛く目が疲れてしまいますが、あまり小さな部屋に大型テレビもよくありません。 そのため、 部屋に合わせたテレビサイズ選びは重要です。 5』と言われています。 それを元に算出した場合を簡単に表にまとめてみました。 部屋の畳数 視聴距離 テレビのサイズ 4. 8m 43v型 6畳 0. 85m 46v型 8畳 0. 1m 60v型 12畳 1. 3m 70v型 これを見るとわかる通り、4Kテレビは近くで見ても鮮明に見えるため従来のフルハイビジョンテレビほど距離を保つ必要がありません。 買い替えであれば、ワンサイズアップのテレビをおすすめします。 最新テレビを購入しようと見ている時に、 『4Kテレビ』と 『4K対応テレビ』と2種類あることに気付いた方もいるでしょう。 この違いは、 4Kチューナー内臓かどうかで決まります。 4Kテレビは4Kチューナー内蔵でそのまま4K放送が視聴できます。 しかし、 4K対応テレビは4Kチューナー非搭載がほとんどです。 パネルの方は4Kに対応しているが、4Kチューナーは非搭載で外付けが必要というのが、この『4K対応テレビ』です。 チューナー外付けは配線が増えますので非常に面倒臭いですので、できるだけ4Kテレビを購入した方が懸命です。 ちなみに、 各社2019年以降のラインナップは全て4Kチューナー内臓というパターンが増えています。

次の

【図解】高さは?横幅は?テレビボードの選び方

テレビ サイズ 選び方

テレビのサイズを見るときに、「V型」と「インチ」という呼び名があって混同してしまうのではないだろうか。 テレビのサイズを選ぶ前に2つの違いを知っておこう。 ・V型:Visual Size(ヴィジュアルサイズ)のこと。 画面の液晶部分の大きさを表す。 ・インチ:テレビ画面全体の対角線の長さを表す。 1インチは2. 54cmだ。 インチはブラウン管テレビの時代から使われている単位であるが、現在は液晶やプラズマなどの薄型テレビが主流で、こちらはV型で大きさを表示しているものが多い。 また、テレビの縦横の寸法が「16:9(ワイド画面)」と「4:3」では対角線の角度が違ってくる。 同じインチ数でも画面の大きさは変わってくるのだ。 テレビは大きければ遠くても見やすいが、近すぎると見辛くなる。 大きければよいというものではなく、大きさに応じた適切な視聴距離があるのだ。 一般的にフルHD液晶画面のテレビなら、画面の高さの3倍の距離が適切だといわれている。 例えば、32V型テレビの高さ(画面サイズ)は39cmなのでその3倍なら117cmとなる。 以下の視聴距離をだいたいの目安にしてほしい。 ・24V型:90cm ・32V型:1. 2m ・40V型:1. 5m テレビをテレビ台に置くのか、壁掛けにするのかでも適切な視聴距離は変わってくる。 もしも距離をあまり取れない場合は、台に置くのではなく壁にかけるなどしてできるだけ距離を取るような工夫をするといいだろう。 視聴距離だけでなく高さも大事 4Kテレビは画素数が非常に多いテレビであり、一般的なフルHDのおよそ4倍もの画素数になる。 テレビは大きくなるほど画面が粗く見えてしまうという弱点を克服したのが4Kテレビなのだ。 これまでになかった迫力のある映像を楽しむことができる。 部屋はそれほど広くはないが、最新の4Kのテレビが見たい!という場合は、どのくらいの部屋の広さが適切なのだろうか。 画素数が多い分鮮明で細かいところまで表現できるので、近くで見ても粗さが目立たず違和感がない。 そのことからフルHDのテレビと比べると、4Kテレビは半分の距離で見ることができる。 先ほどテレビの視聴距離は画面の縦の長さの3倍が理想という話をしたが、4Kなら画面の縦の長さの1. 5倍の距離でも見られるのだ。 つまり、フルHDでは1. 5mの視聴距離を必要としても4Kならば80cmの距離があれば十分見ることができる。 部屋が狭いから大きなサイズのテレビは無理と諦めていた人も、4Kにすれば大画面テレビが楽しめるというわけだ。

次の

【永久保存版】テレビの正しい選び方【メーカー・サイズ・機能・解像度】

テレビ サイズ 選び方

地デジ切替えでの買い替え需要からそろそろ10年の今、 テレビの購入を検討している方が非常に多い時期に差し掛かりました。 新規格である4Kテレビも出始めの頃と比べると値段も下がり、一般的なリビングサイズのテレビではすでに4Kが標準です。 そんな今時の薄型テレビですが、老舗の国内メーカーからあまり聞かない中韓メーカーまで、今は様々なメーカーが発売しています。 それに伴いテレビ自体の性能も、シンプルなものから高機能なものまで幅広く、一見しただけでは非常にわかりにくいです。 そこでこの記事では、 あらゆる方の状況下でぴったりのテレビの購入のお手伝いをするために、 テレビの選び方をナビゲート致します。 最新テレビはどんなものがあるのか、どんな使い方が出来るのかなど、購入で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。 有機ELテレビのメリットは、何と言ってもその 画質です。 画面そのものを光らせるため画質がぼやけることもなく、パッと鮮明に美しく映えます。 また黒色は無光にすれば漆黒を再現出来るためコントラストも高いです。 さらに、作りがシンプルなため 反応速度が早く、素早い動きも得意です。 また、バックライトにLEDを使用していませんので 視野角が広く、たとえ斜めからの視聴であっても美しいママです。 また、作りが シンプルで軽量であるため、壁面取り付けの際に補強が不要なことも多いです。 画質がいい• 黒色も得意• どの角度からもきれいに見える• 素早い動きも得意• 軽量で壁掛けに向いている これらをまとめると、このようになります。 有機ELテレビは 画質にこだわりのある人、 スポーツ観戦をよくする人などに向いていると言えるでしょう。 まさにオリンピックにはぴったりです。 有機ELテレビのデメリットは、まず 本体の価格が挙げられます。 各社液晶テレビより高めの価格設定となっており、 高級機として発売されています。 また、 電気代は液晶テレビと比べて高く、サイズによっては倍近くなることもあります。 さらに、有機ELテレビにはブラウン管時代にあった 『焼き付き』が起こります。 各社焼き付き対策はしていますが、構造的な問題で完全になくすことは難しいようです。 家電量販店で展示品を購入するときには、この焼き付きの度合いの確認が必須だと言えます。 また、有機ELテレビは購入時の照度が最高で、寿命に向けて徐々にその照度は下がっていきます。 それらを踏まえて、• 本体価格が高い• 電気代が高い• 焼き付きが起こる• 寿命が短い 最新機種は10万時間ほどまで伸びている これらが有機ELテレビのデメリットだと言えます。 価格や電気代を気にする方や、 焼き付きが気になる方は 液晶テレビを選ばれた方が懸命です。 テレビサイズは 部屋の大きさや視聴距離に合わせて選んでいきます。 部屋が大きく視聴距離も広い場所に小型テレビでは見辛く目が疲れてしまいますが、あまり小さな部屋に大型テレビもよくありません。 そのため、 部屋に合わせたテレビサイズ選びは重要です。 5』と言われています。 それを元に算出した場合を簡単に表にまとめてみました。 部屋の畳数 視聴距離 テレビのサイズ 4. 8m 43v型 6畳 0. 85m 46v型 8畳 0. 1m 60v型 12畳 1. 3m 70v型 これを見るとわかる通り、4Kテレビは近くで見ても鮮明に見えるため従来のフルハイビジョンテレビほど距離を保つ必要がありません。 買い替えであれば、ワンサイズアップのテレビをおすすめします。 最新テレビを購入しようと見ている時に、 『4Kテレビ』と 『4K対応テレビ』と2種類あることに気付いた方もいるでしょう。 この違いは、 4Kチューナー内臓かどうかで決まります。 4Kテレビは4Kチューナー内蔵でそのまま4K放送が視聴できます。 しかし、 4K対応テレビは4Kチューナー非搭載がほとんどです。 パネルの方は4Kに対応しているが、4Kチューナーは非搭載で外付けが必要というのが、この『4K対応テレビ』です。 チューナー外付けは配線が増えますので非常に面倒臭いですので、できるだけ4Kテレビを購入した方が懸命です。 ちなみに、 各社2019年以降のラインナップは全て4Kチューナー内臓というパターンが増えています。

次の