ハイジのおじいさんの名前。 2月2日はおじいさんの日

【成城石井】ラクレットで憧れの「ハイジのチーズ」を子どもと一緒に楽しもう!

ハイジのおじいさんの名前

概要 [ ] (平成21年)5月より、アニメ『』を制作したが協力し、(スタジオ・クロコダイル)によって制作された。 キャラクターデザインを手がけたのは。 同年4月まで採用された『』(ローズマリー兄弟)のデザイナーでもある。 日産・ノート 初代 の公式サイト内には特設ページが設けられ、CMアニメの他にwebアニメも視聴できた。 作品概要 [ ] 『アルプスの少女ハイジ』の作品で、『 低燃費少女ハイジ』という題名がつけられている。 アルプスの少女ハイジの登場人物(おんじ、ペーター、クララ、セバスチャン、ロッテンマイヤーなど)も登場し、舞台地((アルム)・など)も同じに作られている。 クララが歩いていること、フランクフルト行きを「また」などと発言していることから、原作アニメの後日の時系列になっていると思われる。 『低燃費少女ハイジ』のキャラクター商品等に表記されている表記はTEINENPI GIRL HAIJIであり、原作とは「ハイジ」の綴りが異なっている(原作ではHEIDI)。 あらすじ [ ] webアニメ版 アルムの山に住む少女ハイジは「テイって何? 」かを知りたがっていた。 やまびこに聞いてもペーターやおんじに訊ねても皆、首を傾げるばかり。 そんなハイジのもとを訪れたクララは屋敷にあると自慢しフランクフルトへ来るようハイジを誘った。 かくして、クララ、セバスチャンらとフランクフルトを目指すことになったハイジだったが、独り残されることを心配したおんじはヤギを連れてハイジを追うことになったのだった。 登場人物 [ ] 声優はと()の2人のみ。 アドリブを交えたセリフが特徴的で、時折、で会話する場面もある。 基本的に細部の表現を声優陣に任せているため、音声撮りした後にアニメを制作していくという手法を使っている。 ナレーターにも原作アニメと同じを起用している。 ハイジ• ロッテンマイヤー• チネッテ• アルムおんじ• クララ• ペーター• セバスチャン• ゼーゼマン• ユキちゃん(ヤギ)• アルムのやまびこ• ヨハン• 家庭教師• ヒマワリ• チューリップ• ナレーター - 声: 放送リスト [ ] webアニメ版• 第1話 やまびこ篇 「テイネンピってなに? 第2話 ペーター篇 「まきばのペーター」• 第3話 おじいさん篇 「おじいさんは物知り」• 第4話 飴篇 「おじいさんのおみやげ」• 第5話 クララ篇 「クララの誘惑」• 第6話 旅立ち篇 「フランクフルトヘ」• 第7話 クララのお屋敷篇 「お屋敷の人々」• おまけムービー おんじ帰宅篇 「低燃費ってなんじゃ 歌:オンジ」 テレビCM版• やまびこ篇(2009年5月25日 - ) - CMオリジナル楽曲• ブランコ篇(2009年10月8日 - ) - CMオリジナル楽曲• 低燃費オンジ篇(2010年2月1日 - ) - CMオリジナル楽曲 上記3篇で使用されている楽曲の作詞/作曲は平沢敦士が担当。 ダンス篇(2010年6月1日 - ) - CM楽曲『Can't Undo This!! 』のアレンジ曲(作詞者:江口貴博/作曲者:MAXIMIZOR) ラジオCM版• アルムのみんな篇• ヤギのユキちゃん篇• 留守番電話篇• ヨーデル篇 スタッフ [ ]• キャラクターデザイン:文原聡(松島聡)• 製作会社:「Studio Crocodile(スタジオクロコダイル)」• 外部リンク [ ]•

次の

2月2日はおじいさんの日

ハイジのおじいさんの名前

世代によって懐かしいと感じるは違うだろうが、の頃、たちに感情移入しながら毎週見ていたという人も少なくないだろう。 この本はに「で読む」とついているものの、の絵が使われている本ではない。 の舞台となった国々やたちが生きた時代の世相、原作者が何を伝えようとしていたかなどについて歴史的な観点から解説した本で、挿絵がところどころにあるだけの読み応えある1冊だ。 今から40年以上前の作品であるにもかかわらず、未だに登場がCMに起用されるなど根強い人気を誇っている。 その翌年には『』が、またその翌年には『』が放映され、の夜はがの世界名作が放映されるというが定着した。 ハイジの放映当時は『まんが劇場』と呼ばれていたが、この枠は後に『』と呼ばれるようになる。 は、ではの『レミ』まで続き、その後からまではで3作品が放送された。 つまり、足掛け35年もの間放送されてきたなのだ。 そのため、初期と末期ではで見ていた層が違う。 しかし、で見たり、親が懐かしさからにやを見せたりしたことから、古い作品を知る若い世代も多い。 この本の『で読む』というは、「をしながら読む」とか「となった名作を意識しながら読む」といった意味だと考えればよいだろう。 その舞台のほとんどはだが、やなどへ移動する話も含まれている。 また、これら10作品の時代設定はすべて19世紀から20世紀初頭で、うち8作品の舞台はわずか30年ほどの間に収まる。 つまり、同じ時代を生きたたちの生き様が違う切り口から描かれているということなのだ。 19世紀といえば日本では幕末の頃。 も市民革命や、争奪戦といった大きな変化が次々と起こる激動の時代だった。 そんな時代背景があることを知らないと、どの作品も「ひとりのが差別や貧困にも負けずにたくましく生きていく話」という印象で終わってしまう。 その点どんなことが起こった時代の作品なのかがわかると、はその時代を生きたたちの代表であることがわかる。 そう、ハイジもネロももその時代においては特別な存在ではなかったのだ。 しかし、どんな人でもこの本で作品の歴史的な背景を知ると、や原作でどのように描かれていたのかを確認したくなるはずだ。 の頃見た作品を大人になってから見直すと、その頃には気がつかなかった新たな発見をすることが多い。 はに感情移入して目線で作品を見るのに対して、人生経験を積んだ大人は周りのの動きやの裏にある思いを感じ取ることができるからだ。 例えば、ハイジに出てくるのの過去はでは語られていない。 そのため、村から離れた場所に1人で暮らしている理由も単に偏屈な性格のせいという程度で流されていた。 しかし、原作の中ではその理由が語られている。 実は、若い頃賭け事やお酒で身を滅ぼし、傭兵として外国の戦地に赴いた過去があったのだ。 そのことによって、実際に人を殺したか殺していないかにかかわらず、村人たちに人殺しと噂され、村の中に住めなくなっていたという。 とは言え、さすがに向けでここまでは語れなかっただろう。 また、意地悪なとして知られるンマイヤーさんについても、不思議に思ったことはないだろうか? ゼーゼマン家の雇われ人でありながら、のお父様やおばあ様からも敬語を使われていた。 なぜ対等な立場で話ができていたのかというと、彼女がただ気の性だからではなく、立場が家政婦ではなく教育係だったからだ。 名家にふさわしい立ち居振る舞いを教えるのが彼女の仕事。 ゼーゼマン家にふさわしい立ち居振る舞いを何も知らないハイジを教育するのだから当然あのような態度になるわけだ。 それをるようにの中で説明すると、かえって魅力的でなくなってしまう。 だから、はあれでよかったのかもしれない。 ただ、このような背景を知った後でを見直せば、のがただの寡黙なでないことも、ンマイヤーさんがただわるなでないこともわかる。 この本は、作品を懐かく感じながらを学べるというだけでなく、自分がそういったことがわかる大人になったことも確認できる貴重な1冊でもある。

次の

ロッテンマイヤーさん

ハイジのおじいさんの名前

愛知県生まれ。 東京大学文学部独文科卒業、同大学大学院人文社会研究科博士課程満期単位取得。 同大学助手、フェリス女学院大学国際交流学部助教授を経て、早稲田大学文学学術院教授。 専攻はドイツ語圏の現代文学。 翻訳家。 主な著書に『ドイツ北方紀行』(NTT出版)、『誤解でございます』(清流出版)が、主な訳書にシュリンク『朗読者』(毎日出版文化賞特別賞)、『階段を下りる女』( 共に新潮社)、ヘッセ『車輪の下で』、リルケ『マルテの手記』(共に光文社古典新訳文庫)、メルケル『わたしの信仰キリスト者として行動する』( 新教出版社)、メッシェンモーザー『リスとお月さま』(コンセル)、ウーヴェ・ティム『ぼくの兄の場合』(白水社)など、編訳書にヨハンナ・シュピリ作『10歳までに読ませたい世界名作9 アルプスの少女ハイジ』(学研プラス)などがある。 高畑勲監督のもと、宮崎駿さんをはじめとする、のちに日本のアニメーション界を牽引することになるスタッフによって制作された作品です。 一九七四年に最初に放送され、のちのスタジオジブリ作品にもつながるアニメシリーズです。 スイスの作家ヨハンナ・シュピリの原作小説を丁寧に読み込み、物語の舞台であるスイス高地でのロケハンまで敢行したという力作ですが、一年間で全五十二話というテレビ放送のためでもあるのでしょう、脚色によって原作を大いに膨らませていて、実はシュピリの小説とは異なる部分がたくさんあります。 例えば、アニメでハイジのおじいさんが飼っているセントバーナード犬のヨーゼフは、原作にはまったく出てきません。 アニメでは親切で人当たりのいい男の子のペーターは、原作ではちょっと欲張りだったり嫉妬深い一面を持っています。 また、あとで詳しく見ますが、クララの車椅子が壊れてしまうエピソードも、原作とアニメとではまるで違います。 口うるさい家政婦のロッテンマイヤーさんは、原作ではアニメのようにクララと一緒に山にはやって来ませんし、クララを診るお医者さんはアニメでは影の薄い存在ですが、原作の後半では重要な役割を担っています。 おじいさんの過去についても、アニメでは「大きな声じゃ言えないけど、若いときには人を殺したっていうじゃないか……」と、第一話に村人の噂話で一言触れられるだけで、あまり印象には残りません。 ところが原作では、おじいさんの暗い過去が、冒頭から詳しく語られているのです。 さらに、原作では大切な主題となっている宗教的なテーマ、暴力的なシーンは、ともにアニメからは周到に排除されています。 そして、アニメを見てわたしが何よりギャップを感じるのは、ハイジもペーターも最後まで外見がまったく変化しないところです。 原作では五年の月日が経って、ハイジは五歳から十歳になり、ペーターも十一歳から十六歳まで成長するのに、アニメではずっと同じ服を着て、背は全然伸びないし、相変わらず裸足で歩いている(テレビアニメでは致し方ないところなのでしょうけれど……)。 とはいえこのアニメは日本のみならず、ヨーロッパをはじめ世界各国で放送され、海外でも大変な人気を博しました。 外国で最初に放送されたスペインでまず大ヒットし、放送時間を大人も見やすい時間帯に変えてくれという抗議デモまで起こったそうです。 また物語の舞台のひとつとなるドイツでも繰り返し放送され、ドイツ人の多くは日本のアニメだとは知らずに見ていたというくらいです。 しかし、肝心のスイスではこのアニメは放送されませんでした。 「スイスインフォ」というインターネット・サイトの記事によると、長年スイス国営テレビでドイツ語放送局の文化部門を率いた人が、その理由をこう語っています。 「日本アニメでは現実が美化されており、スイスの視聴者が持つイメージや習慣、体験からずいぶんかけ離れていたため、このシリーズは拒否されるかもしれないと考えた」。 また、いかにも「スイスの典型的なイメージ」であるセントバーナード犬の登場や、「大きな目をした、いつも同じ表情のハイジも批判の対象」となったといいます。 視点を変えれば、もし日本を舞台にしたアニメをスイス人が作ったとしたら、おそらくは日本人も、そこで描かれる日本のイメージに対して違和感を覚えることでしょう。 外国映画などでしばしばエキゾチックに美化され、あるいは誇張された日本や日本人に、ギョッとすることがありますよね。 そう考えると、先の意見もわかる気がします。 ところで、「ハイジ」という名前は、ドイツ語の発音だと「ハイディ」なのですが、日本では「ハイジ」としてすっかり定着しています。 アニメ化されるずっと以前から、『ハイジ』の物語は日本でも親しまれてきました。 日本で最初にこの作品を翻訳したのは、作家の野上弥生子です。 一九二〇年(大正九)に家庭讀物刊行會から『ハイヂ』という題で刊行されました。 英語からの重訳でしたが、一九三四年(昭和九)には『アルプスの山の娘(ハイヂ)』と改題され、岩波文庫から再刊されて多くの読者を得ます。 ちなみに、そのころに出版されたちょっと変わった翻訳に、一九二五年(大正十四)の山本憲美訳『楓物語』があります。 野上訳と同様に英語からの重訳ですが、この本では舞台はヨーロッパのまま、登場人物の名前だけが日本風に変えられているのです。 なんとハイジは楓、ペーターは辨太、クララは本間久良子、ロッテンマイヤーさんは古井さん、デーテ叔母さんは伊達さん……といった具合。 面白いですね。 その後、『ビルマの竪琴』の作者としても有名な竹山道雄により、ドイツ語原文からの初の完訳が一九五二年(昭和二十七)に刊行されたほか、短縮版やリライト、絵本をふくめて実に数多くの翻訳本が出版され、その数はおよそ百五十種類にのぼるそうです。 なかでも矢川澄子さんや上田真而子さんによる新訳は現在の定番ですし、また池田香代子さんや、かく言うわたしも『ハイジ』の翻訳者の列に名を連ねています。 ハイジ人気は今もなお衰えるところを知らず、いまだに日本をふくめ、世界中の人々の心をとらえ続けているのです。 わたし自身は子どものころ、たぶんリライト版で『ハイジ』を読んではいましたが、そのときはおおよそストーリーの印象が残っただけで、むしろバーネットの『小公女』に夢中でした。 『ハイジ』のアニメが放送されブームになった当時も、有名な主題歌こそ知っていて歌えましたが、もう中学生になっていたので、熱心に見るという感じではありませんでした。 わたしが『ハイジ』に強く興味をそそられるようになったのは、大学の教員になってからです。 以前勤めていた大学の卒業論文で『ハイジ』を取り上げた女子学生がいました。 その指導のために初めて原作を丁寧に読んでみたら、読み応えがあって面白かったのです。 さて、みなさんはシュピリの原作を完訳版でお読みになったことがあるでしょうか? アニメや絵本もいいけれど、原作を読めば、新鮮な感動を味わえるはずです。 故郷や家族の喪失からの人間回復の物語は、子どものみならず大人の読者の心も慰め、希望を感じさせてくれることでしょう。 普遍的で古びることのない優れた文学作品としての『ハイジ』の魅力を味わい、その秘密を一緒に探っていきましょう。

次の