新年の挨拶文。 1月の季語と挨拶文<手紙の書き出しと結びの言葉・はがき例文>

ビジネスメール「挨拶」の書き方!状況別や季節の挨拶文も紹介

新年の挨拶文

厳寒の候/酷寒の候/厳冬の候/大寒の候/中冬の候/孟冬の候/頌春の候/初春の候/新春の候/迎春の候/新陽の候/年始の候/ 1月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 厳冬の候は「げんとうのこう」。 以下、酷寒(こっかん)厳冬(げんとう)大寒(だいかん)中冬(ちゅうとう)孟冬(もうとう)頌春(しょうしゅん)初春(しょしゅん)新春(しんしゅん)迎春(げいしゅん)新陽(しんよう)年始(ねんし) 季語を使った1月の時候の挨拶は、ビジネス文書の場合は「厳寒の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申しあげます」、プライベートな文書では「初春の候、いかがお過ごしでしょうか」「大寒を迎え、寒さが身にしみる季節になりました」などとします。 ・ 希望にあふれる新しい年を迎えました。 ・ 一陽来復の春、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 ・ 七草もあわただしく過ぎてしまいました。 ・ 寒の入りも過ぎ、寒さもいよいよ本番を迎えました。 ・ 大寒を迎え、いよいよ冬将軍の到来。 ・ 寒中お見舞い申しあげます。 ・ 松飾りもとれ慌ただしい生活が戻ってまいりました。 ・ 厳しい寒さが続きます。 いかがお過ごしでしょうか。 ・ 暖冬とはいえ、毎日厳しい寒さが続いています。 1月の手紙の書き出しは、新年や季節感を表わす挨拶文を文頭に持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「あけましておめでとうございます。 おだやかなお正月をお迎えのことと存じます」「底冷えの毎日ですが、お変わりありませんか」など。 ビジネス文書の場合は、拝啓・謹啓・拝復などの頭語(とうご)から入り、時候の挨拶(の候)を述べたら、そのまま用件(主文)に入ります。 「謹啓 新春の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。 さて、さっそくですが~」など。 時候のあいさつは省いて「拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 さて、このたびは~」としても問題ありません。 /よき新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。 /厳寒の候、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。 /寒さが一段とつのってまいりました。 お変わりございませんでしょうか。 /寒冷のみぎり、お風邪など召されていらっしゃいませんか。 /大寒になり、まさに寒さ極まれりの感がいたします。 ご機嫌のほどいかがでございましょうか。 /暖冬とはいえ、やはり冬の厳しい寒さは身にしみます。 いかがお過ごしでしょうか。 ・ 極寒の候、お元気でお過ごしください。 ・ 厳冬のおりから、くれぐれもご自愛ください。 ・ 寒さはこれからが本番。 お風邪などひかれませんように。 ・ この一年が幸多き年となりますようお祈り申しあげます。 ・ 今年もおだやかな一年となりますように。 ・ 厳しい寒さが続きます。 どうぞご自愛ご専一に。 ・ 本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。 1月の手紙の結びは、年頭にあたっての挨拶や季節に合わせた挨拶を入れたあと「ご自愛専一に。 」「風邪などひかれませんようご留意ください。 」などの言葉を添えます。 「極寒の折から、ご自愛専一に。 」「大寒を迎え、寒さはこれからが本番。 くれぐれもお身体を大切に。 」といった言葉で結びます。 ビジネス文書の場合は文末の時候の挨拶は不要です。 用件を述べたあと「まずは書中にてお願いまで。 」「とり急ぎご連絡まて。 」「まずは書面にて、お知らせ申しあげます。 」などの言葉でまとめます。 1月の手紙の挨拶文(上・中旬・下旬) 時候の挨拶は、月の前半や月の後半、上旬・中旬・下旬などと、分ける必要はとくにありません。 1月でしたら「酷寒のの候ますますご清祥のこととお喜び申しあげます」と、冒頭に、1月の季語を使った「の候」を入れておけば大丈夫です。 上旬・中旬・下旬と使い分けるのであれば、七草・鏡開き・新年会・成人の日など1月の行事や風物詩などを時候の挨拶に入れると、1月らしい季節感のある挨拶文になります。 1月の代表的な和風月名は「睦月」。 読み方は「むつき」。 睦月の語源や由来については諸説ありますが、正月は、貧富分け隔てなくお互いに親しく睦(むつ)み合う月、天地和睦(てんちわぼく=戦や争いをやめて仲睦(むつ)まじくする)月、などからきていると言われています。 1月の別名には次のような呼び名があります。 祝月(いわいづき)王春(おうしゅん)開歳(かいさい)開春(かいしゅん)解凍(かいとう)華歳(かさい)夏生(かせい)元月(がんげつ)規春(きしゅん)謹月(きんげつ)暮新月(くれしづき)月正(げっせい)献歳(けんさい)歳始(さいし)山陽月(さんようげつ)主月歳(しゅげつさい)首春(しゅしゅん)春孟(しゅんもう)初月(しょげつ)初節(しょせつ)始和(しんわ)人正(じんせい)青歳(せいさい)征月(せつげつ)泰月(たいげつ)太郎月(たろうづき)端月(たんげつ)地正(ちせい)天正(てんせい)年端月(としはづき)年初月(ねんしょげつ)発春(はっしゅん)初空月(はつそらづき)流行正月(はやりしょうがつ)芳歳(ほうさい)孟春(もうしゅん)孟陽(もうよう)履端(りたん)子日月(ねのひづき) 1月:外国語の呼び方 1月は英語では「January」(ジャニュアリー)。 ローマ神話に出てくる「Janus」(ヤーヌス)という神の名前からとったと言われています。 英語で発音すると「ジャーナス」。 ヤーヌスは物事の始まりの神であることから一月の守護神とされていました。

次の

ビジネスの基本は新年の挨拶から!そのまま使えるテンプレート&例文まとめ|ferret

新年の挨拶文

春節とは? 旧暦の正月で、中国、台湾、シンガポール などの中華圏では、 大変重要とされている 祝祭日です。 新暦の正月(通常わたしたちが祝う正月) よりも 盛大にお祝いされ、 数日間祝日が 続きます。 春節を祝う料理を作って、買い物をして 春節を迎える準備をしますので、 日本の正月の準備みたいな感じですね。 2016年の旧正月、 春節は2月8日です。 中国では、 新暦の正月も、新年の休みとして 1月1日から3日が休みになるので、 家族でお祝いしたりするそうです。 でも休みが短く、故郷に帰れない人は 仲間内で飲み会をしたり、 旅行に行ったり 各自で、過ごし方は違うようです。 では、 春節の挨拶は どのようにしたら良いのか、 次の項で 紹介します。 中国語で新年の挨拶は? 中国語の挨拶、どうしたら良いんでしょうか? 「あけましておめでとう」は 「新年好」、 または干支を入れて、 「申年好」などとします。 「新年快乐」も使いますが、 これには良いお年を、という意味もあります。 使っても問題がないのは、 春節の前後、 お正月の大晦日から三が日がくらいの 期間にしておいた方が良さそうです。 迷った場合は、 新年好が無難に使えると 思います。 続いて、 健康や繁栄、幸せを祝う言葉を 続けます。 「身体健康」健康でありますように。 「万事如意」万事が思い通りになりますように。 「大吉大利」おめでたいことが沢山ありますように。 「全家平安」家族が安泰でありますように。 「心想事成」願いがかないますように。 「岁岁平安」毎年平安でありますように。 「生意兴隆」商売繁盛しますように。 「事业顺利」ビジネスが順調でありますように。 では、この言葉を組み合わせてみましょう。 例文を紹介します これらの言葉を組み合わせて、 メールやグリーディングカードで使える 例文を紹介します。

次の

新年会の挨拶》乾杯/スピーチ/新年の抱負/司会/中締め/締め/例文/文例

新年の挨拶文

最近では社長がブログや会社のホームページなどで新年の挨拶文を掲載する例が多くなってきています。 その文例は、このページの下の方にある次項の「」の項でご紹介したいと思います。 新年の挨拶のポイントとヒント ポイント スピーチのヒント 1) 話題の選び方 ・タイムリーな話題を入れる ・その団体、企業、自治体の状況や、まわりをとりまく社会情勢や経済情勢などを話題に取り入れる。 ・一年前と比べて大幅に円安になったことで、自社に関わる環境がどれほど変わったか、引き続きどんな対応、対策が必要となるかなどを述べる、など。 ・干支にちなんだ話として、2015年は午年(干支は午・馬)ですが、「何事もウマくいく」と、ダジャレで攻めるもよし、ことわざを引用するもよし、です。 ことわざを下記に数点紹介します。 「馬には乗ってみよ、人には添うてみよ(何事も経験してみよ。 経験せずに評価するべからず)」 「汗馬の労(戦場で苦労して駆けずり回る) 」 「馬は馬方(専門家に任せよ)」 ・聞く人を引き付ける話題を入れる(心が動くと、印象に残る) ・場がなごむような楽しい話題を取り上げる ・心配なこと、不安なことをあえてとりあげ、危機感を共有する ・良かったこと、嬉しかったことを取り上げる ・身近な話題をとりあげる。 2)へつづく 新年の挨拶のポイントとヒント ポイント スピーチのヒント 2) 話し方 ・ゆっくりと話す ・聞く人たちの目を見て話す ・意識して、日常会話よりもゆっくりと話す。 3)新年の挨拶はいつまで? ・新年になって初めて合う相手には15日くらいまで使うのが慣例 ・年頭の挨拶はいつまで?…新年最初の朝礼などで、社長が行う年頭の挨拶など、職場全員が集まって行う新年の挨拶は仕事はじめの日に行います。 ・職場や営業先で交わす新年の挨拶はいつまで?…社内、社外いずれも、ビジネス上のおつきあいのある相手と直接対面 するのは、仕事始めの日以降なので、なかなか松の内までに挨拶を済ませるのは難しいものです。 営業マンなどが、カレンダーや手帳などを持参して新年の挨拶回りをする場合は慣例として15日くらいまでに済ませます。 4)その他 ・自分の言葉で話す ・短くても構わないので、カンニングペーパーなしで、自分の言葉で話す。 ・ビジネス以外の場合、方言を混ぜた方がぐっと親しみやすい感じになるので、わざと使用しても良い。

次の