ミサンガ 作り方 簡単 3 本。 ミサンガの編み方8選!初心者でも簡単に手編みができる!

簡単かわいいミサンガの作り方3選!もっとかわいくなるアレンジ術も紹介

ミサンガ 作り方 簡単 3 本

右に置いた糸の色が表に出てきます。 STEP4:通り輪を作る 右の糸を3本の糸の上を通り輪を作って下から通します。 STEP5:繰り返し結ぶ それを引っ張って、きゅっと結びます。 STEP4から5の結び方を10回繰り返します。 STEP6:他の色の糸と交互に繰り返し結ぶ 次に、他の色の糸を右側に残りの3本を左側にして、同じように10回結びます。 2色の糸を10回ずつ交互に結んでいくと、写真のようになります。 STEP7:完成 適当な長さに編んだら、最初に結んだ結び目をほどきます。 そして、手首か、足首に結び付けましょう。 おわりに 残っている刺しゅう糸で手軽に作れます。 色にもいろいろな意味合いがあるようですので、こだわってみても良いのではないでしょうか。 Photo by 著者.

次の

斜め模様のミサンガの作り方・イラスト図解

ミサンガ 作り方 簡単 3 本

【目次】 【ミサンガの作り方一覧】• 【季節物のミサンガの作り方】 ハロウィン• 【ミサンガの編み方】• 【ミサンガの図案】• 【豆知識】• ミサンガの作り方 編み始めと編み終わり ミサンガを作ったときに、 両端はどう結んでいますか? 普通のひと結びで仕上げている人も多いと思います。 もちろんそれでもOKですが、 三つ編みで両端を結ぶと、もっと可愛くなるんですよ。 三つ編みの作り方 ミサンガで、一番簡単な作り方は、「三つ編み」です。 これなら、不器用な人でも失敗しないと思いますよ~ 四つ編みの作り方 ちょっと難しそうに感じますが、同じ手順の繰り返しです。 この編み方は、三つ編みと同じように平面の仕上がりになりますよ。 四つ組みの作り方 四つ組みは、四つ編みと違って、立体の仕上がりになります。 太い紐でミサンガを作りたいときに、ぴったりな編み方ですよ。 輪結びの作り方 輪結びは名前の通り、糸を輪っかに結ぶだけです。 とっても簡単なので、初心者に最適ですよ。 タッチング結びの作り方 タッチング結びは、輪結びを2回結ぶような編み方です。 平らな感じの仕上がりになるので、糸の色がポイントになりますよ。 タッチング結びの作り方2 芯の本数で太さを調節できるので好みの太さで作ってみてくださいね。 平結びの作り方 平結びは、芯糸に左右の巻き糸を結んで、編んでいきます。 だから、芯糸の本数によって、仕上がりの太さが変わってきますよ。 ねじり結びの作り方 ねじり結びは、平結びと同じ結び方で編んでいきます。 左の巻き糸から編むと、左から右へ結び目がねじれていくので、 左上ねじり結びと呼ばれているんですよ。 ねじり結びの作り方2 簡単な動作を繰り返すだけなので初心者にも簡単に作れますよ! ダブルねじり結びの作り方 ねじり結びの応用編です。 2色で華やかになりますよ。 好みの色で作ってくださいね。 長さ調整できるねじり結びの作り方 簡単なねじり結びでおしゃれなアクセサリーが作れますよ。 ビーズスタイル ビーズスタイルは、「平結び」の中央にビーズを入れて編みます。 平結びが出来れば、簡単に作れちゃいますよ。 斜め模様の作り方 斜め模様は、ななめ巻き結びを繰り返して、結んでいきます。 基本的なミサンガの模様なので、まずはこの結び方を覚えましょう! V字模様の作り方 V字模様は、中央から左右交互に「ななめ巻き結び」を1段ずつ、 結んでいきます。 糸の色を左右対象に配置して下さいね。 ハート模様の作り方 ハート模様は、「ななめ巻き結び」で作ることが出来ます。 とっても可愛いので、女性がつけるのにピッタリですね。 ストライプ模様の作り方 ストライプ模様は、「よこ巻き結び」を繰り返して作ります。 始めに並べた糸の順番が、そのまま模様になりますよ。 市松模様の作り方 市松模様は、「たて巻き結び」と「よこ巻き結び」を規則正しく結んでいきます。 ブロックのように、上下に積み上げて模様にしていくんですよ。 ジグザグ模様の作り方 ジグザグ模様は、「斜め巻き結び」を右方向と左方向に結んでいきます。 数種類の糸を使うと、見た目がカラフルになりますよ。 よこ巻き結びの作り方 よこ巻き結びは、ミサンガの基本的な結び方のひとつです。 この結び方は、文字や絵柄を作るときに使う結び方なんですよ。 たて巻き結びの作り方 たて巻き結びは、ミサンガの基本的な結び方のひとつです。 この結び方は、文字や絵柄を作るときの背景に使う場合が多いんですよ。 アルファベット文字の作り方 アルファベット文字は、「たて巻き結び」と「よこ巻き結び」を組み合わせて作ります。 この結び方は、カバンドリーワークと呼ばれているんですよ。 メッセージ&ハートの作り方 メッセージとハートの絵柄は、「たて巻き結び」と「よこ巻き結び」を組み合わせて作ります。 メッセージの部分を、好きな人の名前にしても素敵ですね。 ビッグハートミサンガの作り方 大きなハートがラブリーなミサンガです。 4段1組で繰り返します。 ミニハート模様の作り方 ハートがとってもかわいいミサンガです。 最初は難しく感じるかもしれませんが慣れるとスムーズに作れるようになりますよ! ミニミニハートミサンガの作り方 小さなハートが愛らしいミサンガです。 7色の斜め結びの作り方 7色の刺繍糸を使ってレインボーカラーのミサンガが出来上がりました。 作り方は簡単なので好きな配色で作ってくださいね。 グラデーションねじり結びの作り方 カラフルなねじり結びがグラデーション刺繍糸を使と簡単にできますよ! 三つ編みビーズの作り方 ビーズの色の組み合わせでイメージが変わりさまざまなシーンで楽しめます。 三つ編みロングミサンガの作り方 三つ編みで簡単に華やかなミサンガが出来上がります。 四つ編みの作り方 4本で編んでいくので三つ編みに比べカラフルですよ。 丸四つ編み 4本の刺繍糸で順番通り編むことで、どの面を表にしても使えますよ! 平四つ編みの作り方 4本の糸で編んでいきます。 三つ編みより少し複雑ですが慣れれば簡単に 編むことができますよ! 五つ編みの作り方 慣れてきたら五つ編みに挑戦してみましょう! 六つ編みの作り方 1色でも6色でも好みの糸で楽しめますよ。 平結びビーズミックスの作り方 平結びにビーズを合わせました。 金のモチーフでアクセントをつけると引き立ちます。 斜め編み(2色)の作り方 同じ作業の繰り返しなので初心者にも簡単に編めますよ! 上手に編むには引き締めの加減が大事です。 斜め編み(太さの異なるライン)の作り方 細いラインの斜め編みです。 V字模様(3色6本)の作り方 2色4本のV字模様の応用編です。 本数は増えても作業は一緒ですのでチャレンジしてみてください! グラデーションミサンガの作り方 グラデーションの刺繍糸でカラフルなミサンガができますよ。 モザイクミサンガの作り方 複雑な模様のミサンガですが同じ結び方を繰り返すので簡単ですよ。 レース編みの作り方 レースのようなミサンガです。 隙間があるので夏に付けても爽やかです。 ジグザグミサンガの作り方 ジグザグ模様は2つの結び方で作れますよ。 好みの色で作ってみてくださいね。 矢羽根模様の作り方 2色の色が規則正しく出ているミサンガです。 作業は同じことの繰り返しなので簡単ですよ。 矢羽根4色の作り方 矢羽根ミサンガの4色バージョンです。 作り方は変わりませんが色の配置や配色によって異なる雰囲気を楽しめますよ。 左右結びの作り方 2本で作る細いミサンガです。 何本かを一緒に巻いてもかわいいですよ! 季節物 ハロウィン ハロウィンモチーフミサンガの作り方 とっても簡単ですがパーツの種類で雰囲気が変わるのでたくさん作って楽しんでくださいね。 斜め模様ミサンガ(ハロウィンバージョン)の作り方 ハロウィンカラーで作ってイベントに付けて行ってもかわいいですよ。 アルファベット文字の図案 アルファベット文字を組み合わせれば、自由にメッセージを作ることができます。 そのときに必要になるのが、アルファベット文字の図案なんですよ。 アルファベット子文字の図案 アルファベットの子文字を組み合わせれば、作れるメッセージの種類も多くなりますよ。 数字の図案 日付入りのミサンガを作りたいときって、ありますよね。 そんなときの為に、1~0までの数字の図案をご用意しました! 記号の図案 アルファベットの文字に記号を組み合わせれば、 可愛いメッセージが作れます。 記号が作れるようになれば、メッセージにオリジナリティが出せますよね! ミサンガの結び方 ミサンガは、ずっと着けていたい場合と 外したい場合によっても、結び方は違ってきます。 ミサンガのタイプや用途によって、結び方も選んで下さいね。 ミサンガの材料 ミサンガの材料は、とってもシンプルです。 糸さえあれば、家にあるもので作れちゃいますよ。 斜め模様から始めて、これまでに輪結び、タッチング結び、平結び、ねじり結び、ビーズスタイル、ストライプ模様に挑戦しました。 最初は目を飛ばしたりねじれたり失敗ばかりでしたが、なんとか人にあげられるレベルになってきました。 すっかりハマってしまって、刺繍糸やビーズも買いに行きました! これまで趣味と言えるものがなかったので、すごく充実してます。 ここに出会えて良かったと心から思っています。 ありがとうごさいます。 最終目標は、フルコンプして、メッセージ入りのミサンガをつくることです!がんばります。

次の

簡単かわいいミサンガの作り方3選!もっとかわいくなるアレンジ術も紹介

ミサンガ 作り方 簡単 3 本

出典: ビーズミサンガの作り方・編み方の3つ目は、平編みです。 平編みはビーズミサンガ作りの基本となる編み方なので、ぜひ覚えて下さい。 芯糸の部分だけ色違いにすると編み込みやすくなります。 平編みの作り方(動画も併せてご覧下さい。 1糸を4本用意し、3~5㎝残し結びテープで固定• 2左端の糸を4の字になるように置く• 3そのまま4の字の下からくぐらせ締める• 4真ん中の糸は芯糸なのでそのまま何もしない• 5右端も同様に逆4の字になるように置く• 6そのまま逆4の字かくぐらせ締める• 7左端の糸にビーズを通す• 83・4の工程を繰り返す• 9間隔をあけ、先ほどと同じ様にビーズを通す• 10手首の長さまで編み込んだら完成 出典: ビーズミサンガの作り方・編み方の7つ目は、ハート模様です。 ハート模様はとってもキュートで学生さんに人気の編み込みです。 とても難易度が高そうに見えますが、初心者でも簡単に作る事ができます。 ハート模様の作り方(動画も併せてご覧下さい。 1糸を8本用意し、3~5㎝残し結びテープで固定(残す長さは留め部分によって変えて下さい。 2ハートの色になる糸を真ん中に4本置く• 3外側にそれぞれベースの色を置く• 4一段目は、左から3番目まで4の字で2回ずつ編み込む• 5右から3番目まで逆4の字で2回ずつ編み込む• 6真ん中の2本を4の字で2回• 左右一度だけ。 8三段目は、左が逆4の字、2回目だけ一度限り4の字の縦になる部分を上下逆にする。 9右が4の字、2回目だけ一度限り4の字の縦になる部分を上下逆にする。 10後は通常通り編み込む• 12お好みの場所でビーズを通す• 13手首の長さまで編み込んだ完成 出典: ビーズミサンガの作り方・編み方の8つ目は、矢羽模様です。 矢羽模様は交互に色が重なった素敵なデザインです。 刺繍糸の種類も豊富にあるので矢羽の部分を色違いにしてもおしゃれです。 矢羽模様の作り方• 1糸を3色3本ずつ用意し3~5㎝残し結びテープで固定(残す長さは留め部分によって変えて下さい。 2一段目は、左から4の字で2回ずつ編み、残り3本は編み込まない。 編み込んできた糸は置いてくる• 3二段目・三段目も同じ工程で編む• 4次は右から逆4の字で2・3の工程を繰り返す• 5この工程を糸がなくなるまで繰り返す• 6お好みの場所でビーズを通す• 色が交差しているデザインなので難しそうと敬遠してきた方も多いかと思いますが、これを覚えていくと自分だけのオリジナルの編み込みもできるようになるので、ぜひ挑戦してみて下さい。 ひし形の作り方(動画も併せてご覧下さい。 1糸を2色ずつ8本用意し、3~5㎝残し結びテープで固定(残す長さは留め部分によって変えて下さい。 2糸の色を左右対称に配置• 3左から4の字で2回ずつ編む• 4右から逆4の字で2回ずつ編む• 5左から4の字で1回ずつ編む• 6右から逆4の字で1回ずつ編む• 7左端だけ4の字を2回編む• 82本目は1回ずつ4の字1回反転4の字• 9持ち糸は変えず、左端を1回ずつ4の字1回反転4の字• 10右から4の字で2回ずつ編む• 112本目は1回ずつ4の字1回反転4の字• 12また右端の糸に4の字で2回編む• 13真ん中から左半分を逆4の字で右端まで2回ずつ編む• 14今度は右半分を4の字で右端まで2回ずつ編む• 15真ん中の糸を4の字で編む• 162本目は1回ずつ4の字1回反転4の字• 17また真ん中に戻る• 18真ん中から右へ4の字で2回編む• 192本目は1回ずつ4の字1回反転4の字• 20また真ん中に戻り4の字で2回編む• 21左から3番目の糸を持ち真ん中の糸に4の字で2回編む• 22右側も同じように4の字で2回編む• 23また真ん中に戻って4の字で2回編む• 24左から4の字で2回ずつ編む• 25右から4の字で2回ずつ編む• 26これで1回目のひし形が完成• 27お好みの場所でビーズを通す• 28手首の長さまで編み込んだら完成 出典: ビーズミサンガの作り方・編み方10個目は、レース編みです。 レース編みは透け感が夏にぴったりなデザインです。 可愛らしく、涼しげな印象が人気のデザインです。 レース編みの作り方• 1糸を6本用意し3~5㎝残し結びテープで固定(残す長さは留め部分によって変えて下さい。 2真ん中の2本を逆4の字で2回編む• 3真ん中から左へ順番に編み込んでいく• 4真ん中から右半分も同じように編む• 52段は3・4を逆4の字で編む• 6お好みの場所でビーズを通す• 7手首の長さまで編み込んだら完成 名前・文字入りミサンガの作り方・編み方 文字を編む前に図案を書こう ます目入りの用紙やない場合はます目を書いて、アルファベットが浮き出てくるようイメージしながら、その部分を塗りつぶし文字を書いていきます。 全ての文字やイラストがこの図案によって編み込まれていきます。 動画も併せてご覧下さい。 出典: 100均でも購入可能なアルファベット文字入りのチャームや、様々な種類のチャームを使用したミサンガは、手首や足首の真ん中辺りに付けると、とてもおしゃれでかわいく手足に映えます。 シンプルな編み込みのものでも、チャームを付けるとそれだけでおしゃりになります。 プレゼントにも最適です。 手作りビーズミサンガの作り方・編み込み方をマスターして夏を楽しもう ビーズミサンガの作り方・編み方等についてご紹介しました!これまで難しそうだなと敬遠されていた方も多かったのではないでしょうか?ミサンガの種類は豊富ですが、基本の編み込みをマスターすれば様々なものまで作れます。 洋服もそうですがおしゃれは小物からです!ミサンガについては以下の記事もお読みください。

次の