あさ がく ナビ 就職 博。 » あさがくナビ就職博 株式会社ONO plus

企業向け/インターンシップ博|学情の新卒採用イベント

あさ がく ナビ 就職 博

【2020年6月:21卒就活 最新動向】 『 緊急事態宣言解除により、選考が一気に加速する可能性あり』 先月末に首都圏、関西でも緊急事態宣言が解除されました。 それにより、休業や自粛していた店舗や企業も営業活動を再開しております。 経済が回り始め、採用活動を自粛していた企業も再開する動きにあります。 つまり、 採用活動が一気に加速し、21卒の就活生は今月局面を迎える可能性があります。 6月は引き続きオンラインで就活はしつつも、必要に応じて対面の面接などにも慣れておきましょう。 そして、 面接が苦手が方は就活エージェントを活用して、早急に面接に慣れるよう、無料でプロから練習をしてもらいましょう。 下記のサービスはオンライン就活が可能な就活エージェントですので、就活相談や自己分析、業界研究、SPI対策や面接練習に活用しましょう。 Contents• あさがくナビとは? まずは「あさがくナビ」について、基本的な情報をご説明します。 1-1. あさがくナビの特徴 あさがくナビ(朝日学情ナビ)は、中堅・中小企業や優良ベンチャー企業に特化した就職情報サイトです。 株式会社「学情」が、朝日新聞社とともにコンテンツを提供しています。 近年、新卒採用の約3割が3年以内に会社を辞めているというデータがあり、大きな要因としては、企業と学生とのミスマッチがあると言われています。 あさがくナビでは、このようなミスマッチを極力減らすような取組みとして、以下のような機能を充実させているのが特徴です。 詳細な条件設定ができる充実した「検索機能」• 一人一人にマッチした企業を個別に案内してくれるAI搭載の「就活ロボ」• あなたのガクチカ情報を元に企業から送られる「スカウト機能」 あなたが今まで知らなかった会社、隠れた会社の中からも「あなたに合った企業」が見つかるシステムです。 これらの取組みが、近年の就活生から高い評価を受けている理由と思われます。 1-2. あさがくナビは株式会社「学情」が運営 会社名 株式会社学情 本社所在地 【東京本社】東京都中央区銀座 【大阪本社】大阪市北区梅田 設立年月日 昭和52年11月7日 代表者 代表取締役社長 中井清和 資本金 15億円 事業内容 人材関連サービス、広告関連サービス あさがくナビは、 株式会社「学情」が運営しています。 学情は、同業他社に先駆けて東証一部上場を果たしています。 大手総合就職情報会社として知られており、朝日新聞社を始め、他にも大手金融機関などが出資している企業です。 また、あさがくナビの他にも、20代専門転職サイトである「Re就活」の運営など、学情は人材採用に関わる事業を多方面にわたり展開している会社といえます。 あさがくナビの評判・口コミ あさがくナビの評判について、口コミサイトやTwitterで調べてみました。 2-1. 良い口コミ 今日は関西から池袋のインターン合同説明会に行って参った。 あさがくナビで診断してマッチしてる企業と、もともと狙ってた企業を回った。 これだけでも効率的やろ?やっぱり実際に説明会行かな分からんことあるわ。 人事の人の態度って本当に重要。 企業の差が本当によく分かる。 全国対応で会員登録しなくても企業検索はできますが、会員登録すれば細かな情報も見る事が出来るので自分は登録しています。 あさがくナビに会員登録(無料)すると、掲載企業の詳細まで見ることができます。 また、サイト上でプレエントリーすることもでき便利です。 掲載企業数が少なく、中小企業に絞られていて、その会社の細かく記載されているので、大学の就職課のような安心感があります。 朝日新聞との提携という部分にも信頼できました。 あさがくなびで紹介されている求人は、大手の何段階もあるグループ面接ではなく、個人面接でしっかり話を聞いてくれるような企業が多くみつかるので、就活する人におすすめしたいサイトでした。 企業と学生との距離が近いのも、あさがくナビならではのメリットのようですね。 (以上、引用元:) 2-2. 良くない口コミ 一方で、Twitterではメールについての良くない噂が散見されました。 しかも他の就活サイトでも同様のようであり、こうしたサイトを利用する上では、ある程度は避けられないのが実情と言えるようです。 とはいえ、対策が可能な部分もあります。 これについては記事の後半にまとめていますので参考にしてください。 業界最大級の就活イベント「就職博」 学情と朝日新聞社が開催する合同企業セミナー 「就職博」の名前は、就活生のみなさんなら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 この「就職博」は、年間来場学生20万名以上、延べ参加企業7,000社以上とも言われており、業界では最大級の規模です(同社公式HPより)。 今や就活シーンでは定番となった合同企業セミナーですが、実は学情が1981年に国内では初めて実施しており、現在まで続いているのがこの「就職博」だそうです。 公式には6大主要都市(仙台・東京・名古屋・大阪・京都・九州)での開催とされていますが、2019年にはこの他にも札幌、横浜、滋賀、神戸、広島などでも開催されています(予定を含む)。 3-1. 「就職博」の活用方法 就職博は、企業による一方的な説明会ではありません。 企業ごとにブースが区切られており、 企業と学生が対面で直接コミュニケーションをとれる場となっています。 中には直接採用に結びつくこともあり、企業からも好評を得ているようです。 ただし、人気企業のブースは人だかりができてしまい、場合によっては質問などができないということも実際にはあるようです。 3-2. 「就職博」はこんな人におすすめ 就職博には、多くの中堅・中小企業が幅広い業界から出展しています。 このことから、 業界・業種にとらわれずに自分に合った仕事を探している人におすすめです。 また、 志望企業の他にも、同業他社の話も聞くことができるので、既に志望企業を絞っている人にも就職博は有益と言えます。 就職博は、今まで知らなかった魅力ある企業を探すことができます。 あなたが想像もしなかった仕事に出会えるかもしれません。 ところで就職博の会場では、学情の運営スタッフが就活アドバイザーとして個別にヒアリングをしてくれます。 その上で企業と学生と双方がマッチするブースへとあなたを誘導してくれますので、 「どの企業のブースに行ったらいいのか分からない」「まだ志望業界・業種が絞れていない」という場合でも大丈夫です。 中堅・中小企業を多数掲載!充実した検索機能 あさがくナビは、中堅・中小企業に強い就活支援サイトであることは前述したとおりです。 2019年7月時点で掲載企業数は2,300社を超えています。 そして、 あさがくナビの検索機能がとても充実しており、様々な条件で検索が可能となっています。 また、あさがくナビは関東圏だけでなく、全国区の企業を掲載しています。 例えば都道府県別での検索や、「転勤なし」の条件で検索も可能ですので、地元志向の就活生にもおすすめできると言えるでしょう。 納得するまでこれらを使い倒して、あなたに合った企業を見つけて下さい。 なお、掲載企業については誰でも閲覧が可能ですが、会員登録(無料)することにより「プレエントリー」することができます。 プレエントリーとは正式な応募ではありませんが、選考や会社説明会の案内が個別に届くようになります。 また、あなたがその企業に興味を持っていることをアピールできるという利点もあります。 メールが多くて迷惑って本当? Twitterでの口コミを見る限りでは、あさがくナビからたくさんのメールが届いて迷惑に思っている人もいるようです。 そこで、メールについての悩みを解決する方法を調べてみました。 5-1. メール配信の調整方法 あさがくナビからのメールを完全に止めるわけではありませんが、メール受信の件数を減らすことができます。 マイページにログインし、「登録内容の変更・退会」ページの「メール配信の設定を変更する」から各種メールの配信設定を調整することが可能です。 5-2. 退会も簡単にできる あさがくナビのサイトには、退会専用フォームがあります。 マイページにログインし、「登録内容の変更・退会」ページの「あさがくナビの退会」から手続きができます。 5-3. それでもメールが届くなら 退会したのにメールが届く場合には、登録が重複しており一方が未退会になっている可能性があります。 この場合は、問い合わせフォームから「退会したのにメールが届く」旨を明記して送信することをおすすめします。 まとめ|あさがくナビはこんな人におすすめ 学情が運営する「あさがくナビ」は、中堅・中小企業への就職を目指す学生にはおすすめのサービスと言えます。 中でも、企業と直接コミュニケーションを取ることのできる「就職博」は、就活中には是非一度足を運んでみることをおすすめします。 また、ここまでの記事で見てきたように、あさがくナビは、たくさんの良質な情報をあなたに届けてくれるサービスですが、情報の海を目の前にして、戸惑ってしまうこともあるかもしれません。 あさがくナビはこんな人におすすめです。

次の

あさがくナビってどう?評価・口コミ・メリット・デメリット徹底比較【暴露】

あさ がく ナビ 就職 博

【2020年6月:21卒就活 最新動向】 『 緊急事態宣言解除により、選考が一気に加速する可能性あり』 先月末に首都圏、関西でも緊急事態宣言が解除されました。 それにより、休業や自粛していた店舗や企業も営業活動を再開しております。 経済が回り始め、採用活動を自粛していた企業も再開する動きにあります。 つまり、 採用活動が一気に加速し、21卒の就活生は今月局面を迎える可能性があります。 6月は引き続きオンラインで就活はしつつも、必要に応じて対面の面接などにも慣れておきましょう。 そして、 面接が苦手が方は就活エージェントを活用して、早急に面接に慣れるよう、無料でプロから練習をしてもらいましょう。 下記のサービスはオンライン就活が可能な就活エージェントですので、就活相談や自己分析、業界研究、SPI対策や面接練習に活用しましょう。 Contents• あさがくナビとは? まずは「あさがくナビ」について、基本的な情報をご説明します。 1-1. あさがくナビの特徴 あさがくナビ(朝日学情ナビ)は、中堅・中小企業や優良ベンチャー企業に特化した就職情報サイトです。 株式会社「学情」が、朝日新聞社とともにコンテンツを提供しています。 近年、新卒採用の約3割が3年以内に会社を辞めているというデータがあり、大きな要因としては、企業と学生とのミスマッチがあると言われています。 あさがくナビでは、このようなミスマッチを極力減らすような取組みとして、以下のような機能を充実させているのが特徴です。 詳細な条件設定ができる充実した「検索機能」• 一人一人にマッチした企業を個別に案内してくれるAI搭載の「就活ロボ」• あなたのガクチカ情報を元に企業から送られる「スカウト機能」 あなたが今まで知らなかった会社、隠れた会社の中からも「あなたに合った企業」が見つかるシステムです。 これらの取組みが、近年の就活生から高い評価を受けている理由と思われます。 1-2. あさがくナビは株式会社「学情」が運営 会社名 株式会社学情 本社所在地 【東京本社】東京都中央区銀座 【大阪本社】大阪市北区梅田 設立年月日 昭和52年11月7日 代表者 代表取締役社長 中井清和 資本金 15億円 事業内容 人材関連サービス、広告関連サービス あさがくナビは、 株式会社「学情」が運営しています。 学情は、同業他社に先駆けて東証一部上場を果たしています。 大手総合就職情報会社として知られており、朝日新聞社を始め、他にも大手金融機関などが出資している企業です。 また、あさがくナビの他にも、20代専門転職サイトである「Re就活」の運営など、学情は人材採用に関わる事業を多方面にわたり展開している会社といえます。 あさがくナビの評判・口コミ あさがくナビの評判について、口コミサイトやTwitterで調べてみました。 2-1. 良い口コミ 今日は関西から池袋のインターン合同説明会に行って参った。 あさがくナビで診断してマッチしてる企業と、もともと狙ってた企業を回った。 これだけでも効率的やろ?やっぱり実際に説明会行かな分からんことあるわ。 人事の人の態度って本当に重要。 企業の差が本当によく分かる。 全国対応で会員登録しなくても企業検索はできますが、会員登録すれば細かな情報も見る事が出来るので自分は登録しています。 あさがくナビに会員登録(無料)すると、掲載企業の詳細まで見ることができます。 また、サイト上でプレエントリーすることもでき便利です。 掲載企業数が少なく、中小企業に絞られていて、その会社の細かく記載されているので、大学の就職課のような安心感があります。 朝日新聞との提携という部分にも信頼できました。 あさがくなびで紹介されている求人は、大手の何段階もあるグループ面接ではなく、個人面接でしっかり話を聞いてくれるような企業が多くみつかるので、就活する人におすすめしたいサイトでした。 企業と学生との距離が近いのも、あさがくナビならではのメリットのようですね。 (以上、引用元:) 2-2. 良くない口コミ 一方で、Twitterではメールについての良くない噂が散見されました。 しかも他の就活サイトでも同様のようであり、こうしたサイトを利用する上では、ある程度は避けられないのが実情と言えるようです。 とはいえ、対策が可能な部分もあります。 これについては記事の後半にまとめていますので参考にしてください。 業界最大級の就活イベント「就職博」 学情と朝日新聞社が開催する合同企業セミナー 「就職博」の名前は、就活生のみなさんなら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 この「就職博」は、年間来場学生20万名以上、延べ参加企業7,000社以上とも言われており、業界では最大級の規模です(同社公式HPより)。 今や就活シーンでは定番となった合同企業セミナーですが、実は学情が1981年に国内では初めて実施しており、現在まで続いているのがこの「就職博」だそうです。 公式には6大主要都市(仙台・東京・名古屋・大阪・京都・九州)での開催とされていますが、2019年にはこの他にも札幌、横浜、滋賀、神戸、広島などでも開催されています(予定を含む)。 3-1. 「就職博」の活用方法 就職博は、企業による一方的な説明会ではありません。 企業ごとにブースが区切られており、 企業と学生が対面で直接コミュニケーションをとれる場となっています。 中には直接採用に結びつくこともあり、企業からも好評を得ているようです。 ただし、人気企業のブースは人だかりができてしまい、場合によっては質問などができないということも実際にはあるようです。 3-2. 「就職博」はこんな人におすすめ 就職博には、多くの中堅・中小企業が幅広い業界から出展しています。 このことから、 業界・業種にとらわれずに自分に合った仕事を探している人におすすめです。 また、 志望企業の他にも、同業他社の話も聞くことができるので、既に志望企業を絞っている人にも就職博は有益と言えます。 就職博は、今まで知らなかった魅力ある企業を探すことができます。 あなたが想像もしなかった仕事に出会えるかもしれません。 ところで就職博の会場では、学情の運営スタッフが就活アドバイザーとして個別にヒアリングをしてくれます。 その上で企業と学生と双方がマッチするブースへとあなたを誘導してくれますので、 「どの企業のブースに行ったらいいのか分からない」「まだ志望業界・業種が絞れていない」という場合でも大丈夫です。 中堅・中小企業を多数掲載!充実した検索機能 あさがくナビは、中堅・中小企業に強い就活支援サイトであることは前述したとおりです。 2019年7月時点で掲載企業数は2,300社を超えています。 そして、 あさがくナビの検索機能がとても充実しており、様々な条件で検索が可能となっています。 また、あさがくナビは関東圏だけでなく、全国区の企業を掲載しています。 例えば都道府県別での検索や、「転勤なし」の条件で検索も可能ですので、地元志向の就活生にもおすすめできると言えるでしょう。 納得するまでこれらを使い倒して、あなたに合った企業を見つけて下さい。 なお、掲載企業については誰でも閲覧が可能ですが、会員登録(無料)することにより「プレエントリー」することができます。 プレエントリーとは正式な応募ではありませんが、選考や会社説明会の案内が個別に届くようになります。 また、あなたがその企業に興味を持っていることをアピールできるという利点もあります。 メールが多くて迷惑って本当? Twitterでの口コミを見る限りでは、あさがくナビからたくさんのメールが届いて迷惑に思っている人もいるようです。 そこで、メールについての悩みを解決する方法を調べてみました。 5-1. メール配信の調整方法 あさがくナビからのメールを完全に止めるわけではありませんが、メール受信の件数を減らすことができます。 マイページにログインし、「登録内容の変更・退会」ページの「メール配信の設定を変更する」から各種メールの配信設定を調整することが可能です。 5-2. 退会も簡単にできる あさがくナビのサイトには、退会専用フォームがあります。 マイページにログインし、「登録内容の変更・退会」ページの「あさがくナビの退会」から手続きができます。 5-3. それでもメールが届くなら 退会したのにメールが届く場合には、登録が重複しており一方が未退会になっている可能性があります。 この場合は、問い合わせフォームから「退会したのにメールが届く」旨を明記して送信することをおすすめします。 まとめ|あさがくナビはこんな人におすすめ 学情が運営する「あさがくナビ」は、中堅・中小企業への就職を目指す学生にはおすすめのサービスと言えます。 中でも、企業と直接コミュニケーションを取ることのできる「就職博」は、就活中には是非一度足を運んでみることをおすすめします。 また、ここまでの記事で見てきたように、あさがくナビは、たくさんの良質な情報をあなたに届けてくれるサービスですが、情報の海を目の前にして、戸惑ってしまうこともあるかもしれません。 あさがくナビはこんな人におすすめです。

次の

【2019年卒採用も終盤!】「あさがくナビの就職博」京都では最終開催です!|株式会社学情のプレスリリース

あさ がく ナビ 就職 博

株式会社学情 「あさがくナビの就職博」とは、延べ来場学生20万名以上、延べ参加企業7,000社の実績がある国内最大級の合同企業セミナーです。 株式会社学情(本社:大阪市北区・東京都中央区/代表取締役社長:中井清和)は、日本最大級の就活イベント「あさがくナビの就職博」を大阪にて開催いたします。 6月に選考解禁を迎えることで、企業の内定出しが一気に進み、周りと自分の就職活動の状況を比べて焦りを感じる学生も増え始めます。 「あさがくナビの就職博」では、今から就活スタートの学生にも最終面接の対策をしたい学生にも役立つ「就職博カレッジ」で就職活動の進捗に合わせた就活対策が可能です。 自分に合った情報を得ることで学生が焦らず納得して就職活動に取り組めるよう、当イベントを通してサポートしてまいります。 ・講演コーナー【両日10:30~】 就活の時期に沿ったタイムリーな情報、就活ノウハウをガイダンス形式で実施します。 今回は学生が知りたい情報に合わせて参加できるよう、 「6月以降の動き方」など3段階に分けた「就職博カレッジ」を行います。 ・就活相談コーナー【両日11:00~】 就活コンサルタントが学生の就活相談について一人ひとり丁寧に対応します。 また、学生のエントリーシートの添削も実施します。 知名度にとらわれず、中堅・中小・ベンチャー企業の魅力を伝える合同企業セミナーとして、学生の就職活動、企業の採用活動、両者の定番となっています。 この合同企業セミナーは、1982年に当社が日本で初めて『就職博』として実施したもので、今もなお参加企業数・参加学生数ともに業界最大規模を誇っています。 現在は、札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・滋賀・京都・大阪・神戸・広島・福岡の全国11都市で開催。 各地で多くの企業、学生、大学からご評価いただき、合同企業セミナーの定番として浸透しています。 新卒採用ミスマッチが叫ばれて久しいですが、 あさがくナビは学生と企業のマッチングを促進するサイトとして構成。 AI(人工知能)を搭載した就活ロボが学生一人ひとりの行動記録からマッチした企業を個別に案内する等、学生と企業のマッチングを促進する仕組みを導入しています。 また、朝日新聞のその日の記事から社会や業界に関してのトピックスを就活目線でわかりやすく解説した「今日の朝刊」など、単なる就活ノウハウの提供ではなく、社会や世の中を知るためのコンテンツを提供しています。

次の