タブレット本体 おすすめ。 2020おすすめの格安タブレット人気比較ランキング!【コスパ最強】 モノナビ

【2020年版】Kindle端末のおすすめ3選。各モデルの特徴を比較

タブレット本体 おすすめ

Kindleとは? By: 「Kindle(キンドル)」とは、Amazonが展開する電子書籍や電子書籍リーダー、そして関連アプリなども含めたサービス全般の総称です。 電子書籍リーダーである「Kindle端末」は、2010年にアメリカで販売を開始しました。 Amazonが提供する電子書籍は「Kindle本」と呼ばれ、Kindle端末で閲覧できます。 また、専用のソフトウェアやアプリをインストールしておくことで、スマートフォンやパソコンでも閲覧することが可能。 一度購入したKindle本のコンテンツはクラウド上に保存されるため、本を紛失してしまう危険もなく、読みかけの続きを別の端末で見ることもできて便利です。 Kinldle端末の最新ラインナップは、「Kindle」「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」の3機種となっており、従来の5機種から見直し整理されているため、使い方に応じてより選びやすくなっています。 Kindle端末の特徴 見やすく目が疲れにくい Kindle端末には通常の液晶とは異なる「E-Ink(電子インク)」と呼ばれるディスプレイが搭載されています。 光を反射しにくいのが特徴で、日光の下でも日差しの影響を受けることなく、紙の本のように読むことが可能です。 スマートフォンやタブレット端末のようなバックライトではなく、目に優しいフロントライトを使用しているのもポイント。 強い光やブルーライトを発生しないため、目に優しく長時間の読書でも疲れにくいのが魅力です。 最新のラインナップでは、一番安い価格の「Kindle」にもフロントライトが搭載され、室内など暗い場所での見やすさが改善されています。 屋外でも室内でも、好きな場所で読書を楽しみたい方におすすめの電子書籍リーダーです。 バッテリーが長持ち スマートフォンやタブレット端末のように、頻繁に充電する必要がないのも本シリーズの魅力です。 搭載されている「E-Inkディスプレイ」は、同じ画面を表示している間は電力を消費しません。 ページをめくる画面切り替えの時だけ電気を使うため、省電力性に優れているのが特徴です。 そのため、一度の充電で数週間程度使用することができ、紙の書籍と同じような感覚で扱えるメリットがあります。 普段はカバンの中へ入れっぱなしにしておいて、時間が空いた時にさっと取り出して読むといった使い方がしたい方にもおすすめです。 読書に没頭できる Kindle端末は読書を楽しむために必要な機能だけを搭載した専用機です。 スマートフォンやタブレット端末のように、メールやメッセージの着信に邪魔されることなく読書に没頭できます。 軽くて持ち運びが楽 By: Kindle端末の重量は174〜194gと軽量です。 また、一般的な書籍データであれば、数千冊分を本端末内に保存することが可能。 単行本1冊の重さが150〜200g程度であることを考えると、紙の書籍とほぼ変わらない本体に膨大な数の本を詰め込んで持ち歩けるのも、本端末の大きな魅力と言えます。 リーズナブルな価格 スマートフォンやタブレット端末と比較して、価格が安いのもKindle端末の魅力です。 一番安い「広告あり」モデルを選択すれば、9,000円を切る価格で購入可能。 気軽に電子書籍を使いたい方にもおすすめです。 電子書籍リーダーならではの便利な機能 気になった箇所にマーカーを引く感覚で「ハイライト」が付けられます。 紙の本のように、ページの汚れや傷みを気にしなくていいのがメリットです。 また、文字サイズの切り替えができるのもポイント。 8種類の文字サイズから見やすい大きさを選べるため、ストレスなく読書ができます。 本体に辞書機能を内蔵しており、読んでいる中で分からない単語が出てきても、その場で調べることが可能。 スマートフォンや辞書を使う必要がないので便利です。 また、搭載しているメモ機能は読んだ感想や思いついたアイデアなどを記録しておき、後で確認すると言った使い方ができます。 ページへの書き込みをよくする方におすすめの機能です。 Kindle端末の選び方 容量で選ぶ 「Kindle本」を保存しておけるストレージ容量はモデルにより異なります。 Kindleは「4GB」のみの仕様で、Kindle PaperwhiteとKindle Oasisは「8GB」と「32GB」のどちらかから選択可能です。 一般的な書籍であれば、4GBに数千冊を保存できるため、「Kindle」でも十分。 しかし、マンガなど容量の大きな書籍を読むことが多い方には、ストレージ容量の大きい「Kindle Paperwhite」や「Kindle Oasis」がおすすめです。 漫画の場合、8GBで約130冊、32GBなら約650冊の保存できます。 使用している端末のストレージ容量が一杯になっても「Kindleストア」で購入した書籍はクラウド上に残っており、Amazonアカウントとも紐づいているため、本体から削除しても必要な時に再ダウンロードが可能です。 ストレージ容量が不足したら、読み終わった書籍データを削除するなどして対処しましょう。 広告の有無で選ぶ By: 各Kindle端末にはそれぞれ「広告あり」と「広告なし」モデルがあり、どちらかを選択できます。 「広告あり」モデルはスリープ解除時にキャンペーン情報が表示される代わりに、同機種の「広告なし」モデルと比較して2,000円安いのが魅力。 そのため、少しでも安い価格で手に入れたい方には「広告あり」モデルがおすすめです。 逆に広告がわずらわしい方は「広告なし」モデルを選びましょう。 なお、広告のあり・なしは、購入後に変更できないため注意が必要です。 しかも、「3G」や「4G」の回線利用料金はAmazonが負担しているため、追加の料金や面倒な契約手続きも不要。 本体価格は高くなりますが、自宅でもWi-Fi環境のない外出先でも、書籍のダウンロードをしたい方にはおすすめです。 逆に、Wi-Fi環境のある場所でしかダウンロードをしないという方であれば、価格の安い「Wi-Fi」モデルをおすすめします。 画面の大きさや解像度で選ぶ By: 画面サイズや解像度もモデルによって異なります。 画面サイズは6インチ・7インチ、解像度は167ppi・300ppiの2種類です。 画面が大きい方が見やすいのはもちろんですが、解像度が高いと小さな文字でも潰れずに読みやすいと言ったメリットがあります。 一般の書籍であればあまり影響はありませんが、マンガなど文字が小さな本をよく読む方には、解像度が高く画面の大きなモデルがおすすめです。 Kindle端末の種類 Kindle Kindle端末シリーズのなかでは、最も価格の安いモデルです。 「広告あり」モデルを選択すると、9,000円を切る価格で購入できる安さが魅力。 本体重量は174gと軽量なため、カバンの中に入れっぱなしにしておいても気になりません。 気軽に電子書籍を読んで見たい方におすすめです。 光の反射を抑える6インチのE-Inkディスプレイを搭載しており、紙の本を見るような自然な読み心地が味わえます。 また、従来上位機種にしか付いていなかった「フロントライト」を採用しているのもポイント。 室内や暗い場所でも快適に読書を楽しめます。 ストレージ容量は「4GB」タイプのみですが、一般の書籍であれば数千冊分が保存可能です。 なお、「Wi-Fi」モデルのみのため、書籍のダウンロードをするにはWi-Fi環境が必要となるので注意しましょう。 カラフルな純正カバー(別売)が販売されており、閉じるとスリープモードに、開くと自動で電源が入るなど読書に集中できて便利です。 Kindle Paperwhite 本モデルは「Kindle」と同じ6インチのE-Inkディスプレイながら、300ppiの高解像度タイプを搭載しており、小さな文字もくっきり綺麗に見えるのが特徴です。 また、フロントライトには明るさ自動調節機能を採用しているため、就寝前のベッドから明るい日差しが降り注ぐ屋外まで、どんな場所でも快適に読書が楽しめます。 ストレージ容量は「8GB」と「32GB」の2タイプ。 一般的な書籍であれば数千冊を保存でき、マンガでも8GBタイプで約130冊、32GBタイプで約650冊分が収納可能など、たくさんのマンガを楽しみたい方にもおすすめのモデルです。 IPX8等級の防水機能を備えているのもポイント。 紙の本ではためらってしまうような、お風呂の中やプールサイドなどでも水濡れを気にせず使用できます。 水深2mの真水中に最大60分浸かっても耐えられるので、誤って水中に落としてしまっても大丈夫です。 一度の充電で数週間使えるバッテリーを搭載しているため、長期の旅行や電源のないキャンプ場へも安心して持って行けます。 Kindle端末シリーズ最大サイズの、7インチE-Inkディスプレイを搭載したモデルです。 大画面を活かして、マンガの見開き表示にも対応しているのがポイント。 高速でページをめくれる「快速ページターン」、読み飛ばしができる「連続ページターン」機能を搭載しており、紙の本のようにお気に入りのシーンまで読み飛ばすこともできます。 グリップに設置されたボタンにより、片手で本端末を持ったままページめくり操作ができるので便利。 また、マンガについてはシリーズごとにライブラリ表示してくれるため、読みたい巻を見つけやすくなっています。 マンガ好きの方におすすめのモデルです。 自宅にWi-Fi環境のない方でも、場所を選ばず書籍のダウンロードができます。 さらに、4G回線料金はAmazonが負担しているため、通信費用がかかることもありません。 本体はIPX8等級の防水機能を備えており、お風呂など水濡れの危険がある場所でも安心して使用できます。

次の

16GB?32GB?タブレットの容量で本当にオススメなのはこれだ!

タブレット本体 おすすめ

Wi-FiモデルのタブレットはWi-Fiで接続するため 通信料を必要としないお得なタブレット。 タブレットを持つ方は通常iPhoneやAndroidといったスマートフォンと併せて2台目として使用する方が多いです。 その場合メインで使うスマートフォンは通信契約を結び、タブレットはWi-Fiモデルのタイプのものを購入すれば価格を最小限に抑えて楽しむことができます。 また、ポケットWi-Fi持っている場合やスマホのテザリング機能を使う場合は、外出先でも接続するという方法を取れます。 ポケットWi-Fiを持っていなくても自宅は固定の回線で、外出先はスマートフォンとWi-Fiデザリングで接続という方法を取れば、どこでも通信が可能になります。 スマートフォンのデータ通信料の制限がかかりそうという場合でも、 カフェなど多くの場所でフリーWi-Fiが導入されてきているので安心ですね。 Wi-Fiモデルのタブレットのデメリット Wi-Fiモデルのタブレットのデメリットとして挙げられるのが、 単独で通信ができないという点です。 デザリングをする場合はスマートフォンのデータ通信量を気にしなければならず、使いすぎると速度が著しく低下したり、制限を超えると通信できなくなったりします。 もしスマートフォンの電源が切れてしまった場合は、デザリングができず通信を行うことができません。 街中にフリーWi-Fiスポットが増えているといっても、どこでも接続ができるという訳ではないので注意が必要ですね。 また、外出先での使用が多い方はポケットWi-Fiを契約するのも一つの方法ですが、その場合は通信契約を結ぶ必要があるので費用がかかってしまいます。 使い方によっては費用が高くなってしまうので、こちらも注意が必要です。 Wi-Fiモデルのタブレット選びで大切なこと タブレットは水に濡れると故障するのでは…。 機械製品なのでもちろん水には弱いですが、そんなデメリットを解消するのが防水機能です。 防水機能はIPXという指標でIPX1〜8でレベル分けされています。 小さな水滴を防ぐレベル、生活防水レベル、完全防水レベルとその能力が様々です。 中にはシャワー中で使用できる高い防水能力を持っているタブレットがありますので、使用用途を増やしたい場合は防水機能を備えてタブレットをセレクトしてみてくださいね。 防水機能が備わっていなくても、タブレット用の防水ケースが発売されているのでこちらも便利ですよ。 処理速度とメモリはどのくらい高いか メモリや内臓ストレージ、連続使用時間などタブレットが共通して持っている性能でもその差は様々です。 基本的に価格が高い商品は性能が良いと言われますが、実はそうでもないのです。 そのメーカーのタブレットでは「ある性能がハイスペック」な代わりに、「ある性能はロースペック」など…。 一部分の性能に特化した商品もありますので、 単純に高い商品=性能が高いと考えないようにしましょう。 安いタブレットでも性能によっては大丈夫ということがあるのでしっかりと吟味が必須になります。 また、防水機能や指紋認証などタブレット特有の機能もありますので、最適なタブレットを手に入れるためにも、どのような商品スペックかをチェックしましょう。 Wi-Fi対応のおすすめタブレット大公開 「YoutubeやNetflixなど動画を見ることがあるけど、スマホだと見にくいし、たまに止まったりするんだよな。 」せっかく家で動画を楽しむなら快適にストレスなく楽しみたいですよね。 2019年9月に発売されたAppleの『iPad』は10. 2インチのキメの細かい画像を表示できるRetinaディスプレイを搭載しているので、大画面でくっきりとした動画や映像を楽しめるのが特徴的。 また、iPadのシステムなどを司るシステムはAppleが自社製品のために開発しているものなので、動作や情報通信などが最適化されていてWi-Fi環境下ならストリーミング再生でも問題ありません。 とにかくタブレットで良いものが欲しいと考えている方は、サクサク動くきれいな映像が見れる『iPad』がおすすめですよ。 商品ステータス 「荒野行動やPUBGをやってると、動きが止まったり遅くなったりするんだよな。 」リアルタイム通信のゲームをやる時もサクサク動いてくれると嬉しいですよね。 『iPad mini 5』にはiPhone XSなどに搭載されている「A12 Bionicチップ」が搭載されていて、その処理速度は従来の端末であれば、動きが重いとされているリアルタイム対戦ゲームなども容易に動作してくれます。 また64GBか256GBで選べて、写真や動画などの使う頻度や保存の仕方に合わせて容量が選べるのもいいところ。 このタブレットなら重たいゲームがサクサクでき、動きが遅くなったり途中で止まったりすることもありません。 ストレスなくゲームを楽しみたい方はぜひチェックしてみてくださいね。 商品ステータス iPadの中でもさらに高い性能を誇る2020年春モデルの『iPad pro』。 12Z Bionicチップの搭載により、ほとんどのノートパソコンよりも速い操作が可能です。 またアプリを複数立ち上げても、処理が重くなりやすい3Dゲームなどをプレイしても、遅延することなくスムーズな動きを届けてくれます。 画面の感度も高いのでApple Pencilを使用すれば繊細な絵も描けます。 デザインなどを手がけるクリエイターの方にもおすすめですね。 このように多彩な高機能を持ちながら非常に使いやすい一台になっているので、 仕事や趣味など様々な用途で大活躍してくれます。 Appleの最高技術を試したい方はぜひ購入を検討してみて。 商品ステータス 「気軽に持ち運べるコスパのいいタブレットが欲しい。 」電車の通勤時間など、ちょっと空いた時間を有効に使えるようになると良いですよね。 『Fire HD タブレット』は8インチと片手でも持てるサイズで、カバンの中に入れても場所を取らない大きさで、価格も1万円台と安く、コスパ良好です。 2020年モデルになり、NetflixやDAZNなどの動画や様々な電子書籍にも対応している優れものです。 また、IPS技術と偏光フィルターによって、画面の反射が少ないことから太陽の陽が当たる場所でも綺麗な画像を楽しめます。 さらに、microSDを組み合わせれば最大1TBGBまで拡張することができるので、映画やドラマ、マンガなどが好きなだけ持ち運び可能。 『Fire HD 8』はリーズナブルで手軽に買える人気モデル。 通勤途中の電車などで、暇な時間を趣味に費やしたい方におすすめです。 商品ステータス 「好きなアーティストのライブ映像を楽しみたい。 」音質ときれいな映像、どちらも必要な要素ですよね。 HUAWEI 『MediaPad M5 lite 8』はデュアルスピーカーとデュアルパワーアンプを搭載していて、HUAWEI独自のオーディオ技術と組み合わせることで、家にいながらコンサートホールのような臨場感が再現。 家で大迫力の音楽ときれいな映像を楽しめるので、口コミでもライブ動画をより楽しめると評価が高いHUAWEIのタブレットがおすすめですよ。 商品ステータス 「料理をしている時に音楽を聴いたり、動画を見たい。 」手が離せない台所で簡単に操作が出来るといいですよね。 『Fire HD 10』は「アレクサ」という音声操作サービスを搭載していて、「amazon music」や、「Apple music」、「Youtube」など様々なコンテンツの操作が可能。 「アレクサ、ビートルズを再生して。 」と言えば音楽をかけられるので、台所で手が濡れていてもタオルで手を拭いてから操作する必要はありません。 また、最大12時間の長稼働バッテリーが内蔵されていて、音楽鑑賞やドラマ鑑賞などをしてもバッテリーの心配をしなくても大丈夫。 何かしながらでも手を止めずに操作が出来る『Fire HD 10』は、洗い物や料理をしながら音楽や動画を楽しみたい方におすすめですよ。 商品ステータス.

次の

Wi

タブレット本体 おすすめ

出典: 10インチタブレットの最大のメリットは動画や書籍が見やすい大きさ、ということです。 画面の大きさは文庫本2冊程度です。 キーボードをつければパソコン代わりにも 10インチタブレットに限ったことではありませんが、キーボードを接続すればノートパソコンとしても使うことができます。 キーボード付きタブレットは、キーボードとの大きさのバランスが使いやすさを決めますが、10インチはその点でもちょうど良い大きさです。 小型のキーボードを使うと、タブレットが大きすぎず小さすぎず、コンパクトで快適に使うことができます。 ペンタブレットとしても タッチペンなどを使って操作するペンタブレットとしても10インチタブレットは便利に使えます。 そのためゲームやイラストにもぴったりです。 外出先でゆっくりとペンタブとして使えるので、カフェなどでもスマホを使うのと同じ感覚で気軽に使うことができます。 出典: スマホと同じように、10インチタブレットにもOSがあります。 OSを選ぶ基準は、ダウンロードできるアプリの数や種類、またはワードやエクセルを使用するかどうかなどです。 操作性の高い「iOS」 Appleが開発しているiOSはiPhoneユーザーに人気のOSです。 アプリはApp Storeからダウンロードして使います。 操作性が高く、誰でも簡単に使うことができます。 自分好みにカスタマイズ「Android」 Googleが開発しているAndroidは、自分好みにカスタマイズして使うユーザーに人気のOSです。 アプリはGooglePlayからダウンロードして使います。 搭載されているデバイスのバリエーションが豊富なので、様々な用途に使いやすくなっています。 WordやExcelには「Windows」 Microsoftが開発しているWindowsは、Microsoft製の製品を使えるためビジネスマンなどにも人気のOSです。 ワードやエクセルなどが使えるOfficeが入っていることが多く、趣味から仕事まで様々なことに使うことができます。 通信方式は使用環境で決める 出典: タブレットはオンラインで使う場合、通信を行います。 どのような通信方法でタブレットを使うのかによっても選ぶ製品が変わります。 どこででも使える「LTE(SIMフリー)」 LTEとは携帯やスマホと同じ通信方法です。 タブレットの中にSIMカードを差し込むことで、スマホや携帯と同じようにいつでもどこででも使うことができます。 SIMカードは通信会社と契約をしなければ持つことができないので、スマホなどと同じように月額使用料が発生します。 格安SIMカードを使えば、一般的なSIMカードを使う場合より安く使えることもあります。 月額使用料がかからない「Wi-Fi」 Wi-Fiを使ってタブレットを使用する場合はSIMカードは不要で、通信会社との契約も必要ありません。 Wi-Fi環境がある場所でタブレットを使用するのであれば、タブレットを購入するだけですぐに使うことができます。 ただし、Wi-Fi環境がない場所では通信をすることができません。 その場合はWi-Fi環境がある場所で使うか、スマホからテザリングなどを使って通信します。 基礎性能は使い勝手に繋がる 出典: タブレットもスマホやパソコンと同じように基礎性能によって使い勝手が変わります。 特に動画を見たい方やゲームなどに使いたい方は、基礎機能によって使いにくいと感じることもあるので確認しておいた方が良いでしょう。 メモリ容量・ストレージ容量は使い方で決める タブレットやスマホ、パソコンなどは「メモリ容量」や「ストレージ容量」の大きさによって使い勝手が異なります。 「メモリ容量」はデータを一時的に保存する機能です。 メモリ容量が小さいとタブレット内での作業が進みにくくなります。 「ストレージ容量」はデータの長期的な保存をするものです。 ストレージ容量が大きいと、たくさんのデータを収納しておくことができます。 目安としてインターネットの閲覧やアプリの起動、ちょっとしたゲームなどを楽しみたいなら「メモリ容量8GB以上、ストレージ容量128GB以上」が良いでしょう。 頻繁にゲームをしたいという場合はより大きな容量が安心です。 タブレットの頭脳であるCPU CPUが高いほど処理能力が早く、ストレスなく使うことができます。 CPUは新しいものが次々に出てくるので、一概にどれが良いとは言えませんが、一般的には「Core i5」以上であればスムーズに使えると言われています。 編集作業やゲームを楽しみたい方は「Core i7」などを使っていることが多いです。 きれいな画質は「画面解像度」できまる 出典: 画像解像度とは、画像の美しさに関わります。 解像度とは、液晶画面を映し出すための小さなドットの数を表しています。 ドット数が多いほど繊細な画像を映し出すことができます。 動画や写真などを少しでもきれいな画質で見たいのであれば、画像スペックの高いタブレットがおすすめです。 動画や画像がきれい「フルハイビジョン」 フルハイビジョンとは「フルHD」と表記されることが多い一般的な解像度です。 タブレットの中では2Kがもっとも解像度が高いとしているメーカーも多いようです。 よりクリアな映像などを楽しみたい方は2Kを選ぶと良いでしょう。 信頼できるメーカーを選ぶ タブレットは様々なメーカーから発売されています。 シャープや東芝などの国内メーカーが安心、という方は多いようです。 他にもApple、Google、Microsoftなど大手メーカーの純正品を好む方もいます。 価格は少し高めですが、安心して使いたい方にはおすすめです。 一方、できるだけ価格を抑えたいという方にはHP(ヒューレットパッカード)やDELLの製品も人気です。 安くて性能も良いとこれらのメーカー製品を愛用している方も少なくありません。 他にもLenovo(レノボ)やHuawei(ファーウェイ)ASUS(エイスース)やAcer(エイサー)なども、家電量販店で安価で販売されています。 品質の評価は人それぞれですが、価格以上の性能と満足しているユーザーも多いようです。 外出先や自宅で使いやすい「本体の厚み・重さ」 出典: タブレットは持ち歩きをしたり、自宅でリラックスした状態で使ったりしたいものです。 そのため本体の厚みや重さにも注意しておきましょう。 バッグの中に入れても邪魔にならず、重たくないものがおすすめです。 また、見過ごしがちなのが自宅での使用です。 自宅でベッドに寝た状態で使いたい場合に、厚みや重さが使いにくさに繋がることもあります。 できるだけ薄くて軽量である方が使いやすくなります。 防水かどうかもチェックする タブレットもスマホと同じように、防水のものとそうでないものがあります。 水濡れのリスクがある使い方をするのであれば、防水加工がされたものが安心です。 防水加工がされていないタブレットは必要に応じてカバーをかけたり、クリアケースに入れて使ったりすると安全に使えます。 予算に合った「価格」 タブレットの価格は、メーカーや製品によって様々です。 機能が良いものや信頼のあるメーカーの製品は、おのずと価格も上がります。 そのため予算を決めずに選び始めると、どんどん価格の高いものに惹かれがちです。 あらかじめ予算に合う製品を絞り、その中で必要な機能や優先したい特徴などを選ぶと後悔が少ないでしょう。 iOSのおすすめ10インチタブレット5選.

次の