妊娠後期 吐き気 対処。 妊娠後期~臨月の吐き気で気持ち悪いときに知っておきたいこと

妊娠後期は胃もたれ・胸焼けが起きやすいの?解消方法は?

妊娠後期 吐き気 対処

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊娠中に胃もたれや胸焼けが現れるのは、つわりがひどい妊娠初期だとばかり思っていませんか?実は妊娠後期も、胃がもたれやすく、胃液があがってきて胸がムカムカすることがよくあります。 お腹が大きくなってきて行動が制限されている中で、胃もたれや胸焼けで食欲もなくなると、毎日ストレスが溜まってしまいますよね。 今回は妊娠後期に胃もたれ・胸焼けが起きやすい原因と解消法、薬は飲めるのかなどをご説明します。 妊娠後期に現れる胃もたれ・胸焼けは、どんな症状? 安定期に入るとつわりが治まり、胃もたれ・胸焼けから解放される人は多いと思いますが、妊娠後期(8ヶ月〜)に入る頃から再び胃に不調を感じるようになります。 胃がムカムカする感じがあれば、胃もたれ・胸焼けかもしれませんよ。 ムカムカ感は空腹時に現れる人もいれば、食後、食事のタイミングに関係なく現れる人もいて、程度や頻度には個人差があります。 妊娠初期のつわりによる胃もたれ・胸焼けと同じように、揚げ物やご飯など、吐き気を催す食べ物も人それぞれです。 吐き気だけでなく実際に吐いてしまう人もいますし、胃液があがってきたり、食道や喉が胃酸で傷んで胸やけが長引いたりするケースも。 あまりに症状がひどくなると食事ができなくなって点滴での栄養補給が必要になることがあります。 関連記事 妊娠後期の胃もたれ・胸焼けの原因は? つわりがなくなったのに、どうして胃もたれ・胸焼けになるの?と疑問に思うかもしれません。 その原因は、主に胎児の成長にあります。 胎児が大きくなって、子宮内の羊水の量も増えると、子宮全体が大きくなります。 すると子宮の周りにあった胃や腸が圧迫されて働きが鈍くなり、胃もたれを起こすように。 また胃が持ち上げられることで胃液が食道に逆流しやすくなり、強い酸で胃の粘膜が荒らされて胸焼けが起こります。 こうして子宮が大きくなることで現れる消化器系のトラブルを総称して、「後期つわり」と呼ぶこともあります。 出産が近づいてきて胎児が子宮の下の方に降りてくると、胃への圧迫がなくなって、胃もたれや胸焼けがなくなります。 関連記事 妊娠後期の胃もたれ・胸焼けの解消法は? 妊娠後期の胃もたれ・胸焼けは薬に頼るのではなく、日頃の生活を見直して改善しましょう。 妊娠後期に入ってからの胃の不調は、赤ちゃんが成長している証でもあるので、前向きに考えて乗り切れるといいですね。 消化のいいものを食べる 胃もたれがひどいときは、うどん・おかゆなど消化がよくて飲み込みやすいものを食べるようにしましょう。 少し甘みや酸味がほしければヨーグルトやゼリー、バナナなどもおすすめです。 胃が荒れているので、揚げ物や脂身の多い肉、香辛料などの刺激物は避け、煮魚などのヘルシーな魚料理を食べるようにしたいですね。 野菜を食べるときはサラダなど生の状態ではなく、煮たり蒸したりして消化しやすい状態に調理すると胃の負担が軽くなりますよ。 1回の食事量を減らし、回数を増やす 妊娠後期の胃が圧迫されている状態で一度にたくさんの量の食事をとってしまうと、気持ちが悪くなります。 だからといって食事量を減らしても、空腹中は胃酸がたくさん出るので、胃もたれや胸焼けを起こしやすくなりますし、1日の摂取カロリーを減らすと、母子ともに栄養不足になってしまう可能性があります。 食事のたびに気持ちが悪くなるようであれば、1回の食事の量は減らし、そのぶん回数を増やすようにしましょう。 5回くらいに分けるとちょうどよくなりますよ。 体重増加につながるので甘いものは控え、あくまでも「食事を5回にわける」と意識してくださいね。 寝るときの姿勢を工夫する 寝ている間に胃酸が食道に上がってくるのを防ぐために、枕を高めにして寝るようにします。 おなかが大きくなってくる妊娠後期は仰向けで寝るのがつらくなるので、横向きになって寝ると眠りにつきやすくなりますよ。 また、食後はすぐに横にならず、上体を軽く起こした姿勢(セミファーラー位)で過ごしましょう。 胃もたれや胸焼けによる気持ち悪さを予防することができます。

次の

後期つわりとは?妊娠後期に気持ち悪い理由は?症状はいつまで続く?

妊娠後期 吐き気 対処

臨月とは?妊娠後期の36~39週に吐き気がくる? 臨月とは読んで字のごとく、出産に「臨む」「月」。 36週0日から39週6日、つまり妊娠10ヶ月のこと。 この時期に吐き気を感じる人がいる。 …そう、「なぜか」いる、のです。 つわりは妊娠初期~中期ごろにみられ、徐々に落ち着いていくといわれているのに、「後期までずっと続いた」「しばらく落ち着いていたのに臨月になってぶり返した」「妊娠期間中ずっと気分が悪かったけれど、臨月になってさらに勢いを増した!」など、さまざまな声が聞こえてきます。 つわりは妊娠していることを最も実感できるものですが、さすがに臨月・妊娠後期まで続くと、もう、おなかいっぱいですよね…。 なぜ、臨月・妊娠後期に、吐き気などの「つわり」症状がみられるのでしょうか? 臨月・妊娠後期の吐き気・嘔吐の原因は? つわりとは違いがある? 妊娠後期に気分が悪い、という人の中には、子宮が大きくなって胃が圧迫されて苦しいというタイプの人がいます。 でも、これはつわりとは別物。 食べると、胃の下が子宮に押されているので、胃の内容物が出てしまって気持ちが悪い。 これは骨盤の広さに関係があります。 骨盤が広い人は、赤ちゃんが下に下がって納まるので、それほど子宮が上がってこないのですが、骨盤が狭いとどうしても体内の容積が狭くなって、胃に負担がかかってしまうのです。 「臨月・妊娠後期につわりがぶり返した」という人は、もしかしたらこれが原因かもしれません。 一度は落ち着いた吐き気が再びやってくる恐怖はありますが、それはつわりでなく、お腹の容積という物理的な問題だとわかると、少し安心ですね。 臨月・妊娠後期の吐き気は「出産間近」のサイン? 臨月・妊娠後期に吐き気を感じると、「出産間近」のサインでは? という人もいます。 これについては、どうでしょう? 人間の体内には、ホルモンや神経伝達物質などと並んで、さまざまな体の働きを調節する「生理活性物質」というものが存在します。 その中に「プロスタグランジン」という物質があり、これが消化管を刺激して吐くことがあります。 子宮の収縮が強くなってくると、プロスタグランジンも増加。 血液中の物質に敏感な方は、その影響を受けて気分が悪くなる可能性があるんです。 なるほど! 「分娩台での吐き気」は、プロスタグランジンのせいかもしれないのですね。 臨月・妊娠後期の吐き気による他の症状は? 下痢や腹痛は? 臨月・妊娠後期のつわりの症状として、吐き気のほかにも、「ずっと特定のニオイがダメだった」とか、「口の中が苦くて何を食べてもおいしくなかった」という人がいます。 あとは、「つわりは妊娠初期だけのもの」という思い込みを捨てることも大事。 妊娠初期を過ぎたのにスッキリしない、とか、安定期に入ったのにまだ気分が悪い…と思うよりも、「妊娠中だからこんなものだわ!」と、前向きに捉えることで、案外、乗り越えられるんじゃないかしら。 臨月・妊娠後期の吐き気に関する体験談 臨月・妊娠後期の吐き気に悩まされた、というママたちの声を集めました。 吐き気止め薬・プリンペランを処方され、「とんぷく」として飲んでいたあゆこさんの場合 妊娠初期から強い吐き気があり、出産するまでずっと続いていました。 ピークの時期というものがなかった、というか、出産直前までずっとピークだったかもしれません(笑)。 初期~中期のころは頻繁に点滴に通い、気持ち悪くなったときに飲むように、と、吐き気止めのプリンペランもずっと処方されていました。 後期になっても週1回くらいは『もうだめだ』という日があって、そんなときはプリンペランを飲みました。 通勤途中で気分が悪くなって、途中下車したまま会社に行けなくなった日も何日あったことか…。 第1子(女)、第2子(男)、いずれも、ずーっとつわっていましたが、どちらも産んだ瞬間に、それまでの苦しみが嘘みたいにスッキリしました。 比較すると、第2子のときのほうがつわりはひどかったかな? でも幸い、第1子の世話を夫にほぼ任せられたことで、夫婦の絆が深まったのはよかったです(笑)。 レモンの砂糖漬けを、ひたすら食べて生き延びたまゆみさんの場合 第1子(女)、第2子(男)とも、吐くほどでもないけどずっと気持ちが悪い、というつわりでした。 妊娠がわかってから出産まで、ずーっと二日酔いという感じ。 初期のほうがひどかったですが、無くなることがないまま最後まで突っ走りました(苦笑)。 最後の2ヶ月くらいは、なぜか無性にレモンが食べたくて、毎日1個は消費していました。 レモンジュースやレモンゼリーではなく、生レモンの砂糖漬けでないとダメになってしまい、無農薬レモンを大量に買って、砂糖漬けにしてひたすら食べていました。 ところが、出産して帰宅したときに、大量に積まれたレモンの山を見て、「あれ…?なんだっけ…これ?」という感じに(笑)。 生んだ瞬間に気持ち悪さが消えたので、後に残されたレモンの処理に困りました。 胃薬なども特に出ず、スッキリしないだけで仕事は普通にしていました。 でも、当時を思い出すだけで、「オエッ」とムカムカ感がよみがえります(笑)。 流動食とガリガリ君がお友達だったひろみさんの場合 第1子(男)、第2子(男)ともに、全妊娠期間中ずーっと吐きつづけていました。 特に朝と夕方がつらく、通勤電車で揺られるたびに地獄のような感じで…。 何度も途中下車しながら移動していました。 当時の食事は、流動食、バナナ、ガリガリ君のローテーション。 漢方も鍼も試してはみたのですが、直後は少し軽い気がしても、1時間も持たなかったですね。 第2子のときは上の子の世話でどうしても動かなければならず、出血も多かったものですから、張り止めと鉄剤が出されていました。 ケトン体の値を見て、点滴も何度か打ちに行きましたね。 今思うと入院させてほしかった!! (笑)。 出産自体はベッドに載って20分ほど。 一瞬でした。 出した瞬間、お腹が空いた!! と食欲がわきあがってきて、おにぎりを買ってきてもらったのを今でも覚えています。 臨月まで吐き気に悩まされた、というママたち。 つわりがあまりにもつらかったので、第2子を考えるまでに少し時間が必要だった…と語ります。 しかし、共通しているのは、「生んだ瞬間にスッキリした!」ということ。 「あれは何だったの…?」「キツネにつままれたようだった」と思うほど、鮮やかに、あっけなく、つらい体調は元に戻るのだそうです。 終わりに: つわりは赤ちゃんが育っている証拠。 出産すればスッキリ! 赤ちゃんがひとりひとり違うように、つわりもまた、ひとりひとり違います。 吐き気、匂い、眠気、頭痛、よだれ、口の中の苦味……などなど、症状もさまざま。 その多様性の先に、つわりの「長さ」も人それぞれの個性があるのでしょう。 つわりは、赤ちゃんがお腹の中で確かに生きている証。 長引いているときはつらいものですが、産んだ瞬間の喜びは倍です。 赤ちゃんに出会える喜びと、体調がスッキリ回復する喜び。 ダブルで味わえることを希望に、妊娠期間を乗り越えましょう!.

次の

臨月・妊娠後期に吐き気がひどい!原因や対処法は? |プレママタウン

妊娠後期 吐き気 対処

吐き気というと妊娠初期のつわりを思い浮かべるお母さんも多いでしょう。 しかし吐き気は妊娠初期だけに限りません。 中には妊娠初期からずっと吐き気に悩まされ、中期、後期、そして臨月までずっと吐き気に悩まされるという方もいるようです。 一般的に妊娠後期の吐き気は後期つわりの一種であり、他にとくに異常な点がなければ自然におさまることが多いので心配はいりません。 ただし吐き気が激しく食べ物が喉を通らなくなったり、度々の嘔吐があると、水分の補給が不足してしまい、脱水症状を起こしてしまいますので注意が必要です。 他にも感染症や妊娠高血圧症候群、さらには陣痛の前触れである場合もありますので、気になる場合には早めに主治医の診断を仰ぐようにしましょう。 妊娠後期 臨月の吐き気の原因とは? 妊娠中の吐き気というと、妊娠初期に起こる「初期つわり」の代表的な症状ですが、吐き気は妊娠後期にも起こります。 妊娠後期に起こる吐き気の原因は、子宮の中で赤ちゃんが大きくなってきたために、胃が上にせりあがってくることにあります。 吐き気の他にも、後期つわりには個人差があり、さまざまな症状があらわれます。 頭痛や胃のもたれ、むかつき、食欲不振やイライラ、胸やけやげっぷなど、症状は多岐にわたっていますが、原因は大きくなった子宮が胃を圧迫することにあります。 妊娠後期の吐き気は「後期つわり」の一種 あともう少しで出産というときに起こる吐き気や胃痛、妊娠後期に起こるこのような症状は、「後期つわり」と呼ばれています。 つわりに関しては個人差が多く、ほとんどつわりを感じないという方もいれば、妊娠後期までつわりが続く、という方もいます。 妊娠初期のつわりの原因は、黄体ホルモンの分泌が多くなることや、妊娠に伴う体や心の変化によって引き起こされる精神的ストレスなどにあります。 他方後期のつわりは、赤ちゃんの成長に伴い子宮がどんどん大きくなることに起因します。 子宮が胃腸を上にせりあげるため、胃酸が逆流すると胃やけや圧迫感とともに吐き気などの症状が起こります。 後期つわりの起こる時期 妊娠後期に起こる吐き気は、基本的には妊娠後期、すなわち28週以降に起こることが多いようですが、人によっては妊娠中期から吐き気や胃のもたれを感じる方もいるようです。 吐き気の症状はそのまま臨月までずっと続く場合もあれば、臨月を迎える前に自然に収まることもあります。 臨月になってからの吐き気は陣痛の前触れということもありますので、臨月を迎えてからの吐き気にはとくに注意が必要です。 妊娠後期の食事管理 吐き気を催したら静かに休息を取り、安静にするようにしましょう。 食べたあと横たわると、さらに胃酸が逆流することがあるので気をつけましょう。 妊娠後期になって吐き気を感じるようになったら、食事のメニューや食べ方を見直す必要があります。 妊娠後期に入るとそれまでよりも行動量が減り、運動消費カロリーは確実に減少します。 そのため食べ過ぎるとすぐに体重が増加してしまう恐れが。 どうしても食べられないときには無理をせずに、飲み物など胃腸に負担のかからないものをとりあえず取るようにしましょう。 吐き気をこらえて食べたくないものを食べるよりも、食べられそうなものを少量ずつ食べるようにしてください。 吐き気を予防するための食事の仕方 大きくなった子宮に胃が圧迫されてしまう時期ですので、食事は一度に食べる量を少なくし、出来るだけ胃に負担がかからないようにしましょう。 食材としては消化しやすく、胃腸に優しいものを選び、刺激の強いものや消化しにくいものは出来るだけ避けるようにします。 栄養バランスを考え、不足しやすい鉄分やカルシウムなどを多く含む食材を毎日の食事に取り入れるようにすることが必要です。 消化に時間がかかるもの、油分が多いものや辛いもの、腸の中に溜まってしまいそうなものは出来るだけ控えましょう。 妊娠後期は血圧が高くなる恐れもありますので、味付けは出来るだけ薄味にします。 塩分の取りすぎは後期つわりの症状をさらに悪化させますので、塩分控えめ、低カロリー、しかし栄養素はふんだんに含む食事メニューにしましょう。 下痢を伴う嘔吐がある場合 吐き気だけでなく実際に嘔吐があり、それに加えて下痢の症状が見られる場合には、そのままにしておかずに医師の判断を仰ぐようにしましょう。 嘔吐に加えて下痢の症状がひどい場合には、感染症にかかっている恐れもあります。 妊娠中はホルモンの分泌のせいで、とかく下痢になりやすくなります。 後期つわりでは、便秘と下痢という一見すると反対の症状を交互に繰り返してしまうこともありますので、たかが下痢と軽くみることなく、早めに病院に連絡するようにしましょう。 嘔吐があった場合は水分補給を 胸がむかむかする、胃やけがする、という段階を越して、実際に嘔吐してしまったら、水分補給を怠らないようにしましょう。 妊娠中は喉が渇きやすく、ちょっとしたことで脱水症になりやすいといわれています。 母体に水分が不足してしまうと、赤ちゃんに深刻な影響を与えてしまいます。 吐き気を感じてしまい、食事がのどを通らなくなると、栄養不足だけでなく水分不足にもなります。 赤ちゃんの体の水分量は体重の約八割近くにもなるといわれていますので、お母さんの体の水分不足が赤ちゃんに悪い影響をもたらさないよう、十分注意しましょう。 貧血の可能性による吐き気 意外に思われるかもしれませんが、妊娠後期の辛い吐き気は貧血が原因である可能性があります。 元々めまいや倦怠感以外にも吐き気は貧血の一症状ですが、赤ちゃんが一段と成長する妊娠後期はお母さんの血液が赤ちゃんへ優先的に回るため、お母さんは貧血になりやすく、対処しても改善が見られにくいという状態になります。 特に妊娠前から貧血で治療を行っていた方は、担当医の指示に従って少しでも貧血を抑えるように意識しましょう。 貧血が原因で吐き気が起きる方は、まず無理をしないのが一番です。 家事や買い物などは、頻繁に休憩を挟みながらゆっくり行うようにしてください。 胃腸炎の可能性による吐き気 妊娠後期は体の変化による吐き気以外に、感染症によるものも少なくありません。 特に冬はノロウイルスなどの胃腸炎が流行するので、免疫力の下がった妊婦さんは感染しやすいです。 胃腸炎になると吐き気だけでなく下痢や熱の症状が見られ、お腹の大きくなった妊婦さんにとっては完治まで非常に辛い数日となってしまいます。 胃腸炎で一番怖いのは脱水症状なので、少量ずつでも水分補給を欠かさないように気をつけましょう。 感染を防ぐには、帰宅後の手洗い・うがいはもちろん、家族が触るドアノブやトイレなどの除菌も重要です。 妊婦さん一人で対策しても、家族が外から感染して胃腸炎になってしまったら意味がありませんので、家族全員で感染予防していくようにしましょう。 妊娠高血圧症候群の可能性 妊娠後期の吐き気はたいていの場合つわりの一種であり、食事の取り方や内容に注意することにより、深刻な事態には至らないことがほとんどです。 しかし稀にですが、妊娠高血圧症候群にかかってしまい、そのせいで吐き気や頭痛、嘔吐が起こることがあります。 妊娠高血圧症候群は、妊娠中毒症と呼ばれることもある症状ですが、その特徴は妊娠中期以降に高血圧が続くことにあります。 自覚症状がない場合も多く、気が付かないうちに重症になってしまう怖い症状です。 症状に気づかずそのままにしておくと、子宮や胎盤への血液の流れが悪くなり、結果的に赤ちゃんに対して栄養分や酸素が十分に届かない、という事態に陥ってしまいますので十分に注意が必要です。 妊娠高血圧症候群の症状としては、吐き気、むくみ、頭痛、倦怠感、眠気など。 状態に応じてあらわれる症状も異なりますので、気になる場合には放置せず、念のため病院で確認してもらうようにしましょう。 治まる目安はいつ頃? 吐き気や胸焼けが続くと、こんな状態で赤ちゃんが産めるのだろうかと悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。 実際は臨月に入って赤ちゃんが下がり始めると子宮の位置も下方に移動するため、胃の押し上げがなくなって胃の機能が回復し、吐き気が治まります。 一般的に赤ちゃんが下がるのは正産期である妊娠37週以降と言われていますが、初産の方は赤ちゃんが下がるのに時間がかかる傾向にあります。 経産婦よりも骨盤が十分に開いていなかったり筋肉に柔軟性がないといった事が理由に挙げられますので、普段からウォーキングやスクワットをして股関節周辺の筋肉を十分ほぐしておく必要があるでしょう。 また、運動をすれば血行が促進されて鈍りがちな胃の機能も活性化できますので、ぜひ試してみてください。 臨月に吐き気があったら いよいよ臨月に入ると、これまで多く分泌されていた黄体ホルモンに代わり、エステロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンの分泌が次第に増えるようになります。 ホルモン分泌が増減することもまた吐き気の原因の一つといわれています。 臨月の吐き気はそのまま陣痛の予兆である場合もあります。 前駆陣痛と呼ばれる本当の陣痛前に起こる予兆としては、腰痛、お腹のはりや痛み、下痢、吐き気などがあります。 吐き気とともに他にも陣痛の予兆が起こったら、病院に連絡するようにしましょう。 リラックスしてストレスを減らすこと 妊娠後期になり、いよいよ出産まであとわずか、という時期にくると、これまでの疲れや精神的な負担が、途端に重く感じられるようになります。 大きくなったお腹を抱え、自分の容姿に対する自信を無くすお母さんもいるようです。 お母さんが妊娠中に精神的なストレスを感じてしまうのは、生活のすべての局面を妊娠という状態に埋め尽くされてしまうから。 あまり自分を追い詰めずに出来るだけゆったりした気分でいるのが、妊娠後期・臨月を乗り切るコツです。 胃薬等の服用の考え方 妊娠中は薬を飲まないように気をつけるのが正解ですが、妊娠後期になれば薬がお腹の赤ちゃんの先天性異常の原因の可能性は低いです。 もちろん薬の成分によっては赤ちゃんへ害のあるものもあります。 妊娠後期の吐き気で病院で処方される薬は赤ちゃんへの影響がありませんので、安心して服用してください。 市販の胃薬でもOKと指導する病院もありますが、やはり病院で処方してもらったほうが安心して服用できるでしょう。 吐き気を我慢すると食事量が減って体力が落ちてしまったり、赤ちゃんへ栄養が届かない可能性がありますので、薬を我慢するよりは飲んだ方がメリットは大きいです。 医師に相談の上、辛い時は試してみてください。 まとめ 妊娠後期に吐き気があった場合には落ち着いて安静にするのがいちばんです。 後期つわりの典型的な症状の一つですのでとくに心配する必要はありませんが、吐き気が毎日続く方は食事の取り方や内容を考え、胃腸に負担のかからないものにしましょう。

次の