動画 ファイル なび。 動画変換ソフトを無料ダウンロード。AVI MP4変換やVOB MP4変換など40種類以上の動画ファイル変換と圧縮がらくらく。数々の賞を受賞したWindows/Mac用ビデオコンバータ。

動画ファイルをわかりやすく管理するには [フリーソフト・シェアウェア] All About

動画 ファイル なび

圧縮と再生に使うプログラム「コーデック」 動画を圧縮して動画ファイルにするときに「コーデック」というプログラムを使用します。 動画ファイルが再生できないなど、トラブルが起こりやすい原因が、この「コーデック」です。 圧縮された動画ファイルは圧縮の時に使用したコーデックがなければ再生することは出来ません。 つまり、動画が再生できない場合は、その再生環境にコーデックが入っていない、ということが多いのです。 コーデックにも様々な種類があり、既にプレイヤーにインストールしてある場合もありますが、PCに入っていないコーデックは別途インストールしなければなりません。 例えるならエンコードした動画ファイルは「鍵のかかった部屋」です。 部屋の中に入る(動画を見る)には「同じ型の鍵(コーデック)」が必要です。 代表的なファイル形式一覧です 拡張子とはファイル名の後に付く「. ファイル形式名 (拡張子) 特徴 AVI. avi Windows標準のファイル形式です。 汎用性が高く、Windowsで動画の取り込みや編集、他の動画ファイルへの変換などをする場合にはこの形式が主流になっています。 AVIファイルをエンコードや再生する時に注意しなければならないのが「コーデック」です。 様々な圧縮技術が開発された結果、現在では多くのコーデックが存在しています。 見た目は同じAVIファイルでもコーデックが違えば別物です。 AVI自体は入れ物であり映像コーデックと音声コーデックで圧縮した映像と音声が格納されています。 AVIファイルが再生出来ない場合は圧縮で使用したコーデックがインストールされていないという場合が多いので、その時はフリーソフトなどでファイルのコーデックを調べてコーデックをインストールすれば再生できます。 QuickTime. mov Macの標準のファイル形式で、QuickTime Playerで再生します。 WindowsでもQuickTime Playerがあれば再生可能です。 Macで動画の編集や再生をする場合はこの形式が主流となっています。 AVIと同様QuickTimeにも様々なコーデックがあるので、再生する際にはコーデックがインストールされている必要があります。 Mpeg-1. mpg Video-CD VCD に採用されている規格で、画質はVHS相当です。 約一時間の動画をCDに納める事ができるという特徴があります。 Windows、Mac共に再生が可能です(一部見れない場合があります)。 DVDドライブのない環境での再生や、DVDより安価なCDに動画を記録する事が出来ます。 Mpeg-2. mpg DVD-Videoやデジタル放送などで採用されている規格で、画質はDVD相当です。 Mpeg-2からDVD-Video DVDプレイヤーなどの家電製品で再生するDVD を作るには「オーサリング」という作業をします。 標準のWindows Media PlayerやQuickTime Playerでは再生出来ないため、パソコンで再生する場合はプレイヤーに機能を追加するか、DVDドライブなどに付属しているプレイヤーをインストールして再生します。 MpegにはMpeg-1,Mpeg-2,Mpeg-4がありますが、拡張子は同じ「. mpg」となります。 WMV. wmv 「Windows Media Video」の略で、「Gyao」や「Yahoo! 動画」などの動画配信サイトで採用されている規格です。 ストリーミング配信を前提に開発されており、DRM(デジタル著作権管理)というコピーガード機能が付けられるため、著作物を配信する動画サイトではこの形式が主流となっています。 動画ファイルの場合、標準のWindows Media Playerで再生が可能です。 MacでもQuickTime Playerに機能を追加することにより再生が可能になります(一部出来ない場合もあります)。 ストリーミング配信の場合、Macでの再生や、Internet Explorer以外のブラウザでの再生が出来ない場合があります。 FLV. flv アドビシステムズ社が開発しているファイル形式で、「YouTube」や「ニコニコ動画」などの動画投稿サイトで採用されている形式です。 ストリーミング配信において、OSやブラウザなどの環境を選ばず再生が可能で、誰でも手軽に動画配信が出来るため爆発的に広まりました。 ブラウザ上で再生する場合はブラウザのプラグイン(追加機能)であるAdobe Flash Playerで再生します。 FLVファイル単体では標準のWindows Media PlayerやQuickTime Playerで再生できないため、プレイヤーに機能を追加したり、FLVファイルを再生できるプレイヤーをインストールして再生します。 MPEG-4. mp4 Mpeg-1、Mpeg-2の流れを組むもので、インターネットでの利用に適したフォーマットで、高い圧縮率でデータ容量を小さくすることができます。 最近のWindowsパソコンとMac両方で標準でサポートされており、特にソフトを入れないでも再生することができます。 しかし、技術的には、あまり大きなサイズの高画質の動画には不向きな形式です。 264 地上デジタル放送やワンセグ放送もH. 264が採用されており、ハイビジョン時代の到来とともに普及してきたコーデック形式です。 264は従来のコーデックより格段に高圧縮です。 264は上記の形式達とは異なり、ファイル形式ではなく、コーデックに当たります。 つまり「H. 264コーデックのQuickTime」という使い方です。 264と同義です。 AVCHD AVCHDは、ハイビジョン映像をDVDやハードディスクなどに記録する時のフォーマットです。 AVCHDは、WMVやMPEG-4というファイル形式というより、もっとメディアよりの規格になります。 例えば、VHSやDVD-Videoなどの「規格」に近いといえるでしょう。 MTS M2TS MPEG2-TSとも言われ、ブルーレイやAVCHD、地上波デジタル放送などのハイビジョンの映像に使われる形式です。 AVCHD対応のビデオカメラで撮影されたデータを見てみると、MTSファイルを発見することができます。 265 H. 264の次の世代のコーデック形式で、現在徐々に普及しつつあります。 264の半分のファイルサイズで同等の画質が実現できるとされており、今後普及するものと思われます。 WebM Googleが開発した次世代の動画ファイル形式です。 Googleが開発したものだけあって、インターネット配信での利用がメインですが、現状ではHTML5対応の一部のブラウザー Chrome等 でしか対応されていません。 今後、H. 265とどちらが普及していくかが楽しみです。 使用目的に合わせたファイル形式 まず、大まかに分類すれば• 低圧縮(あまり圧縮しないのでファイルのサイズが大きい)なのがAVIとQuickTimeです。 高圧縮 より圧縮するのでファイルのサイズが小さい)なのがWMV、FLV、Mpeg-1、Mpeg-2、MPEG-4です。 編集するなら WindowsならAVI、MacならQuickTimeです。 動画の編集には低圧縮の動画の方が向いています(高圧縮だと画質が落ちる場合が多いです)。 動画配信をするなら 以前は、WMVかFLVでしたが、最近ではmp4形式が一番汎用性が高いと思われます。 動画配信には高圧縮の動画が向いています(低圧縮だとデータの通信に時間がかかります)。 YouTubeなどに投稿するなら 基本的にAVI,QuickTime,Mpeg-1,Mpeg-2,WMV,FLVすべての形式が可能です。 しかしYouTubeでは動画 を投稿する際に、YouTube側でFLVにエンコードしてアップロードするという形になるので、高圧縮の動画をアップロードすると、高圧縮の動画をさらに圧縮する事になるため画質が落ちる場合があります。 DVDを作るなら DVDの映像ファイルは、MPEG-2形式です。 しかし、通常は他のファイル形式で映像を編集して、最終段階でDVD-Video形式のMPEG-2に変換するのが一般的です。 ハイビジョンなどできるだけ高画質のファイルからDVD-Video形式のMPEG-2に変換する方が綺麗に仕上がります。 ハードディスクに保存するなら ハードディスクの空き容量に余裕があるなら低圧縮のAVIかQuickTime、中間がMPEG-2、小さく収めたいならMPEG-4が良いでしょう。 高い演算能力を持ったCPUであれば、それだけ変換処理が早くなります。 遅いPCで処理を行うと、ものすごく時間がかかり、止まって(フリーズ)しまう可能性もあります。 エンコード中はPCが高温になるため、埃などによりファン等が詰まっていると、最悪の場合PCが壊れる可能性もあります。 パソコン自体のCPUではなく、GPUと呼ばれるグラフィックボード搭載のCPUでエンコードを行うと、高速に変換が可能ですが、初心者には敷居が高いでしょう。 エンコーダーソフトにはフリーのものも数多く存在しますが、有料のソフトに比べ変換後の画質や変換速度、安定性が劣ります。 下記に代表的なソフトを挙げました。 無料ソフト 有料ソフト Xmedia Recode TMPGEnc Video Mastering Works Media Corder Sorenson Squeeze SUPER Pro Coder Windows Media エンコーダ Windows Media Encoder 変換作業 変換作業の細かいやり方は、使用するソフトにより異なりますが、変換元のファイルを選択し、変換後の形式を指定して変換をスタートする、という流れはどのソフトでも同だと思います。 気を付けて頂きたいのは、変換作業にかかる時間です。 動画形式の変換作業には時間がかかります。 PCのスペックによっても大きく異なりますが、おおよそ、動画の時間の半分から最大4倍ほどの時間がかかります。 例えば、10分の動画を変換するには、5分~40分ほどかかるということです。 特に、最近のバイビジョン形式の動画ファイルの変換には相当な時間がかかります。 最近のハイビジョンのHDDカメラで撮影したファイルを変換に要する時間です。 20GHz• メモリー: 2GB• OS: Windows7 32bit•

次の

microSDカードを使って、ナビで動画・音楽や写真を楽しむ

動画 ファイル なび

いまさら聞けない。 動画ファイル形式や拡張子って何? そもそもなぜいろいろなファイル形式があるのでしょう。 動画を扱う上で避けては通れないファイル形式や拡張子やそれに関わる用語についてご説明します。 動画のファイル形式とは 動画ファイルは、文章や音声データに比べ容量が大きくなるため、その大きな動画データを一つの ファイルとして保存するために圧縮が必要になります。 圧縮方法はメーカー等により異なり、 動画のファイル形式とはこの圧縮方法の規格のことを指します。 一昔前は、規格が異なるために、互換性がなく、Windowsで保存した動画をMacで再生できないということもありましたが、近年では mp4という規格が普及し、その問題も解消されました。 拡張子とは ファイル形式と拡張子は同じ意味で使われることもありますが、 厳密には違います。 ファイル形式とは、そのファイルの規格の事で、拡張子は、それぞれのファイル名の後ろにつく 「. この拡張子により、コンピューターがファイル形式を認識し、表示や再生ができるのです。 エンコードとコーデック 動画ファイルを扱っていると、 エンコードやコーデックという単語もよく聞かれます。 エンコードとは、 動画を圧縮すること。 コーデックとは、動画を 圧縮・ 再生する際に利用するプログラムを指します。 あるコーデックでエンコードした動画は、同じコーデックでなければ再生することができません。 主な動画ファイル拡張子の種類と特徴一覧 動画ファイルの形式はとてもたくさんありますが、その中でも、よく利用される形式とその特徴の一覧です。 mp4(MPEG-4)」 最も多く利用されている動画ファイル拡張子です。 高い圧縮率でインターネットでの利用に適しています。 最近の機種であればWindows、Macともに標準でサポートされているので、 迷ったらmp4を選ぶのがおすすめです。 avi(AVI)」 Windows標準の動画ファイル形式です。 汎用性の高い拡張子ですが、様々なコーデックが存在しているため、同じ AVIファイルでも再生できないというケースもあります。 その場合は、そのAVIファイルを再生できるコーデックをインストールしましょう。 mov(QuickTime)」 Apple社が開発した、Macの標準動画ファイル形式です。 AVI同様汎用性が高く様々なコーデックが存在します。 Macの標準形式ですが、 Quick Time PlayerをインストールすることでWindowsでも再生できます。 wmv(WMV)」 マイクロソフト社が開発した動画ファイル形式です。 ストリーミング配信を前提に開発されており、 DRM(デジタル著作権管理)というコピーガード機能がついて、動画配信サービスで多く利用されています。 flv(FLV)」 アドビシステムズ社が開発した動画ファイル形式の拡張子。 Adobe Flash PlayerによりOSやブラウザなどの環境を選ばずに再生できます。 「 YouTube」や「ニコニコ動画」などに採用されています。 mp4(MPEG-4)」が、そんな再生環境でも再生でき便利です。 特に最近ではスマホで閲覧することも多く、mp4であれば問題ありません。 avi(AVI)」、 Macで編集するのであれば「. mov(QuickTime)」を利用しましょう。 それぞれ低圧縮の形式のため、画質を高く保ったまま編集することが可能です。 flv(FLV)」にエンコードされてアップロードされます。 そのため、高圧縮のフォーマットでアップすると、 エンコードされる際に画質が落ちることがあります。 YouTube側では、 「. mp4(MPEG-4)」でのアップロードを推奨しています。 拡張子の変換 おすすめの方法をご紹介! ファイル形式を変更することを「変換」といいます。 それぞれのフォーマットを変換するには高性能のPCとエンコーダーと呼ばれる変換ソフトが必要です。 同時に複数のファイルを同時変換でき、500以上の動画フォーマットに対応しています。 ほかにも「 XMedia Recode」「Aiseesoft」などさまざまな無料の変換ソフトがあります。 無料の変換ソフトをダウンロードする際は、不要なソフトが抱き合わせでダウンロードされてしまう可能性があるので注意しましょう。 特に無料ソフトを使う場合は画質が大きく下がってしまうこともあります。 できるだけ動画の画質を高く保ったまま、かつウイルスファイルをダウンロードしてしまう心配がないのが、有料ソフトを使う方法です。 Adobe CCを利用して動画編集をしている方なら、 Adobe Media Encoderを利用できるので、こちらを利用するのもおすすめです。 長い動画をエンコードする場合お手持ちのPCでは、とても時間がかかることもあります。 その場合は、エンコードを行う業者もあるので、そういった業者を利用するのも選択肢の一つです。 動画ファイル形式・拡張子をマスターして、楽しい動画ライフを! ファイル形式やら拡張子やら・・・初めは小難しくて、たくさんありすぎてわからない動画ファイルですが、わからない場合は、「とりあえずmp4」が間違いありません。 慣れてくると、その時々に適したフォーマットを選べるようになります。 特に上記の一覧に挙げたものはよく見かけると思いますので覚えておくことをおすすめします。 まずは、いろいろと動画を触って楽しむことから始めましょう!.

次の

動画ファイル形式の種類(mov,wmv,mp4,avi,flv)の解説と無料でおすすめの動画ファイル変換ソフト

動画 ファイル なび

動画ファイルをAVIに変換する方法 動画形式といえば、MP4、AVIなどがよく知られていますね。 例えば、AVIはWindows標準の動画用ファイルフォーマット(コンテナ形式)で、AVIファイル、AVIコンテナなどと呼ばれています。 Windows Media Player、VLC Playerなどで再生可能で、拡張子は「. avi」です。 AVIに対応できるソフトウェアが多いために、偶には、動画形式をAVIに変換する必要があります。 で、 Creative Zen、BlackBerry、ArchosorまたはPowerpointで動画を再生する時に、市場では、多くのAVI 変換フリーソフトがありますが、どちらが良いか全くわからないです。 やっぱり、素敵なは当然一番賢明の選択です。 有料ですが、安くて安全です。 このガイドページにより、MP4、MOV、FLV、MKV、VOBファイルなどをAVIに変換する操作手順を詳しく説明しております。 1、ダウンロード、インストール まずは、弊社のオフィシャルサイトからAVI 変換をダウンロードしてPCにインストールしてください。 そして、ソフトを起動して、インターフェースのファイルを追加ボタンをクリックして、ソース動画をソフトに追加できます。 2、出力形式を選択 インターフェースのプロフィールドロップダウンリストからAVI形式を選択してください。 または、良ければ、サーチボックスに直接にAVIを入力しても宜しいです。 ヒント:ヒント:より高品質な出力ファイルを得るために、インターフェースの設定ボタンをクリックして、プロフィール設定ウィンドウでは、ビデオエンコーダー、解像度、フレームレートとオーディオのエンコーダー、サンブルレート、チャンネルなどを設定できます。 3、ソース動画の効果をカスタマイズ 変換だけでなく、このAVI 変換は多くの動画編集機能も備えています。 必要に応じて、インターフェースの編集をクリックして、編集ウィンドウでは、ビデオの効果を調整、ウォータマークを追加、アスペクトを変更などができます。 または、インターフェースのカットをチェックして、カットウィンドウでは、任意のビデオの長さをカットしてから変換できます。 4、変換 以上の設定が終わったら、インターフェースの変換ボタンをクリックすれば、動画をAVIに変換することができます。 変換後、動画をよく活用できるようになります。

次の