第 38 回 人気 女優 ランキング。 第16回 好きな女性アナウンサーランキング

ハリウッド女優の人気ランキング20選!海外セレブ・2019最新版

第 38 回 人気 女優 ランキング

石原さとみ、新垣結衣、北川景子、綾瀬はるかをはじめ、平成という時代は多くの美人女優が活躍してきました。 しかし昭和も負けてはいません。 昭和に活躍した有名人の中にも、人気・実力を兼ねそろえた美人が多数! そこで今回は、昭和最強の美人について探ってみました。 ぱっちりとした印象的な瞳に高い鼻、キュッと上がった口角……誰もが認めた美人とは彼女のこと。 彼女は1977年に「カネボウ化粧品」のキャンペーンガールに選ばれたことがきっかけで大ブレイク。 その後、女優としてさまざまな作品に出演し、彼女の代表作とも言える1982年に公開された映画『鬼龍院花子の生涯』にて使用されたせりふ「なめたらいかんぜよ!」は当時大流行しました。 しかし人気絶頂の中、急性骨髄性白血病を患い、1985年に27歳という若さでこの世を去りました。 どこか哀愁漂う彼女の演技を見て心が温かくなったり、ときに涙したりしたという人も多いのではないでしょうか。 20代で歌手・女優デビューした当時の彼女は、はじけんばかりのハツラツとした笑顔や小動物のようなくりっとした愛らしい瞳がトレードマーク。 キュートなルックスを生かして数々の作品に出演し、今も第一線で活躍を続けています。

次の

アニメグランプリ

第 38 回 人気 女優 ランキング

概要 [ ] アニメブーム期のに始まり、30回以上の歴史を持つイベントである。 『アニメージュ』本誌に付属する専用葉書にて投票を募り、集計結果は各年6月号にて発表される。 現行では「グランプリ部門(作品賞)」「部門」「男性キャラクター部門」「女性キャラクター部門」「部門」「部門」の6部門が設けられている。 以前はその他に制作スタッフ、歌手、歴代ベストワンなどの部門もあった。 男女別の集計結果も載せられていたが、現在は性別に関係なく得票数のみ発表されている。 現在は誌面で結果発表を行うのみだが当時の編集長・が「世間も注目する大舞台でやってみたい」という思いから第3回からはで大々的に表彰式と声優・歌手によるイベントを実施し、第10回まで行われた。 なお、第10回をもってイベントを中断した理由はの病状悪化による自粛である(10回目という節目で区切りを付けたともいわれている)。 これに対抗する形でから競合誌の『』『』『』『』『』がを担ぎ出し「」を制定、同時にイベント「日本アニメフェスティバル」を実施して毎年4月に表彰を行っていた。 日本アニメ大賞側はアニメグランプリと統合の意向を持っていたが、かなわずにの第7回を最後に終了している。 変遷 [ ]• 第1回 - 「'79-'80総決算」として過去2年分を扱い、2月号で発表。 「グランプリ(作品)」「サブタイトル」「キャラクター」「男性声優」「女性声優」「歌手」「アニメソング」「演出」「アニメーター」「美術」「脚本」の11部門でスタート。 第2回 - 「1980年上半期」として1980年10月号で発表。 歌手部門を男女に分ける。 第3回 - 「1980年下半期」として6月号で発表。 歴代ベストワン部門(作品・キャラクター)新設。 第4回 - この回より毎年6月号で年次発表する型式となる。 第5回 - アニメージュ賞を新設し、最多の15部門となる。 第6回 - スタッフ4部門廃止。 キャラクター部門と歴代ベストワンキャラクター部門を男女に分ける。 第11回 - 5月号発表となる。 歌手部門(男女)とアニメージュ賞を廃止。 歴代ベストワンキャラクター部門は男女を統合。 歴代アニメソング部門はこの回のみ。 第14回 - 声優部門の男女を統合。 第19回 - 再び6月号発表に戻る。 第22回 - 歴代ベストワン部門(作品・キャラクター)を廃止。 6部門型式となる。 第37回 - サブタイトル部門を廃止。 現行の5部門型式となる。 この回より毎年9月号で年次発表する型式となり、審査対象となるアニメは前の年の11月末までだったのが開催年の3月末までへと変更され 、2クール分割で放送のアニメはそれぞれ別作品として投票が分けられていたのが対象期間の放送であれば1つの作品として投票がまとめられることになった。 第33回(2010年) けいおん!! 第34回(2011年) 音無春奈 イナズマイレブン 第35回(2012年) 菜花黄名子 イナズマイレブンGO クロノ・ストーン 第36回(2013年) 第37回(2014年) ディアンヌ 第38回(2015年) 第39回(2016年) 銀魂. 第40回(2017年) 木之本桜 第41回(2018年) エマ 声優部門 [ ] 回(年度) 男性声優名 女性声優名 第1回(1979年) 第2回(1980年上半期) 第3回(1980年下半期) 第4回(1981年) 第5回(1982年) 第6回(1983年) 神谷明 第7回(1984年) 第8回(1985年) 第9回(1986年) 第10回(1987年) 神谷明 島本須美 第11回(1988年) 第12回(1989年) 第13回(1990年) 声優名 第14回(1991年) 林原めぐみ 第15回(1992年) 第16回(1993年) 第17回(1994年) 第18回(1995年) 林原めぐみ 第19回(1996年) 第20回(1997年) 第21回(1998年) 第22回(1999年) 第23回(2000年) 第24回(2001年) 第25回(2002年) 第26回(2003年) 第27回(2004年) 第28回(2005年) 保志総一朗 第29回(2006年) 第30回(2007年) 第31回(2008年) 第32回(2009年) 第33回(2010年) 第34回(2011年) 第35回(2012年) 第36回(2013年) 第37回(2014年) 第38回(2015年) 福山潤 第39回(2016年) 第40回(2017年) 第41回(2018年) アニメソング部門 [ ] 回(年度) 曲名 作品名 第1回(1979年) 北の狼 南の虎 第2回(1980年上半期) 復活のイデオン 伝説巨神イデオン 第3回(1980年下半期) コスモスに君と 第4回(1981年) 第5回(1982年) マクロス 第6回(1983年) HELLO, VIFAM 第7回(1984年) 第8回(1985年) ロ・ロ・ロ・ロシアンルーレット 第9回(1986年) 第10回(1987年) シティーハンター 第11回(1988年) 第12回(1989年) 魔女の宅急便 第13回(1990年) ブルーウォーター ふしぎの海のナディア 第14回(1991年) Winners 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 第15回(1992年) 美少女戦士セーラームーン 第16回(1993年) 第17回(1994年) 第18回(1995年) 新世紀エヴァンゲリオン 第19回(1996年) 第20回(1997年) 輪舞-revolution 第21回(1998年) Dearest 機動戦艦ナデシコ The Prince of darkness 第22回(1999年) カードキャプターさくら[第2期] 第23回(2000年) 第24回(2001年) For フルーツバスケット 第25回(2002年) 機動戦士ガンダムSEED 第26回(2003年) 鋼の錬金術師 第27回(2004年) 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第28回(2005年) 第29回(2006年) コードギアス 反逆のルルーシュ 第30回(2007年) 第31回(2008年) 第32回(2009年) けいおん! 第33回(2010年) イナズマイレブン 第34回(2011年) 第35回(2012年) イナズマイレブンGO クロノ・ストーン 第36回(2013年) 進撃の巨人 第37回(2014年) Dried Up Youthful Fame Free! -Eternal Summer- 第38回(2015年) おそ松さん 第39回(2016年) History Maker ユーリ!!! 一刻館は永遠に…!! 第12回(1989年) 第28話 サイヤ人の猛威! 神様もピッコロも死んだ 第13回(1990年) 第22話 裏切りのエレクトラ ふしぎの海のナディア 第14回(1991年) 第39話 星を継ぐ者… 第15回(1992年) 第31話 恋されて追われて! ルナ最悪の日 美少女戦士セーラームーン 第16回(1993年) 第45話 セーラー戦士死す! 悲壮なる最終戦 第17回(1994年) 第110話 ウラヌス達の死? タリスマン出現 美少女戦士セーラームーンS 第18回(1995年) 第48話 勝利への道! 信じる心が開く明日! 第19回(1996年) 第24話 最後のシ者 新世紀エヴァンゲリオン 第20回(1997年) 第26話 TRY again! 白く還りし刻! 第21回(1998年) 最終話 そして…光刃輝く 第22回(1999年) 第46話 さくらと最後の審判 カードキャプターさくら[第2期] 第23回(2000年) 第70話 さくらと本当の想い 第24回(2001年) 第50話 Alone 西へ 幻想魔伝 最遊記 第25回(2002年) PHASE-01 偽りの平和 機動戦士ガンダムSEED 第26回(2003年) 第7話 合成獣が哭く夜 鋼の錬金術師 第27回(2004年) 第51話 ミュンヘン1921 第28回(2005年) FINAL PHASE 最後の力 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第29回(2006年) FINAL PLUS ~選ばれた未来~ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 〔総集編〕 スペシャルエディション 第30回(2007年) STAGE 25 ゼロ コードギアス 反逆のルルーシュ 第31回(2008年) FINAL TURN Re; コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第32回(2009年) 最終回 軽音! けいおん! 第33回(2010年) 最終回 卒業式! けいおん!! 第34回(2011年) 最終回 明日へのキックオフ! イナズマイレブン 第35回(2012年) 第25話 オレとおまえのバスケ 第36回(2013年) 12Fr 遙かなるフリー! 編集部特別賞 [ ] 回(年度) 作品名 第38回(2015年) 銀魂゜ 出典 [ ]• 「が語るアニメグランプリ30回」『アニメージュ』6月号、徳間書店、88-91頁。 「変遷」および「以前は設置されていた賞」について。 脚注 [ ].

次の

驚愕!公開処刑!小顔すぎる女性芸能人ランキングTOP15

第 38 回 人気 女優 ランキング

概要 [ ] アニメブーム期のに始まり、30回以上の歴史を持つイベントである。 『アニメージュ』本誌に付属する専用葉書にて投票を募り、集計結果は各年6月号にて発表される。 現行では「グランプリ部門(作品賞)」「部門」「男性キャラクター部門」「女性キャラクター部門」「部門」「部門」の6部門が設けられている。 以前はその他に制作スタッフ、歌手、歴代ベストワンなどの部門もあった。 男女別の集計結果も載せられていたが、現在は性別に関係なく得票数のみ発表されている。 現在は誌面で結果発表を行うのみだが当時の編集長・が「世間も注目する大舞台でやってみたい」という思いから第3回からはで大々的に表彰式と声優・歌手によるイベントを実施し、第10回まで行われた。 なお、第10回をもってイベントを中断した理由はの病状悪化による自粛である(10回目という節目で区切りを付けたともいわれている)。 これに対抗する形でから競合誌の『』『』『』『』『』がを担ぎ出し「」を制定、同時にイベント「日本アニメフェスティバル」を実施して毎年4月に表彰を行っていた。 日本アニメ大賞側はアニメグランプリと統合の意向を持っていたが、かなわずにの第7回を最後に終了している。 変遷 [ ]• 第1回 - 「'79-'80総決算」として過去2年分を扱い、2月号で発表。 「グランプリ(作品)」「サブタイトル」「キャラクター」「男性声優」「女性声優」「歌手」「アニメソング」「演出」「アニメーター」「美術」「脚本」の11部門でスタート。 第2回 - 「1980年上半期」として1980年10月号で発表。 歌手部門を男女に分ける。 第3回 - 「1980年下半期」として6月号で発表。 歴代ベストワン部門(作品・キャラクター)新設。 第4回 - この回より毎年6月号で年次発表する型式となる。 第5回 - アニメージュ賞を新設し、最多の15部門となる。 第6回 - スタッフ4部門廃止。 キャラクター部門と歴代ベストワンキャラクター部門を男女に分ける。 第11回 - 5月号発表となる。 歌手部門(男女)とアニメージュ賞を廃止。 歴代ベストワンキャラクター部門は男女を統合。 歴代アニメソング部門はこの回のみ。 第14回 - 声優部門の男女を統合。 第19回 - 再び6月号発表に戻る。 第22回 - 歴代ベストワン部門(作品・キャラクター)を廃止。 6部門型式となる。 第37回 - サブタイトル部門を廃止。 現行の5部門型式となる。 この回より毎年9月号で年次発表する型式となり、審査対象となるアニメは前の年の11月末までだったのが開催年の3月末までへと変更され 、2クール分割で放送のアニメはそれぞれ別作品として投票が分けられていたのが対象期間の放送であれば1つの作品として投票がまとめられることになった。 第33回(2010年) けいおん!! 第34回(2011年) 音無春奈 イナズマイレブン 第35回(2012年) 菜花黄名子 イナズマイレブンGO クロノ・ストーン 第36回(2013年) 第37回(2014年) ディアンヌ 第38回(2015年) 第39回(2016年) 銀魂. 第40回(2017年) 木之本桜 第41回(2018年) エマ 声優部門 [ ] 回(年度) 男性声優名 女性声優名 第1回(1979年) 第2回(1980年上半期) 第3回(1980年下半期) 第4回(1981年) 第5回(1982年) 第6回(1983年) 神谷明 第7回(1984年) 第8回(1985年) 第9回(1986年) 第10回(1987年) 神谷明 島本須美 第11回(1988年) 第12回(1989年) 第13回(1990年) 声優名 第14回(1991年) 林原めぐみ 第15回(1992年) 第16回(1993年) 第17回(1994年) 第18回(1995年) 林原めぐみ 第19回(1996年) 第20回(1997年) 第21回(1998年) 第22回(1999年) 第23回(2000年) 第24回(2001年) 第25回(2002年) 第26回(2003年) 第27回(2004年) 第28回(2005年) 保志総一朗 第29回(2006年) 第30回(2007年) 第31回(2008年) 第32回(2009年) 第33回(2010年) 第34回(2011年) 第35回(2012年) 第36回(2013年) 第37回(2014年) 第38回(2015年) 福山潤 第39回(2016年) 第40回(2017年) 第41回(2018年) アニメソング部門 [ ] 回(年度) 曲名 作品名 第1回(1979年) 北の狼 南の虎 第2回(1980年上半期) 復活のイデオン 伝説巨神イデオン 第3回(1980年下半期) コスモスに君と 第4回(1981年) 第5回(1982年) マクロス 第6回(1983年) HELLO, VIFAM 第7回(1984年) 第8回(1985年) ロ・ロ・ロ・ロシアンルーレット 第9回(1986年) 第10回(1987年) シティーハンター 第11回(1988年) 第12回(1989年) 魔女の宅急便 第13回(1990年) ブルーウォーター ふしぎの海のナディア 第14回(1991年) Winners 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 第15回(1992年) 美少女戦士セーラームーン 第16回(1993年) 第17回(1994年) 第18回(1995年) 新世紀エヴァンゲリオン 第19回(1996年) 第20回(1997年) 輪舞-revolution 第21回(1998年) Dearest 機動戦艦ナデシコ The Prince of darkness 第22回(1999年) カードキャプターさくら[第2期] 第23回(2000年) 第24回(2001年) For フルーツバスケット 第25回(2002年) 機動戦士ガンダムSEED 第26回(2003年) 鋼の錬金術師 第27回(2004年) 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第28回(2005年) 第29回(2006年) コードギアス 反逆のルルーシュ 第30回(2007年) 第31回(2008年) 第32回(2009年) けいおん! 第33回(2010年) イナズマイレブン 第34回(2011年) 第35回(2012年) イナズマイレブンGO クロノ・ストーン 第36回(2013年) 進撃の巨人 第37回(2014年) Dried Up Youthful Fame Free! -Eternal Summer- 第38回(2015年) おそ松さん 第39回(2016年) History Maker ユーリ!!! 一刻館は永遠に…!! 第12回(1989年) 第28話 サイヤ人の猛威! 神様もピッコロも死んだ 第13回(1990年) 第22話 裏切りのエレクトラ ふしぎの海のナディア 第14回(1991年) 第39話 星を継ぐ者… 第15回(1992年) 第31話 恋されて追われて! ルナ最悪の日 美少女戦士セーラームーン 第16回(1993年) 第45話 セーラー戦士死す! 悲壮なる最終戦 第17回(1994年) 第110話 ウラヌス達の死? タリスマン出現 美少女戦士セーラームーンS 第18回(1995年) 第48話 勝利への道! 信じる心が開く明日! 第19回(1996年) 第24話 最後のシ者 新世紀エヴァンゲリオン 第20回(1997年) 第26話 TRY again! 白く還りし刻! 第21回(1998年) 最終話 そして…光刃輝く 第22回(1999年) 第46話 さくらと最後の審判 カードキャプターさくら[第2期] 第23回(2000年) 第70話 さくらと本当の想い 第24回(2001年) 第50話 Alone 西へ 幻想魔伝 最遊記 第25回(2002年) PHASE-01 偽りの平和 機動戦士ガンダムSEED 第26回(2003年) 第7話 合成獣が哭く夜 鋼の錬金術師 第27回(2004年) 第51話 ミュンヘン1921 第28回(2005年) FINAL PHASE 最後の力 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第29回(2006年) FINAL PLUS ~選ばれた未来~ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 〔総集編〕 スペシャルエディション 第30回(2007年) STAGE 25 ゼロ コードギアス 反逆のルルーシュ 第31回(2008年) FINAL TURN Re; コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第32回(2009年) 最終回 軽音! けいおん! 第33回(2010年) 最終回 卒業式! けいおん!! 第34回(2011年) 最終回 明日へのキックオフ! イナズマイレブン 第35回(2012年) 第25話 オレとおまえのバスケ 第36回(2013年) 12Fr 遙かなるフリー! 編集部特別賞 [ ] 回(年度) 作品名 第38回(2015年) 銀魂゜ 出典 [ ]• 「が語るアニメグランプリ30回」『アニメージュ』6月号、徳間書店、88-91頁。 「変遷」および「以前は設置されていた賞」について。 脚注 [ ].

次の