グルーヴ コースター ワイワイ パーティー。 [Switch]グルーヴコースター ワイワイパーティー!!![マイク無し]

「グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!」で「東方Project アレンジパック3」が配信開始。記念のお買い得セットも

グルーヴ コースター ワイワイ パーティー

タイトーは、ニンテンドースイッチ用ダウンロードソフト『 グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!! 』を発売しました。 これは、スマートフォン向けとして発売され、後にアーケードゲームとしても展開し人気を博している音楽ゲーム『グルーヴコースター』の最新作です。 本作はシリーズ初となる家庭用ゲーム機向けの作品で、Joy-Conを使用してアーケードさながらのプレイ感を楽しむことができます。 今や多数のタイトルが乱立し、まさに群雄割拠の様相を見せている音楽ゲーム界隈。 その波とリズムに全く乗れていない筆者が、早速本作をプレイしてみましたのでそのレビューをお伝えします! 初心者が初心者なりに味わえる爽快感 『グルーヴコースター』のプレイ内容は至ってシンプル。 レールの上を進んでいく自キャラ「アバター」と、レールの先から流れてくる「ターゲット」が重なったときに対応する入力を行う、というもの。 入力のタイミングが正確なほどポイントが高く、上から「GREAT」「COOL」「GOOD」、そして失敗の場合は「MISS」判定となります。 ターゲットは通常のヒットのほか、ホールドやスライドなどいくつかの種類が存在。 それぞれのアイコン上で、対応する入力をいかにタイミングよく正確に行うかがクリアの鍵となっています。 ……とまぁ、ここまでは「普通の音ゲーじゃん!」と思った方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、この時点であらゆるリズムゲームを投げ出した筆者は既に困惑気味でした。 音ゲー苦手マンは、とにかく瞬時に複数の処理を求められると混乱してしまうのです。 それはもう、「ドン」と「カッ」の基本2つしかない某太鼓ゲームをチュートリアルで断念したほどに。 しかしながら、いざ実際に本作をやってみると割とすんなり楽しめるではないですか。 いや、それどころか結構爽快感があって、これはハマる。 今までの音ゲーと、何かが違ったのです。 複数の入力と一つのレーン まず、本作は基本的にコースがシンプル。 「コースター」のタイトルが示す通り、ジェットコースターのようにコース上をアバターが進んでいくのですが、当然ながらジェットコースターに道は一本しかないのです。 これはとても重要なことです。 なぜなら、音ゲーを苦手としている人が一番混乱しやすいのが「複数レーンを同時に処理するタイプのゲーム」だからです。 その点、本作は基本一本のコースを進むだけ。 この指のレーンに次に来るのはこのボタンで、あっちのレーンにはこのボタン……などと考えなくても大丈夫。 しかも、ある程度は先のコースが長めに表示されているので、突然のターゲット割り込みがあるにしても、タイミングが来るまでにそこそこ心の準備をする時間が与えられています。 これも安心ポイントの一つですね。 また、複数種類のターゲットがあるのは他のゲームでも同じなのですが、本作では同一のターゲットに対しても複数の入力方法があります。 例えば、「ヒット」一つとってもJoy-Conのボタン、スティック、振り、などあらゆる方法に対応しており、好きな入力を自由なタイミングで行うことができます。 つまり、慌てて咄嗟に何らかの入力を行ってところで、ちゃんとヒット扱いになるのです。 これはヒットだけではなく「スライド」でも同じことで、対応する十字キー、スティック、あるいは左右のJoy-Conと、とにかくどれでもいいから方向さえ合っていればOK。 入力の種類が「ボタンの位置」ではなく「左右の手」に割り振られているので直感的にわかりすく、混乱し難く感じました。 推しの応援 と、ここまで音ゲーの側面からいろいろと言っては見ましたが、やはり本作最大の特徴はやはり「バーチャルYouTuber」のコラボでしょう。 ええ、えぇ、わかっていますとも。 その爆発的ブームから2年以上が経過し、今ではすっかりお馴染みの存在となったバーチャルYouTuber。 本作ではその発表当初から、ミライアカリさんや電脳少女シロさん、月ノ美兎さんなど、有名所のVtuberとの全面的コラボが予定されていることが明らかになっており、音ゲー界隈のみならず多くのVtuberファンから注目を集めていました。 収録楽曲のカバーには、 ウキウキ殲滅お姉さん神楽すずさんや、にじさんじ所属の清楚オブ清楚シスター・クレアさんなどが参戦。 また、歌だけではなく、ゲームプレイ中の自キャラである「アバター」や、「ナビゲーションキャラ」として、キービジュアルに登場する看板Vtuberを設定することも可能になっています。 特にナビゲーションキャラは、ゲーム中の各モード解説の音声や、チュートリアルに至るまで全てのシステムボイスがそのキャラクター仕様になるとあって、ファンにはたまらない仕様。 推しのライバーが褒めてくれるとあっちゃ、ゲームにも熱が入ります。 放置ボイスやタイトルのメーカー読み上げボイスなど一見気づきにくいところまで収録されているので、是非細かな部分までチェックしてみてください。 収録楽曲は流行のJ-POPや定番のアニメ曲から、マニアックなゲーム音楽のほか、ボカロ曲や東方Projectの楽曲など幅広く収録。 音楽には疎い筆者でも知っている曲が多く、楽しくプレイすることができました。 コアな音ゲーファンはもちろん、ズブの素人でも楽しめるようにレベルも幅広く設定されているので、筆者のように音ゲーに苦手意識がある方には是非ともプレイしてもらいたい作品ですね。 これはかなりオススメです! 『 グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!! 』はニンテンドーeショップで配信中。 価格は6,500円(税込)です。 C AI, Inc. All Rights Reserved. C Crypton Future Media, INC. www. piapro. net C HH C 2017 Ichikara Inc. C 2019 INTERNET Co. , Ltd. All rights reserved. C Kizuna AI C Mirai Akari Project C Siro Channel C VOCALOMAKETS Powered by Bumpy Factory Corporation. C 2019 1st PLACE Co. ,Ltd. C 上海アリス幻樂団「メインビジュアル」Art by CHANxCO C TAITO CORPORATION 1978,2019 ALL RIGHTS RESERVED. C OTOIRO Inc. C TAITO CORPORATION 1978,2019 ALL RIGHTS RESERVED. 《ひびき》.

次の

blogs.redeyechicago.com:Nintendo Switch『グルーヴコースター』が追加DLC『DJMAX RESPECT パック』を配信スタート!

グルーヴ コースター ワイワイ パーティー

株式会社タイトー(本社:東京都新宿区、以下タイトー)は、11月7日に発売したNintendo Switchダウンロード専用ソフト「グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!! 」の追加ダウンロードコンテンツ『』の配信日を2月6日(木)に決定いたしました。 大人気キャラクター「IA」「ONE」の楽曲を収録した『ボーカロイドパック』の第三弾を配信! 『』には、大人気楽曲「ミライ」や「夜咄ディセイブ」などの楽曲10曲、ナビゲーター2種、アバ ター4種がセットになっている追加ダウンロードコンテンツとなっています。 ナビゲーターとして、「IA(制服)」「ONE(制服)」が参戦! 彼女たちがゲームの進行をサポートします。 さらに、アバターには「IA(忍者)」「IA(チアリーダー)」「ONE(忍者)」「ONE(チアリーダー)」が参戦し、カスタマイズすることが可能になります。 ONE(チアリーダー) 楽曲リスト• ミライ• 夜咄ディセイブ• Circuit DISCO• Over Drive• Perverse Love Rock! Conqueror• Into Starlight• Reload• てるみい• (Secret song) 商品概要• タイトル:グルーヴコースターワイワイパーティー!!!! プラットフォーム:Nintendo Switch• ジャンル:リズムアクションゲーム• 配信日:2019年11月7日• メーカー:株式会社タイトー• プレイ人数:1人~4人• 価格:6,500円(税込)• CERO:B• DLC• DLCタイトル:ボーカロイドパック3• 配信日:2020年2月6日(木)• DLC価格:1,650円(税込).

次の

【グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!】Joy

グルーヴ コースター ワイワイ パーティー

GROOVE COASTER ジャンル グルーヴゲーム 対応機種 アプリ版初代: 4. 2 - 10. 3 アプリ版2:iOS 5. 1以降、 4. ()向けアプリとしてに配信開始。 には版が稼働開始、には版もリリースされた。 には版が配信、11月7日には版『グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!! 』が発売された。 アーケード版筐体 開発者は『 インフィニティジーン』の。 同作品と同様の風の表現を前面に押し出している。 シリーズを通して、シンボルマークはヘッドフォンをしたスペースインベーダー・CRABこと「GC CRAB」。 「指一本のカンタン操作で、クールにジェットコースターのような疾走感が楽しめる」というコンセプトで、操作はタップとフリックのみ(後述のアーケード版は異なる)。 「コースター」の名の通り、ジェットコースターのように一本のコース上をアバターが移動し、曲に合わせて出現するターゲットを、タイミング良くタッチしていく(ターゲットの形状・種類により異なる操作をする場合もある)。 、『GROOVE COASTER』(以下「アプリ版初代」)リリース。 国内外で高い評価を受け、数々の賞を受賞する。 、『GROOVE COASTER ZERO』(以下「アプリ版ZERO」)配信開始、方式となり楽曲数が大幅に増加。 さらにには、アーケード版『GROOVE COASTER』(以下「AC版初代」)稼働開始。 で行っていた操作は、「ブースター」と呼ばれるコントローラ操作に置き換えられる。 アーケード版はの大型アップデートにて、『GROOVE COASTER EX』(以下「AC版EX」)にリニューアル した。 さらにには『GROOVE COASTER 2 HEAVENLY FESTIVAL』(以下「AC版2」)にバージョンアップした。 、アプリ版ZEROのアップデート置換えとして『GROOVE COASTER 2 ORIGINAL STYLE』(以下「アプリ版2」)がリリース 、アーケード版の要素を一部組み込んでシステムの大幅な改修がなされた。 、『GROOVE COASTER 3 LINK FEVER』(以下「AC版3」)稼働開始。 シリーズ初のオンライン対戦モードを実装(イベント期間中のみ)。 、『GROOVE COASTER 3EX DREAM PARTY』(以下「AC版3EX」)稼働開始。 ナビゲーター切り替え機能、ソロプレイイベントなどを追加した大型バージョンアップとなった。 同年をもって、iOS 11アップデートにともないアプリ版初代の配信・関連アイテムの販売を終了。 なお、アプリ版2は引き続き利用できる。 、『GROOVE COASTER 4 STARLIGHT ROAD』(以下「AC版4」)稼働開始。 操作タイミングの表示、難易度細分化などの新機能が追加された。 2018年、版が発売。 初の 版となる。 一部楽曲の難易度数値の変更があったものの、機能面での追加・変更はなかった。 2019年、初の家庭用ゲーム機への移植作となる版『グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!! 』(以下Switch版)がダウンロード専用ソフトとして発売された。 、『GROOVE COASTER 4MAX DIAMOND GALAXY』 以下「AC版4MAX」)稼働開始。 AC版4EXに続き、機能面での追加・変更はなかった。 アーケード版は、EXより「グルーヴステージ」と呼ばれる振動パネル(オプション)に対応した。 ゲーム内容 [ ] アバターとターゲットが重なった瞬間に、ターゲットに応じた操作(タッチ)を行うのが基本的なルール。 タッチしたタイミングにより、評価はより正確な順に「GREAT」「COOL」「GOOD」「MISS」と変化する。 正確であるほど、画面上部のGROOVEゲージが多く蓄積され、MISS評価は逆にGROOVEゲージが減少。 曲の終了時に、GROOVEゲージが一定ラインまでたまっていればクリアとなる。 評価により得点が得られるほか、連続してタッチに成功すると「CHAIN」が増えていく。 アプリ版ではCHAIN継続中は1チェインにつき得点倍率が0. 2倍…)、さらに10チェイン以上で「FEVER」が発生し、その間タッチによるチェイン数が2倍になる。 CHAINに失敗すると、FEVERも途切れる。 また、得点などの成績に応じて「レベルゲージ」が蓄積され、それがいっぱいになるとさまざまな特典(アバターやスキンの追加・パワーアップ)が得られる。 曲ごとにDIFFICULTY(難易度の数値)が設定されているほか、各曲ともゲームモードを「EASY(アーケード版ではSIMPLE)」「NORMAL」「HARD」の3段階から選択できる。 アーケード版はAC版EX以降、さらに高難易度の「EXTRA」が一部楽曲に追加。 またアプリ版2にて「AC-EASY」「AC-NORMAL」「AC-HARD」が一部楽曲に追加された(一部楽曲では別途購入が必要)。 先に曲を選んだ後、モードを選んでスタートする。 ターゲット [ ] ターゲットの種類により、実行すべき操作は異なる。 タイミングが合っていても、ターゲットの種類と操作が間違っていた場合判定されない。 なお、得点はアプリ版にてEASYでCOOL判定となったもので、GOOD判定では0. 5倍、最も良いGREAT判定ではその3倍になる。 ただしアプリ版ZEROでは長いターゲットでは途中の得点増加がそれぞれ始点の一回分しか起こらない。 アプリ版・アーケード版共通のターゲット [ ] タップ(ヒット) 丸い粒状のターゲット。 アバターが重なった瞬間、画面またはブースターのボタンを押す。 得点は100。 ホールド 丸いターゲットを始点に、コース上に色の付いた線が描かれたターゲット。 アバターが重なっている間、画面・ブースターのボタンを押さえ続ける。 得点はホールド中30ずつ、ホールド完了で200。 ビート コース上で菱形が団子状につながっているターゲット。 EASYやSIMPLEでは登場しない。 アバターが重なっている間、画面を連続タップし続ける(アーケード版はどちらかのブースターのボタンを連打するが、一度でも一定間隔以上空いた側のブースターは判定されない)。 得点はビート中50ずつ、ビート完了で200。 フリック(スライド) 菱形に矢印のついたターゲット。 EASYやSIMPLEでは登場しない。 アバターが重なった瞬間、矢印の方向にフリックする(アーケード版はどちらかのブースターを矢印の方向に入れる)。 操作方向の基準はそこそこゆるく、入力が斜めでも設定方向が含まれていれば判定される。 ただし、アプリ版ではフリックせずにタッチしてしまうとミスになる。 得点は200。 スクラッチ 丸いターゲットを始点に、コース上に螺旋が重なっているターゲット。 EASYやSIMPLEでは登場しない。 アバターが重なっている間、画面を押さえてこすり続ける(アーケード版は同じブースターを連続して別方向に動かし続ける。 動かすブースターを入れ替えることはできない)。 得点はスクラッチ中70ずつ、スクラッチ完了で200。 AD-LIB(アドリブ) 隠しターゲット。 GOOD判定以上でタップ(ヒット)すると「AD-LIB」と表示され、専用の音が鳴る。 アプリ版ではアイテム「VISIBLE」を使うとヒントが画面上に表示され、アーケード版ではアイテム「PERFECT PLAYER」を使うとヒットせずとも音が鳴る。 見過ごしたりタイミングを外しても、MISSにはならずCHAINが途切れることもない。 ただし、FULL CHAINを達成するには、全てのアドリブターゲットをGOOD判定以上でタップ(ヒット)する必要がある(アドリブを一つでも取り逃すとNO MISSになる)。 3からは全部のターゲットとアドリブターゲットをGREATでタップするとPERFECTを取ることができる。 得点は300。 コースの折れ線や楽曲の特徴、別モードや次小節で加わるリズムなどに合わせて配置されていることが多い。 タップ(ヒット)とフリック(スライド)、またVISIBLEで可視化されたアドリブは、コース外からアバターに飛び込んでくるものもある。 その中には、飛んでくる軌跡が線であらかじめ表示されていることもある。 アーケード版およびアプリ版2(アーケードモード)追加ターゲット [ ] クリティカル ヒットより大きく角ばったターゲット。 左右のボタンを同時に押す。 ヒット同様、コース外から飛んでくることもある。 アプリ版2ではAC-SIMPLE以降から登場。 画面の2箇所を同時タップする。 デュアルホールド クリティカルを始点に、コース両脇に2本の太い線が描かれたターゲット。 アバターが重なっている間、左右のボタンを同時に押しっぱなしにする。 SIMPLEでは登場しない。 アプリ版2ではAC-NORMAL以降から登場。 画面の2箇所を同時に押さえ続ける。 デュアルスライド スライドターゲットが2つ重なったもので、左右のブースターを同時に矢印の方向に入れる。 指定される方向は様々で、同じ方向に操作するものもある他、スライド同様コース外から飛んでくることもある。 SIMPLEでは登場しない。 片側のブースターを素早く2回操作することでも判定される事がある。 アプリ版2ではAC-NORMAL以降から登場。 2本指で同時に対応する方向へのスライド操作を行う。 スライドホールド 2つのスライドターゲットを太い帯でつなげたターゲット。 アバターが重なっている間、ブースターを矢印の方向に入れっぱなしにする。 途中で一度入れたブースターを戻したり違う方向に入れかえてはならない。 SIMPLEでは登場しない。 アプリ版2ではAC-NORMAL以降から登場。 スライドした指を離さず、そのまま押さえ続ける。 コンテンツ [ ] レベルアップや課金などで、下記のコンテンツが増えていく。 曲 アプリ版初代のみ、新登場した曲をクリアすることで逐次増加。 ZERO以降はレベルアップなどで解禁される。 またアプリ版は別途アドオン課金により楽曲を入手できる。 アーケード版ではAC版2まで、ゲーム終了時に獲得する「ミュージックパネル」を用いて、楽曲を解禁できた。 パネルは任意の楽曲に少しずつ割り振って解禁を進められる(パネルのストックはできない)。 曲毎に必要なパネル数は異なり、アプリ版に収録されていた楽曲や低難易度の曲は比較的少なく、高難度のアーケード初出曲は大量のパネルが必要だった。 AC版3にて、ミュージックパネルは廃止された。 AC版2以降は、マイページ内「ショップ」コンテンツにて、ゲーム内通貨「グルコ」との交換で楽曲が入手できる。 なお、AC版2では解禁曲を全て手に入れて使い道のないミュージックパネルは、グルコに変換された。 AC版3では、イベント報酬にて楽曲が獲得できる。 イベント中に楽曲を獲得できなかった場合は、後日マイページ内「ショップ」にて購入可能となる(Ver4. 01まで)。 AC版4のVer4. 02より、「アンロック」(後述)により楽曲が入手できる。 一方、マイページ内の楽曲ショップは終了した。 なお、アーケード版では楽曲は同じながら、譜面が刷新されることがある(曲名は同じだが、「RENEWAL」というアイコンが付記される)。 その場合、刷新前とは別の楽曲として扱われ、成績は繰り越されない。 アバター レベルアップや課金(アプリ版ZERO以降は楽曲パック購入を含む)、イベントでの条件達成などにより獲得。 アプリ版のみ、GROOVEゲージの上昇量やレベルゲージの上昇量・さらにタイミングの判定やコースに変化を及ぼすものまで、さまざまな効果が備わっている。 またレベルアップ解禁されるものは、さらにレベルアップしていくことでその効果が3段階に強化されていく。 アーケード版は主にイベントの報酬で得られるほか、特定キャンペーン中はゲーム開始時に無条件で配布される。 なお、アプリ版にあるアバターの効果は一切なくなった。 AC版初代においてレベルアップで入手出来ていたアバターは、AC版2以降ではマイページ内「ショップ」コンテンツにて、ゲーム内通貨「グルコ」との交換で入手する(以降)。 アイテム 選曲時に選ぶことで、ゲーム中にさまざまな効果をもたらす。 名称 効果 アプリ版 初代 アプリ版 ZERO アプリ版 2 AC版 初代 AC版 EX AC版 2 - 3EX AC版4 - Ver4. 01 AC版4 Ver4. 複数のアイテムは同時にセットできない。 効果はその曲限りで、セットして楽曲を開始した時点でストックが1つ消費される。 アプリ版では、アイテムは課金としてストックを購入できるほか、アプリ版ZERO以降はレベルアップ報酬・ログインボーナスなど、アプリ版2からはミッションの達成によって、無料でも獲得できる。 なお、アプリ版2では2017年10月27日より、広告動画閲覧によりログインボーナス獲得数が2倍になる機能が導入された ものの、2018年3月22日に同機能は削除された。 アーケード版では、ストックできるのは1アイテムにつき99個まで。 また難易度上昇アイテムを使用してクリアすると、レベル経験値・獲得グルコにボーナスが入る。 AC版EXまでは、1プレイごとにランダム+レベルアップやイベント成績による報酬で獲得。 AC版2からは、1プレイごとのランダム獲得が廃止。 イベント成績による報酬の他は、マイページ内「アイテムショップ」でグルコを用いた購入(AC版4よりストックがない場合に限り筐体でも購入可能)か、スタンプカードによる付与で入手する。 AC版4のVer4. 02からは、「アンロック」(後述)によりショップ非売品のアイテムも入手可能となった。 スキン タップ時に表示される「エフェクト」、またはバックに表示される「背景」のどちらかを任意に設定できる。 いずれもゲームそのものに影響は及ぼさない。 ただし同時に一つしか使用できないため、「エフェクト」と「背景」の併用はできない。 アーケード版では「エフェクト」のみ獲得できる。 AC版EXまではレベルアップによって獲得し、AC版2ではマイページ内「ショップ」コンテンツにてゲーム内通貨「グルコ」との交換で入手する(2015年7月27日以降)。 ナビゲーター AC版3より実装されたナビゲートキャラクター。 AC版3EX以降は複数のナビゲーターより選べる。 ボイス付きで実装されたのは以下のとおり。 ナビゲーター名 担当声優 出展作品 リンカ オリジナル(3) ユメ 高橋菜々美 オリジナル(3EX) セイネ オリジナル(4) ずんど子ちゃん ちよこ(IOSYS) オリジナル どんつくくん さきぴょ すたどんたん殿下 山本椛(IOSYS) ナティア・ヴィヴィー 嶋澤奈津子(現:志麻なつ) VSインベーダー 佐々木友香 ピリオドゼロ ナビウル 茜未来 夢眠ネム 神楽 フィギュアヘッズ エース() 雅 みりん () 音街ウナ 田中あいみ シリーズ [ ] アプリ版 [ ] GROOVE COASTER [ ] 2011年7月28日配信開始。 2017年9月30日配信終了。 曲数は29曲(「UPGRADE」にて購入する楽曲も含む)。 DIFFICULTYは0 - 9の10段階。 オリジナル曲はすべての、の2人によるもの。 同社のゲームから、『』『』『SHOGUN DEFENSE』『スペースインベーダー インフィニティジーン』『』『』『』『私のハッピーマナーブック』の楽曲が使用されている。 GROOVE COASTER ZERO [ ] 2012年11月20日配信開始。 2013年7月には100万ダウンロード突破記念キャンペーンが、2014年5月19日には200万DL大感謝キャンペーンが、それぞれ開催された。 曲数は、期間限定・有料配信のものも含めて150曲以上。 初代の曲は一部が無印版購入特典や課金購入パックに移動したものの、削除された初代の収録曲はない。 DIFFICULTYに10が追加された。 初代のデータは引き継げないが、初代アプリを同デバイスで所持すると4曲の限定配信を手に入れられる。 楽曲ラインナップに版権曲・曲などを投入。 版権曲は一部を除き、アーティスト名が「J-POP」に統一されている。 楽曲をソートしリスト表示する機能が追加され、スムーズに選曲がしやすくなった。 ログインボーナスが導入され、初代では課金限定だったアイテムが、一日の最初にゲームを起動した際にもらえることがある。 初代の「UPGRADE」が「SHOP」と改称。 追加曲は1曲単位のほか、4曲がまとまったパックも販売されている。 24時間ごとに「RECOMMEND」が発生し、まだ購入していない課金曲を1曲、無料で遊ぶことができる(特定の一曲毎に1回・EASYのみ)。 200万DLキャンペーンによって無料楽曲が追加され、レベル上限が100から200に拡張された。 GROOVE COASTER 2 ORIGINAL STYLE [ ] 2015年7月1日配信開始。 アプリ版ZEROのリニューアルアップデートという形で置き換え配信されており、アプリ版ZEROとアプリ版2を同じ端末に入れることは不可能である。 同年8月には300万DL突破記念キャンペーンが開催された。 また、同日向けとしてにも配信開始。 マルチタップに対応。 連続タップによる連打操作が容易になった。 これに伴ってクリティカル・デュアルホールド・デュアルスライド・スライドホールドの操作が可能となり、アーケード版に収録されている譜面「アーケードモード」が追加配信された。 アーケードモードに限り、DIFFICULTYの上限が20まで拡張された。 このアップデート以前に入手していた課金曲のアーケードモードを遊ぶ場合に限り、改めて追加料金を支払う必要がある。 RATINGの算出基準がアーケード版に準拠したものへと変更。 アーケードモードではスコアやCHAINの計算も同様にアーケード版準拠になる。 本体の画面タップではなく、マイク入力でタップ操作を行う「オリジナルスタイル」の実装。 このスタイルでは全ターゲットがタップに変化する。 アーケード版に存在していたアイテムが追加。 称号が追加。 称号はアーケード版とは異なる独自のもので、フレンド一覧やランキングに表示される。 実績に類する様々な条件を満たすことで、アイテム・称号・アバターを入手できる「ミッション」の実装。 一部アバターのカラー化。 オプション設定にて以下の項目の設定が可能となった。 画面演出(エフェクトの多少+アドリブ・空打ち音の有無)• 音と映像のずれ調整• 操作入力と判定のずれ調整• オリジナルスタイル時のマイク感度調整• 300万DLキャンペーンによって、レベル上限が300に拡張された。 本作の対応版『GROOVE COASTER 2 for AU』が、2016年12月1日配信開始。 対応OSはAndroidのみ。 プレイ開始月に初期状態で15曲が遊べるほか、毎月10曲まで無料で好きな曲を選んで追加可能。 その後も毎月10曲ずつ増やすことができる。 さらに、毎月すべてのアイテムが10個ずつ付与される。 なお、auスマートパス対応版の発表において、シリーズ累計ダウンロード数が450万DLを突破したことが明かされた。 アーケード版 [ ] GROOVE COASTER [ ] 2013年11月5日稼働開始。 55インチの大型液晶モニタを搭載した専用筐体で供給される。 対応で、自身のプレイ記録や追加曲を保存できる。 アプリ版との連動は不可能。 「称号」が導入された。 称号はプレイ内容に応じて、新しいものが入手可能(NESiCA使用時のみ)。 称号はランキングにも表示される。 アプリ版とは操作系統や仕様が大きく異なり、アーケード版は「ブースター」と呼ばれるコントローラが前面に2個備わっている。 それぞれ上部にボタンが1個ずつあり、またブースター自体が水平方向にスライド可能となっていることで、それぞれアプリ版のタップやフリック操作を再現している。 これに伴い、ターゲットの名称は「タップ」が「ヒット」に、「フリック」が「スライド」に変更された。 なお左右どちらで操作してもかまわないほか、アプリ版と違い、ホールド中にもう片方のブースターを操作してもミスにはならない。 ブースターの手前にヘッドホン端子と音量調節ダイヤルが備わっている。 ヘッドホンを端子に挿していない状態では音量は強制的にゼロに固定される(同社の『』と同様)。 ただしNESiCAを使用した場合、ゲーム終了時のデータ保存完了時点での設定音量が記録され、次回NESiCA読み込み後にヘッドホンを差しこんだ最初の一度だけ、記録された音量に自動で再設定される。 プレイ開始直前に、その曲・モードで出現するターゲットの一覧と操作方法が表示される。 100CHAINに到達するとFEVERから「TRANCE」状態に移行し、加算CHAIN数が4倍になる。 これに伴い、RATINGの評価基準がスコアによるものとなった。 1クレジットで2曲遊べるステージ制(工場出荷設定)。 クリアに失敗しても必ず設定曲数を遊ぶことが可能。 2014年1月10日に実施されたアップデートにより、1クレジット3曲設定も可能になった。 店内で最大4人までの対戦プレイが可能。 通常プレイでのスコアは勝敗に一切関係しないためか、対戦プレイ中はスコア表示が順位表示に置き換えられる。 ジャンル別ソートの導入。 「J-POP」「VOCALOID」「GAME」「VARIETY」「ORIGINAL」の5種類。 モード(難易度)が最初からHARDも選択可能。 DIFFICULTYの数値は曲のモードごとに設定された。 「EASY」は「SIMPLE」に名称が変更されており、アドリブを除き「ヒット」「クリティカル」「ホールド」しか配置されていない。 初代やZEROでアバターに備わっていた効果がなくなり、それらの効果は原則としてアイテムで得るようになった。 ただし従来の「FOLLOW」は同様の効果を持つ「SAFE」に、「FLICK CHANGE」はSIMPLEモードに登場する3種のターゲットに絞る「EASY TARGET」に変更となり、「VISIBLE」は廃止となった。 レベルアップはゲーム終了時にまとめて行われ、称号もここで獲得となる。 またプレイ毎回で必ずアイテムをランダムで1 - 3個入手し(レベルアップ特典とは別)、さらに追加曲を解禁する「ミュージックパネル」がソロプレイで1枚、店内対戦プレイで2枚 与えられる(NESiCA使用時のみ)。 レベルゲージを増加させる経験値は、設定曲数とRATING+クリア形態+使用アイテムから算出される。 GROOVE COASTER EX [ ] アーケード版のバージョンアップ版として2014年5月26日稼働開始。 Ver1. 5アップデートにより大規模な機能追加がなされた。 前作ですでに条件を満たしていると自動的に差し替わる。 一部楽曲において隠された新難易度「EXTRA」が追加。 同一楽曲のSIMPLE・NORMAL・HARDにおいてSランク以上を獲得することで、より難易度の高い「EXTRA」モードに挑戦できるようになる。 特定期間のみ選択できる「イベントプレイ」の実装。 蓄積ポイントのノルマ達成や期間終了時の全国ランキング順位によって、各種アイテム等が獲得できる。 筐体の料金設定やクリアの可否にかかわらず、1クレジットで3曲遊べる(固定)。 選曲画面で新規配信の未プレー曲のみを表示する新曲ソートの導入(イベントモードでプレー済みの未解禁曲を解禁した場合、イベントモードでのスコアが残り且つNEWマークが表示される)。 パソコン・スマートフォン向けの個人ページ「マイページ」の閲覧機能の実装(5月27日 - )。 イベントモードの報酬限定で「SUPER SAFE」「NOTHING」「IMPOSSIBLE」が導入。 これらは通常のプレイでは取得することは出来ず、イベントプレイの期間終了時にのみ得られる。 一部楽曲の譜面の調整および難易度数値の変更。 この処置 特に前者のタイミング調整 は後のバージョンアップでも継続的に行われている場合が多い。 プレイ中、画面上部に常に「プレイヤー名」と「称号」を表示。 同年7月30日にはver1. 51にバージョンアップ。 それに伴い、以下の点が追加された。 周辺機器「グルーヴステージ」対応。 マイページの機能追加。 指定した条件の中からランダムで選ばれる「ランダム選曲」の導入。 通常プレイで選択可能な他、イベントプレイの課題としても設けられている場合がある。 イベントモード報酬アイテムに、その曲のレベル経験値を2倍にする「EXP BOOSTER」、5倍にする「MAX BOOSTER」が追加。 ミュージックパネルの獲得枚数の増加。 一部収録曲のAD-LIBタイミングなどの修正なども行われている。 GROOVE COASTER 2 HEAVENLY FESTIVAL [ ] 2015年1月22日稼働開始。 カラーリングが黒背景・青から白背景・黄緑に変更、システムボイスも機械に近い(抑揚の少ない)男性から人間らしい女性に変更などのリニューアルがなされている。 楽曲カテゴリが再編され、「J-POP」が「ポップス」と「アニメ」に分割、「GAME」が「ゲーム」と「東方アレンジ」に分割。 英語表記だったジャンル名も日本語表記となる。 削除曲はなし、スコアや解禁状況はほとんどがそのまま引き継がれる。 レベル制度の廃止。 レベル100で解禁できた楽曲「The Beginning」は、初期状態で遊べるようになる。 特定のレベルに達することで貰えたアバター・スキンなどは、マイページ内「ショップ」での購入が可能となった(7月27日 - )。 一部称号の文言の変更。 称号獲得時に、獲得条件と上位称号の獲得条件を表示。 楽曲に由来した称号の追加。 他社とのコラボイベント「GAME MUSIC TRIANGLE」「天下一音ゲ祭」楽曲は対象外。 「The Beginning」の称号はVer2. 02より追加。 選曲画面で全難易度の平均スコアによるソートの導入。 一部楽曲のステージリニューアル(リニューアルされる楽曲のみスコアがリセットされる)、および一部楽曲のタイミングなどの修正。 また楽曲「Groove Prayer」のジャケット画像が差し替え。 店内対戦のレギュレーション変更。 ゲーム終了時のアイテム付与廃止。 ミュージックパネルによる解禁は、各楽曲毎の必要枚数がn 2枚になっていたが、本作からそれ以外の枚数(3枚、6枚など)も登場。 ゲーム内通貨「グルコ」が登場(単位は「GC」)。 プレイ毎に各楽曲の成績に応じて蓄積される。 ミュージックパネルで解禁できる楽曲がない場合、余ったパネルは少量のグルコに変換される。 グルコはマイページ内「ショップ」ページで、アイテムやミュージックパネルでは獲得できない楽曲の購入に使用する(2月25日 - )。 新アイテムの追加。 ターゲットが片手でも操作可能な種類に変わる「ONE HAND」、店内対戦プレイで他プレイヤーのアバターが表示されない「ALONE」、キー音に加えAD-LIB音が追加される「PERFECT PLAYER」が実装。 イベントで先行配信された。 EXまでの獲得経験値を増やすアイテム「EXP BOOSTER」「MAX BOOSTER」が、グルコの獲得量を増やす「GC BOOSTER」「MAX BOOSTER」に置き換えられた。 EXではイベント報酬限定のアイテムだった「NOTHING」「IMPOSSIBLE」が通常時でもショップ購入で入手できるようになった。 マイページのリニューアル。 ログイン方式がNESiCAシリアルNo. とプレイヤーネームによる認証から、NESiCAシリアルNo. とNESiCA. netパスワードによる認証に変更。 利用にNESiCA. netのアカウント発行が必須となった。 各楽曲の難易度別ランキングの追加。 同年3月25日にはver2. 02にバージョンアップ。 それに伴い、以下の点が追加された。 「本日のスタンプカード」の導入。 1プレイ(モードは問わず)ごとにスタンプカードにスタンプが押され、その箇所にあるミュージックパネルやアイテム、グルコを獲得できる。 スタンプカードは10マスあり、全て埋まると同じ内容のものが繰り返される。 カードの有効期限は当日8:00 - 翌日6:00。 他ゲームの類似したログインボーナスと違い、当日の初回プレイは空欄に設定されていることが多い。 GROOVE COASTER 3 LINK FEVER [ ] 2016年3月10日稼働開始。 イメージカラーは赤。 ナビゲートキャラクター「リンカ」が登場。 デザインは、国内版の声優は。 収録曲の日本国内・海外の差がなくなり、トータルスコアランキングが統一され「ワールドスコアランキング」となった。 ミュージックパネルの廃止。 既存のミュージックパネル解禁曲は、本作にて全解禁された。 トロフィー報酬(累計トロフィー獲得数に応じた報酬)の追加。 アイテムやグルコ、称号、アバターが獲得できる(トロフィー500個まで対応)。 チュートリアルの刷新。 選曲時に各カテゴリのフォルダをたたむことが可能になった。 一部楽曲の難易度の数値変更。 効果音(左右それぞれのブースターの空タップ音、AD-LIBタップ音のセット)の切り替え機能の追加。 あわせて初期状態の効果音が本作より変更。 Ver. 2までの効果音は、マイページのショップにて購入できる。 100万点を達成した際の新評価「PERFECT」の追加(「NO MISS」「FULL CHAIN」の上位にあたる)。 店内対戦プレイの一部仕様変更。 マッチング中、各楽曲終了後に、メッセージを表示させることが可能。 メッセージはマイページにて追加購入や設定が行なえる。 店舗間オンライン対戦の実装。 オンライン対戦はイベント開催中のみプレイ可能。 最大4人までマッチングする。 課題曲より選曲後、マッチングした全プレイヤーから一人の楽曲が抽選で選ばれて対戦。 マイページの機能追加。 ショップにメッセージショップ、効果音ショップが追加。 フレンド機能の追加。 フレンドは互いの成績を閲覧・比較できる。 最大100人まで登録可能。 オンライン対戦履歴の閲覧機能追加。 メッセージ設定機能の追加。 トロフィーランキングの追加。 2016年7月21日にVer. 04にバージョンアップ。 それに伴い、以下の点が変更された。 ターゲットの判定仕様を変更。 Ver. 03までは、曲・難易度ごとに判定幅が別々に設定されていたが、Ver. 04以降は全曲の判定幅が統一された(難易度による判定幅の違いは継続)。 イベント仕様の変更。 バトルポイントを規定値まで貯めると獲得できる「ポイント達成賞」を増設。 ポイント達成賞は、これまではイベント期間終了後に配布されていた報酬が、規定のバトルポイント到達ですぐに報酬が獲得できるようになった(次のプレイから報酬を使用できる)。 かわりに「参加賞」「達成賞」「超達成賞」が削除。 順位報酬のうち「グルーヴ賞」「努力賞」が削除。 ミニイベントの創設。 通常イベント非開催期間にもオンライン対戦がプレイできるよう、開催期間の短いミニイベントを創設。 ミニイベントでは順位報酬は廃止、バトルポイントのみで復刻アバターやアイテムが獲得できる。 月間スコアランキングの開始。 その月に配信された新曲の全難易度の合計スコアを集計し、上位100位のプレイヤーには限定称号が付与される。 月末に配信された新曲は、原則として翌月のスコアランキング対象曲となる。 GROOVE COASTER 3EX DREAM PARTY [ ] 「3」のバージョンアップ版として2017年3月16日稼働開始。 新ナビゲーター「ユメ」が登場。 デザインは未早() 、国内版の声優は高橋菜々美。 チュートリアルもユメが行う。 ナレーションはリンカとユメが交互に担当する。 ナビゲーター切替機能の追加。 従来のリンカとも切り替え可能なほか、イベント報酬として新たなナビゲーターも獲得できる。 その一部については後述。 ただし説明画面で担当声優の表記がないナビゲーターは、音声がすべて汎用英語ボイスとなる。 ソロプレイイベントの追加。 1人プレイではあるが、アイテム「BREAK」は使用不可。 対戦相手がいないため、「無駄のない動き」など一部項目の適用基準が変更。 「金賞」の適用順位が50位以内に変更。 以降の賞も適用順位が順に変更され、「優良賞」は1000位以内となった。 従来のオンライン対戦イベントも引き続き行われるが、ソロプレイイベントとは並行で開催されない。 楽曲選択時、フォルダがつねに閉じられた状態から選ぶようになった。 またジャンルソート時にフォルダを閉じていると、選んだジャンルの楽曲4曲のジャケット画像が表示される。 ジャンル「アニメ」と「ポップス」が「アニメ・ポップス」に統合され、「ゲーム」が「ゲーム」と「音楽ゲーム」に分割された。 初心者おすすめ楽曲が設定され、対象曲は選曲時に専用のマークが表示される。 またジャンルソート時に「初心者おすすめ」フォルダが新設された。 難度値8以上の譜面に警告マークが表示。 プレイ開始前のHOW TO PLAY画面に音声が追加(一部ナビゲーターを除く)。 新規登録特典の実装。 本作のプレイ履歴のないNESiCAを認証させると、下記の特典が得られる。 初回プレイが無料。 マイページのショップ販売曲「」「セツナトリップ」「患部で止まってすぐ溶ける 〜 狂気の優曇華院」を無償解禁。 グルコ10000GCの付与。 一部アーティスト名の変更、ジャケット画像の差し替え、称号名の誤植の修正。 マイページの機能追加。 月間ランキングの課題曲・ランキングの閲覧機能。 過去(2016年8月以降)のランキングも閲覧できる。 楽曲リストに名前順ソートを追加。 平均スコアにイベント先行配信曲が含まれないように変更。 2017年10月12日にVer. 57にバージョンアップ。 それに伴い、以下の点が変更された。 選曲画面にて、全フォルダの表示・非表示の切り替えから、 選択中フォルダのみ表示・全フォルダ非表示の切り替えに変更。 難易度10の一部楽曲・譜面に「超高難易度注意」アイコン表示を追加。 対象譜面はHOW TO PLAY画面の背景が濃紺色に変化。 初期状態で選択可能なアバターに「SILVER HAWK」「BUBBLEN」「YUME」の3種を追加。 NESiCA未使用時に選択可能なナビゲーターに「リンカ」を追加。 GROOVE COASTER 4 STARLIGHT ROAD [ ] に稼働開始。 イメージカラーは紫。 新ナビゲーター「セイネ」が登場。 デザインは未早(IOSYS 、国内版の声優は。 チュートリアルもセイネが行う。 ブースター操作のタイミングがGREAT以外の場合、FAST(タイミングが早い)またSLOW(タイミングが遅い)とアバターの近くに表示される。 難易度(DIFFICULTY)の数値を、10段階から15段階に細分化。 難易度11以上の譜面を「解禁制」に変更。 ひとつ下の難易度でS以上の評価を取得することで解禁できる(例:難易度11の場合、難易度10のいずれかの譜面でS以上の評価を取得すると、難易度11の譜面がすべて解禁される)。 選曲画面でソート「月間課題曲」の追加。 月間ランキングの対象曲のみ表示される。 月初など対象曲が存在しない時期は選択できない。 一方でソート「プレイ回数」が削除。 新アイテム「VISIBLE」の追加。 アプリ版に存在した同アイテムのアーケード版への実装。 スタンプカードやイベント報酬などで獲得できる。 ゲーム中、筐体でのアイテム購入が可能になった。 ショップで購入可能なアイテムのうち、その時点でストックが無いアイテムのみグルコで購入できる。 ワールドスコアランキング、店内スコアランキングが、全楽曲のスコア集計から月間ランキング対象曲のみのスコア集計表示に変更された。 従来の全スコア集計によるワールドスコアランキングは、公式サイトで閲覧できる。 新規登録特典による無償解禁の対象だった「W. D」「セツナトリップ」「患部で止まってすぐ溶ける 〜 狂気の優曇華院」が、解禁せずに遊べる曲に変更。 タイミング判定表示のデザインを調整し、背景が白い場合などにも見やすくなった。 一部楽曲のデモ再生タイミングの調整。 海外版でのカスタマイズ画面の説明文を英語に変更。 新スキン「HORROR」「HEART」の追加。 新規登録特典の変更。 初回プレイ無料は継続。 マイページのショップ販売曲の無償解禁対象が「あのね…実はわたし、夢眠ねむなんだ…」「ネトゲ廃人シュプレヒコール」「Help me, ERINNNNNN!! -Cranky remix-」に変更。 グルコ付与額が20000GCに増額。 トロフィー500個以降の報酬の追加。 店内・オンライン対戦の仕様変更。 マッチング人数の上限を3人に変更。 なお店内対戦時は従来通り最大4人まで。 自身が未解禁の難易度の楽曲は選択不可になった。 これまでは自身がEXTRA譜面を未解禁でも、対戦相手に解禁済みのプレイヤーがいれば選択できた。 2018年7月2日にVer. 02にバージョンアップ。 それに伴い、以下の点が変更された。 「アンロック」機能の実装。 ゲーム中に入手できる「アンロックキー(以下、キー)」を使い、アバター・ナビゲーター・楽曲・アイテム・グルコを解禁、獲得していく。 キーはソロプレイで1個、店内対戦プレイ・イベントプレイで2個入手。 また特定の楽曲(アンロックボーナス曲)をプレイするごとに1個追加される。 トータルリザルト表示後、アンロックを行う。 解禁するコンテンツ毎に、アンロックに必要なキーの数は異なる。 キーを使いきらないまま時間切れとなると、残ったキーはグルコに変換され(1個につき150GC)、次回以降にキーは持ち越せない。 マイページの機能更新。 「ショップ」内「楽曲ショップ」の廃止。 ショップ販売曲の一部は、アンロックによる解禁となる。 「演奏画面設定」を追加。 ランキング表示の変更。 デモ中は「ワールドトータルスコアランキング」「店内トータルスコアランキング」「ワールド月間スコアランキング」「イベントランキング(イベント開催時のみ)」を表示。 NESiCAをかざした際は「ワールドトータルスコアランキング」「店内トータルスコアランキング」を表示。 店内対戦のみ、対戦相手が解禁済みであれば、未解禁の難易度を選べるようになった。 その他、表示などの修正。 尚、機能追加・改修はなく、にも未対応。 筐体の照明カラーを青色に変更。 一部楽曲の難易度数値を変更。 GROOVE COASTER 4MAX DIAMOND GALAXY [ ] 「4EX」の更なるバージョンアップ版として稼働開始。 AC版4EX同様、機能追加・改修はなく、Amusement ICにも未対応。 なおの渦中だったが、海外の設置筐体がオフラインによるインストール作業でのアップデートを完了しており、データの整合性の観点から、予定通りバージョンアップが実施された。 筐体の照明カラーを紫色に変更。 Steam版 [ ] GROOVE COASTER for STEAM [ ] 発売。 外見やシステムはAC版3EXに準拠しており、ナビゲーターはリンカが担当(チュートリアルもリンカが行う)。 操作はキーボードのほか、Steamコントローラ等Windowsに接続可能な外部コントローラが使用できる。 以下、Steam版独自の要素を挙げる。 を従来の「16:9」のほか、「4:3」「1:1」に変更可能。 後者になるほど画面の上下がカットされる。 初期状態では、難易度が全曲SIMPLEしか選択できない。 上位の難易度は、各曲で下位難易度をクリアすると個別に解禁される。 難易度数値はAC版4以降と同様の15段階表記だが、数値はアーケード版と異なる独自のものとなっている。 ジャンルや曲名順等のカテゴリはなく、「お気に入り」と「過去の選曲」からの選択が可能。 お気に入り楽曲の登録は、選曲画面にて行う。 「NON-STOP MIX」モードの搭載。 2 - 10曲の範囲で、あらかじめミックスリストに設定した楽曲を連続でプレイする。 難易度は全曲で固定される(選択した難易度を未解禁の楽曲は、ミックスリストに組み入れられない)。 プレイ結果がFAILEDであっても、モードは中断されない。 リザルトは全曲終了後にまとめて表示される。 アーケード版と同じ譜面・操作の「アーケードモード」のほか、譜面が片手で操作するターゲットのみで構成される「カジュアルモード」を搭載(アーケード版でアイテム「ONE HAND」を使用した際と同様になる)。 称号の要素はなく、かわりに実績が多数用意されており、解除済みの実績はプロフィールに掲示できる。 「Play merrily NEO」「LINK LINK FEVER!!! 」には、アーケード版にあったスタッフクレジットがない。 セッティングより「クレジットを再生」を選ぶと、Steam版のスタッフクレジットが掲載された「The Beginning」がプレイできる。 Steam版においても、プレイ結果に応じグルコが付与される。 ただしアーケード版とは共有できない。 アイテムは「SAFE」「SUPER SAFE」「MUSIC PLAYER」「PERFECT PLAYER」「NO INFO」「JUST」のみ。 またグルコによる購入でしか入手できない。 ナビゲーターはリンカ、効果音は「Ver. 2 Set」、スキンは楽曲ごとのデフォルトに固定されており、変更できない。 追加楽曲はグルコで購入可能なほか、としても販売される。 Nintendo Switch版 [ ] グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!! [ ] シリーズ初の向け作品として11月7日にダウンロード専用で発売。 イメージカラーは水色。 以下、Switch版独自の要素を挙げる。 操作タイプは、コントローラーを用いSteam版同様に操作する「スタンダード操作」と、Joy-Conを振ってプレイする「アクティブ操作」を搭載。 スコアやクリア記録は、操作タイプ別に分けて記録される。 一部ボーカル曲でのボーカルの差し替え機能を搭載。 効果音はAD-LIB音・空タップ音のほか、成功時にも効果音が鳴るようになった。 効果音の種類は「HIT・SLIDEの成功音」「CRITICAL・DUAL SLIDEの成功音」「HOLD・DUAL HOLD・SLIDE HOLDの成功音」「BEATの成功音」「SCRATCHの成功音」の5種類。 難易度表記は、アプリ版と同じくEASY・NORMAL・HARDと、さらに上位の「MASTER」が存在。 ただしMASTERの難易度は、アーケード版のHARD相当で、Switch版のHARDはアーケード版のNORMALとHARDの中間の難易度となっている。 MASTERは楽曲のHARDをクリアするか、楽曲を30回プレイすることで解禁される。 難易度数値は操作タイプ別に設定されている。 また、アクティブ操作にMASTER譜面は存在しない。 アイテムは使用回数に制限が無くなり、また一部アイテムはオプション扱いとなった。 SAFE、EASY TARGET、SUPER SAFE、ONE HAND、PERFECT PLAYER、BREAK、VISIBLEはミッション(後述)にて獲得後に使用可能となる。 また一回にどれかひとつしか使用できない。 MIRROR、NO WAY、REVERSE、HIDDEN、SUDDEN、JUST、STEALTHは「オプション」となり、最初からすべて使用できるほか、複数オプションの併用も可能(一部組み合わせを除く)。 上記以外のアイテムはSwitch版には存在しない。 楽曲、アバター、称号などの各種コンテンツを獲得する「ミッション」の搭載。 ミッションはツリー型の解禁システムで、条件を満たしてコンテンツを解禁すると、次のコンテンツが解禁可能となる。 解禁条件は、楽曲のプレイ経験や評価など。 またミッションごとに決められたグルコを支払うことでも解禁できる。 複数の楽曲を連続で演奏し、クリアを目指す「チャレンジ」の搭載。 チャレンジはライフ制で、満タンから始まり、MISSするごとに減少し、回復はしない。 ライフが尽きる前にすべての楽曲を演奏すればクリアとなる。 チャレンジは既製のもののほか、自分で作成することも可能。 画面が分割され、対戦プレイできる「みんなでプレイ」の搭載。 TVモードでは最大4人まで、テーブルモードでは最大2人まで。 ルールは「ワイワイ対戦」と「ガチ対戦」がある。 両ルールでハンデの有無を選択できる。 ハンデを有効にすると、ワイワイ対戦では自身のパワーアップや対戦相手への妨害、ガチ対戦では下位プレイヤーへのスコア補正が行われる。 「みんなでプレイ」はローカル通信にも対応しており、複数台の本体でプレイできる。 グッズ [ ] サウンドトラック [ ] ネット配信 [ ]• GROOVE COASTER オリジナルサウンドトラック(2011年、・配信)• GROOVE COASTER EXTENDED PLAY(2011年、iTunes Store・mora配信)• Groove Coaster Zero オリジナルサウンドトラック(2012年、iTunes Store・mora配信)• GROOVE COASTER Extended Play 2(2014年、iTunes Store・mora・配信)• GROOVE COASTER Extended Play 3(2014年、iTunes Store配信)• mora、Amazon MP3は配信開始• GROOVE COASTER ORIGINAL SOUNDTRACK(2014年、iTunes Store・mora・Amazon MP3配信)• 同日発売のCD収録の、およびCD初回特典のボーナスディスク収録曲は未配信• GROOVE COASTER 2 Extended Play(2015年、iTunes Store・mora・Amazon MP3配信)• GROOVE COASTER ORIGINAL SOUNDTRACK BOOST(2016年、iTunes Store・mora・Amazon MP3配信)• 同日発売のCDと収録内容に差はない• GROOVE COASTER ORIGINAL SOUNDTRACK 2018 Vol. GROOVE COASTER ORIGINAL SOUNDTRACK 2018 Vol. COZMO 〜ZUNTATA 25th Anniversary〜(2012年発売)• 初回限定版の特典ディスク「Lab'-normal Limited2」に、「Fun-House-Extended MIX-」収録• このアルバムから「COZMIC OPERATION」、「World collapse 」がアプリ版ZERO(2014年5月19日)およびAC版EX(同年9月24日)に、「fly away 」「Negative Return」がAC版3に、それぞれ追加• GROOVE COASTER PREMIUM CD(2013年、非売品)• 後述のAC版初代「4人プレイ体験ツアー」会場にて配布• GROOVE COASTER ORIGINAL SOUNDTRACK(2014年9月24日発売)• 2枚組。 初回特典でボーナスディスク付属• ZUNTATA SOUND EFFECTS COLLECTION Vol. 1 〜クレジット音編〜(2015年、イベント限定発売)• AC版初代、AC版2のクレジット音を収録• GROOVE COASTER 3 LINK FEVER PREMIUM CD(2015年、非売品)• AC版3ロケテスト参加者、2016(2016年2月19 - 20日)試遊台体験者、ネットワークテスト(2016年3月5 - 6日)参加者に配布• 11月7日配布Ver. 、配布Ver. 、それ以降の配布Ver. では、それぞれレーベルデザインが異なるが、収録内容は同じ• GROOVE COASTER ORIGINAL SOUNDTRACK BOOST(2016年3月30日発売)• イベント「東方響宴夢」楽曲、およびCOSIOによる東方アレンジ曲を収録• 第十三回 博麗神社例大祭にて限定販売、その後およびTaito Toys Market店にて販売• 東方Project原作の「Stage 3(三面)」のアレンジ曲のみを収録した• 平成二十八年 博麗神社秋季例大祭にて限定販売、その後メロンブックスおよびTaito Toys Market楽天市場店にて販売• 東方Project原作の「Stage 6 六面)」のインストアレンジ曲のみを収録したコンピレーション・アルバム• 第十四回 博麗神社例大祭にて限定販売、その後メロンブックスおよびTaito Toys Market楽天市場店にて販売• GROOVE COASTER 4 STARLIGHT ROAD PREMIUM CD(2018年、非売品)• JAEPO2018(2018年2月9 - 11日)試遊台体験者に配布• 東方Project原作の「Stage 2(二面)」のアレンジ楽曲、およびボーナストラックとして『東方六楽抄』より9曲の新エディションを収録したコンピレーション・アルバム• 第十五回 博麗神社例大祭にて限定販売、その後メロンブックスおよびTaito Toys Market楽天市場店にて販売• 第十六回 博麗神社例大祭にて限定販売、その後メロンブックスおよびTaito Toys Market楽天市場店にて販売• Switch版に収録された、東方アレンジ楽曲の歌唱バージョン収録したミニアルバム• Taito Toys Market楽天市場店にて販売 NESiCA [ ]• (JAEPO)2013限定配布NESiCA• グルーヴコースター(アーケード版) オリジナルNESiCA(2種類)• 店頭販売• S Project x グルーヴコースター限定NESiCA• ジャパン アミューズメント エキスポ(JAEPO)2014限定配布• 古川未鈴NESiCA• 古川未鈴への誕生日プレゼントとして制作(市販予定なし)• でんぱ組. inc幕神アリーナツアー2017 幕張会場限定NESiCA• 公演の各日で先着50名にプレゼント• グルーヴコースター 3EX ドリームパーティー 特製NESiCA• ジャパンアミューズメントエキスポ(JAEPO)2017ステージイベント観覧特典• ユメ Cranky Ver. 限定デザインNESiCA• 2017年エイプリルフールのジョークとして描かれたイラスト「ユメ Cranky Ver. 」のNESiCAを作成、抽選で1枚のみプレゼントされた• セイネ限定デザインNESiCA• 2018年エイプリルフールのジョークとして描かれた、Crankyによるイラスト「セイネ」を、スタッフおよび未早(IOSYS)が加工したデザインのNESiCAを作成、抽選で1枚のみプレゼントされた Edyカード [ ] タイトー系列のゲームセンター店頭にて、サービス開始記念キャンペーンとして不定期に販売。 GROOVE COASTER 2 HEAVENLY FESTIVAL• UFO-CO• GROOVE COASTER 2 ORIGINAL STYLE• GROOVE COASTER 3 LINK FEVER(縦)• タイトー電子マネー本格始動記念フォロー&リツイートキャンペーンにて抽選でプレゼント• GROOVE COASTER 3 LINK FEVER(横)• JAEPO2016にて先行販売• GROOVE COASTER 3 LINK FEVER(Cranky描きおろし)• 2016年エイプリルフールのジョークとして描かれたイラスト「リンカ(Crankyバージョン)」のEdyカードを作成、抽選で1枚のみプレゼントされた アパレル [ ] (のゲームセンター)制作・販売• グルーヴコースターTシャツ• グルーヴコースター フルジップ パーカ• グルーヴコースター キャンバス トートバッグ• グルーヴコースター ロングTシャツ• JAEPO 2017会場にて販売、後日店頭でも販売 MEGARAGE(タイトーステーション溝の口店併設のバー)制作・販売• グルコス4Tシャツ クレーンゲーム用景品 [ ]• 備考 [ ]• 「SPACE INVADERS 2003」や「Invader GIRL! 終了時にコースの全貌を見せる楽曲が存在する。 その中には「Invade You」「ピ・ピ・ピ・ミュージック」「Colors」「Shadow」など、コースがある俯瞰視点において何らかの形状を描いているものもある。 ライセンス曲やゲームミュージックなどについては、PVやflashムービー、収録元となったゲームのプレイ画面などを再現したコースも存在する。 アーケード版では各バージョン毎に、画面にスタッフクレジットが表示される曲が追加されている(AC版EXを除く)。 アプリ版「The Beginning」のコースはPLAYメニュー(曲の選択画面)でのコースと同じものとなっており、初代では曲が増えるほど複雑になっていく。 アプリ版ZERO以降ではリスト表示を有効にしてプレイすると一直線の単純なものに変化する。 どちらもGame Centerで同じゲームを持っているフレンドを増やすことで、5段階で背景が豪華になっていく。 アーケード版の発表以後、での公式番組の放送や、主要都市での4人プレイ体験ツアー開催など、積極的なプロモーションが展開されている。 2013年にはセガ(後の)のアーケードゲーム『』との企業の枠を超えたコラボレーション企画が発表され、ZEROとmaimai PLUSで同じ楽曲 が配信された。 以降もさまざまなゲームやメーカーとのコラボレーションを行っている。 アーケード版においてはやなど、NESiCA対応ゲーム同士でコラボレーションが行われる場合があり、その場合はイベント期間中にコラボレーション先のゲームを同じNESiCAで遊ぶことで特別な称号が付与される連動キャンペーンが実施されることがある。 エイプリルフール [ ] 2013年以降、毎年には一日限定楽曲を配信している。 2013年 [ ] アプリ版ZEROにて「 怪談「カーナビ」」が配信された。 アプリ版ZEROでの配信形態はRECOMMENDを通して行なわれていたため、当日に一度だけEASY譜面しか遊べなかった。 2014年 [ ] アーケード版にて「 怪談「カーナビ」」が配信された。 2013年12月27日 - 2014年1月8日に行われた、アーケード版の収録楽曲アンケートにて、「怪談「カーナビ」」は9位にランクインしている。 2015年 [ ] アプリ版ZEROとAC版2の両方で、「 2112410403927243233368」が配信。 またAC版2のみ、「 怪談「カーナビ」」も配信された。 「2112410403927243233368」はCD『GROOVE COASTER ORIGINAL SOUNDTRACK』の隠しトラックが出典で、で「 カイタ゛ンリミックス!」と読む。 またアーティスト名の「253215」も、2タッチ入力で「」と読む。 アプリ版ZEROではこの楽曲もRECOMMENDにて配信されたため、当日に一度だけEASY譜面しか遊べなかった。 AC版2では、当日限定でアバター「Fess up」も配信された。 また同年6月にはAC版2の「2112410403927243233368」のみ、ショップで楽曲を購入することで解禁・常時プレー可能となり、7月にはアバター「Fess up」も販売された。 2016年 [ ] アプリ版2 およびAC版3 にて、「 怪談「カーナビ」」が配信された。 アプリ版2では「エイプリルフール限定イベント」用楽曲として配信され、当日に限り全モードが何度でもプレイできた。 アーケード版からの移植譜面であるAC-EASY・AC-NORMAL・AC-HARDが最初から遊べたほか、新たにNORMAL・HARD譜面も追加されている(難易度が上がるにつれ、ターゲットはほぼ変わらないものの、徐々に前方の見通しが悪くなる)。 なお、DIFFICULTYはすべて99。 イベントでは、HARDクリアでアバター「KAIDAN」が付与されたほか、同楽曲のトータルランキング2112410403927243233368位以内入賞 でスペシャル称号が付与された。 AC版3はNESiCAを利用しゲームをプレイすると、アバター「KAIDAN」が付与された。 また、同日限定でマイページの効果音ショップにて「COSIO」が販売されていた。 2017年 [ ] アプリ版2およびAC版3EXにて、「 怪談「カーナビ」」が配信された。 アプリ版2では、昨年と同じ「エイプリルフール限定イベント」を実施。 AC版3EXでは、「2112410403927243233368」とともに同日限定でソロプレイイベント課題曲にもなった。 また、同日限定でマイページの効果音ショップにて「LINKA KAIDAN」「YUME KAIDAN」「COSIO」が販売された。 また昨年と同じく、アバター「KAIDAN」が付与された。 2018年 [ ] アプリ版2にて「 2112410403927243233368」が 、AC版4にて「 怪談「カーナビ」」が 、それぞれ配信された。 アプリ版2で配信された「2112410403927243233368」は、2015年の配信時とは異なる譜面を用意。 また「エイプリルフール限定イベント」を実施し、HARDクリアでアバター「KAIDAN」が付与されたほか、同楽曲のトータルランキング2112410403927243233368位以内入賞でスペシャル称号が付与された。 なお、アプリ版2のiOS版で、3月30日よりアプリを起動できない不具合が発生していたことから、アップデートでの不具合改修後、同イベントを4月7 - 8日に再度開催した。 AC版4では、同日限定でアバター「KAIDAN」が付与された ほか、マイページの効果音ショップにて「SEINE KAIDAN」「MIRIN KAIDAN」「LINKA KAIDAN」「YUME KAIDAN」「COSIO」が販売された。 2019年 [ ] アプリ版2にて「 劇場版 怪談「カーナビ」」が 、AC版4EXにて「 怪談「カーナビ」」が 、それぞれ配信された。 アプリ版2で配信された「劇場版 怪談「カーナビ」」は、Crankyによる「怪談「カーナビ」」のリミックス で、2015年の「2112410403927243233368」以来、4年ぶりの新曲エイプリルフールとなった。 また「エイプリルフール限定イベント」を実施し、HARDクリアでアバター「KAIDAN」が付与されたほか、同楽曲のトータルランキング2112410403927243233368位以内入賞でスペシャル称号が付与された。 AC版4EXでは、同日限定でアバター「KAIDAN」「LINKA Cranky 」「YUME Cranky 」「SEINE Cranky 」がアンロックにて解禁できた ほか、マイページの効果音ショップにて「SEINE KAIDAN」「MIRIN KAIDAN」「LINKA KAIDAN」「YUME KAIDAN」「COSIO」が販売された。 「劇場版 怪談「カーナビ」」は、AC版4EXにて同年9月18日より配信開始。 2020年 [ ] を受け、楽曲配信・キャンペーンを非開催とすることが発表された。 関連項目 [ ]• - シリーズサイトの年表に本作が掲載されている。 - オリジナル曲の多くを担当。 - 同作での書きおろしオリジナル楽曲の一部が引き続き収録されている。 - タイトーより2019年冬に稼働開始予定のアーケード音楽ゲーム。 - ゲームへの楽曲提供のほか、AC版初代稼働開始前のニコニコ生放送 やイベント への出演、実況プレイ動画の公開 など、本作との関わりが深い。 ( - AC版EX公式応援メンバーで、EXのポスターやPVに出演。 以降も引き続き公式ニコニコ生放送やイベントに出演。 - リンカの声優。 AC版3に前後して、公式ニコニコ生放送やイベントにMCとして出演。 脚注・出典 [ ] [] 脚注 [ ]• カジュアルモード選択で同様の効果が得られる。 店内およびオンライン対戦時のみ使用できる。 店内およびオンライン対戦時には、順位・他プレイヤーのアバターも表示させない。 また「The Beginning」などの一部楽曲におけるスタッフクレジットも非表示となる。 店内およびオンライン対戦時、およびソロプレイイベント時には使用できない。 ただし、DIFFICULTYが0の曲はコースが変化する「The Beginning」しかなく、実質的には1 - 9の9段階。 不定期に行われるキャンペーン期間中のみ、最大4枚に増量。 なおVer1. 51以降は、ソロプレイで2枚・店内対戦プレイで3枚の付与が標準となった。 iOS版では同楽曲のジャケット画像が先行して差し替わっていた。 店舗間オンライン対戦は、に東京・名古屋で実施された店舗間通信対戦テスト、AC版3ロケテスト、2016年3月5 - 6日開催のネットワークテストにて試験実装されていた。 その後、再びデモ画面に戻った際に担当が交代する。 なお、誰が担当かは筐体ごとに管理される。 AC版4EXで行われた難易度数値の変更も反映されていない。 当作では「World Collapse」と表記されている。 当作では「Flyaway」と表記されている。 セガのゲーム曲を他社のサウンドユニットがアレンジする[Reborn]企画に、タイトーからはが参加していた。 この値はの約3千億倍であり、実質的に1点以上獲得した全プレイヤーに配布される。 AC版4における難易度数値の変更において、本楽曲のHARDが「15」とされたことで、NESiCA未使用・難易度14にてS以上の評価を取得していないプレイヤーが解禁できず、遊べない事態が起きた。 ナビゲーター3人のアバターは、過去のエイプリルフールにてCrankyが描いた各キャラのイラストをアバター化。 出典 [ ]• 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2014年5月17日. 2014年5月26日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2015年1月22日. 2015年2月28日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2015年7月1日. 2015年9月21日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2016年3月8日. 2017年3月18日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2017年3月14日. 2017年3月18日閲覧。 株式会社タイトー 2017年9月15日. 2017年10月8日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2018年3月20日. 2020年4月16日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2019年3月15日. 2020年4月16日閲覧。 編集部 Gami 2019年11月7日. トピックス|. 2020年1月26日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2020年3月26日. 2020年4月16日閲覧。 、 2018年4月5日閲覧。 、 2018年4月5日閲覧。 GROOVE COASTER(グルーヴコースター)アプリ公式サイト 2015年8月20日. 2015年9月21日閲覧。 GROOVE COASTER(グルーヴコースター)アプリ公式サイト 2016年12月1日. 2016年12月1日閲覧。 auスマートパス 2016年12月1日. 2016年12月1日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2014年7月27日. 2014年8月3日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2015年3月22日. 2015年3月29日閲覧。 、 2016年3月10日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2016年7月21日. 2016年7月29日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2016年8月4日. 2018年4月4日閲覧。 com 2017年2月13日. 2017年2月19日閲覧。 、 2017年2月19日閲覧。 Live Stageオフィシャルブログ「HAPPY LIVE STYLE」Powered by Ameba 2017年2月12日. 2017年2月19日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2017年4月27日. 2017年10月8日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2017年10月10日. 2018年1月23日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト. 2018年4月4日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2018年4月20日. 2018年4月25日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2018年6月28日. 2018年7月3日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト. 2019年3月31日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2019年3月25日. 2019年3月31日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2020年4月9日. 2020年4月16日閲覧。 グルーヴコースター 3 リンクフィーバー アーケード版 GROOVE COASTER 3 LINK FEVER - 公式サイト. 2016年12月1日閲覧。 グルーヴコースター 3 リンクフィーバー アーケード版 GROOVE COASTER 3 LINK FEVER - 公式サイト. 2016年12月1日閲覧。 グルーヴコースター 3EX ドリームパーティー アーケード版 GROOVE COASTER 3EX DREAM PARTY. 2017年10月8日閲覧。 2018年5月23日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2015年9月3日. 2015年9月21日閲覧。 、 2016年12月1日閲覧。 、 2017年1月9日閲覧。 2017年2月19日閲覧。 、 2017年4月2日閲覧。 、 2018年4月4日閲覧。 株式会社タイトー. 2015年9月21日閲覧。 株式会社タイトー. 2016年1月8日閲覧。 、 2016年1月8日閲覧。 電撃オンライン 2016年2月8日. 2016年3月30日閲覧。 、 2016年4月3日閲覧。 、 2016年12月1日閲覧。 、 2017年2月19日閲覧。 、 2018年4月25日閲覧。 、 2014年4月3日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2014年1月14日. 2014年1月17日閲覧。 、 2015年4月1日閲覧。 、 2015年4月3日閲覧。 、 2017年4月2日閲覧。 、 2018年4月9日閲覧。 、 2018年4月2日閲覧。 、 2019年4月2日閲覧。 、 2019年9月22日閲覧。 、 2020年4月16日閲覧。 スペースインベーダー35周年記念サイト. 2014年8月20日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2013年10月24日. 2014年8月20日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2013年10月25日. 2014年8月20日閲覧。 「グルーヴコースター(アーケード版)」公式サイト 2013年12月11日. 2014年8月20日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の