パグとフレンチブルドッグの違い。 「パグ」と「フレンチブルドッグ」との違いは?

もっと知りたいパグのこと!毛色の種類は?人気の毛色は?

パグとフレンチブルドッグの違い

「 」とは、 の で、元々は18世紀ごろイギリスで流行した「bullbaiting に噛みつく 」という見世物において、 と戦わせることを目的に開発された です。 による では2G に分類されます。 1835年にイギリスで 虐待法が施行されてそれらの見世物が禁止されてからは、 によって攻撃性を抜いた愛玩犬に改良されイギリスを象徴する国犬となります。 成犬で、 30~40cm、 25kg前後のものが一般的で、広い肩幅に大きい頭部、筋肉質でがっしりした体格、たるんだ 、ローズイヤーと呼ばれる巻いた耳、低い鼻と出っ張った下顎など特徴的な外観をしています。 は短毛で、毛色はクリーム、レッド、フォーン、ファローなどの が入ったパイド ぶち模様 のほか、これらの色のブリンドル 混色 や単色もあります。 「 」とは、 原産の 愛玩犬で、19世紀後半ごろフランスに持ち込まれた 「ブルドッグ」を異種交配して選抜し、小型で温和な性格の家庭犬へと された犬種です。 FCI 国際畜犬連盟 による犬種グループでは9G 愛玩犬 に分類されます。 成犬で、体高25~32cm、体重10kg前後のものが一般的で、 「ブルドッグ」と比較して小型であることのほか、バットイヤーと呼ばれる蝙蝠の羽のような丸く立った耳が大きな違いとして挙げられます。 体毛は短毛で、毛色はブラックをベースにしたブリンドル、クリーム、フォーン、レッドなどのパイドや単色もあります。 なお、 「フレンチブルドッグ」と明確に区別するために 「ブルドッグ」を、「イングリッシュブルドッグ」や「ブリティッシュブルドッグ」と呼ぶこともあります。 「ブルドッグ」…イギリス原産の中型愛玩犬 「フレンチブルドッグ」…ブルドッグを品種改良したフランス原産の小型愛玩犬 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 441.

次の

パグなの?フレンチブルドッグなの?どっちなのか…違いはどこ?

パグとフレンチブルドッグの違い

価格やルーツ パグの原産国は中国で大変長い歴史がありますが、日本で愛玩犬として人気になったのは1900年代の頃です。 ペットショップでの価格の相場は平均10万円前後ですが、かなり個体差があり、顔立ち、毛の色、体格等から判断し5万円~30万円以上と、大きく価格に違いが出ます。 フレンチブルドッグはイギリス、フランスが原産国となり、元々イギリスで人気のあったブルドッグをフランスに持ち込み、パグやテリアを交配させて誕生した犬種と伝えられています。 ペットショップでの販売価格は15万円~30万円ほどといわれていますが、こちらも個体差はあり、毛の色がパイドの場合高額になることが多いです。 特に親がチャンピオン犬だと高額で、50万円くらいで販売されていることもあります。 この画像の2人がとっても可愛くて癒されます。 あまり犬種を知らなかった頃は、パグとブルドッグの見分けがつかなくて、同じような犬種だと思っていました。 たぶん、犬を飼育されていない方からすればパグとブルドッグは同じ犬種と思ってる人も少なくないのではと思います。 特徴である、顔のシワや鼻ぺちゃなところが似ているんですよね。 そのほかは特徴など、違いが結構あるのでパグとブルドッグを知った今なら間違う事はないですし、それぞれの魅力についても知れたのでよかったです。 パグとブルドッグでは、体格が倍ほど違いますよね。 あと平均寿命に関しては同じくらいかな?と思っていましたがブルドッグの方が短いんですね。 呼吸器や皮膚のトラブルやシワのお手入れなどなど、鼻ぺちゃシワがある犬種同士かかりやすい病気も似ていますね。 どちらも魅力的だったりするので悩んでしまいそうですが、ブルドッグは大きい子だと20キロ近くなることもあるそうなので、小型犬であるパグの方がマンション住まいの方や抱っこしやすい体重なので、老後介護することを考えると小型犬の方が楽なんですよね。 可愛さや性格などで選んでも良いですし、飼ってお世話できる環境があるのかということも大事なんですよね。

次の

似ている?フレンチブルドッグとパグの違いは?歴史は?

パグとフレンチブルドッグの違い

com 体格 ボストンテリアとフレンチ・ブルドッグは、成長すると体格差がはっきりと出てきます。 フレンチ・ブルドッグは筋肉質でガッチリした体型をしており、胴体は太く、足も太い短足です。 体重はだいたい8kg~14kgになります。 これに対して、ボストンテリアは一回り小柄で、手足はスラッとして長め、体重も7kg~11kgほどにしかなりません。 耳 ボストンテリアの耳の先は三角形に尖っていますが、フレンチ・ブルドッグの耳の先はボストンテリアほど尖っていません。 全体的に長い楕円形のような形状で、まるでコウモリが羽を広げたように見えるため、俗に「バットイヤー(コウモリ耳)」と呼ばれています。 顔立ち ボストンテリアは耳の間隔が近く、顔立ちはスラッとして縦長に見えます。 また顔のシワも少なく、スッキリとした表情をしています。 フレンチ・ブルドッグは、筋肉質な体型に似合うガッチリとした四角い顔をしています。 成長にしたがって顔の皮膚がたるんでシワを作り、フレンチ・ブルドッグらしいユーモラスな顔立ちになります。 対してフレンチブルドッグは、「ブリンドル」の他にもベージュ色の「フォーン」、「クリーム」、黒と白の「パイド」など、毛色にいくつかのバリエーションがあります。 ボストンテリアの性格.

次の