電子 ハンコ 無料。 電子印鑑【WEB印鑑】の無料作成方法

印鑑透過

電子 ハンコ 無料

書類のやりとりを行う時に、承認や確認の意味で印鑑を使う機会は多いでしょう。 「わざわざ紙で印刷してハンコを押して、スキャナーでパソコンに取り込んでという手間がなくなればいいのに」と思ったことはありませんか? 実は、基本的に契約書や見積もりなどは印鑑を押したからという理由で、正式な文書として法的効力を持つわけではありません。 紙で印刷しての押印にこだわりがちですが、パソコン上での文書のやり取りとして押印を行っても、文書の法的効力は失われないのです。 参考: とはいえ、書類の確認を行ったということを示すために、印鑑を押すことが慣習になっている企業も多いでしょう。 今回は、PC上で印鑑を利用できる無料ツールと、ExcelとWordで印鑑を作成する方法をご紹介します。 印刷の手間を減らすためにもファイル上で印鑑を押したいという方は、ぜひ挑戦してみてください。 電子印鑑(デジタル印鑑)の種類 電子印鑑には2つの種類があります。 1つは、印影を画像にした電子印鑑、そしてもう1つは、印影に作成者、使用者、タイムスタンプなどのデータを保存した電子印鑑です。 一般に、印影だけでなく、使用者やタイムスタンプなどのデータが保存されている電子印鑑の方が、より実物の印鑑に近い効力を持つとされています。 電子印鑑(デジタル印鑑)のメリットとデメリット 電子印鑑を利用する際には、自身で保管できる印鑑と異なり、パソコン上で押すことができるため、セキュリティ面を意識する必要があります。 また、電子印鑑で構わないかどうかを取引先に対して確認しておき、不要なトラブルを防ぐようにしましょう。 【メリット】 ・ 押印作業(承認作業など)の効率化 ・ 印刷コストの削減 ・ 種類によっては、パソコンのログイン情報と結びつけた運用が可能 【デメリット】 ・ 種類によっては導入コストがかかる ・ セキュリティ面の信頼性の担保 ・ 取引先の同意が求められる このように電子印鑑にはメリットとデメリットがあります。 導入の際には、自社にとってデメリット以上のメリットが得られるかどうかを検討しておきましょう。 参考: 電子印鑑(デジタル印鑑)に向かない印とは 印鑑には書類に対して本人が確認を行った旨を示す「認印」と、住民登録をしている地方自治体に登録を行った正式な書類で利用できる「実印」が存在します。 特に後者については、土地売買取引や住宅の購入などにも必要になり、重要度の高い場面で使用される印鑑です。 同様に、法人が用いる印鑑にも見積書や請求書に利用されることの多い「社印(角印)」と、法務局に届け出を行った契約書類などの用いる「代表者印(丸印)」が存在します。 どの印鑑でも法的効力は変わりませんが「実印」「代表者印(丸印)」は行政への登録を行っているため、より信頼度の高い印鑑と言えるでしょう。 電子印鑑に使用する際は、それぞれの印鑑が自社にとってどのような役割を持っているのか確認した上で、盗用による自社の損失が少ない印鑑を選ぶことが必要です。 参考: 無料で使える電子印鑑システム パソコンのログイン情報と結びつけた有料の電子印鑑も提供されていますが、今回は無料で利用できるものを4つ紹介します。 Web認印 フォント制作及び印章の販売を中心に展開している株式会社白舟書体が提供する電子印鑑サービスです。 ファイルの形式は透過GIFファイルなので、ExcelやWordなどの文面に重ねても後ろの文字が隠れません。 印鑑として違和感なく使えるでしょう。 クリックスタンパー 自分で自由に電子印鑑を作成できるソフトで、電子印鑑の形状を選ぶことができ、複数行の電子印鑑の作成も可能です。 PNG、JPEG、BMP、GIFのそれぞれのファイル形式に対応しているため、自分の用途にあった電子印鑑を作成できるでしょう。 クリックスタンプ 自分で自由に電子印鑑を作できるソフトです。 WindowsXPから10までの OSに対応しています。 BMP及びJPG形式で保存できるだけではなく、作成してすぐにクリップボードに印章がコピーされるので、そのままExcelやWordに貼り付けることができます。 電子三文判 200姓の印影データが組み込まれているソフトで、パソコンのシステムクロックの日付を利用して印鑑に日付を埋め込んだり、承認者の氏名や承認項目を添えることも可能です。 会社名や200姓以外の苗字の印鑑の作成はできません。 ツールを使わず印鑑を作成する方法 紹介したようなツールをダウンロードしなくても、ソフトの機能を利用すれば電子印鑑を作成できます。 今回は、ExcelとWordのワードアート機能を使って作成する方法と、実際の印鑑から作成する方法を紹介します。 ワードアートで作成する ExcelやWord、PowerPointの機能の1つであるワードアートを利用して、印影を作成します。 お使いのバージョンによって、一部操作が異なる場合がありますので注意しましょう。 ワードアートを選択し、 テキスト(苗字、会社名など)を入力する。 書式の設定 ページを開き、 テキストを縦書きに変換する。 図形から丸枠を選択して、文字に重ねる。 文字と図形をグループ化して、1つの図形にする。 右クリックで「図として保存」を選択し、PNG形式で保存する。 押印したいファイルに挿入して利用する。 参考: 実際の印鑑から画像を作成する Photoshopなどの画像編集ソフトを利用して、実際の印鑑から画像を作成する方法もあります。 白い紙に押印する。 撮影:ferret編集部 2. 印鑑の写真をパソコンに取り込む。 画像編集ソフトを利用して、利用したいサイズに切り取る。 背景を透過し、印影のみのデータに加工する。 PNG形式で保存する。 押印したいファイルに挿入して利用する。 電子印鑑(デジタル印鑑)のメリット・デメリット 電子印鑑の利用には作業の効率化や印刷代の削減などのメリットがありますが、デメリットも存在します。 【メリット】 ・ 押印作業(承認作業など)の効率化 ・ 印刷コストの削減 ・ 種類によっては、パソコンのログイン情報と結びつけた運用が可能 【デメリット】 ・ 種類によっては導入コストがかかる ・ セキュリティ面の信頼性の担保 ・ 取引先の同意が求められる このようなメリットとデメリットを把握した上で導入を検討するようにしましょう。 特に陰影が流出した際に大きな影響が出る実印や丸印のような信頼性の高い印鑑や、銀行との金銭のやり取りに用いる銀行印の利用には注意が必要です。 今回、ご紹介したような電子印鑑ツールを利用するだけではなく、自分で印鑑の画像を作ることでも電子印鑑として運用できます。 運用にあたっては会社内や取引先との間で作成方法や利用書類の制限などをルールとして共有しておきましょう。 電子契約についてこちらもチェック フォント フォントとは、同一の特徴を持った文字の形状を一揃いでデザインしたものです。

次の

電子印鑑を無料で作成する方法8選

電子 ハンコ 無料

フォントは楷書体がおすすめ 「Excel電子印鑑」をインストールしたら、最初にハンコの見栄えを設定します。 認印なら自分の名前、角印なら企業名などを入力しましょう。 ハンコらしさを再現するなら、フォントにこだわりたいところ。 初期設定では「MS ゴシック」が設定されていますが、いかにも図形機能で作ったようなデザインになり、いまいちです。 おすすめは、「Microsoft Office」に付属している「HG正楷書体-PRO」。 ハンコでよく使われる古印体や隷書体はWindowsにはないので代替案となりますが、これも悪くないデザインです。 また、[背景を透明にする]、[画像化・サイズ調整して押印する]のチェックボックスもオンにしておきましょう。 背景を透明にすることで、印影の隙間から文字が透け、いかにも本物のハンコを押したような見栄えに。 また、画像化することで文字が自然なサイズに調整され、同時に他者からの編集も防ぐことができます。 各タブで氏名や企業名を入力する。 ハンコらしさを求めるなら、フォントにもこだわりたい もっとリアルな印影が好ましいのであれば、[ユーザー印]タブで画像を指定することも可能です。 ここに、スキャナーなどでスキャンした認印や角印の画像を登録すると、2クリックでリアルなハンコが押せるようになります。 押印するには、セルを右クリックして、[Excel電子印鑑]メニューから印鑑の種類を選択します。 貼り付けた印鑑はドラッグで位置を微調整することも可能です。 頻繁に印鑑を押す場合は、[印鑑設定]のダイアログボックスで、[その他]タブの[リボンにタブを表示し、ボタン操作を可能にする]にチェックを付けておくと便利。 リボンからボタンをクリックするだけで、印鑑を押せるようになります。 個人の確認・証明といった印鑑本来の役割を担うことはできません。 本来であれば、テレワークにあわせて電子署名・電子サインなど印鑑自体が必要ない承認フローを作るのが望ましいところです。 最近では、電子印鑑でも問題ないという企業も増えていますし、政府も「eシール」でハンコ文化を再考しているとのこと。 とはいえ、それに今すぐ取り組む余裕のある企業は決して多くないはず。 いったん新型コロナウイルスが終息するまでの代替手段として本アプリを活用し、その後、あらためて承認フローを見直すのが現実的ではないでしょうか。 ちなみに弊社(浦辺制作所)では、角印の印影画像を貼り付けた見積書・請求書を国内外の取引先に送付していますが、それが問題になったことは一度もありません(さすがに契約書の類いには実印を押しています)。 民・民の良さでしょうか、意外と柔軟に受け入れていただいています。

次の

Excel電子印鑑の使い方 エクセル用電子印鑑フリーソフト

電子 ハンコ 無料

書類のやりとりを行う時に、承認や確認の意味で印鑑を使う機会は多いでしょう。 「わざわざ紙で印刷してハンコを押して、スキャナーでパソコンに取り込んでという手間がなくなればいいのに」と思ったことはありませんか? 実は、基本的に契約書や見積もりなどは印鑑を押したからという理由で、正式な文書として法的効力を持つわけではありません。 紙で印刷しての押印にこだわりがちですが、パソコン上での文書のやり取りとして押印を行っても、文書の法的効力は失われないのです。 参考: とはいえ、書類の確認を行ったということを示すために、印鑑を押すことが慣習になっている企業も多いでしょう。 今回は、PC上で印鑑を利用できる無料ツールと、ExcelとWordで印鑑を作成する方法をご紹介します。 印刷の手間を減らすためにもファイル上で印鑑を押したいという方は、ぜひ挑戦してみてください。 電子印鑑(デジタル印鑑)の種類 電子印鑑には2つの種類があります。 1つは、印影を画像にした電子印鑑、そしてもう1つは、印影に作成者、使用者、タイムスタンプなどのデータを保存した電子印鑑です。 一般に、印影だけでなく、使用者やタイムスタンプなどのデータが保存されている電子印鑑の方が、より実物の印鑑に近い効力を持つとされています。 電子印鑑(デジタル印鑑)のメリットとデメリット 電子印鑑を利用する際には、自身で保管できる印鑑と異なり、パソコン上で押すことができるため、セキュリティ面を意識する必要があります。 また、電子印鑑で構わないかどうかを取引先に対して確認しておき、不要なトラブルを防ぐようにしましょう。 【メリット】 ・ 押印作業(承認作業など)の効率化 ・ 印刷コストの削減 ・ 種類によっては、パソコンのログイン情報と結びつけた運用が可能 【デメリット】 ・ 種類によっては導入コストがかかる ・ セキュリティ面の信頼性の担保 ・ 取引先の同意が求められる このように電子印鑑にはメリットとデメリットがあります。 導入の際には、自社にとってデメリット以上のメリットが得られるかどうかを検討しておきましょう。 参考: 電子印鑑(デジタル印鑑)に向かない印とは 印鑑には書類に対して本人が確認を行った旨を示す「認印」と、住民登録をしている地方自治体に登録を行った正式な書類で利用できる「実印」が存在します。 特に後者については、土地売買取引や住宅の購入などにも必要になり、重要度の高い場面で使用される印鑑です。 同様に、法人が用いる印鑑にも見積書や請求書に利用されることの多い「社印(角印)」と、法務局に届け出を行った契約書類などの用いる「代表者印(丸印)」が存在します。 どの印鑑でも法的効力は変わりませんが「実印」「代表者印(丸印)」は行政への登録を行っているため、より信頼度の高い印鑑と言えるでしょう。 電子印鑑に使用する際は、それぞれの印鑑が自社にとってどのような役割を持っているのか確認した上で、盗用による自社の損失が少ない印鑑を選ぶことが必要です。 参考: 無料で使える電子印鑑システム パソコンのログイン情報と結びつけた有料の電子印鑑も提供されていますが、今回は無料で利用できるものを4つ紹介します。 Web認印 フォント制作及び印章の販売を中心に展開している株式会社白舟書体が提供する電子印鑑サービスです。 ファイルの形式は透過GIFファイルなので、ExcelやWordなどの文面に重ねても後ろの文字が隠れません。 印鑑として違和感なく使えるでしょう。 クリックスタンパー 自分で自由に電子印鑑を作成できるソフトで、電子印鑑の形状を選ぶことができ、複数行の電子印鑑の作成も可能です。 PNG、JPEG、BMP、GIFのそれぞれのファイル形式に対応しているため、自分の用途にあった電子印鑑を作成できるでしょう。 クリックスタンプ 自分で自由に電子印鑑を作できるソフトです。 WindowsXPから10までの OSに対応しています。 BMP及びJPG形式で保存できるだけではなく、作成してすぐにクリップボードに印章がコピーされるので、そのままExcelやWordに貼り付けることができます。 電子三文判 200姓の印影データが組み込まれているソフトで、パソコンのシステムクロックの日付を利用して印鑑に日付を埋め込んだり、承認者の氏名や承認項目を添えることも可能です。 会社名や200姓以外の苗字の印鑑の作成はできません。 ツールを使わず印鑑を作成する方法 紹介したようなツールをダウンロードしなくても、ソフトの機能を利用すれば電子印鑑を作成できます。 今回は、ExcelとWordのワードアート機能を使って作成する方法と、実際の印鑑から作成する方法を紹介します。 ワードアートで作成する ExcelやWord、PowerPointの機能の1つであるワードアートを利用して、印影を作成します。 お使いのバージョンによって、一部操作が異なる場合がありますので注意しましょう。 ワードアートを選択し、 テキスト(苗字、会社名など)を入力する。 書式の設定 ページを開き、 テキストを縦書きに変換する。 図形から丸枠を選択して、文字に重ねる。 文字と図形をグループ化して、1つの図形にする。 右クリックで「図として保存」を選択し、PNG形式で保存する。 押印したいファイルに挿入して利用する。 参考: 実際の印鑑から画像を作成する Photoshopなどの画像編集ソフトを利用して、実際の印鑑から画像を作成する方法もあります。 白い紙に押印する。 撮影:ferret編集部 2. 印鑑の写真をパソコンに取り込む。 画像編集ソフトを利用して、利用したいサイズに切り取る。 背景を透過し、印影のみのデータに加工する。 PNG形式で保存する。 押印したいファイルに挿入して利用する。 電子印鑑(デジタル印鑑)のメリット・デメリット 電子印鑑の利用には作業の効率化や印刷代の削減などのメリットがありますが、デメリットも存在します。 【メリット】 ・ 押印作業(承認作業など)の効率化 ・ 印刷コストの削減 ・ 種類によっては、パソコンのログイン情報と結びつけた運用が可能 【デメリット】 ・ 種類によっては導入コストがかかる ・ セキュリティ面の信頼性の担保 ・ 取引先の同意が求められる このようなメリットとデメリットを把握した上で導入を検討するようにしましょう。 特に陰影が流出した際に大きな影響が出る実印や丸印のような信頼性の高い印鑑や、銀行との金銭のやり取りに用いる銀行印の利用には注意が必要です。 今回、ご紹介したような電子印鑑ツールを利用するだけではなく、自分で印鑑の画像を作ることでも電子印鑑として運用できます。 運用にあたっては会社内や取引先との間で作成方法や利用書類の制限などをルールとして共有しておきましょう。 電子契約についてこちらもチェック フォント フォントとは、同一の特徴を持った文字の形状を一揃いでデザインしたものです。

次の