イスラム 教 宗派。 イスラム教シーア派とスンニ派、何が違う? 実は、同じ宗派で争いも

サウジアラビア、イラン国交断絶の背景にあるものは? ①「イスラム教 宗派の違い」

イスラム 教 宗派

このところ、世界でもドイツでも世論を騒がせている「難民問題」。 ドイツは歴史的にキリスト教との関係が深いが、昨今の難民は多くがイスラム教を信仰する人々であることが、事態を複雑化させている要因の一つであるようだ。 ドイツで宗教はかつてはどのように受け入れられいたのだろうかまた、東西分裂と再統一を経て変化はあったのだろうか。 その歴史を振り返りながら現在ドイツが直面している状況を紐解いてみたい。 カトリックと神聖ローマ帝国 ドイツの宗教の歴史は、厳密にいえば、紀元前10世紀より以前の先史時代、民俗としての土着の宗教にまでさかのぼることができる。 しかし、今回はオットー1世が戴冠した962年以降の神聖ローマ帝国時代の宗教事情から触れることにしたい。 キリスト教のローマ教皇(カトリック教会のトップ)から「ローマ皇帝」であると認定された、ドイツ王オットー1世が戴冠を受けたことによってはじめて成立したのが、イタリアから西ヨーロッパ全体を包括する神聖ローマ帝国。 ローマ教皇とローマ皇帝は、互いの影響力を利用し合うが、ときにあつれきを生み、叙任権闘争、カノッサの屈辱などといった歴史的な事件が起こった。 これらの事態を小休止させざるを得なくなる間接的要因がイスラム勢力の手中にあったキリスト教の聖地エルサレムを取り戻そうとする「十字軍」運動だ。 11世紀後半から200年に及ぶ十字軍運動を経て、最終的にエルサレムはイスラム勢力下に置かれる。 宗教改革からエバンゲリッシュが派生 次の歴史的転換期として、1517年にはマルティン・ルターによる宗教改革が起こる。 この宗教改革によって、今までは特権階級のものであったキリスト教の教理が民衆にまで及ぶことになった。 そのため、カトリック教会やドイツ皇帝の威信は揺らぎ、ルターはカトリック教会から破門された。 そのルターの主張に共感する人々は「エバンゲリッシュ(福音派、プロテスタント)」として一派をなすこととなった。 現在、「エバンゲリッシュ」と呼ばれるグループは、カトリックとともにドイツにおいて最大規模の宗派となっている。 近代になって、ドイツにおける宗教の存在が危ぶまれる事態に直面したのはナチス時代。 宗教、特にキリスト教は、国家やヒトラー個人を崇拝の対象としない。 そのためナチスドイツとしては邪魔な存在であった。 この時代に、多くの宗教者が処刑された。 また、沈黙を守った宗教者の中には戦後になって批判された者もいた。 また、ナチスドイツにより虐殺の対象となったユダヤ人は多くがユダヤ教徒であった。 そのため、戦前にはドイツに20万人いたユダヤ教徒が戦後わずか1万2000人にまで減っている。 東ドイツにおける宗教事情 第二次世界大戦後、ドイツは民主主義のドイツ連邦共和国(西ドイツ)と社会主義のドイツ民主共和国(東ドイツ)に分裂。 西ドイツではほかの民主主義の国々と同じように、個人の信教の自由が認められていた。 しかし、東ドイツでは違う。 建前としては、東ドイツでも信教の自由がうたわれてはいたが、社会主義統一党が信仰よりも優先されるべきだと考えられており、信仰を持つ国民は社会的に重要な立場には付きにくい状況があったといわれる。 1990年の再統一後、宗教という観点からドイツ社会をみてみると、東ドイツ出身者に多い「無宗教」や移民の多くが信仰する「イスラム教」の台頭が著しく、また、キリスト教については様々なスキャンダルの頻発、教会税の負担を嫌って信仰を捨てる傾向(2014年には21万8000人がカトリック教会から脱退)が強い状態が続いている。 現代ドイツにおける「宗教」の扱い 例えば英国国教会を国の宗教とする英国とは違い、ドイツは「国の宗教」の規定を持っていない。 もちろん、「信仰、宗教」の自由は、ドイツ連邦共和国基本法、第3条(3)でしかと保障されている。 国の宗教をもたない代わりに、ドイツでは、国が宗教団体とパートナーシップ契約を結び(コンコルダート)、互いに協力をする関係を築いている。 この協力関係の例として、国家による教会税の徴収・分配や、学校における宗教科目の必修化(一部例外あり)、宗教団体による社会福祉事業などがある。 この契約を結んでいるのは、現在のところカトリック教会(1933年)及びエバンゲリッシュ(福音派)教会(1955年)などキリスト教の流れをくむ団体のみである。 このパートナーシップ契約を結べるのは、「公法上の宗教団体」とされている。 ドイツの宗教団体には、二つの種類がある。 「民法上の宗教団体」と「ドイツ連邦共和国基本法上(一般には「公法上」と記されることが多い)の宗教団体」である。 民法で規定された団体は、一般の非営利社団と同じように登記することで法人格を得て、税金などの優遇措置が受けられる。 ドイツ国家とイスラム教の関係 イスラム教は現在、ドイツの公法上の宗教団体ではない。 連邦政府は、イスラム教徒を国家の一員として統合政策や教育を進めるためにも、イスラム教を公法上の宗教団体とする必要がある。 しかし、イスラム教内の派閥争い、シリア国内の内戦でも明らかなように、同じイスラム教といっても宗派が違えば教理が異なることも多い。 50以上の国や地域から来た移民が、皆同じイスラム教の思想を持っているとは単純に理解することはできず、そのため、人数が多いにもかかわらず、イスラム教を代表する機関を設けることすら不可能である。 このような状況を踏まえつつ、イスラム教団体との対話を進めるための場を作るべく、ドイツ政府は模索を続けている。 打開策の一つとして、内務大臣(当時)ヴォルフガング・ショイブレ氏により、「ドイツ・イスラム会議(Deutsche Islam Konferenz、DIK)」が2006年から開催されている。 この会議には、10のイスラム教団体が参加し、国家との対話を行っている。 2015年のドイツ ・イスラム会議に参加したのは、国の代表として連邦政府から3名、州専門閣僚会議から3名、市町村から3名、イスラム教団体の代表として10名、そのほかの専門家が3名の合計22名であった。 この会議の最終目標は、イスラム教を公法上の宗教団体として国家システムに組み入れ、公立学校でのイスラム教育を実現し、社会の様々な分野でより幅広く活動できるようにすることである。 公立学校でのイスラム教育については、一部の州で州の管轄のもとで行われている場合もあり、その数は年々増加の一途をたどっている。 教会税 Kirchensteuer ドイツで勤務する際に支給される給与明細書にも記載されている税金。 自身の信仰する宗教を正式に役所に申告している場合に教会税が課税され、徴収される。 州により額が異なるが、金額は所得税の8パーセントから9パーセントであり、集まった額は教会運営のみならず老人ホーム運営などの社会福祉の分野にも利用される。 この税金を苦として教会から抜ける人も多い。

次の

イスラム教の宗派・学派の種類一覧

イスラム 教 宗派

ワッバース派からは異端とされています。 アラウィー派 イスラム教スンニ派から分離した宗派とされ、主にシリアの山岳地帯に分布しています。 イスラム教のイスマーイール派やキリスト教にシリア地方独自の土着宗教の要素が加わったものと考えられています。 そのためイスラム教に含めないという考えもあります。 ヌサイリー派とも呼ばれています。 アレヴィー派 イスラム教の一派で、イスラーム教の第4代正統カリフの「アリー・イブン・アビー=ターリブ」を崇敬しています。 トルコやブルガリアのトルコ人やクルド人の間に分布しており、トルコの1割から人々が信仰しているとされています。 イスマーイール派 イスラム教シーア派の一派で、シーア派の第6代イマームの「ジャアファル・サーディク」の長男が、 第7代イマームを継承してシーア派から分裂したとされています。 イバード派 イスラム教の一派で、イスラム教初期に分離して独立したハワーリジュ派の流れを汲んでいます。 オマーンなどに分布しています。 イブン・アラビー学派 イブン・アラビーによって起こされた学派です。 イマーム派 イスラム教の一派でシーア派の一派です。 カイサーン派 イスラム教シーア派の一派で、イスラム教初期に存在していたとされています。 カイサーン派はイマームの後継者などの問題で分裂弱体化し、8世紀ごろ十二イマーム派などに吸収されたといわれています。 カルマト派 イスラム教シーア派の一派で、ハムダーン・カルマトが西暦870年ごろに設立したとされています。 ザイド派 イスラム教シーア派の一派で、イエメンなどに分布しています。 シーア派の代五代イマームの敬称問題でシーア派から分裂しました。 そのため「五イマーム派」とも呼ばれています。 ザーヒル学派 シャイヒー派 イスラム教シーア派十二イマーム派の一派で、イランやイラクに分布しています。 シャイヒー派から分離したバーブ教やバハーイー教なども存在します。 シャーフィイー学派 イスラーム教スンナ派における四大法学派のひとつで、シャーフィイーがマーリフ学派とハナフィー学派を取り入れて作った学派とされています。 ジャアファル法学派 イスラム教シーア派の法学派です。 スンナ派(スンニ派) イスラム教の宗派のひとつで、シーア派とともにイスラム二大宗派となっています。 アフリカからヨーロッパ、中央アジア、中東、インドネシア等幅広い地域に分布しています。 ドゥルーズ派 イスラム教シーア派イスマーイール派から分布した一派で、レバノン、シリア、イスラエル、ヨルダンなどに分布しています。 コーランではない独自の聖典を持ち、礼拝はメッカの方向に行わないなど、教義などがイスラム教とはかなり離れておりイスラム教では無いとも言われています。 ニザール派 イスラム教シーア派イスマーイール派の一派で、イマームの位をめぐってイスマーイール派から分裂しました。 インド、パキスタン、アフガニスタン、タジキスタンなどの中央アジアや、東南アジア、東アフリカに分布しています。 ヌサイリー派 アラウィー派の別名です。 ハナフィー学派 イスラーム教スンナ派における四大法学派のひとつで、ハナフィー派とも呼ばれています。 東地中海、北アフリカ、中央アジア、インド、パキスタン、中国に分布しています。 ハワーリジュ派 イスラム教の一派で、イスラム教初期に分離して独立した宗派です。 現在はイバード派などがハワーリジュ派の流れを汲んでいます。 ハンバル学派 イスラーム教スンナ派における四大法学派のひとつで、アフマド・イブン・ハンバルを始祖としています。 ホージャー派 イスラム教シーア派イスマーイール派ニザール派の一派です。 ボーホラー派 マートゥリーディー派 イスラム教スンナ派の神学派の一派です。 サマルカンド出身のマートゥリーディーが始祖とされています。 マーリク学派 イスラーム教スンナ派における四大法学派のひとつで、マーリク・イブン・アナスを始祖としています。 ムスタアリー派 イスラム教シーア派イスマーイール派の一派で、イマームの位をめぐってイスマーイール派から分裂しました。 ワッハーブ派 イスラム教スンナ派の宗派で、ムハンマド・イブン=アブドゥルワッハーブが始祖とされている イスラム原理主義的な復古主義の派閥です。 現在はサウジアラビアの国教となっています。 十二イマーム派 イスラム教シーア派の一派で、イラン、イラク、レバノンなどに分布しています。 またイランの国教にも指定されています。 イスラム教シーア派の中で最も信者数が多く、シーア派の主流派とされています。 十二イマーム派が認める正当なイマームが12人居ることから「十二イマーム派」と呼ばれるようになりました。 アフマディーヤ アフマディー教団、アハマディアとも呼ばれています。 インド出身のミールザー・グラーム・アフマドが起こしたイスラムの改革派です。 イスラム教とは別の宗教とも言われています。 ラホール派 1914年にアフマディーヤがラホール派とカーディヤーン派分裂してできた宗派です。 カーディヤーン派 1914年にアフマディーヤがカーディヤーン派とラホール派分裂してできた宗派です。 バーブ教 シーア派十二イマーム派シャイヒー派から発生したイスラム系の宗教です。 イスラム教ではないとされ、イラン・イスラーム共和国ではバーブ教の存在は違法とされています。 バハーイー教 「バハイ教」「バハウラ」「バハイ信教」とも呼ばれています。 バーブ教の信徒だったバハーウッラーが起こした一神教の宗教で、イスラム教ではないとされています。

次の

イスラム教は宗派によって、過激派や穏健派といった違いがあるのでしょうか?

イスラム 教 宗派

世界のイスラム教宗派分布地図 青山貞一 Teiichi Aoyama January 9, 2015 独立系メディア E-wave Tokyo 2016年の元旦、たまたまテレビ朝日の「朝まで生テレビ」を見ました。 前半は安倍政治 国民の選択と覚悟でしたが、私がみたのは後半の中東問題、ISIL問題と日本の安保法制との関連でした。 , 参加者は司会の田原総一朗氏はじめ 山本一太、辻元清美、小池晃、猪瀬直樹、小林よしのり、瀬口清之、高橋和夫、竹中平蔵、長谷川幸洋、孫崎享、三浦瑠麗、森永卓郎、森本敏です。 , 後半は放送大学の高橋和夫氏以外、中東情勢に関連した基礎知識があまにりも乏しいのに驚きました。 さらには間違ったことを堂々と発言し、誰も訂正しないことなど、あまりにもひどい内容なので呆れました。。 たとえば、イランvsサウジに関連して何とイランはスンニ派であると公言している防衛専門家までいました。 , ここで細かくは話しませんが、下の2つのイスラム教宗派分布図をご覧ください。 いうまでもなく人口規模で世界最大のシーア派国家はイランなのです。 添付した写真ではミカン色がイランです。 ちなみにイランは国民の約90%がシーア派、約9%がスンニ派です。 逆にサウジは国民の約85%がスンニ派、約15%がシーア派です。 せっかくなので、中東、北アフリカ、中央アジア、南アジア諸国におけるイスラム教宗派別割合推定図をお見せします。 , 下の地図は、青山が作成中のものであり、国民のシーア派、スンニ(スンナ)派の割合を可能な範囲で数字で示しています。 ただし、これらの数字は固定されたものではなく変化する可能性があります。 作成中ということもあり、あくまでも参考程度としてください! 上に掲載しました中東各国のイスラム教宗派分布のうち、中東紛争に関連し示しきれなかった諸国、地域、勢力があります。 , 下の地図ではシリアの西、パレスチナ、イスラエルの北にあるレバノンの状況を示しています。 レバノン自体は中東にありながらキリスト教徒が約40%もおり、イスラム教ではスンナ派、シーア派、アラウィー派、ドルーズ教などを含んでいます。 , レバノンにはパレスチナ vs イスラエル紛争でいつもでてくるシーア派のヒズボラが北部、南部を勢力領域としています。 このヒズボラは同じシーア派のシリア、イランから支援を受けていることに加え、イスラエルと直接対峙していることから、過去、欧米日本からテロリスト扱いされています。 下の写真は、ISIL問題の核心を突くシリア、イラクさらにクルド勢力を一枚の地図に記入したものです。 下の地図は国境線が分かりづらいのですが、シリアとイラクは、それぞれ政府支配領域、ISIL支配領域それにクルド勢力支配地域により、それぞれ3分割していることが分かります。 , 下の地図は昨年秋前のものであり、その後のロシアによる徹底したISIL掃討などにより現在は灰色部分、すなわちISIL勢力支配地域は大幅に減っていると思われます。 この地図には、さらにイラン、サウジ、トルコ、レバノン、クウェート、ヒズボラなども記入しています。 1991年の湾岸戦争以来、中東における戦争は長らく米国による石油・天然ガス収奪のエネルギー収奪またはアフガンのように米国によるエネルギー植民地化としての様相ももっています。 ここ1,2年はそのエネルギーをISILが奪取し,トルコなどに大量に密輸、横流ししていたことが分かってきました。 , 一方、問題を複雑にしているのは、クルド勢力の存在です。 このクルド人はオスマントルコ時代から現在に至るまで存在し、現在はトルコからシリア、イラクなどまでか拡延しています。

次の