星ひとみ 幸せの天星術。 星ひとみの天星術で占う「ふたりの相性バランス」【無料占い】

星ひとみとは?人気の「幸せの天星術」占いを口コミ・徹底解剖!

星ひとみ 幸せの天星術

その「天星術」で婚期や相性などを手軽に占うことができます。 さらにそれぞれが4~6のグループに細かく分かれます。 ちなみに星ひとみさんは、巫女の家系に生まれた注目の占い師で、芸能人・著名人を中心とした顧客は常時1000人余り。 鑑定人数は2万人以上という若き実力派です。 最近のTVレギュラー出演も話題ですが、数年前にも大物芸能人カップルを結婚へと導いたことでも評判になりました。 【満月】想像力豊かな反面、現実的な面を持ち合わせたロマンチスト 【上弦の月】美的感覚の高い無邪気なガンコ者 【下弦の月】順応性にすぐれた世渡り上手。 好奇心旺盛 【新月】空想力がとても高い、心優しいさびしがりや 【空】寛大な心を持った親分気質。 実は臆病な一面も 【山脈】男女問わず広く浅く協調性を大切にする平和主義者 【大陸】クリエイティブな才能が豊か。 少々ドライなこだわり派 【海】しっかり者の現実派。 ステータスに弱い一面も 【朝日】冒険心旺盛で楽観的。 マイペースで自由人 【真昼】時に熱しやすく冷めやすい。 決断力と情をあわせ持つ 【夕焼け】新年が強く、少々頑固な努力の人 【深夜】マイペースな個性派。 我が道を突き進む 「天星術」ではこの"天星"を用いて、出会いの時期や結婚に適した時期、恋人との相性などを占うことができます。 マイペースな個性派なんですね。 「愛を受け取るのに最適な時期」を調べてみたら、以下のような結果に! ---------- 2020年:決星「決断の年」 自分の求める結婚生活が心の中ではっきりしそう。 逆に、もしもこのとき迷いがある状態なら、どんな人生を歩みたいのかしっかりと決めたほうがよいですね。 (中略)そして真剣交際へと発展し、ふたりで結婚について具体的に考えるように。 関係は予想以上に順調に進展していきます。 ---------- 「天星術」によると、今年は文字通り、結婚するのにぴったりの年だったよう。 そう強く思い、結婚に至りました」と報告していた福田さん。 これ以上ないほど完璧なタイミングでゴールインしたみたいです。 そして、【朝日】の人は2019年が「決星」つまり「決断の年」だったんです。 本人の年齢や交際年数、仕事の状況など、いろいろな理由はあるでしょうけれど、結婚に適した時期って、周りからの後押しもあって、すんなり入籍できたりするみたいなんですよね。 だから、自分が「どんな運気か?」ということを把握し、タイミングを逃さずに動くことが大事なんだろうなと。 テレビ番組でも「当たる」と話題の「天星術」。 数多くのリピーターがいるのも、的中率の高さが物語っているからかもしれません。 高い的中率を誇り、熱い支持を受けている。 有名人では石田純一さんと理子さんを結婚に導いて石田氏が敬愛するカリスマ占い師として話題に。 現在『スッキリ』(日テレ系)の占いコーナー「誕生月占いスッキリす」を担当。

次の

星ひとみの天星術で占う【好きになるまで時間が必要な天星】ランキング あなたや彼の天星は?

星ひとみ 幸せの天星術

入力した情報がそのままインターネット上に公開されるようなことはありませんのでご安心ください。 天星術ってどんな占い? 「天星術」とは、中国に古くから伝わる東洋占星術をもとに統計学や人間科学、心理学などの要素から作り上げた、星ひとみさんの完全オリジナル占術です。 さらにそれぞれが4~6のグループに細かく分かれます。 ちなみに星ひとみさんは、巫女の家系に生まれた注目の占い師で、芸能人・著名人を中心とした顧客は常時1000人余り。 鑑定人数は2万人以上という若き実力派です。 最近のTVレギュラー出演も話題ですが、数年前にも大物芸能人カップルを結婚へと導いたことでも評判になりました。 【満月】想像力豊かな反面、現実的な面を持ち合わせたロマンチスト 【上弦の月】美的感覚の高い無邪気なガンコ者 【下弦の月】順応性にすぐれた世渡り上手。 好奇心旺盛 【新月】空想力がとても高い、心優しいさびしがりや 【空】寛大な心を持った親分気質。 実は臆病な一面も 【山脈】男女問わず広く浅く協調性を大切にする平和主義者 【大陸】クリエイティブな才能が豊か。 少々ドライなこだわり派 【海】しっかり者の現実派。 ステータスに弱い一面も 【朝日】冒険心旺盛で楽観的。 マイペースで自由人 【真昼】時に熱しやすく冷めやすい。 決断力と情をあわせ持つ 【夕焼け】信念が強く、少々頑固な努力の人 【深夜】マイペースな個性派。 我が道を突き進む 「天星術」ではこの"天星"を用いて、出会いの時期や結婚に適した時期、恋人との相性などを占うことができます。 占いのために下記に情報を入力してください あなたの情報.

次の

【星ひとみ】天星術の調べ方とは?タイプはどれ?口コミ評判!当たるか調査

星ひとみ 幸せの天星術

もくじ• 星ひとみの天星術とは 星ひとみの独自占術「天星術」は、中国や日本に古来から伝わる東洋占星術をベースに考案されており、統計学・人間科学・心理学などの要素が取り入れられています。 天星術では、人は3つの天室(月、太陽、地球)に属していると考えられており、そこからさらに4つの「時星」に分類され「満月・上弦の月・下弦の月・新月・空・山脈・大陸・海・朝日・真昼・夕焼け・深夜」の「12天星」をベースに運気を占っていきます。 天室グループと天星タイプの調べ方• 自分の生まれた年と生まれた月から「運命数」を割り出す• 運命数に自分の生まれた日を加える(=天星数)• 天星数から「天室グループ」「天星タイプ」を割り出す 1978年9月15日生まれの場合、運命数は「2」となります。 2に生まれた日「15」を足すと「17」に。 算出した数字から天星を割り出すと、天室グループでは「月」、天星は「上弦の月」となります。 自分の天室グループと天星タイプを知る手順は3つです。 運命数を調べ、運命数から天星数を導き、天星数から「天室グループ」「天星タイプ」を割り出します。 大手占いサービスでは、生年月日を入力するだけで星ひとみさんの占いを体験することが出来ます。 占い」「楽天占い」などです。 運命数の早見表&天星数の導き方 天星数は、運命数の早見表から生まれた年と生まれた月から「運命数」を探し出し、その運命数に生まれた日を足すと「天星数」が導き出されます。 天星数の数字が60以上になっていた場合は「60」を引いて、60以下の数字にする必要があります。 天星タイプ早見表• :4,10,16,33,39,45• :11,17,32,38• :2,8,41,47• :14,20,23,26,29,35• :6,43,49,54,55,60• :3,9,15,34,40,46• :5,44,50,53,56,59• :51,52,57,58• :21,22,27,28• :1,7,42,48• :12,18,31,37• :13,19,24,25,30,36 天星タイプは、運命数に自分の生まれた日を加えた「天星数」から導き出すことが出来ます。 天星は基本的に一生変わることがないので、自分が何タイプかを覚えておくと良いでしょう。 天星タイプが、満月・上弦の月・下弦の月・新月は「月グループ」、空・山脈・大陸・海は「地球グループ」、朝日・真昼・夕焼け・深夜は「太陽グループ」となります。 星ひとみの天星術12タイプと基本性格 天星は分類される12タイプ(満月・上弦の月・下弦の月・新月・空・山脈・大陸・海・朝日・真昼・夕焼け・深夜)で、基本性格や生まれ持った資質を知ることが出来ます。 天室:月グループの特徴• :気配り上手• :感情の起伏がない• :親分肌• :クリエイティブ 月の天室は、神秘的で静かな温かさを持つ想像と愛情が豊かな性質が特徴です。 どこかミステリアスでありつつも、優しさで溢れている人柄。 関連記事: 天室:地球グループの特徴• :幅広い交遊関係• :飽きっぽい• :才能豊か• :穏やかな性格 地球の天室は、地球のように月と太陽の両方を見守りバランス感覚を持った性質です。 安定感がある一方で、現実主義者なので、クールな一面も。 関連記事: 天室:太陽グループの特徴• :マイペース• :合理主義• :しっかり者• :独特な感性 太陽の天室は、太陽のようにパワフルで情熱を持った性質。 どちらかというとビジネスっぽさを感じるグループで、中には温厚な見た目とは裏腹に熱い心を持っている人も。 関連記事: 天星術の開祖・星ひとみとは 星ひとみさんは、巫女の血筋を持つ天星術の開祖。 タレント活動の傍ら行なっていた占いが共演者やスタッフの間で話題に。 東洋占星術・統計学・心理学・人間科学などから独自の占術「天星術」を編み出し、これまでの鑑定実績は2万人以上。 結婚時期やバンドの解散やブレイク時期などを的中させています。 また、石田純一さんと東尾理子さんの結婚、カジサックさんの子供を命名、山田裕貴さんもTwitterでラブコールを送るなど、芸能人や有名人の間でも注目されている凄腕占い師です。 星ひとみ監修スッキリす占いの伝説 星ひとみさんが監修している日本テレビ「スッキリ」の占いコーナー「スッキリす占い」で、スタジオは騒然となったことも。 2019年7月22日にMCの加藤浩次さんが、吉本闇営業問題で会社の対応に怒り、退社宣言をした日の占いのアドバイスが「立ち振る舞いには気をつけよう」。 さらに、退社が保留した日の占いが「周囲に感謝することを忘れずに」で、まさに加藤浩次さんの行動を先読みしている形となっており、ネットで話題に。 関連記事:.

次の