ささみ 弁当 レシピ。 ささみのレシピ15選|チーズを使った一品・お弁当のおかず・レンジで作る時短メニューなど子どもが喜ぶささみレシピ

お弁当に入れたいささみのおかずレシピ15選 | VOKKA [ヴォッカ]

ささみ 弁当 レシピ

・鶏ささみのチーズ焼き ・茹で鶏ささみのサラダ ・鶏ささみのごま油炒め ・鶏だしの卵スープ 下準備した鶏ささみを使えば、どの料理も所要時間は1~3分ほど。 下準備自体も5分ほどでできるうえに、ながら作業でもできるほど簡単です。 下準備した鶏ささみはそのままお弁当のおかずにすることもできますし、もちろん紹介するレシピも子供がパクパク食べられるおかずになります。 一度に4品作れるのはとても便利ですよね。 たとえば、作ったうちの2品は夕飯にして、残りは翌日のメニューやお弁当のおかずに回そうという感じで料理の手間を省くことができますよ。 我が家では、長ネギの青い部分としょうがも一緒に投入。 スープを作るときに香りがよくなるのと、鶏ささみにねぎとしょうがの味がほのかにうつって食欲が増すからです。 鶏ささみ、しょうが、長ネギの青い部分を入れ、それぞれがひたひたに被るくらいの水を入れます。 水が沸騰して3分ほど経ったら鶏ささみの火の通り具合をチェック。 しっかり通っていたら、鶏ささみを取り出します。 あくはしっかりとっておくと、この後作るスープがおいしくなりますよ。 鶏ささみのチーズ焼き <作り方> 1.鶏ささみの水気をしっかり切り、耐熱皿あるいはアルミホイルに乗せます。 3.オーブントースターで3~4分ほど焼きます。 チーズがやわらかくとろけていれば完成です。 茹で鶏ささみのサラダ きゅうりやブロッコリー、トマトなど残り物の野菜に、ほぐした鶏ささみを添えるだけでOK。 余った野菜をサラダにしたい、ボリュームや品数が足りないと感じたときに茹でて保存していた鶏ささみが活躍しますよ。 鶏ささみのごま油炒め <作り方> 1.フライパンにごま油をひき、鶏ささみを強火で炒めます。 2.鶏ささみにうっすらきつね色の焦げ目がついたら皿に取り出します。 3.黒すりごまをかけて完成です。 鶏だしの卵スープ <作り方> 1.茹でた鶏ささみの鍋に入れていた長ネギの青い部分としょうがを取り出します。 2.鍋に火をかけて沸騰させ、溶きほぐした卵を加えてやさしくかき混ぜます。 3.塩コショウで味をととのえて、完成です。 とても簡単にバリエーション豊富なおかずが作れちゃう! 料理は毎日することですから、レパートリーも乏しくなってしまうこともありますよね。 だからといって、手間暇かけたおかずを作って疲れるのも嫌ですよね。 紹介したレシピを通じて実感されたかと思いますが、同じ主役の材料を使っているのに、ほんの少しのアレンジで印象も味もまったく違う料理を作ることができるんです。 お母さんの思いやりを感じる料理は、手間暇かけたものだけではありません。 「今日はちょっとこんな味にしようかな」というアイデアで作ったものも、毎日同じものを食べさせたくないというお母さんの願いがこめられた素敵な料理ですよ。

次の

ヘルシーなお弁当におすすめ♪《ささみ》を使った人気レシピ24選をご紹介!

ささみ 弁当 レシピ

・鶏ささみのチーズ焼き ・茹で鶏ささみのサラダ ・鶏ささみのごま油炒め ・鶏だしの卵スープ 下準備した鶏ささみを使えば、どの料理も所要時間は1~3分ほど。 下準備自体も5分ほどでできるうえに、ながら作業でもできるほど簡単です。 下準備した鶏ささみはそのままお弁当のおかずにすることもできますし、もちろん紹介するレシピも子供がパクパク食べられるおかずになります。 一度に4品作れるのはとても便利ですよね。 たとえば、作ったうちの2品は夕飯にして、残りは翌日のメニューやお弁当のおかずに回そうという感じで料理の手間を省くことができますよ。 我が家では、長ネギの青い部分としょうがも一緒に投入。 スープを作るときに香りがよくなるのと、鶏ささみにねぎとしょうがの味がほのかにうつって食欲が増すからです。 鶏ささみ、しょうが、長ネギの青い部分を入れ、それぞれがひたひたに被るくらいの水を入れます。 水が沸騰して3分ほど経ったら鶏ささみの火の通り具合をチェック。 しっかり通っていたら、鶏ささみを取り出します。 あくはしっかりとっておくと、この後作るスープがおいしくなりますよ。 鶏ささみのチーズ焼き <作り方> 1.鶏ささみの水気をしっかり切り、耐熱皿あるいはアルミホイルに乗せます。 3.オーブントースターで3~4分ほど焼きます。 チーズがやわらかくとろけていれば完成です。 茹で鶏ささみのサラダ きゅうりやブロッコリー、トマトなど残り物の野菜に、ほぐした鶏ささみを添えるだけでOK。 余った野菜をサラダにしたい、ボリュームや品数が足りないと感じたときに茹でて保存していた鶏ささみが活躍しますよ。 鶏ささみのごま油炒め <作り方> 1.フライパンにごま油をひき、鶏ささみを強火で炒めます。 2.鶏ささみにうっすらきつね色の焦げ目がついたら皿に取り出します。 3.黒すりごまをかけて完成です。 鶏だしの卵スープ <作り方> 1.茹でた鶏ささみの鍋に入れていた長ネギの青い部分としょうがを取り出します。 2.鍋に火をかけて沸騰させ、溶きほぐした卵を加えてやさしくかき混ぜます。 3.塩コショウで味をととのえて、完成です。 とても簡単にバリエーション豊富なおかずが作れちゃう! 料理は毎日することですから、レパートリーも乏しくなってしまうこともありますよね。 だからといって、手間暇かけたおかずを作って疲れるのも嫌ですよね。 紹介したレシピを通じて実感されたかと思いますが、同じ主役の材料を使っているのに、ほんの少しのアレンジで印象も味もまったく違う料理を作ることができるんです。 お母さんの思いやりを感じる料理は、手間暇かけたものだけではありません。 「今日はちょっとこんな味にしようかな」というアイデアで作ったものも、毎日同じものを食べさせたくないというお母さんの願いがこめられた素敵な料理ですよ。

次の

ささみのレシピ15選|チーズを使った一品・お弁当のおかず・レンジで作る時短メニューなど子どもが喜ぶささみレシピ

ささみ 弁当 レシピ

高たんぱく低カロリーの代表・鶏ささみ肉。 ダイエットや筋肉の強い味方です。 脂肪分が少なく、タンパク質やビタミン類、ナイアシンの栄養成分も多く、疲労回復や消化器系を守ったり、肌や髪の健康維持も期待できる成分です。 さらに鶏ささみに含まれるトリプトファンの栄養成分は、しあわせホルモンと呼ばれるセロトニンの材料で、自律神経のバランスを整える働きを助けてくれるので、不眠や睡眠の質の低下を妨げてくれる働きがあります。 ただ、鶏ささみはパサパサした食感のイメージを持たれることが多いのも事実。 お弁当など冷めた状態は、さらに固くなってしまう印象を持たれることが多い部位でもあります。 今回、鶏ささみ肉でも冷めても美味しい、柔らかいお弁当のおかずにぴったりのレシピを集めてみました。 ぜひ、お気に入りのレシピを見つけてみてください。 鶏ささみは筋にそって縦に半分に切り、ジッパー付きの袋に入れ、Aを全て入れて軽く揉み込んで、冷蔵庫で10分おきます。 その間に揚げ衣の用意します。 天ぷら粉を水で溶いて、しょうゆを入れます。 (または、鶏ささみの味付けをした残りの漬けタレを入れます。 ) 3... 鶏ささみに天ぷら粉を全体的にまぶしておきます。 衣が揚げ付きやすくなり、しっとりとした揚上がりになります。 鶏ささみにフォークを刺して1本づつ揚げ衣をからめて揚げ油に投入します。 こんがりと火が通るまで(3分~4分)揚げ、よく油をきって器に盛り付けして出来上がりです。 あればカットレモンを添えてください。 下準備 ・鶏ささみは筋を取ります。 ・卵は熱湯で7分茹で、半熟のゆで卵を作ります。 鶏ささみを観音開きにして包丁の背でたたき、塩こしょうを両面にふって下味を付けます。 1の長辺を横にして、縦に3枚並べ、手前からくるくる巻いてロール状にします。 これをもう1本作ります。 巻き終わりを下にして耐熱容器に並べます。 ボウルにAを合わせます。 2に3の合わせ調味液を注ぎ入れ、ふんわりラップをかけてレンジ600Wで3分加熱します。 取り出して上下を返し、ラップをかけてさらに2分加熱します。 (ささみの大きさやレンジの種類によって加熱時間が異なりますので様子を見て調整してください。 竹串を刺して透明な肉汁が出ればOKです。 )火が通りきらない場合は、20~30秒ずつ追加で加熱してください。 レンジから取り出してゆで卵を入れ、調味液を絡めてささみの粗熱を取ります。 チャーシューとゆで卵を食べやすい大きさに切り、皿に盛りつけて出来上がり。 お好みで青ねぎをかけてお召し上がりください。

次の