友よ ドラマ。 稲葉友:小泉孝太郎主演ドラマで外来クラーク役 大和田伸也、磯野貴理子らも出演

ママ友トラブルのドロドロが見たい? おすすめの親子ドラマ5選

友よ ドラマ

新着情報 2011. 22 2011. 27 2011. 27 2011. 27 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 23 2011. 19 2011. 19 2011. 19 2011. 19 2011. 17 2011. 12 2011. 05 2011. 02 2011. 02 2011. 27 2011. 20 2011. 11 2011. 08 2011. 06 2011. 06 2011. 06 2011. 24 2011. 18 2011. 17 2011. 15 2011. 15 2011. 14 2011. 14 2011. 13 2011. 08 2011. 06 2011. 25 2011. 25 2011.

次の

名前をなくした女神

友よ ドラマ

小学校受験を考えているママは必見!受験しないママも、ママ友付き合いの勉強になります。 ドラマ『名前をなくした女神』キャスト 秋山侑子(杏) このドラマの主人公。 ハウスメーカーに勤めていたが、地方転勤を言い渡され(いわゆるリストラにあい)退職します。 物おじしない性格で、明るい性格。 最初はただ子供が元気に育ってくれたらいいと思っていたが、ママ友との出会いでお受験を考えるようになり、それによって、ママ友との関係も少しずつ変わっていくようになります。 安野ちひろ(尾野真千子) 侑子の子供が通うようになった「ひまわりの子幼稚園」もも組の役員。 世話好きであかるい性格に見えて、家庭では夫のモラハラに苦しみます。 その夫が会社でセクハラ疑惑を向けられ、それが幼稚園でも噂となり、家から出られなくなってしまいます。 進藤真央(倉科カナ) タワーマンションに住んでいるが、実は2階で一番狭いワンルームに家族3人暮らしています。 セレブに憧れ、同じようにお受験を目指そうとするが、自分と夫の学歴と収入では難しいと断念し、娘を芸能界デビューさせようと奔走します。 沢田利華子(りょう) ベビーグッズの輸入ネットショップを経営する女社長。 キャリアウーマン出身の侑子とはすぐに打ち解け、侑子が一番仲良くて信頼のできるママ友となります。 一方で夫の浮気に苦しみ、徐々に侑子に嫉妬心が芽生え始めます。 本宮レイナ(木村佳乃) 女性誌「Grazia」のカリスマ主婦読者モデル。 幼稚園受験に失敗しており、娘の小学校受験では絶対に成功させようと塾に通わせ、家では子供の家庭教師のように勉強をさせることが多いです。 夫とは産後セックスレスとなっている事を密かに悩みます。 深沢雅美(安達祐実) 子供の写真を夫の両親に見せるために、幼稚園で撮った写真をブログにアップしていたら、ある日その写真に映り込んでいた女児の写真が違法サイトに転載され、それをきっかけにママ友からいじめを受けるようになり、精神的に追い詰められます。 ドラマ『名前をなくした女神』第1話から最終話まで無料視聴する方法 ドラマ『名前をなくした女神』は、FODプレミアムで第1話から最終話まで見放題で見ることが出来ます。

次の

久保田紗友さんのドラマ・映画の出演作と視聴できる動画配信サービスを徹底解説!

友よ ドラマ

小学校の「お受験」を軸に、5人の「ママ友」の間で繰り広げられる複雑な人間関係。 そこは、友情、嫉妬、見え、ウワサ、建前、ウソ、裏切りが、目まぐるしく交錯する、一度入ったら抜け出せない「ママ友地獄」。 卒業、就職、結婚、出産で終わると思っていた女の闘い。 しかし、待ち受けていたのは「ママ友」、「お受験」という新たな闘いだった。 幸せを模索する全ての女性たちへ贈る、女性の女性による女性のための、衝撃の社会派ドラマが「火9」に登場! 少年犯罪、お受験戦争、就職氷河期…子どもを取り巻く環境が、これまでになく暗い現在の日本。 その中で、未来の希望となる子どもを育てる母親たち。 彼女たちは、しゅうとめとの関係から夫の給料まで、「妻」として頭を悩ます傍ら、誰にも相談できない育児についての悩みも抱え込み、「母」としても苦しんでいる。 「今の自分は、果たして本当の自分なのか?」、そんな永遠に答えの出ない焦燥感や孤独感の中で必死にもがき、心のすき間を埋めるようにして作った「ママ友」。 苦しい時には助け合い、悩みを打ち明け合うはずが、そこに競争という概念が加わった途端、自身の奥底に形を潜めていた黒い感情が突如現れる…。 『名前をなくした女神』では、大学全入時代に突入するからこそ、一層過熱している「お受験戦争」を軸に、一度入ったら抜け出せない「ママ友社会」の光と影を描くことで、母親たちの強さ、もろさ、弱さ、恐ろしさをえぐり出す。 これは、そんな闘いに突然巻き込まれた平凡な主婦が、暗くて長いトンネルを抜け出し、光を見出すまでの奮戦記。 そして同時に、一度は見失いそうになった自分を取り戻し、自らの芯の強さ、母性の強さを再び自覚していく、再生のストーリー。 トンネルを抜けた時、彼女の前には、きっと、母として、妻として、そして女として、自分の人生を豊かにするベストな選択肢が待っているはず…。 主演は、女優デビュー以来、『泣かないと決めた日』、『ジョーカー~許されざる捜査官』など、着実にそのキャリアを一つずつ積み上げている杏。 ドラマ以外にも映画、CM、舞台、歌と、ますます活躍の場を広げる、今最も旬な彼女が、満を持して「連続ドラマ・初主演」を務める。 杏が演じるのは、5歳の息子を持ち、明るくまっすぐで物おじしない性格の秋山侑子。 子供の「お受験」に関して、これまで無縁であったが、引っ越しした先で初めて「ママ友」たちと出会うことにより、息子を「お受験」させることを決意する。 その「お受験」を軸に生まれる「ママ友」同士のあつれきや、女同士の社会で生きていくことの息苦しさと難しさから、生まれて初めて、自分の価値観が揺るがされることになる。 子煩悩で家事にも協力的な理想的な侑子の夫・拓水には、つるの剛士。 2009年4月クールの『アタシんちの男子』以来、2年ぶりの連続ドラマ出演となる。 彼女を取り巻く4人の「ママ友」にも、それぞれ個性的なキャラクター、そして演技派の女優陣がずらりとそろう。 神経質な夫(高橋一生)から虐げられているものの、それを悟らせまいと「明るく元気で世話好きな幼稚園の役員ママ」を懸命に演じる専業主婦・安野ちひろに尾野真千子。 トラック運転手(五十嵐隼士)と出来ちゃった結婚し、18歳で娘を出産した、オシャレに命をかけるヤンキーママ・進藤真央に倉科カナ。 ベビーグッズの輸入ネットショップを立ち上げ、12歳年下の元人気モデル(KEIJI)を夫に持つ女社長・沢田利華子にりょう。 そして、生まれついてのお嬢様で、ベンチャー企業の社長(平山浩行)と結婚し、女性誌の「カリスマ主婦読者モデル」としても活躍する典型的なセレブママ・本宮レイナに木村佳乃。 彼女たちが形成する「ママ友地獄」、そしてそこで繰り広げられる女性同士の闘いが、『名前をなくした女神』の最大の見どころ。 小学校の「お受験」を軸に、友情、嫉妬、見え、ウワサ、建前、ウソ、裏切りが、目まぐるしく交錯する複雑な人間関係。 卒業、就職、結婚、出産で終わると思っていた女の闘い。 しかし、待ち受けていたのは「ママ友」、「お受験」という新たな闘いだった。 幸せを模索する全ての女性たちへ贈る、女性の女性による女性のための、衝撃の社会派ドラマに乞うご期待!.

次の