羽沢 横浜 国 大 駅。 羽沢横浜国大駅

羽沢横浜国大駅

羽沢 横浜 国 大 駅

に属し(羽沢線)上にある。 元々貨物のほか、東京以北と以南の輸送の中継・仕訳拠点として開設された経緯があり 、小荷物は旅客業務に含まれるため貨物駅ではなく 一般駅として発足した。 を前に小荷物輸送は廃止となったものの、今後旅客営業を行う可能性があるという理由で、形式上旅客営業も行う一般駅としての扱いが継続することとなった。 しかし、実際には旅客設備はなく、一般旅客営業された事はない(同様の駅に、やがある)。 の一部は当駅経由で運行されているが、全列車通過ということになる。 また、当駅に隣接して(相鉄)のがあり 、JRの直通列車の経由地となっている。 羽沢横浜国大駅は営業キロ上で横浜羽沢駅と同一となる。 羽沢横浜国大駅建設に合わせて横浜羽沢駅も改良工事が行われ、方式が導入されることになった。 歴史 [ ] 横浜羽沢駅の開業前は、横浜市内のコンテナはやで取扱っていた。 また東京以北と以南の間で首都圏を通過するは、当駅の開業以前は中継・仕訳拠点がなく、ターミナル駅のととの間でにより中継されるものが大部分であった。 (54年):羽沢町字天屋に開業。 貨物とを取扱う。 (昭和61年):小荷物の取扱を廃止、書類上旅客営業開始。 (昭和62年):に伴い、日本貨物鉄道(JR貨物)と東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる。 (元年):1面2線のうちの1線を着発線荷役方式に改良し、26両までの荷役対応が可能となる。 取扱う貨物の種類 [ ]• 12コンテナ、20・30ft大形コンテナ、20ft(ただし重量は20まで)を取扱う。 駅構造 [ ] 2面3線のがある。 ホームは長いが、実際にホームとして使用されているのは東側約300のみである。 ホームの北端には駅の入口やがある。 ホームの南側には仕分け線が数本あり、それらや荷役線からへ向かう引上げ線1本が伸びている。 引上げ線からは、に繋がる線が分岐している。 旧・荷物ホーム 駅構内はホーム側から順に、ホーム、荷役線2本、ホーム、荷役線1本、仕分け線群、着発線群、下り本線、上屋付きホーム1面2線、着発線群、上り本線となっている。 着発線の一部と上下本線はJR東日本の管轄で、残りの側線はJR貨物の管轄である。 JR東日本管轄線にあるホームは現在使用されていない。 丘陵地にあり、駅は、東側は、西側はトンネルになっている。 構内の一部も高架になっており、高架下をが横浜支店やとして使用している。 なお、駅の業務はが受託している。 利用状況 [ ] 近年の年間発着トン数は下記の通り。 年度 年間貨物取扱量 発送(トン) 到着(トン) 208,582 209,782 209,337 201,567 201,347 193,438 210,722 204,727 225,879 214,363 233,782 239,847 215,147 225,531 214,640 242,761 225,853 234,390 223,877 231,412 197,768 217,462 168,714 188,975 164,216 190,716 151,312 182,564 159,505 166,840 181,296 170,660 186,233 167,145 駅周辺 [ ]• 良生寺• 横浜北支店• 附属育和幼稚園• 常盤台キャンパス• 常盤台病院• 医療法人社団のう救会• JCHO 横浜保土ケ谷中央病院• () 隣の駅 [ ] 東日本旅客鉄道 東海道貨物線(旅客列車は全列車通過) - 横浜羽沢駅 - 脚注 [ ] []• 『停車場変遷大事典』、1998年。 24-27• 相模鉄道株式会社 2017年12月11日. 2017年12月11日閲覧。 , 2019年11月25日閲覧。 1979年(昭和54年)9月21日日本国有鉄道公示第82号• 1986年(昭和61年)10月30日日本国有鉄道公示第140号• 横浜市統計ポータル(運輸) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

「羽沢横浜国大駅」開業!!スーパーもコンビニも駅構内テナントもない陸の孤島

羽沢 横浜 国 大 駅

「羽沢横浜国大」駅(仮称「羽沢駅」)の完成予想図(相鉄ニュースリリースより) 「相鉄・JR直通線」(相鉄線・西谷~羽沢~JR線方面)と「相鉄・東急直通線」(羽沢~日吉)から成る 神奈川東部方面線で、仮称となっていた 羽沢新駅について、相模鉄道(相鉄)は名称を「 羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)」にすると発表しました。 同駅からJRへの直通線は、 2020年3月(平成31年度下期)までに、日吉方面への東急直通線は、2022(平成34)年度下期(同年10月から2023年3月までの間)に開業が予定されています。 仮称となっている新綱島と新横浜、羽沢と3つ設けられる新駅のなかで、 正式駅名が決まったのは初めてとなります。 羽沢横浜国大駅は、相鉄直通線のなかでも、 JR線方面と新横浜・新綱島など 東急線方面の路線が分岐する重要な駅。 現在は JRの貨物駅となっており、人の乗り降りは行われていません。 また、新駅の建設が行われている神奈川区羽沢南2丁目の環状2号線沿いは、 倉庫と貨物駅と大規模道路が目立ち、住宅は比較的少ない環境にあります。 「羽沢横浜国大」駅の位置図、横浜国立大の北門は近い位置にある(2015年7月の「都市計画市素案説明会」の横浜市資料より) 駅は地下13メートルに設けられ、地上部では約2万2000平方メートルの敷地を使い、 駅舎とともに高さ100メートルまでの高層ビルと 高さ31メートルまでの中高層建物の2棟を新たに建設。 高層階をマンションとし、下層階は 飲食店や商業施設などもテナントとして入れる予定です。 また、ビル内には大学に関する施設も設けられる計画となっています。 駅から1キロ(直線距離では約700メートル)ほどの位置にある保土ヶ谷区常盤台には、 横浜国立大学がキャンパスを構えており、駅出入口の位置やアクセス道路の整備状況によりますが、 同大学の「北門」までは最短で徒歩10分程度でアクセスできる可能性があります。 また、横浜駅からの路線バスが発着する「西門」へも徒歩15分程度となる見通しです。 横浜国立大のキャンパスマップ、正門からもっとも遠い「北門」(マップ上部右側)が「羽沢横浜国大」駅の最寄りとなる(同大学より) 相鉄では「同駅の 主な利用者として、羽沢地区にお住まいの方および 南東に位置する横浜国立大学の関係者を想定」(ニュースリリース)しているといい、今回の駅名についても「 沿線価値の向上を目指していくという想いを込め、町名である『羽沢』と当駅周辺に立地する『横浜国大』を併記するこの駅名を選定しました」(同)といいます。 横浜国立大は現在、最寄りとなる地下鉄ブルーラインの三ツ沢上町駅から「正門」まで徒歩約16分、相鉄線の和田町(わだまち)駅から「南門」までは徒歩約20分と遠く、 羽沢横浜国大駅がもっとも近い駅となることから、駅名に反映させたものとみられます。 【関連記事】 ・(2018年1月18日、しんよこ新聞、工事の進捗状況など) ・(2017年7月29日、しんよこ新聞) 【参考リンク】 ・( PDF、2017年12月11日、相模鉄道) ・(保土ケ谷区) ・(2015年7月、横浜市、羽沢駅周辺の再開発について).

次の

「羽沢横浜国大駅前」の時刻表/バス乗換案内/路線図/地図

羽沢 横浜 国 大 駅

まるで秘密基地のような地下ホーム! 羽沢横浜国大駅は、上下線にそれぞれ専用のホームが置かれている、2面2線の「相対式ホーム」だ。 ホームはレンガの温かみと自然光に満たされた地上のコンコースとは打って変わり、完全にグレー一色! 階段の終わりでレンガも途切れ、ここからはまるで別世界 地下ホームという環境もあって、まるで秘密基地にいるかのようだ! 見渡す限りグレーの地下空間! 線路の向こうは2番線ホーム JRと東急に直通する線路寄りのホームの様子はこんな感じ 羽沢横浜国大駅にはもちろん、相鉄線内で設置が進められているホームドアがオープン時から設置される。 やはり新しい駅はいいなあ。 開閉部分が黄色いラインで目立つ! 相鉄線はこの羽沢横浜国大駅からJR線や東急線へ乗り入れていくことになる。 いったいどこから線路が分かれていくのだろう・・・それらしき分岐はどこにも設置されていないように見えるが、心配は無用だ。 この駅を出発したJR線直通線方面の電車は、ホームを抜けた先で二手に分かれる。 下の写真でいうと、青い星印がついた線路が東急線への直通線(現在建設中)で、緑の星印がついた線路がJR線への直通線になっている。 地上から見た分岐ポイント キニナル!開業日はいつ? 相鉄・JR直通線と羽沢横浜国大駅の開業日は、2019年11月30日! 開業まであと約8ヶ月!とても待ち遠しい! かしわ台車両センターにて直通運転の開業日を発表! 詳しい行き先、停車駅、時刻表は現在調整中とのことだが、羽沢横浜国大駅の隣駅はもう設定されている。 武蔵小杉(むさしこすぎ)駅だ。 あれ?さすがに距離が離れすぎていないか!? もう一度言おう、羽沢横浜国大駅の隣は武蔵小杉駅だ。 なぜそんなことになったかというと、相鉄・JR直通線が東海道貨物線を利用することにある。 同線は羽沢貨物駅を出てから長いトンネル区間を越え、京急線の生麦駅付近でJR線に合流するのだが、貨物線上にはもともと旅客営業のホームがない。 そのため予定では直通線は鶴見(つるみ)駅と新川崎(しんかわさき)駅側も通るが、物理的にホームに停まれないのだ。 営業が始まり、直通線を利用する場合は、くれぐれも乗り越しや乗り間違いのないように・・・。 相鉄線とJR線のレール締結式! また同日、羽沢横浜国大駅ホームにて、相鉄線とJR線のレール締結式が執り行われた。 相模鉄道株式会社の滝澤秀之(たきざわ・ひでゆき)社長らによって、2つのレールが結ばれ、続いて締結箇所の点検と、安全運行を願っての清めの儀(お酒をレールに撒く儀)が行われた。 司会の「えい!」の合図でレールを締結! 締結箇所、異常なし! テープカットとくす玉割りが行われた後、「渡り初め」として相鉄のモーターカーが、締結されたばかりの線路を完走し、式は無事に終わりを迎えた。 関係各社の結びつきが強まるのを感じ、ますます相鉄・JR直通線から目が離せない! 報道陣の目の前で締結されたばかりのレールを渡り初め 取材を終えて 報道向けに先行公開された「羽沢横浜国大駅」。 今までは相鉄線から東京方面へ向かうには横浜駅での乗り換えが必要だったが、路線の選択肢が増えれば人の流れも変わるはず。 相鉄・JR直通線の開業までもう少し!楽しみに待とう。 なお、相鉄・東急直通線は引き続き工事が進められる。 -終わりー 取材協力 相鉄ビジネスサービス株式会社(相鉄グループ) 共同ピーアール株式会社 「羽沢横浜国大駅」「相鉄・直通線」の関連記事はこちら•

次の