首 しこり 動く。 首のしこり!(痛くない・痛い・熱)消えない首のしこりは何科を受診?原因となる病気とは?

首のしこりが気になる!動くと痛みが!首にできるしこりの種類と原因を徹底解説

首 しこり 動く

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

首のしこり!(痛くない・痛い・熱)消えない首のしこりは何科を受診?原因となる病気とは?

首 しこり 動く

急性リンパ節炎 急性リンパ節炎は、細菌やウイルス感染により、リンパ節が腫れている状態です。 リンパ節は、首や脇、鼠径部など全身の様々な場所にありますが、特に急性リンパ節炎は、首の付根にあるリンパ節に発症することが多くみられます。 首のしこりを押すと痛い。 悪化すると発熱がある。 首のしこりが化膿に至る場合もある。 リンパ節には、古い細胞や老廃物など組織液をろ過する役目を担う「リンパ液」と、細菌やウイルスに対抗するための抗体を生成する役目のなる「リンパ球」があります。 リンパ球が病原菌を排除するために活発に働いているために、炎症や腫れが生じて、なかなか消えない首のしこりや痛みが発症しています。 症状が悪化している場合は、リンパ節を切開して膿を排除する場合もあります。 首のしこりには、悪性リンパ腫の場合もあり、専門医による治療が必要となります。 悪性リンパ腫 悪性リンパ腫は、リンパ節に存在するリンパ球が、がんに変異する病気です。 リンパ球は全身を巡っているものなので、リンパ節の腫れ・しこり以外でも全身に様々な症状が現れます。 悪性リンパ腫の腫れやしこりは、痛くないことが特徴ですが、腫れが急激に大きくなることによって、痛みや発熱を伴う場合があります。 がんに変異したリンパ球が全身を巡るため、全身のだるさや体重の減少、寝汗、かゆみなどが生じる。 ただし、例外があって、特定部位の症状を緩和させるために、部分的に手術を行うケースもあります。 甲状腺腫瘍 甲状腺腫瘍は、のどぼとけを下から包み込むように存在する甲状腺に腫瘍ができる病気です。 良性のものと悪性のものがあり、多くは触診とエコーで判断がつきますが、最終的に良性か悪性の判断は、手術でとってみて組織検査を行って確定診断となります。 自分で首のしこりに気付く他に、風邪をひいた時や健康診断などで医師に診てもらった時に偶然に見付かることもあるようです。 甲状腺髄様がんの一部を除いて、甲状腺にしこりができる原因はまだわかっていません。 良性で、とくに甲状腺腫が気にならなければ、そのまま経過を見る場合もあります。 悪性の場合は手術や抗がん薬、放射線治療などが行われます。 耳下腺腫瘍 耳下腺腫瘍は、左右の耳の前方に位置する耳下腺になかなか消えない腫れやしこりができる病気です。 耳下腺とは、唾液を作る臓器の1つです。 耳下腺に発症する腫瘍の約8割は良性のものと言われています。 悪性の首のしこりの場合は、腫れが大きくなるスピードが速く、しこりが痛い・顔面神経麻痺などの症状が現れます。 耳下腺腫瘍になる原因は医学的に解明されていません。 ただし、顔面神経が耳下腺のなかを通っているので、万が一、手術がうまくいかずに神経を切除することがあると、顔面神経麻痺の後遺症がでる場合もあります。 脂肪腫 脂肪腫は、脂肪細胞からできた良性腫瘍です。 首や肩、背中などにできやすい脂肪のかたまりです。 痛いと感じたり運動障害がなどの原因になることはほとんどありません。 大きな首のしこりなど、見た目が気になる場合は手術で取り除きます。 首にしこりができたら何科を受診すれば良いか? なかなか消えない首のしこり・腫れといっても、その原因となる病気は様々です。 そのため、受診する専門もいろいろです。 たとえば、リンパの腫れが原因の場合は耳鼻咽喉科で脂肪腫は皮膚科、甲状腺腫瘍は外科などです。 そして、首のしこりが原因となる病気を自己判断できません。 そのため、様々な専門医が集まる総合病院で診てもらうことが望ましいと言えます。 首にできた腫れが痛い場合や発熱を伴う場合は、早急に病院を受診することをお勧めします。 たとえ首のしこりが痛くない状態でも悪性のものでないか専門医に診てもらうようにしましょう。 不眠や憂鬱などのメンタルケアに、セロトニン対策サプリメントはこちらです。

次の

首のしこり:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

首 しこり 動く

首のコリコリとしたしこりは、日常生活であまり気にしない場所の為に、痛みなどが伴う不快感が無い限り、知らないで放置されるケースがあります。 首のコリコリとしたしこりは、偶々入浴中に首筋を洗った時や、寝起き時の首筋のこりや、衣類を身に付ける際などに、耳の裏下や首に触れる事で初めて気が付き、頭部から頸椎のコリコリ腫れの違和感が、一瞬の心配から生じる疲労感や、不安を招いてしまいます。 首は、重たい頭を支え、血管・神経・筋肉・関節・リンパ節など、複雑な仕組みが多数ある大事な部位ですので、異変を感じたらまずはご自分で、触診をする事を、お勧め致します。 首にコリコリしたしこりは、多くの場合、この部位周辺にはリンパ節があり、 リンパの腫れが原因とされていますので、症状(5mm以内)にもよりますが、経過観察で良いと思われます。 しかし、症状しだいで、首にコリコリしたしこりは、無痛であってもそれ以後に、周囲の神経を刺激して炎症を起こし、コリや痛みだけでなく、骨までにも影響を及ぼす可能性がありますので、医療機関の窓口で、症状経過を話され、専門の診察科へ受診されるのが良いかと思います。 主な原因は? 首のコリコリやしこりは、その患部から周辺にかけて、微弱の電気が生じ、 神経や筋肉を刺激し、炎症を起こさせていると言われています。 さらに、リンパは血液同様に身体中流れていていますが、耳や頸椎部分のリンパ節は、皮膚の近い付根部分にある事が、さらに症状を感じやすいとも言われています。 しこりは、 腫瘤とも呼ばれていますが、首のしこりは、頭頸部の悪性疾患が原因で生じる可能性が高いと、医学データからほぼ解明されているようです。 首のしこりが1cm以上で、痛みが有れば炎症、無痛時はリンパ腫の疾患を基本として予測しますが、稀にリンパ節が腫れ炎症が軽度時や、慢性リンパ節炎時などは、リンパ腫以外でも無痛の場合があるとの事で、一概に無痛だから、リンパ腫とも言えないようです。 病気の可能性もあるの? 首のコリコリとしたしこりは、様々な条件が合い重なって、軽度の症状から 重度の疾患を招いてしまう事もありますので、自己判断は避けた方が良さそうです。 重篤な病気にならない為にも、素人の判断としても、しこりの大きさ・硬さ・可動性にご注意頂きながら、安易には考えずに、医療機関を受診するのがベストと思います。 以下に病気として疑う疾患を明記しておきますので、お気付きの点がありましたら、参考にされて下さい。 また、軽度の場合や予防としては、皮膚を清潔にして新陳代謝を向上させ、皮膚や血液に栄養成分が行き届く、栄養バランスの良い摂取や、適度の運動、入浴、睡眠を日々行い、心身にストレスの罹らない生活習慣をされ、免疫力を維持できる身体づくりが大事です。 最近では、首筋周辺のマッサージは、リンパ球を破壊してしまい、リンパ本来の機能が無くなってしまうと言う、情報もありますので、血流の流れを目的としたマッサージは、さする程度にされて下さい。 首のコリコリとしたしこりの症状によっては、温めたり、冷やしたりすると、その逆効果になる事もありますので、ご注意ください。 おすすめの市販薬もある? 首のコリコリを解消する市販薬として、生薬である 葛根湯 排膿散 排膿散及湯 これらはリンパの腫れを抑え、膿を出す作用がありますので、適用する可能性があると思います。 また、処方箋西洋薬である、抗生内服・軟膏剤と、生薬の併用が効果を更に増すと思われますので、医師や薬剤師にご相談下さい。 スポンサーリンク 予防する策はある? 首のコリコリとしたしこりの症状を起こす原因の一つに、血液の循環が悪くなって筋肉や、血管自体に脂などの 老廃物が溜まり、コリコリとしたしこりが生じます。 そこで、 血流を良くする食事や運動、 ストレスを生じさせない生活環境作りなどの、生活習慣の見直しや、リンパの流れを良くするのは、適度な身体を温める事が必要ですので、入浴や、軽い耳裏、首筋、鎖骨のマッサージをされるのが良いかと思います。 まとめ しこりは、一度気になると不安がたかまり、自意識過剰にもなってしまいます。 しかし、放置しておく事も、稀に悪性リンパ腫と言った、重篤な病気を起こしてしまいます。 御自分の身体は、自分で守らないといけませんが、不安な日々を過ごすより、医療機関を受診され、適切な治療以外に安心を得る事は間違いありませんので、早期の受診をお勧め致します。

次の