ニナパープルトン。 ニナ・パープルトン [機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY

ニナ・パープルトンとは (ニナパープルトンとは) [単語記事]

ニナパープルトン

宇宙世紀3大悪女とは、動のを生きた3人のの事である。 以外のいわゆるアナザー作品を含め、ガンダム3大悪女と言われる事もある。 概要 長きに渡るの時代。 一癖も二癖もある沢山のの中には、当然「」と評される人物もまた存在する。 その中でも一層際立っているとされるのが…• () この2名である。 3人の補者は複数名挙がる事が多いため、別途後述する。 悪女と呼ばれる理由 ニナ・パープルトン 「」に登場。 のと言えばっ先に思い浮かぶ人も多い。 通称「」。 役機である「試作機 」及び機の「試作二号機()」の専属として登場。 奪取時に「 私のが!」とするなど、当初から非的な面を見せていたが、紆余曲折を経ての「」と仲になる。 しかし、同時にので昔の人「」に深い未練を抱いており、終盤でを裏切って敵であるはずのをい、に対して威嚇の発までしている。 終盤での裏切りがあまりに衝撃的であった為か、がによる北へのを援護したと解釈してしまう者も現れたが、それは誤りである。 実際にはがニーに辿り着いた段階で既に点は突破されており、はによるニーの軌修正をしようともしていた。 、随所で見せる自身が担当する「」へのな言動や行動は、当時のの反感を買うきっかけとなった。 また、で再登場した際は表情のみで等の演出が一切なされず、への裏切りに対する反省や後悔などの態度がほとんど取れなかった点も、のふてぶてしさのを助長していると思われる。 あんまりと言えばあんまりな最後に「」とした者もいたとか…… 尚、版でははされ、以後の消息も不明である。 ちなみに、とのは、交代後の後半以降にとってつけたように作られた設定であった。 、第1話の強奪時にはの顔をしっかりと見ているが「よ、」とつぶやいている まあ、元カレの顔も忘れたという悪評を産んでしまうのだが。 そのため、前半と整合性が取れていない部分が多く、それがの不可解な行動の要因でもある事を付け加えておく。 後発の版においては、最後の裏切りも『に抵抗のを射殺させたら、彼は一生後悔することになると考えた末の行動』という、較的好意的な解釈がなされ、との和解も描かれている。 カテジナ・ルース 「」に登場。 とは違う意味で最悪の女=とされる。 作中最大の加者であり者でもある。 通称「」。 序盤、「」が憧れる「利発で優しい」として登場。 敵に人質として攫われてから士官「クル・ャー」に惹かれ接近、急速に敵軍に関わっていき、もが思い描く像から大きく乖離していくことに。 を束ねて再登場した際には既に別人のようなになっており、当時の達を驚かせた。 中盤以降、序盤の「」という面はまるでくなり、冷酷で狂気じみたに変貌を遂げてらの前に立ちふさがるようになる。 更にが終盤へと向かうと、行動はどんどん。 人の死をなんとも思わない冷な行動と言動、ネネカ隊のような常軌を逸した非なを揮し、として行動していたはずのオデロやをいとも容易く殺し、の反逆にも狂ったようなを上げるなど正気の沙汰ではなくなっていく。 最終的にはクルをも手篭めにして操りと殺し合わせるまでに至り、の最期の最期まで圧倒的なを放った。 の狂気の代弁者のようなであり、その悲痛なには擁護・同情のも高いが、総合的に判断してやはり「最悪」であったと言えるだろう。 ちなみに、軍パにて、操縦訓練に行して手術を受けたとする説がある。 敵軍に攫われてに上がってから、再度登場するまでにかなりの時期がある事、序盤では操縦に対して特筆するような描写はかったが、再登場時にはすでに士官の操縦技術を身につけていた事(最終的には両軍であるやクルに匹敵するまでに成長)、そして時を経るごとに顕著になる狂気の片鱗がその由来である。 や書籍等でも意見の分かれるところであるが、版においては、時に負った重傷を治療すると共に強化手術を受けている。 3人目の悪女 3人の補は多く、の間でも意見が分かれるところである。 2大として良いのではないかという意見もある。 また、3人をあえて不詳に留める事で、作品における「」という存在の深さを表現しているとも言える。 以下、作品開順に記載する。 キシリア・ザビ 「」に登場。 を統べるザビの長女にして軍官。 野心で知略に富み、開戦以前から様々な陰謀や謀略に関わってきた。 ザビの次サスロ暗殺への関与、キャ暗殺のために関係なシャトルを爆破、当時のグラナダを含む反対や内通者を次々と暗殺、開も独自の組織であるキを揮し、軍内部の綱紀粛正を行って将校からは恐れられていた。 と共に一族であるドズルを見捨てたり、デ暗殺に荷担したりと、とにかく冷酷な人物として描かれる事が多い。 しかし、後発の「」にて補・変更された箇所も多く、版では違った側面(への感情など)を覗かせている。 また、年齢的にもな印が強く(といっても版当時は24歳の設定、では代前半)、というよりも、「の女」であり、男を弄ぶという印は薄い。 ララァ・スン 「」に登場。 としての素養をに見いだされ、の部下としてに同行する。 富野によるの記述や、の担当であるが演技導の際に富野に聞いたところによると、ララァはとの体関係もあったとされる。 6のニーでと運命的な出会いを果たすと、その後のでと精的に共鳴する。 が、に割って入ったをいの攻撃により命を落とす。 はララァとの間にのを見つけるも自らララァを殺してしまい、または「になってくれるかもしれない」を失うという、お互いに大きなを背負うことになる。 が終わった後も、2人ともララァを忘れることが出来ず、大きな存在となって心に残り続ける。 「」ではの夢の中に現れを「純な人」として評価しているが、はこれに反発している。 もこの時に現れたのがララァ本人であるかは定かではないが…… ララァ本人に冷酷な「悪」の面はほとんど見られないが、死んだ後もをた2人を振り回し続け、2人の戦う運命を決定づけてしまったという意味で「」と見る向きもある。 レコア・ロンド 「」に登場。 であったが裏切り敵対する、というにおける裏切り者のはしりのような存在。 序盤、の中核の士官として登場。 中盤以降、と出会いに投降、直属の手駒として達の前に立ちふさがる。 不本意ながらも2:バンチへのによるを揮(内心は隊がしてくることを期待していた)、最終的にとの対決に敗れ戦死する。 として降下した際に捕らわれてとしての辱めを受け、これが裏切りへと至る心の変化の遠因になったこと、裏切りはしたもののの中でもがあり、にニーのを教えたり、をって味方であるはずののを撃墜したり、意識のうちによりをおうとする描写があったりする点が、になりきれない可哀想な一面を覗かせる。 ハマーン・カーン 「」「」に登場。 通称「」。 と第一次ン抗争において重要な役回りを果たした。 介入時には、第三勢として様々な策謀を巡らせ、ジャミトフを暗殺しようとしたりアクをグラナダに降下させるを揮したりもした。 終盤、三つの最終から離脱して戦を温存した率いるアクは、その組織名を「ン」と称、のの隙をついて各に制圧部隊をして圏を握、第一次ン抗争を引き起こす。 へのの決行や、忠実な部下であるマーを化するなど、冷酷で非な面も多い。 軍の導者の行動であると言う点と、心であるグに裏切られてなし崩し的に追いつめられてしまうところや、最終的に心しにを見出して死ぬところ、そしての方がにだったりにし続けた等、自身が男に振り回されていたように見えてしまう点などがとしての印を薄くしていると思われる。 クェス・パラヤ 「」に登場。 理想の像として「」に巡り会い近付くが、人であるの存在との言動に反発し、とのを機に敵軍に寝返ってしまう。 を開させて戦いの中でを殺、らとも死闘を演じるが、最終的にはの説得を聞き入れることなく。 その際、をうような行動もしている。 女というよりも・である点と、な生い立ちと不安定なの感情をララァの似姿としてに利用されているということ、実際はに参加しただけでとしてのがほとんどいという点がの分かれるところである。 シーマ・ガラハウ 「」に登場。 通称「」。 艦隊を率いてに参加。 しかし、に対する忠心はさらさらく、安住の地を得るとしてを利用、策謀を巡らせた。 終盤、反逆を起こしてーズを射殺しグワデンを撃沈。 以後、との密約の下艦隊としてを離脱するが、の猛攻によって戦のほとんどが壊滅、自らが搭乗するものにより刺しにされ、壮絶な最期を遂げる。 時には様々な汚れ役に手を染めはしたが、軍人として命に従っただけであり、自身が望んで行ったわけではないという点と、とにかく幸の薄い略歴(故郷をにされたり、・破壊などのぶりをからも蔑まれ、時にはアクへの亡命も拒否された)がらしくない、むしろ哀れという意見も多い。 また、を邪魔しなければ及びその後の戦乱は発生しなかったという説もある。 ガンダム3大悪女としての3人目 アナザー作品を含めた場合、以下のも3番の補に上る。 フレイ・アルスター 「」に登場。 ニー・オポに通うで、洋次官・ターの。 はに淡い憧れを抱いていたが、は同じオポの、の婚約者でもあった。 のオポ襲撃の際に救命で脱出、に拾われる。 その後はやと共にに身を寄せる。 軍にの乗る艦を落とされたことから、コーディネイターへの憎悪を抱き、に乗るの戦いを促す。 同時にで疲弊していくへ体的な慰めを与え、としては初の での性行為が放映されることになった。 そののようにへは冷たく当たるものの想いまでは捨て切っておらず、おかげで両者は体だけというな関係に陥ってしまい、は精に変調をきたし更に戦いへのめり込んでいくこととなった。 男を惑わし戦いに駆り立てたという意味での「」ではあるが、行為に及んだのはを殺したコーディネイターへの心の結果であり、動機としてはまともである。 またから降りた後もにされ、よりの具を持たされてを漂流させられる、連合軍に復帰するもから脱出した際に脱出艇をされ非業の死を遂げるなど、最期まで戦禍にされ続けたことからの者として同情的な見方をされることも多い。 戦火に巻き込まれて以降、およそ幸福とは言い難い生涯に終わったではあったが、討たれた直後にが見た精においては憑き物が落ちたように穏やかな表情を取り戻し、と対話し謝罪の意を見せている。 死後とはいえきっちりと反省し、和解が描写されたという点は大きいだろう。 ラクス・クライン 「」「」に登場。 トの導者、・のであるが、のとしても有名であった。 地上で負傷したを匿い、に軍の最新鋭機であるを与えたことで、からは反逆罪でされる。 その後が謀殺されたこともあり、ドド、ダタと共に軍のを奪取、、クと合流しいわゆる「三隻同盟」を結成、ヤ・戦役に参戦する。 停は表には立たずとで隠遁生活を送るが、何者かに暗殺者を差し向けられたこと、自分のニセモノであるがのとしてに参加していたことなどから議長へ疑念を向ける。 でを脱出した後、と合流、クトリーにおいて新の開発をひそかに揮するなど、に対する戦増強を図る。 がを発表したことで戦いを決意し、らと合流、を打ち滅ぼす。 はの最高評議長になる。 の謳う「の」というからは程遠い人物像であり、する相手に軍の最新鋭機体を渡した反逆行為、自ら戦へと赴き武行使も厭わない行動、後に導者としての自覚なく隠遁したことで争いの火種を生み出した結果、の暗躍により却ってを悪化させた部分はされることが多い。 しかし、組織としての行動である為、ラクス個人をとすることに対する疑問のも大きい。 また作品上かどうかではなく、単にラクスへの好き嫌いでと判断している意見も多い。 ネーナ・トリニティ 「」に登場。 初登場時はただのといった印だったが、初登場時から2話後に本性を現す。 殺戮を楽しんでいるようであり、「もう、たまんない!」とか言い出す。 さらに、「自分たちがおしてるのにに遊んじゃって!」という理由のため、場を襲撃。 の 生身のにをぶっ放すというもびっくりな悪行をした。 を殺されて4年たった2期でも 全く心しておらず、 消し飛んだ町を見て「もう、たまんない!」とか言っている。 そして4年間仕えてきたを「が大嫌い」と言ってもろとも射殺。 最期は場の一の ? 生き残り、の手によって葬られた。 あまりの悪行に、の一部からは、「同情の余地は」と言われる始末。 あえて言わせてもらうとすれば、ズのをとれなかった事く いうまでもなく行いは補の中でものであるが過ぎてほかにべ格が足りないとの意見もある。 ロマリー・ストーン 「」に登場。 のとそのであるの。 にによる攻撃を受け、その最中にに乗り敵対するとを撃する。 後はと同じように軍に入隊、ディーヴァのオーターを勤める。 学園時代からに好意を寄せていたようで、時折そのことをめかしている。 3人が再会した際、を向けてを射殺しようとしている最中のにしようとしたり、を奪い軍にしろというの言葉を視してをい、結果的に逃走の手助けをしてしまっていることなどが問題点として挙げられる。。 それらの行動が上記のにかなり酷似しているため「」と呼ばれる事も。 さらに問題なのが、のであるのがであることから とする可性が高く、簡単に言ってしまえば たのではないかというところがの原因となっていた。 にてに自分がのように振舞っていたことを反省、 謝罪した。 その後のを受けてこれを承諾、する。 何だかんだで修正されてた。 関連動画 関連静画 関連項目• 彼女らに関わってしまった男達 宇宙世紀• クル・ャー アナザー•

次の

いけっち店長雑記

ニナパープルトン

ニナ・パープルトンとは、「」の登場人物である。 同作品のであるが、後述の行動から、などのを受けることが多い。 通称()はをもじって「紫豚」 概要 ・ロニクスの社員であり、の担当者。 機体の性試験のために降り立ったで、であると出会う。 の中で徐々にと親密になるが、の終盤で突如敵側の、との交際歴が発覚。 さらに際の直接対決でをかばうなど、いまだ未練たっぷりであることを見せつけを裏切った。 に事が済んだあとはまたの前に顔を出すなど、反省はもく自分のに素直な面をのぞかせる。 このような行動から・とのが多く、に挙げられることが多い。 なお、3大にはニナ・パープルトンの他、()、 ()、(、)、()などが補に挙がるが、とはとして考えることが多く、• というより狂人の• というよりただのわがままな というかに翻弄されたでしかないという意見もある であるクェス• というより女、女傑の• 悲運に翻弄され、そもそもであるかすら疑わしい、やったことを見ればであることは確かだが根っからのというわけではなくためにだっただけの など、3大への列挙にがある他人物にべ、ニナ・パープルトンはとして不動の地位をしている。 関連項目•

次の

ニナ・パープルトンとは (ニナパープルトンとは) [単語記事]

ニナパープルトン

小説が後付け(補足)だと思います。 ちなみに私は小説もアニメも見てます。 ここで(補足)とつけたのは、「製作者は、ニナを悪者にしたかった」 とは思えないからです。 問題のシーンの最大の原因は「ニナがかつてガトーと恋人だった」 という点です。 ではなんでそんな設定を入れたのか。 私が考えるに、製作者が「ガトーとコウ、二人の男の人間性をより前面に出したかったから」です。 ガンダムでは最終局面当たりで敵同士がMSを降りて戦うのがお決まりになってます。 (ア・バオア・クーでアムロ対シャア。 コロニー内でクワトロ対シロッコ対ハマーン。 など) 機体を通してでなく生の感情を相手にぶつけることで、より視聴者にキャラクターの 人間性を印象づける効果を狙っていると思います。 0083のメインは「ガトーとコウの対決」。 製作者としては二人の対決をより鮮明にしたかった。 だが二人がただドンバチするだけでは二人が初めて出会った当初や1号機と2号機の戦いの延長でしかない。 物語も終盤。 劇的な出来事を持ってくることで、二人の人間性をより強調する必要があった。 その白羽の矢にたったのが、ニナのあの行動だったと私は思います。 恋人に裏切られ(たと思いこみ)苦しむコウ。 かつての恋人を殺したくないために二ナを気絶させ、部下に託したガトーの優しさ。 ニナの問題のシーンを取り入れることで、より二人の人間性が浮き彫りになったと思います。 自らが「宿敵と認める敵」と決着をつけるため命を落としたアナベル・ガトー。 「圧倒的実力差のある敵」の背中を追い続け、ついにはその敵と互角に戦えるまで成長したコウ・ウラキ。 そんな二人を愛したこと。 そして二人の男を見捨てることができなかった彼女の優しさがニナにあの行動をさせたのだと思います。 コウもニナの本当の気持ちに気づいていた。 だからラストでニナがコウに笑みを浮かべることが出来たのだと思います。 だが視聴者にはそんなニナの不器用な優しさは理解できなかった、 というよりあまりの意外すぎる突然の行動に「ニナはコウを捨てた悪女(尻軽女)」 とインプットしてしまった。 それを払拭する(誤解を解く)意味で、小説であのような文章が足されたのだと私は 思います。

次の