ハリギリ。 木材図鑑「せんのき・針桐」

ハリギリとは

ハリギリ

ウコギ科 Kalopanax pictus 北海道、本州、四国、九州、沖縄に、また朝鮮、中国、ロシアに分布しますが、産地としては、北海道が最も有名です。 この樹種は、木材としてはセン、樹木としては枝にとげがあることからハリギリと呼ばれます。 木材をオニセンとヌカセンと呼んで、2種あるとすることがあります。 これは分類学上の違いによるものではなさそうです。 オニセンと呼ばれるものは、年輪幅が広く、より重硬で、乾燥などで狂い易いですが、ヌカセンは年輪幅が狭く、より軽軟で、加工し易く、どちらかというと、家具用には後者が好まれているようです。 木材 年輪の境には大きい道管が環状に配列しているため、年輪がはっきりと見え、肌目は粗くなっています。 一般に樹木の成長がよい若い時期に形成された木材では、年輪幅が広くなるので、年輪内に占める環状の道管の部分の割合は少なくなり、繊維の部分の割合が増えます。 このことによって、その年輪内の細胞の壁の量が増え、比重が増加することになります。 逆にだんだんと樹齢を重ねると年輪幅が狭くなり、逆に比重は低くなります。 気乾比重は0. 40~0. 52(平均値)~0. 69で、広葉樹材としてほぼ中庸です。 心材は淡黄褐色あるいは黄白色で、辺材はやや淡色です。 木材の耐久性は低く、加工はし易いといえます。 とくに年輪幅の狭いものは、より軽軟で、加工し易いため、家具用材としては好まれていますが、あまり軽軟になると脆くなりますので、逆に使いにくくなります。 用途 家具、合板、器具、建築、下駄(価格の低いもの、ヤマギリと呼ばれる)などに用いられる。 木材特性表 セン の特性表 気乾比重 平均収縮率(%) 強さ MPa 曲げヤング係数 GPa 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断 0. 50 0. 14~0. 17 0. 27~0. 32 58. 9~82. 4 30. 5~43. 1 6. 5~9. 3 7. 5~10.

次の

ハリギリ

ハリギリ

木材図鑑「せんのき・針桐」 セン 【栓】 castor aralia [その他の名称] センノキ【線木】、 ハリギリ 【針桐】、 ヤマギリ 【山桐】、 ボウダラ、ツブとも呼ばれる。 ウコギ科ハリギリ属の落葉広葉樹。 学名:Kalopanax pictus 日本各地に自生するが、多くは北海道である。 また、樺太、朝鮮、中国にも分布。 辺心材の境界は明瞭で、辺材は淡黄白色、心材は淡灰白色。 年輪幅は極めて狭く、明瞭である。 材は、軽く軟らかく加工がしやすい。 材の保存性は低い。 気乾比重 : 0. 50 家具材、下駄材、合板材、造作材として用いる。 木目が高級材の欅に似ることから、着色して代替品に使われることがある。 枝は太く、鋭いとげが多いことから針桐 ハリギリ とも言う。

次の

木材の種類と特性

ハリギリ

ハリギリ(センノキ)は、イタヤカエデの葉を二回りくらい大きくした葉(掌状浅裂葉)をしていて、一目でそれと分かるため、直ぐ覚えられる樹木です。 そして、この樹は札幌の中心部で、大きな公園にも、山中にと場所の偏りなく100年を超えるような大木があります。 この樹はイタヤカデやハルニレと肩を並べる、この札幌で最もよく見かける樹(自生種)の一つです。 2011. 1 真駒内公園 真駒内公園には135年を超えるハリギリが2本あります。 その内の1本で、樹高21m、目通幹周315cm(幹径約1m)樹齢200年の大木です。 (真駒内公園のホームページより) 2011. 1 月寒神社 月寒公園に隣接する月寒神社です。 そこにある大木です。 樹高は、近くで見上げるだけで検討がつかないのですが、20mは十分にありそうです。 それよりも、この樹は地際から1~1.5mの辺りで直径が50~70cmもある幹が均等に5本真っすぐ上に伸びて樹形をつくっていることです。 近づいて上を見上げると、一種吸い込まれそうな大きさを感じます。 2011. 1 月寒神社 2011. 2 円山 円山に登る山道沿いにあります。 台風などの強風で幹が斜めに傾いたのでしょか?主幹と主枝の付き方からそのように見えます。 2012. 24 中央区北1条西7丁目 STV北側 樹高 約13m、幹周2m弱(幹径70cm)、樹齢約120年の樹です。 都心部には、この樹のほかに、北1条西2丁目の歩道に、道庁南口、北1条西6丁目にある道立文書館別館横に樹齢100年を越すと思われる大木が残っています。 ハリギリは肥沃な土壌に生育するといわれています。 豊平川が運んできた栄養のある土壌が広がる扇状地、今の札幌で言えば、中央区、南区、豊平区、白石区、東区には、その昔、このようなハリギリの大木があちこちに生えていたのでしょうか。 1 冬芽 2012. 芽鱗(蕾の保護をする)は2枚のように見え、色は暗紫色でつやがあります。 2011. 30 4月下旬、冬芽がふくらみ、暖かければ明日にでも展葉しそうです。 2011. 15 5月中旬、展葉しています。 ハリギリも食べられますが、これは開きすぎのようです。 蕾から少し葉が開きかけ位のものが食べ頃です。 しかし、苦味やえぐみが強いらしく、味はタラノ芽より落ちるようです。 2011. 4 8月上旬~お盆の頃にかけて、写真ファイルのように白い花を樹冠一杯に咲かせます。 国道230号線(石山通)を車で中心部に向かって走り、五輪通の下を潜り抜けて上がりきったところで、前方左側に藻岩山が見えます。 夏の盛りに、この斜面のところどころにハリギリの白い花を見ることができます。 2011. 4 ハリギリ、タラノキ、エゾウコギなどウコギ科の仲間は多数の花が集まって球形になる咲き方(散形花序)をするものが多いです。 この花は最盛期を過ぎています。 5枚の花弁と5本?の長く延びた雄しべが目立ちます。 2 名前の由来 牧野新日本植物図鑑では、 針桐の意味で、葉の大きいことをキリに見立て、枝に針があることを述べた名。 センノキは語源不明。 ・花期 7月中旬?~8月旬 ・分布 日本、南千島、サハリン、朝鮮、中国 カテゴリー: 作成者:.

次の