つまみ飾り。 振袖用帯締め つまみ飾り 「赤・桃色・黄・水色・黄緑・紫・白 全7色」正絹帯締め 丸組紐 つまみ細工 振袖向け帯締め<H>(メール便不可) :047326:京都きもの町

ちょっと待って!成人式のつまみ細工の髪飾りを探す前の注意点!お洒落なつまみ細工と野暮ったくなるつまみ細工の違い

つまみ飾り

「 つまみ細工」とは 江戸時代から伝わる技法で、布を正方形に小さく切り、つまんで折りたたみ、組み合わせることによって花などの形をつくるものです。 丸つまみ と 剣つまみ つまみ方の基本に、 『丸つまみ』 と 『剣つまみ』 というものがあります。 今回は 丸つまみ のパーツを使った ヘアピンのレシピをお教えします。 材料準備• つまみ細工本体につかう生地• ピンセット• ボンド or でんぷんのり (乾くと透明になるものが良いです)• ヘアピン台• つまようじ• 洗濯バサミ• カッター• ビーズ 中央に飾るのに使います• 濡れふきん 作業中に手やパーツなどを拭くのに使います この記事で使用する生地について 一般的に「ちりめん」や「正絹の生地」などを使用する事が多いのですが、 今回は当社の カラー帯芯 のはぎれを使用しました。 程良いハリがあり、カラーバリエーションも豊富で意外な活用方法を見つけました^^ 正方形にカットします。 このように厚紙を用意しておくと便利です。 今回は 3cm四方 と 2cm四方 を用意しました。 土台となる厚紙と、それをくるむ布を用意します。 直径2cm の厚紙の土台と、 それより ひとまわり大き目にカットした布(かなりアバウトに切っています^^;) 折る 半分に折ります 折った布の中心をピンセットでつまみます さらに半分に折ります 折った布の中心をピンセットでつまみ直します 下部に出たビラビラをそれぞれ上に折りあげます 接着 ピンセットを抜き、まとまっていない部分の先端にボンドをつけます (つけすぎないよう注意してください) つけた部分を指でギュッとはさみます !このように洗濯バサミを利用すると乾く間に次の作業に移れるので便利です。 整える パーツの高さを変える為、点線部分(図解)をカットします。 このようにパーツを低くすることによって、花びらパーツを上に重ねた時に程良い高さになります。 今回は二段にするので切りましたが、一段の場合は切る必要はありません。 好みの高さに調整してください。 ピンセットで花びらの角をつまみ立てて形を整えます。 立てた部分を内側につぶしても可愛らしくなります。 花びらパーツ完成 花びらパーツが完成しました。 ここまでが 丸つまみ という技法です。 上段 大きい花びらを一段目 下段 小さい花びらを二段目に使用します。 土台の準備 厚紙の土台をピンに合わせ、図の位置にペンで印をつけます。 点と点を線でつなぎます 線の部分にカッター等で切り込みを入れます 切り込みの部分からヘアピンを差し込みセットします。 (綺麗のコツ!) 上図のようにセットします 布の回りに切り込みを入れておきます 布部分にもボンドをのせます 内側に折っていきます くるめました! こちらが表面になる部分です。 (中央は隠れるので空いていて大丈夫です) 花びらパーツをのせる 土台にボンドをのせます (たっぷり目に!) 花びらパーツをのせていきます 花びらの位置をピンセットで調整します 裏面からも整えます 一段目完成 花中央にボンドをのせます (中央にこんもりと) 二段目の花びらをのせていきます 二段目完成 これでほぼ完成です! ビーズをのせる 中心にボンドをのせ、好みのビーズをのせます。 完成!!! かわいい!!!!! 思わず自画自賛してしまいます^^ このように、つまみ細工はキットを買わずとも手持ちの布で簡単に作る事ができます。 お子さんの 七五三の髪飾や、 成人式などに手作りつまみ細工をプラスできたらとっても素敵な思い出になりますね!! 是非ご参考になさってください。 ハンドメイド レシピ一覧.

次の

振袖用帯締め つまみ飾り 「赤・桃色・黄・水色・黄緑・紫・白 全7色」正絹帯締め 丸組紐 つまみ細工 振袖向け帯締め<H>(メール便不可) :047326:京都きもの町

つまみ飾り

つまみ細工には、花弁が丸く膨らむ「丸つまみ」と花弁の中央が折りたたまれる「剣つまみ」があります。 丸つまみの方が花びらの幅が広くなるため、1つの花における花びらの枚数が少なくなり、剣つまみの方が細長い花びらになるので、枚数が多くなります。 つまみ方や切る角度などで様々な表情をつけることができます。 丸つまみでは、桜や紫陽花などの1枚ずつの花びらが大きめの花がよく作られ、剣つまみでは、菊などの花びらが細長いものがよく作られます。 花の特徴に合わせて、作ってみると良いでしょう。 布の種類もちりめんが使われることが多いですが、大体はどんな布でも作ることは可能です。 ちりめんにも、丹後ちりめん、浜ちりめんなどの種類があり、羽二重などが使われる場合もあります。 厚すぎる、薄すぎる布の場合は、作るのが難しいかもしれません。 つまみ細工に必要な材料は? つまみ細工に必要な材料は布(ちりめん)とのりだけ 丸つまみは、花びらの真ん中がぷっくりしますので、花びらに存在感のある花を作るのに向いています。 花びら1枚でも立体感があるのも特徴です。 準備するもの• 正方形に切った布 5枚• 土台となる厚紙と厚紙に貼る布 適宜• 中央に載せる飾りビーズ 適宜• ピンセット• 布用接着剤• 洗濯バサミ• つまようじ 丸つまみの簡単な作り方• 正方形の布の角をきっちりと合わせて半分に折り、三角形にします。 ピンセットで真ん中を持ち、さらに半分に折ります。 ピンセットを中央に持ち替え、開いている方の角を外側から折り、さらに半分の大きさにします。 布の端になっている方に接着剤をつけます。 接着剤はつまようじなどを使って少量つけ、洗濯バサミなどでつまんでおくと乾かしやすいです。 同様にして、5枚の花びらを作ります。 花びらの大きさに合わせて、厚紙を丸く切り、布を貼ります。 土台にたっぷりと接着剤を乗せ、出来上がった5枚の花びらを乗せて形を整えます。 中央に接着剤を乗せ、お好みのビーズなどを乗せて乾かせば完成です。 【剣つまみ】で作る簡単つまみ細工の作り方 剣つまみは、丸つまみに比べて1枚ずつの花びらが小さく(細く)なりますので、たくさんの花びらを作って組み合わせることになり、より細かく繊細な花を作ることができます。 準備するもの• 正方形に切った布 8枚• 土台となる厚紙と厚紙に貼る布 適宜• お好みの花の中心となるパーツ 適宜• ピンセット• 布用接着剤• つまようじ• 洗濯バサミ 剣つまみの花の作り方• 角をきっちり合わせた三角形に折ります。 真ん中をピンセットでつまみ、さらに半分に折ります。 ピンセットを真ん中に掴み変え、さらに半分に折ります。 布の端の部分に接着剤をつけます。 接着剤はつまようじなどを使って少量つけ、洗濯バサミなどでつまんでおくと乾かしやすいです。 同様にして8枚の花びらを作ります。 花びらの大きさに合わせて、厚紙を丸く切り、布を貼ります。 土台にたっぷりと接着剤を乗せ、出来上がった5枚の花びらを乗せて形を整えます。 中央に接着剤を乗せ、お好みのビーズなどを乗せて乾かせば完成です。 つまみ細工の応用的な作り方【髪飾り】 つまみ細工の髪飾り(ヘアピン)の作り方 花が出来上がったら、ヘアピンに止めるだけの簡単髪飾りです。 ピンの片側だけにしっかりと花を取り付けることがポイントです。 花を並べても、可愛い仕上がりになります。 剣つまみの花の作り方は、「つまみ細工の簡単な作り方【剣つまみ】」をご覧ください。 準備するもの• 花芯の飾り用ビーズ 6個• 土台用の厚紙と厚紙に貼る布 適宜• ヘアピン つまみ細工のヘアピン• 剣つまみで花びらを8枚作ります。 花びらのサイズに合わせて土台を作ります。 土台をヘアピンに固定し、布を貼ります。 裏側から見て綺麗に見えるように貼ります。 土台の上に接着剤をたっぷり乗せ、花びら8枚を綺麗に乗せます。 花の中央に接着剤を乗せ、花芯用のビーズを乗せたら出来上がりです。 つまみ細工の髪飾り(ぱっちん留め)の作り方 小さな花をたくさん作って作る紫陽花のかんざしです。 1つの花につき花びらは4枚ですが、1枚ずつのサイズが小さく、綺麗な丸にするためには、多少根気が必要ですので、少しレベルアップしたいときにチャレンジしてみてください。 丸つまみの花の作り方は、「つまみ細工の簡単な作り方【丸つまみ】」をご覧ください。 準備するもの• 5cmの布 13枚• 花芯用ビーズ 13個• 球台 5cm球• 球台に貼る布 適宜• 垂れ用の組紐やチェーン 適宜• 9ピン 1本• かんざし用パーツ 1本 つまみ細工の紫陽花かんざしの作り方• このとき花びらを広げて紫陽花の花びらのように形を整えます。 中央に花芯用のビーズを乗せます。 同様にして9個の花を作ります。 球台の上下に9ピンを取り付け、上下に輪を作ります。 球台に布を貼ります。 9個の花を球台に貼っていきます。 綺麗な半球になるように整えます。 9ピンの上の輪にかんざしを取り付けます。 9ピンの下の輪に垂れとなるチェーンや組紐を取り付けます。 形を整えたら出来上がりです。 自分で手作りしたヘアピンやかんざしを使って、ヘアアレンジをしてみてはいかがでしょうか。 こちらの記事も参考にしてみてください。 つまみ細工の花に、芯をつけて作るブーケです。 生花のブーケのような形に作ることができ、材料として、ぬいぐるみなどを用意しても良いでしょう。 丸つまみ、剣つまみを使い、好きな花をたくさん作って、ブーケにしましょう。 準備するもの• 花に必要な布• 台紙用厚紙と厚紙用の布• 花芯用のビーズやヘップなど• 花の茎用針金• ブーケの形を整えるためのレースやリボンなど• フローラルテープなど つまみ細工のブーケの作り方• 土台となる厚紙を丸く切り、真ん中に穴を開けます。 土台の真ん中の穴に針金を通し、接着剤などで固定します。 土台に布を貼ります。 針金にはフローラルテープなどを巻きます。 土台の上に花びらを貼り、花を仕上げます。 同様にして、つまみ細工の花をたくさん作ります。 葉っぱも作っておくとより綺麗なブーケになります。 花が出来上がったら、綺麗なブーケになるように針金の芯をまとめます。 いくつかに分けながらまとめていくと、綺麗にまとまります。 レースやリボンなどでまとめたら、完成です。 つまみ細工のボールブーケの作り方 球台につまみ細工の花をつけて作るボールブーケです。 花の色、種類などとともに、持ち手や垂れなどを工夫することで、バリエーションは無限大です。 材料となるつまみ細工の花は、先に準備しておきましょう。 準備するもの• つまみ細工の花 多数• 組紐、レースやリボンなど つまみ細工のボールブーケの作り方• ブーケにするための花をたくさん用意しておきます。 球台の中心に穴をあけ、2つ折りにした針金を下まで通します。 針金の輪に持ち手となる組紐やリボンを通して軽く結びます。 針金の下側は、輪を作りしっかりと止めます。 針金と球台の間に隙間ができないように、接着剤でしっかり固定します。 下側の輪にも垂れとなる組紐やリボンなどを通し、軽く結びます。 球台に布を貼ります。 軽く止めておいた持ち手と垂れの組紐などを、しっかりと止め直します。 バランスを確認しながら、隙間ができないように花を貼っていきます。 球台が見えないようにしっかり花をつけたら、できあがりです。 白やパステルカラーで作るブーケは、ウェディングブーケにもおすすめです。 ブーケを素敵に綺麗に作りたい、そんな場合はこちらも参考にしてみてください。 つまみ細工と、おしゃれなパーツを組み合わせたピアス(イヤリング)です。 パーツの組み合わせ方は、基本を抑えれば同じなので、好きな組み合わせをどんどん見つけてください。 準備するもの• 大きい花びら6枚、小さい花びら5枚を丸つまみで作ります。 台紙用の厚紙を丸く切り、布を貼ります。 台紙に接着剤を乗せ、Tピンを乗せます。 Tピンの端に輪を作ります。 台紙に接着剤を乗せ、大きい花びらを並べます。 Tピンの輪の位置が上になるので、注意して乗せます。 大きい花びらに接着剤を乗せ、小さい花びらを並べます。 小さい花の中央接着剤をつけ、コットンパール(小)をつけます。 フープパーツに、小大小と並ぶようにコットンパールを通します。 丸つまみの花とフープパーツと丸カンでつなぎます。 直接つなぐと花の向きが変わるので注意しましょう。 フープパーツにピアス(イヤリング)パーツをつないだら出来上がりです。 剣つまみのピアス(イヤリング)の作り方 花びらは、剣つまみの作り方で作りますが、一手間加えることで、花びらの印象を変えることができます。 ちょっとしたアレンジで、バリエーションを増やしてみましょう。 準備するもの• ピアス(イヤリング)パーツ 1セット 剣つまみのピアス(イヤリング)• 剣つまみで花びらを作ります。 接着剤が乾いたら、花びらを外側に向けて開きます。 同様にして6枚の花びらを作ります。 厚紙を丸く切り台紙を作り、サイズを合わせて上下に輪を作った9ピンを固定します。 台紙に布を貼ります。 9ピンの輪にはかからないようにします。 台紙に接着剤を乗せ、花びら6枚を形良く乗せます。 花びらの中心に接着剤をつけ、花芯用のビーズをつけます。 9ピンにパールパーツを通し、上下に輪を作ります。 下の輪にメタリックパーツを取り付けます。 パールパーツをつけた9ピンとつまみ細工の下の9ピンを繋げます。 つまみ細工の上の9ピンにピアス(イヤリング)パーツをつけたら出来上がりです。 つまみ細工のブローチの作り方 準備するもの• 花芯となるメタルパーツ 1個• 土台となる厚紙と土台用の布• ブローチパーツ つまみ細工のブローチの作り方• 剣つまみで10枚花びらを作ります。 花びらの先をやや丸くします。 (1段目)• 剣つまみで10枚花びらを作ります。 花びらの先を尖らせます。 (2段目)• 丸つまみで10枚花びらを作ります。 花びらの先を丸くします。 (3段目)• 土台となる厚紙を丸く切り、布を貼ります。 土台とブローチパーツを接着剤で固定します。 動かせることを確認しながらつけます。 土台に接着剤を乗せ、3段目の10枚の花びらを均等に乗せます。 花びらの中央に接着剤を乗せ、1段目の10枚を乗せます。 3段目の花びらに合わせてバランスよく乗せます。 1段目と3段目の間に2段目の10枚を貼っていきます。 全体のバランスを見て貼ります。 花の中央に接着剤をつけ、メタルパーツをつけたらできあがりです。 手軽に始められて奥が深い枯れない花作りを楽しみましょう 伝統工芸であるつまみ細工は、やればやるほどハマること間違いなしです。 作業自体は難しいことはないですし、材料も簡単に準備できますが、完成までには根気が必要です。 だからこそ、出来上がった時の喜びはひとしおです。 布の色や素材、作る花の種類、その他のパーツなど、アレンジの仕方は自由自在ですので、出来上がったものは、和装はもちろん、洋装にも合わせることができますし、フォーマルなシーンからカジュアルなシーンまで、いつでも楽しむことができます。 部屋に飾ってもよし、プレゼントにもよし、そんなつまみ細工。 スタートするのに費用がほとんどかからないことも魅力ですので、ちょっと気になったら、初めてみてはいかがでしょうか。

次の

つまみ細工の作り方、種類、必要なもの!コツ・レシピについて【ハンドメイドの基礎知識】

つまみ飾り

こんなにきれいに作れるなんて私スゴイ~ と自画自賛したくなるほど。 初めてで自信がないよ、という方でもきっときれいに作ることができるはずですよ。 上級者になると成人式や七五三の髪飾りを作ることもできる つまみ細工はその技を極めていくと、 成人式や七五三で使う髪飾りを作ることもできちゃいます。 あの豪華なお花の飾りが自分でできると思うと凄いですね。 髪飾りを作りたいという理由からつまみ細工を始める方も結構多いようです。 着物を着る機会のある方は、ぜひ挑戦してみる価値がありますよ。 つまみ細工の作り方 それでは早速 つまみ細工の作り方をご紹介していきます。 私が作ったのは、一輪の簡単なお花です。 クリップに接着剤で止めて、可愛いらしいお花のクリップになりました。 思ったよりとっても綺麗に仕上がって満足です。 今回使うのは一番右の台紙 花びらを載せる台を作ります。 直径2センチの円に内側が6等分された写真のような図を紙に書きます。 私の場合はフェリシモのキットに入っていた台紙をそのまま使いました。 外側の線で紙を切り、厚紙に乗せてカットします。 そうしたら厚紙に接着剤をつけて、無地のちりめん ピンク に貼り付け0. 5センチののりしろを残してカットします。 のりしろに切れ込みを入れて接着剤をつけ折り返していきます。 先程の紙の内側の線をハサミで切り、花台に貼り付けます。 これで花台の出来上がりです。 花びらを作る 花びらを1枚ずつ作っていきます。 今回の花は 剣つまみというやり方で作ります。 花びらを折る方向で重なる位置が変わるので、注意です。 また接着剤をつけすぎると花がうまくいかないんですよね。 ほんのちょこっとだけつけるようにしましょう。 剣つまみとは? 剣つまみとはつまみ細工のつまみ方の1つです。 三角に折ることを三回繰り返してできます。 丸つまみと比べて先が尖った形になります。 同じようにして花びらを枚数分作る 同じ要領で、花びらを量産していきます。 柄ちりめんのピンクを3枚、無地ちりめんの黄色を2枚、無地ちりめんのピンクを3枚作りましょう。 花台に花びらを貼り付ける 花の台に花びらをくっつけてゆきます。 くっつけるときは、接着剤をつけすぎないように注意です。 順番は図のようにします。 ゆっくり形を整えよう 葉っぱを作る 無地のちりめんの緑三枚で葉っぱを作っていきます。 まずは花びらと同じ要領で、剣つまみを3枚作ります。 そうしたら約0. 5センチのところでカットして、切断面に接着剤を付けます。 接着剤が完全に乾く前に葉を反り返らせます。 花台に葉っぱをつける 花の台に葉っぱをつけてゆきます。 花びらの間をピンセットで広げ、葉っぱをつけていきましょう。 これで お花部分の完成です! ウッドクリップに花を貼り付ける ウッドクリップに接着剤をつけて、お花を貼り付けます。 乾いたら、可愛いつまみ細工のクリップの出来上がりです。 つまみ細工のお花の完成! できました! ペップの部分に戸惑いましたが、わりと綺麗に形になって満足です。 ぱっと見華やかで可愛いので、かなりテンションが上がります。 もちろんお花の膨らみが足りなかったり、左右対称じゃなかったりと多少不格好なところもありますが、そこは大目に見ていただけると… ほかにもパターンを変えるだけで違うデザインの花が作れます 和風の素敵な箱も作れます つまみ細工の初めてさんの基本のキでは、基本的な技法が学べます。 つまみ細工の代表的なつまみ方である剣つまみと丸つまみをしっかりマスターできますよ。 作り方の手順が写真入りで詳しいので、初心者の私でも戸惑わずに簡単に作れました。 フェリシモのつまみ細工キットの回数と価格 フェリシモのつまみ細工のキットは全部で6回です。 簡単なものから始めてだんだん難しいものに挑戦していきます。 セットの値段は 初回がお試し価格で1400円(税抜き)、2回目以降が1600円(税抜き)となります。 途中で止めることもできるので、とりあえず一回だけ試してみたいと言うのでもオッケーです。 初回 1400円(税抜き) 2回目以降 1600円(税抜き) 基本的なつまみ細工の技法を学ぶと様々なのデザインに挑戦できる! フェリシモの展示会ではつまみ細工で作られた様々な種類のお花が飾られていました。 バラ、梅、紫陽花、サザンカ、菊、都わすれなどなど。 それを見て、 色んなお花の作り方が記載された本もあります おそらく基本のつまみ方を覚えたら、本や写真を見てこれはこういうふうに作っているんだろうなとあたりをつけることができるはず。 そうしたら 作れる幅がぐっと広がるのではないかと期待しています。 フェリシモの綺麗に作れるコツが学べるつまみ細工を作ってみた感想 フェリシモのキットを使ってつまみ細工を作ってみた感想をまとめてみました。 つまみ細工は全くの初めてだったのですが、キットのお蔭かすんなり作れました。 教え方が丁寧でとてもわかりやすい 作り方の解説が写真入りで分かりやすかったです。 つまずきやすいところや、注意する点などもワンポイントアドバイスとして記載されていました。 初心者向けのこういう本があれば絶対買いますね。 私はつまみ細工がはじめてだったのですが、全くとまどうことなく作れたので凄いと思います。 ちりめんは少しぐらいずれてもなんとかなる ちりめんを切るときにうまく切れなくて大きさが歪になったりしたのですが、 ちょっとぐらい不格好でも何とかなります。 ちりめんのお花の豪華さに目を奪われるので、少しぐらい歪んでいても気にならないですよ。 初心者さん用のつまみ細工のキット つまみ細工の良いところは、やはり 見た目がとても豪華できれいな所です。 初心者でちょっとぐらい失敗したとしても、ほとんど気になりません。 誰が作っても上手にできるというのが、魅力だと感じています。 なので、作り終わった時はテンションが上がりますね。 こんなにきれいに作れた! 家族にも見せたところ、予想以上に好評でした。 嬉しいですね。 剣つまみはマスター出来た! と思う 剣つまみで花を3つ作ったので、もう剣つまみはマスターしたかなと思います。 ちりめんを折ってくっつけるだけなので、覚えることが少なく簡単です。 ただ、接着剤をつけすぎて花びらが鋭くなっているところもあるので、その辺は改善の余地ありですね。 ほかの種類の花も作りたくなる つまみ細工の花が出来上がると、 ほかの種類の花も作りたくなりますね。 私が作ったのは、剣つまみのとがった花びらの花ですが、丸い花びらのお花も作ってみたいです。 また、紫や青のお花も綺麗なので作ってみたいなと思っています。 フェリシモのつまみ細工のキットには四季折々の花を2つずつ作っていくコースもあるので、受講しようかなと検討中です。 せっかくきれいにできたので、どうせならいろいろ作ってみたいですよね。

次の