お昼 ご飯 献立。 たけのこご飯に合う献立・おかずは?主菜・副菜・汁物のメニューを紹介!

“時短節約家”の「1週間献立表」がめちゃめちゃ使いやすい!

お昼 ご飯 献立

夏休みの簡単昼ご飯はこれだ! あまり手間はかけたくないのが正直な気持ちだけど、暑いし成長期だから栄養のあるものを食べてほしいというのも本音。 そんなどちらの悩みも吹き飛ばす、 15分でできる簡単昼ご飯を3つご紹介します。 焼きうどん 昨日の残りの野菜とお肉でもできちゃう、バランスがとれた一品。 お醤油など濃い味付けが食欲をそそります。 子供も大人も大好きな味ですよね。 お野菜を多めにすれば栄養面もアップするので、野菜の量も工夫してみてくださいね。 ジャージャーそうめん 夏といえばそうめん! 絶対に家にあるけど、レシピのマンネリに悩む食材ですよね。 ただ茹でてつゆで食べるだけではなく工夫して調理してみましょう。 おすすめはジャージャーそうめん。 ひき肉は市販の甘辛味噌ソースと絡めればあっという間に完成!甘辛いお肉で食欲が止まりません。 そして子供たちのウケも最高!豚肉は疲労回復効果もあり、午前中から子供たちと一緒に遊びまわっているお父さん、お母さんにもピッタリなメニューです。 楽ちん!作り置きができるおすすめの昼ご飯3選 夏休みの昼ごはんというだけで悩むのに、さらに悩みなのが平日休みです。 最近のお母さんは共働きも多く、お昼にご飯を作ってあげることが難しい場合も多いと思います。 そんな忙しいお母さんもできる 作り置き昼ご飯をご紹介します! 牛肉ときのこのしぐれ煮 これさえあれば、あとはご飯とインスタント味噌汁でOK!糸こんにゃくがポイントのこのレシピ。 すごく好きでもりもり食べてくれますよ。 私はそぼろと卵を別皿に入れて置いておき、食べる時に好きなだけ炊飯器から器に入れたご飯にかけてもらっています。 肉ばかりが減るかな?と思いきや卵もかなり人気。 これも子供達大好き!! 豆腐入りふわふわ豚つくね 手間がかかりそうだけど、混ぜて焼くだけレシピで簡単。 あとはサラダとご飯があれば豪華な昼ごはんが完成です。 上記で紹介したレシピも美味しいし簡単だけど、さらに今回は悩めるお母さんをお助けする 5日分の献立をご紹介します! ある一週間の昼ごはんとして参考にしてください。 私だけかもしれませんが、エビピラフはとても難しいと思っていました。 しかし・・あれ?意外と簡単。 エビも子供が大好きな材料。 ぜひ夏休みに作ってみてください! まとめ 麺類は時短ですぐに出せて、レパートリーもあるので重宝しますね。 1品で満足できる丼や、オムライス、チャーハンなども、子どもも大好きなメニューなので一押しのレシピです。 夏休みのお昼ご飯を考えて作って…と本当に毎日大変ですよね。 なんか一日中ご飯を作っている気持ちにもなりますし、だからと言って簡単なものばかり作っていると罪悪感を持ってしまいがちになります。 しかし、我が家でもそうですがそんなものほど子供が喜んだりもします。 今回ご紹介したレシピが一つでも役立てばいいなと思います。

次の

さつまいもご飯に合うおかず・献立!主菜・副菜・汁物でバランス最高!

お昼 ご飯 献立

まとめて盛り付けるとカフェ風見えて、美味しそう 理想的なご飯は一汁三菜(ご飯に汁物、おかずを3品)と言われます。 でも、これは家族暮らしでもなかなかハードルが高いもの。 麺類や丼だと一皿で片づいてラクですが、ご飯に汁物、メインのおかずといった形を中心にした方がメニューバラエティも豊富で、飽きのこないご飯が続けやすくなります。 『』は、ワンプレートでまとめましたがメイン(+つけあわせ)、ご飯、汁物の一汁一菜メニュー。 飽きずにご飯が楽しめるスタイルです。 一汁一菜の献立の買い物は、まず肉や魚などのメインを決めてしまうとラク。 それに合わせて、つけあわせや汁物に必要な材料を揃えましょう。 料理初心者さんはつけあわせや汁物は冷凍食品やレトルトなどを使うのもおすすめ。 料理は続かないと、かえって無駄が出てしまいます。 できるだけ無理せず続けられる方法を選びましょう。 慣れれば幅が広がります ひとりご飯の悩みのひとつは、一度の料理で買った食材を使い切れないこと。 いつも同じ食材ばかりになってしまったり、使い切る前に悪くなってしまったりすることがよくあります。 料理できる頻度が週に3回以下なら、その日に作るものの材料をその日に買って帰るこまめ買いがおすすめ。 少し割高にはなりますが、できるだけ簡単に使い切れる少量のパックなどを選びましょう。 こまめ買いするメリットは、その日食べたいものを作れる点にあります。 特に料理初心者さんは、冷蔵庫に残ったものを見て、そこからメニューを浮かべるのが難しい。 事前にレシピを確認し、必要な材料を揃えた方が無駄を減らせます。 レシピはインターネットでも調べられますが、料理名や材料で自分で探しにいかなければならないため、初心者にとってはレパートリーが増えにくいことも。 個人的におすすめな一冊は『』。 ごく普通の家庭料理の基本的な作り方がていねいに紹介されており、これを一冊マスターできれば、毎日のご飯に悩むこともなくなるはず。 でも、難易度が高いまとめ買い 買いものに行く回数を減らすことで、節約や時間短縮につながるのがまとめ買い。 『』でも、そのメリットと方法についてお伝えしていますが、料理初心者さんや、頻繁に料理ができる環境にない人には難しい方法でもあります。 料理を定期的に続けられる人や材料からレシピを思い浮かべられる人は、少しずつ買い物の頻度を減らしていくと、節約や時短の効果を感じられます。 作り置きの料理を飽きずに食べきります 一人分の料理を作るのは難しく、余ってしまうことがよくあります。 でも、余っていると考えるのではなく、作り置きと考えると、毎日の料理がラクに。 作り置き一品はそのままでも、それにプラスして何かもう一品作るだけなら、簡単にきちんとご飯が用意できます。 『』でも紹介しましたが、一人暮らしのお弁当の中身は、その暮らしと同様で自由気ままでOK。 料理の無駄を減らせば、節約にもつながりますよ。 とはいえ、やっぱり同じ料理が続くと飽きてしまうというのなら、リメイクするのもおすすめです。 例えば、『』の味を変えたり、パスタやグラタン(『』)にしたりすると、目先が変わって最後まで美味しく食べられます。 他にも『』『』を使ったリメイクレシピを紹介しています。 毎日食べ続けるのを避けることもできます。 ただし、食材や料理によっては冷凍に向かないものもあるので、冷凍に向かないものは少なめに、冷凍できるものは多めに作るように意識してみましょう。 冷凍保存の基礎知識は『』にまとめてあります。 食材や料理を無駄にしないのはもちろん、完成した料理が冷凍してあると、電子レンジでチン!するだけでご飯が完成。 忙しいときにも役立ちます。 飽きてしまうだけでなく、栄養のバランスも偏ってしまいます。 かつて家庭科の授業で「五大栄養素」という言葉を習ったのを覚えていますか。 「炭水化物(糖質)」「たんぱく質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」の5種類で、それぞれきちんと摂れるのが理想的な食事。 といっても、きっちり揃えるのは面倒だし、無理な話。 だったら、毎回の食事に次の3つが1種類ずつでも、少量ずつでもいいので、すべて使って料理することを目指してみましょう。 さらに頑張れるなら、野菜・海草を多めに食べられればベター。 こうやって食材を分類しながら料理をすると、普段自分が食べていなかった食材にはどんなものがあるかわかってきます。 一人暮らしの場合、炭水化物やたんぱく質、脂質に偏ることが多いです。 意識して野菜・海草を取り入れるようにすると、レパートリーも広がり、飽きのこない料理につながります。 また、『』でも紹介したように、食材の色で揃えていく方法もおすすめです。 火を使わないので、暑い季節にもおすすめ 食材同様、偏りがちなのが調理法。 「そのまま」「焼く」「煮る」「炒める」「蒸す」「揚げる」「和える」などあるけれど、気づくと同じ作り方ばかり。 同じ食材でも調理法を変えると、目先が変わります。 先ほどは料理初心者向けとして料理本をおすすめしましたが、ある食材に対する調理法を探すなら、インターネットが便利です。 オールアバウトでもようになっています。 冷蔵庫に残った食材の使い道に困ったら、検索をしてみましょう。 特に一人暮らしでは「蒸す」「揚げる」は「蒸し器がない」「揚げ物は怖い」といった理由で敬遠されがち。 でも、蒸すのは電子レンジで簡単。 耐熱容器にラップでも蒸し物はできますが、専用のケース(『』)があると、より美味しく仕上がります。 また、揚げ物はキッチンを汚したり、揚げ油の処理に困ったりと面倒な点も多いのは確か。 でも、最近は電子レンジで揚げ物風に仕上げるアイテムが様々出ています。 『』でも紹介していますが、こういった便利アイテムを利用すれば、揚げ物にも気軽にトライできます。

次の

たけのこご飯に合う献立・おかずは?主菜・副菜・汁物のメニューを紹介!

お昼 ご飯 献立

献立作りのコツ めんどくさがりの私がたどり着いた献立作りは、ザっとですが1週間分の夜の献立を先に決めておくというやり方です。 そしてその決めた献立に必要な材料をまとめて買いに行きます。 献立を決めておくと買い物も楽ですよ。 もちろん、特売に釣られてメニュー変更なんてしょっちゅうありますが、そこは臨機応変に。 1週間分の献立を考える方がめんどくさそう!と思うかもしれませんが、慣れると本当に楽なのでオススメですよ。 朝食 朝はみんなバタバタしていて手抜きになりがちな朝食。 朝食は食べないという人もいるんではないでしょうか? 朝食は午前中に使うエネルギーを補給するためにとても大切です。 特に、炭水化物は脳のエネルギー源でもありブドウ糖の供給源なので、 朝食でしっかり食べておかないと疲れやすくなり、集中力が低下してしまうので仕事や勉強の効率が悪くなってしまいます。 ウインナーや卵焼きなどのおかずはお弁当を作る時に多めに作ります。 ミニトマトは買った時にヘタを取って洗いタッパーに入れているのでお皿にのせるだけです。 レタスは前日に多めにちぎって洗っておいて朝の分をタッパーに入れておきます。 その他、おかずを前日に朝の分まで多めに作って、食べられないように 笑 ラップをして冷蔵庫に入れておきます。 昼食 昼食は、それぞれ給食だったりお弁当という人が多いと思います。 給食なら栄養は考えて作られているので安心ですが、お弁当でも栄養は考えてあげたいですよね・・・。 でも朝からそんなに時間をとれないという場合は、きんぴらごぼうやひじきの煮付けなどの副菜をおかず用のカップに入れてタッパーに並べて入れ冷凍した自冷食をたくさん作っておくと便利ですよ。 主菜は前日の主菜を入れ、卵焼きやウインナーをプラスするだけならそんなに時間もかかりません。 夕食 先ほども述べたように、私は夕食の献立を立てているので考える時間がなく、すぐとりかかれます。 夕食は、家族が学校や会社から帰ってきてホッとできる時間です。 なるべく美味しいものを作ってあげたいですよね・・・。 そして主菜の調理法とは別の調理法にする(例えば、主菜が焼くものだったら副菜2つは茹でる・煮るなど) 【 汁物】和食・洋食・中華によって決める 私はこんな感じで献立を作っています。 でも、1週間の献立を決めているからと言って、必ず守らなければいけないということでもありませんので、今日の献立は焼き魚になってるけど明日の予定の唐揚げが今日食べたい!と思えば変更しています。 献立作りが面倒なら食材宅配(ミールキット)が便利 自分が立てた献立ってどうしてもマンネリ化してしまいますよね。 そんな時は、食材宅配のミールキットが便利ですよ。 決められた献立の材料とレシピが届くので、後は作るだけ! 現在、たくさんの食材宅配がありますが、おすすめのサービスこちらの記事で紹介していますので参考にして下さい。 お気に入りの調理器具で楽しく! 料理をする時は調理器具1つでテンションも変わってきます。 私がオススメするのはコチラ👇 料理家 栗原はるみさんがプロデュースする公式オンラインショップです。 料理家ならではの使いやすいキッチン用品や調理器具、食器、エプロン、食品、調味料、生鮮野菜、ウエア、ファッション雑貨など、数々の商品が揃っています。 毎日しないといけない料理。 お気に入りの調理器具を使うのは、かなりモチベーションが違ってきますよ。 まとめ 献立作りのコツを紹介しましたが、あくまでも私のやり方や考え方なので、全ての人が楽になる~というわけではないと思います。 毎日しなくちゃいけないことなので、少しでも楽にできるように自分のやりやすいコツが見つかるといいですね。

次の